【お知らせ】
6/7(金)〜17(月)までメールの返信ができません。6/18以降となりますので、何卒ご了承ください。
6/25(火)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.21@梁川(山梨県)は一旦中止とさせていただきました。詳しくはこちら
7/19(金)に日帰りドライブリトリートvol.13〜感動の桃フラッペ&源泉掛け流し温泉♪を開催予定。告知前ですがすでに満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。参考までに去年のレポはこちら

【リトリート】
7/9(火)〜14(日)加計呂麻島&奄美大島リトリート5泊6日は、残1席となっております。詳しくはこちら
現在、五島列島、天草でのリトリートのご希望をいただいております。2名いらっしゃったら日程を決めて、あと1名募集しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
2020年より、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。2023年4月より対面授業も再開しますが、オンラインの方が人数は集まりやすいです。
レベル1を受講希望の方がいらっしゃいます。新規受講者3名以上でオンライン開催決定(4名以上で対面開催も可能)となりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。授業内容について詳しくはこちら

RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2024/04/29

世界の海で イルカやクジラたちから祝福をうけながら✨お腹の中の子の誕生までを描いた ドキュメンタリー「マザーオーシャン」


ここ数年、ずっと見たかったんだけど、上映も滅多になくて、
たまの上映日は予定があわずで、見れていなかった
映画「マザーオーシャン」🐬🐳🌏
やっと見ることができそうです。😆


主人公のレイナが 9ヶ月間の妊娠中 
ハワイ、バハマ、ルルツ島、モーリス島などを訪れ 
世界の海で イルカやクジラたちからの祝福をうけながら 
お腹の中の子ども(ナイア)の 誕生までを描いた 
ドキュメンタリー✨


この地球では すべてつながっていて 
私たち人間は 自然の一部 
地球は 私たちの大きなからだ 
 
自然とガイアが 子どもの成長と感性に 
どのくらい大切なのかを感じたとき 
 
これから地球にやってくる 私たちの子どもの誕生を 
私たちの家族であるイルカやクジラたちと 
お祝いしたかった

Leina


5/17(金)にヒカルランドHi-Ringo Yah!にて(☞こちら
満席だったけど、増席されたようなので、
興味のある方はぜひ〜❣️


この距離でクジラさんと目があうなんて体験✨🐳
してみたいものだわぁ…

でも、「海で泳ぐ」なんてことは人生から排除してきた
泳げない私にとっては、ありえないことだから、
ただ憧れるばかりだったんですけど、

そんな私も、自分でもびっくりなことに
去年の夏、初めて御蔵島でドルフィンスイムをし


ここにきて、急速に、水と仲直り?して、
海とも仲良く遊び始めているという…ね。
自分でも予想外の展開。😆


いまだに泳げないし、苦手意識はありますけど、
泳げなくても浮かぶことはできる❗️わけで。
(ここ↑が、盲点でしたねぇ〜😂)


足のつかない海でも、ウエットスーツを着ていれば
浮かんでることはできるのだ❗️ってことを
信頼できるようになったら、
(↑泳げない人間は、とにかくこれがコワイのでね😅)
ドルフィンスイム🐬はできるのです💖


私はいまや、ウエットスーツを着てなくても、
マスクとフィンさえ着けてれば浮かんでられるのだ❗️って
ところまで、信頼できるようになりました。😌


Leinaさんとも、6月に一緒にドルフィンスイム予定なので、
とーっても楽しみ✨🐬

彼女の声や話し方も、映像越しでしかまだ知らないけど
私はとっても好きで。😌
ついに会えることも、とってもうれしい💕

やっぱり長年、クジラさんイルカさんたちと、
海の中でシンクロしてきたからこそ
まとっている空気感、みたいなものを感じます。

Leinaさんのお母さんが
「レイナはイルカだから〜〜」って言うのも
すごくわかる…


このYuraiとの屋久島コラボイベントのトレーラーも
何度見ても感動しちゃいますよ✨
なんか、命が喜ぶの❣️


マスターのような叡智を湛えた このクジラさんの瞳、、
なんとも言えない、何かが伝わってきますよねぇ…

LeinaさんはProject Animaという活動もしていて
2年前から、春に太地町に行って、
セレモニーも行っています。

私は2年前、版画家の煌ちゃんや
屋久島のキブカバンのよねちゃんが
葉っぱで「光の小舟」を編んでいるのを🌿
Facebookに投稿してて知りました。😌


こちらの映像↑では
そのセレモニーでも歌っているYuraiのEmaさんが
インタビューに応えています。


Project AnimaのPHILOSOPHY

アニマ anima は ラテン語で 魂という意味を持ちます 
アニマル animal アニミズム animism の語源でもあります ​ 

アニミズムとは 縄文時代に日本では主流だった 
風にも、石にも、花にも、木々にも、魂があり 
人間も その大いなる自然の一部であるととらえる世界観 
神道はそこから生まれています ​ 

現代の社会は 
自然界とまったく切り離した文明を築いてきましたが 
すべてとつながっていて 
すべてをリスペクトするありかたは 
日本の文明のベースにあったものなのです ​ 

プロジェクトアニマでは、
日本のイルカやクジラとのつながりを思い出し、 
彼らとの和解のプロセスを始めていきたいと考えています 
それはまた、私たちのルーツに「立ち返る」こと、
そして自然を敬い、 精神と魂に満ち溢れた
日本のアニミズムの心を取り戻すきっかけとなることを願っています



・・・私も本当に、そう思います。

イルカさんクジラさんとの繋がりを思い出すことは
私たちのルーツに立ち還ることでもある って思いますから

屋久島のなおちゃんとのZOOMお話し会も
そのつもりで、やってます。☺️




赤ちゃんが、こんな深く海の中まで入って↑大丈夫だなんて✨
全然、怖がってないなんて✨ 驚きました…

生まれる前から、Leinaさんと一緒に、
安心して世界中の海の中に潜る体験をしてきた子だからこそ、
なのかもしれませんが、、

考えてみれば、ついこないだまで
お母さんのお腹の中、羊水の中にいたのだから、

私たち大人よりもよほど、水の中にいることなんて当たり前
なのかもしれませんね。😌


思い込みって、ほーんと、いっぱいあるよなぁ…

まぁ、全部、思い込みといえば思い込みなんですけど。😆





☆メニューと料金はこちら
☆「気づきのヒント まとめ」はこちら

2024/04/26

「なので大事なんです、ああいう場所。 思っているより貴重な体験なんだと思います。 」〜酵素作りWSのご感想🌿


☆「野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.20のご報告」
こちら

4/20の酵素作りWSに参加してくれたリピーターさんが
一度書いたのに消えてしまったというご感想を
また書いて送ってくれました❣️
(ありがとう〜🥰)

一度書いた長文が消えるって、、萎えますよねぇ…😅
「もういいや〜」ってなってしまうところを、、
うれしいです✨


先日のピラミッドセンターですが、
イレギュラー参加させていただきありがとうございました。 

とにかくその日は行きたいという気持ちのままに動いて、
受け入れていただき、
ゆっくりピラミッドセンターのお庭を歩き回れて楽しかったです。 

いつもはもちろん草花を中心に見て歩きますが、
あの日はもっと下の地面に目が入ってしまい、
草花より地面を見て回りました。 

地面にはたくさんの生き物がいて、なんとも忙しなかった。 
その姿に、春なんだなぁと実感をして、
久しく観ていないけれど
ウチの周りの地面にはこんなに生き物が居ただろうか?
とも思いました。 

とにかく「豊か」で「ファンタジー」な世界。 
地球って凄いなぁと思います。 

地面に膝をついて蝶の写真を撮ろうと気配を消していたら、
逃げずに撮らせてくれる子がいました、
羽が欠損していて動きが遅かったのかな〜?
でも、その後飛び回っていたし、美しかった。 


年齢は関係ないと言われるかもしれないけど、
普段の私の周りにはカメラマンでもないのに、
地面に這いつくばって写真を撮っている大人はいません。 

でも、あの庭では誰もその立ち振る舞いを気に止める人さえいない、
それがもう特別な場所なのだと思う。 
そういう場所に行ける機会を企画してくださる萬夕さんには
改めて感謝します。 

うちは田舎ですが、一応東京だからなのか、
地方もそうなのかはわかりませんが、空き地も山も人の土地です。 

都会の人は、笑 
囲われていなければ普通に入っていってしまうけれど、
実はそこは誰かの敷地な事が多いです。 

なのでそういう場所に住んでいても、
よくわかっていない子供以外は
野山を駆け回ることはあまりしないかなぁと思います、
残念なことかもしれないけど。 

なので大事なんです、ああいう場所。 
思っているより貴重な体験なんだと思います。 


前に、ヒプノで私が白頭鷲だった時、
庭を歩いていたら、あつみさんが
「白頭鷲だったのがすごくわかるわ!」って
笑いながら話してくれた事、

山の木に藤の花が巻きついてキレイ!と言ったら、
実は手入れされてない山は藤の花が木に巻き付いてしまうこと、

時々部分的に木が無い稜線も手が入ってなくて
木が倒れてしまった場所だという事や、

雨上がりの山の水蒸気がある場所には水脈がある事も
あつみさんから聞きました。 

私は知らなかった事だから、とても興奮して
話を深掘りしていたのを思い出します。 

そういう事を聞くのが楽しかった。 
あつみさん、どうもありがとうございました。


彼女の、あつみさんへの想い、
ピラミッドセンターの場所への想いも
伝わってくる文章ですよねぇ…✨

彼女が初めてあつみさんと会った時、
好奇心いっぱいにずっと楽しそうにお話ししてた姿を
思い出しました。☺️

彼女が虫に刺された時、あつみさんがお手製の
へびいちごのチンキを持ってきてくれた時のこととか。

私、去年、伊豆の道の駅で
地元のおばあちゃんが作ってるへびいちごのチンキが
売られてるの見つけて、そのこと思い出して、
思わず買っちゃいましたもん。😆


私が知らないだけで、
きっと皆さんそれぞれに、それぞれの想いを
寄せてくれてるのでしょうね✨



地面にはたくさんの生き物がいて、なんとも忙しなかった。 
ってことに気づけるのも、

畑とかやってるならともかく、そうじゃないと、
こういう場所、こういう時間ならでは、って感じがします。😌


私はあつみさんと出会って、
酵素を作るようになってから、
野草や発酵にも興味を持つようになったし、
そこからまたいろいろ、広がっていった世界があります✨🌏


酵素作りWSに参加してくれた方々の中にも、
「以前参加した時にはよくわからなかったけど、
今は酵素作りのよさがすごくよくわかる❣️」って
戻ってくる方もいらっしゃいますし、ね。☺️


人それぞれですけど、私はここで、
自分で野草を摘んで、あつみさんのレシピで作る、
生きた酵素が、大好きです💖



☆2015年9月vol.1の模様と皆さんのご感想はこちら
☆2016年5月vol.2の模様はこちら
☆2016年5月vol.2の皆さんのご感想はこちら
☆2016年10月vol.3の模様はこちら
☆2016年10月vol.3の皆さんのご感想はこちら
☆2017年5月vol.4の模様はこちら
☆2017年5月vol.4の皆さんのご感想はこちら
☆2018年4月vol.5の模様はこちら
☆2018年4月vol.5の皆さんのご感想はこちら
☆2018年6月vol.6の模様はこちら
☆2018年6月vol.6の皆さんのご感想はこちら
☆2018年9月vol.7の模様はこちら
☆2018年9月vol.7の皆さんのご感想はこちら
☆2019年7月vol.8の模様はこちら
☆2019年7月vol.8の皆さんのご感想はこちら
☆2019年10月vol.9の模様はこちら
☆2019年10月vol.9の皆さんのご感想はこちら
☆2020年7月vol.10の模様はこちら
☆2020年7月vol.10の皆さんのご感想はこちら
☆2020年10月vol.11の模様はこちら
☆2020年10月vol.11の皆さんのご感想はこちら
☆2021年4月vol.12の模様はこちら
☆2021年10月vol.13の模様はこちら
☆2021年10月vol.13の皆さんのご感想
〜本当に人間は他者がいることで 理解するということが あるんだなあ
こちら
☆2022年4月vol.14の模様はこちら
☆2022年4月vol.14の皆さんのご感想〜素晴らしい2日間でした!はこちら
☆2022年5月vol.15の模様はこちら
☆2022年5月vol.15の皆さんのご感想〜「ギフトは秒単位」はこちら
☆2022年10月vol.16の模様はこちら
☆2022年10月vol.16の皆さんのご感想〜
「前世は全世。わたしだけのものではない」はこちら
☆2023年4月vol.17の模様はこちら
☆2023年6月vol.18の模様はこちら
☆2023年10月vol.19の模様はこちら
☆2024年4月vol.20の模様はこちら

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

☆ブログ「ピラミッドセンターで作った酵素は
本当にパワーが違う!by リピーターさん」はこちら

2024/04/24

野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.20のご報告


4/20についに20回目❣️を迎えた
やってきましたよ〜♪


まさか20回も続くとは、
あつみさんも天国でびっくりしてるかな。☺️



八重桜も満開で🌸
新緑も眩しく、命がもりもりで🌿
天気もちょうどよくて、とっても気持ちよかったです。


今回は中学生1人、小学生1人も入れて
総勢12名、ご参加いただきました♪

初めての方は1名、
あとは皆さん、リピーターさんでしたね💓


まずは簡単に野草摘みの説明をしてから、
あつみさんのやり方にならって、
最初に5分ほど瞑想✨

この場所とのチューニングと、
「今の自分にとって必要な野草と出会わせてください」と
意識合わせ🌿

静かに目を閉じていると、
鳥のさえずりや、風が木々を揺らす音が聞こえてきて
心地のいい時間が流れます…😌


そして、各自自由に、野草たちとの対話タイム🍀

直観のおもむくままに、
ただただ、摘んでいきます✨

この時間がまた、いいんですよねぇ〜。😌


靴を脱いで、裸足で歩いてアーシング🌏
してる方もいました。

直接地面に足が触れてるのって
やっぱり気持ちいいですから〜🌿


1時間半くらい、あっという間に経ってしまいます。☺️

300g〜500gほど、摘み終えたら、
朋子さんが用意してくれてた野菜や果物とあわせて
2kgにして、洗って水切り。


今年はいつもほどヨモギとミントはなかったので、私は
ドクダミ、カキドオシ、タンポポ、シロツメクサ、ツユクサ、
ハルジオン、木香薔薇などなどを摘みました✨

なかなか300gいかなかったので、
八重桜をいっぱいにして、なんとか🌸🌸🌸


あつみさんの頃からこの季節の定番🌟
天草の晩柑も取り寄せてくれました〜。

デザートに、冷やして
このまま食べてもとってもおいしかったですよ❣️


かぶ、菊芋、生姜、さつまいも、菜の花、ラディッシュ、
大根の葉、小松菜、春菊、水菜、、、なども入れて、

なるべくいろんな種類が入った方が
混じり合って調和して、いい酵素ができあがります✨


そして、みんなお待ちかねの
朋子さんのランチの時間〜♪


お豆腐に、カキドオシの葉と花を添えて🌿
醤油麹とともに。
すてき〜✨

持ち運ぶ時に、風で飛ばされてたけど、
また摘んでのせてくれました💓


目玉焼きとか、筍の炒めものとか、
野菜もいっぱい入った、やさしい味のおうどん♪



いただきまーす❣️

自然の中で食べるのが、また贅沢なんですよねぇ✨
おいしかったぁ。☺️

すでにこの辺で十分満たされ、終わった感な人も…😆
でも、酵素作りはここからですよ〜


ひたすら切って、砂糖とミルフィーユで入れてく作業。
切り方、詰め方にも、個性が出ます。😆

お話ししたり、黙々と集中したり、
この時間も、いいんですよね〜✨


私の手元はピンクの八重桜でいっぱい〜🌸
こんなに入れるのは、私も20回目にして初めて。
どんな味に仕上がるのかな〜☺️


一気に全部は入らなかったけど、
あったかかったので砂糖が溶けるのも早くて
割とすぐ沈み、なんとか入りました❣️


みんなで、できたての酵素ちゃんを抱いて、記念撮影〜♪
(お二人ほど、写ってませんが)


Sくんがカメラ側にまわって楽しませてくれて、
みんな、この笑顔❣️
ちがうわぁ!子供って、すごい🌟


だんだん日差しもやわらいで、
この時間の光に照らされた緑も、なんともいえない
美しさを放っておりました…✨

自由時間も1時間ほどみてましたが、
あっという間でしたね。


そして、ピラミッドの中で、グループヒプノ。
(子供たちは、お母さんと川へ遊びに。それも楽しいですよ♪)

横になると寝てしまう可能性がUPするので😂
座って受けるのも、よいです。

今回は光のもとで、あつみさんにも来てもらいました✨
(あつみさんに会ったことがない方は、会いたい故人に)

それぞれに受け取ったメッセージが、
いかにもあつみさんらしくて、微笑ましかったです💓


今回は、前世ではなくて、実際の自分のお母さんになって
お母さんの視点から娘の自分を見る、って体験をした方も
いらっしゃいましたねぇ。☺️

ここでのグループヒプノで、
今、実際に存在している他者の中から自分を見た、って方は
2人目。体験談、読みたいな〜✨


シェアのあと、解散。

お泊まり組は、夕飯までの時間
草原に寝転がったり、おしゃべりしたり。


すっかり日も落ちた宵に
いただきます♪


定番の絶品・車麩あげとサラダと筍ご飯と。
古いじゃがいもをつぶして、菜の花と炒めたのも
手作りのおしんこも、全部おいしかったぁ❣️

朋子さんのご飯が3回食べられる泊まりコース、
ほんとオススメですよ〜。☺️


夜はお風呂に入ってから
オラクルカードをひかせていただきました。

YESと通過儀礼のカード、なんかよく出るなぁ…
44枚、あるのにねぇ。😌

それぞれに、ぴったりのメッセージ✨


翌朝は、7時には起きて、
川までお散歩♪

足をつけたら、まだまだ冷たかったけど、
もう少し暑くなると、気持ちいいですよ〜。

朝の川での瞑想タイムも
これまたね、いいんです✨


途中、ヨモギがいっぱい生えてるのを見つけたので
袋いっぱいに摘みました🌿

春のやわらかいヨモギで、ヨモギオイルをね、作りたくて。
一昨年くらいから作るようになって、
すっかり私の春の行事に。☺️


川のあたりには、藤の花もいっぱい咲いてましたよ。
「これも酵素に入れよう〜」と摘み出した方を真似て、
私もお花3つだけ、摘ませてもらうことに。

そしたら、急に大粒の雨が💧
あわてて戻りつつも、途中、

25回も来てるのに一度も行ってなかった十二天さんが
(太陽と月、天と地、東西南北、北東、北西、南東、南西、で12)
今回はなぜだか妙に気になって、寄ってみることに。

そしたら、去年の台風ですっかり祠もぼろぼろになってて
寂しそうに佇んでいたので、先ほどの藤の花を置かせてもらい
祈って、出たら、雨は嘘みたいに止んで、光が…✨

ここのシンボルのように、
時期になると、すばらしい花を咲かせていた立派な桐の木も
台風で折れたらしく、いつの間にか切られてしまっていて、

この胸騒ぎは偶然じゃないなぁ…と思い、
朋子さんとも話をさせていただきました。😌


(そのせいか? 急なお誘いで、また5月にも私、
ピラミッドに行く流れに… おもしろ😂)


お泊まり特典🌟
ピラミッドのど真ん中で一晩寝かせ、パワー注入?!させた
酵素ちゃんの様子を見ている3人。😆


朝ごはんはやさしいやさしいおかゆさん。
半熟卵や醤油麹、ネギ味噌をトッピングして。
これもおいしいんだぁ〜✨


3度目の、いただきます♪


ご飯の後は、酵素まぜまぜタイム🌿

底にかたまった砂糖をすくいあげて溶けるように
しっかり混ぜていきます。

この感触がやみつきになる方、多数。😆


今回はプロのカメラマンさんが参加してくれてたので
iPhoneだけど、撮ってもらっちゃいました❣️
(ありがとう🥰)

よねちゃんのキブカバンの藍染ワンピ✨で。


さすがプロ〜🌟
トリミングが、絶妙ですっ。


この後も、車で来てたお客さんたちに甘えて
温泉行って、おいしいランチも食べて、堪能❣️

あ〜、たのしかった♪


そうそう、藤野駅で降ろしてもらったら、
次の電車まで30分くらいあったので、
駅のお店にも初めて入ってみたのですよ。

そしたら、なんと藤野在住の絵描きの友達、
まっちゃんこと内田松里ちゃんの
絵のコーナーが設けられているではないですか❣️
びっくり。😳


ちょうど観光協会のお誘いで、企画展だったそうな。

写真は、去年、
代々木上原のhako galleryでの個展にて。
近所だから、私もほぼ毎日、顔出してた。😆

この日みんなでランチしたお店、大和家さんにも
まっちゃんの絵が飾ってあったし、ご縁だなぁ〜💖


次回の酵素作りは、、
私がもう本氣で地方への引っ越しを考えてるので
それによってどうしようかな、と思っており、、

すべて「これが最後になるかも…」という
ますますの一期一会の気持ちで、やっております。😌


想いはあるけど
どこになるかも現時点ではまだわからず、
先が見えてなさすぎて、なんとも言えませんが
やれそうだったら、6月の終わり、、かなぁ。


参加者の皆さんは、昔こちらに酵素を濾すまでの過程も
書いてますので、ご参考まで☞
☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら



☆2015年9月vol.1の模様と皆さんのご感想はこちら
☆2016年5月vol.2の模様はこちら
☆2016年5月vol.2の皆さんのご感想はこちら
☆2016年10月vol.3の模様はこちら
☆2016年10月vol.3の皆さんのご感想はこちら
☆2017年5月vol.4の模様はこちら
☆2017年5月vol.4の皆さんのご感想はこちら
☆2018年4月vol.5の模様はこちら
☆2018年4月vol.5の皆さんのご感想はこちら
☆2018年6月vol.6の模様はこちら
☆2018年6月vol.6の皆さんのご感想はこちら
☆2018年9月vol.7の模様はこちら
☆2018年9月vol.7の皆さんのご感想はこちら
☆2019年7月vol.8の模様はこちら
☆2019年7月vol.8の皆さんのご感想はこちら
☆2019年10月vol.9の模様はこちら
☆2019年10月vol.9の皆さんのご感想はこちら
☆2020年7月vol.10の模様はこちら
☆2020年7月vol.10の皆さんのご感想はこちら
☆2020年10月vol.11の模様はこちら
☆2020年10月vol.11の皆さんのご感想はこちら
☆2021年4月vol.12の模様はこちら
☆2021年10月vol.13の模様はこちら
☆2021年10月vol.13の皆さんのご感想
〜本当に人間は他者がいることで 理解するということが あるんだなあ
こちら
☆2022年4月vol.14の模様はこちら
☆2022年4月vol.14の皆さんのご感想〜素晴らしい2日間でした!はこちら
☆2022年5月vol.15の模様はこちら
☆2022年5月vol.15の皆さんのご感想〜「ギフトは秒単位」はこちら
☆2022年10月vol.16の模様はこちら
☆2022年10月vol.16の皆さんのご感想〜
「前世は全世。わたしだけのものではない」はこちら
☆2023年4月vol.17の模様はこちら
☆2023年6月vol.18の模様はこちら
☆2023年10月vol.19の模様はこちら

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

☆ブログ「ピラミッドセンターで作った酵素は
本当にパワーが違う!by リピーターさん」はこちら


2024/04/22

「必要だから」その状態になっているのではなく、「望んだから」✨


「日々と宇宙の講座」も受けてくれた方から
うれしいメールをいただきましたので、
シェアさせていただきますね。☺️
(ありがとう💖)


以前、こちらもシェアしましたが↓

読んだ時、理解していたつもりでしたが、 全然違いました。 
「必要なこと」と「自分が望んだこと」全然違いますね。」と。☺️


「自分が望んだ状態に、すでになっている」って話、
皆さんもいろんなところで聞いてきたとは思いますが、

彼女のように
「望んだから」は、なかなか腑には落ちなくて、
「必要だから」に(無意識に)すり替えて
「望んだから」を理解したつもりになってた❗️って方も
たぶん多いんじゃないかな〜、、って思います。


プロセスとしてはそれも全然アリなんですが、
その違いは、わかっておいた方がいいかな、と思いましたので
あとでそこについても触れておきますね🌟



出産前に、妊娠についてや日々思ったことなどを
まとめて送ろうと思っていたのですが、それではなく、
昨日子どもを保育園にお迎えに行くときに感じたことを送ります。 

昨日突然、今は自分が望んだ状態になっているんだ、
なんて幸せなんだろう、と思えました。 

もうすぐ二人目が生まれる予定です。
自分が望んだ二人目です。
本当になんて幸せなことなんだろう。
子どもの頃、自分が望んだことが
現実になっていることに気が付きました。

家族と一緒に過ごしたいと願っていた幼い頃の自分。
疎外感を感じずに、自分がいていい場所にいたいと思っていました。 
インナーチャイルドに言われた、ひとりは嫌だよ、という言葉。
今の私はひとりではありません。
自分の家族がいます。
心から自分は幸せだ、とはなかなか思えなかったのですが、
ようやく思えました。 

本当は、妊娠を希望して病院に通ったりRASを受けたりしたこと、
苦手な人や嫌いな人との関わりや、
母親から言われた腹立つ一言など、
それらの出来事に感じたことなどについて少し書いていたのですが、
望んだ状態になってるじゃん、と思えた時点で、
書くことそれじゃないな、となってしまいました。 

ブログや講座で、散々聞いてきたことですが、
今までは「望んだ」というよりは
「必要だから」その状態になっている、出来事が起きている、
と思っていました。

結婚や子どもを育てることも、
自分にとって必要な経験だからこうなった、と思っていました。

特に自分にとって嫌な出来事に対しては、
「必要だから仕方がない」と思っていたんだと思います。

そうではなくて、
自分が望んでいる、だから起きる、起きている、
それがわかりました。

良いことも悪いことも全部自分が望んでいることなのだ
と納得できました。

とはいえ、
また行ったり来たりすることになるとは思いますが。😅 

色々学んでからの、出産、子育ては得るものが多そうです。
分離していない、まっさらな子どもに会えるのを楽しみに、
あと少しの妊娠期間を楽しみたいと思います。



彼女が今回書いてくれたことが、いわゆる
多くの人がイメージする『家族』という幸せのカタチなので、
そこだけをとると、

「『心から幸せ』と思えて当たり前じゃないか」
「それは『望んだ』と思えて当然じゃないか」と思う方も
いるかもしれません。😅


でも、
良いことも悪いことも全部自分が望んでいることなのだ
と納得できました。
ってところが、大事で、、✨


誰でも、「自分にとって良いこと」なら
「自分が望んだこと」って、するっと思えますけど、

「自分にとって悪いこと」には
「こんなの望んでない!!!」って反発したくなりますよね。


当然です。


そこを、無理やり、
「自分が望んだことなんだ」って思考で言いくるめるのも
違います。


それやっちゃうと、苦しくなりますよね。
思えない自分に、ダメ出ししたり、、、

いやいや、人間だもの。
普通、思えませんよ〜。😅


まずは、思考でなんとかしようとする前に、
その時に感じている感情をスルーせずに、
ちゃんと認めて、感じてあげた方がいいです。


つい、すぐに思考にいってしまう方は、
以前からお伝えしている、体でね、感じてあげてくださいね。



ただ、人のせいにしていると、
意識が他者に向いてしまって、なかなか内側に向かないから

必要だから仕方がない」と観念しつつ、笑
感情に寄り添うのは、有効 と言えますよね。☺️


そうやって、
抱え込んでいた痛みを消化していくうちに、

そうではなくて、
自分が望んでいる、だから起きている

ってことが、彼女のように、ある日ふと
『自然に』落ちてくる✨


そこに決して、『無理』はありません。😌
あくまで『自然』なのがポイント✨


そこからの『自然』な流れで
良いことも悪いことも全部自分が望んでいることなのだ
っていう感覚が湧き上がる…

っていうのが、
「頭で理解する」のではなくて
「腹落ちする」になるかな〜🌟


だから、「個」の、「キャラクター」の立ち位置から
「望んでるんだ❗️」って思い込むことではないし、

その立ち位置からホントにそう思うことは、
そもそも無理がある、 ってことです。😊


とりあえず、納得できないうちは
良いことも悪いことも全部自分が望んでいることなのだ
って考え方もあるのね〜、くらいで、
頭の片隅にでも置いておきつつ、

浮上してくる痛みがあれば、ちゃんと寄り添ってあげる
を続けているうちに、急に、

「あ。ホントだぁ❣️」

って、彼女のように納得する時が
くるのではないでしょうか✨🌈


この時の『自分』は、同じ『自分』のようでいて
実はもう横軸にはいなくて
気づいたら、縦軸から観れてた❗️って感じですね。☺️


決して、横軸にいたまま、『個』の自分で
無理やり思考で思い込ませようとはしないこと💖
大事なポイントです。




津留晃一さんの言葉シリーズ


参考ブログ

(9日間の一人サイレントリトリート後のレポ)

「『愛される必要はない』〜ムージの言葉」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その2
〜ムージのサットサンへ」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その5
〜ムージと握手♡目があった時に感じたのは、
全き空(くう)でした。」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その8
〜ムージとハグできてしまったぁ♡」はこちら

☆「本当のあなたは、あなたがあなただと信じているそれではありません。
〜ガンガジの言葉」はこちら
☆「『傷つくストーリー』と『傷つく体験』の違い
〜ガンガジの言葉2」はこちら

☆「正直になったら、嫌われる?」アジャシャンティの言葉より
こちら

☆「エックハルト・トール とウェイン・W・ダイアー の対談が
面白かったので♪」はこちら



☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら。 


絶対なるものの息―ムージとの対話 見えるものと見えざるものは一つ(覚醒ブックス)

覚醒の炎―プンジャジの教え

あなたが死ぬまでは

Joy 喜び (海外文学)


あなたの世界の終わり―「目覚め」とその“あと”のプロセス

【日々と宇宙の講座フォローアップなどのご感想】










【日々と宇宙の講座アドバンス第二期】

















【日々と宇宙の講座ベーシック第一期生の皆さんのシェア】