【お知らせ】
2020年新春ソウルメッセージカードは、おかげさまで全て行き先が決まりました。詳しくはこちら
2/5(水)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」合唱WS vol.7、お申し込み受付中。1/26(日)は満員御礼となりました。詳しくはこちら
1/27(月)恵子さんとのお話会vol.2〜自分と仲良くする@恵比寿、お申し込み受付中。詳しくはこちら
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
また、2020年度よりファシリ講座は『セッションの提供をなさる意欲がある方』が受講条件となりました。そうでない場合は、解放コースをご検討ください。
講座内容について、詳しくはこちら

【リトリート】
インドに行きたい方、募集中。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
レベル1授業、2月の平日で日程調整中。レベル1授業は年2回しか開催しませんので、ご希望の方はお見逃しなく。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2013/12/06

マンデラさんの言葉

心から敬愛するお二人です

南アフリカの第9代大統領であり、
1993年ノーベル平和賞受賞者の
ネルソン・マンデラさんが亡くなりましたね。
本当にすごい人だったと思います。

何がすごいって、マンデラさんは、
反アパルトヘイト運動で国家反逆罪に問われ
27年間も投獄された後、釈放され、大統領になったわけですが、
就任演説の際、自分を監禁した人たちに
わざわざ最前列の席を用意してるんですよね。

こんなこと、普通はなかなかできることじゃありません。
だって、27年間ですよ?!
そう簡単に許せることではありませんよね。

なのに単に「許す」だけでなく、それを公に示す意味でも、
あえてそうやって敬意を表して見せた。

「許す」ことなくして、
この国も、国民も、自分自身も癒されることはない、
憎しみはまた憎しみを生むだけ、
「許す」ことがいかに大切か、本当に分かっていた方なのだと思います。

尊敬するリーダーが先頭に立って許したのを見たら、
後に続く者は自然とそれに従うものですしね。
世界中のリーダーが、この姿勢には学ぶものがあっただろうと思います。

ガンジーさん
「弱い者は赦すことができない。赦しとは強い者の性質なのである。」
と言ったそうですが、
それにしてもマンデラさんの強さは、相当です。

私が好きなマンデラさんの言葉に、
有名な、1994年の大統領就任演説があります。


我々が最も恐れているもの、それは自分が無力だということではない。
我々が最も恐れているもの、それは自分には計り知れない力がある、ということだ。
我々が最も恐れるもの、それは我々の光であって、闇ではない。
我々は自分に問いかける…。
自分ごときが賢く、美しく、才能にあふれた素晴らしい人物
であるはずがないではないか?
だが、そうあってはなぜいけない?
あなたは神の子である。
あなたが遠慮しても世界の役には立たないのだ。
まわりの人が気後れしないようにと、
あなたが身を縮めることは何の美徳でもない。
我々は、自らの内にある神の栄光を現すために生まれてきたのだ。
そしてそれは限られた人々のものではなく、
すべての人の内にある!!
我々が自らの内にある光を輝かせるとき、
無意識のうちに他の人々を輝かせることができるのだ。
我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、
我々の存在は… 
同時に他の人々をも解放することができるのである。


なんて力強く、愛に満ちたスピーチなんでしょう。
一国民に留まらず、全人類に向けて、放ってますよね。
本当に、その通り!

私はこの素晴らしいスピーチを
オンタイムではちゃんと分かっていなくて、
オーラソーマの会長、マイク・ブースが授業の中で、
私にこの一節
「我々が最も恐れているもの、それは自分が無力だということではない。
我々が最も恐れているもの、それは自分には計り知れない力がある、
ということだ。」をメッセージとしてくれたことで、
改めて全文を調べ、心打たれたのでした。

そう、私たちはみな、内側に光を持っている。
それを輝かせるも輝かせないも、私たち次第。
でも輝かせることを恐れる必要なんてない。
誰に遠慮する必要もない。
自分を解放し、輝くこと。
そうすれば、他の人たちもそうなっていく。
だからまず、あなたが光になりなさい。

もし自信がないとしても、とりあえず、
自分を信じてみることに決める、ってことも大事なんだと思います。

ただ待っていたところで「自信」が向こうからやってきてくれる
なんてことはないわけで、決めないことには、何も始まらない。
そして、行動し、やり抜いてみる。

その連続があってはじめて、本当の意味で
自分を信頼できるようになるんじゃないかなぁと思います。
だから、最初は嘘でもいいんですよ。嘘から出た真になればいい。
あなたの内なるパワーを、信じてみて下さい。

そして同じように、他の人たちの内なる光にも敬意を。

マンデラさんは
自分がどれほどその習慣に誇りを持っていようと、
自分自身の習慣に照らして他者を断罪する権利は
一切ないと思うようになった」とも言っています。

先日のブログでも書いたダライ・ラマ法王の
私自身も1人の仏教徒ですが、
仏教という自分が信心している宗教に
あまりに強い執着をするということは正しいことではありません。
なぜなら私たち人間は執着の心を持った時に
心は偏見に満ちたものになってしまい、
他の人たちの立場などを理解すること、
現実をあるがままに見ること、ができなくなってしまうからです。
という言葉と同じ示唆のある言葉ですね。
私も常に、心に留めておきたいと思っています。

私たちに「共存」という未来の形を示して下さった、
マンデラさんのご冥福を、心からお祈りします。



☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら