【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残2席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2016/11/30

小さなお茶会vol.24〜プラネタリウム篇のご報告


11/29の射手座の新月に開催しました、
プラネタリウムを楽しんでからの小さなお茶会

ただの私の趣味、みたいなとこもありますが、
星や宇宙にときめく皆さんとご一緒できるのは、
私としてもうれしく。

平日の昼間でしたが、
半休をとって参加してくれた方も2名いらして、
ホントありがとうございました。

「夜だったら参加したかった!」というメールもいただきまして、
だいぶ夜遅くなっちゃうけど、いいのだろうか…?と思いつつも、
もし何人かご希望あればやる主義ですので、
どうぞメール下さいませ。

今回見たプログラムは「Starry Music ~癒しの歌声 アルケミスト~」でしたが、皆さん泣いたり、ウルウルしたり、ぐっと来るものがあったようです。

私も最初の2曲がなんか、きました。
ストレートすぎる歌詞というのはあまり得意ではないんですが、それでも、なんかこう、星空や地球を感じることを含めて、感動しましたね。

でも、最後の、子供達に、未来の自分に向けての言葉を書いてもらってそれを歌詞にしたっていう歌が「がんばれ がんばれ♪」っていうのには、ちょっとがっかりしちゃったんだなぁ… 私。やっぱりまだ、そういう教育なのかぁ…って。がんばらないといけない感じ。「がんばれ」に勇気づけられるタイミングもあれば、そうじゃない時もあると思うんですけどね。

(って書いたら↑、お客さんからこんな記事↓を教えてもらいました。☞こちら。どういう思いでこの曲を作ったのか。

大人の人の中には、「がんばれ」と言われるとちょっとつらいという人もいますよね。自分が頑張っていないからそう言われてるんじゃないかと思ってしまったり。 
でも、せっかくの応援メッセージだから、それが届くといいなと思って、いつか「がんばれ、がんばれ」と伝える歌を作りたいと思っていました。 
「がんばれ」と言われた人が、どうすればその「がんばれ」を素直に聞けるのか。それを一生懸命考えた結果、子供時代の自分が大人になった自分に向かって「がんばれ」と言ったなら、これは素直に聞けると思ったんです。 

なるほど〜、と思ってしまいました。
作詞を担当したボーカルのこんやしょうたろうさんは、生まれながらに左手の肘より先がないことも、初めて知りました。あの、なんとも感動的に響いてくる歌声は、彼のすべてが込められているからかもしれません。)



今回担当された解説員の男性も熱のある方で、
その、星が大好きなのが伝わってくる感じ、よかったです。
プラネタリウムは、解説員の方によって、結構変わりますからねぇ。
そこがまた面白いところ。


そしてお茶会をしにデイライトキッチンに向いたいところでしたが…
先に見に行ったところ、
この日はメンテナンスで終日クローズなのでしたぁぁ。
私、前の日にランチしに行きまして、お店の人とも話したんですけどねぇ。。クローズとは言ってなかったのに、ショック。m(_ _)m
まあ、そんなこともあります。
気を取り直しまして、星乃珈琲店へ。

今回も、なかなかに濃い話となりました。
特にこの一年半くらいの間に、いろいろあって、「今までスピリチュアルな本を読んで頭では分かっていたことが、やっと体験として腑に落ちた」という方のお話は、他の皆さんにもとても響いていたようでした。


皆さんのご感想、紹介させていただきますね。
ご協力、ありがとうございます!


『感情を感じきる』という、自分にとってもテーマとなっていることを、同席した方たちの体験談や気づきをお聞きできて、よかったです。
疑問に思ったことを、その場でまゆさんんも聞くこともできまして、カードのメッセージと合わせて今の自分を見つめる時間になりました!

追記:
帰ってきてからいろいろ気づいたことがありまして。。 
プラネタリウムの解説員の方が、 
お客さん一人一人の顔をちゃんと見て 
心から挨拶してくれてたのが、実はすごく感動してたし嬉しかったんです。 
星の世界を愛してて、お仕事してることも伝わってきて。 
渋谷の真ん中で、心あるあったかい場所だったなあと。。 
帰りのアンケート書きたいなと思ったんですけど、お茶会で移動するし時間ないかなと、スルーした時、小さな私が悲しんでました。あ、自分にウソついてしまったーと感じた瞬間でした。(T-T)

一転、帰りの電車のラッシュでは、他の人の顔など目もくれずみんな恐い顔で押し合いぶつかり合う中、身を硬くしてヘトヘトになって帰宅して。 
こういうのは、もうどうしようもないこと…と普段、心を殺してやり過ごしていますが、 やっぱり、わたしはこうじゃない世界で暮らしたい、人が人をきちんと認識しない日常なんて悲しい。。と、思いました。 

…しっかり『感情を感じきる』と 
見過ごしていた想いを沢山拾い上げられますね。 
すぐに何か解決したりするわけじゃなくても、自分が自分を無視しないようにしていこうと思います。

***

今回3回目の参加となりましたが、
自分の変化変容を振り返ることもできてよかったです。
全ては起こるべくして起こっているということを再確認しました。
プラネタリウムもよかったです!!

***

アルケミスト&プラネタリウムよかったです。 

お話の部は、おひとりは過去のつらい体験を冷静に分析を交えながら話されました。 
神業に見えました。 
もうおひとりの方は、自分のことを俯瞰しているのが淋しい!というお話でした。 
その方には悩みのようでしたが私には羨ましい話でした。 
すぐ泣けてしまう、たまに噴火してしまう、そんな私とは正反対のまさにお手本というべきお二人で、じっくりお話しが聞けて良かったです。  

カードはインドリエルでした。 
この前2回は続けてレイラだったのでまた出る??と思っていましたが 
私の環境も少しは変化しているのでしょうか。。。

***

さて次回は、12/14(水)今年最後の満月に、
小さなお茶会vol.25(昼の部)&26(夜の部)
〜オーラソーマ篇@代々木上原
をやります。

2017年のイヤーボトルで来年のテーマも見ていきますので、
何かヒントが欲しい方はどうぞ〜。


☆小さなお茶会vol.1&2の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.3@赤坂の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.4の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.5&6の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.7の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.8@ホテルオークラの模様はこちら
☆小さなお茶会vol.9〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.10&11の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.12〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.13@赤坂ORIGAMIの模様はこちら
☆小さなお花見会vol.14@新宿御苑の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.15の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.16〜ジャッジしまくり篇の模様はこちら
☆明治神宮で小さなお茶会vol.17の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.18〜宙に還りたい篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.19の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.20〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.21〜オーラソーマ篇の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.22の模様はこちら
☆小さなお茶会vol.23の模様はこちら
☆小さなお茶会。なのに合宿♪@南足柄おんり〜ゆ〜の模様はこちら


2016/11/28

仙酔島の旅☆皆さんのご感想


仙酔島の旅に参加してくれた皆さんからいただいたご感想を
紹介させていただきますね。
協力してくれた皆さん、ありがとうございます!!

それぞれに思いを抱えながら参加してくれて、
それがどんなふうに変化していったのか。。
読んでくれているアナタと似た人、いるかもしれませんよ〜。^ ^
仙酔島に興味がなくても、
<解放の軌跡>としても参考になると思いますので、ぜひ読んでみて下さいね。


自分にとってリトリートな旅は今回が2回目でした。
旅は日常とは違った意味で、不思議と自分に必要な現象をぎゅっと引き合わせてくれるものだと今回深く感じられた気がします。

自分が意図して欲している何かが与えられて満ちてくる充足感と、欲していないに関わらず勝手にやってくる何かと対面できた感じが面白かったです。 

今回はスーパームーンをきっかけに萬夕さんが企画してくださった旅でしたが、満月だけではなく宇宙、地球、自然の営み、自分との関係を俯瞰できたようで楽しかったです。

最後の日、早朝まだ暗い空に、月の澄んだ輝きから薄ら明るくなってきた空に、更に透き通るような光を放っている月は、昇る太陽へ静かにエネルギーを繋いでいて、清らかさが満ちていたように感じて素敵でした。
山肌に隠れてまだ登りきらない太陽の雲の切れ間から差す光の柔らかさ、雲や空の色が柔らかいピンクとブルーと白が入り混じりながら刻々と変わっていく天の色合い、海面の揺らめきのきらきらは、眼が離せない美しい時間をたっぷりと味あわせてもらえました。
太陽が出る瞬間に、月が消える空の方向からさーと背中に風を受けて、次の瞬間に太陽の光の温かさを体の前面ぷわーと感じれた瞬間も、とても気持ちがよかった。 

折々に皆さんから聞くお話には、物事は360度多方面から感じる大切さを今更ながらにいただきました。 

お宿のお風呂で、江戸風呂の入り方で海につかる内容が途中であるのですが、そこでみんなで浮かんだり泳いだり〇〇したりの楽しすぎました。みーんな解放され具合が半端なくて凄かった。(笑)11月中だったけど入ってしまえば海水の冷たさも感じなくなって笑いが爆発。

私そこで産んだらしい。(笑)
なんでそんな浮かび方できるのってゆう脱力浮で。
ご一緒の皆さま曰くある種、浮かぶ死体だったそうです。(笑)

死んで生まれた。

現実の私は出産が体験できなかったことに心の痛みを感じていました。
だけど今回、神様の近い海で子供を産んだのでなくて自分を産み落とせたんだ!って帰ってきて感じたのでした。
遠巻きに!死体が出産する瞬間を見守ってくれた皆さま、ありがとーう! 

またいつか産み落とした自分に逢いに仙酔島へ行きます!
そしていつかMさんが海中出産をする気がしてならない自分がいます!(笑) 

ではまたのご縁に繋がる機会を楽しみにしています。


今でも酔仙島の楽しいイメージがすぐに私を包みます。 

感想送るの遅くなって、ごめんなさい!
あのあと、怒濤のように働いてました笑
そして、やっと今日ゆっくり眠ることができた、、。

日向ぼっこしてるときも、太陽を見るとあの美しい朝日にまた出会えた幸せ感でいっぱいです。 満員電車に乗ってても、太陽を見ると皆の笑顔やワクワクする気持ち、あの海の感触がわーっと、私を包んでついニヤニヤしてしまいます。
そんなに、しかめつらしてないで、1度真っ裸で海を泳いでみたらいいのに!笑
なんて思いながら。 

ほんとに、幸せ満喫でした。皆で、美味しいものを食べて、月や太陽を見て、大笑いして。それに真っ裸で海で泳ぐことがあんなに気持ちよいものだとは、、ほんとうに気持ちよかった、、心も身体も解放されてました。みんなのエネルギーが、四方八方に溶けてた!わたし、裸族になりそう!水着着て、泳ぎたくない! ほんと、Tさん、天才でしたね、、マッパの会結成してくれないかな、、。 

満月や日の出、彩雲やお見送りしてくれた龍の雲、、お天気にも恵まれて。あれは私たちのワクワク感が、宇宙に届いたんですね! それで自然や天体もついつられちゃったんだと思ってます笑  笑顔のパワーは無敵です! 

まゆさんの周りにはいつもステキな人が集まりますね。みんなそれぞれだけど、それぞれなのを感じると、わたしはとても安心してその場に自分もニュートラルでいられます。今回は特にそうだった。 だけど、全員が同じカードをひいて、龍神様にも同じものを頂いて、、縁しか感じません!嬉しいなあ!なんなんでしょう!皆、神様に愛されてる! 

つい、長くなりました。他にもガッチャマンやライトワーカーの定義や、、色んなこと印象深いことあるんですけど、とにかく幸せだったこと、そのきっかけを作ってくれたまゆさんにありがとうの気持ちです。


初めて知った「仙酔島」 
萬夕さんからの案内を読んで、すぐに申込み。 
直観でした! 

会社のこと、家のことなど問題はありましたが「行きたい!」という思いが勝っていた。 
今、振り返ると、行くことが必要だったようです。。。 

仙酔島はゆるやかなエネルギーで私達を迎え入れ、見せてくれる風景はいつも心を癒してくれました。 

絶妙のタイミングで見せてくれたスーパームーン 
太陽の光がすべてのものに語りかけ 
海の水面はキラキラ☆☆☆ 
山の木々・雲・鳥たちが織りなすハーモニー 

もう、すべてが美しく心に響いてくるものでした。 

ここで、みんなとおしゃべりをし、笑い、瞑想をしたり、ボッーとしていたり、 

そして、そして 

心も体も開放~~~と 
生まれたままの姿 
そう、素っ裸で泳いじゃいました。 
(歳を重ねた体が嫌で、お風呂も抵抗があった私ですが、そんな羞恥心はどこかに飛んでいました) 
この解放感はたまりません(笑) 

ア~~。 
気持ち良かったぁヽ(^o^)丿♪ 

今回の旅は無意識にした行動が自分を解放しているんだ!ということを知り、 
たくさん自分に巻き付けてきたものを、一枚一枚と剥がされていったような気がします。 

最後には脱いじゃったしね(アハハっ) 

ご縁で出逢い、一緒に過ごしてくれた皆さま、萬夕さん 
と~~っても楽しかったです♫♫♫
天然の私に暖かく接してくださり、ありがとうございました。 
今回も炸裂してたようで…(^_^;) 

萬夕さん、今回の旅企画をありがとう! 
少しずつ自分のことを受け入れられるようになってきていた私に、またひとつ大好きになれる自分と出会うことができました。 

龍神様、そして全ての自然のものたちへ感謝の気持ちでいっぱいです。 
ありがとうございました!!!


絶対に行きたい!と、即、思いました。
月も見たい!
後先何も考えず、すぐ申し込み。

今回も本当に参りました〜!という感じです。^ ^;
私は「龍が住んでいる」と聞いても「ウソだ〜」と思ってしまうし、くもり空の時も「今日は月が見られるはずがない」と思ってしまう。だけど、龍や月のことも、どうでもよくなって、ただその場所にいる事に心から楽しみ、まっさらな気持ちで笑っていたら、ビックリするほど美しいものが見られた。

海で泳ぐMさんはマーメイドの様だったし、
Tさんの海での笑顔は光っていた!
Mさんもすごくかわいくって、
Sさんの海で浮いている様子はすご〜く気持ちよさそうだった。
うわ〜私、今すごくキレイなもの見てる!!って感動していました。

吉本ばななの本の文が、私の言いたい事と同じなので、以下書きますね。

「人生って、そうやって何者かに導かれて、縁のあるほうへどんどんつながっていくものなんだろうな… と正直に思う。そして答えはあとにならないとわからないようにできているのだ。だからこそ面白いのだ。あれこれ考えずに、ただ興味と勘のおもむくままに生きた方がいいのだと思う」 

『日々の考え』よしもとばなな リトルモア


龍神橋で「どうか月をみさせてください。月をみて、これからの人生を前向きに生きていきたいのです。今までの自分を変えたいのです。」とお願いしました。

月がみられた時「うわーこれからは本当に前向きに生きていかなきゃいけないんだー」とビビリました。(汗) 月の光は、優しく美しく私を包んでくれたようでした。
寝ていた訳ではないけど、寝ていた様な… 不思議な感じがしました。


みんなの表現力、素晴らしいなぁ〜。
みんなステキねぇ、って思います。
こうやって分かち合えることに、心から幸せを感じるので、
来年もいろいろ、企画しちゃいますよっっ!
すでに5つくらいは計画中ですが。( ´艸`)
やはり自然の力を借りると、
そして、ガッツリ時間を過ごせると、早いのでねぇ。
またいずれかでご一緒できるのを楽しみにしています♪


☆「地球と宇宙と☆ゆるり遊んだ仙酔島レポ」はこちら




2016/11/27

地球と宇宙と☆ゆるり遊んだ仙酔島レポ


シャスタに行く直前に、私の急な思いつきで告知しました
スーパームーンに、地球と宇宙と☆ゆるり遊ぶ旅 in 仙酔島(広島県福山市)」。

11/14(月)〜16(水)っていう
ド平日だし、場所もマニアックだし、
そんなに来れる人はいないだろうな〜…
と思っていたら、いやいやいや…
あっという間に満席となってびっくり。

しかも、最初に申し込んでくれたお二人は
平日は思いっきりお仕事のはず。。
聞けば、後のことは考えず、直感で申し込んでくれたとのこと。
だから、「仕事どうしよう」「子供どうしよう」
って、後から大変だったようですが… ^ ^;
まあ、なんとかなるもの。
あれこれ考えずに直感で決めちゃうのは、さすがです。

そして、参加者に
2014年のシャスタ参加者がお一人、
2015年のシャスタ参加者がお一人、
2016年のシャスタ参加者がお一人、
…とですね、歴代のシャスタな方々が勢揃い!っていう。。
これもなかなか面白かったです。( ´艸`)

うち、1泊2日参加の方がお二人いて、2日目のランチで合流して、夕方に選手交代したんですが、そういうのも含め、すべての流れが必然なのよね〜…ってことを、これまた再認識させられる旅でした。

意図通り、まさに「浄化と再誕生」の旅になりましたねぇ。

お一人、「日帰りでも参加したい!」というこの土地にご縁のある方が、体調を崩して急に来られなくなってしまったのは残念でしたが、きっとまた、ベストなタイミングに行けるに違いないと思います。


さて、一日目。
福山駅から鞆の浦行きのバスの中で皆さんと合流。
30分ほどバスに揺られた後、ランチしようと、お客さんオススメの「潮待ち茶屋」へ向うと、なんと閉店してしまった模様。。( ̄□ ̄;)どうりで、何度電話しても「プッ」って1秒で切れてしまうわけだ…。
なんで、気を取り直して「千とせ」に並んで鯛茶漬けを。
プリプリで、おいしかったです。

鞆の浦は「崖の上のポニョ」の舞台でもあり、「流星ワゴン」のロケ地だったりもするせいか、平日とはいえ、海外からの観光客も結構多かったですねぇ。


そして並びにあるお豆腐屋さんで、デザートに豆腐プリンを。
ここのオジサンがなかなかのツワモノで、話し出すと止まらない〜。
面白かったです。


そしてこーんな連絡船に乗りまして、5分。


あっという間に仙酔島、着いちゃいます。


船着き場から歩いて5分ほど、途中の坂が荷物が多いとキツイですが、天皇陛下もお泊まりになった宿「ここから」に到着。


ロビーはこんな感じ。
15:00に早速チェックイン。


お部屋からは、目の前に海が見えます。
ポツポツ雨も降る曇り空でしたが、時折太陽も顔を見せてくれました。
さて今宵のスーパームーン、見れるかなぁ〜。


お部屋に荷物を置いたら、島を把握するべく、海岸沿いをずーっとお散歩。
ここが「五色岩」。
青・赤・黄・白・黒の五色の岩が1キロに渡って続いてます。


さらに先にある「閃きの門」の浜。
門といっても、目には見えない門ですけどね。
すでに瞑想してる方、いました。
私達も、しばし…。
龍神さんにも、ご挨拶。


どんよりしてますが、、「スーパームーン、よろしくっ!」。


田ノ浦の浜からは、美しい夕景を見ることができました。。


わ〜い。ありがと〜!!!の図。
「スーパームーンも、よろしくっ♡」


夕飯はここ、「洗心の間」でいただきます。


この日は、海鮮鍋♪
見て、この新鮮なお魚たちっ!!
見るからにおいしそ〜。


お刺身もプリプリです。


そしてここでは、和太鼓の演奏も聞けるんですね〜。
恵比寿さんが現れて、一人一人に打ち出の小槌をふってくれました。(笑)


なかなかに力強い演奏。
この日は団体のお客さんもいて、盛上がってました。

夕飯終わりでは、残念ながらまだ月は見れず。。
小雨降る中、田ノ浦の浜で電磁波をアースしつつ、瞑想。
そしたら雨脚がだんだん強くなってきました。^ ^;
冷えたので、お隣の国民宿舎の「海水風呂」で温まり、
お部屋に戻って「小さなお茶会」。


泊まりだと、時間を気にせず話せるのがいいんですよね。
一人づつ順番に、話したいように話してってもらいました。
なんやかんや、上辺の話ではなくて、深い話になります。。

初対面で不思議、って思う人もいるかもしれませんが、
初対面だから話せることって、結構あるもんなんですよ。
とはいえ、今回の5人は「酵素作りで会いましたね」とか「お茶会で会いましたね」とか、まあ、どっかしらで会ってたりしましたが。(笑)


そうやって話してたら
「今回は、牡牛座の満月なので来ました」
というお客さんの言葉に
「そういえば、スーパームーン、どうなったかな?!出てないかな? 見に行ってみよう!!」という流れになり、、外に出てみたら、、なーんと、雨降ってたにもかかわらず、出てきてくれてましたよ〜!!!
ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ

みんなの祈り、ちゃーんと届きました☆


しかもムーンボウ(月のまわりに虹)がまた、
とっても幻想的で、美しくって。
見惚れてしまいましたねぇ…

ずっと月が出るのを待ってたらしい、
月1で仙酔島に来ているという男性が
「ちょうど今出たんですよ。皆さんラッキーですね。」と。
たった30分ほどだったスーパームーンの出番、
見逃しませんでしたぁぁっ!!
ありがとう、宇宙!!


そしてスーパームーンに、みんながひいたカード。
それぞれに、頷きながら、就寝。。


二日目は、朝6時にロビー集合。
着いてみての偶然(という名の必然?笑)でしたが、毎月1日と15日だけ、この宿では「日の出ツアー」(無料)というのを催行しているということで。
天気はご覧の通りの曇り空でしたが、雨じゃないので決行されました。


海岸沿いをずっと歩いて、烏ノ口展望台まで30分ほど。
「ここからの朝日は、日本で一番最初に登る」と云われているとか。
でも、さすがに見えたのは明るくなっていく雲。(笑)
残念でしたが、いい景色が見れました。


「閃きの門」も、雲間からさす光がいい感じ。


だんだんと、太陽も顔を出してくれ始めました。


帰り道、それぞれに好きな五色岩で、エネルギー補給。


ハマる岩は、人によって違います。


岩との対話。


こんなんしてるうちに、ビリな私たち。
全く気にしてないですが。(笑)


そして朝食。
早起きすると、ハラペコになりますね。
おかゆが染みます。


宿のすぐそばに「龍神橋」があるんですが、
お参りの仕方があるというので、
「日の出ツアー」の案内人のおじさんにレクチャーしてもらいました。


そう、ここには「龍の背中に乗れる場所」があるのです。


この松の木。龍神さんに見えますか?


三角のウロコの岩の上に乗って、願掛け。
一人ずつ。


そして山の中へ…
大弥山まで、ちょっとしたハイキング。

仙酔島には小弥山、中弥山、大弥山があるんですが、
宮島の「弥山」のもとになったそうです。
仙酔島はもともと、厳島神社建立の候補地だった場所ですからね。


枯れ葉のつもったフカフカな道を、
一時間ほど歩きます。


途中「蝶の道」と名付けられた道もあるんですけど、
この季節にもかかわらず、何匹か飛んでてくれました。
蝶=変容のシンボル。
ホントに今年は、いろんなところでいっぱい蝶に出会いましたねぇ。


ここまで来ると、道も平坦になって、だいぶラク。


五色岩のエネルギーのせいで、
くねくねと曲がりくねったウバメガシがいっぱい。


「閃きの門」の浜で一休み。
波音を聞きながら寝転がったり、瞑想したり。
思い思いの時間。


今回集まった皆さんはやはり、龍神さん繋がりでしたねぇ。
私もかなりご縁がありますが(っていうか、何度か龍体だったこともありますが)、皆さんの龍神さんが何色か聞いてみたら、Sさん:白、Mさん:赤、Rさん:黄、Tさん:青〜黒、深緑みたいな感じでしたねぇ。
なかなかのバラエティ。


「宇宙の神秘に心を向けたとき、目の前に大門が現れ、天と地をつなぐ宮柱が現れると云われています。大門が開くことは『生まれてきた役割、役目に気づく』ということです。」
と書かれてましたが、光が宮柱のようでした。


と、びっくりしたのが満ち潮。
数時間でこんなに〜〜?!?!ってくらい、満ちてました。
朝は余裕の海岸沿いの道が、昼にはこんなことに。
仙酔島は干満の差がすんごい激しいところなんですねぇ。

波がひいた瞬間にたたたっと走った方が早い気がするんですが… なぜか柵に登って渡ろうとして逆におっこちそうなTさん(写真左)。さあさあ、天然がいい具合に炸裂してきましたよぉ〜。でもこれはキケンだから、止めた方が良いですね。^ ^;


朝の写真と見比べると分かりやすいんですが、
昼間は道に波がかぶさって、歩くのギリギリになります。
これ以上になるとキケンなので、山道を通る方が安全。


無事に戻って昼食〜!
鯛づくしの御膳にしてみました。


ここで今日から1泊2日するMさん合流。
ちょうど一緒にご飯も食べられました。

そしてこの後、6人でここの名物でもある江戸風呂へ。

お風呂なんでね、写真がないのが残念ですが、
まずはTシャツ短パンに着替えまして、

1・海藻蒸し風呂 
2・母親の胎内風呂(高濃度塩水風呂)
3・ヨモギ蒸し風呂 
4・世界一の大露天風呂(つまり、海!!)
5・砂浜を素足でお散歩(電磁波アース)
6・シャワーで砂を洗い流す
7・歳時記風呂(この日はみかん風呂)

って順番で入って、
体内の毒素を出してデトックスするお風呂なのです〜。


ここで起こりましたのが、
通称「マッパ事件」。www


「寒いのに海になんて入れるかな〜?!」
と言ってたのもどこへやら、
一度入ってしまえばあたたかくすら感じられるもので、
みんなして海にプカプカ浮き始めました。


と、唐突にTさん、
「なんかもう邪魔だから、脱いじゃえ!」と
まさかの海の中で真っ裸に。 (^∇^;)

「気持ちいい〜!まとわりつくものがないだけで、全然ちが〜う!」と。


すると続いて
「マジ?!私も脱いじゃおっかな!!」
と次々に賛同者が。。わぉ。(  ゚ ▽ ゚ ;)


いやいや、まだ3時半くらいなので明るいうえに、
目の前には国民宿舎が立ってる場所ですよ。
みんな、解放されすぎ〜!(≧◇≦)
オモシロ過ぎ〜!!
誰も想像してなかった展開となりました。


と、死体のように、海中出産でもしたかのように、
浮いてるSさんにみんな大ウケ。
「何か産んだでしょ?!」
<私>が死んで、<私>が生まれたようです。。


ここまでの下り、
みんなゲラゲラ笑いが止まらない状態でして。
大いに笑いましたね〜。
笑いは解放です。

そうしてここは
「マッパの浜」となりましたとさ。


部屋に戻ると、また美しい夕景が。
昨日すでにエンジェルカードは引いたばかりでしたが、
「マッパの浜」で生まれ変わった今の私達が引いたら何がでるだろう?ってことになり、また引いてみることにしました。


するとびっくりなことに、
4連チャンでインドリエルがっ!

「ライトワーカー、夕日に溶ける」
photo by Mさん

インドリエルは私が今まで引いた中で、
44枚中圧倒的1位で出てくるカードではあるんですが、
4連チャンはさすがに初めて。

みんなライトワーカーなのねぇ。


ここでMさんが帰る時間となりました。
みんなで渡船場までお見送りに。


一人帰るのって、なかなか寂しいものがあります。
しかも船って。。郷愁ありますよね。


そして本日の夕飯!
陰陽五行をもとにした、野菜がいっぱいの薬膳鍋。


とくとくとく…
「願いが叶う神の酒」という名の、若竹を使用したお酒を飲むお二人。
注文を受けてから、本当に山に入って竹を切ってきてくれるんですよ〜!スゴイ!


この日の和太鼓の演奏には、獅子舞が登場。
一人一人、頭をカプっとされました。


食べ終わって外に出ると、煌々と輝くまんまるお月様。
あまりに美しいので、昨日できなかった分、
今宵も「マッパの浜」で瞑想することに。

photo by Mさん

月を見つめながら。
月明かりに照らされながら。
波音だけが、聞こえます。。

photo by Mさん

私の一眼レフでもiPhoneでも写せないんですが、
Mさんのスマホ、すごい。
こんな暗がりで、不思議な写真が撮れてました。
ちなみに死体のように横たわっているのは、Rさん。

冷えたので、軽く温泉であたたまってから、小さなお茶会。
途中合流したとは思えぬなじみ具合のMさんの話を中心に、
この日もいっぱい話して笑って、いっぱい気づいた夜となりました。


夜遅くまで盛上がっても、朝早く目が覚めるのが旅ってもの。
西に沈んでゆく月を見ながら、朝日を見るために「閃きの門」へ。

私はTさんMさんと歩いてたんですけど、
ふと音楽が鳴り出して、Mさんが「わ!これ、私が大好きな曲!なんで?すごーい!」と言い出しました。島内放送に聞こえたわけですね。で、「いや、でもそれ、携帯からじゃない…?( ̄∇ ̄;)」で朝から大爆笑。(*≧m≦*)
Tさんがシャスタでやらかした携帯ヤッホー事件(☞こちらでどうぞ。笑)に似ていたから、余計に。。ここにも天然、イタ〜〜っっ!!ってね、盛上がってしまいました。
でも、その曲で目覚ましでもかけてたのかと思いきや、そうではなく、着信音でもないということで、何故に鳴ったのか… そこは不思議なまま。


満潮になると道が閉ざされてしまう、下加美島へ渡ってみたら、
貝がいっぱいへばりついてました。
踏みしめると、ざくざくいいます。


昇る太陽。
わぁ… やっぱりパワフルだぁ…


それぞれに心地よい場所を見つけて、太陽を浴びます。
幸せ。


タヌキの足跡。(笑)

なんかラジオ体操がしたい気分になり、
スマホから流れる音に合わせて、みんなで海を見ながら
久しぶりにラジオ体操しちゃいました☆


帰り道、「鏡岩」でエネルギー補給。
死体だ… w( ̄▽ ̄;)w
死と再生。であります。


海岸沿いにある、こちらは表鏡岩で、
裏鏡岩もあります。


そして朝食。
みんな、眠そう…。(笑)


チェックアウトして荷物を預けたら、またお散歩に。
と、「マッパの浜」で消防隊の方々が練習をしてました。


この時間は、もうみんな自由に。
五色岩やピラミッドの中で瞑想したり、
「閃きの門」の浜で寝転がったり。
「開運感謝玉」を作って奉納した人も。


この島の龍神さんに「みんなにギフトを下さい」ってお願いしてみたら、シャスタの時みたいに言葉で来るのではなくて、みんな同じ、光の玉でした。
「あとは自分の意志で」と。
お揃いのドラゴンボール。
ありがとうございます!!o(^-^)○


ちょっと登ったとこにある裏鏡岩でもエネルギーチャージ。
ここでは上向き。


ここから見た雲は、鳳凰のようでした。


浜に戻って、みんなで写真の撮りっこ。
ジャンプしたり、舞ったり。。
みんな可愛い!美しい!
私も何かの機会に使お〜っと。(Mさん、ありがとう♡)


帰りは満潮で海岸沿いの道は通れないので、
仙人ヶ丘を越えていくことに。
ここからの眺めも素晴らしいものでした。


と、キャンプ場に着く辺りで、タヌキみたいな動物がっ!!
真ん中に写り込んでるの、分かるかな〜。
タヌキみたいだけど、顔がタヌキじゃないみたいな生き物だったので、なんだろう?!と走って追いかけましたが、逃げられました。。。でもこの島にはタヌキしかいないらしいです。顔はタヌキっていうよりビーバーみたいでしたけどねぇ。まあ、ビーバーも日本語では海狸(うみだぬき)って書くくらいですが。^ ^;


そしてお昼は蒸し寿司。
「15分でできます」と言われましたが、ここは時間の流れが違う。。結局40分くらいかかり、帰りの船の時間がギリギリになりましたが、なんとかセーフ!


旅を振り返り、シェアしながら、
最後まで盛上がったリトリート合宿となりました♪

と、外に出ると、すんごい大きくて長〜い龍雲がっっ!!

しっぽ

真ん中

頭の方

とてもじゃないけど写真1枚じゃ収まりませんで、
3枚に分けて撮りました。
どうぞ想像力で繋げて見て下さいまし。

見送りに来てくれたんだねぇ。
ありがと〜♡


2泊3日とは思えぬ濃い時間。
こういうのはねぇ〜、一人じゃあ無理なんですよ。
人と人がいて起こるケミストリー(化学反応)。
アルケミー(錬金術)。
奇跡。っていうのが、あるんですよねぇ。
それはきっかけさえあれば、勝手に起こります。

「浄化と再誕生」ってテーマを設定したのは私だけど、
後は勝手に起こったこと。
そうなるように、なってるんですねぇ。( ̄∀ ̄*)

私はもう一人旅は十分過ぎるほど堪能したので、
やっぱり今は、こうやって皆さんと分かち合いながら、
奇跡を起こし合っていくのが楽しいです。
ありがとうございます!


☆皆さんのご感想はこちら
>>それぞれに思いを抱えながら参加してくれて、
それがどんなふうに変化していったのか。。
仙酔島に興味がなくても、
<解放の軌跡>としても参考になると思いますので、
ぜひ読んでみて下さいね。