【お知らせ】
2020年新春ソウルメッセージカードは、おかげさまで全て行き先が決まりました。詳しくはこちら
2/5(水)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」合唱WS vol.7、お申し込み受付中。1/26(日)は満員御礼となりました。詳しくはこちら
1/27(月)恵子さんとのお話会vol.2〜自分と仲良くする@恵比寿、お申し込み受付中。詳しくはこちら
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
また、2020年度よりファシリ講座は『セッションの提供をなさる意欲がある方』が受講条件となりました。そうでない場合は、解放コースをご検討ください。
講座内容について、詳しくはこちら

【リトリート】
インドに行きたい方、募集中。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
レベル1授業、2月の平日で日程調整中。レベル1授業は年2回しか開催しませんので、ご希望の方はお見逃しなく。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2018/09/30

あつみさんに教わる野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.7のご報告


お客さんの熱〜いリクエストを受けて
急遽開催決定しました9/25(火)牡羊座の満月の酵素づくり

平日にも関わらず、10日ほど前の急な告知にも関わらず、
7名の皆さんに集まっていただき、
実りの秋の果物、野菜、野草たちの豊かさを
堪能させていただきました〜✨


ツユクサって、梅雨の季節のイメージだったけど、
この時期なんですねぇ。
青い小さな花があちこちに。可愛かったです。☺️

撮り忘れたけど、
鮮やかなピンクのオシロイバナとのコントラストも
なんだかポップでしたよ〜。


なかなか手に入らない、無農薬のぶどうもたっぷり
用意されていました。

市販のは消毒されてるものがほとんどらしいですが、これは大丈夫。
(ちなみに消毒されたものであっても、酵素で洗えば大丈夫らしいですよ!)


いちじくも、たっぷり。


生姜やキャベツも。


かぼちゃ、ゆず、カボスなども。

野草は300gくらいとって、
残り1700gをこういった野菜・果物で。
合計2kgにして、酵素を作っていきます。😊


淡い紫ピンクのホーリーバジルもいっぱい咲いてたので、
たくさん入れちゃいました!

フェンネル、ミント、金木犀、銀木犀、よもぎも少し。
いい香り✨


雨の予報でしたが、野草摘みの間は大丈夫でした!
1時間半ほど、摘み終わった頃に、雨が降り出し、、
なかなかのザーザー降りに。😅
「ちょうどよかったね〜」と。ふふ。


珍しく、羽化したばかりの抜け殻と
コオロギさんが。


春は葉物が多いので、結構摘まないと重さがいかないのですが、
さすがは実物の多い秋!

ざくろや青ゆず、栗などもとったので、
いつもより短時間で300gをあっという間に越えてしまいました〜。👍


ぶどうもいっぱい入れたかったので、
残りを計って2kgになるように。
私はこんな感じ↑


いつもはここでランチにしてましたが、
あつみさん一人だったので、もう少しかかりそうということで、
先に酵素作りをすることに。

野草、野菜、果物を無心で刻んで、
静かに集中する、黙々タイム。(笑)


こんなふうに、甜菜グラニュー糖と
ミルフィーユ状に順番に瓶に詰めていきます。


詰め終わったら、こんな感じ。
時間が経つにつれて、甜菜グラニュー糖が溶けて
いい感じになっていきます。😊


13:30くらいから
待ちに待ったお昼ごはん♪

寝かせ酵素玄米がまた、美味しいのです。


あつみさんのお話を聞きながら、
ゆっくり、ゆったり、流れる、やさしい時間。
雨音と、鳥の声と。


靄のかかる山々も、龍みたいで、
これもこれで、いい感じ。😊


1時間の自由時間の後は、
ピラミッドの中で体験ヒプノ。

今回はみんな、ヒプノ体験者でした。
初めてって方は、おらず。
(次回10/27は初めての方も多くなりそうなので、
それもまた楽しみ。)

シェアも面白かったです。😊
やっぱりみんなでやると、シェアが楽しいね〜。

それぞれの体験の一部は、皆さんのご感想でどうぞ。

今回はWSのみの方はお一人だけだったので、
ここでEさんだけお別れ〜。
次こそ、泊まれるといいね♪


そして夕ごはん〜♡
みんな大好きな車麩揚げも♡

とにかく全部おいしくて
体にも心にもやさしく染み渡ります。。😊

みんな「おいしい〜」と、しみじみ。


食べ終わったら、いつものように、
ピラミッドの中心部に酵素を置いて、
周りに布団を敷きました。(笑)


そして、柔らかくって気持ちい〜お風呂に入って、
地下のピラミッドの中心に位置する瞑想部屋で
エンジェルカードを。

今回はインドリエルちゃん、
なんと3回も出ました!😅

いつもはひんやりする瞑想部屋ですが、
この日は全く寒くなく・・・

なんでかな?と思ったら、
このところの台風や大雨で、2回も浸水したんだそうで・・・
カーペットの張替えも途中でした。
だからかな、と思います。

なんやかんや、23時過ぎに就寝。


朝には、雨も止んでました。
靄を見ているの、飽きません。
いろんなふうに、見える。(笑)


朝7時から、希望者だけ、川までお散歩♪
でも結局、全員。😁


ここのとこ、とにかく雨が多かったですからね〜。
ケモノ道の植物たちも、ハンパなく、ワイルドに
生い茂っておりました。。😅


ここで40分くらい、自由時間。
それぞれ、好きに、過ごします。


川の水も増水して、流れもワイルドでした。(笑)

足を浸して、軽く禊ぎましたが、
まだ思ったほどは、冷たくなかったですよ。


ピラミッドに戻って、8時には朝ごはん♡

酵素玄米をおやきにしてくれました〜。
これもねぇ、ネギ味噌を乗せて食べるとまた、
おいしいのです♪


醤油麹もねぇ、ほんとおいしいので、
今度自分でも作ってみようと思います。


みんなで、「いただきます♪」

緑の中で食べるのが、また贅沢で
至福のひととき。


12月にはお姉ちゃんになる予定の、
あつみさんのお孫さんのアワちゃん。

「バブバブー」とか「ニャー」とか
もう喋れるのにイクラちゃん言葉になってて、
わかりやすーい赤ちゃん返りが可愛かったです♡
私も長女だから、気持ち、わかるよっ!


一晩置いた酵素は、ご覧の通り。
だいぶ甜菜グラニュー糖が溶けてきてます。
でも秋だから、春夏ほど早くはないですね。


酵素まぜまぜタイム。
右回りに、自分のエネルギーを注入しながら、
砂糖を溶かすように、混ぜます。

感情エネルギーも入っちゃいますから、
やさしい気持ちで、ね。😁

ぶどうをいっぱい入れたからか?
今までで一番ねっとりとした感触でした。
(日々混ぜるうちに、なくなりましたが。)


ちょっと舐めてみたら、すでにおいしかったです。
みんなの酵素を並べてパチリ。


ふと、あつみさんがフウセンカズラの種を取ってくれて
「よく見てみて〜」と。
そこには、なんと、ハートが。(笑)


ほおずきみたいなフウセンカズラ。
見えますかね?


というわけで、集合写真は
Kさんの発案で、みんなでハートを作ってみましたよん♡


今回は、頼んだわけじゃないんですが、
前々から「あつみさんのご飯、食べてみたーい♡」と言っていた
私の妹と母も参加してくれました。(笑)

二人とも、楽しんでくれたようでよかったです。

あつみさん、参加してくれた皆さん、
ありがとうございました〜〜✨


☆今回参加してくれた皆さんのご感想はこちらでどうぞ


お客さんが感想にも書いてくれてますが↑

「最近は自分でも材料を探して酵素液を作っていますが、  
 ピラミッドセンターの酵素は特別な事がはっきりわかりました。  
 パワフル!  
 違います!本当に違いますよ!」 

そう、素材がパワフルな上に、自分の直感のままに摘んだ、
自分に必要なエネルギーが集まった酵素ですからね〜。
その辺の売り物とは、訳が違う。(笑)


今年4回目となる10/27(土)の酵素作りも
まだお申し込み受付中です。
詳しくはこちら


自然に抱かれながら、自然に触れる時間って、
何かが取り戻されてく感じがして、
いいですよ〜。😊


人も、自然の一部。宇宙の一部。

全てであり、一部。
一部であり、全て。


☆2015年9月vol.1の模様と皆さんのご感想はこちら
☆2016年5月vol.2の模様はこちら
☆2016年5月vol.2の皆さんのご感想はこちら
☆2016年10月vol.3の模様はこちら
☆2016年10月vol.3の皆さんのご感想はこちら
☆2017年5月vol.4の模様はこちら
☆2017年5月vol.4の皆さんのご感想はこちら
☆2018年4月vol.5の模様はこちら
☆2018年4月vol.5の皆さんのご感想はこちら
☆2018年6月vol.6の模様はこちら
☆2018年6月vol.6の皆さんのご感想はこちら

★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

2018/09/27

あつみさんに教わる野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.7 参加者の皆さんのご感想


リクエストにお応えして、急遽
9/25牡羊座の満月に開催決定しました
あつみさんに教わる酵素作りとピラミッドでヒプノvol.7

レポより先に(笑)、参加してくれた皆さんからのご感想、
許可をいただいたものを紹介させていただきますね。
ご協力下さった皆さん、ありがとうございます♡


6月に酵素作りに参加して、
自然の中にいれてとても気持ちが良かったので、また参加しました。
酵素も、時間が経つと熟成されおいしかったので、また作りたくなりました。

6月に来た時と、この9月の野草や木など、
新しい景色に生まれ変わっていて、ウキウキしました。
自然って素晴らしいです。
今回は、野菜や果実をたくさんとり楽しかったです。
色も鮮やかなもので、きれいです。
翌日の酵素をかき混ぜ、おいしい〜!!
帰ってから楽しみです。
あつみさんのご飯、とってもおいしかったです。
まゆさん、企画して頂いて感謝です。
ヒプノでも癒されました。
一緒に時間を共有できたみなさんにも感謝です。
ありがとうございます。


しばらく前からまたピラミッドセンター行きたい!
あの景色の中で歌いたい!あつみさんに会いたい!
あつみさんのご飯食べたい!って思ってたので、
今回の開催があってうれしかったです。

野草集めが思いの外早く終わって、
気づいたらもう300gを余裕でこえてました。
秋は実物がたくさんでうれしい。実物テンション上がります。
あつみさんのごはん美味しかった♡
あと2回食べられる喜び♡
酵素も前作った時より早く作り終わった気がします。
細かく切ったら結構スムーズに入って、お砂糖の溶けも早い感じ。

ヒプノは羽でできた扉を入ったら
足元は裸足で白いワンピースを着た女の子(12才くらい)でした。
竜と暮らしていて、他の人は見かけなかったです。
30才くらいで何かを決意して、竜の背に乗って真上に昇って
雲を突き抜けて宇宙まで行きました。
40才くらいで星の中でキラキラしたものをまいていました。
幸せなおだやかな気持ちでした。
死の場面は竜に守られながら体がシュワシュワ溶けていきました。
あの時やってよかった、使命を達成した満足感がありました。
メッセージは、竜から希望の玉をもらって、
体と心を開いて踊りなさい。
ギフトは、鳳凰からティアラと衣装をもらいました。
これを心にまとって舞なさいとのこと。
竜にいっぱい会えてうれしかったのと、今
踊りにフォーカスが完全に向いているんだなと実感しました。
今日来てよかったです。
ありがとうございました!!


かねてから参加してみたいと思っていました。
今回都合がついたので、念願叶ったというわけです。

ヒプノはギフトが心に残りました。
「すべてを忘れて愛しなさい」
そうなのかあと。


以前は春、そして初夏、参加だったので
秋の植物で酵素が作りたくて楽しみにしていましたが、
今、先の予定が立てづらく、迷っていたところ
急募のお知らせが届いたので直近の予定の方が立てやすい私には
ホントに嬉しいお知らせでした!

天気はあいにくの曇りからの雨でしたが、
雨の音と鳥の鳴き声がよく聴こえて、
テレビやスマホの情報から離れる時間は必要だなぁと思いました。
むしろもうこのままでいたかった。笑。 

楽しみにしていた野草達は触れてみたかったホーリーバジル!
ザクロ、柚子、金木犀、つる豆、栗、月見草、
ツユクサは青い花が曇り空の下で鮮やかな色を放って眩しく見惚れました、
一斉に、こっちこっち!と言ってるような気がして惹きつけられていたら、
あつみさんがこれはもう摘んでって言ってる!と微笑んでいました。

用意してくださっていたブドウや生姜、南瓜など
使ってみたかったものばかりが溢れていてもっと収穫したかったけど、
そちらも使いたかったのであっという間に集まってしまいました 

ホーリーバジルの香りが本当にいい香りで、
収穫しながらもついつい香りをかいでしまうのでした。
スーハー…笑。 

家に帰ってそれぞれの植物の特性?効能?など調べてみても、
四季にあった野菜や植物を食べたり取り入れていれば
それで良いのだと改めて思いました。
身体の変化に自然が合わせて現れてくれるのか、
自然に人間が引き寄せられて直感で選ぶのか?
調和とか共存を考えてしまいます。
自然との信頼関係を壊しているのは人ですね。 

普段あまり写真を撮らないので、今回も撮ってないのですが、
野草がすごく綺麗だったので撮っておけば良かったなぁと思っています。
初夏とは全く違う姿でこの場所にこれが?!と感動しました。
バッタの脱皮も! 

とにかく仕上がりが楽しみでなりません!!
とても良いものが出来そう! 

ヒプノは、今の私にわかりやすくてシンプルな世界がみえました。
ほほぅ…なるほどね〜と思いました。
今の私はくまのプーさんのように「何もしないをしてるよ!」なので、
それはそれで意識してしまったら焦りや苛立ち?も起こり、
引きこもりにもなりそうです。笑
そんな時期にこのワークショップに参加できて、癒されたり、
ヒプノで何となく今やれる事やこの先も悪くないだろう。と
根拠のない自信が持てました。 

もっと若い頃にここまできていたら…
カッコいいおばちゃんになれたのかなぁとたまに思うことがありますが、
今回の人生は最終的にこんなもんだろうと思いながら死にたいと思います。
まだ先はありますけど…笑
もっと自分らしさを解放して自然体で過ごして行きたいと思います。
余談ですが、今は白髪を染めるのをやめようと思っていて、
でも、迷ったりしています 

楽しく過ごさせていただいて、
今回も皆さんありがとうございました
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています 

マユさん!お泊りできる日までよろしくお願いいたします!!! 

そう言えば、酵素液でシャンプーした話を聞いて、
前回の酵素液でシャンプーしてみました、
これは湯シャンと同じくきっと続けたら良い効果がありそうです
久しぶりにパックも顔と全身にしましたが、
以前やった時より身体も変わってきているのかすごく良かったです。
私はコスメ好きなので今後も人体実験をしていきたいと思います!笑

それと、最近は自分でも材料を探して酵素液を作っていますが、
ピラミッドセンターの酵素は特別な事がはっきりわかりました。
パワフル!
違います!本当に違いますよ!では、また。


萬夕さん、あつみさん、 
ご一緒できたみなさんに感謝ばかりです。 

リクエストした張本人です。 
わたしの希望を叶えてくれて、 
みなさん、ありがとうございました。 
強い願いは叶うんだ、ということを実感しました。 

 ♡ 

「思考には、論理的思考と瞑想的思考がある」 
と恩師から聴いたことがあります。 
それを思い出しながら過ごしていました。 

論理的思考は、一般的な思考、 
頭で考えるロジカルな思考です。 

瞑想的思考は、自分でイメージを作ったり、 
どこかから湧いてくるイメージをひたすら感じ、 
観じる思考です。 

 ヒプノは瞑想的思考に似ているなぁ、 
と思います。 

今回、あつみさんのお庭と、 
ピラミッドセンターで過ごした時間の大半、 
わたしは瞑想的思考だった気がします。 

何も考えず、かといって、 
何も観じないのでもなく。 

それは、心から安心していないとできないことです。 
不安があると、危機に身構えたり、 
緊張のために力んだりしてしまうものだから。 

わたしは酵素作りは、今回で4回目なので、 
安心できたのは、“慣れ”もあると思います。 
呼びかけたら応えてくれる、こだまのような、 
親和性を感じられました。 

ピラミッドセンターは、 
懐かしい故郷という感じとは少し違いますが、 
本来の場所に帰ってきた!という感覚があります。 
回を重ねるごとに、その感覚が強くなります。 

なのに、いつも新鮮な体験。 

最初に参加したときは、大好きと思えるのに、 
なんだかちょっと弾かれているような、 
一抹の淋しさが、実は、ありました。。 

今回は、安心が肚落ちしたような。 
静かにひたひた満たされました。 
すごく、しあわせでした♡ 

お見合いしてどぎまきしていたのが、 
打ち解けたみたいな?(笑) 

いえいえ、初めてのときから、 
あつみさんのお庭は、この上なくやさしかったです。 
今回、ようやくにして、腹を割れたというか。 
わたしが勝手に感じていた緊張を解けたみたいです。 

そうそう、「至上の愛」。 
わたしは今回の酵素には、初めから、 
「至上の愛」と名づけていました。 

ちなみに1回目は「地の祈りの命」
 (ちのいのりのいのち=回文)でした。 
2、3回目(今春)は意図する余裕すらなく。。 

今春は、個人的にとても苦しい時期で、 
口を開こうものなら涙もこぼれそうで、 
どなたとも話すことは、あまりできませんでした。。 

前回、前々回、あつみさんのお庭がやさしくて、 
ひたすら植物たちに触れて、 
涙も受けとめてもらいました。 
だから、「至上の愛」、この上ない愛、無限の愛。 
いちばんつらいときは抜けられたようなので、 
感謝もこめての意図とネーミングです。 

今回はお喋りも楽しめました♪ 
お風呂でのお喋りが特に楽しかったかも(^^) 
リトリートのお土産話や、 
悩みを含めての近況を聴けて良かったです。 

どんなことでも、打ち明けてもらえることは、 
嬉しいことなんだなって。 

今回、話を聴くうちに見えてきた姿…… 
悩んで苦しんでいる人の姿も、 
夢中になれるものを見つけた人の姿も、 
新しい課題に向けて踏み出した人の姿も、 
真剣だからこそかな、美しいと思えました。 

人の話は大抵愚痴か自慢だから真面目に聞かない、 
というのが、わたしの基本スタイルですが……(失礼) 
萬夕さんのつながりで会う方々の話を聞いていて、 
そう思ったことは、ほとんどありません。 

人生を真剣に楽しもうとしている人や、 
生命について真剣に話し合える場を求めている人が、 
集うからなんでしょうね。 
スピリチュアルって、 
生命への真剣さ、誠実さだと思います。 


さて、実は今回、自分がリクエストした、 
言い出しっぺにもかかわらず、
寝坊して遅刻しましたm(_ _)m 
すみませんでした。 

寝坊も遅刻も、ほとんどしたことがないので、、 
自分で自分にびっくりして、動揺しました。。 
ショックというか……放心状態というか…… 
言い訳めいていますが、秋分~満月のせいなのか、 
ここ数日体調が不安定で心も引きずられ気味でした。 

でも…… 
梁川駅に降りた瞬間、金木犀の香りで元気になり、 
ピラミッドセンターへ降りる道でスキップになり、 
野草に触れた瞬間から、もうすっごく元気でした。 
ワクワクしかない、という感じ。 
そして、あつみさんのご飯を食べたら、 
さらにさらに元気でした(笑) 

出発する前から、すでに安心しきっていたから、 
堂々と寝坊した、とすら、いまは思えます(笑) 
なんてゲンキンなわたし(^^; 

 いえいえ、ほんとうに、遅刻はすみませんでした。。 

 ♡ 

あつみさんのお話も、示唆に富んで深かったです。 
きらきら、しとしとと降る言葉のシャワー。 

朝早く、雨に濡れて、水滴をたくさん身につけた、 
きらきらのネコジャラシ?の草を見て、きれいで、 
あつみさんの言葉のよう、と思いました。 

勢いよく刈った草や切った木は、その分反発して、 
再びよく伸びる反面、深く根づかないとか。 
沢に沿って靄が立つけれど、雨には消えないとか。 
木々の間を抜けてくる風は、濾過とも違い、 
木々の“圧”を受けてくるから気もちいいとか。 
その原理を応用した浄水器のこととか。 

おかげで、朝、草いきれの“圧”を感じながら歩いた、 
川までの道すがら、 
「わたしはいま“圧”を受けて洗われているんだ」 
と感じることができました。 

もし、あつみさんの話を聴いていなかったら、 
全く逆に感じていたかもしれません。 
草に圧されて汚れる、って。 
ここでも宇宙の采配をみた気がしました。 
雨の降り方だけじゃなく。 

川でみそぎもできて、気もちよくて、 
エイ!と気合を入れる感じではなく、 
自然にできたのも嬉しかったです。 

川に入って、川の音を聴き、流れを見、 
石と向き合い、木々の緑を見分けたり、 
沢のあるところを読んでみたり、 
今回は満月も意識しました。 
こういうことって、ほんとうは、 
人間にとって自然なことなのだろう、と思います。 
自然と一体になるから自然体、というのかな? 

 ♡ 

ヒプノは、萬夕さんが、 
「ファンタジック・ドラマティック」 
と言ってくださったように、 
自分のは、自分でも、そう思いました。 

いつもながら、体験ヒプノの直後は、 
自分のみたビジョンをたどり直すのに必死で、 
みなさんのお話をきちんと全部は聴けなくて、 
それだけは残念でした。。 

通常のヒプノだと萬夕さんがメモしてくれますが…… 
グループだとそうもいかないので…… 
ぜひ、感想でシェアしてください(T-T) 

KTOさんは、つらそうだったけれど…… 
またライトさんに会えたのかな?とか、 
以前にもご一緒してシェアしていただいたので、 
ことさら、色々思いました。 

無理にとはもちろん思わないし、 
自分だけのものなら迷いなくそうしてほしいけれど…… 
たとえ苦しい展開でも、醜かろうと、 
分かち合えたら、その時点ですでに光だから、 
聴いてみたい思いはあります。 

わたしの、孔雀の羽根色のサヤのストーリーは…… 
面白いと言ってくださった方もいらしたので、
 (ありがとうございます!!) 
また小説風に書けたら、と思っています。 

それにしても、最近の自分のヒプノは恋ばかりで、 
照れるし恥ずかしいし、もういいよ、とも思います。 
しかも人間ではないことも多いですし。。 

今回も、前々回の龍同様、 
自分は女性で大好きな龍や伴侶の体に取り込まれる、 
というパターンは同じなので、 
これは何かな……とも思っています。 
まぁ、でも、恋です、ものすごく、恋。 

実生活に恋の予感は一向にありませんが…… 
心から大切に思う人と人生を共有したい、 
という思いが自分にもあることは、否応なく、 
ここ数回のヒプノで明確に自覚しました。 

それが恋人や伴侶なのかは、わかりませんが…… 
いやむしろ、ほんとうに、
 “僕がギフトです、ヒーリングです”な人が現れたら、 
ぎゃー、マジ恥ずい、やめれ、ってなります(苦笑) 
ヒプノで娘に、“落ちてゆけ、恋に”と言われたのも、 
苦く笑うしかありませんでした。 


いやはや…… 
今回も、え?って最後に思ったのですが、 
あつみさんが、フウセンカズラの種に、 
白いハート模様があることを教えてくれました。 
そして最後の記念撮影の♡ポーズをしました。 

ヒプノで、わたしと伴侶は最後に、 
白い蛇になって別れたのですが…… 
互いの体でハート♡を描いてから別れたんです。 
うわぁ、なんやこれ、ラブラブやんと思ったので、 
シェアはしなかったように思いますが…… 
話しましたっけ?(^^; 

なので、ちょっと、えっ?えーっ? 
って、内心思っていました(^^; 
ポーズ発案者のダンサーさまには、 
ぜひ、花咲かじいさんならぬ、 
光放ちまくりの光撒き散らしおねえさん☆ミ 
の道を邁進していただきたく思います。 

そして、あつみさんは、愛とハートを、 
これまで同様、放ち続けるんだろうな、 
と思いました。 

最後の最後にも、 
見透かされたと思うほどに照らされました。 

記憶しているなかでは、自分に、 
インドリエルちゃんのカードが出たのも初なので、 
わたしもライトワーカーとして? 
光を放てたら、と淡く夢みました。 
わたしの場合は、光るにしても、 
じわ~り、ぼんや~り光る感じでしょうが。。 

“学び”のカードは……料理かも?と思い始めました。 
あつみさんのご飯のような、 
五臓六腑にしみわたる料理を作れるようになりたい、 
と、ずっと思っていて。 

自分の食べたいものを自分で料理できたらな、と。 
前職を辞したのは、端的に言えばパワハラですが…… 
給食を食べなければいけないというのも、 
けっこうなプレッシャー(これもパワハラ?)でした。 

わたしにとって食は、ずっとコンプレックスです。 
嫌悪感から食べられないものが多くて。。 
こだわりやしばりを解けたらいいのですが、、 
逆にこだわり抜くのもいいな、と思い始めました。 

わたしは下手の横好きながら、 
文章を書くのも好きなのですが、これも、 
自分の読みたいものを読みたいから書いています。 
誰かに読まれることは正直想定していなくて…… 
自分の納得できる言葉をひたすら探しています。 

個性って役割のようなものにも思うので、 
それをキャラにして演じるつもりは更々ないし、 
役も固定したくないけれど…… 
自分の個性をとことん生きよう!と思います。


レポはこちらでどうぞ

次回は10/27(土)となります。
☞詳しくはこちら

今年はリクエストにお応えしていたら、
なんと4回も開催することに・・・😅
それくらい、皆さんに楽しんでいただけてる
ワークショップだってことです!はい。(笑)

でも、酵素は見事に毎回、味が違います。
植物たちとの出会いも、一期一会。

自然と触れ合う時間は、やっぱりやさしいし、
人には必要だなって思います。
こういうひととき、
積極的に作っていきたいものですね✨


☆2015年9月vol.1の模様と皆さんのご感想はこちら
☆2016年5月vol.2の模様はこちら
☆2016年5月vol.2の皆さんのご感想はこちら
☆2016年10月vol.3の模様はこちら
☆2016年10月vol.3の皆さんのご感想はこちら
☆2017年5月vol.4の模様はこちら
☆2017年5月vol.4の皆さんのご感想はこちら
☆2018年4月vol.5の模様はこちら
☆2018年4月vol.5の皆さんのご感想はこちら
☆2018年6月vol.6の模様はこちら
☆2018年6月vol.6の皆さんのご感想はこちら
☆2018年10月vol.7の模様はこちら

★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

2018/09/24

自分を散々こき下ろして、自分と向き合ってる!と思ってました。


シャスタリトリートに参加してくれた方に、
「自分と向き合うっていうことが分かってきた気がして、
最近嬉しいんです😁」
と言われたので、

「向き合うってどうしたら?って思ってる人も
多いのかもな〜」って言ったら

「私、そうでしたよ〜
自分を散々こき下ろして
自分と向き合ってる!と思ってましたもん😅」
とのことだったので、

「その違いについて、気づきを書いてほしいわ〜っ!」
ってお願いしたら、書いてくれました!
(ありがと〜💕😆)

自分をいじめることが自分と向き合うことだと勘違いして
自己否定や自己批判を強化しちゃってる方、
ぜひ読んでみてくださいね〜。😊


自分と向き合うってなんかよさげな言葉だけど、
漠然としていてどういうことなんだろう。 

よく分からないくせに、
私は自分とちゃんと向き合ってるもん!と思っていました。 


でも実際は、
自分の嫌なところばかりピックアップして
改善しようと努力する、
そういうことではなかったかなと思います。 

目を背けたくなるような嫌な部分に目を向ける
ということが自分と向き合うことだと思い込んでいたんですね。 


シャスタで過ごしている間、
森や川、あふれる雄大な自然の中で
私の心は優しく解きほぐされていったのかもしれません。 

自分自身であることの大切さ、
そしてどうあるかは自分自身が決める
ということが頭ではなく腑で理解できた時、 
方向性の違う努力をし続けてきたのでは・・・と思い当たりました。 

自分と向き合っているつもりで
外に自分探しを繰り返していた私。
自分の個性をベースに別物になろうとしていた私。 
もうそのまんまでいいやって自然に思えました。

そして改めて自分の手持ちのカードを見てみることにしたのです。 
その内容が私の人生の目的に適っていると気付いたら、
なんだか腹が決まった。 


そう、自分と向き合うっていうことは、
感覚的に腹をくくることに近いのかなと今では思っています。 


そして腹が決まったというのは、
私が私を幸せにするということ。
何があっても決して自分だけは見捨てない、味方だということ。 

意地の悪い目で
じっと自分を見張るように向き合っていた時に比べると、
フラットな目と感情で対面している感じです。 


私はこの覚悟ができていなかったなと思います。 
自分と向き合うって、嫌な自分やダメな自分、
できれば知りたくない部分も含めてということなので、
そこにイエスと言えなかった。 

今でも正直言えない部分はあります。
でもそこで自分を叱咤激励するのではなく、
嫌な感覚を味わった後に、 
『まぁ、しょうがないか、これも私。』と思う感じです。 


かつては今よりももっと自分にイエスが言えなかったから、
周囲に求めていました。彼氏とか。 

『私を好きといって!』と言って迫るなんてことはしてませんが(笑)、
求めるポイントが分かりにくくめんどくさい女だったと思います。 
ほんと、よく受け入れてくれたなと。 


でも自分で自分を受け入れ、幸せにすると誓ってからは
結婚願望がさらになくなりました。 
逆に考えると、私は結婚に何を求めていたかがよく分かりますね。 


そして生きるのがちょっと楽になってきたと思います。 


ここでちょっとシェアしたい話ですが、
詳細は記憶が曖昧な部分もあるのであしからず・・・。 

以前雑誌の投稿で目にした内容ですが、
軽度の知的障害を持ったお子さんのお母さんからの手紙でした。 

幼稚園に行くことになり初めての集団生活で
周囲とうまくやっていけるのか、お友達はできるのか、
お母さんは入園前から気を揉んでいたそうです。 

幼稚園での生活が始まり、
案の定お友達ができなくてぽつんと一人過ごしていた彼が
お母さんに言った言葉が印象的でした。 

「大丈夫だよ。僕は僕とおともだちだから」

思ってもみなかった返答に
お母さんはハッとさせられたと書いていました。



自分との向き合い方は、人それぞれでいいと思いますが、
決して、自分を否定したり、
非難したりすることではありません。

その逆で、どんな自分でも、
認めて、許して、受け入れて、愛していくこと。です。


そのためには、
日々の違和感を、無視しないで
丁寧に拾ってあげること。
(こだわる、とは違いますよ)
味わってあげること。


そうやって、
分離していた自分自身を、統合していくこと。


自分自身であることに、
本来、努力なんていりません。


だって、それは自分にとって
一番自然な状態なのだから。


そのままで、
ありのままで、
在るがままに、在る。
ってことを難しくしてしまったのは、

「何かしなければいけない」
「何かしなければ価値がない」って
あまりにも信じ込んでしまったから。


だから、
そういう痛み(未消化の感情)が、
認めよう、受け入れよう、とする時に
「ありのままでいいわけがない!」って、
邪魔してくるわけですね。


かといって、その痛みに
「嫌!手放したい!あっちいけ!」ってやってたら、
=抵抗、否定
いつまでたっても終わりません。


とにかく、
その感情を感じている自分を否定も非難もせずに
ただただ、認めて、受け入れて、感じていくこと。
=消化していくこと。


認めてほしい
許してほしい
受け入れてほしい
愛してほしい

私たちは、そうされることを外側の誰かに求めがちですが、
他の誰でもない、自分自身が自分にそれをしない限り、
真に満たされることはありません。

外側は、関係ないのです。

外側は、自分が自分にしてることを教えてくれる
シグナルでしかないからねぇ。。


だから、
自分自身と向き合うしか、ない。


ほんとは、この世界には、
自分しか、いないのだから。


内側→外側 も、
境界線(信じ込み)が溶けてなくなれば
内側=外側。


ここは、自作自演の世界。
です。



2018年のシャスタの旅
☆シャスタリトリートレポその1
〜飛行機が飛ばない・・シャスタ山が見えない・・
パンサーメドウズへ はこちら
☆シャスタリトリートレポその2
〜モスブレー・フォールズとスチュワート・ミネラル・スプリングスにて、浄化が始まるはこちら
☆シャスタリトリートレポその3
〜サウスゲートで何かが開いた!はこちら
☆シャスタリトリートレポその4
〜キャッスル&ハートレイクから見渡せたのは、自分自身だったかもね。はこちら
☆シャスタリトリートレポその5
〜滝と再びの温泉とアッシュランドからの、真逆の地・ラスベガス!はこちら

☆参加者の皆さんのご感想
〜決めた時から導きは始まっている
〜やっと自分自身と再会できた はこちら


☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら


2018/09/23

シャスタリトリートレポその5〜滝と再びの温泉とアッシュランドからの、真逆の地・ラスベガス!


8/28(火)6日目

朝はちょっと早起きしてお散歩しようかな、と
言っていた皆さんでしたが、

昨晩のシェアからの流れで、
こっちの部屋ではこっちの部屋で、
あっちの部屋ではあっちの部屋で、
あれこれと、朝から深い話をしているうちに、
あっという間に朝ごはんの時間となりました。(笑)


朝からスサナさんの手作りあったかメニューが
どーっさり!!


もちもちのバナナクレープも。
いつもの倍以上の量に、お腹はパンパン。
でもおいしいっ♡


朝ごはんの後、スサナさんの書いた本を買いたいな、と
ロビーにあるサンプル本を見たりしながら
スサナさんと話を始めたら、
一緒にいたTさんとKTOさんの表情がみるみる変わる〜。😆

立ち話ながら、その時の二人に響く言葉、
大事なことをたくさん聞くことができたのでした〜。


その3のレポで、私がちょっとばかり今回意図したこと、
について書きましたが、

私はみんなに、シャスタで暮らす日本人の皆さんと話すことで
(別に日本人じゃなくてもいいんですが、言葉の壁があるので😅)

またいろんな価値観に触れてもらって、
それぞれに気づきを深められたらなぁ〜・・
と思っていたのでした。


私たちだけ、の世界の中でシャスタの時間を過ごすより、
シャスタの方々の風にも入ってきてもらった方が、
やっぱり、広がりが生まれるからねぇ。


スピリチュアルにもいろんな形があるし、
人生への活かし方も人それぞれだしね、
みんな個性が違うんだから、
誰の真似をする必要もないし、違ってよくって。

でも一つの形にしか触れてないと、
その形しか見えなくなっちゃうことも、あるからね。☺️


ヒデさん、治美さん、スサナさんに共通してるのは、
目の前の出来事はもちろん起こってるんだけど、
そこに決して捉われてはいなくて、
そこを超えた向こうを見ながらも、
目の前のことには、それはそれとして対処してる、
ってこと。

ドラマにハマることがない、というか。


それがどういうことか、言葉じゃなくて、
会うと、生き方を通して伝わるものがあるのよね〜。


今回はお客さんが多くて、スサナさん大忙しで
なかなか話をする時間が取れないままだったけど、
最後の最後で、ちゃんと必要な話は聞ける流れとなりました。

これも、宇宙の采配なり〜。✨


「話せてよかったぁ〜」
「いい話が聞けたぁ〜」
という中、まだまだ話していたいところではありましたが、
お別れの時間となりました。


車中、Kちゃんにスサナさんとの話をシェアしながら、
マクラウドの滝・ミドルフォールへ。

ここで写真撮ったら、光のまわり具合がとってもよくて!
「みんな、綺麗よ〜♡」


「きゃあ♡」と女子っぽく撮ってみた写真。
いい表情〜。( ´艸`)


ここも、煙のせいか
いつになく空いていました。

目の前でマイナスイオンをたっぷり浴びれるのは
やっぱり気持ちいい〜✨


水面に揺れる光たちも綺麗✨


またそれぞれに好きな場所で、過ごしました。


深呼吸する度に、
身体中をエネルギーが満ちていくようです。☺️


前夜にみんなの希望を聞いて予定を組んだ結果、
今回はアッパーとロウワーには寄らず。
(マクラウドの滝は、ミドルで十分だしね〜😊)
また山道を登って、戻りました。


マクラウドの街に戻ってランチ、
と思っていましたが、
朝ごはんがたっぷりすぎてお腹が全く空かず。😅
テイクアウトして、温泉後に食べることに。


出来上がるまで時間がかかるので、
ちょっとブラブラ。
この日はシャスタ山もしっかり見えました♪
(右下に写ってるのが泊まってたストーニーの建物)


Tさんは、絵葉書を買って、
自分宛に何やらしたためておりました。。

私も昔、やったなぁ〜。😁
いい時間の使い方。


そしてTさんとKTOさんのリクエストにお応えして、
今回2度目の!スチュワート・ミネラル・スプリングス(温泉)!!😆

「今度は3回とも小川に頭から浸かる!」

を実践させていただきました。😁

8月とはいえ冷たいんですけど(9月よりはマシ)、
それは慣れるし、
やっぱり頭から入ると、スッキリ感が全然違うのです。

今回は、スウェット・ロッジもなかったしね。
その分、こっちで浄化✨って感じ。


この辺は森の中で、小川も流れてて気持ちがいいので、
ここで先ほどテイクアウトしたランチを。
私はケサディーヤ。うまっ。


食べながら、前に体験済みだから今回は温泉パスしたKちゃんが、
一人で過ごした1時間半ほどの間に得た気づきについて、
話をしてくれました。

私には、なぜか
ここでKちゃんが一人で過ごす時間が豊かなものになる、
という確信があったので、
本人がどんな心境だろうと積極的に放っておいたのですが(笑)、
目をキラキラさせながら話すKちゃんが眩しく。☺️

本当にねぇ…
何十冊の本を読むより、
数時間でも実際に体験することほど強いことってないですよ。

わかったつもりでいても、
本当に腑に落ちた時に、
ただの「つもり」にすぎなかったことに、気づきます。

思考は、体感には、叶わない。

だからね、
頭で理解することにエネルギー注ぐよりも、
さっさと行動して体験しちゃった方が、早いです。はい。


2時間ほど車を走らせ、アッシュランドへ。
ここは、町歩きにちょうどいいサイズ感の町といいますか。。
可愛らしいお店も多くて、オーガニックスーパーもあって、
公園もあって、気持ちのいいところ。


ここで2時間半ほどフリータイムに。


19:00スタバ前待ち合わせ、にしたんですが、
私が向かうと、ちょうど3人が。
なんだか微笑ましい光景。( ´艸`)


3年前に来た時に入っておいしかったお店が、
「Pie+Vine」という別のお店になってまだあったので、
そこに入ってみることにしました。


メニューはたぶん変わったっぽかったけど、
おいしかったです。

リゾット

あっという間にこれが最後の晩餐。(笑)
ここで、今日一日、そしてこのリトリート全体を振り返っての
シェアをしました。

Chicken Parmigiana

どんな話をしたかは
みんなの感想を読んでいただけたらと思いますが、
本当に、いいリトリートになったなぁと思います。

シャスタリトリートを、こんな少人数でやったのは初めてでしたが、
この人数だからこそ、「自分と向き合う」を深くできたなぁ…
っていうのは確実にあって。

そしてそのプロセスを共有したみんなの絆が
どんどん深まっていくのも嬉しく。

いろんなことが、濃かったです。☺️


そして、主催者としては、
リトリートをやればやるほど思うのは、
主催者が、いかに何かをしようとしないか、が大事ってこと。
意図すら、必要ない。

余計なエネルギーは加えない方が、
宇宙にまるっとお任せにした方が、
起こるべきことが、ただ、起こる。
そしてそれを受け入れるプロセスを通して、
自然とね、気づきは起こる。
何かを起こそうとする必要は、ないんです。
それは、ただ、起こるから。
日常も、一緒。


デザートのアップルタルトとパンナコッタを食べながら、
「もう終わっちゃうんだなぁ…」と
旅の終わりを惜しむ空気。


終わっては始まり、
始まっては終わり。
それの繰り返しが、人生。よね〜。


30分ほど車を走らせ、メドフォード空港近くのホテルにチェックイン。
その後、私は一人車を走らせガソリンスタンドへ。
朝になってバタバタしたくないからね〜。

と、ガソリン入れてたら、向かいのお店の上に、
まあるい月が、見えました。

「月が見えないなぁ〜・・」と残念がってたTさんに
ホテルに戻ってから「月、見えるよ!!」と伝え、
しばしみんなで月を鑑賞。
最後の夜は、更けてゆきました。。


8/29(水)7日目

TさんとKちゃんは、朝5時には空港に向かうので、
早朝、起こしてもらって最後のお別れ。

あんなにも「シルク・ドゥ・ソレイユのオーが見たい!!」
と熱望してたはずのKTOさん、
「一緒に帰ることにすればよかったよぉ〜」と寂しさMAXに。😅

そこまで思える仲間に出会えて、ホントによかったねぇ。


二人きりになった朝ごはんをすませ、
私たちは「オー」を見るためだけに、
いざ、ラスベガスへ。

ホテルのドアの向こうで、地味に、はい、ひょっこりはん。
( ´艸`)


さてさて、サンフランシスコ行きの便、
今度は無事に飛ぶかしら〜?って感じでしたが、
さすがに飛びました。ほっ。


左側の窓際にいたKTOさんが撮ったシャスタ山。↑
私は右側だったので見れなかったけど、
煙に浮かんで幻想的な佇まい〜。


さらにサンフランシスコ→ラスベガスの便も
無事に飛びました。
それが普通なはずなんだけど、もはや、
ありがたし・・・(笑)


15:00頃にはベガスに到着。

カジノに興じる人々の合間を抜け、
ホテルにチェックインしたら、ご飯を食べに、
とりあえず街中へ。

が、ベガスの繁華街は、人、人、人!!!
いきなり人が多すぎて、酔います。。😓
そりゃ、シャスタとはあまりにも、真逆の世界。

人混みの中をかき分ける気分でもないので、
「オー」の開催場所であるベラッジオホテル内の
カフェで軽くすませることにしたのでありました。


19:00開演なので、30分前には入っておいたのですが、、
なかなか扉、開けてもらえない…


やることもないので、撮影スポットで
ハイ、ポーズ!😁


そしてお決まりの、
はい、ひょっこりはん。😁


会場内の天井は、こんな感じ↑
会場自体も、アート。

5年ぶりに見ましたが(前回一人で見た時のレポはこちら)、
「オー」は何度見ても、素晴らしい総合芸術。
日本に来ているシルクとは、はっきり言って全く別物。です。
規模がケタ違い。
これは、ベガスじゃないと体験できないですが、
(「オー」は「見る」ものじゃなくて「体験」するもの!)
これだけのために来てもいいくらい、
そのくらい極上!圧巻!の世界観。なのです。


映像でね、雰囲気を見ることはできますが、、
あの世界は、体験してなんぼな世界なんだよなぁ…。

自然にも感動しますが、
人間の、無限の想像力&創造力にも、脱帽&感動するのです。

限界を作ってるのは、いつも、自分自身。

無限の可能性に開くべし!って
ガツンとやられますよ。😁


ホテルの外に出ると、ちょうど噴水ショー、
やってました。
こちらもお見事。

しばし鑑賞して、ちょっとフルーツやらポテチやら買って、
ホテルの部屋へ戻り、つまみつつ話をしながら、
最後の夜は、もはや感傷的になることもなく、更けてゆきました。。(笑)


8/30(木)8日目

朝7時前にはチェックアウト。
前日のタクシーには
「工事中で大通りは大渋滞だから」と高速まで使って
かなり遠回りされたけど、今回はあっという間に空港着。
タクシー代も半額。えらい違い。😅

ふと見ると、雲がUFO雲みたいで、面白かった!
左下に写ってるピラミッドは、ホテル。(笑)


ラスベガス→デンバー便も無事に離陸。(笑)
こうして上空から見ると、
やっぱりベガスの大通りって、異様よねぇ…。


途中、モニュメントバレーが見えたので
撮ったんですけど、なんか、絵みたいでしょう?
異次元空間な感じでした。
2回行ったけど、あそこはまた行きたいなぁ〜。


デンバーに着くと、また飛行船みたいな雲が。
( ´艸`)

デンバーとベガスって、1時間時差があるんですよねぇ。。
二人して、アナウンスで名前を呼ばれ、、
危うく、乗り遅れるとこでした。😅


途中、もくもくと煙が…
山火事の煙なのか… わからなかったけど、
煙の量、すごかったです。。
雨が降るといいなぁ… 本当に。


今回のリトリートは、山火事による欠航で、
しょっぱなからホントいろいろありましたが、
全ては最善へと繋がっていきました。


「リトリートを知ったら
普通の旅ができなくなりますね」

と、最後に言ってもらえたのも嬉しかったですが、


そういう内容となったのは、
みんなが、湧き上がる感情を無視せず、抑圧せず、
丁寧に向き合って、シェアしあって、気づきあって、
リトリートならではのアルケミーが起こったから!です。


集まった4人(私も含め)による、
共振共鳴。
共同創造。だからね〜。😁


一人欠けても、
一人変わっても、
また別の体験、となります。


それはそれで、またよし。


でも今回は、縁あってこのメンバー。
だったのね。


帰国後、もうすでに一回みんなで
お茶する機会もあったんですが、

気づきは、リトリートが終わった後も、
続いています。😊


日常に生かしてこそ、ですからね。


「リトリート何回も行ってたら、
委ねる=楽しくなるって、気づけたよ😃♥✨🌈
委ねることが、不安じゃなくなった😃」

「いろんなこと、コントロールしようとしなくなったよね✨
リトリートが日常になると、
そこで体感したことも日常になってくるの。
すると、日常がリトリートになるね!!」

と言ってくれた方もいましたが、(☞こちら

そうなってくれたらいいな♪
と思いながら、やってます。


そして、そうなってく人が増えていることが
嬉しい。😊


みんな、ありがとう💕



2018年のシャスタの旅
☆シャスタリトリートレポその1
〜飛行機が飛ばない・・シャスタ山が見えない・・
パンサーメドウズへ はこちら
☆シャスタリトリートレポその2
〜モスブレー・フォールズとスチュワート・ミネラル・スプリングスにて、浄化が始まるはこちら
☆シャスタリトリートレポその3
〜サウスゲートで何かが開いた!はこちら
☆シャスタリトリートレポその4
〜キャッスル&ハートレイクから見渡せたのは、自分自身だったかもね。はこちら

☆参加者の皆さんのご感想
〜決めた時から導きは始まっている
〜やっと自分自身と再会できた はこちら


2016年のシャスタの旅
☆おとの雫 in シャスタ その1
〜プルート・ケイブスと満月のスウェット・ロッジはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その2
〜ミネラルいっぱいの温泉とヘッジ・クリーク・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その3
〜キャッスルレイクとハートレイクにファーマーズ・マーケット、そしてシャスタ山からの夕景はこちら
☆おとの雫 in シャスタ その4
〜シャスタ山の奥の天国へ。サウスゲートへのトレッキングはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その5
〜早朝のアッパーパンサーメドウズとモスブレー・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その6
〜虹の朝。マクラウドの滝とバーニー・フォールズ、そしてスタンド・バイ・ミーはこちら
☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2015年のシャスタの旅
☆the shift@シャスタその1
〜キャッスルレイク&ハートレイクはこちら
☆the shift@シャスタその2
〜雪のアッパー・パンサーメドウズとスウェット・ロッジはこちら
☆the shift@シャスタその3
〜再びのパンサーメドウズとサウスゲートはこちら
☆the shift@シャスタその4
〜マクラウドの滝を巡るはこちら
☆the shift@シャスタその5
〜クレイターレイクとアッシュランド、そしてシュールな悲劇・・・はこちら
☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2014年のシャスタの旅
☆森の遠足@シャスタ<その1>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その2>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その3>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その4>はこちら
☆森の遠足@シャスタ 参加者のご感想はこちら