【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残2席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/05/30

RASで先祖供養〜自分の解放はご先祖様の解放にもなる


昨日は「RASで部屋の解放」について書きましたが
今日は「RASで先祖供養」について書いておきたいと思います。^ ^

6/2からセドナ・リトリートで、
たぶんその間2週間はメルマガもブログもSTOPするんで、
今のうちに〜。


去年、RASのファシリテーター養成講座を受けていて
「なるほど面白いな」と思った考え方のひとつが、
自分自身の信じ込みを解放することが、
ご先祖様の信じ込みを解放することになる=先祖供養になるってことでした。


私たちは、魂レベルで、
輪廻転生する中で体験したいろんな人生情報、
そしてその体験を通してできた様々な信じ込みを
くっつけてここにいる訳ですが、

同時に、当然ながらこの肉体には、DNAレベルで
ご先祖様の情報も入っている訳です。


信じ込みっていうのは、
未消化の感情が昇華したものですが、
それは、感じ切るまで次へ次へと持ち越し、
繰り返されます。


私たちは、そうやってくっつけてきた信じ込みを体験して
感情を消化しきるために生まれてきた、
っていう側面があるんですよねぇ。


その信じ込みを体験するために必要な出来事が起こる
ってことでもあります。
痛みからの引き寄せ、ですね。


よく「子供は親を選んで生まれてくる」っていいますが、
私たちはその、くっつけてきた信じ込みを体験するのに
最も適切な器(肉体)を選んで、
生まれてきます。


設定、ともいいますね。


「愛されていない」という信じ込みを持っていたら
「愛されていない」と感じさせる親を選んでくる、と
いったような。


まずは感じる状況がないことには、
感じ切る、ってこともできませんのでね。


そういう状況を引き寄せるには、
私たちの魂レベルの信じ込みだけでなく、
DNAレベルの信じ込みも同じであった方が、
より強力になります。


なので、
ご先祖様の中に「愛されていない」という信じ込みを
持っていた方のいる肉体の方が、
体験のためには、いいんですね。


ご先祖様が体験した信じ込みは、
私たちが魂レベルで持ち込んだ信じ込みと
共鳴し合うのです。


それが、今あなたが葛藤している体験を
引き寄せた、おおもと。


だから、私たちが自分の信じ込みを解放すると、
DNAレベルで持っていた、ご先祖様の信じ込みも解放されます
当然、直系の、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、、、も
解放されます。


私の場合で言うと、
魂レベルで「絶望」という信じ込みを持っていたので、
DNAレベルで「絶望」を持っているこの肉体を選びました。

ご先祖様の中に「絶望」を体験した人が、いたんですね。
で、私が「絶望」を解放したことで、
ご先祖様のその思いも解放されました。


RASとは全然関係のないところで、
「この人は真実を知ってるな」と私が感じる方が
「自分を解放することの方が、お坊さんにお経を唱えてもらうより
よっぽど先祖供養になる」と言っていたんですが、、、
まさに。
そうなんですよねぇ。。(u_u)


私はヒプノセラピーもやってますので、
これ、さらに面白いことがありまして。
因縁、っていうのかなぁ。


例えば、
「絶望」を感じたご先祖様には、
「絶望」を感じさせる原因を引き起こした人、
っていうのもいるわけですよね。大抵の場合。


その、引き起こした側の人に入っていた魂が自分、
ってこともあるんですよ。σ( ̄◇ ̄;)


「え」って感じですよね。(笑)

でも、あるんです。


そうやってねぇ… 
巡り巡ってるんですよねぇ。。


だから、究極、常にお互い様!!
なのです。


あんまり、相手を責めるとか、
意味ないんだなぁ…。


別にダメってことじゃなくてね、
相手を責める時間があったら
自分の解放に努めた方が、よほど有益ではある。。
って話。


RASのファシリテーター養成講座の中に
「家系の解放」っていうのがあるんですけど、
それは特にダイレクトに先祖供養になります。


この世の仕組みって、面白いですなぁ。



☆RAS(Release and Awakening System)について、詳しくはこちら
☆RASの体験談はこちら

☆RAS認定ファシリテーター養成講座及び
解放コース39セッションについて、詳しくはこちら
☆RAS認定「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」について、
詳しくはこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら

2017/05/29

RASで部屋の解放〜もし部屋に霊がいるとか言われたら

メキシコにて

先週は、なぜか霊障のご相談が続きましたねぇ。
私は別に霊能者ではありませんが、
そういったことにも対処はしております。。


いわゆる浄霊はゼニスかヒプノでやってますが、
今回は、RASで「部屋の解放」をすることについて、
ちょっと書いておこうかなと思いました。


この部屋には何かいる感じがするとか、
落ちつかない、眠れない、とか、
霊能者に「いますね」と言われたとか、
・・・そういう方もいらっしゃるでしょう。


RASの「部屋の解放」では、
あなたの放っているエネルギーに共鳴して、
霊的存在がやってきた、もしくは、
彼らがいる場所にあなたが魅かれた、と考えます。


まあ、霊的存在っていっても、肉体があるかないかの違いなので、、、
生きてる人間だって「類友」っていうように、
似たようなエネルギーが引き寄せ合うって法則、あるでしょう?
霊的存在も同じ。


じゃあ、そのエネルギーって何だ?っていうと、
あなたの持っている信じ込みと、
霊的存在の持っている信じ込みが一致して、繋がってしまった、
ってことなんですねぇ。
つまり、同じ未消化の感情を持っている、ってこと。


だから、その信じ込み自体を外してしまえば、
あなたのエネルギーは変わり、共鳴も起きなくなるので、
繋がり自体も消える、ってことです。


これやっておかないと、
引っ越したところで、また同じようなエネルギーの部屋を
選んでしまう可能性大、なのでね。
または、浄霊したところで、また同じようなのが
やってきちゃったり。


RASの「部屋の解放」では、
(RASのセッションを受けたことのない方には
分かりづらいかもしれませんが)

部屋に対するストレス度やる気度をとって解放、
土地に対するストレス度やる気度をとって解放、
そのエネルギーを生み出しているご家族を特定して、
ストレス度やる気度をとって解放、

と3つをそれぞれに解放していきます。


一人暮らしであっても、
<家族との関係性が生み出すエネルギー>が引き寄せるもの、
というのはあるんですね〜。。

例えばそれが憎しみなら、
憎しみを持ったまま成仏できずにいる霊的存在と繋がりやすいですし、
例えばそれが後悔なら、
後悔したまま成仏できずにいる霊的存在と繋がりやすい、
例えばそれが「愛されていない」という感情なら、
「愛されていない」と感じたまま成仏できずにいる霊的存在と繋がりやすい、
といった感じです。


結局すべては自分自身を解放していくことに繋がる
・・・ってことですなぁ。



☆ブログ「憑依霊をヒプノで浄霊する方法」はこちら
☆ブログ「除霊と浄霊は違いますよ〜」はこちら

☆RAS(Release and Awakening System)について、詳しくはこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら


2017/05/28

6/21(水)夏至に、明治神宮で小さなお茶会vol.33


去年一昨年とやって好評だったので、
今年も夏至の朝に、明治神宮を参拝&小さなお茶会を開催したいと思います!^ ^

☆2016年の模様はこちら
☆2015年の模様はこちら

春分、夏至、秋分、冬至というのは、
地球のエネルギーが変化する節目として設定されたポイントでもありますからね。
なんとなーく過ごすより、
ちょっとでも意識的に過ごせたら素敵かな、と。

夏至は、一年で一番太陽のエネルギーがたくさん降り注ぐ日。
陽のエネルギーが極まって、
ここからまた冬至にかけて陰のエネルギーが高まっていきます。

私もセドナ・リトリートから帰ってきたばかりなのでね、
きっとパワーアップ!?していることでしょう。(笑)


この時期は御苑の花菖蒲も綺麗なので、ぜひお散歩していきましょう♪ 
御苑の花菖蒲は1893年、明治天皇が皇太后をいたわるために植えたもので、現在、約150種1500株が咲くそうです。


2005年に私はここで、木の枝を這う真っ白な美しい蛇と出会いました。
(写真は、まわりの景色が写り込んで黒っぽく見えますが)
白龍の化身のようで、うれしかったです。
また会いたいな〜。

「杜のテラス」HPより

今年1月にリニューアルオープンしたばかりのカフェ「杜のテラス」で
先にお茶会して、打ち解けてからお参り&お散歩しましょう♪

明治神宮の枯損木を使ったカウンターや家具も
温もりがあって、落ちついた空間です。

参拝とお散歩だけでも一時間くらいはかかりますので、
お話時間はいつもより短めになりますが、
今回も私からはテーマを決めずに、一人持ち時間15分くらいで、
その時間はその人の好きなことをテーマに話す、という感じにしますね。

「セドナの話を聞きたい!」なんてリクエストもあれば、
もちろんお応えします〜。

混んでなければ清正井にも寄れるかも

スピリチュアルベースで気兼ねなくお話できることが、
どんなに有意義で楽しい時間かは、
参加された皆さんのご感想を読んでいただくと分かると思います。

☆小さなお茶会vol.1&2の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.3@赤坂の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.4の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.5&6の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.7の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.8@ホテルオークラの模様はこちら
☆小さなお茶会vol.9〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.10&11の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.12〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.13@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆小さなお花見会vol.14@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.15の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.16〜ジャッジしまくり篇の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.17の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.18〜宙に還りたい篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.19の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.20〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.21〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.22の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.23の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.24〜プラネタリウム篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.25&26〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.27@浅草の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.28〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.29〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆チベット新年に、小さなお茶会vol.30の模様はこちら
☆小さなお花見会vol.31@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.32〜お仕事篇の模様はこちら
☆小さなお茶会。なのに合宿♪@南足柄おんり〜ゆ〜の模様はこちら


話すことで自分の考えが整理されたり、明確になったり、人の話を通して気づきが起こったり、いろんなシンクロが起こるんですよねぇ。


毎回好評なので、最後にカードもやりますね。
夏至に、今のあなたへのメッセージ、お持ち帰り下さい。

午前半休でも参加できるように、一応11:30終了予定です。
男女とも可ですので、男性もどうぞ〜。
有意義な朝を、ご一緒しましょう。



【小さなお茶会vol.33@明治神宮】

日時:2017年6月21日(水)9:00-11:30
参加費:3800円(花菖蒲を見るための御苑維持協力金500円込み。お茶代は含みません。)
   当日現金で結構です。
場所:明治神宮 
   JR原宿駅近くの原宿口右手にあるカフェ「杜のテラス」集合
定員:限定4名 (男女とも可)
  *お茶会中静かにできるようでしたら、お子様連れでもOKです。お子様分は実費のみで構いません。
予約:件名を「小さなお茶会33」とし、(2名以上で同時に申し込まれる場合は、それぞれの)お名前、メールアドレス、携帯番号を明記の上こちらまで。定員になり次第、〆切とさせていただきます。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
特に携帯メールですと、お互いにエラー表示がないのに届いていないということも時々ございます。その際はTwitter @hibino_neiro やFacebook でのご連絡も可能ですので、ご利用下さい。

少人数制のイベントの為、基本的にキャンセルはお受けしておりません
ご都合が悪くなった場合は、お早めにメールにてご連絡くださいますようお願い致します。万が一、前日〜当日キャンセルになってしまった場合には、半額の1900円をキャンセル料としてお振込いただく旨、ご了承下さい。

2017/05/27

小さな寺子屋vol.1〜チャレンジをギフトに変えるのご報告


その時々に思いついたテーマで、 
単発で少人数の講座をしたいな、と思って始めました
 「小さな寺子屋シリーズ」。

初回はオーラソーマのボトルを2本選んでいただき、
開催させていただきました〜。
早速の満員御礼、ありがとうございました♡


双子座の新月でしたので、
まずは双子座のカラーでもあるオレンジのポマンダーでワーク
してからグループセッションへ。


今回選ばれた色は、ターコイズが多かった!
4人中3人がターコイズ。
あとお一人はコーラル=ターコイズの補色
を選んでいるという。( ´艸`)

私のお客さんには、やはり多いんですよね〜。(笑)
共鳴ですなぁ。

ターコイズのメッセージといえば「楽しむ」がありますが
「分かっちゃいるけどなかなか楽しめない」って方も
いらっしゃいますよね。

そういう方はせめて「深刻にならない」ことです。
どんな状況でも、できるだけ「遊び心を忘れずに」。
そのためには、状況をちょっと引いて見てみること。

映画なんかを見ると、
悲劇って、同時に喜劇だったりもするじゃないですか。
あの感覚で、自分の状況を見てみる。
慣れないと、感情が先立つので、難しいかもしれませんが。
でも、笑えてきたら、「ま、いっか」って、ちょっと力を抜けますよ。

ステージに上がった登場人物に入り込み過ぎてしまうと、
楽しむ余裕なんてなかなか持てませんから、
意識的に、ステージを見るお客さん視点にもなってみると、
状況の全体像が見えてきて、とらえ方が変わるかもしれません。


許可をいただいた皆さんのご感想をシェアさせていただきます。


自分が双子座なので、やっぱり参加しなきゃ!!と思って来ました。
ボトルを2本選ぶと、1本の時よりも、やはり自分のことが深く掘り下げられるというか、自分だけでなく、参加者の皆さんとも少し深い話ができたというか。
人の経験を聞くって、「知識」として理解するだけではなくて、自分の経験に引き寄せて学んでいるんだなあと実感しました。
今日お会いした皆さんとのご縁も、楽しくステキでした。


オーラソーマに興味があり、今回は2本選べるということもあり参加しました。
皆さんの話を聞いているうちに、自分の気づきがふっと出てきたりして、はっとしました。グループワークでのいいところだと思いました。
皆さんと共通する部分もあったりして、おもしろいと思いました。
ボトルを2本選ぶと1本の時より深く知れて良かったです。


タイトルの【葛藤】を【才能】に変える。に惹かれて参加しました。

1本目ロイヤルブルーの意味、私に当てはまってる??と思いました。 
「孤独を愛する」は、好きで孤独を感じているわけじゃない(-"-)と思ってるけど、 以前うけた講座のノート見返したら、人生のテーマは「自己満足」と言ってました。 だから正解ってことですね。 

「まわりに理解してもらえない体験がある」 
思い当たらなかったのですが、昨日の今日ですごいきっかけが訪れて見つけました! 
本当はずっと見えてました。 
幼稚園時代、私がしたことで親に言われたこと。 
たまに思い出して笑い話にしていたことはあったけど、
今日は悲しい記憶として蘇りました。 
小学校1年生のとき 授業中、発言し終わる前に先生から暴言で遮断されたこと。 
あの先生は教育に向いてない人だった。
と遠い過去として冷静に振り返っていたつもりだったけど、 
実は深い傷が固いしこりになって残っていることに気づきました。 
いけないと思いながら改められなかったクセの原因がここにありました。 

2本目は深く納得でした。 
それには1本目ロイヤルブルーが関係していたことにも今日気づきました。 
「色」がこんなに語りかけて気づかせてくれるって凄いです!! 

充実の時間をありがとうございました。


昨晩はドタ参加、本当にありがとうございます。 
テーマだった「葛藤」しながら、ダメ元で連絡し参加できて良かったです(笑 
昨日は碌な感想を書いていないので、改めて失礼しますね。しかも長いです(苦笑 

昨日は、オーラソーマで選んだボトルの1本目に集中してしまい
本目まで意識があんまりいっておらず。。。 
ふと、今朝、コーラルの話を思い出し、ふと感じたことがありました。 

私自身、凄く、その時の環境に影響を受けやすいです。
良くも悪くも、それが顕著に現れます。 
上手に私をいじってくれる人たちがいないと辛くなります。相当なドMです。 
(これ認めちゃいけない、と必死で自分責めてましたが、諦めて認めます。) 

あと、今はもう、この感覚は薄れてきてるのですが、今まで強く感じていた「日本が嫌い、日本人が嫌い」ってのもちょっと腑に落ちました。 

結局、親に行き着く。
親がものすごく過保護で過干渉で、それなのに、精神的な部分で支えてもらえなくて、常に自分を抑圧させられることの方が多くて。 

「TRY & ERROR」の概念がなく、常に「NO TRY & ERRORは絶対ダメ」みたいな。常に、始めから完璧でいなきゃいけない。でも、それが出来ない私。それらも親からの愛だったかもとは思いますが、無意識に「私は何もできない棄てられてもいい価値のない存在」という思い込みが出来上がってたなぁ、と。 

子供の頃から自分の思いを理解してもらえない、受け入れてもらえない、共感もしてもらえない。昨日テーマに上がってた「人生を楽しむ」という事もそう。せっかく、平和な時代に生まれて、お金も物凄く苦労する環境でもなくて、言いたいことも自由に言える。こんな幸せな環境ないでしょ?って伝えても、意味が分からない、他の子みたいに子供らしくしろ、云々。 

私の行動・言動の全てが間違っている。本当、これ言われるの辛かったです。 今でも、こういう態度取られると、辛いし悲しくなる(笑 

そして、「お前の訴えは無価値なもの。馬鹿げたもの。」と軽くあしらわれているような、そんな悲しみが続く。でも、何を言っても無駄。私が上手に伝えられない自己嫌悪。→ファイナル大爆発。今回爆発した原因もこの思いでした。今回の部長の態度から勝手にそういうメッセージを受け取って、勝手に悲しくなってしまったという感じですね。 

恐らくですが、私の中で、日本人・日本社会ルール = 親に対する記憶 だったのかなぁ?とも感じてます。 
たまたま、親身に何度も10代の嘆きに寄り添ってくれたのがアメリカ人の先生だったってだけ。日本人の先生でも、理解してくれた方達居たことも思い出しました。大概、変わり者と評判な方々たちでしたが。(笑 

今回のテーマボトルのコーラルピンクの「共存共栄・依存・自立」。 
結構、私の中で欠落していると信じ込んでいる部分です。これも自分を責める材料にしてましたが、受け入れられるよう試行錯誤してみます。 
というか、今試行錯誤中でして、その途中だから、今回すごく萬夕さんのお茶会気になったんだと思います。 

はぁ。。。要約が本当下手で、長くて読み辛かったですよね。。。 
でも、なんだか、心が少し軽くなれました。 
ドタ参加させていただき、本当にありがとうございます。


親との関係性ってね、
その後の人との関係性のひな形になっていくんですよね。。

だから、繰り返している人間関係のパターンを紐解いていくと、
大体、親との関係性に辿り着きます。

親に理解してもらえない、受け入れてもらえない、共感してもらえない、否定される、、、というのは本当に辛いですよね。
親というのは子供にとっては誰よりも、理解して欲しい、受け入れて欲しい、共感して欲しい、肯定してほしい、認めて欲しい、愛して欲しい、存在ですから。

親に言われたことの呪縛というのは、
自覚している以上に大きかったりするもの。

でもだからって、
自分で自分を責めることも、否定することも、非難することも、
本当は必要ありません。
本当に、必要ないんです。

呪縛であって、決して真実ではありませんから。
解きましょう。

そういったことに悩んでいる方は多いので、
共感される方も多いのではないかな、と思い
翌日いただいたメールなのですが、
ここにシェアする許可をいただきました。
ありがとうございます。^ ^



2017/05/24

6/25(日)28(水)セルフケア&親子で出来るストレスケア講座@代々木上原


RAS認定「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」、
(親子で参加するという意味ではありません。)
6月の開催スケジュールです。

早めにリクエストをいただければ、
ご希望に合わせて日程の追加や変更もできますので、お気軽にメール下さいね。

☆「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」の内容について
詳しくはこちら

☆RAS(Release and Awakening System)について
詳しくはこちら

☆ブログ「引き寄せよりも何よりも、
まずは未消化の感情を消化することから!」はこちら


【こんな方へ】
◎手放したいのになかなか手放せない感情がある。
◎感情に振り回されてしまうことが多い。
◎感情的になって人間関係がうまくいかない。
◎感情を押さえ込むクセがついている。
◎子供が感情的になっていると、つい自分の考えを押し付けてしまう。
またはどうしたらいいか分からない。
◎自分が感情を抑えこんで生きてきたので、
子供には、自分で自分を制限せずに自由に生きてほしいと思っている。
◎自分だけでなく、家族や友達が感情で苦しんでいる時に
何かしてあげられたらと思う。


<セルフケア&親子で出来るストレスケア講座@代々木上原>

日 時:
2017年6月25日(日)15:00~18:00(14:50 オープン)
2017年6月28日(水)10:00~13:00(9:50 オープン)

場所:日々の音色サロン(「代々木上原駅」「幡ヶ谷駅」より徒歩約13分)
*詳細はお申し込み時にお知らせします。

参加費:19800円(税込)
絵本「僕はいのちを生きるんだ」付き。
*中高生は10800円(税込)で受講できます。

定員:限定4名

持ち物:お水、筆記用具、書き留めたい方はノート、付箋など
A4サイズの絵本とテキストをお持ち帰りいただくための袋

予約:件名を「セルフケア講座6/24」または「セルフケア講座6/28」とし、お名前、メールアドレス、携帯番号を明記の上、こちらまでメール下さい
少人数制のため、事前振込とさせていただきます。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) 
ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。
定員がございますのでご了承ください。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
特に携帯メールですと、お互いにエラー表示がないのに届いていないということも時々ございます。その際はTwitter @hibino_neiro やFacebook でのご連絡も可能ですので、ご利用下さい。


講座の中で、ペアになってワークをする時間があるため、人数をできるだけ偶数にします。キャンセルされないよう、日程を調整の上お申し込みください。
入金後の返金は致しておりません。
万が一、やむを得ず参加できなくなってしまった場合は、別日に振替させていただきます。





2017/05/22

思考は、思考だけで現実化するわけじゃない


「思考は現実化する」って、よく言いますよね?

だけど

思考だけで現実化 って、するわけではありません。


皆さんは、すでによくご存知のはず。。


思考の言うことなんてきいちゃくれない、
感情ってものの存在を。。



例えば
好きな人にふられたとする。


頭では「忘れた方がいい」と十分に分かっていても
どうにも忘れられない。

感情は、そんなに簡単に切り替わってはくれない。


例えば
親との永年の確執。


「親もあの時はまだ若かったし、未熟だったんだろう。
過去のことだ、仕方がない。」と
大人になって、頭では理解したつもりでも、 

昔のことを思い出すと、
怒りや悲しみがつい昨日のことのようにわき出したり。 

感情は、そんなに簡単に消えてはくれない。



感情は、思考でコントロールできるものでは
ないですよねぇ。


別の生き物みたいに、
思考とは反対の方向へ行こうとしたりもするし。



こういう時に、感情を見ないフリして、
抑圧したりすると、ますます面倒なことになります。

見てないだけで、あるから。 

抑圧しても、テコの原理みたいに
抑圧したのと同じ力でもって「感じさせよう」として、
その感情を体験させるための出来事を、引き寄せてきます。



感情って、すごくパワフル。
だからこそ、扱い方を間違うと、やっかいなのです。


例えば「結婚したい」として、
結婚を引き寄せるべく、思考を変えようとしたところで、
未消化の感情に邪魔されたこと、ないですか?


「私なんてどうせ愛される価値がないんだ」とか
「私なんてどうせ無理だ」とか。


思考だけで何とかしようとすると、
こういう感情が湧き出てきても、 

「いや、そんなネガティブなことを考えちゃダメダメ!」って 

無理矢理にね、抑圧する傾向があるので、、
それはしないで欲しいな、と思うのです。


だって、感じることに、ネガティブもポジティブも
ホントはないから。
どんな感情も、感じていいんです。


 抑圧したところで、
一度でも感じたものはあなたの中にありますから、
そっちが、現実化します。


「私なんてどうせ愛される価値がないんだ」と感じる体験。
「私なんてどうせ無理だ」と感じる体験。
そっちが、現実化してしまうのです。


思考は、感情とともに、現実化します。
感情が現実化する、って言った方がいいくらい。


だから、しつこーく言ってますが 

引き寄せよりも何よりも、 
まずは未消化の感情を消化することから!

なのです。


遠回りに見える人もいるかもしれないけど、
結局これが近道。


私はねぇ、
去年から今年にかけての、あの、例の、
何をしてもどうにもならなず、ひどくなる一方だった腰痛が 
未消化の感情と向き合ったらホントになくなった!体験をしてから

感情のパワーってものを、
身にしみて感じたんですよ。 ( ´△`)


いくつもの前世で、
感情、面倒くさ〜い!って
感情を感じることをイヤがってきたもので。
心を閉ざして来たもので。


2010年にシャスタで故・アモラさんに
「こんなにグルグル巻きの、
きつく縛られたハートは久しぶりに見たわ」
☞こちら

と言われた時には全くピンときてませんでしたが、
振り返れば、あれが最初の伏線でした。


もーー、なんなんだよ、感情!!!
って感じですよ。 (;-_-) =3


私のお客さんたちには、
当然ながら、同じエネルギー同士が引き寄せ合うとこ、
ありますのでね、
私と似たような状況を体験している方も多いです。 

自分で自分の能力を
封じて込めている方もね。多い。
 ↑
これもね、
未消化の感情と関わっています。


だから、だからこそ、
何度でも言います!!
感情は、ちゃんと消化していきましょう!!!


自分で自分の感情を消化する方法も
教えてますので、
セルフケア講座、よかったら来て下さいね〜。


私たちが生きる上で
切っても切れない「感情」ってものについて、
適切に理解して、仲良くつきあっていきましょう。



☆「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」の内容について
詳しくはこちら
☆RAS認定「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」日程はこちら
☆RAS(Release and Awakening System)について
詳しくはこちら
☆RAS認定ファシリテーター養成講座及び解放コースについてはこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら


2017/05/19

あつみさんに教わる野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.4 参加者の皆さんのご感想


5/13のあつみさんに教わる酵素作りとピラミッドでヒプノvol.4に参加してくれた皆さんからのご感想、許可をいただいたものを紹介させていただきますね。
ご協力下さった皆さん、ありがとうございます♡


酵素ジュース作りは初めての体験でしたが、野草摘みからはじまって、材料を切って瓶につめたり、毎日手でかき混ぜたり、自分仕様の酵素ジュースが出来あがっていくプロセスがとても楽しいです。 
泊まりだったので、他の参加者の方たちと酵素の様子や匂いを比べあったり、まったりとくつろいでお話ができたのもよかったです。 翌朝の散歩のときに、前日の雨のあとで草木が生き生きとしている姿がとても印象的でした。 
楽しい時間をありがとうございました。


会場であるピラミッドセンターが気になっていたことと、
子供と一緒に野草摘みをして酵素作りをできたらいいなと思い参加しました。 

子供に気をとられ、野草摘みに少し苦戦しましたが、なんとか作り終え安堵してます。大勢で同じ作業をワイワイしながら作って楽しかったです。 
クローバーを見つけると、四つ葉のクローバー探しをついしてしまう性分なんですが、酵素にも2枚四つ葉のクローバーを入れることができたので、自分の酵素という感じが増して嬉しかったです。 
ピラミッドセンターは不思議な空間でした。広々して、気持ちが落ち着きました。
また行きたいです。


●参加動機
前々から酵素を撮りたいと思っており、
手作り酵素。ご飯が美味しい。子供と参加OK。宿泊できる。
と条件が揃ったイベントだったので、迷わず参加を決めました。 

●酵素作りへの感想
独自ではなく、あつみさんという指導者がいてくれたので安心して進めることができました。
途中、摘んだ草から虫が出てきたり、硬かったり、口に入れるものなので不安になるかと思いきや製作途中も楽しく、いかに綺麗に瓶詰めしようかとワクワクするばかりで とても楽しかったです。夏休みの自由研究をする小学生のようなワクワク感です。 

●ワークショップ全体への感想
子供連れだったので、酵素作りがメインですが、
とにかく食事が美味しい、楽しい!そしてお風呂が格別良い!
あいにくの雨でしたが、とにかく気持ちが良く、心がクリーンになりました。
ご一緒させていただいた方たちも、楽しく気さくで、
子連れの私と程よい距離感で接してくれ、大大満足の
子供と一緒にいっぱい笑って楽しんだ二日間でした。
あつみさんの柔らかくニコニコした人柄も安心して過ごせる要因の一つでした。
ピラミッドセンター最高です。



1)参加動機
前回に引き続き、酵素液を作りたかったことと、
あつみさんのご飯を頂きたいと思ったため

2)酵素作りの感想
春は葉物が多いなと思いました。
秋とまた違った液ができると思うととても楽しみです。

3)ヒプノの感想
光とか何かの映像が何となく見えたけれど、
まだ何かとはつながらなかったですが、またやりたいなと思いました。

4)全体の感想
ありがとうございました。
いつもすてきなメンバーで、まゆさん、あつみさんのナチュラルな方々の中で過ごせて心地よいです。今回泊まれないのが残念ですが、また来ます!!



酵素を作ることに心そそられて、しかも、
永年やってきた野草を使うということなので参加してみました。

酵素を作ったのは初めてで、自家製酵素の味はどんなのか楽しみです。
意外と簡単なので、自宅の庭の野草で作ってみようと思います。

自然の中で、自然食を食べて、参加者が皆さんピュアな人という印象だったので、とても居心地がいいのか?不思議な体験でした。


年末から続いてた嵐から、
やっと抜けて思いっきりリフレッシュするつもりでの参加でした。 

なのに、当日まゆさんからの電話で起きる、、。前日に、面白すぎる動画作成アプリを見つけてひとり夜中に作成、爆笑して、笑い疲れて寝落ちしたという、、。人としてあり得ないんですが、とりあえずおいでというまゆさんの優しさに、迷わず甘えました。 

3回目?のあつみさんの家は、勝手知ったる親戚の家のよう。大遅刻にも関わらず、参加者の方とも、まるで近所の知り合いみたいにお話できました。なんだか、田舎に帰省したみたいでほっとして、ワクワクする。皆好きなことしてて、自由な空間がとても居心地良いです。好きだなあ、、、。 

美味しいご飯、美しい緑、新鮮な空気、気取らない人たち。
快適だあ、幸せだなあ。 

そしてヒプノ。もう明確。薄々感じてたことを、しっかり落とし込んでもらいました。だからか~~!だよね~!わかってるよ~!の連続でした。初めての前向きで幸せ感に満ちたビジョンでした。そして、わたしは正しい。と知りました。 
それは愛。 

愛といえば、わたしのカウアイ島への熱い思いが宇宙へ通じたあの瞬間。そこらじゅうに天使やマスター達がわんさかいたと思います。
「こいつ、、本気だ、、」と伝わったのでは。最高のタイミングの「オメガ」。粋ですね。イケメンならぬイケユニコーンですね。待ち受けにしてます。意思の力がどれほど重要か。学びました。意思の力を解放していいんですね。というか、すべきなのか。 

とにかく、なんだかまたスイッチが入ったようなそんな1日でした。ああっ、色々楽しみです!!!アロ~ハ~✴ パスポート、探さなきゃ!

まゆさん、ありがとうございます!


1)参加動機
・植物や野菜、発酵にも興味があったから。
・野草や庭にかんする本を最近読んでいたから。 (東城百合子『薬草の自然療法』、ファン・デグォン『野草の手紙』、へルマン・ヘッセ『庭仕事の愉しみ』)
・食に対するコンプレックスを自覚しているので……
あつみさんのご飯を食べたかったのもあります。 

あつみさんのご飯は、実際とても美味しくて、毎日食べたいと思いました。料理は人、食は生命情報の交歓、と感じました。 (ふだんは食べたいものがよくわからなくて、というかなくて……飲んでばかりいます。。酔うと食べれるし、お腹がふくれて眠れるから……) 


2)酵素作りへの感想
・雨は“慈雨”と思いながら野草を摘みました。登山用の上下のレインウェアとゴム靴を着用していたのですが、私にはそれが良かったと思います。濡れるのを気にすることなく無心でいられました。

・参加メンバーのMさん(お寝坊さん(´ω`))から教えていただいたホオポノポノが思い起こされて、ホオポノポノの“アイスブルー”を心のなかで唱えながら摘んだり刻んだりしました。 植物たちに私のもとへ来てもらうには、私には何かそういう呪文みたいなものがあったほうが安心でした。

・摘んだつもりが私の場合、土のついた根まで採れてしまい、あおむしさんや蟻さんもたくさんで…… ミントを多くとか、ヨモギを入れようとか、そういうことは全く考えずに摘んだのもあり、摘んだ野草たちは豪快な感じで……洗うときや刻むときに少し手間がかかりました。でもそれも、私にはいとおしい時間でした。
仕込んだときは、眠る前にみんなで嗅ぎ合った匂いにも戸惑いがあり、この子たちを好きになれるか?という不安がありましたが……翌朝混ぜたときに好き!と思えました。

・あつみさんのお人柄、お料理、お話の内容ももちろんですが、話し方にとても惹かれました。 以前にお会いしてファンになった野菜の声を聞くシェフと、何となく似た話し方で。会ってみなくてはわからなかったことですし、お会いできて嬉しかったです。

・一つ心残りは、ピラミッドセンター内に飾られていた、三柱鳥居とドルフィンたちの絵のことを聞き忘れたこと。。また訪う日は近いのかも……?

・仕込んだ酵素をかき混ぜたとき、初めは「なんだこの感触!?」と思ったのですが、すぐに気持ちよくなり、この子たち好き!と思いました。
ふと、恩師のふくみ先生、洋子先生の本(あとで確認したら石牟礼道子さんとの共著『遺言』に書かれていました)で、ガンを患う方の、“藍瓶のなかに手を浸けさせてほしい”との希望を受け入れ、“その夜はよく眠れた”という感想をもらったエピソード……を思い出しました。 藍瓶は“命の壺”なのだそうです。私は藍瓶に手を浸けたことはないのですが…… 藍も発酵で色を出しますし……発酵によって植物の次元が変わる感覚を、少しばかりですが味わえた気がしました。 


3)ヒプノの感想
・萬夕さんの誘導、とても心地よかったです。睡眠不足でしたが眠らずに見ることができました。はっきり見えました。 悲しい前世……でもやはり、いまこそ見るにふさわしい前世だったと思います。

・おそらくは神仏習合の時代の社に幼くして預けられ修業(奉公)の身となった私…… 生みの母が、“口減らしで預けた(託した)のではない”、“口がきけず声も上げない娘の将来を案じて預けたのだ”という告白に、実は泣いていました。(明日母の日だなーって思っていました)
ヒプノ直後はわからなかったのですが……社がなくなり私が孤独な修業に入ったのは、私が神的存在の声を聴けなくなり、育ての親である師匠が死に、社が落ちぶれたから、のようです。 深い自責と孤独でした。

前世の私は、唯一交信のあった神さまの声も聴こえなくなり、師匠を失い、父母からも離れており、話せないのと人の世から長く離れていたため人とかかわることもできず、一人修業を続けるより他なく、一人で死んでいきました。(滝壺に落ちたのは、みそぎの滝行の最中の事故だったので緩慢な自殺だと思います。それでも水になって消えていく瞬間は……幸福とはちがいますが……気持ちよかったです)

いまの私が、言葉を書きたかったり、植物たちや星々の声を聴きたい、という切なる願望を持つのは、このときの記憶からかもしれない、と思いました。
前世の父のくれた櫛のギフトの意味は、剃髪の反対、つまり“人の世に生きなさい”ということだと思います。
 “いまの私もここでしっかり生きなくては”、という言葉が、帰りの電車で湧いてきました。 


4)全体への感想
・いつもながら、みなさんとは行動がワンテンポずれていて、会話や話題の輪なかにタイムリーに入れない自分を感じつつ……(^^;
自問自答と自分の過去にフォーカスしていたので、というのは言い訳で……
それも否定はされないリトリート。
自分の引いたカードのメッセージも不本意でしたし、課題が浮き彫りになって悩ましいですが、必要だったのだ、と思います。

・消灯後天井を見上げていて、ライティングの梁?が3Dのように、眼前に迫るのを見ながら眠りました。 三角四角五角六角七角……のような規則的な形と、複雑な野草の発酵、ゼロの磁場とを平行して感じられて、ずっと不思議な感覚でした。“パラレルユニバース”と、あとで思いました。

・このリトリートが、オラクルカード、MさんのOMEGA(victory!)で終われて良かったな、って思いました。

私自身は正直、いま自分のなかに強い意志を感じられません。意志はあるのだろうけれど、意志を明確に持つまでの元気がないと感じます。。消えたい、透明になりたい、という思いばかり心に浮かんできます……RASのセルフケア課題が見つかりました(^^;

なので、この2日間、目的と意志、この先を見据えて現在の幸福を選ぶ力を持つ参加者のみなさんを眩しく感じていました。幸福のなかにいてほしいです。 

自分の課題がセルフケアでどうにもならなかったら、また萬夕さんにヘルプをお願いすると思います。 よろしくお願いします。
ありがとうございました。


(1)参加動機 
前回秋のワークに初めて参加させて頂いて、とても楽しくおいしく、それとまゆさんのワークもとても 楽しかったので今回も参加させて頂きました。 

(2)酵素づくりへの感想と意見 
今回は2回目ということもあり、だいぶ要領よくできました。 
材料もすべて使え、日常の色々なことを忘れ、楽しく作ることができました。 
お天気は雨で、普段天然パーマの私は雨が好きではありませんが 雨もまたおもむきあって、植物もイキイキしていて楽しくワークできました。 
前回も今回もそうなのですが、酵素の色がピンク色になって、 とてもいとおしく感じます。 自分にとってちょっと意外なメッセージでしたが『愛』が今回のテーマだったのかと(笑) 

 (3)ピラミッドでヒプノへの感想と意見 
今回は全体的につながった感じで受け取るのではなく、断片的に見えた感じでした。 扉を開けると前世がという場面で、ゾウに乗った人とか、自分はオレンジ色の服を着ていたり アジアのどこかで修業をしていたのかなと思いました。
性別は女性で、金髪、髪を1つの三つ編みを しているようでした。 

前回も今回もそうなのですが、自分が心地よい場所というのが同じで こんもりした丘の上に1本のフッサリとした木があり、心地よい風が吹いている場所でした。 

年末年始にかけて体調を崩したり、ぎっくり腰をしたりと、今年は体をトコトン休める時期だと 自分でもおもっていて、それでもまだ頑張ってしまうところがあるため ギフトやメッセージはそういうことかと思っていたのですが、意外なことに『愛はあるよ~』と頂きました。 愛も色々ありますが、色々なことを含め『愛はあるよ~』をありがたく感じて過ごしたいと思います。 

 (4)ワークショップ全体の感想、意見 
今回もすごくたのしいワークでした。
参加した方々もみなさんステキな方たちで 夜のカードもストーンもみんな今回のテーマにそっていて、納得な週末でした。 
あつみさんのお料理もおいしくて、お料理ワークもあったらうれしいでしす。 
また秋にあれば参加したいです! 
あつみさん人形も喜んでいただけてよかったです。 
まゆさーん、とってもたのしかったです、ありがとうございました!!!!



それぞれのタイミングとそれぞれの想い。
同じ時間を共有しつつも、それぞれに違った何かを受けとって
還ってゆくのですよね〜。
「違う」というのは、面白いものです。

また感想をいただいたら、追加していきますね。



☆第一回目の模様と皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第二回目の模様はこちらでどうぞ
☆第二回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第三回目の模様はこちらでどうぞ
☆第三回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

2017/05/17

あつみさんに教わる野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.4のご報告


5/13に開催しました、4回目となる
あつみさんに教わる野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノ」、
あつみさん的にも、今までで一番の大人数!という
13名+4歳の男の子+3歳の女の子で、
にぎやかに、楽しくやらせていただきました♪


お天気は初めてあいにくの雨でしたが、
皆さん、「雨は雨でいいですよねぇ」とか
「晴れよりむしろ雨の方が私はいいです」とか
言ってくれて、やさしい。^ ^


いつもは銀木犀の木の下でレクチャーを受けますが、
雨なので、屋根のあるところであつみさんから説明を。
どんな酵素を作りたいか、それぞれに、意図してから、
野草を摘みに出ます。


農薬の心配をしないでいい野草を摘める機会って
私たちにはなかなかないですからねぇ。
貴重なワークショップです。

モヤのかかった山々も、悪くないですなぁ。


お一人、30分過ぎても現れなかったので、電話してみたら、出ず。
時間間違ったのかな〜?と思って再度かけたら
「…今起きました!!」と。おぉ。(⌒▽⌒;) 
まあ、そんなことも、あります。(笑)

「とりあえず、今からおいで〜」「はいっ!!」
さて、何時に現れるかなん。


みんな、夢中で摘んでると、あっという間に時間は過ぎ…

秋は実ものが多いので、重さもあるんですが、
春は葉ものが多いので、ガサばってもなかなか重さがいかないんですよねぇ。


野草を摘み終わったら、お待ちかね!
あつみさんのおいしいランチタイム♪
何度食べてもおいしい〜。
初めて食べる方も、感激されます。


ちょうどピラミッドで結婚式があったそうで、
マリア像のまわりが花でいっぱいでした。


前回参加してくれた方が、
おばさまが作ってくれたという、うさぎのクランベリーちゃんを
連れてきてくれてたんですが、
今回はそのおばさまも参加してくれ、、、
なんと、あつみさんうさぎを作ってプレゼントしてくれました!!


あつみさんうさぎと一緒に笑顔のあつみさん♡
どっちもかわいいです。^ ^


おなかいっぱいになったところで、もう一仕事終えた感じの皆さん。
いえいえ、まだまだ本題はこれから!(笑)
って感じで酵素作りのスタート。


黙々と、切っては詰め、切っては詰めていきます。

と、4歳の男の子が生まれて初めて手を切ってしまい
断末魔の叫び声が。
「いたーーーーい!!痛過ぎるぅぅぅーーーっっ!!!」

ここにいる大人たちは、
全員もちろん手を切ったことならありますからねぇ、、
「いい経験をしてる」って感じで見守りつつ。

初めての痛みって、そうかぁ、、こんなにかぁ、、と
微笑ましく、思うのでした。

本人はね、この世の終わりのようでしたが(笑)、
ひとしきり思いっきり泣いたら、ケロっとしたもので。
愛おしいわぁ。^ ^


みんなが詰め終えようとする頃、お寝坊さんも到着。
せっかくなのでランチも食べてもらって、
一時間の自由時間の間に、野草摘みしてもらって、
体験ヒプノとシェアが終った後に、せっせと詰めてもらって。
なんとか追いついてもらいました。(笑)

「みんなのヒプノのシェア聞くの、好き。面白い!」
って言ってくれてた方もいましたね。
私も好きです。それぞれの体験って、面白い。
なかなかこの手の体験は、聞けないですしねぇ。

ちなみに上の写真は、ピラミッドの真ん中に酵素を置いて、
一晩パワー注入!の図。(笑)


そして、宿泊する人は、夕飯タイム。
今回は宿泊希望者も多くて、8名+3歳女子で、
にぎやかでした。^ ^

写真の車麩を揚げたものは、毎回大好評。
私も大好きで、今では自分でも家で作ってます。
出汁に生姜汁と醤油を合わせて、車麩が柔らかくなるまで漬けて、
絞ったら、米粉をつけて揚げるだけ。
私はフライパンで米油で揚げましたが、ウマイ!
揚げたては特に最高ですよ☆


おいしいご飯は幸せになりますな。
みんなで話もはずみ、いつまでも団らんは続きそうでしたが…
順番に、お風呂へ。


こんなふうに、雑魚寝します。
合宿みたいでしょ?

お風呂を待ってる間、お寝坊Mさん、
エンジェルカードを1枚1枚、絵を見て、英文を読んで、
「へぇ〜」とか「ふ〜ん」とか言ってたんですが、
OMEGAのカードを見たとたん
「このカードいいっ!!私、絶対これをひくっっ!!!」
と言い出しました。( ´艸`)

「ホントに出たらスゴイね〜。ウケるね〜。」
と盛上がっていたんですが、


みんなお風呂をすませて、瞑想ルームでカードをひいてみると…
残念!!OMEGAではありませんでした〜っ!

「まゆさん、また明日もひかせてもらっていいですか?!」
というアツーいご要望に応え、
リベンジ(?!)は明日に持ち越し。( ´艸`)


お客さんのリクエストがあって持って来ました
アンダラ・レムリアン・クリスタルを使って、しばし瞑想も致しました。

そして、おやすみなさい☆



翌朝は雨も止み、もりもりの緑が鮮やか。
7時に起きて、希望者のみ川へお散歩♪


あいかわらずの獣道。
雨の後なので、滑りやすい。。
でも、好きなお散歩コースです。


ここでしばらく、それぞれの時間を。


私も、何人かも、冷たいけど足を川につけて、
ちょっとした禊。
流す、流す。流れる、流れる。


いきいきと、濡れた緑は、美しい。。


朝食を待ちながら、銀木犀の木の下で。


ブランコに揺られながら、写真を撮り合ったり。
和やかな時間。


朝から新鮮な野菜たっぷり!


あつみさんの息子さんの焼くパンが5種類も〜。わーい♪
(前の日のうちに、パン屋の息子さんが持って来てくれました)


菊芋のポタージュも好評で、おかわりする人、続出。
私はこの朝の気持ちいい時間が、大好きなのです。

Photo By Mさん
待ち受けにしてるそうです。ふふ。

そして、、Mさんのリベンジ。
なんと!!!見事にOMEGAが出て、
みんなして「おぉぉお〜!!」とびっくり。w(*゚o゚*)w
意思のパワーだねぇ。
44分の1の確率。やるねぇ。


ひとしきり盛上がった後は、
酵素まぜまぜタイム〜。


右回りに、自分のエネルギーを伝えながら、
特に最初は砂糖を溶かすように、混ぜていきます。


今回は、レコード会社時代からの親友、ヤグも、
ダンナさんと娘のあっちゃんと、
ファミリーで来てくれました♡

あっちゃんは、予定より早く生まれ、
私と同じ誕生日。
ご縁を感じるわ〜〜。

そして
なぜかあっちゃん、酵素まぜまぜを見るのが面白いらしく、
超・ウケてるの図。(笑)
なのに、自分で混ぜるのはイヤらしい。
不思議〜。

あつみさんも、
「酵素混ぜるの見てこんなにウケてる人、初めてみたわ」と。
人のツボというのは、分からんもんです。


あつみさんうさぎ、すっかりなじんでます♡

みんな、この笑顔に、
静かで優しい話し方に、
おいしいご飯に、
すっかり癒されちゃうのです。


あつみさん、今回もありがとうございました〜!!


恒例の、みんなで集合写真〜。
ヤグのダンナさんに撮ってもらいました☆

雨降ってたから、お泊まり組じゃない方々とは撮れなかったのが、残念。


ヤグとあっちゃんと。

蓋の開いたポット、避ければよかったな。。^ ^;
まあ、これがあった方が私たちっぽいか!(笑)


葉ごぼうの大きな葉を傘にしてるあっちゃん。
ここだと余計に、まるでジブリの世界だわぁ〜。


あつみさんのお孫さんと。
こうなると、あっちゃんもお姉ちゃん。( ´艸`)

こーんな愛らしい光景を見ながら、
今回のワークショップ、終了となりました。

毎回皆さん「来て良かったぁ!!!」と言ってくれるので
うれしい限りです。

参加者のご感想は、別途ご紹介しますね。

次回は秋にやるか、やらずに来年5月にやるか、考え中。
ピラミッドセンターには、7/9(日)の「おとの雫」
私はまた来れるんですけどね。
そっちも楽しみ♪



☆第一回目の模様と皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第二回目の模様はこちらでどうぞ
☆第二回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第三回目の模様はこちらでどうぞ
☆第三回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ

☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら