【お知らせ】
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
10/24(日)〜27(水)大分阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。

7/29(木)ゼニスオメガヒーリング勉強会vol.15、お申し込み受付中。詳しくはこちら。
8/8(日)10:00-18:00 レベル5授業、お申し込み受付中
8/9(月・祝)10:00-13:00 レベル5ティーチャーコース授業、お申し込み受付中
8/20(金)10:00-18:00 レベル3授業、お申し込み受付中
8/22(日)23(月)10:00-17:00 レベル1授業、お申し込み受付中。3名集まったら開催確定します。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2015/10/28

オーラソーマお茶会vol.23のご報告


10/27の牡牛座の満月に荻窪の6次元さんで、4ヶ月ぶりに開催させていただきましたオーラソーマお茶会、10名の方にご参加いただき、わいわい楽しく終了しました。参加してくれた皆さん、6次元さん、ありがとうございました〜☆

いつもは割と早めに満席になるんですが、
今回は「あれあれ、もうみんな飽きちゃったのかしら〜・・・(なにせもう23回目なので^ ^;)」と思ってしまうくらい、ゆっくりなペースで埋まっていき、当日の朝、満席御礼に。

朝ギリギリで申し込んでくれた方は、
「どうしようかな、と思っていたけど、朝サイトを見てみたらまだ1席あったので申し込むことにしました」ということで、きっとこの方のために空いてた1席だったのね〜 、って思いました。^ ^ 
すべてご縁。
「今回はこのメンバーだったんだなぁ」って、毎回ワークショップをやる度に思います。


今回は、割とほとんどの色がまんべんなく選ばれていましたね〜。
特徴的だったのは、選んだボトルとバースボトルの色の中に同じ色が入ってる人がとても多かったこと。こんなにリンクしてるのは初めてかも。

バースボトルもあまり偏りなく、
3(ブルー/グリーン)が二人、
5(イエロー/レッド)が二人、
7(イエロー/グリーン)が二人、
11(クリア/ピンク)が二人、
4(イエロー/ゴールド)と9(ターコイズ/グリーン)が一人。

11といえば「自己受容」「無条件の愛」なのですが、
お二人がとても頷きながら聞いてくれたので、時々お話しして来たあるお客様のヒプノの体験談についても触れさせていただきました。(☞こちら

その中で彼女が出会った、愛と光のエネルギーは
「私(=あなた)が愛だ。考えの中で理解するのがダメなことだ。 ただ愛。すべてはそれのみ。 手放したいと思っていた部分も愛だ。 イヤだと思っている部分、それは私自身が愛であることに気づくため、 そのために、その度に出て来るもの。 私はもともと愛されていることを知っている。 そのことをすぐ忘れるから、思い出させるためにイヤだと思っている部分が出て来るのだ。」
と言っていました。

そう、手放したいと思っている部分も愛。
それも大切な自分。
だからただ、受け入れるだけでいいんです。

レッドは「条件つきの愛」。レッドは「反発」のエネルギー。
手放そうとして、ジタバタします。
でもそれは、一人壁打ち状態。
手放すどころか、投げただけの力で戻ってくるだけ。
でも反発せずに観照すれば、レッドは「目覚め」となります。

さらにレッドに光が当たるとピンクになって「無条件の愛」にもなります。
それは、ただ許し、あるがままを受容するエネルギー。

自己否定や罪悪感は、最もひどい自分への仕打ちです。
まず、自分にやさしくありましょう。



さて、今回も、許可をいただいたものから皆さんのご感想を一部掲載させていただきます。アンケートにご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました!!


「恐れという言葉がとても今、自分が向き合うべきことだったと認識できました。
今日はありがとうございました。」


「カラーに関するセラピーやリーディングはたくさんあるけれど、ボトルの意味とか、カラーの意味の扱い方が独特で面白いと感じました。テーマと、ブロック(スタック)していること、その人が色で注目しているものと違いもあって楽しい。
選んだボトルとバースボトルの色が一緒だったり、他の人の色の選び方も今回はバースボトルと同じというのも、何だか満月の夜にふさわしいまぁるい感じでよかった。全員が上下含めて色を網羅しているので、全ての意味が聞けてよかった。
全てが集まって全てになっている会でよかったー。」


「色の持つ意味を、みなさんの選んだボトルごとになんどか伺うことで、いくつもの方向から理解できたように思います。目を離すと、自分の選んだボトルの色が違って見えるのが不思議です。」


「とても楽しかったです。ありがとうございました。
色から感じる事で、思い当たる事があり、自分の感覚をもっと大切にしようと思いました。」


「改めて自分のことを知れたり、自分や今世におけるテーマや魂の質を知れたりと良かったです。それらを知ることで、自分にはどういう性質があると分かり、自信につながりそうです。それが自分なんだなという感じがしました。」


「自分の中を改めて気づかされた気がします。『直感で』というキーワードがとても自分に合っている気がしました。」


「今日選んだボトル、36番。自己受容については、ずっと思っていたことなので、これからもテーマになっていくのかなと思いました。」


「とてもおもしろかったです!じっくり考えてみます!」


「楽しかったですー!!!!!
こんな'' かくれが ''でこっそり こい〜い出会いが味わえる。夜を味わえる。
ステキな時間ですね。」


あと、「10人は多いかも、シェアをするには6人くらいが嬉しいです」というご意見もいただいたんですが、人数を減らしてしまうと、その分料金を上げないといけなくなってしまうんですよねぇ。。例えば6人にすると、一人5000円くらいはいただくことになります。6次元さんでやる時は3000円くらいまでにしておきたいので、やっぱり10人は必要かなって感じです。ご理解いただけると嬉しいです♡

代々木上原のサロンで月1ペースでやっている小さなお茶会で、たまにオーラソーマ篇もやってますので、少人数希望の方はよかったらそちらへどうぞ〜。小さなお茶会は4人という少人数でやっているのでさらに濃いですが(笑)、楽しいと思いますよ☆


お茶会では体験版なので1本しか選んでいただけませんが、実際のコンサルテーションでは4本のボトルを選んでいただきます。4本のボトルを通して、あなたの全体のストーリーが見えてくるんですね。特に2本目の「ギフトとチャレンジ」ボトルは、その時自分が向き合っているチャレンジ(乗り越えようとしているテーマ)、そしてそれを乗り越えた時に手に入れることができるギフト(才能)を示してくれるので、そこで気づけることってとても大きかったりします。なので、「もっと知りたい!」という方は、ぜひ個人セッションをどうぞ。

★オーラソーマについて、詳しくはこちら
★メニューと料金はこちら


お茶会の次回の予定はまだ決めていませんが、決まり次第また告知しますね♪
確実に情報をゲットしたい方は、メルマガにご登録下さいませ〜。


☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第四回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第五回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第六回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第七回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第八回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第九回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十回目の「お母さんのためのオーラソーマお茶会」の様子はこちら
☆第十一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十三回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十四回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十五回目の「オーラソーマお茶会〜満月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十六回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十七回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十八回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十九回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二十回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第二十一回の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二十二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら



↑6次元・ナカムラさんの著書はこちら