information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
6/30(日)森の中で過ごす、日帰りドライブリトリートvol.4〜ヒルデガルトレシピのランチも♪は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳細はこちら
7/9(火)〜12(木)「教会で春原恵子さんのコンサートと空海を巡る旅(高知)」2泊3日と、「+剣山(徳島)」3泊4日、残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
6/22(土)レベル3授業は満席となりました。
6/23(日)レベル4授業は満席となりました。
6/24(月)レベル5授業(レッスンのみ)満席となりました。
6/25(火)レベル5ティーチャーコースは満席となりました。(レベル5レッスン受講済みの方のみ)
キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご相談ください。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら
レベル1授業は、年内の土日にあと1回だけ開催予定です。

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2012/07/27

「幸せ」な感覚を意識すること


葉山に行ってきました。
写真↑は葉山ホテル音羽ノ森カフェのテラスから撮ったんですが、これがまたいい眺めなんです。沖縄に行くとこういうカフェ、いっぱいありますが、ひたすらぼんやり空と海の青を眺めていると、東京を離れて沖縄にいるような気分になれます。お得。(笑)


ひと夏に一度は行くことに決めている、一色海岸の海の家Blue Moonも最高です。
ここで、夕暮れ時、波の音を聞きながら、まろ〜んとしたピンクと水色に染まっていく空と海を、ただただ眺めてるのが好き。
贅沢な時間です。
自然と一体になる感じ。
ゆったりとした気分。
解放感。
何もしなくてもハートが開いていく感覚。


幸せな気持ちを無意識にまでしみ込ませていくつもりで、堪能します。
こういう、自分にとって心地のいい時間を過ごすのって、本当に大切。
心の内側が平和で満たされると、エゴが静かになって、もっと大きな流れと繋がりやすくなる=直感が冴えてくるものです。
そしてこの感覚をしっかり覚えておいて、寝る前にも思い出すようにします。寝る直前にその日あった嫌な出来事を思い出すなんて、言語道断。寝る直前て、脳が無意識に直結しやすい状態にあるんです。つまり、無意識にその嫌な思いが入り込んでしまって、その状態をまた引き寄せてしまうような思考パターンを作り上げてしまうんですね。そうなると、嫌なことのループにハマる。コワイコワイ。
だから、意識的にでも、寝る前には「幸せ」な感覚を思い出して、その思いに浸りながら寝るのが正解。そうすると無意識が「私は幸せ」という感覚をしっかりキャッチして、「幸せ」を感じるようなことを引き寄せてくれるはず。なのです。


さて、この日は、葉山の花火大会でした。
初めて行ったけど、そんなに混んでもいなくて、落ち着いて見ることができてよかったですよ。海辺で見る花火は、水に反射する光も楽しめて、美しさが倍増しますね。
森戸海岸で見る方が花火には近いけど、一色海岸でも十分楽しめました。


こちらは夜のBlue Moon。
雰囲気にまたヤラれます。


花火大会が終わった後に、浜辺で花火をする家族がいました。
なんか、こういうの、いいですよね。安心します。
日本人としての、原風景を感じるからですかね。
愛おしい光景です。

これから夏休み、という方も多いと思います。
自分の好きなことをして、楽しんで、「幸せ」な感覚をいっぱいチャージして、日々に活かしていきましょうね。
「幸せになりたい」と願うのではなく、「幸せであること」を意識すること、が無意識を見方につけるポイントです!!


2012/07/22

荻窪のカフェギャラリー6次元で「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」やります。


荻窪の素敵なカフェギャラリー「6次元」さんで「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」をさせていただくことになりました。

日時:8/2(木)19時〜21時くらい
参加費:1500円(お茶とお菓子付き)
場所:6次元(杉並区上荻1-10-3 2F TEL: 03-3393-3539)
必要なもの:筆記用具
予約:件名を「オーラソーマお茶会」とし、お名前、参加人数、携帯番号、を明記の上 neiro.healing@gmail.com まで。定員がありますので、お早めに。 満席御礼!!
ご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで7/28で予約が定員を越えました。ご希望がありましたらまた開催致しますので、その旨メールいただけたら、お知らせメールさせていただきます。またはTwitterで@hibino_neiroをフォローいただけたら、つぶやきます。よろしくお願いします。

オーラソーマのコンサルテーションでは、普段は4本のボトルを選んでいただいていますが、この日はまず皆さんに111本の中から直感で1本だけボトルを選んでいただき、それをご自分の前に置いていただいた状態で「12の色の言葉」についてお話していこうと思っています。

例えば「赤」という色の持つ意味について説明する時は、赤いボトルを選んだ方についても触れながらお話していきますので、単にそれぞれの色の持つ意味を知るだけでなく、自分についても再認識・再発見していくことができますよ。

1本目に選んだボトルは「使命と目的」を表すとされていますので、自分の「使命と目的」は何なのか?魂の核の色は何なのか?今世のテーマは何なのか?自分の本来の質はどういうものなのか?思考の傾向は?
・・・そういったことを自分が選んだ色を通して知り、気づいていくことができます。

しかもこの日は満月!(しかもこの8月はブルームーン!)
気づき、受け入れ、感謝する。
そんな夜にできたらなぁと思っています。
ピンクのポマンダーを使って、軽ーく瞑想もする予定。
最後には交流会の時間も作りますので、お互いの気づきをシェアして、わいわい、楽しい時間を過ごせたらなぁ〜と。

オーラソーマをまだ体験したことのない方には、オーラソーマがどんなものなのかだけでなく、色を通して自分を知るってそういうことか!と、その奥深い面白さも体験していただけるかと思います。

オーラソーマを体験したことのある方には、その時に選んだボトルと今の自分が選んだボトルとを比べて、どんな変化があったか感じるのも面白いでしょうし、自分が選んだことのない色にはこういう意味があったんだ〜、と他を知ることでより自分を深く知る、というのもまた一興、なのではないでしょうか。

まだ6次元に行ったことがない!という方もこの機会に是非。
個人的に大好きな場所で、興味深い本もたくさんあって、落ち着けます。
オーナーの中村さんと道前さんの人柄もあって「面白い人たちが集まる場所」にもなっていて、私がお邪魔したのも去年、雑誌「+DESIGNING」の小林さんに誘われて、デザイナー田中千絵さんの主催した「魚座会」が最初でした。それ以来ずーっと「私もここで何かやってみたいなぁ〜」と思っていたので、やっと夢が叶った感じです。
展示やイベントも面白いのでチェックしてみて下さいね。


★オーラソーマについて、詳しくはこちら


2012/07/20

アロマのバスソルト&トイレ用消臭スプレーの作り方



アロマテラピーアドバイザーの資格を取ってから、日々の生活の中にも精油を結構取り入れるようになりました。
今回は、バスソルトとトイレ用消臭スプレーの作り方を紹介しますね。
よい香りのする場所に、邪は近寄れない、と言います。
いいものだけ呼び込めるように、香りも活用していきましょう。

<バスソルト>
天然塩 200g
精油 40滴

ジャーなどの保存容器に天然塩を入れ、精油を混ぜたら時々振りながら半日以上おき、なじませてから使用します。
精油はその時の気分で内容を変えていますが、「身体を温め新陳代謝をよくすること」「リラックスできること」を考え、

ラベンダー 20滴
ローズウッド 10滴
ローズマリー 10滴

などをブレンドすることが多いかな。
リフレッシュしたい時は、ローズウッドの代わりにベルガモットを使ったり。
香りは好みもありますので、混ぜてみて自分の好きなブレンドを作るのがいいと思います。好きな香りに包まれると、幸せな気分になれますから。
*作ったバスソルトは、2週間くらいで使い切るようにしましょう。


<トイレ用消臭スプレー>
精製水 100ml
精油 40滴

スプレー容器に精製水を入れ、精油を入れてよく振ります。使用する前にもよく振ってからスプレーします。
精油のブレンド具合は多少変えることもありますが、私は柑橘系の香りが好きなので、

グレープフルーツ 20滴
ユーカリ 8滴
ペパーミント 6滴
レモングラス 6滴

にすることが多いです。
たまに、精製水を使わずに水道水で作る方がいるようですが、長持ちしないので、精製水を使うことをオススメします。
*作ったスプレーは1ヶ月くらいで使い切るようにしましょう。



私はこちら↓を参考にしています。見やすいし、分かりやすいですよ。

2012/07/19

転んでも、ただでは起きぬ。


学生の頃から、まわりに芝居をやってる友達が多かったのもあって、今でもよく芝居を見に行きます。私自身は関わったことはないんですけど・・・といっても、ラジオドラマを作ったりはしてましたし、当時アルバイトしてたニッポン放送「伊集院光のOh!デカナイト」では、女子が一人しかいなかったのもあって、伊集院さんとアナウンサーの荘口さんと3人でブースに入って、伊集院さん作のコントのお母さん役とか恋人役とかは、やったりしてました。「drama」という授業では、英語で台本書いて演技もしてました(アナウンサーの木佐彩子ちゃんも同じ授業とってたんですよ。かわいかったなぁ〜。)。
どうも、キライじゃないようです。(笑)

それはさておき、ハイバイ「ポンポン お前の自意識に小刻みに振りたくなるんだ ポンポン」@こまだアゴラ劇場 を見に行きました。荒川良々さんがゲスト。
ハイバイは、2008年にリトルモア地下に「オムニ出す」を見に行って以来、なんだか妙にハマってしまって見に行ってる劇団です。
主宰の岩井秀人さんは、15歳から20歳くらいまでを引きこもって過ごしていたらしいのですが、その時の経験が表現として爆発していて、理屈っぽいんだけど不器用な人間模様が微笑ましいというか、なんか、好きなのです。お母さんが精神科医らしいんですよね。そこも、皮肉な話で、でも、こう、人間らしいなぁと思うんですよ。

この日はアフタートークもあったんですが、それも面白かった。
日常生活の中で、誰でも何かしら、イヤな思いをすることってあるじゃないですか。
そんな時、岩井さんは「芝居のネタにして元を取ってやろう」と思うのだそうです。その、イヤな出来事を芝居の中に盛り込んで、それを見たお客さんが客観的にその出来事を見た時に「コイツ、ヤな奴〜」と賛同したら、岩井さんの勝ち、っていう。それで気持ちのバランスが取れる。健康的。(笑)

芝居だけじゃなくて、表現者には、そういう役得はありますよね。
こういう発想の転換は、イヤな出来事を昇華するにはすごく大事。じゃあ、表現するものが特にない人はどうしたらいいのか。
嫌悪感を抱く対象には、何かしら、自分を投影しているものだと言います。つまり、自分の中に全くなければ気にすることもなくスルーできるんだけども、自分の中にあるからこそ反応してしまうのだ=そのイヤな部分は、実は自分の中にもあるということなのだ、と。だとしたら「気づかせてくれてありがとう」ですよね。

実際には、感情が先立つものなので、すぐにそんな気持ちにはなれないことが多いと思います。感情を沈めて、フラットに物事を見る訓練をしていくしかありません。
でも最終的には、なんだかんだ、そういうふうに考えられた方が人生はうまくいく。
って思いませんか?

人生には「気づき」が満載です。
「この出来事は、自分に何を気づけと言っているのだろう?」
という視点で考えるようにしてみると、
ちょっと何かが変わってきます。


芝居や映画やドラマは、そこで起こっている出来事をどう捉えるか?いろんな視点を与えてくれますよね。それと同時に、登場人物に感情移入することで、他の気持ちが理解できる感覚にもなります。だから私は好きです。「結局は作り話じゃん」と言われることもありますが、人がその人の人生フィルターを通して作っているものですからね、そこには真理もあると思いません?


2012/07/17

代々木公園に17万人!!


昨日の「さようなら原発10万人集会」には、10万人をはるかに越える17万人が集まったそうです。私はブースからほとんど離れることができませんでしたが、ブースから見ていても、かなりな暑さにもかかわらず、すごい人の数でした。
そんな中、私たちのブースに寄ってくれた皆さん、本当にありがとうございました。

(cc) NODA Masaya / JVJA

この写真を見るとよく分かりますが、サッカー場だけでもこれだけの人!人!人!
わざわざ地方からいらしていた方もたくさんいました。子供も、お年寄りも。怒りをぶつけるような暴力的なイメージの強い昔のデモとは違い、今のデモは、普通の人たちが、あくまで礼儀正しく意見を主張しています。

(cc) NODA Masaya / JVJA

サッカー場だけでなく、広い代々木公園をぐるりと取り囲むように、歩道もたくさんの人で溢れていました。ここには隠れて写っていませんが、暑かったので、実は木の陰にもたくさんの人がいたんですよ。

押し付けるつもりはありませんが、「脱原発・持続可能で平和な社会を目指したい」という方は、こちらに著名したり、8/12まで、政府が「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する意見の募集(パブリックコメント)もしているので、こちらから出してみてはいかがでしょうか。

命を大切にする選択をしていきたい、と思います。


2012/07/15

Don't think, feel!


先月の話になりますが、マコちゃんこと康本雅子ちゃんのダンス公演「絶交わる子、ポンッ」@シアタートラムを見に行きました。2008年に見た「チビルダミチルダ」ぶり。この公演には、たまたま昔お仕事をしたことのあるダンサーの鈴木美奈子ちゃんも出演していて、「一緒に出るならなおさら見なくちゃ」と思った次第。二人だけの迫真のダンスシーンもあったんですが、個人的にそのシーンが色気があってかっこよくて、一等好きでした。

私がダンス公演というものを見たのは、1994年のパパ・タラフマラ「青」が最初だったと思います。なんか急に見たくなって、一人で行きました。身体でのみ表現する、台詞のない舞台に「こういう世界もあるんだなぁ」と新鮮さを覚えたものです。「考える」より「感じる」部分に響く感覚。

その後、編集者時代によくダンス公演にも招待されるようになって、行ける限り行ったのですが、だんだん「彼らは一体何を表現したいんだろう?」と考え始め・・・当時20代で若かったというのもあり、どんどん分からなくなっちゃったんですね。理解したいのに、理解できない。そして「私はやっぱり芝居の方が面白いや」と思って、台詞のない世界からは遠のいていきました。

でも。
5年くらいたって、また何故だかダンスとご縁ができて、改めて行ってみたらちょっと違う気持ちになったのです。


考えるのをやめて、感じてみよう。


そう思ったら、楽しくなってきました。
ただただ、目の前の表現を、感じるだけでいいんです。きっと。
ブルース・リーじゃないけど「Don't think, feel!」ですよ。
言葉にした瞬間に、何かが違ってきてしまう場合もあります。
言葉も大切。
でも、身ひとつで表現するって、すごい。素晴らしい!

あ。正確には、「絶交わる子、ポンッ」には、ちょっと台詞もあるんですけどね。(笑)

この感覚って・・・そう、歌詞のあるアーティストのライブばっかり見て来たのに、歌詞のないジャムバンドのライブに来てみたら、最初のうちはどうしていいか分からず違和感を感じたものの、そのグルーブに身を任せているうちにだんだん気持ちがよくなって身体が自然と動き出す・・・あの感覚に近い。と思います。
超個人的な例えですね、すいません。
分かる人だけ分かって。(笑)

ともかく。
たまには言葉を介した思考から離れて、
言葉のない表現の世界で、ひたすら「感じて」みるのもいいものです。




2012/07/12

「さようなら原発10万人集会」出展場所が決まりました。



7/16(祝)「さようなら原発10万人集会」で出展するテントの場所が決まりました。
アースガーデンのテントは、ケヤキ並木に43ブースほどズラリと並ぶのですが、私たちはMAPの「15 整体&カラーセラピー」の場所におります。野外音楽堂からも割と近いです。

お気軽に顔を出して下さいね。
お待ちしています。


2012/07/10

「さようなら原発10万人集会」での特別メニュー



7/16の「さようなら原発10万人集会」の出展では、場が場ですので、短時間でもできるよう特別限定メニューをご用意しました。せっかくの機会ですので、ご検討下さいね。

オーラソーマ 10分¥ 1,000 
ボトルを1本だけ選んでいただいてのリーディングとなります。

オーラソーマ 30分¥ 3,000
ボトルを4本選んでいただいてのリーディングとなりますが、通常サロンでは60分以上で行っておりますので、それよりは簡単な内容となり、コンサルテーションシートのお渡しもできません。

★オーラソーマについて、詳しくはこちら
★オーラソーマの体験談は、こちら


ゼニスオメガTMヒーリング
通常サロンでは60分以上から行っており、しっかりカウンセリングをしてお客さまに合ったシートを選んで施術しておりますが、今回はカウンセリングの時間は取れないため、下記の特別セットメニューをご用意しました。(多少、変更の可能性もあります)
こちらのコースは今回の出展用ですので、サロンでは取り扱い致しません。

<所要時間約10分のコース(各¥ 1,000)>
★健康セット
・電磁波から自分を守るための浄化
・鉛と放射線のクリアリング
・放射線へのクリアリング

★バランス回復セット
・身体、心、魂の統合
・チャクラクリアリング
・感情の浄化
・感情のバランス

★転機だなと感じている方へ
・次のシフトのための統合
・人生の祝福
・成功と繁栄

★怒りを手放したい方へ
・許しへの浄化
・解放への浄化
・怒りと罪の意識への浄化
・批判へのクリアリング

★人に振り回されてしまったり、とらわれてしまっている方へ
・解放への浄化
・独立と自由への浄化
・自分以外の問題からのプロテクション
・自分のフィールド内の調和


<所要時間約20分のコース(各¥ 2,000)> 
★自信のない方、自分を好きになれない方へ
・愛に関する浄化
・自己価値の回復
・自己の尊重への浄化
・自己への尊敬に対する浄化
・自己への信頼に対する浄化
・幸福感への浄化

★不安な方へ
・恐れに対する浄化
・解放への浄化
・自己価値の回復
・精神安定剤
・落ち着きのためのシールド
・私は大丈夫です
・自分のフィールドの中に平安をもたらすための浄化

★喪失感、悲しみから解放されたい方へ
・受け入れへの浄化
・悲嘆
・欠如感と限界感
・解き放ち
・傷心への浄化
・絶望の浄化

★自分の人生を探している方、もしくはあと一歩!という方へ
・進むべく道への浄化
・紫の衣(他の人に光とエネルギーを奪われないようにするためのプロテクション)
・思考の明瞭化への浄化
・自分が進むべき道への回帰
・必要なものの提供
・目的の明快さのための浄化
・目的の明確さへの浄化

★やめたいのにやめられない方へ(何をやめたいかはご自分の中で明確にして下さい)
・優柔不断
・弁解へのクリアリング
・「今」へのクリアリング
・自分の中の繰り返される悪い循環を断ち切るための浄化
・共依存を断ち切るための浄化
・自分の中で繰り返し行われている悪い考え、行動、記憶を断ち切るための浄化
・習慣を解放し、よいものと置き換えるための浄化


<所要時間約35分のコース(¥ 3,500)>
★トラウマから解放されたい方へ
・愛に関する浄化
・恐れに対する浄化
・許しへの浄化
・潜在意識の浄化と保護シールド
・解放への浄化
・怒りと罪の意識への浄化
・フィールド・プロテクション
・父に対する許し or 母に対する許し(どちらかのみ)
・放棄された過去の浄化
・インナーチャイルドの癒し
・子供時代のトラウマの浄化


*ゼニスオメガTMヒーリングをご希望の方は、
エネルギー療法を受ける際の注意点」もお読み下さい。
★ゼニスオメガTMヒーリングについて、詳しくはこちら。 
ゼニスオメガTMヒーリングの体験談は、こちら
★ゼニスオメガTMヒーリングでできることは、こちら

2012/07/08

「さようなら原発10万人集会」に出展します!


7/16(祝)に坂本龍一さん、鎌田慧さん、内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、澤地久枝さん、瀬戸内寂聴さんらが呼びかけ人となって開催される「さようなら原発10万人集会」に、整体をやっている友人の西岡理絵ちゃん(gokan salon)と一緒に出展致します。
彼女は整体とむくみ取りを、私は、オーラソーマとゼニスオメガTMヒーリングを10分¥1,000〜やる予定です。出展用の特別メニューとなっておりますので、よろしければこの機会に是非、体験してみて下さい。(ただし、現場は静かではありません。ご了承下さい。)

日時:7月16日(月・休)11:00~ イベントスタート予定
アースガーデンのテント出展は基本10:00〜 16:30までですが、希望者は18:00まで延長可なので、私たちは18:00までやる予定です。
会場:東京・代々木公園B地区全体(サッカー場、イベント広場、ケヤキ並木周辺)
*アースガーデンのテントは、ケヤキ並木にズラリと43ブース並びます。私たちは15番ブース「整体&カラーセラピー」です。

スケジュール詳細はこちら


小室等さん、梅津和時さん、制服向上委員会、寿、リクルマイさん、佐藤タイジさん、「human error」ですっかり有名になったフライングダッチマンなどのライブもあれば、
湯川れい子さん、池田香代子さん、香山リカさん、SUGIZOさん、もんじゅくん&津田大介さん、松田美由紀さんなど、皆さんのお話も聞ける貴重な機会です。
3コースに分かれてデモ・パレードも行われます。


震災後、一度でもデモに参加された方は雰囲気が分かると思いますが、あくまでも平和的に行われていますので、あまり心配せずに、興味のある方は積極的にお越し下さいね。実際に現場に少しでも来てみて、何かを感じて帰るだけでも違うと思いますよ。


2012/07/04

JAXAシンポジウム2012「宙から視る、宙をつかう」


メルパルクホールで行われた、JAXA(宇宙航空研究開発機構)のシンポジウムに行ってきました。
難しい話はよく分からなかったけど、第一期水循環変動観測衛星「しずく」が観測したばかりの地球のデータが見れたり、何よりも宇宙飛行士の野口聡一さんの話をナマで聞けるとなると、「あぁ、なんでこんなにワクワクしてしまうんだろう?!」ってくらい、やっぱりワクワク。羨望の眼差しで見てしまいます。

7/15(土)11:40 AM(日本時間)には、星出彰彦さんの乗ったロケットがカザフスタンから打ち上げられますね。打ち上げ30分前からこちらのサイトでライブ中継されるそうなので、興味のある方はどうぞ。


会場にはお子さんも多かったんですが、この写真のように、「将来の宇宙兄弟かも・・・(笑)」と勝手に想像して思わず微笑ましく見つめてしまうような、宇宙の話に真剣に耳を傾けている小学生の兄弟もいましたよ。やっぱり宇宙には、夢があります。

野口さんもススメてましたが、毎週日曜朝にやってるTVアニメ「宇宙兄弟」、夢を追いかける前向きな姿勢がよくって、私も録画して見ているんですけど、宇宙飛行士になるためのテストがハンパなく過酷で普通じゃなくて、「へぇ〜」「えぇっ?!」の連続。そこから垣間見えてくる人間像がまた、なかなか面白いのです。
ちょっと前の回で、「人類が宇宙に行く必要なんてない!」と言い切る人を説得できるような、宇宙へ行く意味、意義を考えさせる、っていうのがあったんですが、そこで出て来たセリフに印象的なのがありました。

「アメリカの思想家バック・ミンスター・フラーは(地球を)宇宙船地球号という乗り物だと言いました。一方、イギリスの科学者ジェイムス・ラブロックはガイヤという生物だと言っています。乗り物と生物。 僕はこの矛盾が気になっていました。 
だけど、イギリスの科学者リチャード・ドーキンスの言葉で繋がりました。 人間も言わば、地球という生命の遺伝子です。 地球は自分のコピーを作ろうとします。 生き物としてそれは必然です。 エンデは人間を地球のがん細胞に例えたけど、僕の考えだと人間は生殖細胞です。 ただ、誰もが地球破壊に加担していて、がん細胞になりうるということだけです。 宇宙へ行くのは、僕らが地球の遺伝子なら、突然変異が必要だからです。」

ちなみに野口さんは「ぼくが『小さなアリ』になったつもりで考える」んだそう。
一次元でしか動けないアリは行く先に石ころがあればそこで道は終わってしまうけれど、二次元のアリはその石をよけることができる。でも、二次元のアリは壁を超えることはできない。ところが三次元のアリは壁を超えられる。「つまり、今直面している問題は「別の次元」で見ると、突破口が開けることがあるんじゃないかってこと」と説明しているそうです。
オーラソーマで「別の角度から見る」のと似てるなぁ、と思いました。

あなたは、人が宇宙に行く必要、あると思いますか?ないと思いますか?


   

2012/07/03

清川あさみ展 Another World


宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」に友人・清川あさみが絵をつけた絵本の出版を記念して、7/16まで渋谷西武B館8Fで原画展「Another World」が開かれています。
早速、初日に見てきましたよ〜。

水戸芸術館、表参道ヒルズでの、盛りだくさんだった個展「美女採集」に比べると規模は大きくはないですが、あさみの作品の立体感はやはり原画じゃないと伝わらないと思うんですよね。描いて、縫って、スキャンして、切って、貼って、縫って、またスキャンして・・・この繰り返しの作業の深度が、あさみらしい世界観に繋がってるんじゃないかな、と思います。個人的には、火山の爆発の絵の色彩が新鮮で、印象深かったな。 
7/13にはサイン会もあるようですし、是非見に行ってみて下さい。



杉井ギザブロー監督による映画とのコラボ作品「budori」↑もあります。
飢饉や火山噴火などの自然の厳しさに、「ボクにも、できることがきっとある」と、知と覚悟を持って立ち向かうブドリ。自然との共存は、地球に住む私たちにとって永遠のテーマといえます。映画も面白そうですよね。

今回は、あさみがデザインした、真っ白な雪に覆われた、イーハトーブの町のジオラマも展示されているんですが、これがまた素敵なんですよ。ポン、と、いきなり静謐な冬の風景の中に置かれる感じ。この暑い夏にこそ、涼みに行ってみてはいかがでしょう?