【お知らせ】
ゼニスオメガヒーリングのプラクティショナー養成講座、9/1から受講料が上がります。詳しくはこちら
7/27(土)ゼニスオメガヒーリング勉強会vol.20@ZOOM、お申し込み受付中。詳しくはこちら
紅海のイルカたちとの日々と、受け取ったもの🐬ZOOMお話会、録画視聴は受付中。7/23まで視聴できます。詳しくはこちら
7/19(金)日帰りドライブリトリートvol.13〜感動の桃フラッペ&源泉掛け流し温泉♪は、告知してませんが満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。
7/23(火)日帰りドライブリトリートvol.14〜感動の桃フラッペ&源泉掛け流し温泉♪は、残1席となりました。詳しくはこちら

【リトリート】
7/9(火)〜14(日)加計呂麻島&奄美大島リトリート5泊6日は、満員御礼となりました。詳しくはこちら
リトリートのリクエストは、場所にもよりますが、宿などが取りづらいので、少なくとも開催の2ヶ月前、できれば3ヶ月前 にはいただけるよう、お願いします。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
2020年より、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。2023年4月より対面授業も再開しますが、オンラインの方が人数は集まりやすいです。
7/29(月)30(火)でオンラインでのレベル1授業、お申し込み受付中。7/22お申込み〆切。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。授業内容について詳しくはこちら

RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/01/03

2017年のイヤーボトル、B01に見るテーマ


新しい年がやってきましたね。
皆さんはいかがお過ごしですか?

2016年のイヤーボトルは
2+1+6=9でB09(ターコイズ/グリーン)でした。
詳しくは去年のブログでどうぞ☞こちら。 

2017年のイヤーボトルはというと、
2+1+7=9でB01(ブルー/ディープマゼンタ)。
名前は「フィジカルレスキュー」。
タロットでは「魔術師」です。

去年は9で「終わり」だったのに対し、
今年は1で「始まり」。

「魔術師」は本当の自分のスタート、
も表します。

去年思いっきり自分と向き合わされて、そこを越えた人にとっては、今年は本当に新たなスタート感が強い年になるでしょうねぇ。
もちろん、越えられなかった人も、別に焦る必要はありません。
人によってタイミングって違いますから。
向き合いたくなった時に、向き合って下さい。


このボトルは上層部、下層部、両方にブルーがあります。
(ディープマゼンタは、全ての色を含みますからね。)
ブルーには取り入れる傾向、執着の傾向もありますので、
過去のパターンを持ち続けたまま、なかなか手放せずにいるのなら、今年こそ、そこについて取り組もう!というテーマも、示唆しているかもしれません。

ブルーには「信頼」というキーワードもありますからね。
自分自身を信頼すること。
必要なものは必要な時にやってくることを信頼すること。
それができればもう、しがみつく必要はなくなるので、
「信頼」を育むことがテーマ、とも言えるでしょう。


「フィジカルレスキュー」という名の通り、
このボトルは、塗ることで身体の症状をレスキューしてくれます。英語で病気はdis-easeですが、それはeaseではない状態、つまり、くつろいでいない状態を言うんですね。緊張を手放して、内側にくつろぐこと。このボトルには、そんなメッセージも含まれています。
心と身体は繋がっていますから、身体の声を聞くことも大事。
身体にもっと意識を向けるのにも、いい年かもしれません。
個人的には、ココロとカラダをテーマにしたワークショップとか、やりたいなぁ〜。


「魔術師」の、右手に魔法の棒をかかげ、左手で大地を指すポーズは、お釈迦さまが生まれた時に七歩歩いて「天上天下唯我独尊」と言った時のポーズ。「天にあるがごとく、地にもあれ。」という宇宙の真理を表すとも言われます。
頭上には無限大のマーク。無限の創造、可能性。

すぐ横には四大元素である火(棒)、地(金貨)、風(剣)、水(聖杯)が置かれていて、これらを使ってまさに新しく何かを生み出そうとしている感じ。

「創造」で「スタート」ですからね、
新しく何かを始めたくなったり、動きたくなったり、
今年はそういう方も多くなるんじゃないかと思いますよ。

私自身も、そんな予感。
2017年、どんな年になるのやら。

皆さんは何を「創造」したいですか?
何の弊害もなく、恐れもなく、何でも「創造」できるとしたら、
この世界に、自分の人生に、何を「創造」しますか?


☆オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆自分のバースボトルとイヤーボトルの出し方はこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら