【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残2席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2014/11/30

清川あさみ個展 TOKYOモンスター@渋谷パルコ


あさみの個展「TOKYOモンスター」のオープニングに行って来ました。
相変わらず俳優さんモデルさんもいて、賑わってましたよ〜。


今回の個展は、ストリートファッション写真誌「FRUiTS」のストリートスナップ写真に、あさみが刺繍をほどこすことで全く新しい作品に仕上げた、60点ほどの新作で構成。

その作品ひとつひとつに、劇作家・小説家の本谷有希子さんの言葉が添えられていて、それがまたいちいち心に響くもんで、なんか、映画を一本見たくらいの、充実感がありました。見応えあります。


90年代の奇抜なストリートファッションを楽しむ、って見方もできますが、あさみの刺繍で隠れた顔、その姿は本当に「TOKYOモンスター」そのもの。彼らが個性的な服装で自分を「これでもか!」ってくらい表現する中に潜む、心の奥に蠢く何か、が作品から放たれていて、とても興味深かったです。

あと、自分自分なエゴの嵐な感じがね、
久しぶりというか、懐かしいというか。

若い時の独特の繊細な空気感。
「ガラスの少年時代」とはよく言ったもんで。
私自身はあんまりモンスターではなかったけど(笑)、
愛おしいなと思いました。

今はもう、エゴを手放す方向でひたすら精進してますからね〜。
真逆を見た感じ。
それもまた、人間の醍醐味ってやつですよね。
辛いのも苦しいのも、楽しいのも嬉しいのも、
いろーんな感情を味わい尽くしたらいい。
そしたら、手放せるから。
人間バンザイ!


カメラマンの端裕人くんとも久しぶりに会えて、嬉しかったなぁ。
こないだ赤ちゃんの写真見せてもらったと思ったら、もうすっかり大きくなって可愛い女の子になった端君の娘ちゃんにも会えました。子供は早いですなぁ。写真は、本日の主役のあさみに抱きつかれて、緊張で固まっておりますが。。ふふ。カワイイ。(笑)
端君も、あさみと同じ頃、私、マネージメントを担当してたのです。
もう10年以上前のこと。
今でもこうして会えるのって、心があったかくなりますね。


個展は12/15(月)まで
渋谷パルコパート1の3階にあるパルコミュージアム
でやってますので、よかったら行ってみて下さいね♪
詳しくはこちら



2014/11/27

一年ぶりに一夜限りの復活☆小林里香さんとのKARIKAお茶会vol.11@大田区


小林里香ちゃんと一緒に、去年まで10回に渡り開催してきましたKARIKAお茶会(オーラソーマ&体験ヒプノセラピー)、一年ぶりに一夜限りの復活☆をすることにしました〜。ただし、おなじみの中目黒のサロンはもうクローズしてますので、場所は大田区になります。

この日は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」。
「朔」は新月、「旦」は朝や夜明けという意味で、
新月と冬至が同じ日に訪れる、めったにない日なのです。

冬至には、陰の気が最も極まって、その後、夏至に向かって陽の気に移行していきますよね。だから太陽の復活する日とも言われます。新月という月の復活と、冬至という太陽の復活が重なる日だなんて、何かしたくなるじゃあないですかっ!!^ ^

そんなわけで、私たちも復活!!することに致しました。
太陽と月とともに。(笑)

といっても一夜限りですので、
私たち二人のボケとツッコミ?コンビを愛して下さってた皆さん、
どうぞ遊びに来て下さいね〜。


<KARIKAお茶会@大田区>

日 時:2014年12月22日(月)18:30~21:30
18:15にはOPENしますので、オーラソーマのボトルを1本選んでお待ち下さい。
場 所:Salon☆PEGASUS(大田区)
東急池上線「長原駅」より徒歩5分。
プライベートサロンのため、ご予約確定後に詳細ご連絡致します。
参加費:5400円(お茶とお菓子付き)
定員:8名 
予約:件名を「KARIKAお茶会11」とし、お名前、携帯番号を明記の上、 neiro.healing@gmail.com までメール下さい。
8名の少人数制のため、事前振込とさせていただきます。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。
定員がございますのでご了承ください。

満席御礼!おかげさまで12/18時点で定員を超えました。ご連絡いただいた皆様、ありがとうございました。万が一キャンセルが出た場合にはTwitterでもお知らせさせていただきます。キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご一報下さいね。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。

キャンセルについて 
◆ご予約3日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は0%とし、振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。◆2日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の半額を返金いたします。◆ご予約前日〜当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。


私がよく着けている天然石のネックレス「KARIKA」の作家でもあり、モデルでもある心友、小林里香ちゃんとの、ゆるりとしたお茶会です。
だいたい、里香ちゃんからオーラソーマの話を60分、私から瞑想誘導を60分(今回は体験ヒプノではありません)、シェアリング&交流の時間を入れて計3時間の予定。

里香ちゃんが担当するオーラソーマでは、当日皆さんに1本選んでいただいたボトルの色の意味することについて、お一人づつ順番に自己紹介をしていただきながら読み解いて行きます。本来は4本選んでいただいてコンサルテーションするのですが、ここではあくまで体験版ですので、色を通して自分に気づくプロセスの面白さを感じて下さいね。

私はいつもでしたら体験ヒプノセラピーを担当していましたが、今は他のワークショップでもたくさんやっていますし、今回は瞑想を誘導することにしました。
せっかくですので朔旦冬至のエネルギーにもサポートをいただいて、「ハートチャクラを開くための瞑想」と「天使のバケツの瞑想」をしたいと思います。クリスマス前だし、可愛い天使をイメージしてみるのも、たまにはロマンチックでいいでしょう?(笑)


この夏、カーラチャクラに参加しにインドのラダックへ行った際に買って来ました、シンギングボウルもひとつ持って行こうと思っています。お一人お一人のハートチャクラの前で、ぼぉ〜〜んと、鳴らしていきますね。倍音を身体で感じてみて下さい。

「天使のバケツの瞑想」では、恐れや罪悪感、不安や怒りなどを手放していただくための誘導をしますので、自分が抱いているそういった感情について、事前に意識的に気づいておいていただくとよいかもしれません。

シェアと交流の時間も多めにとってますので、皆で楽しく、お茶をしながらさらに気づきを深めていきましょう。

 過去のお茶会の模様は下記で読んでみて下さいね。

☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆二回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆三回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆四回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆五回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆六回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆七回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちらこちら
☆八回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆九回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちらこちら
☆最終回のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆KARIKAお月見会の模様はこちら

★オーラソーマについて詳しくはこちら



ではでは、お申込み、お待ちしています。
時々「女性だけですか?」というお問い合わせもいただきますが、
もちろん男性も歓迎しますよ〜。


2014/11/26

佐藤初女×田口ランディ「深き森の語らい」


佐藤初女さんと田口ランディさんの講演を聞きに、逗子まで行って来ました。
KARIKAお茶会でもおなじみ、心友・小林里香ちゃんを誘って。

初女さんのお話を聞くのは、以前のブログにも書きましたが(→こちら)3年ぶり。
93歳になられた今も、こうして青森からわざわざ来て下さるなんて、ありがたいことです。


最初は、初女さんを一躍有名にした、龍村仁監督「地球交響曲第二番」の初女さんの部分の上映からスタート。私は実はこの映像、まだ見たことがなかったのですが、とーっても、よかったです。涙が出ました。生きるって、そういうことだよね、って、思わされます。是非皆さんにも見ていただきたいです。

私は特に「動の祈り 静の祈り」という考え方が好きなんですよねぇ。。

教会や神社などで祈るのは「静の祈り」。
お寺で修行をしたり、山にこもって瞑想したりするのも「静の祈り」かな。

「動の祈り」というのは「生活のすべてが祈り」ということ。
ご飯を作ることも、食べることも。
人と話すことも、仕事をすることも。

日常のひとつひとつを丁寧にすること、
祈るように暮らす ということ。

そうすることで、毎日、何かに気づくと思うんです。

「今日と明日はちょっとでも違うようにしたい」
「そのために大切なのは気づき」
初女さんはそうおっしゃっていました。

何をしていても、それをどのようにするかに、その人の質が表われると思います。だから、何をするかっていうのは、実はさして重要ではなく。どんなことでも、丁寧に向き合うことで、気づきは起こる。その積み重ねが、その人の人生を深いものにしていく気がします。「覚醒」とか「悟り」って、何も特別なものではなくて、そういう中に「在る」ものなんじゃないでしょうかねぇ。

だってね、目の前の初女さんは、別に修行僧ではないし、高僧でもない。スピリチュアルなリーダーって存在でもない。でも、ちゃんと自分の人生を生ききってることで、もう人間として素晴らしいってことが、十分に伝わってくる。悟ってますよ。
言葉のひとつひとつ。
所作のひとつひとつ。
心をこめて日々を生きることこそが、大切ですよね。
まあ、実際のところ、なかなか簡単にはできませんが。^ ^;


ランディさんも頭の回転の速い、とても素敵な方でした。
最初に、初女さんに捧げる詩を朗読して下さったんですが、やはり小説家=言葉のプロフェッショナル。泣けました。ここに再現できないのが残念です。。(☞こちらで読めます。

ランディさんのお兄さんは引きこもったまま餓死して亡くなったそうで、きっと、人生の苦しい部分に人よりも多く向き合って来られたのでしょう。会場からの質問に対して、初女さんの答えが少しズレていたような時も、流すことはせず、ご自分の言葉で、厳しくもやさしい助言をされていたのが印象的でした。

例えば、子供のいるお母さんから、もう母親だから子供を愛してあげないといけないのに、自分がまだ愛されたいと思っている。まだ満たされていないから、愛して欲しい、満たして欲しいと思ってしまう。どうしたらいいでしょうか。というような質問がありました。

ランディさんはすっぱり断言してましたね。
親や他人に愛されることで自分を満たすのは、はっきりいって無理だと。
「自分のことは、自分で満たすしかないんですよ」と。

私もそう思います。
外に求めているうちは、いつまでたっても満たされることはありません。内にすでにあることに気づくことが、満たされる一番の近道だと思います。

このしおりが、チケット。^ ^
書かれている言葉も素敵です。

当日配られたパンフレットに書かれていた初女さんの言葉を、ここにシェアさせていただきますね。

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜

私たちは今、混乱の時代を生きています。
気持ちがささくれだつときもあります。
心がゆれ動くときもあります。
でも、どうぞそこから逃れないで。
自然のままに受けとめて。
芯が一本通っているのであれば、
ゆれ動いても、いいではないですか?
結果ばかりを急ぐ事はないでしょう?
“今のあなた”ができることを
続けていけばいい。
小さいと思われることも。
ひとつひとつ、大事にしていけばいい、
今、私がのぞむのは、
「展開」ではなく「融合」です。
支え合って、とけあってこそ、
大きな流れは生まれるものです。

多様なものが、多様なまま
共に生きていく
「生物多様性」という言葉の意味を
考えながら生きることが、
未来を切り開くことにつながると
私は思うのです。
人にも、ものにもいのちがあって、
そのいのちが響きあう中で、
私たちは生きています。
人に
自然に
感謝する心を忘れないで。
それが私の、願いです。
雪深い里から
私は今日も
祈りの鐘を鳴らしています。

゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜

他にもここにシェアしたい初女さんの言葉があります。

「『私、苦しいんです』と訴える人に対して、頭であれこれ考えて解決の方向にもっていっても、それは本当の解決になっていないです。『そう、苦しいね。でも、もっと苦しまなくちゃ』って伝える時もあります。『初女さんは苦しいと思われることはないのですか?』という質問を受けることがあります。もちろん、私も活動を続ける中で、どうすることもできない心の葛藤が生まれることがしばしばあります。そんな時、私は苦しみを否定せずに、自分の心をまっすぐ見つめます。そしてどんな時も、苦しみを感じきることを大切にしています。苦しんで苦しんで苦しみ抜いて、もうどうにもならない、というところで『神様へおまかせ』に入るんです」

この、「自分の心をまっすぐ見つめる」「苦しみを感じきる」って、
すごく大事ですよね。

ほとんどの人が、感情を感じきる前に押し込めてしまうんです。
そうすると、その感情は、そこにずーーっと留まってしまいます。
だから、感じきってあげたらいいんです。
感じきって、手放す。
手放すってことは、委ねるってことです。
「神様へおまかせ」って、そういうこと。

小林里香ちゃんと

そういえば、
今回初めて気づいたことがあるんですけどね、
初女さんが卒業された青森技芸学院は、今は青森明の星高等学校という名前になっているんです。そして、私が卒業したのは浦和明の星女子高等学校。同じ系列のカトリック女子ミッションスクールなのでした。。つまり、大先輩っっ!!!
こんな素晴らしい先輩を持てて、後輩冥利に尽きます…。



帰りは、せっかく逗子まで来たので、海鮮丼を食べて帰りました〜。
満足満足♪

皆さんも、機会があったら初女さんの講演会、行ってみて下さいね。本を読んだり、映画を見るのもお勧めです。もうすぐお正月休みもあるでしょうから、ぜひ〜。



★小林里香ちゃんがこの講演会のことを書いたブログはこちら
★12/22(月)一年ぶりに一夜限りの復活☆
小林里香ちゃんとのKARIKAお茶会の告知はこちら


2014/11/24

オーラソーマお茶会vol.20のご報告


11/22の射手座の新月に荻窪の6次元さんで開催させていただきましたオーラソーマお茶会、12名の方に参加いただき、無事に終了しました。わざわざ遠方から来て下さる方も増えて、ありがたい限りです。皆さん、どうもありがとうございました!! 

今回でおかげさまで20回目。
だからっていつも通りで、特別に何かやったわけじゃあないんですが(笑)、自分の中でね、「早いもんだな〜。ここまで続けて来られるなんて、ありがたいな〜。」としみじみ思ってましたヨ。これだけ回を重ねても、お客様が違えば内容も変わるし、私自身もその間にまた、少しずつながら気づきを積んできているので、表現の仕方も変わります。

今回、実際にオーラソーマを教えている先生と、勉強したばかりという方もいらしてくれていたんですが、「こんな言い方もあるんだ、と勉強になります」と、「表現の仕方」についておっしゃってくれていました。そうなんですよね、何でもそうですけど、オーラソーマも、それを読み解くプラクティショナーによって、表現の仕方が当然違う。同じツールを使っていても、その人を通して伝わっていくので、その人の伝え方で受け取る方の印象は結構変わると思います。そこも面白いところ。

毎回、集まる方のバースボトルにはなんとなく傾向があるんですが、今回は4番(イエロー/ゴールド)と8番(イエロー/ブルー)が3人ずつで、多かったですね。

前回同様、選んだボトルとバースボトルが分かりやすく関連している方も多かったです。例えば、選んだボトルが59番(ペールイエロー/ペールピンク)で、バースボトルが22番(イエロー/ピンク)とか。ペールイエローはイエローに、ペールピンクはピンクに、光があたって強調された形ですから、ある意味同じボトルを選んだとも言えるんですよ。無意識って面白い、というか、すごいですよね。またそのお隣の人が選んだボトルが5番(イエロー/レッド)だったり。レッドに光が当たってピンクになりますから、これもまたある意味同じボトル。(笑)こういうの、他にもいろいろありました。こうやって、同じ時間に同じ場所に集うことには、偶然じゃなくて必然の何かがあるんだなぁと、いつも感じますねぇ。

何度か私のワークショップにも参加してくれているお客さんで「私、今、すっごい自由なんです!」ってお話ししてくれた方もいました。本当にねぇ、去年の7月に初めて会ったので、もう一年以上になりますが、その時と今の彼女は別人みたいなのです。(笑) 実際に、ご本人から自由になっていった気持ちの変化をお話ししてもらって、それを他の皆さんに聞いていただけるのって、素敵なことだなぁ〜と思いました。直接聞くと、「私もそうなりたい。そうなれるのかも。」って思えてくると思うんですよね。まず「できる」って信じることが大切ですから。最初から「無理」って思い込んでいると、無理になっちゃいますからね。




さて、今回も、許可をいただいたものから皆さんのご感想を一部掲載させていただきます。アンケートにご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました!!

「とても温かい雰囲気で素敵な時間を過ごす事ができました。
オーラソーマを勉強し始めたばかりだったので更に勉強になりました。
どうやって人に伝えるか、言葉の選び方、そういった場面を拝見させていただき、本当にありがとうございました。」

「二度目の参加です。『自己受容』というテーマが、私の中の大きなテーマになりつつあるんだな、というのを再認識しました。分かっちゃいるけど…と自分を否定せず、そんな自分も認めてあげる。寝る前にやります!!
こないだも思ったのですが、バースボトルが同じ人って、何か勝手に友達みたいな気持ちになりますね。」

「自分以外の方のバースボトルなどの説明も聞けて、大変興味深かったです。」

「楽しかったです!!
ふだん自分が教えているキーワードも『こんな言い方あるんだ☆』とか気づきがたくさんでしたし、ご参加されたみなさまとのつながりも感じられてうれしかったです。ありがとうございました♡」

「以前参加した時と状況が変わったので、参加してみました。以前は上にあった色が下に移動して来ていて、面白かったです。」

「今日はありがとうございました。^ ^ きれいなボトルに囲まれて、お茶ができて幸せです。前に来た時と違うボトルを選んだので、何か変化したんだと思います。また来たいです。」

「色々な話が聞けて 深かったです。」

「前回受けた時とまるで違う色のボトルを選んでいて、自分でびっくりしました。隣にいる方とボトルが似ていたりして、共通性を感じました。『手放す』が最近自分の中で目につくので、もう一度自分の中で見つめてみたいと思います。」

「今の自分の状況に対してどうしていくかのヒントをもらえました。たしかにジャッジは私の中で解決すべきテーマでした。今日教えてもらった自分のテーマを心に留めて毎日に取り組んでいきたいと思います。」



お茶会では体験版なので1本しか選んでいただけませんが、実際のコンサルテーションでは4本のボトルを選んでいただきます。特に2本目の「ギフトとチャレンジ」ボトルは、その時自分が向き合っているチャレンジ(乗り越えようとしているテーマ)、そしてそれを乗り越えた時に手に入れることができるギフト(才能)を示してくれるので、そこで気づけることってとても大きかったりするんですね。なので、「もっと知りたい!」という方は、ぜひ個人セッションを、どうぞ♪


さて、次回の予定はまだ決めていないのですが、どちらにしても来年。2月くらいかなぁ〜。。決めたらまた告知しますね。^ ^



★オーラソーマについて、詳しくはこちら

☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第四回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第五回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第六回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第七回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第八回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第九回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十回目の「お母さんのためのオーラソーマお茶会」の様子はこちら
☆第十一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十三回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十四回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十五回目の「オーラソーマお茶会〜満月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十六回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十七回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第十八回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第十九回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら

2014/11/21

自然がくれるもの


先週、去年小淵沢に引っ越しした友達に会いに行って来ました〜。

と、その前に。
その日程が決まってから、ちょうど画家のできやよいちゃんから展覧会のお知らせが来たんですね。ダンナさんで写真家の柏原資亮さんと一緒にやってる「PANDY & MIKO」展。京都のにはさすがに行けなかったので、東京のを待ってたんですが、その前にギャラリートラックスでやってるとのこと。知らなかった〜。「これはちょうどいい!」とばかりに、小淵沢の手前の長坂インターでバスを降り、久しぶりにトラックスへ。


できちゃんとの出会いについては前にブログにも書きましたが(→こちら)、まさにここ、トラックスで初めて直接会ったんですよ〜。小泉今日子さんの大きなプリントに、できちゃんが絵を描いてくれたんですけど、仕事でそれを取りに来たんですね。もう14年も前のこと。(笑)なつかし〜。

ここでは、他にも友達でアーティストの清川あさみや、スタイリストのAOMIちゃんも個展をやってて、何度かお邪魔させてもらってるので、私にとってはなかなかに思い出深い場所なのです。。 

とっても気持ちのいい場所なので、カフェでまったり、のんびりとアートを楽しみたい方にはオススメですよ〜。


写真集に、二人からのキュートなサインももらいました。^ ^


できちゃん手作りのかぶり物。パンくんもミコちゃんもお似合い〜。
これ、展覧会用に、人間用のもいっぱいありましてですね、
みんなしてかぶり物して、はしゃぎまくって撮った団体写真が、これ。↓
(ちなみに私はイチゴのかぶり物。^ ^;)



とにかく、遊び心満載の人達なんです。ハイ。
こんな大人でスミマセ〜ン!


この日は、ちょうどできちゃん達も大阪に帰るタイミングだったので、もうギリギリ1時間だけ、会えた感じでした。よかった♡

写真集をデザインした、デザイナーのサクマ要ちゃんとも久々の再会。トラックスのオーナーの悦子さんとも。おいしいランチにも混ぜて頂いて。嬉しかったなぁ。みんな変わってないし。(笑)できちゃんと要ちゃんの愉快なコンビネーションがですね、これまた最高なんですよ。真似できん。一気に異空間に迷い込んだ気分にさせてくれます。笑いの迷宮。わはは。

トラックスでの展示は11/30までやってますよ♪
ほんわか幸せな気持ちになりたい方は、是非〜。



ひとしきりわいわいした後は、小淵沢の友達のお家へ。
もうねぇ、素敵でしたよ〜。
彼女の思いが形になった一軒家に、広い広いお庭。
写真の右奥の、絵本から出て来た様なサンクチュアリは現在建設中で、できあがるのが楽しみ♡

彼女とは、2007年にイギリスのオーラソーマの学校で知り合ったんですけど、私の知ってるこの7年間でダントツ一番、キラキラしてて幸せいっぱい!って感じでした。田舎の一人暮らしでも、寂しさなんて全然感じず。のんびりしているのかと思いきや、毎日ガーデニングや地域コミュニティへの参加、大工さんとのやりとり、もちろんセッションのお仕事も、、と、とっても忙しそうにしてました。


元気いっぱいの彼女を見るにつけ、改めて、自然っていうのはすごいなぁと思いました。自然の中で、植物を育て、またそれをいただき、感謝しながら日々を過ごすってことが、もうどんな手段よりも、本来の人間らしさっていうか自分らしさっていうか、取り戻すには早いんじゃないかと、思わされましたね。もうきっとね、すべてこの地球には備わっているんですよ、私たち人間に必要なものは。化学薬品とか、わざわざ作り出さなくても。「アナスタシア」にもそんなことが書いてありましたよね。ネイティブ・アメリカンやチベット医学のお医者さんアムチたちがしてきたように、自然の恩恵に、もっともっと目を向けたいと思いました。


彼女が言ってました。
「まゆちゃん、自分で育てたものを食べるのって、買って来たものを食べるのとは全然違うよ〜。ちょっと芽が出たり、大きくなったりしてるのを見ただけで、すごく嬉しくなるし、愛おしいの。ありがとうって、自然に感謝の気持ちで食べるよね。」

いやぁ、うらやましい。
そうだろうな〜、と思いますもん。

野菜とかも、ちゃんと心をこめて作ってるのが分かるお友達からもらったりしてるから、そういうエネルギーが確実にいいものばっかり食べてたら、そりゃあ、元気になるよなぁって、納得するばかりです。

水とか食べ物って、そのまま私たちのエネルギーになっていくものですからね、できるだけいいエネルギーのものを取り入れたいもの。それが、ここでは普通に、当たり前にできますから、ホント、いいですよねぇ。


裏は林道になっていて、1時間以上、ぶらぶらとお散歩もしました。
紅葉は終わりかけだったけど、まだなんとか楽しめましたよ。
落ち葉で道もふかふかでした。


この日はお天気も最高によかったので、富士山も見れました。
あっちには八ヶ岳、こっちには駒ヶ岳も見えて、四方が素晴らしい山々に囲まれているという。。パワフル過ぎます。。


夜はイルミネーションが綺麗なリゾナーレにも寄っちゃいました。
クリスマス、ですね〜☆


そして友達オススメの北欧料理のお店、メーラレンへ。
北欧料理ってどんなかな?と思ってたんですが、どれもこれもおいしかったです。


いっぱいのお腹を少し休ませてから、鹿の湯という温泉にも行きました。とっても温まりましたよ〜。ここはフォッサ・マグナ大地裂帯温泉郷、になるらしいです。
鹿の湯というだけあって、途中の道で鹿さんにも遭遇。

小淵沢には温泉もいくつかあって、私の好きなものが一通り揃ってる感じ。「そのうち、まゆちゃんも引っ越して来たりしてね〜」と友達に言われましたが、なくもないです。いつかは、ね。(笑)


翌日の朝食には、友達が庭でつんだばかりのハーブも。
つみたてを食べられるなんて、なんて贅沢なんでしょ〜♡

友達の言葉で印象的だったののひとつが、
「こっちに来てからね、毎朝、自然に目が覚めるんだけど、目が覚めた時にまず『あぁ、幸せだな〜』って思うの。」

ヤラれましたよ。
最強ですよね。^ ^;
目覚めた瞬間に「幸せだなぁ」って思える日々。
東京にいたって、私もそう思える日ももちろんありますよ。
でも、目覚めた瞬間に「あ、あれやらなきゃ。これやらなきゃ。」って思ってしまうことも、あります。そんなことより、まず最初に「幸せだなぁ」って思いたい。そこから始まる一日は、絶対素晴らしいはず!ヽ(´▽`)ノ


お昼は「今はちょうど新蕎麦の時期だから!」とおそば屋さんに行くつもりが、閉まっていたので、変更。見た目からして素敵なカフェ「森の小径」へ。
そして大正解〜。
全部、おいしかったです。


そして、ジャズが流れる店内も、窓から見える紅葉も、アンティークな家具も、上品で物静かなおじいちゃんが運んでくれるのも… すべてが落ち着きました。優雅で贅沢な時間です。


そして夢宇谷へ。
「初めて来たとき、ここ絶対まゆちゃん好きだと思う!って思ったの〜」と案内してもらいました。そこは、作家さんの陶器から、アンティーク、家具、食器、布、服、雑貨、といろんなテイストのものが置かれているカオス状態なのにもかかわらず、不思議としっくりなじんで独特の空間を作り出している、そんな場所でした。確かに、私、好きです。


「まゆちゃんちってさ、ここを小さくしたバージョンみたいな感じじゃない?」って言われたので、うちのサロンに来たことがある方は、どんなんか想像できるのではないかと…(笑)
まあ、とにかく、いろんな国、いろんな時代のものが、仲良くしている所です。^ ^


そしてあっという間に一時間とか、過ぎてゆきます…。


一旦友達の家に戻りまして、すぐ近所にある紅茶屋さんへ。
ここも素敵なところ。
森の紅茶屋さん、て感じで。
たくさんの種類の紅茶がありました。

しかしどこに行っても、皆さん穏やかで、やっぱり時間の流れが違うのでした。。


のんびりとお茶したいところでしたが、帰りのバスの時間も迫っていたので、そうもいかず…。

でも、たったの1泊2日でしたが、いろいろ考えさせられたし、濃厚な時間を過ごすことができました。友達に感謝♡ 

いわゆるスピリチュアルっていうとどうしてもね、意識がこう、上へ上へと行きがちでしょう? でもこの地球で、人間としてこうして生きてるんだから、何よりグラウンディングができてないことには、本末転倒だと思う訳です。グラウンディング、つまり大地に根ざすためには、土をいじったり、植物を育てたり、直接自然とコミュニケーションをとるってことがなにせ早いし、ここに私たちの本質、基本てものがあるんだよな、ってことに、立ち還らされました。

私はもともと、グラウンディングありきな方向でこういう仕事をやってきているつもりなので、なおさら、彼女の今の在り方がね、すごく理解できるし、単純に「いいな!」って思いました。「今に在る」ってことが、何より大事だと思います。

また、春になって、お庭が彼女の育てたお花でいっぱいになる頃に、遊びに行こうっと♪強くて清いエネルギーをいっぱいもらいました。ありがとう。



  

2014/11/20

おとの雫(クリスタルボウル+体験ヒプノセラピー)vol.9@目白庭園赤鳥庵

目白庭園の赤鳥庵

*1/14追記
1月だし、何かお年玉プレゼントでもしようか? でもきっと皆さん、それより安くなる方が嬉しいのでは? …ということで、今回に限り、お友達とご一緒の方はお一人5400円→4400円とさせていただくことにしました。1000円お得になりますので、よかったらご利用下さいませ♪

*1/19追記
chacoさんから、情熱発見のワークシートをプレゼント。これをおうちでやってchacoさんにメールすれば、個別のアドバイスをもらえるそうですよ。



赤鳥庵にてドラマーでヒーラーのchacoさんと開催しております
おかげさまで毎回満席御礼の「おとの雫」、
今回のテーマは「自分を開く」です。

この日は2015年最初の新月。
なんか、新しいスタートを切りたい感じ、
するじゃないですか。

でも「生まれ変わる」っていうのとも違うし、
「新しい自分になる」っていうのも違う。

だって、「変わる」っていうより「受け入れる」が近いですからね。
前回のテーマ「まず、自分を愛する」でも語らせていただいた通り。

もっとこう、次への扉を開く感じだよね、
って話になって、
「自分を開く」というテーマに行き着きました。

開いていくためには、開くことを恐れている感情を開放する必要もあると思いますので、chacoさんのワークでは、声を出したり、体を動かしたりして、それをしていきます。

体験ヒプノでは、まんまズバリですが「自分を開くためにメッセージを与えてくれる前世」に誘導します。chacoさんのワークでだいぶリラックスした状態になっているうえに、クリスタルボウルの生演奏付きですので、ヒプノが苦手な方もだいぶ入りやすいかと思いますよ〜。

ちなみに水瓶座の新月なんですが、
水瓶座には「ひらめき」「未来」「長期目標」「夢の実現」「知識」「ネットワーキング」といったキーワードもあります。
「未来」に向けて自分を開いていくことで「ひらめき」がやってくるかもしれないし、それが「夢の実現」へと繋がっていくきっかけになったなら、私たちも本望です☆

赤鳥庵は、京都の北山杉を用いた木造瓦葺き平屋建ての数寄屋建築。
和室ならではの落ち着いた雰囲気の中、
畳にごろんと寝っこがってクリウタルボウルの音色に包まれる至福、
体験してみませんか?

初めての方も、お一人の方も、お気軽にどうぞ。
(ほとんどの方がお一人での参加です)
お申込み、お待ちしています。
男性も歓迎しますよ〜。


<おとの雫(クリスタルボウル+体験ヒプノセラピー)@目白庭園赤鳥庵>

日 時:2015年1月20日(火)18:10~20:50(18:00 OPEN)
場 所:目白庭園赤鳥庵
豊島区目白3-20-18 TEL 03-5996-4810(目白庭園管理事務所)
JR「目白駅」より徒歩約5分、または「池袋駅」より徒歩約15分
http://www.seibu-la.co.jp/mejiro-garden/access/

参加費:5400円
*今回に限り、お友達とご一緒の方は、お一人4400円とさせていただきます。1000円お得です♪

定員:16名
持ち物:飲みもの(できればお水)、筆記用具、横になった時に何かかけたい方は掛け物、目に載せたい場合はタオルなど
予約:件名を「おとの雫9」とし、お名前、携帯番号を明記の上、 neiro.healing@gmail.com までメール下さい。
少人数制のため、事前振込とさせていただきます。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) 
ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。
定員がございますのでご了承ください。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。

キャンセルについて
◆ご予約3日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は0%とし、振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。
◆2日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の半額を返金いたします。
◆ご予約前日~当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。

<当日スケジュール(仮)>
18:00 受付スタート
18:10-18:30 自己紹介タイム
18:30-18:35 ポマンダーワーク
18:35-19:20 chacoさんによるワークwith クリスタルボウル
5分休憩
19:25-20:10 私による体験ヒプノセラピー with クリスタルボウル
「自分を開くためにメッセージを与えてくれる前世」
20:10-20:45 シェアリング
20:50 終了

体験ヒプノセラピーは、
「ヒプノに興味はあるけど1人で受けるのは不安」という方や、「まずは体験してみたい」という方にも気軽にご参加いただけたらと思い、ワイス博士の授業でのグループヒプノをヒントに、イベントなどに取り入れ始めました。体験版といっても、通常のヒプノと同じように誘導していきますので、慣れている方、催眠に入りやすい方は、十分にその世界を堪能していただけますよ。初めての方、慣れない方は、「1対1でやる本番前の練習」としても活用して下さいね。他の方とビジョンをシェアする機会もなかなかありませんので、シェアリングからの気づきもたくさんあると思います。

最後に、光のもとで何かしらの存在に会い、メッセージやギフトを受け取れるように誘導しますので、お楽しみに。

みんなで、なので、一人一人のビジョンにそった誘導はできませんが、今回も前回に引続き、皆さんが経験したであろうたくさんの前世の中から「自分を開くためにメッセージを与えてくれる前世」を選んで行ってみていただこうと思ってます。
瞑想に近い感じなので、あまり心配なさらずにご参加下さい。
リラックスが大切なので、楽な恰好をオススメします。
あと、寝てしまわないように、前日はしっかり睡眠をとった方がいいですよ。

☆体験ヒプノセラピーは、グループで行うため、一人一人をケアすることができません。そのため、医師の診断や投薬治療を必要とする精神的な疾病を患っている場合は受けていただくことができませんのでご了承ください。医師の許可を得た上で、個人セッションを受けられることをお勧めします。個人セッションを受けることを前提に、一度体験してみたい、という場合は、ご相談下さい。


★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら
★第一回目のおとの雫の模様はこちら
★第二回目のおとの雫の模様はこちら
★第三回目のおとの雫の模様はこちら
★第四回目のおとの雫の模様はこちら
★第五回目のおとの雫の模様はこちら
★第六回目のおとの雫の模様はこちら
★第七回目のおとの雫の模様はこちら
★第八回目のおとの雫の模様はこちら


世界でも貴重な528Hzの周波数の
クリスタルボウル

<chacoさんからのメッセージ>

螺旋を描き上昇するように
私たちと共に進歩し続けるワークショップ
おとの雫
とうとう9回目となりました。

今回は新年ということで
輝く未来を創造するために
自分を開くというテーマで
ワークをやります。

以下内容になります。
毎回、同じ事はやっておりません。
今回限りの内容ですので
是非いらしてください!


<chacoさんからのワークの説明>

今回の私のワークは音と一体になって
音の波に身を任せ、
自分を開いていく体験をしてもらいます

声を出したり
身体を振動させたり
最後には寝転んでクリスタルボウルの音を身体で感じて頂きます

1、張永祥さんという中国気功師が伝授するぷるぷる体操で   
身体をほぐします。   
身体に溜まっていたエネルギーを解放します。

2、トーラスワークというチャクラを活性化する   
声を出すワークをやります。   
心の中に溜まっていたエネルギーを解放します。   

3、クリスタルボウルの音を聞いて、波長を合わせ   
本来持っているパワーを開いていきます。   
肉体や、常識にとらわれない   
自由な感性を取り戻す瞑想をします。

4、シータヒーリングのテクニックを使い   
何にもとらわれない自分がつくる   
未来を見る体験をして頂きます。

5、シートに気づいたことや見た事を書き込んで頂きます。



*528Hzは、遺伝子の修復や、奇跡の実現、無条件の愛、悟りに至る音を導びくと言われる特別な周波数です。

2014/11/14

人生の最期に聴きたい曲


以前、NHKの「ミュージック・ポートレイト」という番組の中で、黒柳徹子さんと加山雄三さんの対談の回があったんですよ。

テーマごとにお互いに10曲づつ持ち寄って、人生を語り合うんですが、10曲目のテーマ「人生の最期に聴きたい歌」がお二人とも偶然同じ、フランク・シナトラの「My Way」でびっくりし合っていたのが印象的でした。

加山さんは
「こういう気持ちになって死んでいきたいと思ってんですよ、やっぱ。だから最期にこれ聴いて納得しないとね、気がすまないと僕思ってますし。」
「これ以外の真実ないと思うんですよ」
と語ります。

徹子さんも
「これは(人生が)成功したとか、そういうことじゃないんですよ。どんな人間でも…誰にでもあてはまる。」と。

さまざまなことを経験してきたお二人だからこそ、一言一言に説得力があって、重みもあって、とても共感できる内容でした。


私も今のところ、人生の最期に聴きたい曲は
「My Way」かルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」かなぁ…
考え始めると迷いますけどね。^ ^;

私もいつからか、何がきっかけか全く覚えていないんですが、10代の頃から「My Way」はなぜか好きでした。歌詞をちゃんと理解していたわけでもないのに…(笑)でもいい大人になって、歌詞を噛み締めて聴いてみると、これが改めて、すんごくいいんですよ。

死が近い人物の目線で書かれているんですが、「私は私の道を生きた」って爽快に言い切って人生を終える感じが、とにかく感動します。泣けます。私もそう思いながら死にたいなぁと心から思います。だからできるだけそう思えるように、今を生きています。まあ、本当は、振り返ったりなんてせずに、「あぁ、面白かった!」って思って死ねたらそれが一番かっこいい気がしますけど、振り返るのも嫌いじゃないので、振り返っちゃうと思うんですよねぇ。。私。なんやかんや。(笑)

特に私の場合、ヒプノセラピストとして前世に誘導する度に、何百回も人の死に際に立ち会ってきてますので、余計にすごく考えます。どう死にたいか。どう死にたいかを考えることは、結局、どう生きたいかを考えることになるので、今の道しるべにもなるんですね。だから、「the shift」というワークショップでは、今世の終わりを見に行くヒプノを取り入れたり、してるんです。死から今を考えるのも、視点が変わっていいですからね。この、「視点(選択肢)を増やす」ってことが、セラピストやヒーラーの役目のひとつでもあると思っています。

話は変わって、前に浄霊をする人に「なかなか帰りたがらない時はね、『ふるさと』とか、ああいう歌を歌ってあげるのも効きますよ。『マイ・ウェイ』とかもいい。」と言われたことがありました。「My Way」の歌詞を読むと、それも納得できますよね。
今年の始めにブログ「今更ながら陰陽師」にも書きましたが、必要なことは、恐れでも敬いでもなくて、理解。この歌は、理解に繋がるなぁと思います。
どんな人生にも、敬意を。

では、そんなこんなを踏まえて、
改めて聴いてみて下さい。
フランク・シナトラで「My Way」♪ 





そして今 終わりの時は近づき
私の前に 最後の幕が降りる
友よ 明らかにしよう
私の真実を 自負を持って
充実した人生だった
あらゆる道を歩んできた
いや それだけではない
わが道を歩んできた

後悔もわずかにある
だが 語るほどのものはない
私はやるべきことをやった
そして最後までやり遂げた
人生の航路をしっかりと定め
一歩ずつ慎重に歩んできた
いや それだけではない
わが道を 歩んできた

そう 君も知っているだろう
無理なことに挑んだこともある
だがそんな時 不安がよぎっても
それを飲み込み 打ち勝った
すべてに立ち向かい 誇り高く
わが道を 歩んできた

恋もした 笑い そして泣いた
満足も そして失望も味わった
涙はおさまった 今
何もかも楽しい思い出だ

すべてをやり終え 振り返って
どうやら言えそうだ 恥じることなく
そう そうだ 恥じることなく言おう
私は わが道を歩んだ

人とは何者で 何を得るのか
自分自身でなければ意味がない
卑屈な言葉ではなく
心からの言葉を語るのだ
私の足跡が示す 苦難の中でも
私は わが道を歩んだ




  

2014/11/12

the shift vol.5〜自分をまるごと活かしながら生きていくために。 おこしたい変化を後押しする ワークショップ@新宿


アカシック・リーダーの梅澤さやかちゃんとのコラボ企画、
the shift〜自分をまるごと活かしながら生きていくために。 おこしたい変化を後押しする ワークショップ、5回目の開催のお知らせです。平日開催は少ないので、平日の方がご都合よろしい方は、この機会にどうぞ☆


人生の中で、転機って何度かありますよね。
今、私のまわりで多いのは「会社を辞めました」なんですが、
そういう変わり目の時って、
わくわくするのと同時に不安もあったりするものです。
私もかつては5回辞めてきましたので、その感じはよく分かります。
それもバランスが取れているうちはいいんですが、
つい不安が勝ってしまうと、せっかくの前進の機会に元に戻ってしまったり、
それどころかむしろ後退してしまう、なんてこともありますよね。
そうなってしまっては、もったいない。
変化は怖がるより受け入れた方が、味方になってくれるものです。

「変わらないものなどない」ということが唯一変わらない真理であって、
同じように見える私たちの身体ですら、毎日、
死んでいく細胞もあれば生まれる細胞もあって、
気づいていようといまいと、日々変化し続けています。

全ては変わる。
だからこそ、変化を柔軟に受け入れ、楽しむことはとても大切です。
大きな変化のタイミングって、魂のステップアップの機会だったりもしますからね。

過ぎた過去に執着したり、まだ起こってもいない未来に不安を抱くよりも、
「今」を「どのように」生きるか。
「何をするか」にばかり考えが行きがちですが、
実は「どのように」の方がポイントのように思います。

私はヒプノセラピーをやる中で、
今まで何百回も死の場面に立ち会って来ました。
悔いのない清閑で穏やかな死もあれば、
誰かを許せなかったり、後悔したり、
いろんな思いにとらわれながらの死もあります。
そして執着のある最期だった場合、必ず次の生にそれは影響を与えます。

「今」をどう生きたら、「なんだかんだいっても、いい人生だったな。幸せだったな」と思って人生を終えられるか。

そういう視点からも「今」を見つめ直していただけるといいな、と思い
このワークショップで行う体験ヒプノでは、
過去世ではなく、未来である、今世の終わりを見に行っていただいています。
もちろん未来はひとつではありませんので、可能性のひとつです。
それを体験することで、どう生きたいのか、がもっと明確になるといいなと思っています。

自分を客観的に見つめ直し、次のステップへと繋がるよう、
10年来の友人であり、プロデュースや経営の経験を経て今に至るという、
いつの間にやら似たような道を歩んで来た(?笑)
アカシック・リーダーの梅澤さやかちゃんとともに、
心をこめてこのワークショップを作り上げました。
私たちもじっくりしっかり寄り添わせていただきます。

人生のシフトを感じる、もしくはシフトを起したい、すべての皆さん。
お待ちしています!


☆第一回目のご報告はこちら。さやかちゃんのブログはこちら
☆第二回目のご報告はこちら。さやかちゃんのブログはこちら
☆第三回目のご報告はこちら。さやかちゃんのブログはこちら
☆第四回目のご報告はこちら。さやかちゃんのブログはこちら



<主な内容>
○自己紹介
○アカシック・リーディングによる意図設定コンサルティング
○浄化&プロテクション
○自己認識シート ワーク
○アートセラピー
○自分の人生が終わる地点の未来を見る 体験ヒプノセラピー
○シェアリング

<こんな方へ>
○自分が本当に望む人生を生きられるなら生きたい
○自分のうちなるビジョンを知りたい、実現したい
○自分の可能性を知って仕事など具体的な活動に繋げたい
○具体的に転職や独立をしたい、するところ
○仕事上の転機を迎えている

* そのほか「仕事」という形で金銭という報酬を得る形でなくても、なんらかご自分に「したいことがあるけど、できない」という思いにシフトを起こしたい方、どなたでも、お待ちしています!


<the shift @ 新宿>
日時:2014年12月17日(水)13:20〜18:50(13:10開場)
場所:新宿(「初台駅」「都庁前駅」より徒歩約10分)
*詳細はお申し込み時にお知らせします。


参加費:10,000円(税込)
*事前振込制(原則、お申込み予約から1週間内)となります。
*キャンセル・ポリシーなど詳細は必ず「確認事項」をご覧下さい。

定員:10名
必要なもの:飲みもの(できればお水)、筆記用具、書き留めたい方はノート、ヒプノセラピーで横になった時に何かかけたい方は掛け物、目に載せたい場合はタオルなど

*ヒプノセラピーでは、リラックスすることが大切ですので、楽な恰好をお勧めします。



お申込み&お問合せ 
 
メールでの受付のみになります。
宛先:  IKC・梅澤さやか
sayaka@ikcinc.jp

このページに記載されている内容を全てご確認の上、件名を『the shift vol.5 (12/17)申込』とし、上記宛にメールをください。
質問がある方は、上記宛先までお問い合わせください。

記載内容(必須):
 お名前 ◆生年月日(西暦) 性別 ご住所(町名まで) 連絡がとれる電話番号 メールアドレス(PCからのメールが受信可能なアドレス)

* 申込みいただいた方は、このページに記載されている内容について、すべてご了承を頂いているとみなさせていただきます。


  お申込みのメールをいただいたら、主催者から返信をいたします。
  少人数制のため、期限内の【事前お振込み】にてお願いします。
 お申込へのご返信メールにて、振込先とお振込み期限のご案内をさせて頂きます。(期限はお申込みを受けてから1週間内。振込手数料はご負担ください。)
 お振込をした方は、「お振込完了」メールをください。
主催者側でご入金を確認させて頂き「お申込み完了」となり、こちらからその旨のメールを送付します。


<メール返信有無にご注意ください>
お客様、主催者側の双方に、時折メールがスパムフォルダに入っているなどの未着が派生しております。
【土日祝日を除く平日2日以内】に主催者からメールの返信がない場合は、お手数ですが再度リマインドをください。
SNS経由でのコンタクトも可能です。

【ツイッター】: @IKCInc
Facebookhttps://www.facebook.com/IKCInc


<自動キャンセルにご注意ください> 
参加費について期限内にお振込が確認できない、もしくは何らかのご連絡がとれない場合は、自動的にキャンセルとなる場合がございますので、ご注意ください。



<当日のスケジュール(予定)>
13:10 --- 開場
13:20 --- 開始〜 浄化とプロテクション : ポマンダー・ワーク
13:30 --- 自己紹介〜アカシックリーディングによる各自の意図設定コンサルティング : アカシック・リーディング とコンサルティング
14:50 --- 休憩
14:55 --- 自己認識シート & 高次元エネルギーによるプロテクション&ヒーリング : 記入ワーク
15:20 --- 自己認識シート : グループワーク
15:50 --- 休憩
16:00 --- アートセラピー : ワーク
16:40 --- 休憩
16:50 --- 自分の人生が終わる地点の未来を見る体験ヒプノセラピー : セラピー
17:40 --- 休憩
17:50 --- シェアリング・質問 : 座談
18:50 --- 終了 : お疲れさまでした!

* こちらの内容は、仮スケジュールです。当日のみなさまの意図や状態により、当日に内容や時間についての変更がある可能性があることをご了承下さい。

*ヒプノセラピーについて、詳しくはこちら


確認事項<必ずお読みください>
キャンセル・ポリシー および 申込者変更について 
◆開催日から起算して2日前までにキャンセルのご連絡を頂いた場合、キャンセル料はかかりません。ただしご返金の際の振込手数料はお客様のご負担となります旨、ご了承ください。振込手数料を差し引いた全額をご指定の口座へお返し致します。取消しの際は、ご指定の口座をお知らせください。
◆前日のキャンセルの場合、キャンセル料としまして50%をご負担いただきます。キャンセル料と銀行振り込み手数料を差し引いた額をご指定の口座へお返し致します。
◆当日のキャンセルについては、ご返金できません。ご了承ください。
◆天災(地震や台風等)の影響で又は主催者側の都合でプログラムが中止となった場合は、キャンセル料として全額返金いたします。
◆急にご参加できなくなった場合など、ご自身のお席を他の方にお譲りいただくことは可能です。その場合は、お申込み者名変更について、事前にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

その他 
◆主催者は、お客様の個人情報を、本イベントを除く外部において絶対に漏らしません。
◆当イベントに参加された他のお客様の個人情報を、本イベントを除く外部において絶対に漏らさないでください。
◆主催者は特定の商品の販売、あるいは宗教やその他団体と関わりありません。
◆現在、精神科または心療内科で治療中の方は、まずは治療を優先してください。当プログラムは治療の代替にはなりません。また、治療中でもプログラムに参加したいと感じている場合、まずは医師とプログラム に参加してよいか必ず相談をしてください。



<梅澤さやかちゃんよりメッセージ>

今までに「自分はこれでいいのかな?」とか
「こんなはずじゃないのに」 といった気持ちになったことはありますか?
「これが現実だから」「まあ、こういうこともあるよね」
というように思うことで、やり過ごして来たかもしれません。
大抵の人が、どこかで、直面する思いだと思います。

そして、心の中からフト聞こえてくる声。

本当に、自分が望んでいる事はなんだろう?

その心の声にもう少し耳を傾けたかったり、
人生のシフトのタイミングを感じていたり、
自分が持つ可能性をより生かしたかったり、
自分が望んでいる事と仕事と結びつけたかったり。

そんな方たちに向けて、須藤萬夕ちゃんとコラボして
自分をまるごと活かしながら生きていくために
起こしたい変化を後押しする
このワークショップを企画・設計しました。

私たち2名ともスピリチュアルな面からの
アドバイス・サポート・情報提供はもちろん、
共通したバックグランンドである
「プロデュース業」「経営」といった
実践的な視点での経験・ノウハウも惜しみなくシェアし
みなさんの資源となります。

過去の人生から培ってきた
「したいことがあるけど、できない」の連鎖を少しゆるめ、
ご自分の起こしたいシフトに焦点を当ててみませんか?

最初の文章に書いた「自分はこれでいいのかな?」とか
「こんなはずじゃないのに」といった気持ちになるたびに
「これが現実だから」「まあ、こういうこともあるよね」
というように思うことで、やり過ごして来たのは、
他ならぬ、かつての私です。

それは、家族のことだったり、そのときの恋愛のことだったり、
仕事のことだったり、いろいろでした。
心のどこかでは100% 納得が出来てなかったけど、
受け入れなきゃ仕方ないから、受け入れていました。

でも「これは、本当の自分じゃない。」
その声はいつも、心のどこかにありました。

では、どうすれば良いのか。
私は真剣に考え、いろんな本を読んだり、
いろんな人と会ったり、いろんなワークをしたりして、
試行錯誤しながら「解決策」をさぐってきました。

その内に、自分をまるごととらえたり、純粋に表現することを探る道は、
「策」をほどこして「解決」するということが目的なのではなく、
いつの間にかその道にいることが、私が望むことだということに
ある地点で気づきました。

「なんだ!じゃあ、わたし、解決できないわ(笑)」
そう思ったら、いちばんこんがらがっていた「試行錯誤」が
スーッっと消えていきました。
そうしたら「自分がやりたいのにやりきれない」と思ってきたことが、
 実はいかに環境や社会や他人の基準に依存していたんだろう・・・
という事実がスルスルと解けて見えてきて、
だんだんと自分の中に「思い込み」が沢山あって
それが自分が「やることをやる」ことを制限してきんだろう、
ということに気づき目の前がパッとクリアになりました。
それが「解決することで終わらせる」という依存の志向を超えて
「自分を生きる」という自主性への私のシフトの1つであり、
わたしがそのときに本当に求めていた「解決」だったのです。

私は、ブランディングの仕事で得た自主性のもとに自己表現をおこなうという
ノウハウとスピリチュアルなワークを組み合わせて
個人向けに『セルフ・ブランディング プログラム』をご提供しています。

このワークショップにも「セルブラ」で展開している
見えない部分と見える部分の変容をサポートをする
エッセンスも盛り込んでいきますが、
みんなとシェアするからこそ悩みを超えやすくなるように
ワークを工夫しています。

自分をまるごと活かしながら、生きていくために、
あなたの起こしたい変化を後押しするために
萬夕ちゃんと私のコラボが、
これからのあなたの役に立つことをこころからお祈りしています。


梅澤さやか(うめざわ さやか)/ IKC, INC.
IKC 代表・プロデューサー| アカシック・リーダー| ヒーラー
おひとりおひとりが、ご自分の本質的な誓願にきづき、ご自分らしい表現を開花していくための資源として、リーディング/ヒーリング/コンサルおよワークショップ/講座/などのプロデュースをおこなっている。

詳しいプロフィール       ▶ブログ

2014/11/11

禅とヒプノvol.2@赤鳥庵のご報告


11/9に開催しました星覚さんとの禅とヒプノ、午前中に降っていた雨もやみ、たまにポツリポツリとする日曜日、13名の方にお集りいただきました。来て下さった皆さん、どうもありがとうございました! 男性にも2名ご参加いただき、嬉しかったです〜。どんどん増えるといいな♪

星覚さんの書いた本日の禅の言葉。
皆さんに配られた中の1枚は、コピーじゃなくて直筆です。^ ^

まずは星覚さんの般若心経からスタート。
木魚の音が響く赤鳥庵は、まるでお寺です。^ ^

その後、星覚さんから禅と坐禅の仕方などについて30分ほどお話いただきました。坐禅というと「ちゃんとしなきゃ」「緊張する」というイメージをお持ちの方が多いようなのですが、実際は逆で、リラックスするものなんですよね。姿勢から自然と呼吸を整えていくので、自分の芯が戻ってくるといいますか。変なところに入っていた力が抜けて、呼吸が深く通る感じになるんです。緊張したり何かにとらわれがちな状態の時って、いつの間にか呼吸が浅くなってしまっていると思うんですが、逆に深くなると、リラックスする。そういうものなんですよねぇ。

「調身 調息 調心」

身体(姿勢)が整うと息(呼吸)が整い、
息(呼吸)が整うと心が整う。

ちなみに「久習模象 勿怪真龍」は
偽物の龍ばかりを見ていると、本物の龍を見抜けなくなってしまうぞ、といった意味だそうです。…深いですね。うわべにばかり気を取られることなく、いつでも真実を見極める意識を持ちたいものです。


そして私からヒプノセラピーについて簡単にご説明。
ヒプノ初体験の方より、坐禅初体験の方の方が多かったのが、この集まりの特殊なところかもしれません。普通、逆ですもんね。^ ^;

いつものようにポマンダーのワークをした後、まず30分間坐禅。
前回は雨だったので、しーんとした空間に響く雨音がまたいい感じだったんですが、今回は残念ながら(?)小雨になってしまったので、雨音はほとんどありませんでした。雨音を期待されていた方には、残念な展開。だったかな。(笑)

星覚さんの誘導で、楽〜に、坐ります。
教えられた通りにすると、背筋がすっと延びて、呼吸が深く通るのが分かるんですよ。

希望された方には、あの「パシッ!」っていうのもやってくれました。仏教用語では「警策」と呼ばれます。その意味は「励ますこと」。別に叱られてるわけじゃあないのです。「首や肩の筋肉が刺激され適度にほぐれ、身体の倦怠感がぬけますよ」と聞いてからは、私も何度かパシッとされております。(☞禅の旅を参照して下さいね。)

ちょうど少し前の坐禅で警策が折れてしまったそうで(↑写真)、ちょっと痛そうに見えますが、そんなこともなく、大丈夫でしたよ〜。ちなみに折れるのは、いいことなんだそうです。折れても、折れた口をといで、引続きまた使うのだそうで、さすが禅。無駄がありません。


さて、坐禅で呼吸が整い、リラックスしたところで、
そのまま畳に寝転んでいただき、そのままヒプノへ。
「不安を手放すためにメッセージを与えてくれる前世」に誘導しました。

初めてで、うまく見れなかった方もいらっしゃいましたが、それはむしろ普通ですので〜。ここのところ、初めてでも見れる方の割合がすごく高くなってはいますが、ヒプノは慣れもありますのでね、何度かやっていくうちにコツがつかめてきたりもします。ワイス博士も著書の中で書いていましたが、最初うまく入れなかった患者さんには、誘導の声を録音したテープを渡すんだそうです。そして何度か自宅で練習してもらって、次のセラピーに臨むようにしてもらい、だんだんできるようになる方もいるとのことでした。
ワークショップにいらっしゃるお客様にも、「3回目にしてしっかり入れました」と先日言われたばかりですし、何度かチャレンジしてみていただきたいなと思います。

中には潜在意識にブロックがあって「思い出したくない」とストップをかけている場合もありますので、そういうお客様には私の場合、ゼニスオメガヒーリングでそれに関連したブロックを浄化することもしています。(ただし、個人セッションの場合に限ります)ご相談下さいね。


では、アンケートに書いていただいた感想の中から、許可をいただいたものをいくつかご紹介します。(ご協力いただいた皆さん、ありがとうございます!)

「今回は本当に来て良かったと感じられました。バタバタしていると、今それどころじゃないかな、なんて考えてしまっていたのですが、そういう時こそ、こういう時間を持って焦らず心を落ち着かせる、整えることを忘れてはいけないんだなと思い知りました…。
星覚さんのお話もとてもよかったです。禅寺での修行のお話、先日フランスの修道院の日々の生活の映画を見て、なんて豊かでうらやましい生活なんだろうと思っていたので、禅寺でもそうだ!同じことが日本でもあるじゃないかと気づきました。やはりお寺に行きます。ヒプノもまだまだたくさん見てみたいなぁと思っているので、これからもぜひよろしくお願いします。」

「もっと楽に、もっと自由に…というメッセージを、禅とヒプノを通してもらった気がします。痛みには種類があるという話は納得しました。もっと自分の身体の声に耳を傾けて、素直に生きようと思います。」

「はじめての禅の体験だったのですが、あっという間に時間がたち、びっくりしました。そして、禅からヒプノという流れは、客観的に見ると面白い。ヒプノは、いろいろ考え過ぎて、なかなかイメージがつかめないのですが、なんとなくすっきりしてくるので、またやってみたいです。」

「禅もヒプノも初めてだったので緊張しましたが、思っていたよりリラックスできました。でも、まだ意識して考えている部分が多かったように思うので、もう少し続けていきたいと思います。」

「今日はありがとうございました。禅のやり方、気楽でいいんだなと、身構えていた気持ちがほどけて、よかったです。少し禅の教えが日本に入って来た流れを聞けて、ますます仏教にも興味がわきました。機会があれば、星覚さんのお話も、もっと伺ってみたいです。楽しい時間をありがとうございました。」

「禅、いつか機会があればペシッとたたいてもらいたいです。
ヒプノは、過去世と今世が似たような感じで、何の不安もなく、平穏だったので、これからもこのままでいいと思えたのが嬉しかったです。ヒプノ中の前後左右が分からなくなるような宙に浮いているような感覚が不思議でした。」

「知らないことも多かったので、とても興味深く、面白かったです。また、体験して、違う感覚などを感じられたら良いなと思います。
ヒプノはもったいないことをしました…。でも『今はその時じゃないだけ。大丈夫だよ』というメッセージを受け取れただけで、スッキリしました。ありがとうございました。」

「禅を体験できてとても良かったです。坐禅の組み方、無理をしないことなど、入りやすく、身近な事が分かって良かったです。また今後も続けていきます。」

「『久習模象 勿怪真龍』良い言葉を教えて頂きました。
『調身 調息 調心』も分かりやすく、これからちょっと禅について調べてみようかな、と思いました。萬夕さん、いつも素敵な機会をありがとうございます☆」



今回体験してみて、坐禅を続けてみようと思った方には、「雲堂undo」という無料アプリも便利でお勧めです。星覚さんの誘導ありとなしも選べますよ。

もっと坐禅について知りたい、と思った方は、星覚さんの著書「坐ればわかる」も読んでみて下さいね。

そして、私も去年参加した「禅の旅」ですが、来年あたり2泊3日で主催してみようかな〜・・とも考えております。「行きたい!」「興味あります!」という方は、お気軽にメール下さいね。皆さん次第ですっ♪^ ^