information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
6/30(日)森の中で過ごす、日帰りドライブリトリートvol.4〜ヒルデガルトレシピのランチも♪は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳細はこちら
7/9(火)〜12(木)「教会で春原恵子さんのコンサートと空海を巡る旅(高知)」2泊3日と、「+剣山(徳島)」3泊4日、残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
6/22(土)レベル3授業は満席となりました。
6/23(日)レベル4授業は満席となりました。
6/24(月)レベル5授業(レッスンのみ)満席となりました。
6/25(火)レベル5ティーチャーコースは満席となりました。(レベル5レッスン受講済みの方のみ)
キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご相談ください。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら
レベル1授業は、年内の土日にあと1回だけ開催予定です。

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2018/03/31

人のせいにしているうちは・・・


【3/29メルマガに書いた内容にちょっと加筆しました】


誰かのせいで、
会社のせいで、社会のせいで、、、

そうやって、外側のせいにしているうちは、 

どんなにすごいと言われている人に会おうが、
どんなにすごいと言われている場所に行こうが、
どんなにすごいと言われているセッションを受けようが、 

残念ながら、<根本的には>何も変わりません。


一時的に変わった気がすることはあるかもしれませんが、
手当でしかありませんから、また引き戻されます。


意識が外側にフォーカスしているうちは、
内側を見ずにすみますからね。


だから、誰かを責めたい、誰かのせいにしたい、
というところにいるうちは、
本当に自分と向き合っている、とは言えません。。
意識が自分じゃなくて、他者に向いてますから。


責めてはいけない、誰かのせいにしてはいけない、
って言っているのでは、ないですよ。
良い悪い、正しい間違ってる、って話ではないので。


散々人のせいにする体験をしてようやく、
「それでは何も変わらないんだ」ってことが
本当に腑に落ちるわけですから、
プロセスとしては、やったらいいと思います。


ただ、いつまでも、ずーーーっとそこにい続けることを
選択するなら、何も変わらないです。


去年書いたブログ「人のせい?自分のせい? 
〜RASの被害者(加害者)意識の解放のこと」 
にも通じる話ですね。


そりゃあ、私だってわかりますよ。
この世界を普通に表面だけ見たら、人のせいに、見えるでしょう。
その人を、責めたくもなるでしょう。
ここは、どうにも、そう見える世界ですからね。


でも、そこにとどまってちゃ、永遠に抜けられない。


立ってる場所を、変えないと!
奥を、見抜いていかないと!


物語(ストーリー)、ドラマ、エゴ(自我)に
どっぷり自分を同一化させているうちは、
そこからの景色しか、見えません。


本当の意味でスタートラインに立ちたいなら、
人のせいにするのをやめる!と本気で決めることです。
例外なく。一切合切。


中途半端はむしろやっかい。
できてる「つもり」になっちゃうからねぇ。。

「向き合ってます」と言いながら
人のことを責めている人は、結構、多いです。
それは、前述した通り、「向き合ってる」にはなりません。
意識を<完全に>自分に、内側に、向けることが
「向き合う」です。


なんでも自分のせいにして、自己否定しろって
言ってるんじゃないですよ。


↑ここ、要注意!!


外側を責めがちな人は、結局、無意識に
内側(自分)を責めているので、
「どうせ私のせいなんだ・・・」って
自己否定・非難に流れやすいですが、
そういうことではありません。


自分がこの世界を創造しているのだ、という立ち位置に
<完全に>立つことが、
自分に100%、軸を取り戻すこと。だからです。


人のせいにすればするほど、
自分のパワーを他者にあげてるようなもの。
どこまでいっても他人軸。


人のせいにしたくなったら、
「あ。また人のせいにして自分から意識をそらそうとしちゃった!」
と、そんな自分に気づいていてください。


自分を責めるんじゃ、なくてね。


あ。もちろん、感情は抑圧せずに、
ちゃんと感じてあげつつ、ですよ。


まあ、、この辺のバランスは、
自分でやりながら、掴んでいくしか、ないです。
人それぞれ、違いますから。


自分自身が創造者、ってことを
信じる信じないはもちろん自由。


でもどうせ信じるなら、とことん信じて、
「そうだとしたら」という立ち位置から、目の前の世界を見てみてください。


人のせいにしない、と決めるのは
覚悟がいります。


逃げ道がなくなるし、
見たくない自分とも、向き合うことになるから。


けど、もうそろそろ、いいんじゃないですかねぇ・・・


覚悟を決める時かと。思います。



☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら

RAS体験談はこちら
☆RAS(Release and Awakening System)について
詳しくはこちら

☆RAS認定「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」について、
詳しくはこちら
>>一度感じた感情は感じ切るまでなくなることはなく、
何度でも繰り返します。
感情との適切なつきあい方&消化の仕方を学んで、
日々の感情の消化をスムーズにできるようになりましょう。
「人のせいにしたい」時に湧き上がる感情・・・
怒り、悲しみ、憎しみ、悔しさ、嫉妬、、なども、
まずはちゃんと消化してあげること。
そこ抜きに、先に進むことはできません。
次回は4/15(日)に開催予定です。☞こちら


2018/03/27

4/11(水)日帰りドライブリトリート〜桜とお花畑とほったらかし温泉と♪


東京では、いつもより早く桜が満開🌸
うちの目の前の中学校の桜も、美しい季節となりました。😊

桜の開花状況も分かって来たので、
私がここのところ毎年のように行っている、
お気に入りの桜スポットへ、
皆さんを連れて行けたらな〜と思い。

混んでるの、なるべく避けたいので平日ですが、
日帰りリトリート、開催したいと思います♪


山梨県北杜市にある眞原桜並木なんですが、
桜だけでなくお花畑も広がっていて、素朴さもありつつ、
周りは雄大な南アルプスの山々に囲まれていて、
とっても素敵なんですよ〜。

小渕沢に住んでいる友達に連れて行ってもらってから
すっかり魅了されてしまいました。


たぶん見頃はこの辺りかな〜、と4/11(水)に設定してみましたが、
なにせ自然のことなので、絶対ではありません。。
万が一散ってしまっていたら、他の桜の名所に変更しますね〜。


それと、4/10(火)とどっちにするか迷ったので、
もし「4/10なら参加したいです!」という方が最初に現れたら
サクッと日程変更するかもしれません。😅
そのくらい、ゆるっと柔軟に考えてまーす!

ほったらかし温泉HPより

今回のメインは桜とほったらかし温泉
ここも何度も行ってるんですが、
とにかく露天から見下ろす甲府の夜景が最高!なんですよ〜。
お天気がいいと、富士山も見えます。
友達も連れてくと、まず感激してくれますねぇ。

もし諸事情で温泉には入れない、という方も、
夜景を見ながらお待ちいただけますよ。😊


でも、本当の意味でのメインは、
車内でのディープなお話会!!(笑)

小さなお茶会の2時間足らずでは物足りないっ!
でも泊まりのリトリートにはなかなか参加できないっ!
という方は、
日帰りとはいえ、たっぷり11時間以上ありますのでね、
話したいこと、聞きたいこと、なんでもござれ〜。

割といつも、カジュアルなグループ・セッション、
みたいな感じになりますね。

みんなで作る、時間です。
内容は、集まった人次第。
少人数なので、自然と話せますよ。😊
今回は、どんな気づきが起こるかな〜✨


お昼ご飯と夜ご飯の場所もね、
オススメはいくつかあるので、私が決めるんじゃなくて、
最初に申し込んでくれた方の希望で確定しようかな、と。

牧場の採れたて卵かけご飯↑もおいしいし、


農カフェのこだわりのオーガニックランチもおいしいし。
ベタに、ほうとうも、いいしね。お蕎麦も。
いいお店、いろいろあるんですよ〜。


センスのいいガーデンカフェとかもあるので、
どこかで、小さなお茶会もできたらいいな♡
(まあ、すでに、車中が小さなお茶会状態ですが。笑)

期間限定のジェラート屋さんも気になるぅ。。


いつも好評な、エンジェルカードも、持っていきますね〜。


お花見シーズンで道がどれくらい混んでるかわからないので、
当日の流れにもよるけれど、
お気に入りの道の駅にも寄りたいな♪と思ってます。


自然に囲まれて、春という季節を愛でつつ、
新鮮でおいしいもの食べて、お腹も満たしつつ、
温泉と絶景でリラックスしつつ、
深い話もたっぷりと。

がんばってる自分に、春のご褒美をあげたい方、
放っておくとあっという間に過ぎ去る春を
ちゃんと味わっておきたい方、
ご一緒に、楽しみましょう🌸😊


<日帰りドライブリトリート♪概要>

開催日:2018年4月11日(水)10:00〜21:30
集合:4/11(水)10:00 日産レンタカー新宿駅西口 ​
(道路状況にもよりますが、21:30に新宿駅解散予定)

定員:4名 (最小催行人数2名)

参加費:18,888円(税込)
【参加費に含まれるもの】 お話会代、コーディネート料、レンタカー代&ガソリン代&高速代
【参加費に含まれないもの】 昼食代、お茶代、夕食代、集合場所までの往復交通費、温泉入浴料800円

持ってくるといいもの: 温泉用タオル&バスタオル(温泉地でも売ってますが、タオル200円、バスタオル1000円します)、歩きやすい靴、天気によっては雨具、日焼け止め、帽子


予約:件名を「日帰りリトリート」とし、お名前、メールアドレス、携帯番号、緊急連絡先を明記の上、neiro.healing@gmail.com (日々の音色メアド)までその旨メール下さい。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、参加費を指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。 定員がございますのでご了承ください。

おかげさまで3/31時点で満員御礼となりました。キャンセル待ちご希望の方はお気軽にメールくださいね。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
特に携帯メールですと、お互いにエラー表示がないのに届いていないということも時々ございます。その際はTwitter @hibino_neiro やFacebook でのご連絡も可能ですので、ご利用下さい。

 <キャンセルについて>
すでに日が迫っておりますので、お申込みいただいた時からキャンセル料が発生します。あらかじめご了承下さい。
◆開催2週間前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は30%とし、振込み手数料を除く料金の70%を返金いたします。 ◆開催7日前〜前々日までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の50%を返金いたします。 ◆開催前日~当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。 ◆ただし、他人への譲渡は可能とします。 ​

<お願い> 旅行中の万が一の事故、怪我、盗難等を含む一切のトラブルについて主催側では責任を負いかねることをご了承ください。


ここ一年の国内リトリート参加者の皆さんのご感想はこちら。
ご参考まで〜。

☆2017年2月の高野山の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年4月の奈良の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年10月の壱岐&対馬の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年11月の禅の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年12月の神在月に出雲の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2018年1月の高千穂&阿蘇の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら


2018/03/24

西表島リトリートレポその3〜イダの浜と南風見田の浜


「西表島リトリートレポその1〜牛車にゆられて由布島へ」はこちら
「西表島リトリートレポその2〜星砂の浜とピナイサーラの滝上トレッキング」はこちら

2/27(火)四日目
あっという間に最終日。

イダの浜に行くことにしたので、ちょっと早起き。
最後にまたいい天気になってきて、気持ちのいい朝でした♪


たっぷり朝食をとって8:00にはチェックアウト。
白浜港へ急ぎます。

通りながら、ヤエヤマボタル鑑賞ツアーで来たのは
こっち方面だったと分かりました。


8:45白浜発の船に無事に乗れてホッ。


やっぱり天気がいいとテンション上がりますね〜。


港からイダの浜までは、15分くらいかな、歩きます。


地図もないので、標識頼り。(笑)


民宿もありました。
何もないけど、この辺でのんびり過ごすのも、贅沢ですね。


木々の間の小道を、抜けて行きます。

Photo by Sさん

抜けていった先には・・・


美しい海〜〜
太陽の光があると、何せ海の青が、全然違いますねぇ。
光によって、微妙に色が変わっていくんです。


足元には、サンゴもいーっぱい。

拾ってきたので、小さなお茶会とかで
プレゼントしたいな。。

酵素作りの時にね、サンゴを入れておくと、
発酵が進みすぎてお酒になっちゃうのを防げるんですよ。
お酒が苦手な私には、必須アイテムなのです。(笑)


10:35船浮発の船に乗らないと帰れなくなるため、
1時間もなかったけど、しばしのんびり、過ごしました。


ここでもまたKさん、海に足をつけながら、
メッセージを受け取れた模様。☺️

ちなみに「私は何もわからないし、感じない」とか
「一般人なんで」みたいなこと、言ってる人ですよ。ふふ。

メッセージを受け取るってね、別に特殊能力とかじゃなくて、
本来みんな、備わってる力ですから〜。
信じるか、信じないか、だけだと思いますねぇ。

あと、力を抜くって、大事。
だから、自然の中で緩むと、繋がりやすくなります。

Photo by Sさん

自分で受け取ったことを信じる、っていうのがね
一番パワフルだと思うんですよ。
他者に言われたことを信じるよりもね。

自分への信頼を培うこと。
それって、他者に期待してるうちは、できないから。

自身の実体験で腑に落としていくのが、やっぱり強い。
簡単に、崩されないからね。

頑固になることとは、違いますよ。
むしろ、逆。
他をはねのけるのではなくて、内包する感じ。

リトリートでも、その辺、何気に大切にしてます。


短い時間ながら、いいひとときとなりました。


この日のうちに東北まで帰るため、私たちより早い便に乗るSさん。
12:00には上原港を出ないといけないので、
まだ11:00でしたが、早めのお昼ご飯にしました。

初日に来ようとして来れなかったパーラー美々へ。


マンゴーシェイク&バナナシェイクを撮っていると・・・
おもむろに胡椒を入れてくるKさん。
その手は何気にピース。(笑)


ここの八重山そばがうまい!と評判だそうで。
確かに美味しかったです。😆


西表島で3人で過ごす時間も、これが最後。


間違いを探せ!
ヒント:やっぱり胡椒。

旅を振り返ってもらったところ、Sさんから
「サイコーの4日間でした!」と言ってもらえて
嬉しかったですねぇ。

「二人を見ていて思うこともいろいろありました!」
って、気になることも言われましたが、
感想を楽しみにしたいと思います。😆
(コンビ芸が確立してきてたかな〜。笑)

リトリートって、常にそうですしね。
他者を見て、自分に気づく。
言ったら人生自体が、そうなのですが〜。(笑)

Photo by Kさん

船の窓から手を振るSさんをお見送り〜。

Photo by Sさん

Sさん側からも、手を振る私たちを撮ってくれてました〜。(笑)

Photo by Kさん

またね〜!
いい顔してたな〜。☺️

リトリートって、ほーんと、使用前使用後みたいに
表情が変わるんです。(笑)


二人になった私たち。
のんびりドライブを続けました。

昨日登ったピナイサーラの滝が、遠くーーに、見えます。
「あそこに私たち、立ってたんだよねぇ〜!昨日」って。
不思議な感じ。


お世話になったレンタカーちゃんもパチリ☆


こんなに抜けのいい橋なのですよ〜。
雨季じゃなければね、満天の星も見えるみたいです。
そんな時期にも、いつかまた、来てみたいな。


南風見田の浜ってとこが気になったので、
行ってみることに。


そしたらここが、超・穴場!
時期にもよるんだろうけど、イダの浜よりいいかも。ってくらい。
人が全然いなくて、静かで、砂浜も綺麗で、
ホントのーんびり、できました。


シートを敷いて、波音を聞きながら
ただただ寝転がるという、贅沢な時間。。


砂つぶも、こんな感じ。↑
時折、ヤドカリさんが、通り過ぎるっていう・・・平和。。

ガソリンを入れてレンタカーを返さないといけないので、
一応ね、余裕を持って出たんですが、
思いの外、全てのことがスムーズにすみ、、
結局、港で待つ時間が結構ありました。
砂浜で、もっとのんびりできたなぁ〜。😅


帰りは、デカいフェリーで、
15:30大原港発 16:00過ぎには無事、石垣島に戻りました。
ここでKさんともハグしてお別れ。

私はホテルに荷物を置いて自転車を走らせ、
愛島クリニックへ。
例のメタトロンを受けに、行ったのでした。(☞こちら)


二人とも、ありがとう♡
今回も、いい旅でした。(私はまだまだ続くけど。。笑)
なんか、ピュアだったなぁ。



宮古島リトリートへと続く・・・


「西表島リトリートレポその1
〜牛車にゆられて由布島へ」はこちら
「西表島リトリートレポその2
〜星砂の浜とピナイサーラの滝上トレッキング」はこちら
「西表島リトリート 参加者のご感想
〜本来の自分というものすらもないのではないか」はこちら

「宮古島リトリートレポその1
〜佐和田の浜と通り池、そしてなぜか先祖供養の準備。」はこちら
「宮古島リトリートレポその2
〜十六日祭☆先祖供養の神事」はこちら
「宮古島リトリートレポその3
〜天の啓示で作られた石庭と、砂山ビーチと来間島」はこちら
「宮古島リトリート 参加者のご感想 〜この支配からの卒業♪」
はこちら。


【直近のリトリート予定はこちら】
4/11(水)「日帰りドライブリトリート
〜桜とお花畑とほったらかし温泉と♪」はこちら
6/5(火)〜7(木)
「満開のカモミール畑と戸隠神社への旅2泊3日」はこちら残1席!


ここ一年の国内リトリート参加者の皆さんのご感想はこちら。

☆2017年2月の高野山の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年4月の奈良の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年10月の壱岐&対馬の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年11月の禅の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年12月の神在月に出雲の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2018年1月の高千穂&阿蘇の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら

2018/03/23

西表島リトリートレポその2〜星砂の浜とピナイサーラの滝上トレッキング


「西表島リトリートレポその1〜牛車にゆられて由布島へ」はこちら

2/26(月)三日目
雨季の西表島は、この日も朝から曇り空〜。


ゆっくりめに朝食をすませ、
午後からのトレッキングに備えて、体力温存。
午前中もゆるゆると過ごしました。

photo by Sさん

ホテルから車で10分くらいの場所にある
星砂の浜へ。

星の砂って、懐かしくありません?
子供の頃、小瓶に入った星砂にときめいた記憶のある方、
世代によるんだろうけど(笑)多いんじゃないかな〜。

photo by Sさん

思ってたほど星砂でもなかったので😅
採取はせず。

しばらくのんびりしてたら、雨が〜。
ちょうどいい屋根になる岩陰があったので、避難。


雨は降っても、海水は結構温かかったです。
お散歩する者あり、足を浸して瞑想する者あり。
それぞれに。。

Kさん、メッセージも受け取れた模様。
最近はみんなね、自分でちゃんと受け取れますね。😊



この後も、ちょっと時間があったので、
うめ工房さんと青烽窯さんに立ち寄り。

青烽窯さんの陶器は、
庭から採れる粘土を使っているというのも、なんかいいなと思い、
割れるの心配だし重いけど、丼を買っちゃいました!
(ちゃんと割らずに持ち帰れましたよ〜)


ホテル内にある、セルフサービスのジャングルブックカフェにも寄って、
ちょっとコーヒータイム。
私たちだけで、貸切状態でした〜。

photo by Kさん

ブックカフェというだけあって、本も置いてあるので、
時間が許せば、ゆっくり本を読むのも贅沢でいい感じ✨

photo by Sさん

なんとも素敵なスペースでしたよ♡


トレッキング前に、一応、腹ごしらえ!
ボリューム満点、ハンバーガー。

ホテル主催のトレッキングツアーなので、
集合場所である、ホテル内のツアー基地に行ってみたら、
なんとまた、ツアー参加者は私たちだけ!貸切!(笑)
オフシーズンは、こういうのが、いいですね〜。
体力に自信がなく、他の人に迷惑をかけるのでは、と心配してた
Sさんも、それを知ってちょっと一安心。
結果的には、ぜーんぜん、大丈夫でしたけどね〜。😊


ちなみにトレッキングシューズを履いて行ったんですが、
ガイドのお兄さんに「それじゃ、ダメです!」とバッサリ。

川を渡ることも多いので、フェルトブーツじゃないと
ダメなんですって。

靴は貸してくれるとは聞いてたけど、
トレッキングシューズがダメとは聞いておらず、、
皆さんに、余計な荷物を持たせてしまいましたぁ。。

でも、実際に行ってみたら、川にじゃぶじゃぶ入ってくので、
ほーんと、これじゃあ、フェルトブーツじゃないとダメねぇ
って感じでしたよ。😅


1時間〜1時間半くらいかけて、
ひたすら登ったり、降りたり、こんな山道を歩きます。


私は別に普段、特に運動しているわけでもなければ
山登りしてるわけでもないですが、
リトリートでなんだか結構登ることも多いので、
いつの間にやら体がコツを掴んでいるのか、
慣れてしまっているといいますか、、、

ガイドの方にも「慣れてますね。心配しなくても大丈夫な感じ」と
安心されてしまいました。


こういうのに慣れてないKさんが、
「ぎゃああ」「マジで?!」「うそ〜っ!」とか
女子な声をあげるのが、いちいち面白くってねぇ〜。

しかも、聞かなきゃいいのに、
「あとどれくらいで着きますか?」と何度も聞いては
「まだまだですね〜」と言われて落ち込むっていう。(笑)

とにかく笑わせてもらいました。😆


この辺りは、まだまだ序の口。↑

この、一番トレッキングっぽくない服装の私が
一番慣れた足取りを見せたことに、
ガイドのお兄さんは意外!と思ったのでしょう。わはは。


ロープをつたいながらじゃないと
足元がキケンな場所も、結構ありました。
ここでもKさん、ぎゃあぎゃあ言っとります。(笑)
賑やかなトレッキングだったなぁ〜。😁


写真じゃなかなか伝わらないかもですが、
結構アドベンチャーでしたよ。
探検隊♪って感じ。


森の妖精たち、ってことで〜✨
わは!


そして、ついに、ピナイサーラの滝の上へ〜!!
この下には54mの滝が落ちているんですよ〜。
高所恐怖症の人は、足がすくむかと。。思います。。
柵も何も、ないしねぇ。

ピナイは顎髭、サーラは下がったもの、って意味だそうで、
遠くから見るとおじいさんの長い顎髭みたいに見えることから
ついた名前みたいです。
ここからは、見えないけどねぇ。😅


滝の上から「おーい!」と手を振ると、、


滝の下でお弁当を食べてる皆さんが
手を振り返してくれたり、気づいてもらえなかったり。(笑)

カヌーを漕いで、滝の下で過ごすツアーの方が人気があるみたいで、
下には結構人がいました。

上には、私たちと、あと二人。(笑)


こうやって、ギリギリまで行って、
下を見下ろすことができますが、風も結構強くて
下手すると吹き飛ばされそうになるので、スリリングです。


何度も言いますが、崖の向こうは、滝で〜す。

曇ってる感じで写ってますけど、
これでも午後は太陽が顔を出してくれたので、ラッキーでした♡
雨ざあざあだったら、さらに滑るし、大変だもんなぁ・・・😅


「またあの道を戻るんですか?!」とひるむKさん。(笑)
そりゃ、そーです。

でもトレッキングって大抵ね、帰りは行きほど大変に感じないもの。
行きよりKさんの雄叫びも少なく、無事に生還いたしました。

さすがに筋肉痛になりそうだな・・・と思いましたが、
結局なりませんでしたね、私。あれ?😅


ホテルに戻ってちょっと休憩。
お姫様仕様のベッドでガイドブックを見るKさん。
(おもしろ写真は自粛。笑)

といっても、事前に買ってきたやつじゃなくて、
空港とか離島ターミナルとかに、無料で置いてあるやつね。(笑)

リトリートに参加する方は、特に最近は、
下調べとかしないで、流れに任せる体験をしにきてくれる方が多いです。
その時、その場での、自分の気持ちを大事にする。
変に情報を入れても、そこを邪魔されちゃうこと、多いですからね〜。


で、トレッキング中にガイドさんにも勧められ、
「イダの浜に行ってみたーい!」という二人のリクエストに
応えるべく、いろいろ検索してみたら、
船の時間もなんとか間に合いそうだし、明日行ってみるか!
となりました。

最近のリトリートでは、できるだけ
何も予定を決めない日を一日設けるようにしてるんですけど、
こうやっていつも、
現地で皆さんが「行きたい!」って場所が出てきたりね、
現地で出会った人に勧められたりとかね、
自然と行き先が用意されていくのが、面白いのです。


雲間から時折、太陽が顔を出してくれていたので、
夕日、見れないかな〜と
ホテルの目の前にあるトゥドゥマリ浜へ。

雲が多すぎてやっぱり見れなかったけど、
波音を聞きながらの、静かな、いい時間でした。


そして、夕食ブッフェへ。
メニューが変わるのがありがたい。
どれもちゃんとしてて、美味しいです。


この日はちょうど三線ミニライブもありました。
オーソドックスな選曲が、良かったです。


Sさんが、いわゆるエステとか、
オイルマッサージってものを受けたことがない、というので、
「え〜!じゃあせっかくだし、受けておいでよ!」と
食後、Sさんはホテル内のスパへ。
その間に私たちは先にお風呂を済ませることにしました。

戻ってきたSさんの顔ってば!
ほっこり、ゆるゆる〜。
送り出してくれたお姉さん、姪っ子ちゃん&甥っ子くんにも
見せたい表情だったわ〜〜。(全員知ってるもので。笑)
よかったよかった。☺️

そしてまた、カードをひいて、
本日のシェアとディープなお話会。

何かがほどけてゆきましたね。
いい夜でした。


その3へ続く・・・


「西表島リトリートレポその1
〜牛車にゆられて由布島へ」はこちら
「西表島リトリートレポその3
〜イダの浜と南風見田の浜」はこちら
「西表島リトリート 参加者のご感想
〜本来の自分というものすらもないのではないか」はこちら

「宮古島リトリートレポその1
〜佐和田の浜と通り池、そしてなぜか先祖供養の準備。」はこちら
「宮古島リトリートレポその2
〜十六日祭☆先祖供養の神事」はこちら
「宮古島リトリートレポその3
〜天の啓示で作られた石庭と、砂山ビーチと来間島」はこちら
「宮古島リトリート 参加者のご感想 〜この支配からの卒業♪」
はこちら。


【直近のリトリート予定はこちら】
4/11(水)「日帰りドライブリトリート
〜桜とお花畑とほったらかし温泉と♪」はこちら
6/5(火)〜7(木)
「満開のカモミール畑と戸隠神社への旅2泊3日」はこちら残1席!


ここ一年の国内リトリート参加者の皆さんのご感想はこちら。

☆2017年2月の高野山の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年4月の奈良の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年10月の壱岐&対馬の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年11月の禅の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2017年12月の神在月に出雲の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら
☆2018年1月の高千穂&阿蘇の旅にご参加の皆さんのご感想はこちら