【お知らせ】
日々と宇宙の講座 ベーシック、10/17(日)よりスタートしてます。詳しくはこちら
接種前でも後でも、受けておいたらいいゼニスオメガヒーリングのセット、当面の間メニューに追加します。詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
10/24(日)〜27(水)大分阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。リクエストいただければまた別日程組みますので、お気軽にご相談ください。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
受講料が全世界で一斉に値上げされました。旧価格は2021年11月開催分まで、となります。詳しくはこちら
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
受講料に関しまして、長年『税込』でやってまいりましたが、2022年より『税別』とさせていただきますので、実質10%高くなります。特にレベル5は差額が大きくなりますので、2021年中の受講をお勧めします。

10/30(土)10:00-18:00レベル3授業、お申し込み受付終了しました。再受講はまだ可。
11/1(月)10:00-17:00レベル2授業、お申し込み受付中
11/3(水・祝)6(土)10:00-17:00レベル1授業、新規受講者が3名集まったら開催確定。2日間必要。早めにご相談いただければ日程変更もまだ可能です。
11/11(木)17(水)9:00-16:00レベル1授業、お申し込み受付中。2日間必要です。
11/18(木)9:00-16:00レベル2授業、お申し込み受付中
11/24(水)26(金)10:00-14:00レベル3授業、お申し込み受付中。シートの枚数が多いので、半日ずつ2日間に分けてみました。ランチ休憩は含みません。
11/28(日)10:00-17:30レベル4授業、お申し込み受付中
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2020/07/29

箱根本箱で出会った本たち② 生きることとか生き方とか暮らしとか

本棚の中で、本が読めますよん。笑

☆「箱根本箱で出会った本たち① 高木正勝『こといづ』」はこちら
 ↑
前回に続き、自分の忘備録も兼ねて、
気になった本たちをシェアしておきます。☺️


1泊で読める本には限りがありますので、
(友達と行くと、話にも花が咲きますしね😂)

今回私がざっとでも読めたのは「こといづ」と
手塚治虫の「火の鳥〜復活篇」だけ、ですが

本棚の写真は撮っておいたので、そのうち買ったりして
読みたいな、と。


これは、蜷川実花ちゃんのオススメ本棚、にあって。

以前から「火の鳥〜鳳凰篇」は皆さんにもオススメしてきましたが、
復活篇はまだ読んだことがありませんでした。


主人公は事故で生死を彷徨うんですけど、
その時の様子も興味深く描かれていて。↑

「これは死後の世界にちがいない
 何百年か前-----二十世紀以前には
 天国とか地獄とかがあるといわれていた
 いま見ているものは・・・・そのどちらなのだろうか?

 少年の意識はすぐそれを否定した
 それは存在するはずがない
 自分もまた存在しないのだ
 無の世界を無の自分が漂っている・・・・それは
 考えるだけでばかばかしいことだ」


そう、天国も地獄も存在しない。。
「個としての自分」も、存在しない。。

無の世界の表現部分は違うんだけど、ちょっと私的には、
共通する部分があるなぁと思ったのでした。


一命をとりとめた主人公は、大脳の半分以上と小脳が作り物のため、
脳が以前のようには機能せず、
人間を人間として見ることができなくなります。

でも、チヒロというロボットだけは人間のカタチで見ることができ、
彼女を本気で愛するようになるのですが、
それを人間は誰も認めてくれません。

その時のセリフ

「水よ!空気よ!大空よ!
 ぼくらを祝福してくれ!
 きみたちからみたら ぼくも チヒロも
 にたような元素の集まったものだろう?」

も、深いですよねぇ。

カタチあるように見えている私たちも、細かく、細かくみていけば、
最終的にはツブツブの素粒子の集まり。

私たちが知覚しているもの、認識しているもの、
自と他を隔てているものって、
なんなのでしょうねぇ。☺️


人間とロボットの狭間で、自己存在の定義に苦しむ主人公。
「人間かロボットか どっちかはっきりしてくれ!」と
ついにはロボットにされてしまいます。
そしてかつて自分であった肉体には、別の女性の脳が移植されており・・・

こうなってくると、何が「自分」と定義されるものなのか
わからなくなってきますよね。
肉体なのか?脳なのか?

根源的な問いが、そこにはあります。





ナカムラさんの本もありましたよ〜。☺️

1.2万冊もあるというのに、しっかり見つけちゃうもんですね。
私もコメントさせていただいてます。

☆「6次元本☆人が集まる『つなぎ場』のつくり方」はこちら


自然の多いところへ引っ越したい私にとって
服部みれいさんの「あたらしい移住日記」も気になりました。😆

日々の音色を始めた頃のお客さんには
マーマーマガジンを読んでる方も多くて、
それを編集してるのがみれいさんだってことは、私、
6次元の道前さんを通して知ったのでした。

 


この棚に↑ありましたよ〜。
他の本も、面白そうでした!
地方、地域、移住、繋がり、がキーワードな棚ですね。


友達が編集した本も、見〜つけたっ!

ターシャさんの本も、やっぱり好きなので、
自然と目に入ってきましたねぇ。

☆「ターシャ・テューダー〜人生なんてあっという間に終ってしまうわ。
好きに生きるべきよ。」はこちら





桐島かれんさんも、好き。
旦那様の上田義彦さんが撮った表紙の写真、
素敵だなぁと目にとまりましたね。

隣にあった「すっきり、ていねいに暮らすこと」も
タイトルからして、気になりました。
渡辺有子さんという料理家さんの本。




この辺りの本棚↑には、
暮らし方だったり、生き方だったりの本が。

私「日々の音色」ってつけてるくらいなんで
「日々」って言葉とか、「暮らし」とか、好きなんです。☺️

「魔女」もね、前世でやってたからか、つい気になるワード。
石田紀佳さんの言う
「天然自然の背後の力を感じとり、魂の喜びとして生きていくための
錬金術、魔法的感受性を探る」という意味合いが、私も好き。

ベニシアさんの本もありますね。
庭のある古民家暮らし、憧れる…
あぁ… 引っ越したい…




暮らしの知恵とか、おばあちゃんの知恵とかも、子供の頃から好きで。
これも面白かったです。実践したくなります!





この本棚も、暮らしシリーズ。
どうやら、今の私の一番の関心ごとは、日々の暮らしのようです。😆
スピリチュアルとかじゃ、なくって!😂

いやぁ〜、気になるタイトルばかり。
(写真をクリックして、拡大して見てね)




インドのタラブックスの手刷りの絵本も大好きなんですよねぇ。
機械の印刷では出せない味わいとあたたかさがあって。

この本棚には、色彩の美しい本が並んでいました。





ワタリウム美術館での、シュタイナーの展覧会の内容をまとめた本も
見つけましたよ。





「記憶力がなければ、自己認識はない。
 そして自己認識は、宇宙の核心へも導くし、
 自己の解体へも導く。」

「思考は死んだ意思である。
 感情は経過である。」

やっぱり、面白いですねぇ。☺️


私がまだ20代の初め頃に買った
アンドレ・ケルテスの写真集「読む時間」もありました。
様々な、読書している人のスナップ集。

今見てみても、そこに流れるゆるやかな時間を感じて、
やっぱり好きでしたねぇ。

出版社を変えて、今もあったとは。
箱根本箱に、ぴったり。




酒井駒子さんも、好き。




森とか山とか木のコーナー。
萩尾望都さんの「山へ行く」の表紙は、やっぱり
ばーんと最初に入ってきますね。
そしたら、その左右にも、気になる本があるのでした。

こういう出会い方は、本棚ならでは。☺️




清川あさみの本棚も、ありました。☺️
「だから女の子って楽しい!と思う10冊」


その中には内田也哉子さんの「BROOCH」も。
私も発売当初から知ってはいたけど
ちゃんと読んだことはありませんでした。

読んだら、やっぱり、欲しくなったなぁ❣️
也哉子さんの文章、好きですねぇ。

絵も可愛くて。女子の好きな世界。
トレーシングペーパーで絵と絵が重なった時の見え方も素敵✨


☆「おごらず、人と比べず、面白がって、平気に生きればいい
〜希林さんに大賛成!」はこちら





ちょうどその前の土日に北杜市巡りのリトリートを
やってたんですが、テーマのひとつに出てきたのが
井上陽水「夢の中へ」のごとく

「探し物は何ですか」
「探すのをやめた時 見つかることもよくある話で」

だったので、😂
この時のメンバーにも見せたい内容でありました。


これもあさみの本棚にあったんですが↑
私はタイトルから勝手に真っ白な絵本だと思い込み、
(私が子供の頃、自分で描く真っ白な絵本が売られていたので☺️)
めくってなかったんですね。

そしたら、サエリンに「あれ読んだ?面白いよ〜!見てみて。」と
言われて改めて読んだ一冊。
そうくるか!というユーモアに富んだ内容でありました。


温泉に行く途中の廊下の本棚にあった↑
「時間は存在しない」。

タイトルにね「そうそう」って手に取ったら、帯には
「時間とは、人間の生み出すものだと、物理学者が言ったら
 どう思います?」って。😂

科学者の言うことしか信じない人、いっぱいいますからねぇ。
でも、物理学者と覚者が言ってることって、結構同じ❣️
なのよねぇ。





「アナ・トレントの鞄」ってタイトルに惹きつけられたら、
私も好きな、クラフト・エヴィング商曾の本でした。

好きな世界が同じ人の創り出す世界には
やはり共通のものが入り込むんだなぁ〜。☺️

アナ・トレント、知ってます?
「ミツバチのささやき」という、1970年代の
大好きなスペイン映画があるんですが、
主役の子供を演じているアナ、もう、可愛すぎなのです❣️






ホテル内のお土産やさんにも、あちこちに本が。

「ヨーロッパの図像 花の美術と物語」
すごく素敵でした。買っちゃうかも。😆

春原恵子さんが絶対「きゃああぁぁぁぁぁぁ❣️」って
言いそうな世界観の本です。😂






これも買っちゃうかもな本↑😁

ちょうど前の週にピラミッドセンターで酵素作りを
してきたばかりだったので、
野草の名前、もうちょっと覚えたいなぁとか思ってて。

この絵本は、写真じゃなくてイラストってとこが
またあたたかくって可愛くって❣️

見ていて、とっても和みます。
ただただ、眺めていたい本。




やっぱり本って、いいですよね。
私は、紙の手触りとか、匂いとかも、好きで。
昭和の人間なんで、やっぱりネットより、本で読みたい派。☺️

本好きには、たまらないホテルです。
本の迷宮みたいで。

断捨離してるのに、また買いたくなっちゃうのは
困りもの、ですけどねぇ。😂



☆「箱根本箱で出会った本たち① 高木正勝『こといづ』」はこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら

2020/07/28

箱根本箱で出会った本たち① 高木正勝「こといづ」


去年、亭田さんとデコさんのブラウンズフィールドリトリートで
出会ったサエリンに誘われて、とある平日に、
前から気になってたブックホテル
「箱根本箱」にお泊まりして来ました♪

サエリンは今、旅をお仕事にするべく、
旅雑誌「SORADIA」アンバサダーとして、
写真と文章に磨きをかけていて、その熱量もハンパなく
行動力も瞬発力も、スゴイ✨
しかも、とっても楽しんでる。😆

書くレポも優しく美しいので、
そこに私なんぞが割り込むのも邪道極まりないと思いつつ、
ブログとかの、いつもの感じで大丈夫だからと促され😂
今回の滞在の感想、私も半分だけ、書かせていただきました❣️


部屋には露天風呂とハンモック。
ハンモックに揺られ、足湯をしながら本を読むこともできます。☺️


日販の保養所を「自遊人」の社長で編集長の岩佐さんが
プロデュースして改装されたホテルだけに、
あちこちに本たちが、遊び心を感じる置かれ方をしてるんですよ〜。
その数1.2万冊!
しかも読むだけじゃなくて、買うことも可能っていう。


部屋ごとに、著名人がセレクトした本箱っていうのもあって。

もともと私が「箱根本箱」を知ったのは、
昔マネージメントをしてた清川あさみが、その本箱の一つを担当してて
Facebookに投稿してたのを見たからなのでした。
で、いつか泊まってみたいな、と思っていたのです。☺️


☆清川あさみ個展 TOKYOモンスター@渋谷パルコはこちら
☆清川あさみ「男糸」展@渋谷パルコはこちら
☆清川あさみ「こども部屋のアリス」絵本原画展はこちら
☆清川あさみ展 Another Worldはこちら
☆清川あさみ「美女採集」@水戸芸術館はこちら


そして今回私たちが泊まった部屋の本箱は・・・
なんか音楽関係の本が多いなぁ、と思ったら、
私も大好きな❣️ハナレグミの永積くんセレクトでした。😆

やっぱり音楽✨ってとこが、
我ながら私っぽい!?😂




バンドのSUPER BUTTER DOGも好きだったんだけど、
ソロで一発目に出した「家族の風景」がこれまた
よくってねぇ。☺️



 ↑
見つけてしまった、このコラボも最高❣️

私がレコード会社辞めてから移籍して来て「くそぉ」と思いましたが
できることなから何か関わりたかったアーティストのお一人でありました。


こないだのブログ
余命数時間と宣告されても、気づきを得たら蘇る
〜アニタ・ムアジャーニのスピーチ」の中で
ロスに撮影に行った時に幽霊にハグされた話、
書いたじゃないですか?😂

その、ロスの撮影を、
現地でコーディネイトしてくれた日本人のかっこいいおばさまが
なんと!永積くんの叔母さんだったりとかして、
微妙にかすってはいるご縁なのでした。😂


そんな永積くんセレクトの中で
私が一番気になって好きだなと思った本は
高木正勝さんの「こといづ」。☺️

自然の中で暮らし始めてからの日々のことが、
彼の優しいピアノの音色のように
ぽろん、ぽろん、と心に響く言葉で綴られています。

そろそろ都会を離れ、もっと自然の中で暮らしたい私にとって、
ますますその気持ちが強くなってしまったりも、
するのですが。😅


私が高木正勝さんを最初に知ったのは
昔ジャケを担当させてもらってたUA「Lightning」のPV。

前の奥さんの高木紗恵子さんの絵を使って
正勝さんが映像を制作してたんですけど、
私、あれ、すごく好きだったんですよねぇ〜…。
色彩も美しくって。☺️




この後くらいにあった、紗恵子さんの個展にも行ったんですけど、
欲しくてたまらない絵があって、当時は買えなかったけど、
未だに「買えばよかった…」と時折思い出すと後悔を感じるくらい。


ライブで正勝さんのピアノを聴いたのは、おそらく一回だけ、
8年前、ブログ「濃厚な休日」にも書きましたが、
森本千絵ちゃんの展覧会のイベントで。

坂本美雨(Vo)、高木正勝(Pf)、中村達也(Dr)、
近藤良平(Dance)、レオナ(Tap Dance)…という、
豪華すぎるメンツ✨
あれもよかったなぁ…。


そんなこんなで、直接面識はないのですが、
Facebookでもお友達になっていて、たまに読む彼の文章が素敵で、
ブログでも「闇」について書いてた文章をシェアしたこと、
ありました。



「こといづ」で、私が好きな文章、
ちょっとご紹介しますね。☺️

写真をクリックして、拡大して読んでみてください。


ぐるりと巡って、結局、何を生み出したか、
何をつくったのかというよりも、一日一日を楽しめたのか、
ひとつひとつと関わり合えたのか。



人の中にある力。種みたいなもの。魂と呼ばれるもの。
何がきっかけで、何と何が交わった時に弾け出るのか、
未だにわからないけれど、そういうことがある。
それも自然と同じく絶妙なバランスでやってくる。
なにか、たす、なにかということではなくて、
それぞれの日々の暮らしから、もうはじまっているんだろう。



都会は情報量が多いって言われるけど、むしろ少ないと思うようになった。
物の数は多いけど、情報の幅が狭いというか、
限られた方向を向いたものしかないのだなと感じられる。
山だとちょっと歩いただけでどどどどどっと
水平にも垂直にも命があふれていて、毎日が、二度と来ない一瞬一瞬が、
もったいなくて忙しい。

皆それぞれ、その人なりの時間の流れがあって、
細やかなグラデーションで変化していってる。
どこかの移転がゴールであることなんてなく、
いつも常に通過点でしかなく、気づきの連続でしかなく、
その時の最上を目指して泣き笑っている。
そんな中で、一瞬でも誰かと誰かが交わったなんて、もうそれだけで奇跡的で、
それでいいやんと素直に思うようになった。
そして、その時「わからない」ものは、簡単に否定してしまわないで
「今はわからない」とひとまず横に置いておくことにしている。
ある日、「最高!」が「色褪せた」に変わったり、
「わからない」が「こういうことだったのか!」に変わったりするのだから。



何をするにも「選択」しなければいけないのだ。
どれが「一番」いい選択なのか、大勢の意見を追えば追うほど、
答えがなくて、ただただ時間が過ぎてゆく。
だから、最近はひとまずやってみることにした。
やって違ったら別のやり方を試せばいいやん。
歳をとってよいことは、完成はないのだなと気づいたこと。
ゆえに失敗もないのだな。だから、今日を奏でられたらそれでよい、
それがよろしい。



人から教えられた情報ではなく、
常識として当たり前だと思い込んでいる「何かと何かの結びつけ」を
一度ほどいて、自分なりに物事を結び直してみる。

せっかく常識が違う異国の地に足を踏み入れているのだから、
たくさん勘違いして、自分なりの新しい結びつけを付け加えたい。
その結びは、勘違いで、あるいは曇りない直感で発見されたゆえに、
真の的を射抜いているかもしれない。
わざわざ海外に出かけなくても、よく見れば、いろんなところに
自分にとっての異国が広がっている。
そういう見知らない外の世界に出向いて、もう一度、世界を勘違いし直してみる。



彼らの絵を見ていると、画材屋に並ぶ色とりどりの絵の具を見ている時の、
あのワクワク感が湧いてくる。ひとつひとつ美しい素材が並んでいる感じ、
ここから何か新しいものが生まれてくる感じ。
多くの完成されて作品や製品を見ている時には感じない特別なものだ。

「ここですでにとびきり美しいし、ここから何にでも変わりうるし、
細やかなひとつひとつすべてが輝いている、完成しているのに完成していない、
組み合わさっているのに組み合わさっていない」。

それが美しいのは、世界がほんとうはそう在るからなんだろう。
ああ、どこまでも、素人で、どこまでも、素材のままの美しさを保ちたい。



相手に何かを求めるなら、
先に自分の心と躰でその希望を実現してしまえば、
自分にとっての相手はそのようになってくれる。



ソロモン諸島から戻ってから、なにやら、あたらしい自分がやってきていて、
どうにも落ち着きなくそわそわが続いている。
どうやったら、馴染んでくれるのだろう。
あたらしい自分を受け入れるために、いまの自分を諦めたらいいのだろうか。
人生、なんでも試してみないとわからない。
日常的にしていること、してしまっていることを、少し止めてみることにした。
まず、インターネットから少し遠ざかってみた。
(中略)
どこかに繋がれる代わりに、どこかに繋がれなくなる。
何かを入れた分、何かは入れられなくなる。
何かを欲しているなら、何かを諦めればいいのかもしれない。



空っぽのうつわ、なんでも入るうつわ、うつろ、空洞、うつろい、
水が流れる道、水は何もないほうへと流れてゆく。
ふと、自分を止めてしまった瞬間、
自分のこだわりをなくしてしまってもいいと思えた瞬間、
ぽっかり自分にうつわが生まれた時、やっぱりどどっと
あたらしいことが流れ込んでくる。



・・・いいわぁ。

つい、引用し過ぎてしまった。。
でもでも、読みたくなるでしょう?😆

同じことを伝えるのでも、表現の仕方で、伝わり方ってやっぱり
変わりますよねぇ。

とても、私の好きな、伝え方、言葉の紡ぎ方を、する方です。

するするっと、無理なく心に届くというか。
文章にも、音楽を感じます。

今の奥さんのみかをさんの絵も、やわらかで、好き。


・・・長くなりました。

「箱根本箱」で出会った本、
他にもシェアしたいので、また別途トピ立てますね。☺️


☆「箱根本箱で出会った本たち② 
 生きることとか生き方とか暮らしとか」はこちら








☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら


2020/07/26

野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.10のご報告



天気予報は雨でしたが、実際には
ほぼ雨に降られることもなく、夜はすごかったけど、
朝にはまた止んで、暑くもなく寒くもなく、
ちょうどいい日和でした。☺️

お一人、まさかの日程を勘違いで😂
ランチ終わりに到着のベテランリピーターの方もいましたが、
素早く摘んで、とっておいたランチも食べて、
体験ヒプノ終わりで黙々と刻んで詰めて、結果、
一通りちゃんと参加して帰れる、っていうね。👍
(過去にも何人かいましたが、遅刻しても諦めるなかれ。😁)

しかも、コロナ禍、雨で外に出られない日は、
日課のジョギングをこなすため、家の中を8キロ歩いたっていう話で
「家の中で、は、はちキロ〜〜っっ?!?!」って、
みんなに強烈なインパクトを残して嵐のように去るの、
面白すぎました。。😂😂


今回は、いつも以上にあつみさん、
いろいろお話ししてくれたような感じがします。

最初に、野草の摘み方や酵素についてお話ししてくれた後、
いつものように軽く瞑想をしてのスタート。


雨上がりの野草は、生き生きと、元気いっぱいなのが
わかります。

去年は、ちょうどイベント前とか後に当たってしまって、
草刈りされちゃってたりもしたんですが、
今回は久々に、植物が思いっきりわさわさとしてました。😆


シロツメクサにも似た、ムラサキツメクサがいっぱいだったので、
私は「お花いっぱい詰めたいな💕」と思い、
多めに摘んでみましたよ。


あつみさんが「ねむの木(写真右)は、夜になると花が咲いて、
とってもいい香りがするのよ」と教えてくれたので、
初めて香りを嗅いでみたんですが、とっても甘くやさしい香りで、
クセになりますよ。

あつみさんは今の時期は毎晩、この香りに包まれて眠りにつくそう。
幸せだぁ〜💕


このアップの写真は雨上がりの翌朝、撮りました。
このお花も酵素にいっぱい入れちゃった❣️

ねむの木って、合歓の木って書くんですよね。
「共に歓び合う」って、あつみさんが表現してたけど、
なんて素敵な木なんでしょう✨


みんなそれぞれのペースで、植物との対話を楽しみます。☺️
あっという間に1時間以上、経っちゃうのよねぇ。


あつみさんにオススメされた畑の石垣沿いのイモの花も
ピンクが可愛くて、いっぱい摘んでみました。


これで350gくらい。
去年に続き、山葡萄の実も、また入れてみました❣️
残りは無農薬の野菜と果物で補って、計2kgにします。


こんな立派な晩柑も用意してくれてました。😆
思わず朋子さんが「酵素に入れるのはもったいない…」と
つぶやくほど。😂


あつみさんが長年のおつきあいの天草の農家さんから
取り寄せてくれたものです。☺️

これのおかげで今回は、柑橘の爽やかな酸っぱさのある酵素
に仕上がりましたよ〜❣️


他にも、ズッキーニ、ジャガイモ(!)、人参、ビーツなど。
ビーツはやはりダントツで鮮やかに色が出ますねぇ。

洗って、水切りしている間にランチタイム♪


久々にランチに登場の、みんな大好き!車麩あげ。
私もここで食べるようになってから、うちでも作るようになった
クセになる美味しさです。😆

前にも載せましたが、再掲しておきましょう。
あつみさん直伝>>
出汁(水でもOK)にすりおろし生姜と醤油を少し入れ、
その中で車麩をよく戻し、軽く推ししぼったら、
米粉を付けて揚げるだけ。

皆さんもお試しあれ〜。


朋子さんのお料理もとっても美味しいんです❣️
麦麹醤油も私、大好きで。
何に合わせても、いいアクセントになります。☺️



白和えも、おかひじきも、昆布も、
体に優しいものばかり。


みんな揃って、いただきます♪


ちょこんとあつみさん❣️
可愛い〜。😆


「酵素玄米だけはね、私がやりました」と、あつみさん。☺️
もちろん、おかわり〜♪


お腹も満たされたところで、酵素作りスタート。
まずはひたすら刻みます。


そして砂糖と順番にミルフィーユ状に詰めていきます。
この作業、無心になれて、みんな好きって言いますねぇ。☺️

今回は、初めての方はお一人で、
慣れてる方が多くて、手際がいい…。


私は最後、お花で華やかにフィニッシュ〜💕
女子な感じでしょ?😆

軽く20種類を超える野草がブレンドされてますので、
どんなハーモニーを奏でてくれるのか、
この後、酵素を育てる過程がまた楽しいのです。


あつみさんを囲んで、朋子さんにも入ってもらって
集合写真❣️


私も入って、できたての酵素ちゃんと一緒にパチリ☆


晩柑がまだ余っていたので、カフェでバイト経験もあるMさんが
手際よく食べやすく、むいてくれました。
ちょうどいい甘さで、美味しかった〜❣️


みんなが自由時間の間、
遅れを取り戻すべく、黙々と野草を摘む誰かさん。☺️


そして体験ヒプノ。
クリスタルボウルを持ってきてくれたMさんに
最初、10-15分ほど、演奏してもらいました✨(ありがとう❣️)

私からは詳しく書けませんが、シェアがまた面白かったですねぇ。


あつみさんも、子供の頃に見たリアルな夢と
6月末に見たリアルな夢を急に思い出して、
それらの繋がりと意味が、今回のワークでわかったそう。

どんなことがあっても、この世界は完璧なんだ… ってことがね、
 わかったわ」と、
何度も感謝の気持ちをおっしゃってました。
感動がね、すごく伝わってくるシェアで、うれしかったです。☺️


その後もまた、気づきは続いたようで、

きっと誰もが完璧なのですね。 
 誰もがWonderful World を体験しているのですね‼️」

とも、おっしゃってて。

私もそう、思います✨


そして宿泊の4人は残り、
日帰り組の3人の車をお見送り。

と、運転手Mさんの酵素の入ったバックが
置いてきぼりになってるのを発見!

慌てて、3人に順番に電話したのですが
何回かけても誰も出ず。。

その間みんなは「テレパシーを送ろう❣️」と盛り上がる。😂

そのかいあってか?!
もう高速に乗っちゃったよなぁ…
ってタイミングで、車、戻ってくる。
無事に酵素「は」乗る、っていう、ね。
      ↑
「は」の意味は、後ほど。😂


19:00頃、いい匂いとともに夕食がやってきました〜。

遅れてきたEさんは、その傍らでせっせと瓶詰め。
でも日が長いから、あんまり寂しい感じにならなくて、
夏は良いですね。☺️
暗くなると、ちょっと焦るからね。


どれもこれも美味しそうでしょ〜?😆


素材の味が生きている
シンプルで美味しいのが、一番❣️


今回は、初登場の黒豆ご飯。


みんな、思わず写真撮っちゃいます♪


ビーツのドレッシングがまた色鮮やかでね〜。
泊まれる人は、絶対泊まって3度のご飯をいただくべし❣️


2度目の、いただきます♪

ここで話したいろいろの深い話が、
夜にひくカードに「え!」ってくらい見事に反映されていて
それもまた面白かったですねぇ。😁

ここでの一日と、みんなの会話を聞いていて、まさにこの時、
今後の仕事の方向を、頭ではなくハートから決められた方もいて、
うれしかったです❣️


いつものようにピラミッドの真ん中に酵素を置いて、
布団を敷きました。

お風呂に入った後は、恒例のオラクルカード✨


それぞれにぴったりくるもので、
夕食の時の話は前座だったのか?!😂ってくらい。
流れに沿ったものでした。

盛り上がってあっという間に24時近く。
おやすみなさい〜✨


夜の雨がすごかったのと、朝もまだちょっと降っていたので、
今回は川へ散歩に行くのはやめて、ゆっくり過ごしました。

8時に、鳥のさえずりを聞きながら、朝ごはん。
3度目のいただきます♪😆


おかゆがまた、朝の体に優しく染み渡るんです。。
この時間がまた、豊か✨

せっかくなので、生のハーブティーも飲ませてあげたいな、と思い、
レモンバームとミントを摘んできて、
朋子さんが見当たらなかったので、勝手にキッチン、
使わせていただきました〜。😆


そして、朝のまぜまぜタイム。
一晩たつと、水分が出て、すっかりカサも減ってます。


右回りで、自分のエネルギーも注入〜。😁

と、「このエプロンとタオル、昨日からずっとあるけど誰のだろう?」
と言われ、「Mさんのかなぁ?」
「いや、でも昨日、このエプロンしてた人、誰もいなかったよね」
などと話してたら、Mさんからメールが。😂

酵素だけでなく、これも。。
ってことで、ウケました。😂

みんな、いい感じで左脳がゆるみまくってますなぁ〜❣️


あつみさんに、今までこんな、10回も酵素作りWSを主催したのは
私だけだと言われました。😆

「え。そうなんですか?!」とびっくりでしたが、
リピーターが多くて、リクエストも多いから、こそなのでね。

私自身も毎回楽しませてもらってて、
みなさん、あつみさん、朋子さん、ありがとうございます❣️

この写真を撮る時も
「まゆこさんと何回、二人で写真、撮ったかしらねぇ」と
言われましたが、たぶん12回は撮ってるかなぁ〜。😊


季節ごとにね、
野草も野菜も果物も、旬は移り変わりますから、
リクエストがあれば、様子を見つつ、
秋にもまたやりたいとは思いますねぇ。


自然の中で、自然と戯れるのは、ホント楽しいです。

みなさんからいただいた感想はこちらでどうぞ❣️
☆2020年7月vol.10の皆さんのご感想はこちら


☆2015年9月vol.1の模様と皆さんのご感想はこちら
☆2016年5月vol.2の模様はこちら
☆2016年5月vol.2の皆さんのご感想はこちら
☆2016年10月vol.3の模様はこちら
☆2016年10月vol.3の皆さんのご感想はこちら
☆2017年5月vol.4の模様はこちら
☆2017年5月vol.4の皆さんのご感想はこちら
☆2018年4月vol.5の模様はこちら
☆2018年4月vol.5の皆さんのご感想はこちら
☆2018年6月vol.6の模様はこちら
☆2018年6月vol.6の皆さんのご感想はこちら
☆2018年9月vol.7の模様はこちら
☆2018年9月vol.7の皆さんのご感想はこちら
☆2019年7月vol.8の模様はこちら
☆2019年7月vol.8の皆さんのご感想はこちら
☆2019年10月vol.9の模様はこちら
☆2019年10月vol.9の皆さんのご感想はこちら

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

☆ブログ「ピラミッドセンターで作った酵素は
本当にパワーが違う!by リピーターさん」はこちら