information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
RASファシリ&イントラさん向けのカラーカード講座(仮)は8/10以降に開催できるようになります。
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら
8/3(土)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」合唱WS vol.4、お申し込み受付中。詳しくはこちら
8/11(日)春原恵子さんと行く、日帰りドライブリトリートvol.5〜森の中でヒルデガルトランチ♪は、残2席となっております。詳しくはこちら

【リトリート】
10月あたりで春原恵子さんと行くカウアイ島リトリートを開催予定。詳細決まりましたら告知します。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
11/9(土)10(日)レベル1授業、お申し込み受付中
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2019/06/29

小さなお茶会vol.48@代々木上原のご報告

ライアーを頭の上で奏でると、脳内に響き渡ります・・・

もうすぐドイツに帰国してしまうRちゃんのリクエストで
急遽、3日前に告知、2日前にメルマガ出してお知らせした
今日の小さなお茶会

それでも3名集まり、無事に開催できました〜。
ありがとうございました♡

ちょうど、Rちゃんがドイツ土産が2つ余ってて、
「きっとこの日に来る誰かにあげることになってるんだと思う♡」
って言ってたら、ちょうどお二人いらして。😆
本当にそうなりました!面白い・・・

お一人は、ちょうど話したいって思ってて、
「お茶会ないかな〜。。ないな〜。。って思ってたら、
急に立ち上がった!」というベストタイミングで。(笑)

もう一人の方は、4年くらい前にRちゃんが来日して
WSに参加してくれた時に一緒だった方で、
「ドイツからのお友達ってもしかして?」と。

発信すると、それを受け取った誰かがちゃんと集まる。。
楽しいですねぇ。😁


左はRちゃんがお二人にあげてたドイツのハーブティーで
右は別のお客さんがくれた、懐かしのお菓子・黄金芋。


チャクラ毎にブレンドされててお気に入りなんだとか。
パッケージも可愛いし、おいしそう♡


お話も盛り上がりましたが、エンジェルカードのメッセージも
お話の続きみたいに、それぞれぴったりでしたねぇ。
(相変わらず登場のインドリエルちゃん。笑)

最後に、皆さんの腰や背中や頭や胸の上で
ライアーを奏でて終了。

公園じゃなくて、ここで奏でても、
やっぱり鳥たちが敏感に反応して、すごく歌い始めるのが、
なんだか可笑しい。(笑)


では皆さんのご感想、紹介しますね。😊
(ありがとうございます♡)


【参加動機】
ヒーリングライアーに興味があったので、
一度体験してみたかったからです。

【ご感想】
まゆさんのご好意により、急遽開催していただいた『小さなお茶会』
でしたが、3日後ということもあり、
参加者が集まるか不安も少しあった反面、
ドイツから今回出会った方にお渡ししようと思って持ってきていた
お土産が2つ残っていたので、
きっとあと2人の方に出会えるんだろうとも、
どこかで確信していたので、焦りのようなものもありませんでした。

お茶会で何をお話するかも事前に用意していなかったのですが、
ちょうど前日と当日の午前中に起きたことをトピックとしてお話し、
相談させていただきました。
あっという間に持ち時間が終わっていました。😊

ライアーはとにかく身体に響いて、
今までYoutubeなどで聴いていたのとは全く違い、
体験できてよかったです!!
特に頭の上は、身体がぽかぽかあたたかくなってきて、
その後、他の方のを聴いていた時もあたたかさと眠気で
大変気持ち良かったです。

2015年に初めて体験ヒプノを受けた時に出会った方とも、
また再会することができて、本当に嬉しく、
最近自分の想像を超えてくる出会いが多く、
本当に流れに乗っておまかせの状態になるって面白いんだなー
と実感しています。

エンジェルカードは初めて『大天使ミカエル』で
メッセージを読んでもらっていると、すぐにウルウルしてきてしまいました。
いつも後押ししてもらっていて、本当に感謝です。

今回私のわがままを叶えるために全面的に協力してくれたまゆさんには
感謝しきれないほどで、本当にありがたく、また、
講座開催にあたって出会えた皆さんにも、強いご縁を感じ、
お話できたことが私にとってかけがえのない時間となりました。
本当にありがとうございました😊💕



【翌日いただいたメール】
おはようございます。昨日はありがとうございました。 
一日経ってまた感じることも出てきたのでアンケートの追加、
というか差し替え版ということで失礼します。。 

思うこともり、お茶会ないかな、と思っていたところに
ふと湧き上がったイベントでしたので参加させていただきました。 

ドイツ在住の方、海外にたくさんいらっしゃった方のお話を
聞く事ができたのは、これからのある意味サインだったのかな、
と思います。 

今朝、犬の散歩してたらふと
「I believe I can fly, I believe I can touch the sky.
 I think about it every night and day, spread my wings and fly away」
というむかーしはやった曲がふと口をついて出てきました。
(鼻歌。早朝なので誰もいない) 

おお?と思い、なんかしみじみそうだよなぁ・・・って思っていたら
なんだか想いがこみ上げてきて、涙が出てきました。
(わたしは人前では泣かないといってたけど、よく泣いてます・・) 

昔はやってよく聴いてたけれど、もう十数年間は聴いてなかったのに
ふと口をついて出てきたのは、昨日みなさんとお会いして、
カードも引いてもらって、ふと落ちてきたメッセージのような。 

私も海外から戻ってきた時
「日本からまた早く出よう」と思ってました。
ある意味、何にもないから何でもできる、
という感じだったのかもしれません。
昨日の会を通じて、ふと昔のそういった気持ちを思い出したのかな、
と(I believe・・の歌はその頃はやってたのです)。 

私は「考える」癖がありすぎる事も分かりました。
その割りには自分で決められないので、
「なんで?」「でもさ、こうじゃない?」というなんでちゃん。
そしてそれが自分軸になれない一つの要因でもあるのかもしれないなぁ・・とも思いました(後から)。 
まゆさんからも色んなお話し聞けて、すっと入ってくるものがあります。 
少しずつ自分のくせなど分かってくると、なんだか面白くも感じます。 

ライアーは公園で聞くのとはまた違って、海にいるような感覚でした。
ゆったりした感じでいろんなものを流してくれるような、
なんでも受けれ入れてくれるような優しい自然のおととひびき。 
貴重な機会ありがとうございました。



【参加動機】
ドイツからのRさんが2つのコース(講座)を終えて参加される
ということ。
私がちょうど上京予定だったので久しぶりにお会いできるかな、と。

【ご感想】
ライアー いろんな色や動きが目を閉じていると見えてきて
少し眠かったのもあり、トリップ感あり
自分の番が終わったあと お二方が受けている間にまたひと休み。
ふたりが終わっておやつを食べて とてもすっきり落ち着きました。
すっきり!
ライアーのことは実はあまり思ってなかったけど、実際
音に触れてみてよかった。

おふたりの話それぞれに、それぞれに共感することもあり
私はバーッと話したら
(最近これまでと違うアイデアが出てきたこととか)
すっきりしました。

カードはよく出る!?インドリエルでした!!
「どこにいても何をしていてもライトワーカーであれ!?」(笑)
↑意訳                   はい!(決意)



次回のお茶会の予定は決まっておりませんが
また思いついたり、リクエストいただいたりで
決まり次第、告知しますね〜♪😊


☆小さなお茶会vol.1&2の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.3@赤坂の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.4の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.5&6の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.7の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.8@ホテルオークラの模様はこちら
☆小さなお茶会vol.9〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.10&11の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.12〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.13@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆小さなお花見会vol.14@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.15の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.16〜ジャッジしまくり篇の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.17の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.18〜宙に還りたい篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.19の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.20〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.21〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.22の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.23の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.24〜プラネタリウム篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.25&26〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.27@浅草の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.28〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.29〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆チベット新年に、小さなお茶会vol.30の模様はこちら
☆小さなお花見会vol.31@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.32〜お仕事篇の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.33の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.34の模様はこちら
☆草場さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.35@銀座の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.36の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.37の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.38@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆小さなお茶会vol.39の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.40の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.41@大磯でアートとカフェ巡り篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.42の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.43の模様はこちら
☆チベット新年に、小さなお茶会vol.44の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.45@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆ライアーと小さなお茶会vol.46@代々木公園の模様はこちら
☆ライアーと小さなお茶会vol.47@代々木公園の模様はこちら
☆小さなお茶会。なのに合宿♪@南足柄おんり〜ゆ〜の模様はこちら

2019/06/26

6/29(土)小さなお茶会vol.48@代々木上原〜ライアーを体に響かせる体験付き♪


代々木公園で2回ほど皆さんにお披露目した、
GWに山の中にこもってこつこつ彫り上げた、
桜材のタオライアー✨

☆ライアーと小さなお茶会vol.46@代々木公園の模様はこちら
☆ライアーと小さなお茶会vol.47@代々木公園の模様はこちら


もう来週頭にはドイツに帰国してしまう友達から
「ライアーのお茶会も体験したかったな〜」
という思いを聞きまして!

せっかくなので、急ですが、
そして曇り時々雨の予報なので、公園ではなくうちでですが、
お茶会やることにしました!😊


外も気持ちいいのですが、
屋内の方がより響きますのでね、
雨音とライアーの音色の響きあいを
のんびりじんわり聞くのも、いいものです♡


いつものケーキの代わりに?!(笑)
皆さんの頭や背中や胸に直接ライアーを当てて、
倍音を響かせていただきますね〜✨😆


アンドレアス・レーマンさんが考案したライアーは
共鳴箱を持たない、一枚板でできた「オープンライアー」
なので、弦の振動が直接体に伝わるの!
この体感、なんとも、気持ちいいんですよ〜。


桜の木は、月と共鳴していて水のエレメントだそうで、
人の体の7割は水と言われてますから、
桜材はヒーリングライアーに最適なのだそう。


ライアーにはいろんな種類がありますが、
私が今回作ったタオライアーは、
「心と体と魂に響き、本当の自分を思い出す」
がテーマ。


ライアー作りでお世話になった二宮みゆきさんの演奏が
こちらで聞けます☺️↓




いつもより、お話の時間をちょっと短めにして、
一人7分くらいずつは、
体に響かせていきたいな〜、と思ってます。


自分の番じゃない時も、美しい音色を聴きながら
寝転がったり、瞑想したり、
ゆったりお過ごしいただけますよ✨

短いスカートとかじゃなく、
楽な格好でお越しくださいね。

でっかいアンドレアスと♪

一人持ち時間12分方式で、
その時間はその人が何でも好きなことを話題にしてOK、
という会です。

ご自分の体験を話すのでも、私への質問でも、
悩みを相談するのでも、何でもあり。
別に一人でスピーチとかするわけではありませんので、
ご安心を。ゆるりといきましょう。

ある程度のスピリチュアルは共通してベースにあった上で、
普段は会わない人達とお互いの思っていることを話すって、
ホント面白いんですよ。
かえって初対面の方が、友達に話せないことが話せてしまったり、
ってこともあります。
その辺は、参加した皆さんの感想を読んでいただくと
一番伝わると思うので、読んでみて下さい。


☆小さなお茶会vol.1&2の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.3@赤坂の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.4の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.5&6の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.7の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.8@ホテルオークラの模様はこちら
☆小さなお茶会vol.9〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.10&11の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.12〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.13@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆小さなお花見会vol.14@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.15の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.16〜ジャッジしまくり篇の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.17の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.18〜宙に還りたい篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.19の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.20〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.21〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.22の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.23の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.24〜プラネタリウム篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.25&26〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.27@浅草の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.28〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.29〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆チベット新年に、小さなお茶会vol.30の模様はこちら
☆小さなお花見会vol.31@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.32〜お仕事篇の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.33の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.34の模様はこちら
☆草場さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.35@銀座の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.36の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.37の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.38@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆小さなお茶会vol.39の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.40の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.41@大磯でアートとカフェ巡り篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.42の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.43の模様はこちら
☆チベット新年に、小さなお茶会vol.44の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.45@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆ライアーと小さなお茶会vol.46@代々木公園の模様はこちら
☆ライアーと小さなお茶会vol.47@代々木公園の模様はこちら
☆小さなお茶会。なのに合宿♪@南足柄おんり〜ゆ〜の模様はこちら


話すことで自分の考えが整理されたり、明確になったり、
人の話を通して気づきが起こったり、いろんなシンクロが起こります。


毎回好評なので、最後にカードもやりますね。
今のあなたへのメッセージ、お持ち帰り下さい。

時間も早めに言っていただければ調整できるかもしれませんので、
お気軽にメールでご相談くださいね。


【小さなお茶会vol.48@代々木上原】

日時:2019年6月29日(土)14:00〜16:00 
参加費:3900円(税込)*お茶はつきますが、ケーキはつきません。
*当日現金で結構です。
場所:日々の音色サロン(代々木上原)
*詳細はお申し込みの際にお伝えします。
定員:限定4名
予約:件名を「小さなお茶会48」とし、(2名以上で同時に申し込まれる場合は、それぞれの)お名前、メールアドレス、携帯番号、を明記の上こちらまで。定員になり次第、〆切とさせていただきます。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
特に携帯メールですと、お互いにエラー表示がないのに届いていないということも時々ございます。その際はTwitter @hibino_neiro やFacebook でのご連絡も可能ですので、ご利用下さい。

少人数制のイベントの為、基本的にキャンセルはお受けしておりません
万が一ご都合が悪くなった場合は、お早めにメールにてご連絡くださいますようお願い致します。万が一、当日キャンセルになってしまった場合には、半額をキャンセル料としてお振込いただく旨、ご了承下さい。




2019/06/24

人の数だけ、違う認識→違う現実が生まれる


先日UPしました
戸隠リトリート 皆さんのご感想と気づきのシェア
はもう読んでいただけたでしょうか?

まだな方は、まずそちらをお読みくださいね〜。
これは、その続きになりますので。😊

Mさんが書いた「Eさんのバズーカ砲」、
そしてそれを読んでからEさんが書いた文章、で
ちょっと不穏な空気のまま終わっておりましたが、、😅

ちゃんと避けずに向き合ってくれたおかげで
その後、その体験は大きなギフトに変わりました✨


Mさんが書いた文章をEさんが読んだタイミングで
二人は「恵子さんとのお話会」で会っているのですが、
その時は、私から見ても、EさんはMさんを避けていましたし、

その後、送られてきたEさんからの文章が
戸隠リトリート 皆さんのご感想と気づきのシェア
これ↑でしたので、
どうなることかと思いましたが、よかったよかった。。😊


とはいえ、この一連の流れをどう伝えたらいいものか、、
お二人のメールのやりとりは、なかなかに赤裸々で、
(私はCCに入っておりました。😅)
そのまま載せるわけにはいかないだろうな、と思われ、、

かといって、
戸隠リトリートのご感想があのまま終わってもいいのかな、、
私はまあいいとしても、お二人はどうなのかなぁ、、と思い
メールしてみたんですね。


そしたら、お互いに「Eさんがよければ」
「Mさんが嫌でなければ」と、ありがたいことに、
そのままの掲載を許可していただけたのでした!!


Mさんは「その後も自分の変化は続いていて、
もはやその時点の自分と今の自分が少し違っていて、
手放して昇華した感情がちょっと他人事のようにも見えるのです。」と。

感じきった後って、そうなんですよね。😊
だから、改めて何か書いてもらうのも、もう違うよね、
って話になりました。

Eさんも
「今回の気づきを書かないで、そのままにしておくのもどうかと思うし。」
「私の誤解っぷりを読んで頂くことで、
人が人をどのように誤解するのかが良く分かり、
誰かの役に立つのではないか?と思うから。」と。
快く許可してくれました。


ホントになんて
懐の大きいお二人なのでしょうか〜〜っっ!😆


お二人のやりとりをそのままシェアすることで、
これを読んでくださってる誰かの、何らかの気づきにつながればと
私も思います。

かなり長くなりますが、どうぞ最後までお読みくださいね♡


<Eさんからのメール>

Mさんへ 

私のリトリート感想をMさんが、どう思ったのかを
萬夕さんから聞いてはおりませんが、
多分、ご納得されていないことと思います。
私も誤解されたままではスッキリしないのでメールさせて頂きました。 

まず、法螺貝を吹いている写真を私が何枚も撮って差し上げたことで、
もしかしたら誤解されたのかも知れませんが、
あれは自分が逆だったら、やって欲しいことをやっただけで、
あれがYさんやRさんであっても同じことをしていました。 

初めてMさんと会った、
恵子さんのシークレットコンサートの時のことから説明させて下さい。
最初、Mさんは歩く姿や話し方が素敵な方ただな、と思いました。
そしてコンサートが終わって、皆で片付けをしている時、
私とRさんがカーネリアン(シャスタクラブでMさんとRさんが
引き当てた石)のことで盛り上がっていたところに
Mさんが通りかかり、Rさんが私を紹介してくれましたが、
Mさんは「あぁ、」か何か言って、スッと立ち去りました。
急いでいたのかな?とも思いましたが少し違和感がありました。 

そして、リトリート当日、出発前に車の後ろで話しをしていた時のこと。
Mさんの視線が私の首元のネックレスの辺りにあるのを感じ、
ふと見ると、値踏みするようにこちらを見ていました。 
車中でも何度か「ほら!Mさん、リトリートに来れているよ!」
と言って下さいましたが、その言葉に「心」が感じられない。
(ごめんなさい。あくまで私の感想です) 
だから私はMさんに好意を持たれていないのだと感じ、
あまり近づかないようにしていました。 

そして、小淵沢のガーデンでの出来事ですが、私が
「話さない相手なんて、居たって疎ましいだけじゃないですか?」
と言ったら、Mさんは「Eさんが、そう思うのね」と言いました。

私は、その時「私が疎ましくなかったとしたら、
それは私が近づかないようにしていたからでしょ!
近づいていたら疎ましかったんじゃないの?」と思い、
Mさんに向かって「(疎ましくないと)本当にそう思っているの?」
という発言になりました。 

そもそもは、私が抱いている
「自分は受け入れられない人間だ」という思いからの発言で、
Mさんにしたら、訳が分からなかったことと思います。
すみませんでした。 

思うに、Mさんは最初から
私という存在が面白くなかったのではありませんか?
Rさんと萬夕さんの3人のシャスタなのに、不在のEさんの話題が出てくる。
萬夕さんのレポにもRさんのシャスタ感想文にもEさんが出てくる。
Rさんのシャスタ感想に、Eさんが感想を書いて
二人の間に心の交流が起こって、それをまた萬夕さんがブログに取り上げる。
自分の存在が霞んでしまったようで、何だか面白くない。

戸隠リトリートに参加表明したら、例のEさんがいる。
どんな人なのかと思ったら、なんだ、こんな地味な人か。
会話が弾む相手でもないし、大人しいからと言って
御し易いタイプでもないみたい。
取り敢えず、恐るるに足らず、と見下した。 

一昨日、ふと、そういうことだったのかな、と、
何かが降りてくるように、そう感じました。
そうだとするならMさんの言動のアレコレが
私の中で腑に落ちるような気がしました。
はい、これも私の妄想で事実かどうかは分かりませんが。 

MさんはMさんなりに、私を理解しようとし、感想文の最後では、
温かい気持ちを送ろうとして下さったのかもしれませんね。
素直に受け取れずにスミマセン。 

私が伝えておきたいことは以上です。
最後までお読み頂きありがとうございました。


このメールには、私もCCで入っていたので、
私からもこんなメールを送らせていただきました。
その後のEさんの文章にも出てくるので、一応載せておきますね。


Eさん 

また意識が外側を向いてしまっています。。
他者を理解しようとする気持ちは尊いものですが、
他者の言動に思考を巡らせているうちは、なんやかんや、
自分を見ずにすむんです。
その、自我の巧妙なトラップに、気づいていてください。
本気で自分自身を生きたいなら。
他者が自分をどう思っているか?なんて、どうでもいいことです。
人はそこに思考を使うのが好きですが、
前に進みたいなら、エネルギーの無駄遣い。
自我の生み出す幻想ドラマにハマって終わる人生を選択したいなら
別にこのままでも構いません。
でも、本当のEさんはそれを望んでいないはず。
だからリトリートにだって勇気を出して参加してくれたんですよね。
だったら、とにかく意識を自分に向けてください。
子供の自分、ハグしてあげられましたか?
まだなら、思いっきり抱きしめてあげてください。無条件に。
「可愛くない」なんて、ジャッジせずに。
そこから始めてください。後回しにしないで。
その子の気持ち、誰よりもわかっているのはEさん自身ですよね?
これは、自分でしか、できないことです。


それと、Eさんから別件でメールをいただいた時に、
「ちょっと伝えておいた方がいいかもしれないな、、」と感じたので、
下記のメールも送りました。


Mさん、恵子さんとのお話会の帰りの時は
「Eさんと話せなかったぁ〜・・・」って
肩を落としていましたよ。話したがってました。 
「そりゃ、お茶会じゃないし、お話会じゃ、無理ですよぉ〜😅」
って言いましたが 
「本当はハグしたかったけど、避けられてるのがわかったので、
無理にそうするのは、私のエゴだし、しなかった」と。
そんなニュアンスのことを、言ってました。


<Mさんからのメール>

Eさん

こんばんは!
昨日は昼から21時の閉店までバイト、
今日も昼から18時までバイトだったので返信が遅くなりました。
返信いらなかったかもしれないけど、私が感想やメールを受け取って
どう思ったかも気になるんじゃないかと思って返信することにしました。 

まず、Eさんは想像力が豊かな人だなあと思いましたが、
想像された私の行動や気持ちは当然ですが私のものとは全く違ってます。 

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ってことわざがありますが、
Eさんの想像はまさにそれだと思いました。 

幽霊だと思って恐れていたものが、
よく見たら枯れたススキの穂だったという意味で、
何か自分の気持ちに怖れがあるとただのススキが幽霊に見えてしまう、
逆に幽霊と思って怖かったものが、ススキの穂とわかってなあんだ!
と安心する例えとしても使われます。 

Eさんが見たのは幽霊で、それは実はススキの枯れた穂だったのよ、
という話を私はしたいのです。
見え方が変わったら、なあんだ!って安心するかもしれないじゃないですか。 

Eさんのリトリートの感想はわかるところもあったし、
わからないこともありました。
でも、きっと私が無意識にしている言動の何かが気に障って
嫌われたんだろうな、と残念に思っていました。
でもメールを拝見して、なるほど〜、そこでそう感じたのか!
といろいろな事がよく分かりました。
あのメールを書くのはEさんにとっても辛かったのではないかと推察します。
教えてくれてありがとう。 

では、Eさんの想像と異なる私の気持ちをお伝えしますね。 

私は、戸隠にEさんが参加すると聞いた時から
一緒に行くことを心から楽しみにしていたのです。
シャスタでそこにいない人の話が出て嫌な気持ちがしたかって?
全然そんなことありませんでしたよ。
Rさんがシャスタに行く数日前にご主人にそれを伝えたことも
びっくりしたけれども、同じように勇気を出して
ご主人に行きたい気持ちを伝えたけれど、反対されて
その時は諦めたEさんという人がいると聞いて興味を覚えていました。

きっといつもはご家族に気を遣って自分の欲求を我慢しているだろう人が
自分の気持ちを兎にも角にも伝えたというその勇気を
素晴らしいと思ったからです。
いつか行きたいと思っている旅をそのEさんができるといいな、
と知らない人ながら思っていたのです。

だから戸隠にキャンセルが出て申し込んだときにEさんが来ると聞いて、
ついに勇気を出して初参加するんだ!すごい!そこに一緒に行けるんだ!
と思ってワクワクしていました。 

Eさんにしつこく初リトリートはどうかと聞いたのは、
初めての体験にワクワクするEさんの気持ちが聴きたくて仕方がなかったから。
でもこれは私の悪い癖だったかも。
人が心を開いたり、勇気を出して自らを変えていく姿を見るのが好きなんです。
自分もいろいろな経験をして変わってきたという思いがあるから、
Eさんの変化やワクワクを共有したかったんですよね。 

だからねえ、本当にEさんが思うような疎ましい気持ち、
見下す気持ちなんてなかったんですよ。
そこはきっと萬夕さんからも、客観的に見て、
私がEさんに悪い気持ちなど微塵も持っていなかったことを
証言してくれると思うけど。 

首元を見たことはあります。首長いな〜、私と一緒だな〜と思ったのと、
あとひとつ思ったことがあるんだけどそれは今は教えません。
メールじゃなくて直接お会いした時にお伝えします。
Eさんの首元を見たときにある考えというか言葉が
私の頭の中に降ってきて、それに対して「え!?」と思ったのです。
その考えとはEさんがどうこうということではなく、
100パーセント自分自身についての、私自身のことです。
でもメールではお伝えしたくありません。 

あとなんでしたっけ、カーネリアンですか。
あの時はなんだったか思い出せないけれど、
たしかにほかのことに気を取られていました。
そのためぞんざいな態度をとっていたかもしれません。
それはごめんなさい。
私もワークショップやリトリートの時は自分との対話に忙しくて、
あまり人のことを気にかけない傾向が確かにあります。
人の話を聞いていないと指摘されることもしばしばあります。
不愉快な思いをさせてしまったことは残念ですが、
でもそれは相手がEさんだからではないということは知っていただきたいです。 

人の話を聞いていない、自分との対話に忙しいというのは
Rさんにもありますよね?
Rさんのそれは気にならないのに、私のはなるんですね? 

だとしたら、やっぱり今回のリトリートはこういう思いをしたり、
対話をしたりするために私たちは出会ったんですよ。
だって私はもともとメンバーに入っていなかったんだから。
Eさんのためにキャスティングされたといってもいいくらいじゃないかしら? 

Eさんが私のことを気に入らないとしたら、
その理由はあなたの中にあります。
どうかその気持ちから逃げないでください。
辛い感情が吹き出してきてもじっとそれを感じて耐えてください。 

私は昨日一日とても嫌な辛い思いをしていました。
それで返事が遅くなったところもあります。
ザワザワした気持ちのままメールを書いたら
乱暴なことを書いてしまうかもしれないと思って。 

もし今もEさんが嫌な気持ちで辛い感情に耐えているのだったら、
そこから逃げないでください。
本当の自分で生きるために。心の底から笑うために。
ほかの何者にも代えられない、ただひとつの存在である
自分自身を愛するために。

私はそのためにメールしました。 

そして、Eさんはかつての私にとても似ていると思います。
私もかつて自分は受け入れられない人間だと思っていたし、
つまらない奴だと思っていたし、自分のことを大切にできなくて
ずいぶん自分を苛めました。

そんなこと、もうやめましょう。 

そのままの、ちょっとダメなところもある自分を、
まずは自分から愛しましょう。
大事にして、自分がやりたいと思うことをやらせてあげて、
楽しませて、うんと可愛がりましょうよ。 世界が変わりますよ。 

もし道に迷っても、私たちには萬夕さんという心強い道先案内人がいますし。 

最後になりますが、茨木のり子さんという詩人の
「自分の感受性くらい」という詩をご存知ですか?
私は初めてその詩に出会った時、
頭をガーンと殴られたような気持ちになりました。
今でも自分に喝を入れる時とか読みます。
ネットで検索したら読めるのでもし関心があったら見てみてください。 

長いメールを最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またね!


<Eさんからのメール>

Mさん 

ごめんなさい!! 
Mさんのこと、誤解していました! 
あれを読んで嫌な思いをしたでしょうに、
思いやりに満ちた返信を頂き、とても驚いたし
本当に申し訳なく思いました。 

今朝、萬夕さんからメールを頂いて、
昼休みに途中まで書いていたのが下記の文章です。 
萬夕さんのメールを読んで、ビックリしたし、
自分が恥ずかしくなったし、
Mさんにどう謝ったらいいのか、合わせる顔がない、
と頭を抱えながら書いていました。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

萬夕さん 

私が送ったMさんへのメールの件ですが、
萬夕さんには「また、外側!」って言われるのは百も承知で、
それでも送信してしまいました。 

このまま会わない相手ならいざ知らず、
Mさんとはまた何かのWSで出会うはずで、
それなら誤解されたままでは嫌だったからです。 

だけど萬夕さんの今朝のメールで、
恵子さんとのお話し会の帰りでのMさんの様子を知って、
私が観たのは、怒りで肩をいからせて頑なになっている自分の姿でした。 

Mさんの感想の、ガーデン シェッド Rでの私の描かれ方に
馬鹿にされているように感じ、
「母親の愛情を妹に奪われて苦しんでいた」という書き方に
「''現在の私"が、それで苦しんでいる訳ではないのに、
人の悩みを矮小化している!」と憤り、 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

ここまで書いていました。 
さらにMさんからの返信を読んでの、続きを書きます。 

そう、Mさんに対して、私が特別の共感を求めていたかのような推察にも
「誤解を事実のように書かないで欲しい!」と思ったし、
最後の私の中の小さな子供への語りかけも
「自分の負の感情を人にぶつけるんじゃなくて、
自分で自分を満たしなさいね。そうすれば私みたいに幸せになれますよ」
と上から目線で言われているように感じていました。 

本当に素直に受け取れなくてごめんなさい! 
まさに、枯れ尾花を幽霊だと思い込んで、勝手に恐れて、
ネガティブな感情に捉われていたのかと自分で自分に愕然としました。 

私は、戸隠リトリートにMさんも参加すると知って
「あぁ、秋のシャスタで揃わなかった3人がここで揃った!」
と嬉しかったのです。 
Mさんのことは凛とした素敵な人だと思っていたし。 

でも、私の目には、Mさんが喜んでいるようには見えなかったんですよ! 
リトリートの初っぱなから、値踏みされたように感じたし、
ガーデン シェッド Rの時も
「この人は何をヘンなこと言っているの?」という風に
シラケて見られているように見えたし。 
私は好意を持たれていないのだとばかり思っていました。 
だから、Mさんのメールを読んで心底驚きました。
驚愕と言ってもいいくらい。 
「えぇっ!嘘でしょ。全然そんな風に見えなかった!」 
読んでいてそんな風に思うことばかり。 
私のフィルターは、どれだけ汚れて曇っているのだろう? 

昔、読んだ小説に「恐れは原罪である」というセリフがあるのですが、
全く、私は自分の恐れから、自ら
自分の敵となる者やネガティブな思いを沢山生み出している。
自作自演だったのですね! 
何で自分は恐れるのか?その恐れの奥にあるのは何なのか? 
向き合うべきはそこなのに、、。 
萬夕さんにも散々言われているのに、、。 

そんな馬鹿な私に、
びっくりするほど寛容で温かい言葉をかけてくれるMさん。 
本当にごめんなさい! 
そしてありがとうございます!! 

茨木のり子さんは好きな詩人で、エッセイも2、3冊持っています。
(詩もいいけど、エッセイも面白いんです!) 
「自分の感受性くらい」、勿論知っています。 
知ったのはハタチくらいだったかな。 
同じく頭をガーンと殴られたように感じましたよ。笑 

Mさん、丁寧に気持ちを綴ってくれたメールをありがとう! 
一緒にリトリートに行ってくれてありがとう! 
心から感謝します。


人のことだと客観的に見れるから、
いろいろな気づきがあったのではないでしょうか?

Mさん、Eさん、シェアありがとう。😊


同じ時、同じ場所にいて、同じ体験をしているようで、
人の数だけ違う認識があり、違う記憶があり、
違う現実が生まれているんですよねぇ。


誰一人、同じものを、見ていない。


絶対的現実が一つじゃないなら、
私たちが認識してるものって、幻想・・・
ってことになりますよね。😅


だからむしろ、誤解する方が当たり前で、
分かり合える方が奇跡✨ っていうか。。


私たちはありのままなんて、見れていなくて、
自分のフィルター越しにジャッジして見ていたり
するもの。


このフィルターをRASでは「信じこみ」
ゼニスでは「ブロック」って呼んでいるわけですが。


それがなければないほど、
目の前の出来事をありのままに見て、受け入れることは
しやすくなります。


津留さんの文章もシェアしましたが、
「内側→外側。信じるものを見る」はこちら

私たちは、この世界では、(深いレベルにおいて)
自分が信じ込んでるものしか見ることができない
んですよねぇ。。


だから、自分の認識を変えるしか、ない。


でもこれもね、
無理やり変えるって難しくって。

やはりまずは、未消化の感情の消化!
なのです〜。

これをした後じゃないと、
なかなかできないんだよねぇ。。


あ。それともし「誤解されないようにしよう」って
思った方がいたとしたら、
それもちょっと違うってことも、お伝えしておきますね。


そう思う時点で、「誤解される」が前提になってますから
むしろ誤解されるっていう体験をすることになりますよ。
おそらく。😁


痛み動機の行動は、結果も痛みになりがち。。


しかも、避けようとすればするほど、
その体験に追いかけられることになるのよねぇ・・・
この世界。😅


私も昔はね、誤解されるのってすごく嫌で、
誤解されたと思ったら、なんとかして誤解を解きたい!
って思って行動したものです。


でも、RASのファシリ講座&イントラ講座で
「誤解された」って信じこみを取りまくったら、
もう、誤解されても大丈夫になってしまいました。。😅

まあ、決して気持ちのいいものではないですけどね、
なんとかしたい!とは、思わなくなりました。
ダメージが、随分なくなりましたねぇ。。


この人は、誤解したいんだなぁ・・・
誤解という体験を通して、
未消化の感情を終わらせたいんだなぁ・・・
私がその役にキャスティングされたなら、仕方がない・・・

って、思考で無理やり、ではなくてね、
すんなり受け入れられるようになってしまいました。


ちなみにRASにおいて、
「誤解された」という信じこみがあった場合
「テーマに関して、自分が人や物事を誤解している可能性がある」
と見るのですが、
「誤解された」と感じたなら、誤解しているのは自分の方かも?
って、一旦は疑ってみるのも、いいかもしれませんよ。😊


人は、誤解したければ、誤解します。
みんな、自分のフィルターを通してしか、解釈できませんから。
誤解されたと感じた時に、
自分に引っかかりや痛みの感情が生じたなら、
それを消化して昇華させること。
それが特になければ、自分は、
その関係性におけるそのテーマは終了した、ってことです。
相手の未消化の感情や信じこみは、
相手にしか、どうにかすることはできません。


誤解を恐れていたら、
他人軸になってしまいますからね。😊


そもそもが、1人1宇宙。
みんな、同じ世界を生きてるようで、
違う世界で生きてるんですから。


☆「戸隠リトリートレポその1〜満開のカモミールと戸隠神社」はこちら
☆「戸隠リトリートレポその2〜水輪で野草酵素作り&森の中で過ごす時間」はこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら


2019/06/15

7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川


>>7/6追記
リピーターさんが書いてくれたオススメ文章もぜひ!
「ピラミッドセンターで作った酵素は本当にパワーが違う!
by リピーターさん」はこちら



お待たせしました!😊

毎回大好評でリピーターも多い、
野草入り酵素作りとピラミッドでの体験ヒプノ
を組み合わせたワークショップ。

去年の秋、開催日の直前にあつみさんが脳梗塞で倒れ
中止となったまま、できずにおりましたが、

皆さんからの熱いリクエストの声もあり、
あつみさん、そして娘さんの朋子さんと相談し、
また開催させていただけることとなりました。

ただ、あつみさんはお元気になられたとはいえ、
今もリハビリ中ですし、
お仕事からは引退されましたので、
「あつみさんに教わる」は、WSタイトルから
外させていただきますね。☺️


あつみさんのこと、心配されてる方も多かったですし、
あつみさんの許可もいただき、
4月に私があつみさんから受け取った言葉を、
メルマガでは先にシェアさせていただきましたが、
ここでも、ご紹介しておきます。


ご無沙汰してます。 

元号も決まり、新しい時代がやってきますね。 

私も2月から週一で人生の大先輩方に混じって、 
リハビリに通っています。 

運転を止められているので、 
神様にもらった足がどんなに大切であったのかを、 
今更ながら、思いを新たにして、 
感謝して愛おしみながら歩いています。 
頑張り過ぎないよう気を付けながら〜。 

今住んでいるのは隣町ですが、 
急な環境の変化と 酷い後遺症はないとはいえ、 
体の感覚も以前とは変わっていて 
別な星にいるような感覚でしたが、 

ほんの少しだけ 、地上の感覚を取り戻したかなと 
感じているところ なんです。 

そして、長い冬休みを終えて週末少しだけ、リハビリを兼ねて、 
ピラミッドへも手伝いに行っています。 

ゆったりと残っているこの時間を気持ち良く生きることが 
私の一番の望みかな〜! 

ピラミッドも私の仕事の場所ではなく遊びに行こうと思っています。 

ピラミッドのことは娘たちに任せることにいたしました。 

酵素作りも、酵素と遊びたい思いが溢れてきたら 
ご連絡させてくださいね😊



あつみさんらしさが、言葉の端々に、表れていますよね。😊 

あつみさん自身の言葉をお伝えすることで、
皆さんにも、この、あつみさんの気持ちを尊重していただきつつ、
今回の参加をご検討いただけたら、と思いました。


先月、お客さんから、 
「どうしてもまた、
 ピラミッドセンターで野草を摘ませてもらいたくて♡
 あつみさんにお手紙書こうかな、と思っていたんです!」 と、
熱い思いを語られたので、
そのことを、あつみさんに伝えてみたんですね。


今現在はまた、ピラミッドセンターに戻ってきたそうですが、
あくまで「遊びに来ています😊」とのことでした。

酵素作りも
「みんなと一緒に遊ぶということならいいかなと、思います😆」
「みなさんが、楽しんでくださるのでしたら、私も うれしい😄」と。


それで、あつみさんのプレッシャーにならないように、
また、酵素作りWSをする方法はないか、
朋子さんと相談したところ、、、

母と相談した結果、 
 あらかじめこちらでその時期に生えているNG野草を、 
 チェックしておきますので 当日つむ前にその説明と
 摘んだ野草のチェックを母がする という事でどうでしょうか? 
 お食事は私がご用意します。

という、ありがたいお返事をいただきました♡


そんな流れでの開催ですので、
あつみさんに負担をかけることは避けたいと思っています。

あつみさんの体調、今の状況をご理解いただき、
体調次第では、あつみさんに会えないかもしれないことを
ご了承の上、ご参加くださいね。


今回も、小さなお子様連れ、OKです!
ただ、小さなお子様がいらっしゃると、
残念ながらヒプノはできませんので、酵素作りまでで終了となります。
何卒ご了承下さい。

ヒプノの間はお散歩に出て、
ヒプノ終わりで戻ってくる方もいらっしゃいました。
宿泊したい方は、もちろんそれもアリですよ〜。


時々「酵素作りに興味はあるけど、お砂糖を使うのが気になる」
というご意見をいただきますので、以前参加してくれた、
「今まで白いお砂糖を使うからと酵素づくりを躊躇していましたが」
というお客さんの感想を一部抜粋しておきますね。

あつみさんに聞いたように、
砂糖はあの状態ではショ糖のため体にはよくないものでも、
酵素を作る段階でブドウ糖に変わり、私たちの体に役に立つもの。
そして白いお砂糖がショ糖の割合が一番多く、
漬けるものへ細胞を壊さずに浸透抽出、発酵が効率的にできると
後でわかりました。
私は白い砂糖の代わりに蜂蜜で果物と酵素を作っていましたが、
蜂蜜はショ糖の量が数%しかなく
おそらくお砂糖ほどの浸透抽出や発酵は望めないのかもしれません。

全文はこちらでどうぞ


酵素作りではまず、
ピラミッドセンターのまわりに生えているたくさんの野草と向き合いながら、
左脳じゃなくてね、右脳で、
つまり自分の直感で選んでね、摘んでいきます。

直感は、自分の身体が必要としている野草が何か、
ちゃんと分かっています。
それを信頼して、摘んでいく。
それって、素敵な瞑想ですよね。


初めての時、私、あつみさんに質問したんです。
「雑草と、入れてもいい野草は、どうやって見分けるんですか?」って。

そしたらあつみさん、
「雑草なんて、ないんですよ。」
とやさしく諭してくれました。

そう、雑草なんて、ない。^ ^

私は、こういう、あつみさんの考え方も大好きなんです。


あつみさんから
「野草達は午前中の方がエネルギーが高いので、
できれば午前中に野草を摘んで洗っておいて、
水切りをしている間ににランチにしたらどうでしょう。」
と提案していただき、毎回、そんなスケジュールにしています。


ご飯がまた、とってもおいしいんです。
今回は、今までもあつみさんと一緒にご飯を作っていただいていた
朋子さんに作っていただきます。☺️


以前のレポにも書きましたが、
体調の悪かったお客さんも、
宿泊したら朝にはすっかり元気になってましたからね〜。
おいしいご飯といっぱいの自然は、心も体も癒してくれます♪


ランチ後は、水切りした野草と、季節の果物などで、酵素作り♡
私ももちろん、皆さんと一緒に作らせていただきます。

自分で手作りした酵素は、本当の意味で、
自分の身体に必要なエネルギーを運んでくれますよ。

「お通じがよくなりました!」っていうお客さんも多いです。


酵素は、飲むだけではなくて、パックとして使うと、
これまたお肌がしっとりスベスベに♡ 

濾した後のカスも、お風呂に入れれば酵素風呂になりますし、 
豆乳と混ぜればヨーグルトに。酵素酢にしてピクルスも作れます。
結構いろいろ、使えるんですよ〜♪


酵素作りの後は、1時間ほど自由時間にしてあります。
河原までお散歩していただいてもいいですし、
ピラミッドの中でお昼寝してもいいですし、
瞑想ルームで瞑想してもいいですし、
仲良くなった人とおしゃべりしてもいいですし、
好きなように、ゆっくり過ごして下さい。


その後、私から体験ヒプノで
今のあなたに一番メッセージを与えてくれる前世」に誘導します。
なかなか体験できない、ピラミッドの中でのヒプノですよ〜。
ピラミッドは、宇宙と繋がる装置ですからね。
ヽ(≧∀≦)ノ 


みんなで、なので、
一人一人のビジョンにそった誘導はできませんが、
瞑想に近い感じなので、あまり心配なさらずにご参加下さい。
リラックスが大切なので、楽な恰好をオススメします。
あと、寝てしまわないように、前日はしっかり睡眠をとった方がいいですよ。

光のもとで、どんなメッセージやギフトを受け取るかも、お楽しみに〜。


☆体験ヒプノセラピーは、グループで行うため、一人一人をケアすることができません。そのため、医師の診断や投薬治療を必要とする精神的な疾病を患っている場合は受けていただくことができませんのでご了承ください。医師の許可を得た上で、個人セッションを受けられることをお勧めします。個人セッションを受けることを前提に、一度体験してみたい、という場合は、ご相談下さい。

★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら

宿泊者だけの特典?!
一晩かけて、酵素にピラミッドパワーを注入できます。(笑)

ピラミッドの中で寝てみたい♡
という方のために、宿泊もできるようにしてあります。

みんなで雑魚寝、ですが、修学旅行みたいで楽しいですよ〜!
この日の体験を引続き分かち合う時間も持てますし、
よかったら是非。


ピラミッドという装置の中で寝るなんて・・・
パワフルだと思いません?^ ^
宇宙のパワー、チャージされそうでしょう?
ここまで来て泊まらないなんてホントもったいない!と思います。


特に朝が最高に気持ちいいんですよ〜!
早朝の河原がちょうどまた朝日が射していい感じなのです。
もちろん過ごし方は個人の自由ですので、
好きなように思い思い、リラックスして下さい。


宿泊の皆さん向けに、夜は、地下の瞑想ルーム
(ピラミッドのちょうど中心に位置しています)で、
小さなお茶会でやってるカードもする予定。

宇宙と直結してそうな部屋なので、
どんなメッセージが降りてくるか、お楽しみに♪ 

毎回、お話会のような時間になりますね。
もちろん、瞑想もできます。😊

なんとこれはお風呂。かわいい7角形。

あと、七角形のお風呂も面白いんです。
その形もさることながら、漆喰でできているんですよ。

でっかいクリスタルも入っているので、
余計に浄化される感じ。😊

漆喰で作られた浴槽(通常漆喰は壁に使われているものですが モロッコの技法で水を弾く様に造られています)


教えてくれた方は、
学資保険を取り崩してモロッコまで勉強に行ったという
貴徳な若い左官屋さんで、
漆喰に魅せられた左官屋さんグループが面白がって
20人くらい関わったそう。

漆喰の魅力は、限りなく酸素を放出しながら
50年〜100年もかけて石になっていくところで、
呼吸がしやすい〜気持ちがいいのだそうです。

お風呂場の7角形の屋根

<当日スケジュール(仮)>
10:30 野草摘み
12:00 ランチ
13:00 酵素作り
15:00 自由時間
*小さなお子様連れの方はここでお別れ。
16:00 体験ヒプノセラピー
17:00 シェア+質疑応答など
17:30 終了

月明かりに照らされたキッチンは
まるで童話の世界


せっかくの山の中の時間、
どうせなら一泊して、のんびり過ごして帰りましょう♪

*ピラミッドセンターの料金設定も変更されましたので、
それに伴い、今回から料金も変更とさせていただきました。


<野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノ>

日 時:2019年7月27日(土) 10:30〜17:30 (10:20 open)

場 所:ピラミッドセンター
山梨県大月市梁川町綱の上福徳1113
中央線梁川駅下車 徒歩8分
高尾駅にて各駅停車に乗り換え5駅目/新宿より約75分
遠くないので電車の時間をこちらで調べてみて下さいね。☞こちら。

*駐車場もあります。車でお越しの際は、予約時にその旨お知らせ下さい。




料金:
◎ワークショップのみの場合 12000円
(酵素作り用の果物等材料費込み・朋子さんの手作りランチ付き)
◎宿泊もされる場合 +10000円(朋子さんの手作り夕食・朝食込み)
チェックアウトは朝10時となります。
小学生以下の宿泊は+6500円で結構です。

◎小さなお子様連れで参加の場合は、お母さんと一緒にひとつの酵素を作っていただきます。ヒプノはなしで酵素作りのみとなり、参加費は二人で8500円とさせていただきます。(酵素作り用の果物等材料費込み・朋子さんの手作りランチ付き)

定員:14名(最低催行人数6名)

持ち物:5ℓの容器(梅酒瓶のような広口瓶など)、マイ包丁、エプロン、帽子、日焼け止め、虫除け、虫刺され薬、歩きやすい靴
書き留めたい方はノート、筆記用具、横になった時に何かかけたい方は掛け物、目に載せたい場合はタオルなど
*宿泊される場合は、タオル、歯ブラシなどもご持参下さい。

注意:材料は2キロほどで仕込みますが、できあがりは4キロ近くなります。宅急便で配送もできますので(別料金)、予約時にご希望の有無を書いておいて下さい。
ちなみに結局、毎回ほとんどの方が持ち帰っています。

予約:件名を「酵素作り7/27」とし、(2名以上で同時に申し込まれる場合は、それぞれの)お名前、メールアドレス、携帯番号、宅配の希望有無、宿泊の希望有無、お子様連れの場合はその旨を明記の上、こちらまでメール下さい。

少人数制のため、事前振込とさせていただきます。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) 
ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。
定員がございますのでご了承ください。

◎ワークショップのみ:7/21お申し込み〆切
◎宿泊もされる場合:7/19お申し込み〆切

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
特に携帯メールですと、お互いにエラー表示がないのに届いていないということも時々ございます。その際はTwitter @hibino_neiro やFacebook でのご連絡も可能ですので、ご利用下さい。

キャンセルについて
◆開催7日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は0%とし、振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。
◆6日前〜2日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の半額を返金いたします。
◆前日~当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。
ただし、他人への譲渡は可能です。




☆2015年9月vol.1の模様と皆さんのご感想はこちら
☆2016年5月vol.2の模様はこちら
☆2016年5月vol.2の皆さんのご感想はこちら
☆2016年10月vol.3の模様はこちら
☆2016年10月vol.3の皆さんのご感想はこちら
☆2017年5月vol.4の模様はこちら
☆2017年5月vol.4の皆さんのご感想はこちら
☆2018年4月vol.5の模様はこちら
☆2018年4月vol.5の皆さんのご感想はこちら
☆2018年6月vol.6の模様はこちら
☆2018年6月vol.6の皆さんのご感想はこちら
☆2018年9月vol.7の模様はこちらでどうぞ
☆2018年9月vol.7の皆さんのご感想はこちらでどうぞ


☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら

2019/06/10

ドイツのお土産、盛りだくさん!ヒルデガルトのハーブソルトやマウスウォッシュまで♡


昨日から、ドイツ在住の友達が
RASファシリテーター養成講座
ゼニスオメガヒーリングのレベル1〜5
3週間の来日でギュギュギュッと受けまくりに来てくれています。😆
ほぼ毎日、講座です。(笑)


3週間でこれだけの量をこなすのは私も初めてですが、
RASやゼニスの講座を受けた他の生徒さんにこのことを言うと
「えええ?!大丈夫なんですか?!」って
驚かれます・・・😅


敏感な方だと、好転反応が大変て方もいますし、
消化してくことを考えても、
そんなに一気に受けるなんてとても無理〜!って
反応が、大半…。


そんな話を彼女としたら、
「それはきっとみなさんは、『いつでも受けられる』って
思ってるからじゃないかなぁ・・」って。


彼女は、そうそう帰国することもできないので、
受けられるときにできるだけ受けておきたい、っていうのが
あるんですね。


でも、とっても楽しそうに受けてくれているので、
どうなっていくのか、私も楽しみ♪


ドイツのお土産も、びっくりするほど
いっぱいもらってしまいました〜!
(ありがとう!!😆)


「ドイツで手に入る気になるものとかあれば教えてください〜!」
と言われたので、


私、2011年に仕事でドイツに4回も行ったんですが、

ブログ「常識、について考える」はこちら
ブログ「ドイツ日帰り散歩」はこちら

そのときにハマったHARIBOのグミのレモンジンジャー味が
日本でいくら探してもなくて、真っ先にリクエスト。

でも、見つからなかった場合のことも考えて、

Dallmayrのコーヒー豆か、
オススメのオーガニックコスメとか、あれば。

って答えたら、なんと、全部どころかさらに
美味しそうなグラノーラ、ハーブティー、WELEDAのコスメ、
ヒルデガルトのハーブソルト、スープ、マウスウォッシュまで!!
買って来てくれたのでした。😆😆😆


ドレスデンにレアなヒルデガルトの専門店があるらしく。


いろいろ言ってると、
いろんな情報が集まってくるものですねぇ。


しかし、私もつくづく、ドイツにはご縁を感じます。。


中学生の時に初めてできたペンパル(もはや死語。笑)、
=海外の文通相手 もドイツの女の子だったし、

高校に来てた留学生もドイツ人の女の子だったし、

高校の仲良い友達はドイツの帰国子女が二人もいたし、

そんな流れで、大学ではドイツ語を専攻してたし、

しばらく離れてたと思ったら、2011年は
がっつりドイツ行ったり来たりの仕事だったし、

ここに来て、ヒルデガルトもドイツ人だし、、
GWに作ったライアーも、ドイツ人のアンドレアス考案のもの、、
そもそもシュタイナーもゲーテもドイツだし、、


面白いものですね。😊


そんな彼女と最初に出会ったのは
ブータンなんですけど!!!😆😆


いろんなご縁があり、
どこでどんな風につながるかなんて、わからないものです。


ハートに従って行動してみると、
その時はなんでかわからなくても、
ちゃんと後で「だからか〜!」って何かがやってくる。

「後から」なんだよねぇ。。

だから、理由とか、理屈とか、つじつまとか、
どうでもいいと思うの!😆


とりあえず、行動してみて、
どうつながっていくかは、後のお楽しみ♪


私は、そうやって生きていくのが、
楽しいです。



2019/06/09

内側→外側。信じるものを見る


以前、ブログ「今、あなたはそのままで、何も問題はありません。」
の中で、「津留晃一 メッセージ集」から
「愛を通して」という章をシェアさせていただきました。


故・津留晃一さんの本は、
RASのファシリテーター養成講座を受講された方には、
RASの考え方と(全部ではありませんが)だいぶ近いので、
RASをより理解するためにも必ず読むように、とされています。
私も何度も読みました。😊


一度読んでわかったつもりでいても、読むたびに「あ」って、
なるんですよねぇ。(笑)


頭で理解するだけじゃ意味なくて、
自分の日常で実験、実践してこそ。


だから、読むと、
そうだった、また実験してみよっと!って
思い直せるっていうか。


今回は「信じるものを見る」をシェアさせていただきますね。

RASで言うところの「内側→外側」がわかりやすく
説明されているかと思います。


信じるものを見る


人にとって目に見えないものを信じるという事は
なかなか難しいことのようです。
誰も自分が確信できないものを信じようとはしません。
しかしこの思考パターンを少し変更せざるを得ない現実が
最近確認され始めました。
その最たるものが量子物理学の世界です。  

量子のミクロ世界では、
見ようとする対象物は必ず見る側の影響を受けるというものです。
我々人間の目は光で物を識別認識しますが、
ミクロ対象物はこの光により大きくゆがんでしまいます。
即ち見ていないときと見ているときでは
全く別の形を呈していることになります。
ということは、我々が見ているものは、
我々が見ていないときの物とは全く別の物であるという事です。


 


これまで我々は一体何を信じてきたのでしょう。
目にした物しか信じようとしなかったのに、
見ているものは真実を表してはいないという事になります。  

アインシュタインが言っているように
我々人間はエネルギーそのものです。そしてそのエネルギーは、
人の個性通り別個のエネルギーを持っています。

私が社員Aを見るとき、
社員Aは私のエネルギーによって影響を受け、変化しています。  

そして社員Aの友達が社員Aを見るとき、
今度はその友達のエネルギーが社員Aに影響を与え、
そこには社員Aの友達から見た社員Aが誕生します。

即ち社員Aは見る人の数だけ存在し、
絶対的社員Aなる者は存在しないということです。  

このことを認識していない社員Aの同僚二人が
社員Aについて議論しているところを想像してみて下さい。
その議論がかみ合わなくて当然です。

そして常日頃我々はこういう不毛の葛藤を体験し続けています。  

あなたに知っていただきたい事は、
あなたが見ている世界はあなた独自のユニークな宇宙空間であり、
二つと同じ宇宙は存在していないのです。

あなたが認識している世界はあなただけの世界であり、
そしてあなたの前にいる社員Aは、
あなたの世界とは全く違う別宇宙の存在であるということを
しっかり骨の髄までしみ込ませて欲しいのです。  

この三次元物質世界に存在する全ての物は、
互いにまわりの物から影響を受け合います。

あなたの前にいる全ての人は、
あなたの影響を受けたあなた独自の人物です。

あなたの奥さんはあなたによって変形認識された奥さんであり、
奥さんそのものとはかけ離れた存在であることに気付いて下さい。  

気に入らない奥さんがいるとしたら、
それはあなたのエネルギーが創り出した
あなたの宇宙にのみ存在する奥さん像であり、実体ではありません。
たとえそれがどんなにリアルに見えたとしても・・・。  

あなたの前に無能な社員がいるとしたら、
それはあなたが創り出した虚像であり、実体ではありません。

そう見えている自分の見方に注意を払って下さい。

無能な社員をなんとかしようと考えるのではなく、
自分の見方、とらえ方に意識を向けて下さい。

虚像である社員をあなたが変えることなど出来ません。
あなたに可能なことは、自分の認識の変更です。
社員の欠点を発見している自分に気付いて下さい。  

本当の意味において、あなたが目にしている社員は、
あなたの認識が描き出した幻影であることを信じて下さい。
あなたの前にいる人はどんな人もその本質において光そのものです。
大いなる光がただあなたの意識の進化を手助けするためにのみ、
あなたの前に姿を変えて現れます。  

あなたの意識の進化をサポートする全ての虚像の在り方を信じて下さい。
あなたを困らせようと意図する人は誰もいません。
深い意味においてあなたは誰かから傷つけられることは絶対にありません。
あなたに見える全ての存在、あなたに聞こえる全ての言葉は、
ただあなたを進化へと誘うためにのみ存在します。  

この世界はあなたが信じたものを見る世界です。  
あなたの観念があなたの世界を創造しています。  
人は創造エネルギーそのものです。  
あなたは毎瞬毎瞬あなたの空間を創造し続けています。  

あなたが、「いや俺はこんな世界を創り出した覚えはない」
と言ったとしてもそれが事実です。
あなたの潜在意識にしまっているあなたの先入観念が、
現実を作り続けています。どの瞬間も休み無く。
あなたが存在し続ける限り、あなたの創造作業は
無意識のうちに永遠に続いています。  

なんと素晴らしいことではないでしょうか、
この現実が全て自分で生み出している物だとすれば、
自分の思い通りの世界を自分で生み出すことが出来る
ということになります。
見たものしか信じない人は、
今の自分の現実から自分の限界を認識します。
見たものしか信じない人が、自分の意識が世界を創り出している
と認識することはなかなか難しいことでしょう。
自分の無意識が現実を創り、
自ら生み出した幻影を見て自分の信念を持ち、
その新たな信念がさらに限定された現実を生み出し、
その現実を見てさらに自分の考えを確信していきます。
そしてますます見たものだけを信じるようになります。  

自分が制限された存在であると信じ切っている人は、
その制限の中で自分のベストを尽くそうとがんばります。
制限された人間はがんばらなければ何もできないと確信しています。
がんばらなければ何もできないと確信している人は、
がんばらない人間をだめな人と感じます。
だめな人という認識が人を裁きます。
そしてその人を裁く不快感が、ストレスを生み出し、体内に蓄積され続けます。
その不快感はだめな人がいるからだと勘違いして、
その人を遠ざけるか自ら逃げ出そうとします。
ストレスが生じるのは他人のせいだとしか考えられないためです。  

本当の原因は自分の誤った認識にあります。
がんばらなければいけないという価値観です。
しかし私がそう言っても、このがんばらなければいけないという価値観を
人は捨てる事が出来ません。
それはがんばらなければ自分もだめになってしまうと感じるからです。
自分の中にある価値観は、他人に向かっても使い、
そして、自分に向かっても使われるからです。  

人は自分の信じたものを見ています。
自分の信念がその心の立体鏡として、現実という幻影を生み出します。
ですからあなたがその考え方を変えた瞬間から、
あなたの現実は変わり始めます。  

実はあなたが見ているものは実体のない幻影にすぎません。
あなたの机に確かな堅さという手応えがあることも
たんなる錯覚にしかすぎません。
目に見えない世界からのインスピレーションを私はたんに信じてみました。
そして今、私は大きく変わり、私の世界は様変わりしました。

この世界は膨大な見えない世界にささえられた結果の世界のようです。
意識を、見えている物からその奥にある見えない世界に向けて下さい。
そこからあなたの変容が始まります。



☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら