information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
6/30(日)森の中で過ごす、日帰りドライブリトリートvol.4〜ヒルデガルトレシピのランチも♪は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳細はこちら
7/9(火)〜12(木)「教会で春原恵子さんのコンサートと空海を巡る旅(高知)」2泊3日と、「+剣山(徳島)」3泊4日、残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
6/22(土)レベル3授業は満席となりました。
6/23(日)レベル4授業は満席となりました。
6/24(月)レベル5授業(レッスンのみ)満席となりました。
6/25(火)レベル5ティーチャーコースは満席となりました。(レベル5レッスン受講済みの方のみ)
キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご相談ください。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら
レベル1授業は、年内の土日にあと1回だけ開催予定です。

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2012/10/15

KARIKAお茶会vol.2のご報告

ボトルの色を説明する小林里香ちゃん(一番右)

10/13に開催しました、小林里香ちゃんとの2度目のKARIKAお茶会、7人の方々にお集りいただき、今回はなんとか1時間オーバーで(笑)なごやかに終了しました。参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

今回のお菓子はニューヨークのウーピーパイ。

今回は里香ちゃんがニューヨーク発のお菓子をお取り寄せ。THE SOUL snacksのウーピーパイとクッキー。甘さほどよく、ボリューム満点でした☆

里香ちゃん手作りのお茶ゼリー

そして薔薇茶と一緒に、前回も好評だった、里香ちゃんがShan Ri Shanのお茶から手作りしたゼリーも。さっぱりしていてスルリと喉を通るから、いくらでも食べれちゃいます。



今回は瞑想を挟んで2回、ボトルを選んでもらったんですが、こちらは皆さんが1本目に選んだボトル。こうして並べてみると、前回のレッド系とは対照的に、割とブルー系。男性が2人いたのもあると思いますが、また違った雰囲気になりました。

ちなみに今回のミラクルは、皆さんが来る前に、たまたまテーブルに置いてあったブルーとオレンジのパッケージのキャンドルを見ながら、里香ちゃんと「ピエロ(という名前のボトル)みたいだね」と話していたところ、一番最初に来たお客さんが選んだボトルがピエロだったことでしょうか。(笑)111本もあるのに、ね。


前回もブッダの言う、人間の苦しみには3つある、という話をしましたが、

持っていないものを欲しがる(ブルーの傾向)
欲しくないものを持っている(レッドの傾向)
何が欲しいか分からない(イエローの傾向)

今回は反発のレッドに対して、しがみつきのブルーがテーマだったのかもしれません。
色には常にポジティブな側面とネガティブな側面があって、どちらに光を当てるか、そのエネルギーをどう活用するか、はその人次第な訳ですが、ブルーのエネルギーを活用するにはどうすべきなのでしょう?
ブルーには「信頼」というキーワードがあります。
ブルーをうまく使うには「信頼という質を育てる」ことが大切。「必要なものは常に私たちにもたらされている」と信じることができますか?過去を振り返って、今までの出会いや出来事について、よーく考えてみて下さい。俯瞰した視点が必要になってきますが、そこを信頼できるようになると、だんだん物事に執着する必要がなくなっていきます。去っていくものに対して、「今の自分には必要がないってことなんだな」と思えるようになってくるからです。

「信頼」のテーマで私がよく思い出すのは、オーラソーマの創始者ヴィッキーさんの話。
ヴィッキーさんが、糖尿病で視力を失った上に生涯かけて貯めたお金を騙されて失った際、彼女はただひたすら落ち込むのではなく、「これだけいろんなものを失ったのだから、きっと何か新しいことがやってくるに違いない」と信じたそうです。その後、オーラソーマは生まれます。不幸な出来事に襲われた時にそんなふうに思えるなんてすごいな、と思うと同時に、「執着しない」ことの本質がちょっと見えた気がしました。

「ザ・マスター・キー」という本の中に
「困難、不和、障害などは、わたしたちがもはや必要としていないものを手放すのを拒否しているか、必要なものを受け入れるのを拒否しているかのいずれかを示しています」
と書かれているのですが、ここにもヒントがあるように思います。


今回参加されたお客様から、こんな嬉しい感想もいただいたので、ここにご紹介しますね。(ご本人の許可をいただいております。)

***

土曜日のお茶会でたくさんの収穫があり本当に行ってよかったです。

いま通っている職業訓練の学校では、就職活動支援の授業があり毎回スピーチをするのですが、回を重ねるごとに深みにはまっていました。
それで今回はカラーセラピーを受けることのほかに、人前で飾らず硬くならずに話す訓練!と思い参加を決めました。

自己紹介では迷いながらも、無職であることを隠さず話すことが出来ました。
里香さんから私が選んだボトルの意味とアドバイスをいただいたときは、私の苦悩にも光があたって報われる時が来るんだ!とすごく嬉しかったです。
でもその時は 何をどこまで話していいものか迷ってしまい言えませんでした。

私の生活では出会うことのない方たちのお話をじかに伺うことができたのもよかったです。
特にKさんが印象的で、どうしたらあんな風に自分を表現できるかと考えました。
それで私の伝え方が下手なのは表現力の乏しさだけでなく、伝えたい内容よりも相手の反応に集中しているうちに話が曲がっているのでは、と想像できました。
思いだす度に意識して改めていきたいです。

帰り道、Sさんにアレキサンダーテクニックの話を伺って興味がわき、
カルチャーセンターの体験教室に申し込みました。
12月なのでまだずいぶん先ですが楽しみです。

瞑想にもチャレンジしてみました。
エネルギーの渦に集中したら、他の雑念は消えました。
でも萬夕さんの声なしで”無”になるのは当分難しいようです。

私が選んだ2本のボトルも、どちらも必要とおもいネットショップで注文しました。(あのときお金を持っていたら買って帰って、すぐ体にすり込みたかったです)
ターコイズの女を目指します。

とりとめなくあれこれ書いてしまいすみません。
とにかく行って良かったです。


***

毎回、お茶会をやる度に思うことですが、こうやって集まってシェアすることの気づきの深さには素晴らしいものがあります。
皆さん、私たちの想像を軽やかに飛び越えていきます。
またやりたいな。次は12月の土日かな。と思ってます。
体験ヒプノセラピーにリクエストが多かったので、復活予定。
またここで告知しますね。


☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆今回やった7つのチャクラを浄化する瞑想についてはこちら
☆小林里香ちゃんのブログはこちら


2012/10/09

お茶会でやる瞑想のこと。



みなさんは、「瞑想」と聞くとどんなイメージが思い浮かびますか?

私は「瞑想」というと、2006年にブータンを旅した時、現地のガイドさんが山の斜面にいくつも立っている小屋を指差して言っていたことを思い出します。

「あの小屋が何のためにあるのか、分かりますか?ブータン人は、冬になると寒いし雪だし何もやることがないので、あの小屋に籠って瞑想するんです。」

これは、なかなかの衝撃でした。(笑)
何もやることがないからって瞑想?!とも思いましたが、瞑想することが当たり前で、日常な国民て、すごいなぁ…と。少なくとも、今の日本では考えられないじゃないですか。自分の内側に幸せと平和を見つけられるからこそ、「国民総幸福量」というあり方が成立するのかもしれないな、と思いました。

瞑想って、それくらい手軽で身近なものであってもいいですよね。
自分の内側のスペースへと入っていく、静かで平和な時間。
これだけ情報があふれた世界にいると、メディアや人の言うことなど、つい外側の情報に惑わされてしまって、不安や恐怖の方が先にたち、本当は自分がどうありたいのか、どうしたいのか、分からなくなってしまう場合も多いようです。

だからこそ、静かに自分と向き合う時間って大切だな、と思うのもあって、8月から始めたお茶会では、瞑想を取り入れてみています。お茶会をキッカケに、普段の生活の中にそういう時間を意識して持ってもらうことができたら、もしそれでブレてた軸が中心に戻っていったら、いいな、って思っています。

先日の6次元でのお茶会での瞑想の感想をいただきましたので、紹介しますね。この日は新月だったので、「なりたい自分」「やりたいこと」を思い浮かべてもらって、さらに「すでにそうある自分」「すでにそれをやっている自分」をイメージしてもらい、その中に浸ってもらいました。(ご本人の許可は得ています)

***

6次元に行って、瞑想するというので(誘導の)声を聞いていたら、
「なりたい自分よりも、既にそうある自分をイメージしてください」
とか言われた時に、なんかふっと楽になって、ナチュラルな自分みたいのがイメージ出来たんです。
その時の感覚が不思議だったので、次の日自宅に居た時に、あの時の感覚を思い出しつつ瞑想してみよう、と思ってさらに「何か思っても、深く追わないで眺めている感じ」と言われたのを思い出してなんとなく集中していたら、丹田の辺りにぐっと力が入って、気持ちが過去にぐっと引き寄せられる感じがしたんです。
そしたら、小さい頃の何の苦労もしていなかった頃というか、純粋だったころの気持ちになったような気持ちになりました。
でもあれは本当の過去や子供の頃に戻ったというよりは、そういう気持ちにマインドセットしたような感じでした。

***

こんなふうに「家でもやってみよう」とか、なにかしら、その人の気づきに繋がっていくと嬉しいな、と思います。


さて、13日のお茶会では、7つのチャクラを浄化する瞑想をする予定。
こういう世界のことを学べば学ぶほど思うんですが、イメージってホント、馬鹿にできないんですよ。だから、どんどん正しく活用していくべき!って思います。
今回の瞑想でも、第1チャクラから第7チャクラまで、イメージを使いながら順に浄化していくよう、誘導していきます。チャクラがくすんでいると、エネルギーの流れが遮断され、心身ともにポジティブではいられなくなりがち。体の中から負のエネルギーを解放していくんだ、という意思を持って、ひとつひとつのチャクラを丁寧に浄化していくと、エネルギーの流れがスムーズになり、直感も冴えてきて、本来の創造的な自分でいられるようになります。
音楽は、各チャクラのエネルギーのバランス調整や活性化を意図して構成された、Steven Halpernの「CHAKRA SUITE」を使う予定。

チャクラについては以前のブログ、こちらこちらをどうぞ。

里香ちゃん発案の面白い試みとして、瞑想を挟んで2回、オーラソーマのボトルを選んでいただくので、その前後でのご自身の変化も、ボトルを介することで、より感じていただけるんじゃないかな、と思いますよ。

「なんだか最近滞ってる感じがする」という方、是非お試しを〜。
残2席です☆(今回は男性も2名参加予定ですよ。10/8現在。)

2012/10/05

アンとの再会


去年に引続き、9月にゼニスオメガヒーリング本校のVice President、Anneが再来日してくれました。3日間、Anneの授業とリーディングを受けにがんばって幕張まで通いましたよ〜。


ゼニスのいいところは、一度受けた授業は無料で再受講できるところ。今回はレベル6の再受講もしたんですが、受け直す度にまた新しい学びとか気づきって、あるものですね。


今回、ゼニスが、何万年も前にすでに地球にあったものだと知りました。
1万年以上前、アトランティス時代に、その種族がゼニスをエゴのために使ってしまったのを、レムリアは止めようとしたんだけども結局止められず、その文明は滅亡し、以来ゼニスは地球から取り上げられてしまったのだそうです。でも、今回のゼニスの創始者、ビルを通して再びこの時代の地球にもたらされた、と。

アトランティスやレムリアという言葉をご存知ない人には何のことか「???」ですよね。どちらの文明も高いスピリチュアルパワーを持っていたとされ、レムリアはその力を精神性へ、アトランティスは科学技術へ向けたと言われています。私はこういう、一般的には怪しげな話(笑)をここですることは、苦手な人には苦手な話だと思うし、ドン引きされても何なので、あまりしないようにしていたんですが、ゼニスに関わりのあることですし、そう夢物語でもないので、あえてしておくことにします。(言葉については、検索すればいくらでもヒットしますし、ここで深く言及するのは長くなるので避けますね。)

一度取り上げられたゼニスが、なぜ今このタイミングで再び地球にもたらされたのか?
それを考えると、とてもありがたい気持ちになります。地球を、人間を、助けようとしてくれている存在がいるってことですから。ここに全部は書けませんが、この辺の経緯を知ってますます、400枚以上あるゼニスのシートを、大事に大事に扱っていかなきゃ、って思いました。

それからもうひとつ面白かったコト。
どういう話の流れでだったかは忘れましたが、アンが「それじゃ、今から2人1組になって、お互いに手のひらで相手の身体をスキャンして、インプラント(ネガティブエネルギーみたいなもの)がいないかどうか、チェックしてみて下さい」と言い出しました。組み合わせは、アンが自分のガイド(守護霊)の指示に従って決めます。で、私も指示されたお相手に手をかざしてスキャンしてみました。特にインプラントが留まりやすいという、ハートチャクラの裏、鼻、耳の辺りは念入りに。すると、右側の首の辺りだけ、手がピリピリと軽く電気が走るように感じました。「たぶん、ここにいるな」と思い、そこをアンに確認してもらうと、やはり「いるわね」と。結局、30人ほどの生徒のうち、10人くらいにいたようでした。(ちなみに私にはいませんでした。)

そんな訳で、ゼニスにはインプラントを除去するシートもあるのですが、この日はみんな持ち合わせていなかったので、シートなしでも除去する方法を知っている人とアンが、3人で手分けしてインプラントを取る作業にかかりました。これ、想像できないと思うんですけど、なかなか不思議な光景でしたよ。(笑)

で、私のお相手の番になった時、アンがふと、まっすぐに私の目を見て言いました。
「あなた、やり方知ってるでしょ?あなたが取りなさい。」「え?私、分かりませんけど。」「何言ってるの?あなた、知ってるはずよ。前にもやってたんだから。」

・・・・・出ました。前回の「あなたはチャネラーね」に続く、アンの無茶ぶり。もちろん「前」っていうのは、「前世」って意味ですよ。

とはいえ、アンに限ったことではなく、ヒーラーだったとか、インディアンでシャーマンだったとか、巫女だったとか、魔女だったとか、友人知人含むいろんな人にその手の前世や能力について、今までもさんざん言われて来たので「またか・・・」という感じでもあり。
なんとなくやってみたら「ほら、できたじゃない。」と言われ。
自分ではよく分かりませんでしたが、どうも、できるようです。(笑)
この辺りの私の能力については、自分で納得のいく形でしっかり開発できた暁には、ちゃんとメニューに追加してお知らせしますね。それまでは、ゼニスを使って施術します!


そして今回一番の個人的な衝撃は、私の転生の回数をアンに聞いたところ、
「んーー・・・全部で1000回『以上』ってことでいいかしら。それ以上数えるのは大変だから。そのうち地球での転生は・・・20回ね。」
と言われたことでしょうか。
あれ。それってほとんど・・・宇宙人・・・?(笑)
この辺については、引続き、自己探求を続けて参ります!!


読む人によっては、怪しい話がてんこ盛りの巻、になってしまいましたね。たまにはお許し下さいませ。




☆ゼニスオメガTMヒーリングについて詳しくは、こちら