【お知らせ】
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
10/24(日)〜27(水)大分阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。

7/29(木)ゼニスオメガヒーリング勉強会vol.15、お申し込み受付中。詳しくはこちら。
8/8(日)10:00-18:00 レベル5授業、お申し込み受付中
8/9(月・祝)10:00-13:00 レベル5ティーチャーコース授業、お申し込み受付中
8/20(金)10:00-18:00 レベル3授業、お申し込み受付中
8/22(日)23(月)10:00-17:00 レベル1授業、お申し込み受付中。3名集まったら開催確定します。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2014/11/14

人生の最期に聴きたい曲


以前、NHKの「ミュージック・ポートレイト」という番組の中で、黒柳徹子さんと加山雄三さんの対談の回があったんですよ。

テーマごとにお互いに10曲づつ持ち寄って、人生を語り合うんですが、10曲目のテーマ「人生の最期に聴きたい歌」がお二人とも偶然同じ、フランク・シナトラの「My Way」でびっくりし合っていたのが印象的でした。

加山さんは
「こういう気持ちになって死んでいきたいと思ってんですよ、やっぱ。だから最期にこれ聴いて納得しないとね、気がすまないと僕思ってますし。」
「これ以外の真実ないと思うんですよ」
と語ります。

徹子さんも
「これは(人生が)成功したとか、そういうことじゃないんですよ。どんな人間でも…誰にでもあてはまる。」と。

さまざまなことを経験してきたお二人だからこそ、一言一言に説得力があって、重みもあって、とても共感できる内容でした。


私も今のところ、人生の最期に聴きたい曲は
「My Way」かルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」かなぁ…
考え始めると迷いますけどね。^ ^;

私もいつからか、何がきっかけか全く覚えていないんですが、10代の頃から「My Way」はなぜか好きでした。歌詞をちゃんと理解していたわけでもないのに…(笑)でもいい大人になって、歌詞を噛み締めて聴いてみると、これが改めて、すんごくいいんですよ。

死が近い人物の目線で書かれているんですが、「私は私の道を生きた」って爽快に言い切って人生を終える感じが、とにかく感動します。泣けます。私もそう思いながら死にたいなぁと心から思います。だからできるだけそう思えるように、今を生きています。まあ、本当は、振り返ったりなんてせずに、「あぁ、面白かった!」って思って死ねたらそれが一番かっこいい気がしますけど、振り返るのも嫌いじゃないので、振り返っちゃうと思うんですよねぇ。。私。なんやかんや。(笑)

特に私の場合、ヒプノセラピストとして前世に誘導する度に、何百回も人の死に際に立ち会ってきてますので、余計にすごく考えます。どう死にたいか。どう死にたいかを考えることは、結局、どう生きたいかを考えることになるので、今の道しるべにもなるんですね。だから、「the shift」というワークショップでは、今世の終わりを見に行くヒプノを取り入れたり、してるんです。死から今を考えるのも、視点が変わっていいですからね。この、「視点(選択肢)を増やす」ってことが、セラピストやヒーラーの役目のひとつでもあると思っています。

話は変わって、前に浄霊をする人に「なかなか帰りたがらない時はね、『ふるさと』とか、ああいう歌を歌ってあげるのも効きますよ。『マイ・ウェイ』とかもいい。」と言われたことがありました。「My Way」の歌詞を読むと、それも納得できますよね。
今年の始めにブログ「今更ながら陰陽師」にも書きましたが、必要なことは、恐れでも敬いでもなくて、理解。この歌は、理解に繋がるなぁと思います。
どんな人生にも、敬意を。

では、そんなこんなを踏まえて、
改めて聴いてみて下さい。
フランク・シナトラで「My Way」♪ 





そして今 終わりの時は近づき
私の前に 最後の幕が降りる
友よ 明らかにしよう
私の真実を 自負を持って
充実した人生だった
あらゆる道を歩んできた
いや それだけではない
わが道を歩んできた

後悔もわずかにある
だが 語るほどのものはない
私はやるべきことをやった
そして最後までやり遂げた
人生の航路をしっかりと定め
一歩ずつ慎重に歩んできた
いや それだけではない
わが道を 歩んできた

そう 君も知っているだろう
無理なことに挑んだこともある
だがそんな時 不安がよぎっても
それを飲み込み 打ち勝った
すべてに立ち向かい 誇り高く
わが道を 歩んできた

恋もした 笑い そして泣いた
満足も そして失望も味わった
涙はおさまった 今
何もかも楽しい思い出だ

すべてをやり終え 振り返って
どうやら言えそうだ 恥じることなく
そう そうだ 恥じることなく言おう
私は わが道を歩んだ

人とは何者で 何を得るのか
自分自身でなければ意味がない
卑屈な言葉ではなく
心からの言葉を語るのだ
私の足跡が示す 苦難の中でも
私は わが道を歩んだ