【お知らせ】
10/20(水)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.13@梁川(山梨県)お申し込み受付中。詳しくはこちら
恵子さんとのお話会vol.12<比較と自己価値part2〜耳の痛い話・耳にタコの話>、録画は9/21まで視聴可能。詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
10/24(日)〜27(水)大分阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。リクエストいただければまた別日程組みますので、お気軽にご相談ください。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。

10/9(土)ゼニスオメガヒーリング勉強会vol.16、お申し込み受付中。詳しくはこちら。
10/2(土)レベル2授業、お申し込み受付中
10/11(月)12(火)レベル1授業、お申し込み受付中。新規受講希望者が3名集まったら開催確定します。早めにご相談いただければ、まだ日程調整可能です。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2013/10/09

受け入れる、ということ。

今までも何度かTEDのプレゼンを紹介してきました。

今回紹介したいなぁ、と思ったのは
フィル・ハンセンの「震えを受け入れる」です。

彼は美術学校時代、激しい手の震えに襲われ、
大好きだった点描画が描けなくなりました。

でも神経科の医師に「震えを受け入れてみてはどう?」
と言われたことで変わっていきます。
彼の言葉からは「受け入れる」ということがどういう変化をもたらすのか、
ということがすごく伝わってきて、とても共感できました。


「やり方を変えればいいだけだ」

「ひとつの手法に固執しなくなったら自分の芸術的感性に大きな変化が起きた」

「僕は『制約は創造性を育む』ということに気づいたんです」

「僕は枠の外ではなくむしろ中を意識すべきだと気づいた」

「究極の縛りは実際のところ究極の自由でした」

「『吹っ切る』ことを学んだ。つまり結果や失敗や欠点に執着しないってこと。」

「震えを受け入れるというのは技法だけの話ではなくもはや生き方。だって人間は皆基本的に制約の中に生きてるんですから。で 制約の中で創造する力を身につければ自分も変われるし、皆で世界も変えられるはず。」

「制約を創造の源泉と考えたら僕の人生は変わった。今では行き詰まった時でも、逃げたりせず、可能性はたくさんあると自分に言い聞かせる。」


彼は「手が震える」という一見「制約」に見える事象が、
実は自分が作り出した思い込みによる制限でしかないことに、
気づいたんですね。

そこに気づいた瞬間に、視点がスイッチして、
彼にとって制約は制約ではなくなります。

反発しているうちは制約はいつまでたっても制約でしかありません。
でも、受け入れた途端、そこから自由になれる… 
そのことを、とても分かりやすく教えてくれる内容だなぁと思いました。

どんな状況であれ、楽しんだもの勝ち。
競馬騎手の福永祐一さんが

「努力してる人は努力してない人には勝てますけど、
努力してる人でも楽しんでる人には勝てない」

と言っていましたが、その通りだと思います。

例え楽しめるような状況でなかったとしても、
「どうしたら楽しめるか?」って考えながら生きている人たちに、
私は共感します。