【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)あたりで、冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄ぐるり旅を計画中。追って告知します。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。12/14にレッスンのみを、12/15にティーチャー希望の方用の座学を半日ほど行います。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2013/12/04

オーラソーマお茶会vol.13のご報告


12/3の射手座の新月に荻窪の6次元で開催させていただいたオーラソーマお茶会、11名の方に集まっていただき、穏やかに楽しく終了しました。来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

今回で13回目のお茶会ですが、10分前に全員が揃ったのは初めてじゃないかな。皆さま、優秀〜。そして選ばれたボトルは全体的にブルー、グリーン系が多い印象で、そういう時はだいたい、自分のことをあまり多くは語らない方が多く、どことなく控えめな会になる傾向があります。これ、レッド系が多い場合と比べると、顕著なんですよ。(笑)なので今回は、お客さんよりも私が話す時間が長めだったように感じました。

グリーンは虹の真ん中の色でもあり、争い事を嫌い、調和を大切にしますので、全体の調和のために自分は一歩ひく、といったところがあります。ブルーは平和を表し、穏やかで落ち着いたところがあり、コミュニケーションというテーマを持つだけにちょっと人見知りな人も多かったりします。どちらも全体の様子を伺いながら自分を出していく感じがあるので、「初めまして」の場ではちょっとおとなしめなんですね。

私もそうなんですが、バースボトルを見て「自分だったら絶対選ばないボトル」と言う方が多かったのも、興味深かったです。前回も書きましたが、そういう場合は選んだボトルとバースボトルが補色の関係だったりすることも多いので、もともとその質はもっているからこそ、逆のエネルギーを欲するようになるのかもしれません。面白いものだと思います。

B33(ロイヤルブルー/ターコイズ)とB93(ターコイズ/オリーブグリーン)が
売れてしまって写ってませんが、今回選ばれたボトルたちです。

許可をいただいたものから皆さんのご感想を一部掲載させていただきながら、ちょっとお話ししたいと思います。アンケートにご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました!!

「今回選んだボトル、バースボトルが今の自分の状況にあっていてまず驚きました。ボトルのキーワードで自分の中に残ったものを大事にしていきたいと思いました。自分に必要なものをキーワードから拾えたので、参加させて頂けて良かったです!ありがとうございました!!」

>>どんな色も、ポジティブな側面とネガティブな側面、どちらも持っています。その時の自分が、どちらにスポットを当てているか、の違いに過ぎません。私たちは、物事をありのままに見ていることって実は少なくて、自分のフィルターを通して見ています。だから同じ出来事に出会っても、人によって反応は様々なんですね。同じ上司に同じように怒られても、すぐに立ち直る人もいれば、いつまでも落ち込んでしまう人もいるように。
だからまず、なぜ自分はそっちの反応を選択したのか、そこを考えることで、自分の思い込みに気づいていくことが大切。
オーラソーマは占いではないので、当たっているいないは問題ではなくて、自分が選んだ色の、どのキーワードに反応するか、そこから何に気づくか、が大事なんですね。だから、ピンとこないキーワードはその時点では横に置いておいて構いません。ある日、気づくかもしれないですから。この方のように、ピンと来たものを残して、気づきを深め、今後に活かしていく、というのはとってもいい受け取り方だと思います。


「参加者の方々が選ばれたボトルが、それぞれの方のイメージ通りで興味深かったです。自分自身も、最近感じていた感覚と同じ内容のアドバイスをいただけて納得できました。」

「ひとりで受けるセラピーとは違って、皆さんの色の受け取り方をきけるのがおもしろかったです。」

「参加している方のいろいろな話を聞けることが面白い。自分のことは、なかなか理解できないのであるが。。。」

>>そう、こういうお茶会などのイベントでは、自分のことだけでなく、他の皆さんのお話も聞けるというのがいいところ。人のお話を他人事だと思ってしまうとつまらないかもしれませんが、同じ時間に同じ場所に集まるのって、やっぱりご縁だと思うし、意味があると思うんですね。だから、自分が言われている時には気づけなかったことでも、人が言われているのを聞いていると理解できることもあるし、私たちはお互いが鏡ですから、人の話を通して自分に気づくことも多くあります。何より、人によっていろんな受け取り方があることを改めて確認できる、いい機会。どんなことでもそうですが、オープンでフラットな姿勢でいると、得られるものも大きくなると思います。


「自分について気づくことが色々あってよかったです。自分をもっと信頼することからはじめようと思いました。もっと知りたいと思いました。」

>>自分を信じると書いて「自信」ですからね〜。
自分を信頼することは、思ってる以上のパワーを生みます。
ブルーの「信頼」というキーワードには、「必要なものは必要な時にやってくる」ということを「信頼」することで「執着」を「手放す」という意味もありますから、一度、過去を振り返ってみるのもいいですよ。その時は辛くて、悲しくて、何かを失ったとしか思えなかったとしても、その後には、代わりに何かがやってきていないか? あの時ああいうことがあったから、今の自分はこういられるのだ、ということを再確認して納得することは、「信頼」への近道になると思います。欠けているものを数え上げるのではなく、すでにあるものを数えて肯定していきましょう!


「色々思い当たるふしがありました。おもしろかったです。自分の子供の頃の思いに興味があり、ヒプノセラピーを受けてみたいと少し思いました。」

>>今回のお客さんの中に、最近ヒプノを受けて素晴らしい体験をした方がいてちょっとシェアしていただいたので、それを聞いてヒプノに興味を持って下さった方もたくさんいました。ヒプノでは、問題解決の糸口を探ることを目的とする場合が多いので、その原因が前世にある場合は前世に、幼少期にある場合は幼少期に飛ぶんですが、幼少期の出来事でも、すっかり忘れていたような出来事の場面に行くことが多々あります。原因になった出来事というのは、無意識に、忘れるようにできていたりするんですね。人によって、その時の感情をリアルに再体験するタイプと、フラットに体験するタイプとに分かれますが、いづれにしても、原因が分かってその時のエネルギーから自分を解放してあげられると、今の自分もそこから自由になれる、というのが、ヒプノのいいところだと思います。


今回6次元の道前さんが用意してくれたのは
こけし屋のケーキ! おいしそ〜。

次回ですが、まだ日程を決めかねてまして。決まり次第告知しますね。よろしくお願いします!


★オーラソーマについて、詳しくはこちら

☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第四回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第五回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第六回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第七回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第八回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第九回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十回目の「お母さんのためのオーラソーマお茶会」の様子はこちら
☆第十一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら