information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
6/30(日)森の中で過ごす、日帰りドライブリトリートvol.4〜ヒルデガルトレシピのランチも♪は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳細はこちら
7/9(火)〜12(木)「教会で春原恵子さんのコンサートと空海を巡る旅(高知)」2泊3日と、「+剣山(徳島)」3泊4日、残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
6/22(土)レベル3授業は満席となりました。
6/23(日)レベル4授業は満席となりました。
6/24(月)レベル5授業(レッスンのみ)満席となりました。
6/25(火)レベル5ティーチャーコースは満席となりました。(レベル5レッスン受講済みの方のみ)
キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご相談ください。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら
レベル1授業は、年内の土日にあと1回だけ開催予定です。

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2012/12/30

「新春オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」vol.5 @荻窪6次元のお知らせ


新年早々、1月も荻窪の素敵なカフェギャラリー「6次元」さんで「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」をさせていただくことになりましたので、お知らせ致します☆ 
そしてお待たせしました!9月以来、4ヶ月ぶりの週末開催です。


日時:1/12(土)13:00〜15:00
12:30にはオープン致します。できれば10分前には来て、13:00にはボトルを1本選び終えられるようにご協力いただけると嬉しいです。
参加費:1500円(お茶とお菓子付き)
場所:6次元(杉並区上荻1-10-3 2F TEL: 03-3393-3539)
定員:15名
必要なもの:筆記用具
予約:件名を「オーラソーマお茶会5」とし、お名前、参加人数、携帯番号、を明記の上 neiro.healing@gmail.com まで。定員がありますので、お早めに。 
満席御礼!! ご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで1/5でご予約が定員を越えました。キャンセル待ちご希望の方は、その旨メール下さいね。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。

オーラソーマのコンサルテーションでは、普段は4本のボトルを選んでいただいていますが、この日はまず皆さんに111本の中から直感で1本だけボトルを選んでいただきます。
それをご自分の前に置いていただいた状態でお一人づつ自己紹介をしてもらいながら、例えばその方の選んだボトルが「赤」だった場合には、私が「赤」という色の持つ意味について説明していく、という流れになります。
同時にその方についても触れながらお話していきますので、単にそれぞれの色の持つ意味を知るだけでなく、自分についても再認識・再発見していくことができると思いますよ。

1本目に選んだボトルは「使命と目的」を表すとされていますので、自分の「使命と目的」は何なのか?魂の核の色は何なのか?今世のテーマは何なのか?自分の本来の質はどういうものなのか?思考の傾向は?
・・・そういったことを自分が選んだ色を通して知り、気づいていくことができます。

この日は2013年最初の新月。
本来の自分と繋がりやすくなるように、最初にポマンダーを使って、軽く瞑想もする予定。前回好評だった、美しい倍音のコシチャイムも使いますよ〜。

そして、せっかく年の始めですから、今回は、イヤーボトルについても少しばかり触れたいと思います。あなたにとって、2013年のテーマは何なのか?色を通して、ちょっと意識してみましょう。

1対1のコンサルテーションももちろん深く探求できて面白いんですが、こうやって皆で集まってボトルの意味をシェアしていくことには、また違った面白さと学びがあります。毎回、私の話だけではなくて、集まった皆さんがお互いの話すことから、たくさんのことに気づいてく。半分以上、お客さんが作り上げている会といってもいいと思います。私が話す色の言語のお話は基本毎回同じですが、お客さんが変わると、当然ながら触れるテーマが変わってきますので、以前参加された方でも、参加する度にまた、新たな気づきをお持ち帰りいただけるんじゃないかな、と思いますよ。

オーラソーマをまだ体験したことのない方も、
オーラソーマを体験したことのある方も、
皆で色を楽しみましょう!

1年の始めだからこそ、お申し込み、お待ちしています。
ちなみにこの日、15時以降は6次元さん、通常営業になりますので、お茶会で仲良くなった方はそのままお茶など注文して、おしゃべりしてくのもアリですよん。


★オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第四回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら


2012/12/29

「田中一光とデザインの前後左右」@21_21

唯一写真撮影が可能な廣村正彰さんのインスタレーション。
一光さんが色彩選定した、タント紙とカッティングシートが使われてます。

以前のお仕事の関係で、イッセイミヤケ事務所の方にチケットをいただき、六本木の21_21で「田中一光とデザインの前後左右」展を見てきました。
面白かった!
私は今まで、アート雑誌の編集やったり、CDジャケットの制作したり、ビジュアルプロデュースのお仕事したりしてきたので、もともとグラフィックデザイン自体にとても興味があるんですが、日本の伝統文化もとても好きなんですね。一光さんは琳派、浮世絵、伝統芸能などにも精通されていて、そういった本の装丁も数多く手がけているので、それはもう、余計に、見ているだけでわくわくさせられました。

今回の展示でありがたかったのは、展示された本自体は見たくてもめくることはできないようになっているのですが、その代わり、iPadでデータ化された中身を見られるようになってたところ。本のデザインというのは、全体を通して意味を成すものですから、それがあるおかげで一光さんの意図が見えてくるのが興味深かったです。

そこで見つけた「JAPANESE COLORING 日本の色彩」という本、ネットで古本を見つけて早速購入してしまいました。ついつい「色」には反応してしまいます。(笑)


日本人が色彩をどのように捉えてきたのか、
「紅白」「緑」「藍」「墨」「黄金」「多彩」に分けて、日本文化を美しい写真とともに紹介している本なのですが、日本人なら誰もが何気なく日常の中で見ていた風景を「色」でくくることで、「色」を通した日本人の価値観に改めて気づかされるんですね。
例えば日本には「紅白」という考え方があります。この本、表紙が日の丸弁当になっているんですが、私たちの国旗自体がまさにそう。赤と白。吉田光邦さんは書いています。

「赤を生命の色とし、復活の色とするのは世界に共通の感覚である。血を思わせ、太陽を思わせる赤は、いつも人間に生命力を注ぎこむ力のしるしであった。
これに対して白は、日本では神の色と考えられた。神は純白ですこしの汚れもない、純粋な存在であるから。そこでこのふたつを組み合わせることは、いつも神の力による限りない生命力、限りない幸福を象徴するものとなる。」

個人的には、私が古事記などから感じるのは、日本人にとって神はとても人間臭い存在で、純白純粋とはまた違ったように思うので、白=純粋=神ではなく、白=光=神という方がしっくりきます。でも、白と赤の組み合わせの意味するところには同意。また、紅白歌合戦のように、男性性と女性性の象徴としても使われますよね。

ちなみにオーラソーマにおける色の考え方は、特定の国や宗教には縛られていません。もっと大きな、「地球」とか「人間」という括りでの話になってきますので、「この色にこんな意味があるんだ」と驚くこともしばしば。同時に、「赤にはやっぱり生命力とか情熱、怒りっていうキーワードがあるんだなぁ」と、持っているイメージとの合致に納得させられることも多々あります。こうやって、「色」を意識しながらまたまわりを見回してみるのも、楽しいものですよ〜。

今回の展示で一光さんのデザインを見ていたら、また違った視点からこの世界を見直したくなりました。「たかがデザイン」と思われる方もいるかもしれませんが、「されどデザイン!」なのです。一光さんは著書の中で書いています。

「傷ついた地球の再生を考えるデザイン、非西欧文明の再認識、コンチネンタル・スタイルからの脱出、快適追求の後退、きれい事でない国際交流、地球人認識から発生するさまざまな思想の衝突、新品のツルツル、ピカピカではない美意識の復興。それらが二十一世紀デザインの最大の課題ではないかと思う」

日本人なら誰でも知ってるであろう「無印良品」のアートディレクションなどを考えると、一光さんがデザインを通して成そうとしたことの一片が見えますよね。デザインによる思想の視覚化。メッセージに溢れた展示だと思います。1/20までやってますので、興味のある方は是非〜。




2012/12/28

KARIKAお茶会vol.3のご報告



12月22日に開催しました、小林里香ちゃんとの3度目のKARIKAお茶会、9人の方々にお集りいただき、和気あいあい、楽しく終了しました。参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

「こういう場では、普段知り合えない人とも知り合えるから面白い」との声もいただきますが、実際、職業的にも年齢的にもバラバラ。でも縁あって集まったわけで、今回は持ち寄りパーティーも含め7時間の長丁場でしたが、おしゃべりは尽きず、あっという間に時間は過ぎてゆきました。放っておいたら何時間イケるんだろ?って感じ。(笑)

以前の、里香ちゃんが遊びに来てくれた6次元のお茶会にいらしたお客様が、「お二人の和やかな雰囲気に魅せられて」と、早速来てくれたのも嬉しかったです。私たち2人のおかしな掛け合い漫才テイスト、今回も楽しんでいただけたらこれ幸い。でございます。


今回のお茶うけは、KARIKAでも売ってる「柿日和」。
柿本来の自然の甘さで、おいしかった〜。



こちらは今回の皆さんが選んだボトル↑。上下オレンジのボトルと、コーラルのボトルを選んだお客様にはもう1本選んでいただきましたので、計11本のボトルとなっています。
(なぜもう1本選んでいただいたかというと、オーラソーマにおいて1本目に選んだボトルは魂の色を表すと言われていますが、一般的にオレンジ、コーラルの光線の上に転生することはほとんどない、とされているからです。この場合、意識を超えた意識=超意識が、その人が気にかけていることを反映した色を最優先に選んできた、と考えられます。ですから、1本目の下層にオレンジやコーラルのあるボトルを選んだ時は、その色を必要としている可能性が高いので、特にボトルを使ってみることをお勧めします。)

このお茶会では、1回目はレッド、2回目はブルー、がテーマな感じでなんとなく統一感がありましたが、今回はご覧の通り、いろんな色が並びました。でもこうして眺めると、方向性的にはオレンジ、コーラル系が多かったかもしれないですね。


12/22は里香ちゃんの愛犬Bの一周忌でもあったので、
お客さんがこんな素敵なお花を持って来てくれました。

今回は、里香ちゃんのオーラソーマを2時間くらいと、私の体験ヒプノセラピーを1時間ちょっと、やったんですが、9人中8人がヒプノ初体験。結構深く落ちるので、「寝ちゃいました・・・」という方もいましたが、夢と一緒で、意識では覚えていなくても、無意識で何かを受け取っている場合も多いので、それはそれでいいのです。目覚めがスッキリしますしね。視界がクリアになるというか。1対1のヒプノの時は、起こしますけど。(笑)

「初めてでしたので貴重な体験となり、刺激を受けました」と言っていただけたり、「1対1だと責任感を感じるからちょっと緊張するけど、みんなとだとそれがない分リラックスできる」という感想も聞けたり、今回もやってよかったです。
確かに、1対1だと「見れなかったらどうしよう」という緊張もあるかもしれないけれど、みんなとだと、「私一人見れなくても別に問題ないし」という解放感の中でリラックスできるかもしれないですね。性格にもよるかもしれませんが、そういう意味でもこういう場を作っておくことは良いかもしれないな、と改めて思わされました。「緊張する」という方は、お気軽に、ここに慣れに来て下さいね〜。

持ち寄りパーティーには、お菓子もたくさん。
奥のシフォンケーキは、里香ちゃんがパティシエに依頼して
ShanRiShanのお茶を使って作ってもらったモノ。しっとりフワフワです。


みんなで持ち寄ると、こんなに豪華!!どれもおいしかった〜。


某お酒メーカーに勤めるお客さんがその場でモヒートを手作り。贅沢!
私はお酒は飲めないんですが、おいしそうでしたよ〜。

パーティーからは、里香ちゃんの愛犬クーも参加。
みんなのアイドルと化してました♥

この夏から始めたKARIKAお茶会も、皆様のおかげで3回開催することができました。
来年も、たぶんやります。
決まったらまたここで告知しますので、引続き、よろしくお願いしますね☆



☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆二回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆三回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら

★オーラソーマについて詳しくはこちら
★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら


<おまけ>

里香ちゃんがKARIKAで扱っているCOCONのカカトローション。サンプルをもらったので、絶賛使用中なのですが、ノンオイルなのでさらりとしているのに、しっとり潤うんですよ〜。ドクダミエキスや梅水など天然由来の成分だけなので、肌にも優しいからアトピーの方も使えそう。乾燥する冬に、保湿は必須!カサカサが気になる方はお試しあれ〜。

2012/12/20

年末年始休業のお知らせ


12/31, 1/1はお休みとさせていただきます。
また、1/2のご予約は12/30までにいただけた場合のみ受付、とさせていただきますのでご了承下さい。
Merry Christmas & A Happy New Year!!

2012/12/18

オーラソーマお茶会@6次元vol.4のご報告


12/13に荻窪の6次元で開催させていただいたオーラソーマお茶会、17人の方に集まっていただき、無事に終了しました。来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!!
今回は第4回目ということもあり、2回目のお客さんも3人来てくれていて、ありがたかったです。「楽しかった!」「行ってよかった」「また行きたい」といった感想をいただく度に、嬉しくてたまりません。感謝です!
今回もひとつ、お客さまの感想をご紹介させていただきますね。(ご本人の了承済みです)

「昨夜は本当に実り多き時間をすごせました!
目からうろこな内容で、あっという間に時が経ちました。
最後の最後まで残って質問攻めにしてしまってすみませんでした・・・
一緒に選んでいただいたボトル、母に近いうちに送ってあげようと思います!本当にありがとうございました。」

そしてこの方はご自分のブログにもたくさんレポートしてくれましたので、よかったら読んでみて下さいね。お客様視点のレポート、私にとっても新鮮で、楽しく読ませていただいちゃいました☆
「色んな方のエピソードを聞くうちに、自分の中にもある共通点や、一貫性を見つけたり、対照的な方の話を聞いて、なるほどと思うことなど、とにかく気づきの連続でした」と書いて下さってますが、実際、皆でシェアしていく時間は毎回、貴重だな〜と私もつくづく思います。

そして今回選んでいただいたイクイリブリアムボトルを眺めていたら、17本中6本がマスターボトルでした!今までで一番多いんじゃないかな・・・マスターボトルというのは、50番から64番までのボトルを指して言いますが、これらは全てペールカラー、もしくは上下いずれかにクリアがあるボトルとなっています。皆さんよくペールカラーを「薄い色」と表現されるんですが、オーラソーマではペールカラーには「クリアの光が入っている」と考えますから、ペールブルーであれば、「ブルーの色に光が当たっている=ブルーの色のキーワードを強調している」と見るんですね。だから本当は薄いどころか濃いんです。(笑)
クリアの光線は意識、気づきの意識を表します。なのでマスターボトルはそれぞれの全ての色について気づきをもたらす、とも考えられますね。「気づこう」「気づきたい」という意識の強い方が多かったのかもしれません。
(マスターについては、詳しく書き出すとすごく長くなってしまうので、ここでは控えますね。)

あと、今回の特徴としては・・・やたらボトルが売れました!!別に私が押し売りしたわけじゃありませんよ。(笑)
前回のお茶会で買って行かれた方の体験談がすごく説得力があったことや、他にもボトルを使ったことのある方が多くいらしたことで、自然と、ボトルを塗ることがどういう意味を持つのか、伝わったことが大きいと思います。
実際のところボトルは、目の前でご自分がそのエネルギーに魅かれて選んだものを使うことにとても意味があるので、後でネットで買うより実はずっといいのです。ボトルって、見た目は同じものでも、1本1本エネルギーが微妙に違ったりするんですよねぇ。。

オーラソーマの創始者、ヴィッキーは生前こう言っていたそうです。
「ボトルを眺めることは愛しい人の写真を眺めるようなもの、ボトルを塗ることは愛しい人を抱きしめるようなもの。」
粋でしょ?言い得て妙。

ちなみにボトルは人と一緒に使うことはできません。振った時に自分のエネルギーが混ざりますから、最後まで自分のボトルとして、自分だけで使いきって下さいね。(レスキューセットはその限りではありません)

ピレネー山脈のふもとで手作りされているコシチャイム

そして今回思った以上に好評だったのが、瞑想時に使用したコシチャイム
以前、牧野持侑さんのクリスタルボウルのコンサートに行った際に聞いたその音色が忘れられず、満を持して購入してお茶会の前日に届いたんですが(笑)、本当に美しい倍音なのです。これからのお茶会でも使っていきますね〜!

あと最後に、「ポマンダーとポマンダーエアコンディショナーの違いってなんですか?」という質問があったので触れておきますね。
ポマンダーは、人間のオーラの電磁場の部分に作用するように、エアコンディショナーはお部屋やまわりの環境に作用するように、作られているそうです。エアコンディショナーもポマンダーと同じ波動を含んでいるけども、ポマンダーの方がより精妙なエネルギー、といった感じでしょうか。
私は個人的にですが、精製水100mlにポマンダー(or クイントエッセンス)を40滴たらしてよく混ぜて、それをエアフレッシュナーとして使っています。部屋の浄化用に、ホワイトポマンダーか、クイントエッセンスのセラピスベイを混ぜることが多いですね。ホテルや旅館などで、重いエネルギーを感じるなぁ・・という時には、ディープレッドをお勧めします。


さてさて、次回年明けの1月は、4ヶ月ぶりに土曜日に開催する予定です。
また近いうちに告知書きますね〜。



★オーラソーマについて、詳しくはこちら

☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら

2012/12/12

マヤ暦サイクルの終わり

2010年に訪れたメキシコのパレンケ遺跡

オーラソーマのイギリス本校からメールが来ました。
それによると、マヤ暦サイクルの終わりは、12月21日の、ユニバーサルタイムでAM11時11分37秒、日本時間で夜20時11分37秒、だそうです。
この時間帯は、おそらく世界中のたくさんのスピリチュアルな人々が瞑想によって「そこ」に意識を向けているのではないでしょうか。私も部屋で一人静かに瞑想しようと思っています。

学長のマイク・ブースは、12/19〜23の5日間に渡ってメキシコで開催される「2012年惑星のスピリチュアルサミット」に参加しているとのこと。ちょっとサイトを覗いてみましたが、なかなか面白そうですよ。

そしてこの日は、惑星ニビルが地球に最も近づく日でもあります。磁力が強いので、地球にもそれなりの影響が出るかもしれません。フォトンベルトにも完全突入しますしね。

新しい時代が来るからといって、この日を境に見た目ががらりと変わるということではないようですが、とにかく地球のエネルギーが一瞬にして大きく変わるのは確かなようです。だから、その地球のエネルギーに私たちもついていけるように(もしくはそのためにも)、自分たちのエネルギーを上げる必要があります。もちろん個人の意志の自由がありますから「上げない」という選択もありっちゃあり。その先は、おそらくパラレルワールド。ってことでしょう。

光の方を選びたいなら、この時期は特に意識して、わくわくと、楽しく、穏やかで幸せな気持ちで過ごして下さいね。不安、心配、恐れ、怒り、嫉妬・・・そういった感情は、今のうちからできるだけどんどん手放してしまいましょう。簡単ではないかもしれません。でも、心がけるだけでも違います。感情に支配されてるな、と感じたら、ゆっくりと深呼吸を続けて、フラットに戻していきましょう。

21日、楽しみですね!
翌日(ある意味元旦。笑)はKARIKAお茶会なので、また、みんなとシェアできるといいな。



☆こんな時期なので、ゼニスオメガヒーリングのスペシャルセッション、ライトボディもオススメ。気になる方は、こちらをどうぞ。


2012/12/02

KARIKAお茶会vol.3のお知らせ


第3回目のKARIKAお茶会の詳細が決まりました〜!
開催日はなんと、マヤ暦が終わり新しい時代が始まると言われている冬至の12/22です。
(この辺に興味のある方は、こちら、以前のブログをどうぞ。)
せっかくの、この12/22をどんなふうに過ごそうか、前々から思案していたのですが、里香ちゃんと一緒に何かできたらやっぱり楽しそう♥と思い、この日の開催を決めました。なので今回は、お茶会後、希望者のみ自由に残っていただいて、持ち寄りホームパーティーもする予定。パーティーにも参加希望の方は、当日何か適当に食べ物と、自分の飲みたいものをご持参下さいね。

そして今回はご要望にお応えして、体験ヒプノセラピーも復活です。


<KARIKAお茶会@中目黒>

日 時:2012年12月22日(土)15:00~18:00くらい
            14:45にはOPENしますので、オーラソーマのボトルを1本選んでお待ち下さい。
場 所:中目黒 KARIKAサロン
(場所の詳細は予約後にお知らせします。ドンキホーテのそばです。)
参加費:3700円(お茶とお菓子付き)
定員:8名
予約:件名を「KARIKAお茶会3」とし、お名前、携帯番号、お茶会後のパーティーに参加希望か否か、を明記の上 neiro.healing@gmail.com までメール下さい。
8名の少人数制のため、事前振込とさせていただきます。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。
定員がございますのでご了承ください。
おかげさまで12/6時点で定員を超えました。ご連絡いただいた皆様、ありがとうございました。ただし、お振込確認時点でのお申し込み確定となっているため、振込の未確認によりキャンセルが出た場合にはお知らせさせていただきます。ご希望の方はお気軽にご一報下さい。

キャンセルについて 
◆ご予約3日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は0%とし、振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。  ◆2日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の半額を返金いたします。 ご予約前日〜当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。 


私がよく着けている天然石のネックレス「KARIKA」の作家でもあり、モデルでもある心友、小林里香ちゃんとの、ゆるりとしたお茶会です。

中目黒のKARIKAサロンは、公園のそばにあり、自然光が気持ちいい素敵な場所。過去2回のお茶会の模様は下記で読んでみて下さいね。
☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆二回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら


今回も皆さんには、最初に1本づつ、オーラソーマのボトルを選んでいただいて、それをテーブルに置きながらお話を聞いていただきます。光のあるうちにオーラソーマの話を、日が暮れて来た頃に体験ヒプノセラピーをやろうと思ってます。

体験ヒプノセラピーは、「ヒプノに興味はあるんだけど、なんだかコワイ気もして・・・」というお客様のためにも、「ヒプノってこんな感じ」という導入部分をみんなで体験できればな、と思って、始めました。
みんなで、なので、一人一人のビジョンにそった誘導はできませんが、皆さんが経験したであろうたくさんの前世の中から「一番幸せだった前世」を選んで行ってみていただこうと思ってます。瞑想に近い感じなので、あまり心配なさらずにご参加下さい。リラックスが大切なので、楽チンな恰好をオススメします。

★オーラソーマについて詳しくはこちら
★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら




ちなみにこの日も、里香ちゃんがやってるお茶のブランド「Shan Ri Shan」のお茶をお出しする予定。

*「Shan Ri Shan」のお茶は、茶文化研究家が監修のもと、唐の時代より伝わる茶経を基に、自然の環境下で製茶技師(人間国宝)より指導を受けた茶農家の人々の伝統的な手摘みにより丁寧に仕上げられている「安心、安全」にこだわった極上の中国茶。無農薬・無添加・無着色です。

生きている間にもう二度とは来ないこのタイミングに、一緒に楽しい時間を過ごしましょうね。
男性のご参加も歓迎しますよ!


2012/12/01

「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」vol.4 @荻窪6次元のお知らせ


12月も荻窪の素敵なカフェギャラリー「6次元」さんで「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」をさせていただくことになりましたので、お知らせ致します☆ 
マヤ暦が12月の冬至で終わり、新しい時代が始まるとも言われているこの時期。(この辺に興味のある方は、こちら、以前のブログをどうぞ。) 大きな区切りの最後の新月(かも?!)に、ちょっとだけでも、自分と向き合う時間を作ってみませんか?


日時:12/13(木)19:15〜21:15くらい
18:45にはオープン致します。できれば10分前には来て、19:15にはボトルを1本選び終えられるようにご協力いただけると嬉しいです。
参加費:1500円(お茶とお菓子付き)
場所:6次元(杉並区上荻1-10-3 2F TEL: 03-3393-3539)
定員:15名
必要なもの:筆記用具
予約:件名を「オーラソーマお茶会4」とし、お名前、参加人数、携帯番号、を明記の上 neiro.healing@gmail.com まで。定員がありますので、お早めに。 
満席御礼!! ご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで12/7でご予約が定員を越えました。キャンセル待ちご希望の方は、その旨メール下さいね。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。

オーラソーマのコンサルテーションでは、普段は4本のボトルを選んでいただいていますが、この日はまず皆さんに111本の中から直感で1本だけボトルを選んでいただき、それをご自分の前に置いていただいた状態で「12の色の言葉」についてお話を聞いていただきます。

お一人づつ自己紹介をしていただきつつ、例えばその方の選んだボトルが「赤」だった場合には、「赤」という色の持つ意味について説明していく、という流れです。同時にその方についても触れながらお話していきますので、単にそれぞれの色の持つ意味を知るだけでなく、自分についても再認識・再発見していくことができますよ。

1本目に選んだボトルは「使命と目的」を表すとされていますので、自分の「使命と目的」は何なのか?魂の核の色は何なのか?今世のテーマは何なのか?自分の本来の質はどういうものなのか?思考の傾向は?
・・・そういったことを自分が選んだ色を通して知り、気づいていくことができます。

この日は新月。
本来の自分と繋がりやすくなるように、最初にポマンダーを使って、軽ーく瞑想もする予定です。

1対1のコンサルテーションももちろん深く探求できて面白いんですが、こうやって皆で集まってボトルの意味をシェアしていくことには、また違った面白さと学びがあります。毎回、私の話だけではなくて、集まった皆さんがお互いの話すことから、たくさんのことに気づいてく。半分以上、お客さんが作り上げている会といってもいいと思います。私が話す色の言語のお話は基本毎回同じですが、お客さんが変わると、当然ながら触れるテーマが変わってきますので、以前参加された方でも、参加する度にまた、新たな気づきをお持ち帰りいただけるんじゃないかな、と思いますよ。

オーラソーマをまだ体験したことのない方も、
オーラソーマを体験したことのある方も、
色を楽しみましょ〜!

師走のお忙しい時期かとは思いますが、お申し込み、お待ちしています。


★オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら


2012/11/30

オーラソーマお茶会@6次元vol.3 のご報告


11/28に荻窪の6次元で開催させていただいたオーラソーマお茶会、14人の方に集まっていただき、無事に終了しました。来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

今回から人数を減らしてみましたが、やはりこれくらいがちょうどいいようで。やっと時間内に終わらせることはできましたが、オーナーの中村さんの「まだ大丈夫ですよ!」の声に甘えて、結局10時近くまで皆さんの質問にお答えしたり、いろいろお話させてもらったのでした。遠くから来て下さった皆さんも、夜遅くまでありがとうございました。

今回もいくつか、お客さんからの感想を掲載しますね。(お客様のご了承はいただいております)

始めての参加、始めての六次元カフェ、一番目という、ドキドキでしたが(笑)いくつかのキーワードから、いい気づきをもらうことができました。
ボトルもきれいで見ているだけで癒されてくるようでした。
赤、青、紫と意味を聞いているうちにとても仏教的な要素をかんじたり、
マゼンダ、ロイヤルブルーなどからはキリストの愛の感じを受けたり面白かったです。
 オーラソーマをちゃんと受けてみたいなと興味が湧きました。
また、機会があれば参加したいです。
素敵な時間をありがとうございました。」

「感想といえば、不思議なことが昨日ありました。
家にかえって、一つだけもっている石のブレスレッドを見ると
ピンクと水色でまるでボトル(57番)と同じ色でびっくりしました。
実は、ブレスレットも好きでえらんだというより、どうしてかそれを選んでしまったものでした。
ボトルを選ぶときには、ブレスレットのことは忘れていたので、同じ色を選んでいたことが不思議でした。
ボトルのメッセージは、ポジティブやネガティブな感じではなく、
本当の自分のありかた、方向性を教えてもらったような気がしてます。
なるほどーと腑に落ちることが多くて、いい気づきをもらうことができました!
瞑想のとき、なりたい自分をありありと実感したときから、自分の内からキラキラしたエネルギーと自信が湧いてきています。
それは、今日も続いてます!
これからも時々、この瞑想をしてみようと思います。
ありがとうございました♪」


「昨夜はオーラソーマが多くの要素で構成されていることを知りました。その分人の様々な側面を見て行くことになりますが、それはそのまま相手を尊重するレッスンになりますよね。すばらしい手法だなと思いました。ありがとうございました。」


毎回、皆さんの感想を読むと、「やってよかったなぁ」と感謝の気持ちに包まれます。私が伝えたいと思っていることがちゃんと伝わっていて、それ以上にたくさんのことに気づいていってくれる。嬉しいです。響く言葉はその人のその時の状況によってそれぞれだと思いますが、あの場を作っている一人一人が、お互いの話を聞きながら一緒に気づいていけるあの空間が、私はなんとも愛おしいです。


皆さんが帰った後、里香ちゃんと。

今回はKARIKAお茶会を一緒にやっている小林里香ちゃんもお客さんとして来てくれたので、途中、二人の掛け合い漫才のような会話(笑)が展開されてしまいましたが、皆さん、楽しんでいただけてましたら幸いです。私だけでなく、里香ちゃんというもう一人のオーラソーマプラクティショナーがいてくれたことで、またいつもとは違ったことも伝えられたんじゃないかなぁ。
そんな里香ちゃんとのお茶会も12/22(土)に予定しておりますので、追って告知書きまーす!こちらもよろしければ是非☆




12月のオーラソーマお茶会@6次元もお申し込み受付中。詳しくはこちら


★オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら

P.S. 今回参加して下さった皆さんへ
今回のお茶会で里香ちゃんと話していたお茶の話はこちらです。気になった方は読んでみて下さい。

2012/11/25

魔女会5


2年程前にあるヒーリングの授業で知り合った、ドラマーのchacoさんこと根本久子さんのお誘いで「MAJYOKAI 5」@二子玉川KIWAに行ってきました。
chacoさんが中嶋晃子さんと一緒に作った「Matilda from the town of Ashes -灰色の街のマチルダ-」というお話が、朗読と舞踏と映像とライブで展開されていく、絵本の中に入り込んだような世界。一見、シンプルなファンタジーなんだけど、ファンタジーというオブラートに包みつつ「あながちこれってファンタジーじゃないんだよね、現実なんだよね」って内容で、私にはchacoさんの伝えたいことがすごくよく分かりました。


灰色の街に住むマチルダは、自分の住んでいる世界が嫌でたまらなくて、一大決心をして旅に出て、思ったことが何でも現実になってしまう虹色の森にたどり着きます。そこでせっかく手に入れた幸せな時間。でも「こんなに楽しい時間が続くはずがない。きっとまたあの灰色の街に戻ってるに決まってる」と思うことで、マチルダはまた灰色の街に戻って来てしまいます。でも実はそこはすでに虹色の街で、単にマチルダが「灰色だ」と思い込んでいただけだったのでした。

皆さんも身に覚え、ありませんか?
すごく幸せな出来事があったとする。
「こんな幸せが続くわけがない」と早速不安になったり。
すごく楽しい出来事があったとする。
「こんな楽しいことばかりでいいわけがない」と早速心配になったり。
そしてその通りになって
「やっぱり。いいことは続かないんだ。」
ってまた思い込む。後はそのループ。
そして世界はあなたの思考フィルターを通してその通りに存在し続ける・・・。
チャンチャン。

もったいないことをしてるって思いませんか?
だから必要のない思い込みは、洗い出して転換させてった方がいいのです。がんばれば意思を持って意識を変えることもできるでしょうけど、もっと簡単にやろうと思えばそのためのヒーリングもいろいろあります。とにかく第一歩は、気づくこと。マチルダのように、ね。

ファンタジーと見せかけて真実を伝えているものって、結構いっぱいあります。以前ブログにも書いた「魔法少女まどか☆マギカ」もそのひとつ。気づこう、と意識してまわりを見渡すと、たくさんのヒントで溢れてる、って思います。



2012/11/23

母へのヒーリング

母がカナダからメールしてくれたナイアガラの滝の写真

母は私と一緒で昔から旅好きで、今も一人でツアーに参加して南アフリカとかにも行っちゃうような人なのですが、今年は足の腱鞘炎にかかってしまい「足が痛いから旅行も諦めなくちゃいけない・・・」とかなり弱気になっていました。

好奇心もさすがに痛みには敵わないようで、がっかりしている母に私は、毎週一回、遠隔でゼニスオメガヒーリングをすることを提案。7月から一回につき10〜15分ほど、腱鞘炎や老化のクリアリングシートなどをやるようになりました。

すると、その後何日間かは「今日は嘘みたいに痛みが和らぎました」とか「今日は体操に行っても痛くならなかった!」という喜びのメールが。でもまた1週間たつと元に戻ってしまい・・・その繰り返しが6回ほど続きました。

ちょうどその頃、母から「紅葉のカナダにいつか行きたいと思ってたけど、足が痛くてはと今年も諦めてた。でも、『締切間近お早めに』という文字を見たら無性に行きたくなって、今申し込みしちゃったよ。」というメールが届いたのもあって、私は「なんとかしてあげたいな・・・やっぱりもう少し時間をかけてじっくりやろう」と考え直し、7回目からは精神的なクリアリングのシートも入れて30〜40分かけて施術するようになりました。心と身体は繋がってますからね。

これが効果覿面。
母がカナダに行く前日に9回目を施術し、旅行中、足も痛くなることなく、無事に旅行を楽しんで帰って来てくれました。
よかったーーーー。ほっとしました。
ゼニスは遠隔でできるので、「いざとなったらカナダからメールくれればやるからね」と約束していたのも、なんとなく安心できてよかったのかもしれません。
ヒーリングを学んでいると、こうして思わぬ親孝行もできるのが、いいです。
(ちなみにゼニスは私も教えてます。養成講座について詳しくはこちら。)

今回、母への施術を通して分かったのは、やはり身体的疾患の場合は特に、ある程度の回数を必要とするようだ、ということ。
病院でも何度か通院するものだと思いますが、ヒーリングも、何度か受けることでの効果というものがある、ということを知っておいていただけたらなと思います。(こちらから強制することはありませんので、ご安心下さい。)


★ゼニスオメガTMヒーリングについて、詳しくはこちら。 
★ゼニスオメガTMヒーリングでできることは、こちら 
エネルギー療法を受ける際の注意はこちら。(好転反応について)
このヒーリングは、医者の治療に代わるものではありません。


2012/11/18

つじあやの@キネマ倶楽部


もはや10年来の親友、つじあやのちゃんのライブに行ってきました。
レコード会社時代に彼女のデビュー前からジャケットを担当していたのがキッカケで、未だに仲良くさせてもらっていて、上記「愛する人へ」のPVにもちょこっと出演させてもらったり、してます。もう数年前になりますが、仲間みんなでわいわい、楽しい撮影でした〜。

今回のライブはあやのちゃんがお仕事で作った楽曲ばかりを集めたアルバム「Oh!SHIGOTO Special」からのラインナップで、いつもとはまた違った雰囲気。皆さんもきっとCMでおなじみ「カゴメ野菜生活100」の曲、3番まであったって、知ってました?(笑)しかも3番はハワイ語なんですよ〜!会場の皆での輪唱、盛り上がりました。私としては、あやのちゃんと二人で旅したハワイ島のこともほのかに思い出したり。ラララ♪ラララ♪って歌ってると、スローライフな気分といいますか、なんだかスキップとか、したくなりません?


そしてコレ↑きっと皆の耳に残ってる「白鶴サケペット」の
♫しあわせ しあわせ 幸せなエブリデイ〜♪ 
このちょっと能天気な曲も、口ずさんでるうちに、嫌なことがあっても「ま、いっか」と思えるような不思議な力がありますよね。(笑)

幸せだから、幸せな気持ちになるのか?
幸せな気持ちでいるから、幸せがやってくるのか?
思考は現実化するって考えると、まず「私は幸せだ」って思っていることが重要な訳ですが、気持ちから入る時に、音楽って即効性があると思うんですよね。だから、これを聞くと気持ちがアガル!楽しくなる!がんばれる!とか、気持ちよくなる、心地よく感じる、って曲があったら、なにかにつけて聞くといい。無意識にまでしみ込んで行きますからねーっ。上記2曲の入ったあやのちゃんのアルバムもオススメですよん☆




2012/11/14

ダライ・ラマ法王と利根川進博士


ダライ・ラマ法王と利根川進博士の「癒しと智慧」と題した講演・パネルディスカッションを聞きに行ってきました。「癒しに関する古代と現代の智慧:身体と心のバランス」という、私も常々考え続けているテーマについて、宗教者と科学者という立場の違ったお二人からお話が聞ける、めったにない機会! これはやはり行っておかないと!と思い、無理やり時間をやりくり。会場には1000人以上の人が集まっていましたが、それでも友人知人の姿って、見つけられるものですね。5人ほど、会いました。(笑)

時間が短いのもあって、実際はディスカッション、とまではいかず、穏やかな会話といった感じでしたが、ダライ・ラマ法王にずっと手を握られて最初は照れくさそうだった利根川博士が、最後には自分からどんどん手を握り返していたのが微笑ましく、印象的でした。考え方は違っても、相手に対して常に友好的な姿勢と敬意を示すことの大切さを見せられたような気がします。

これからは、こんなふうに、どちらが正しいとか間違ってるとかではなくて、精神性や霊性からの視点と科学が融合した形の癒しが、きっと必要になってくるのでしょう。ダライ・ラマ法王が「仏教は意識の科学だ」と表現していましたが、そもそも、宗教と科学を対立事項として線引きしてしまったのが間違いで、本来、実はそう遠くないものだと私も思っています。(ただ、現代の日本では「宗教」という言葉から想起されるイメージが人によってかなり違うと思われるので、違和感を感じる人も多いかもしれませんが。)

私個人としては、科学は科学で素晴らしいと思っているけれども、それだけでは限界があると思っているので、科学的な視点も常に持ちつつ、スピリチュアルな探求を続けていきたいと思ってます。その、自分の中でのベストと思われるバランスを保っていきたいというか、そういう意味でも中庸でありたいというのが、この仕事をしていく上で心がけていることでもあるんですね。だから、宗教者と科学者の対話というこのシンボリックなイベントは、個人的にも意義深いものでした。

今回の講演内容について詳しくは、こちらのUSTREAMで映像が見られるようになっているようですので、興味のある方は是非見てみて下さい。




2012/11/07

好きなことを続けるってこと。


AHN MIKAちゃんが、今月、ついにCDデビューしました。
嬉しい・・・本当に嬉しい。
同い年の彼女が、この年で見事に夢を叶えたことが、しみじみと、余計に嬉しいのです。

アンちゃんとの出会いについては、以前、「オーラソーマとの出会い」にも書きましたが、私がこの道に進むきっかけをくれた人でもあります。
いつもひたむきに頑張っている彼女の姿は、応援したくなるだけでなく、こちらの姿勢もシャン!と正してくれるものがあり、尊敬する友人の一人なのですが、そんな彼女が大好きな歌について以前、言っていたことがありました。何度かチャンスはあったのに、歌だけは何故かうまくいかなかった、これだけやってもダメってことは、歌は自分にとっての使命ではないってことなのかな・・・、というような、そんなニュアンスのことを。

でも彼女は仕事とは関係なくても、ずっと歌を続けていました。
心から好きだから、だと思います。
そして、タイミングは、ちゃーんと、やって来た。。

タイミングって、あるんだなぁ・・・とつくづく思います。
もちろん努力もあるのでしょうけど、努力だけではどうにもならないことも、ありますからね。
なんかこう、純粋な想いがエゴから離れて自由になって、ぱぁーーっと空に放たれる時、引き寄せられるものって、確かにあるんだろうなぁ、と。

今年の頭に放映されたテレビ番組「歌うま」で優勝したのを見た人もいるかもしれませんが、アンちゃんの歌はうまいだけじゃなくって魂がこもってる。私もカラオケやゴスペルのライブで彼女の生歌を聞かせてもらったこと、ありますが、心にしっかりと響いてきます。2012年というこのタイミングで、アンちゃんの歌が世の中に広まっていくなんて、本当に素晴らしい!歌もエネルギーですからね。

大抵の人は「この年じゃ無理だから」とかね、年を重ねるごとに何かを諦めていったりすると思うんです。まあ実際、例えば私が今から「アイドルになりたい」とか言い出してもそりゃ無理な訳ですが(笑)。 そういうんじゃなくって、好きなことややりたいことは、年なんて関係なく、やったらいいし続けたらいい。その先に何があるかなんて、どうだっていいんじゃないだろーか。だって好きなことしてたら楽しいんだから、今が。しかも続けてくことでいつ何がどう繋がってくかなんて、分からないもんだよーー、人生、それって楽しくない? と、思う訳です。

アンちゃんは、それを見事に体現してくれた気がします。





2012/11/04

「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」vol.3 @荻窪6次元のお知らせ



2ヶ月ちょっとぶりに、またまた荻窪の素敵なカフェギャラリー「6次元」さんで「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」をさせていただくことになりました。今までは定員20名でやっていましたが、一人一人とお話ししていくと、どうにも時間がオーバーしてしまうので、今回はちょっと減らして15名にして開催します。

日時:11/28(水)19:15〜21:15くらい
18:45にはオープン致します。できれば10分前には来て、19:15にはボトルを1本選び終えられるようにご協力いただけると嬉しいです。
参加費:1500円(お茶とお菓子付き)
場所:6次元(杉並区上荻1-10-3 2F TEL: 03-3393-3539)
定員:15名
必要なもの:筆記用具
予約:件名を「オーラソーマお茶会」とし、お名前、参加人数、携帯番号、を明記の上 neiro.healing@gmail.com まで。定員がありますので、お早めに。 
満席御礼!! ご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで11/9で予約が定員を越えました。キャンセル待ちご希望の方は、その旨メール下さいね。
メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
12月も開催予定ですので、近々告知させていただきます!
オーラソーマのコンサルテーションでは、普段は4本のボトルを選んでいただいていますが、この日はまず皆さんに111本の中から直感で1本だけボトルを選んでいただき、それをご自分の前に置いていただいた状態で「12の色の言葉」についてお話を聞いていただきます。

お一人づつ自己紹介をしていただきつつ、例えばその方の選んだボトルが「赤」だった場合には、「赤」という色の持つ意味について説明していく、という流れです。同時にその方についても触れながらお話していきますので、単にそれぞれの色の持つ意味を知るだけでなく、自分についても再認識・再発見していくことができますよ。

1本目に選んだボトルは「使命と目的」を表すとされていますので、自分の「使命と目的」は何なのか?魂の核の色は何なのか?今世のテーマは何なのか?自分の本来の質はどういうものなのか?思考の傾向は?
・・・そういったことを自分が選んだ色を通して知り、気づいていくことができます。

この日は満月。
本来の自分と繋がりやすくなるように、最初にポマンダーを使って、軽ーく瞑想もする予定です。

1対1のコンサルテーションももちろん深く探求できて面白いんですが、こうやって皆で集まってボトルの意味をシェアしていくことには、また違った面白さと学びがあります。毎回、私の話だけではなくて、集まった皆さんがお互いの話すことから、たくさんのことに気づいてく。半分以上、お客さんが作り上げている会といってもいいと思います。私が話す色の言語のお話は基本毎回同じですが、お客さんが変わると、当然ながら触れるテーマが変わってきますので、以前参加された方でも、参加する度にまた、新たな気づきをお持ち帰りいただけるんじゃないかな、と思いますよ。

オーラソーマをまだ体験したことのない方も、
オーラソーマを体験したことのある方も、
色を楽しみましょ〜!

お申し込み、お待ちしています。


★オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら


2012/10/15

KARIKAお茶会vol.2のご報告

ボトルの色を説明する小林里香ちゃん(一番右)

10/13に開催しました、小林里香ちゃんとの2度目のKARIKAお茶会、7人の方々にお集りいただき、今回はなんとか1時間オーバーで(笑)なごやかに終了しました。参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

今回のお菓子はニューヨークのウーピーパイ。

今回は里香ちゃんがニューヨーク発のお菓子をお取り寄せ。THE SOUL snacksのウーピーパイとクッキー。甘さほどよく、ボリューム満点でした☆

里香ちゃん手作りのお茶ゼリー

そして薔薇茶と一緒に、前回も好評だった、里香ちゃんがShan Ri Shanのお茶から手作りしたゼリーも。さっぱりしていてスルリと喉を通るから、いくらでも食べれちゃいます。



今回は瞑想を挟んで2回、ボトルを選んでもらったんですが、こちらは皆さんが1本目に選んだボトル。こうして並べてみると、前回のレッド系とは対照的に、割とブルー系。男性が2人いたのもあると思いますが、また違った雰囲気になりました。

ちなみに今回のミラクルは、皆さんが来る前に、たまたまテーブルに置いてあったブルーとオレンジのパッケージのキャンドルを見ながら、里香ちゃんと「ピエロ(という名前のボトル)みたいだね」と話していたところ、一番最初に来たお客さんが選んだボトルがピエロだったことでしょうか。(笑)111本もあるのに、ね。


前回もブッダの言う、人間の苦しみには3つある、という話をしましたが、

持っていないものを欲しがる(ブルーの傾向)
欲しくないものを持っている(レッドの傾向)
何が欲しいか分からない(イエローの傾向)

今回は反発のレッドに対して、しがみつきのブルーがテーマだったのかもしれません。
色には常にポジティブな側面とネガティブな側面があって、どちらに光を当てるか、そのエネルギーをどう活用するか、はその人次第な訳ですが、ブルーのエネルギーを活用するにはどうすべきなのでしょう?
ブルーには「信頼」というキーワードがあります。
ブルーをうまく使うには「信頼という質を育てる」ことが大切。「必要なものは常に私たちにもたらされている」と信じることができますか?過去を振り返って、今までの出会いや出来事について、よーく考えてみて下さい。俯瞰した視点が必要になってきますが、そこを信頼できるようになると、だんだん物事に執着する必要がなくなっていきます。去っていくものに対して、「今の自分には必要がないってことなんだな」と思えるようになってくるからです。

「信頼」のテーマで私がよく思い出すのは、オーラソーマの創始者ヴィッキーさんの話。
ヴィッキーさんが、糖尿病で視力を失った上に生涯かけて貯めたお金を騙されて失った際、彼女はただひたすら落ち込むのではなく、「これだけいろんなものを失ったのだから、きっと何か新しいことがやってくるに違いない」と信じたそうです。その後、オーラソーマは生まれます。不幸な出来事に襲われた時にそんなふうに思えるなんてすごいな、と思うと同時に、「執着しない」ことの本質がちょっと見えた気がしました。

「ザ・マスター・キー」という本の中に
「困難、不和、障害などは、わたしたちがもはや必要としていないものを手放すのを拒否しているか、必要なものを受け入れるのを拒否しているかのいずれかを示しています」
と書かれているのですが、ここにもヒントがあるように思います。


今回参加されたお客様から、こんな嬉しい感想もいただいたので、ここにご紹介しますね。(ご本人の許可をいただいております。)

***

土曜日のお茶会でたくさんの収穫があり本当に行ってよかったです。

いま通っている職業訓練の学校では、就職活動支援の授業があり毎回スピーチをするのですが、回を重ねるごとに深みにはまっていました。
それで今回はカラーセラピーを受けることのほかに、人前で飾らず硬くならずに話す訓練!と思い参加を決めました。

自己紹介では迷いながらも、無職であることを隠さず話すことが出来ました。
里香さんから私が選んだボトルの意味とアドバイスをいただいたときは、私の苦悩にも光があたって報われる時が来るんだ!とすごく嬉しかったです。
でもその時は 何をどこまで話していいものか迷ってしまい言えませんでした。

私の生活では出会うことのない方たちのお話をじかに伺うことができたのもよかったです。
特にKさんが印象的で、どうしたらあんな風に自分を表現できるかと考えました。
それで私の伝え方が下手なのは表現力の乏しさだけでなく、伝えたい内容よりも相手の反応に集中しているうちに話が曲がっているのでは、と想像できました。
思いだす度に意識して改めていきたいです。

帰り道、Sさんにアレキサンダーテクニックの話を伺って興味がわき、
カルチャーセンターの体験教室に申し込みました。
12月なのでまだずいぶん先ですが楽しみです。

瞑想にもチャレンジしてみました。
エネルギーの渦に集中したら、他の雑念は消えました。
でも萬夕さんの声なしで”無”になるのは当分難しいようです。

私が選んだ2本のボトルも、どちらも必要とおもいネットショップで注文しました。(あのときお金を持っていたら買って帰って、すぐ体にすり込みたかったです)
ターコイズの女を目指します。

とりとめなくあれこれ書いてしまいすみません。
とにかく行って良かったです。


***

毎回、お茶会をやる度に思うことですが、こうやって集まってシェアすることの気づきの深さには素晴らしいものがあります。
皆さん、私たちの想像を軽やかに飛び越えていきます。
またやりたいな。次は12月の土日かな。と思ってます。
体験ヒプノセラピーにリクエストが多かったので、復活予定。
またここで告知しますね。


☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆今回やった7つのチャクラを浄化する瞑想についてはこちら
☆小林里香ちゃんのブログはこちら


2012/10/09

お茶会でやる瞑想のこと。



みなさんは、「瞑想」と聞くとどんなイメージが思い浮かびますか?

私は「瞑想」というと、2006年にブータンを旅した時、現地のガイドさんが山の斜面にいくつも立っている小屋を指差して言っていたことを思い出します。

「あの小屋が何のためにあるのか、分かりますか?ブータン人は、冬になると寒いし雪だし何もやることがないので、あの小屋に籠って瞑想するんです。」

これは、なかなかの衝撃でした。(笑)
何もやることがないからって瞑想?!とも思いましたが、瞑想することが当たり前で、日常な国民て、すごいなぁ…と。少なくとも、今の日本では考えられないじゃないですか。自分の内側に幸せと平和を見つけられるからこそ、「国民総幸福量」というあり方が成立するのかもしれないな、と思いました。

瞑想って、それくらい手軽で身近なものであってもいいですよね。
自分の内側のスペースへと入っていく、静かで平和な時間。
これだけ情報があふれた世界にいると、メディアや人の言うことなど、つい外側の情報に惑わされてしまって、不安や恐怖の方が先にたち、本当は自分がどうありたいのか、どうしたいのか、分からなくなってしまう場合も多いようです。

だからこそ、静かに自分と向き合う時間って大切だな、と思うのもあって、8月から始めたお茶会では、瞑想を取り入れてみています。お茶会をキッカケに、普段の生活の中にそういう時間を意識して持ってもらうことができたら、もしそれでブレてた軸が中心に戻っていったら、いいな、って思っています。

先日の6次元でのお茶会での瞑想の感想をいただきましたので、紹介しますね。この日は新月だったので、「なりたい自分」「やりたいこと」を思い浮かべてもらって、さらに「すでにそうある自分」「すでにそれをやっている自分」をイメージしてもらい、その中に浸ってもらいました。(ご本人の許可は得ています)

***

6次元に行って、瞑想するというので(誘導の)声を聞いていたら、
「なりたい自分よりも、既にそうある自分をイメージしてください」
とか言われた時に、なんかふっと楽になって、ナチュラルな自分みたいのがイメージ出来たんです。
その時の感覚が不思議だったので、次の日自宅に居た時に、あの時の感覚を思い出しつつ瞑想してみよう、と思ってさらに「何か思っても、深く追わないで眺めている感じ」と言われたのを思い出してなんとなく集中していたら、丹田の辺りにぐっと力が入って、気持ちが過去にぐっと引き寄せられる感じがしたんです。
そしたら、小さい頃の何の苦労もしていなかった頃というか、純粋だったころの気持ちになったような気持ちになりました。
でもあれは本当の過去や子供の頃に戻ったというよりは、そういう気持ちにマインドセットしたような感じでした。

***

こんなふうに「家でもやってみよう」とか、なにかしら、その人の気づきに繋がっていくと嬉しいな、と思います。


さて、13日のお茶会では、7つのチャクラを浄化する瞑想をする予定。
こういう世界のことを学べば学ぶほど思うんですが、イメージってホント、馬鹿にできないんですよ。だから、どんどん正しく活用していくべき!って思います。
今回の瞑想でも、第1チャクラから第7チャクラまで、イメージを使いながら順に浄化していくよう、誘導していきます。チャクラがくすんでいると、エネルギーの流れが遮断され、心身ともにポジティブではいられなくなりがち。体の中から負のエネルギーを解放していくんだ、という意思を持って、ひとつひとつのチャクラを丁寧に浄化していくと、エネルギーの流れがスムーズになり、直感も冴えてきて、本来の創造的な自分でいられるようになります。
音楽は、各チャクラのエネルギーのバランス調整や活性化を意図して構成された、Steven Halpernの「CHAKRA SUITE」を使う予定。

チャクラについては以前のブログ、こちらこちらをどうぞ。

里香ちゃん発案の面白い試みとして、瞑想を挟んで2回、オーラソーマのボトルを選んでいただくので、その前後でのご自身の変化も、ボトルを介することで、より感じていただけるんじゃないかな、と思いますよ。

「なんだか最近滞ってる感じがする」という方、是非お試しを〜。
残2席です☆(今回は男性も2名参加予定ですよ。10/8現在。)

2012/10/05

アンとの再会


去年に引続き、9月にゼニスオメガヒーリング本校のVice President、Anneが再来日してくれました。3日間、Anneの授業とリーディングを受けにがんばって幕張まで通いましたよ〜。


ゼニスのいいところは、一度受けた授業は無料で再受講できるところ。今回はレベル6の再受講もしたんですが、受け直す度にまた新しい学びとか気づきって、あるものですね。


今回、ゼニスが、何万年も前にすでに地球にあったものだと知りました。
1万年以上前、アトランティス時代に、その種族がゼニスをエゴのために使ってしまったのを、レムリアは止めようとしたんだけども結局止められず、その文明は滅亡し、以来ゼニスは地球から取り上げられてしまったのだそうです。でも、今回のゼニスの創始者、ビルを通して再びこの時代の地球にもたらされた、と。

アトランティスやレムリアという言葉をご存知ない人には何のことか「???」ですよね。どちらの文明も高いスピリチュアルパワーを持っていたとされ、レムリアはその力を精神性へ、アトランティスは科学技術へ向けたと言われています。私はこういう、一般的には怪しげな話(笑)をここですることは、苦手な人には苦手な話だと思うし、ドン引きされても何なので、あまりしないようにしていたんですが、ゼニスに関わりのあることですし、そう夢物語でもないので、あえてしておくことにします。(言葉については、検索すればいくらでもヒットしますし、ここで深く言及するのは長くなるので避けますね。)

一度取り上げられたゼニスが、なぜ今このタイミングで再び地球にもたらされたのか?
それを考えると、とてもありがたい気持ちになります。地球を、人間を、助けようとしてくれている存在がいるってことですから。ここに全部は書けませんが、この辺の経緯を知ってますます、400枚以上あるゼニスのシートを、大事に大事に扱っていかなきゃ、って思いました。

それからもうひとつ面白かったコト。
どういう話の流れでだったかは忘れましたが、アンが「それじゃ、今から2人1組になって、お互いに手のひらで相手の身体をスキャンして、インプラント(ネガティブエネルギーみたいなもの)がいないかどうか、チェックしてみて下さい」と言い出しました。組み合わせは、アンが自分のガイド(守護霊)の指示に従って決めます。で、私も指示されたお相手に手をかざしてスキャンしてみました。特にインプラントが留まりやすいという、ハートチャクラの裏、鼻、耳の辺りは念入りに。すると、右側の首の辺りだけ、手がピリピリと軽く電気が走るように感じました。「たぶん、ここにいるな」と思い、そこをアンに確認してもらうと、やはり「いるわね」と。結局、30人ほどの生徒のうち、10人くらいにいたようでした。(ちなみに私にはいませんでした。)

そんな訳で、ゼニスにはインプラントを除去するシートもあるのですが、この日はみんな持ち合わせていなかったので、シートなしでも除去する方法を知っている人とアンが、3人で手分けしてインプラントを取る作業にかかりました。これ、想像できないと思うんですけど、なかなか不思議な光景でしたよ。(笑)

で、私のお相手の番になった時、アンがふと、まっすぐに私の目を見て言いました。
「あなた、やり方知ってるでしょ?あなたが取りなさい。」「え?私、分かりませんけど。」「何言ってるの?あなた、知ってるはずよ。前にもやってたんだから。」

・・・・・出ました。前回の「あなたはチャネラーね」に続く、アンの無茶ぶり。もちろん「前」っていうのは、「前世」って意味ですよ。

とはいえ、アンに限ったことではなく、ヒーラーだったとか、インディアンでシャーマンだったとか、巫女だったとか、魔女だったとか、友人知人含むいろんな人にその手の前世や能力について、今までもさんざん言われて来たので「またか・・・」という感じでもあり。
なんとなくやってみたら「ほら、できたじゃない。」と言われ。
自分ではよく分かりませんでしたが、どうも、できるようです。(笑)
この辺りの私の能力については、自分で納得のいく形でしっかり開発できた暁には、ちゃんとメニューに追加してお知らせしますね。それまでは、ゼニスを使って施術します!


そして今回一番の個人的な衝撃は、私の転生の回数をアンに聞いたところ、
「んーー・・・全部で1000回『以上』ってことでいいかしら。それ以上数えるのは大変だから。そのうち地球での転生は・・・20回ね。」
と言われたことでしょうか。
あれ。それってほとんど・・・宇宙人・・・?(笑)
この辺については、引続き、自己探求を続けて参ります!!


読む人によっては、怪しい話がてんこ盛りの巻、になってしまいましたね。たまにはお許し下さいませ。




☆ゼニスオメガTMヒーリングについて詳しくは、こちら