【お知らせ】
チャリティ企画:10/1(日)ヒマラヤの山奥に暮らす、むっちゃんとのZOOMお話会(録画視聴可)、お申し込み受付中。詳しくはこちら
10/2(月)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.19@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら。WSは9/25、宿泊は9/22お申し込み〆切です。

【リトリート】
9/20(水)〜23(土)屋久島リトリート3泊4日(希望者は4泊)は、お申し込み受付終了しました。残1席はあるので、行きたい方はご相談下さい。詳しくはこちら
10/22(日)〜25(水)大分・阿蘇秘湯巡りリトリート🍁3泊4日は、満員御礼となりました。キャンセル待ちご希望の方はお気軽にメール下さいね。告知はしてませんが、基本はこちらをご参考まで。
11/9(木)〜13(月)奄美大島リトリート3泊4日/4泊5日は、リクエストで満員御礼となっております。キャンセル待ちご希望の方はお気軽にメール下さいね。


【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
2020年より、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。2023年4月より対面授業も再開しますが、オンラインの方が人数は集まりやすいです。
オンラインでのレベル4、5のリクエストをいただいてます。あと1名で日程確定しますので、ご希望の方はメール下さいね。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。授業内容について詳しくはこちら

RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2014/06/02

心配は、されているのではなくて、させている


不安な時って、誰かに相談したり、しますよね?
そしてその人に「大丈夫?」とか心配されると、
自分も余計に不安になってくることって、ないですか? 
心配されるってことは、やっぱり自分はだめなんじゃなかろうか、とか。

私も、会社を辞めて、この仕事を始めた当初、そんなことがありました。
はっきり言って、みんな思っていたわけですよ、家族も友達も。
「この仕事で食べていけるのか?」って。
自分だって、最初からうまくいくと思っていたわけではなかったし、
でもそうすることが間違っているとは思えない、っていう、
根拠のない確信だけはあって、とりあえずできることから始めていく、
そんな状況でした。

そんな、まだお客さんが十分には来ていないタイミングで
「大丈夫?」って聞かれてもですね、
「大丈夫!」とも断言できないわけですよ。
自分だって分からないことですから。
でも、そういうタイミングが一番聞かれるんですよねぇ。
「大丈夫?」って。

正直、「うるさーーいっ!o(*≧д≦)o」ってなります。(笑)
せっかく心配してくれてるのに失礼ではありますが、
こっちは心配されることで、余計に不安になってくるんですね。

でも、途中で気づきました。
これは自己の投影で、鏡だってことに。

必要なものは必要な時にやってくる、と信頼すること。
私はそれができた時に、不安がなくなりました。
そして、自分から不安がなくなったら、不思議と
「大丈夫?」って誰も聞かなくなりました。(笑)

心配「されて」いるような気がしますが、実のところ、
心配「させて」いるんですね。

つまり、自分自身が不安でいると、それが伝わって、
まわりも心配になる。
みんな、自分の不安を映し出す鏡に過ぎなかったんだなぁ、と。

相手は、自分が抱いている思いを代弁してくれているだけなんだけど、
それに気づいていないと、
「あぁ、この人もそう思うってことはやっぱりそうなんだ」
と勝手に思い込んでしまい、不安を増幅させてしまったり。
しがちですよね。

不安な時は人に話すだけでも少しは心が軽くなったりしますから、
相談すること自体はもちろん悪いことではありません。
でもこの「投影」っていう落とし穴も意識しておいた方が、
変に落ち込まずにすむように思います。

そして、相談相手は選ぶこと。

例えば「好きなことをやりたい」と思っているなら
「好きなことをやっている」人に話すのがベスト。
「好きなことをやっていない」人に話しても、
「今からなんて難しいと思うよ〜。」と言われかねません。
みんな、自分の経験をベースによかれと思ってアドバイスをするものです。
だから、その人の経験がどんなものか、そこも含めて受けとめること。
鵜呑みにする必要は、ないってことです。


あとは、その不安がどこから来ているのか?なんですが。
なぜ信頼しきれないのか、っていうところでもありますね。

ゼニスオメガヒーリングでも、
不安や恐れ、自己価値の回復、自己への信頼のクリアリングは
本当にしょっちゅう出番がありますが、
自分ではなく他者のエネルギーに邪魔されているってことも
よくあります。

例えば子供の頃から両親に
「あんたは本当にだめねぇ」とか
「お母さんがいないと何もできないのね」とか、
言われ続けていたとすると、

両親の考え(エネルギー)が、
自分の考えとして無意識に組み込まれてしまうんですね。

私たちは常に影響し合っていますから、
100%自分だけのエネルギーでいるって、なかなか難しいもの。

浄化とプロテクション講座で「エネルギーを返すワーク」をすると、
皆さんそのことに気づいて意識が変わりますが、
「心配」ってエネルギーを向けられたら、
それをその本人に返すだけでも、自分の中の不安はだいぶ減ったりします。お試しを。

また、自分で意識してできることとしては、
今までの人生を振り返って、
「大切なものを失ってしまった」と思った出来事を
思い出してみるといいかもしれません。

本当に失っただけだったでしょうか?
代わりに得たものも、ないですか?
それがあったから、おかげでこうなった、という流れはなかったですか?

もしあなたがいまだに執着していて、手放せていないとしたら、
まだそんなふうには思えないかもしれません。
プロセスの途中では、なかなか気づけませんから。
でも大抵は、点ではなく線で見れば、失うだけではないはず。

自分の人生を俯瞰で観察してみること。
そうすると、「あの時もなんとかなったし、あのおかげで今があるんだから、きっと今回も大丈夫」と思えるのではないでしょうか。
信頼するって、そういう、積み重ねでもあると思います。
人間関係と一緒で。

自分を、自分の人生を、信頼して下さい。
少なくとも、信頼すると決めてみて下さい。
エネルギーは思考についていきます。
だから、何を信じるかって、とても大切。
否定は必要ありません。