information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
6/30(日)森の中で過ごす、日帰りドライブリトリートvol.4〜ヒルデガルトレシピのランチも♪は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳細はこちら
7/9(火)〜12(木)「教会で春原恵子さんのコンサートと空海を巡る旅(高知)」2泊3日と、「+剣山(徳島)」3泊4日、残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
6/22(土)レベル3授業は満席となりました。
6/23(日)レベル4授業は満席となりました。
6/24(月)レベル5授業(レッスンのみ)満席となりました。
6/25(火)レベル5ティーチャーコースは満席となりました。(レベル5レッスン受講済みの方のみ)
キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご相談ください。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら
レベル1授業は、年内の土日にあと1回だけ開催予定です。

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2011/11/29

オーラソーマとチャクラ


チャクラは、人間のエネルギー・センターを指して使う言葉ですが、それぞれのチャクラにはそれぞれのエネルギーの質と色があるとされています。
一般的には7つのチャクラが有名ですね。ちょうど虹と同じ順番に7色が並びます。

第1チャクラ 赤 サバイバルの問題や現実、身体的要素を司る。 
第2チャクラ オレンジ 性など生命的要素や感性・創造性などを司る。
第3チャクラ 黄色 感情など心理的要素やすでに習得された知識などを司る。
第4チャクラ 緑 愛に関わることや調和・バランスの要素を司る。
第5チャクラ 青 信頼・養育・コミュニケーションなどを司る。
第6チャクラ 紺 直感・霊感・意思などを司る。
第7チャクラ 紫 癒し・人生の目的などスピリチュアルな要素を司る。

言葉を発する喉のチャクラがコミュニケーションを司るって、分かりやすいですよね。だから、言いたいことを言えない状態が長く続くと喉の調子が悪くなる、と言われます。
また、緊張すると胃が痛くなりますが、ちょうど胃の辺りにある黄色のチャクラは、感情や自意識を司っているわけです。なので、そこを刺激されると体が反応するんですね。
こんなふうに経験と照らし合わせると、繋がりがスムーズに理解できるかと思います。

オーラソーマはこれらチャクラと深く関係していて、皆さんが選んだイクイリブリアムボトルは、その色と対応したチャクラのある身体部分へと塗ることで、心身ともにバランスをとることをサポートしてくれます。例えば、ピンク/レッドのボトルだったら下腹部〜足に、ブルー/グリーンのボトルだったら喉〜胸に塗る、といった感じです。

オーラソーマの創始者、ヴィッキーさんはチャクラについて次のように言いました。
「それはラジオやテレビのチャンネルを合わせるようなもの。それぞれのチャクラは体の特定の部分を支配しており、あるチャクラが必要としている波長を持つ色を塗ることで、弱った波長が強められ、それによって、体の細胞そのものが持つ再生と治療のプロセスが動き出すのです。需要のあるところに供給してあげることで、体はバランスを取り戻すのです。健康とは、バランスの取れた状態なのですから。」

イクイリブリアムは、バランスを意味します。色とクリスタルのエネルギーが入ったボトルをそれぞれのチャクラに塗ることで、その波動が皮膚を通ってリンパ腺、血管に吸収され、臓器、内分泌腺に届き、その内分泌腺に対応したチャクラにその必要なバイブレーションが流れ、そこからオーラにまで作用していく・・・コンサルテーションを通して気づいていくだけでなく、本来、このヒーリング作用までを含め、オーラソーマ・カラーケアシステムは完結する、と言ってもいいでしょう。
「気づいたけど、じゃあ実際、どうしたらいいの?」という方でも、極端に言えば、ただ、ボトルを塗ればいいんです。 「分かってはいるけど、なかなか思考パターンは変えられない」という方も。塗るだけなら、簡単ですよね。ボトルは、必要な部分に必要なものを与え、やさしく作用していきます。

ちなみに左図は6と7の色が上記とはちょっと違いますが、チャクラが体の上下、前後にあって、脊椎の位置で繋がっており、それぞれの回転の速度によって、異なる色をした光る渦巻きのように見えている様子、を表しています。エネルギーは両方向から流れ込んでいるので、ボトルを塗る時は体の前面だけではなくて、 ぐるりと塗るんですね。







自分が直感で選んだボトルが、自分に必要な色でもあるって、興味深いなぁと思います。しんどいチャクラは、ちゃんとボトルの色を通して私たちに「つらいよー」と訴えかけてくれてるんですね。ボトルのエネルギーと自分のエネルギーとの共鳴作用が働いているからこそだと思います。私たちは、自分のこの内側の声に気づいてあげるべきではないでしょうか。
薬剤師でもあったヴィッキーさんは、オーラソーマが家庭の常備薬のように使われることを願ったと聞いています。必要なボトルを選んで塗ることは、疲れたチャクラにエネルギーを補給すること、無理をしすぎて消耗しきってしまうのを防ぐこと、にも繋がるんですね。

チャクラについてもっと知りたい方は、下記の本もオススメです。

  

地球のチャクラについてはこちら

★オーラソーマについて、詳しくはこちら


2011/11/25

地球のチャクラ

飛行機から空を眺めていると、地球を感じます。

ヨガをやっている人には、もう「チャクラ」という言葉はおなじみかと思います。
サンスクリット語で「車輪」とか「円」を意味する言葉ですが、大抵は、身体の中で(中という表現は、必ずしも正しくはありませんが)エネルギーが渦を巻いている場所、エネルギー・センターを指して使います。
第1チャクラ〜第7チャクラがよく知られるところですが、本当は13ある、とか。
チャクラはオーラソーマとも深い関わりがあるので、今度また改めてちゃんと説明しますね。

そんな「チャクラ」が、私たちだけではなくて地球にもあるって、知ってました?
真意はともかく、ざっくり分かりやすく言うならば、いわゆる「パワースポット」のようなものでしょうか。
やはり13あると言われ、私が去年シャスタで会ったヒーラーのアモラさんは、下記の13ケ所をあげています。それぞれ、人間の身体のチャクラとも対応しているそうで、( )内に書いておきましたが、想像を巡らせてみると、なかなか興味深いものがあります。

・バリ島のバトゥール山とバトゥール湖(自分のオーラの最も低い位置)
・南アフリカのテーブルマウンテン (自分の足下にある三重リングのチャクラ)
・オーストラリアのウルル (脊椎基底部のルート・チャクラ)
・ハワイ島のキラウエア山 (仙骨のチャクラ)
・ギリシアのデルフォイ (臍のチャクラ)
・日本の富士山 (太陽神経叢のチャクラ)
・イギリスのグラストンベリーのトール (ハート・チャクラ)
・メキシコのパレンケ (喉のチャクラ)
・ギザの大ピラミッド (額にある第三の目のチャクラ)
・アラスカのデナリ山 (クラウン・チャクラ)
・カリフォルニアのシャスタ山 (自分の頭上にある三重リングのチャクラ)
・ペルーのマチュピチュ (オーラの最高点)
・ペルーとボリビアのチチカカ湖 (自分のオーラの真上)

これ、富士山が入っているのも日本人としてはちょっと嬉しい。
私は気づいてみたら、いつの間にかこのうちの半分、7つのエリアにすでに行っていました。
かすっているエリアもちらほら。バリ島はウブドまでは行ったことはあるんですが、バトゥール山には登っていないし、イギリスも2回行ってますが、まだグラストンベリーには行ったことがなく・・・。
こうなったら全エリア制覇したい気持ちにも駆られますが(笑)、場所もご縁ですからね。行くべき場所にはきっと行く機会も出てくるでしょう。

今回は、その7つの場所で撮ってきた写真をここに掲載しようと思います。
写真からでもその場所のエネルギーって伝わるようですから。
(ペルーだけ、まだデジカメのない1997年に行ったので、プリントをスキャンしてUPしてます。そのせいか、なんだかレトロ。笑)

2009年。ハワイ島のキラウエア火山周辺。マグマが固まった大地。
地球の力強さを感じます。

数えきれないほど見ている富士山。
これは夏の夕刻、葉山から見えた山水画みたいな富士山。
飛行機から見えた富士山。感動した光景。

2010年。メキシコの南にあるパレンケ遺跡。UFOがよく出るという噂も。
 
2010年。カリフォルニアの北に位置するシャスタ山。とにかく気持ちのいいところ。

2004年。エジプト、ギザの3大ピラミッド。奇麗に並んでます。デカいです。
モーゼの十戒で有名なシナイ山に登って見たご来光も忘れられない。
1997年。左はチチカカ湖。右はマチュピチュ遺跡。

それぞれの場所でのいろいろなこと、話したいことはたくさんありますが、長くなるので今回はこの辺で・・・!

2011/11/17

ゼニスオメガ™ヒーリングでできること<心理系>


ゼニスオメガ™ヒーリングには、400種類以上のシートがあります。
その中から、お客様の心身の状況に合わせて1回につき5〜10枚ほど選んで施術を行うのですが、ここでは、具体的に「こんな状態には例えばこういうシート」という例をいくつかお伝えできればと思います。
ただ、一見同じ「怒り」「悲しみ」「自信がない」「不安」などの状態でも、そこに至る過程や原因は人それぞれですので、カウンセリングを行う中で、ご本人と相談しながら、より適切と思われるシートを選んでおります。ですので、下記はあくまで一例としてお考え下さい。

<例1>
特定の人(家族、友人や会社の上司、同僚など)に対して、イライラや怒りがおさえられない。
>>「許しへの浄化」「解放への浄化」「怒りと罪の意識への浄化」「受け入れへの浄化」「対人関係、自分の価値観に対する浄化」といったシートを中心に、まずは手放したい感情を手放せるようサポートします。両親への感情の場合は、幼少期のトラウマなどが関係する場合がほとんどですので、「インナーチャイルドの癒し」「子供時代のトラウマの浄化」「トラウマの浄化と保護」「潜在意識の浄化と保護シールド」「虐待の浄化」などのシートも合わせていきます。両親への感情、関係性が子供に対して現れてくる場合もありますので、お話を聞く中で根本の原因を探し、より適切なシートを選んでいきます。

<例2>
この先どうしていいか分からない。どちらを選択していいか分からない。
>>選択できない時というのは、自分以外のまわりの意見に振り回されていたり、直感が鈍っていたりすることが多いので、できるだけ本来の自分に立ち返ることができるよう、「思考の明瞭化への浄化」「自分が進むべき回帰への浄化」「真実と事実への視野のための浄化」「次のシフトのための統合」「必要なものの提供」「自己の真実を見いだす」「焦点度を高めるための浄化」「目的の明確化への浄化」「直観への浄化」「魂の成長のための正しい選択のための浄化」などのシートを使います。

<例3>
自分に自信が持てない。
>>「自己価値の回復」「自己の尊重への浄化」「自己への尊敬に対する浄化」「自己への信頼に対する浄化」「受け入れ、恐れ、自己価値と真実への浄化」「自分に対する不安の浄化」といったシートを使うと同時に、自信が持てなくなった原因によって、「愛に関する浄化」「共依存をたちきるための浄化」「存在の否定のための浄化」「真実でない思考のための浄化」「存在を拒絶された過去の清算」なども用います。

<例4>
恋人、家族、ペットなど、大切な存在を失った喪失感から立ち直れない。
>>「解放への浄化」「悲嘆(無気力に対するサポート)」「悲しみの浄化」「欠如感と限界感への浄化」「傷心への浄化」「鬱と孤独の浄化」「失恋の浄化」「絶望の浄化」といったシートを使うと同時に、大切な存在との関係性によって、適切と思われるシートも用います。

<例5>
家族や恋人など、つい誰かに依存してしまう。
>> 「愛に関する浄化」「分離不安症への浄化」「対人関係、自分の価値観に対する浄化」「独立と自由への浄化」「共依存をたちきるための浄化」「まちがった人間関係の清算」などのシートの他、なぜ依存するようになったのか、なぜ依存したくなってしまうのか、お話を伺いながらその原因にもフォーカスしていきます。それに合わせて、他のシートも使用します。


<例6>
いつも同じことを繰り返してしまう
>>タバコを止められない、つい飲み(食べ)過ぎてしまう、なぜかいつもダメな男(女)性に魅かれてしまう、いけないと分かっていても戻ってしまう・・・そういった時には、「自分の中の繰り返される悪い循環をたちきるための浄化」「中毒への浄化」「行動への浄化」「古いプログラムへの浄化」「自分の中で繰り返し行われている悪い考え、行動、記憶を断ち切るための浄化」「習慣を解放し、よいものと置き換えるための浄化」といったシートもあります。

<例7>
自分が自分でないような気がする時がある。自分以外のエネルギーに振り回されている気がする。
>>自分以外のエネルギーに直接的に邪魔されている場合もあれば、子供の頃から親や先生に言われ続けたせいで「それが正しい」と思い込んでいるネガティブな思考による影響の場合もあります。「不必要な存在のフィールドからの除去」「プログラムされたネガティブな思考のインプラントの浄化」「異質の自分以外の思考の刷り込みへの浄化」「エゴと自分以外の問題からのプロテクション」などのシートで、除去と保護を施します。

<例8>
とにかく不安な気持ちになる。パニック症候群の方。
>>「ひとへの恐れの浄化」「精神安定剤」「落ち着きのための浄化」「ストレス」「不安への浄化」「パニック」「心配性の浄化」「病的な恐怖症への浄化」「自分のフィールドの中に平安をもたらすための浄化」といったシートを使うと同時に、不安の原因が明確な場合には、その原因に合わせて適切なシートを施術します。



*薬を服用されている方は、必ず事前にお申し出下さい。薬によるブロックが働くとエネルギーがきちんと入っていかないため、最初に薬を浄化するためのシートを施します。

*ゼニスオメガ™ヒーリングは医療行為ではありません。現在通院中の方も受けていただくことはできますが、「ヒーリングの後、本人の意志によりとられた行動(例えば勝手に薬の量を変えてしまったり、やめてしまったり)、または好転反応による一時的な健康障害等に、一切の法的責任は問われないものとします。」という旨の同意書にサインをいただいております。ご了承下さい。

*「エネルギー療法を受ける際の注意点」もお読み下さい。

*効果は人によって様々ですが、一回で分かりやすく効果の出る方もいれば、なんとなく変わった、くらいの方もいます。体験談を参考にして下さい。
症状にもよりますが、1週間ごとに3〜5回ほど受けるのが望ましい、とされていますので、ご参考まで。強制は致しませんのでご安心下さい。



★ゼニスオメガTMヒーリングについて、詳しくはこちら。 
ゼニスオメガTMヒーリングの体験談は、こちら

2011/11/15

佐藤初女さんの講演会

佐藤初女さんにサインをもらっているところ。
先日、ずっとお会いしてみたかったおばあさんの一人、「森のイスキア」の佐藤初女さんの講演会へ行ってきました。90歳を過ぎてもなお、国内だけでなくハワイやベルギーでも講演を行う、その精力的な姿勢には頭が下がります。

私が初女さんを知ったのは、ある雑誌のインタビュー記事でした。青森県岩木山の麓にある「森のイスキア」で、悩みを抱える人たちを受け入れ、心のこもった料理でもてなし、一緒に食卓を囲み、寄り添い続けるおばあさん。そこで過ごしたことで救われた人たちはたくさんいて、初女さんの作ったおにぎりを食べたことで自殺を思いとどまった人もいるそうです。「こころの入った手作りを食べていると、こころが満たされていきます。」と、あれこれ説教をするわけでもなく、とにかく受け入れ、その人のために心を込めて料理をする・・・素晴らしいなぁと思いました。

初女さんの著書にもありますが、
「人が他の人を癒すということは、できることではないとわたしは思います。癒しとは、自らの気づきから起こってくるものなのです。」
「その人の言うことが正しいのか、わたしの思うことが正しいのか、それは誰にもわからないこと。 それを判断できるのは、神様だけと思います。」
といった考え方、私もこういう仕事をする中で、いつも心に留めていることなので、とても共感できるのです。

初女さんにしていただいた両手の握手は、丁寧であたたかくて、祈りのようでした。サインも、一人一人言葉を変えて、一字一字ゆっくりと、心を込めてして下さいます。
私は「人の言葉は芳ばしく」 と書いていただきました。
芳しい言葉・・・。
素敵な表現ですよね。


私たちは忙しかったり疲れていたりするとつい、楽な方を選んでしまいがちです。でも、手間がかかったらその分、代わりに得られるものもあるものですよね。
私も先月、一人旅をしながら、いちいちバスや電車の時刻を調べたり、並んでチケットを買ったり、宿を予約したり・・・がふと面倒になって「ツアーだったら楽だよなぁ」と思ったりしましたが、自分でやるからこそ、その国のやり方を知ることができたり、その国の人の日常生活が垣間見れる面白さもあることを途中で思い出して「面倒臭がったらせっかくできる体験を逃してしまう!」と思い直したばかり。
仕事も同じことが言えます。手間をかけた仕事ほど、気づきも多い。
便利やスピードが全てじゃない、スローライフという価値観も定着した今、心をこめ、手間を惜しまない初女さんの仕事ぶりには、改めて「それがいい」と安心させられます。ずっと変わらずそうしてきた初女さんにしてみれば、ただただ、当たり前のことなのでしょうけど。

私もいつか、初女さんのようなおばあさんになりたいな。
まずは日々を、丁寧に、感謝して、生きることから。





2011/11/08

前世療法の体験談


◆40代 女性

こんにちは。先日はヒプノセラピー、どうもありがとうございました!
あれからもう2週間近く経ってしまうんですね。あの後3日ぐらいはセッションの事がなかなか頭から抜けず、1週間ぐらいしてやっと振り返られるようになりました。 

最初の心配はどこへやら、あんなに感情が出るなんてびっくりです。
実は森の中の女性、リーディングの練習台になったことがあってその時にでてきた人でした。同じように森に住み、水辺が好きで…塔のような所の暗い部屋につながれている場面もあって。
ただその時はどこか客観的で感情が入ってこなかったので自分という感じはあまりなかったんです。今回出て来た時、あまりに同じだったのでそのイメージで自分で作ってるのかな?なんてちょっと疑っていたのですが、全然そんなことなかったです。
まさかあんなに泣くとは(^_^;)

もう1人の男性も含めて、表現することへの抵抗や、どちらも正しく伝えることへの思いがすごくあるんだなと改めて感じました。間違った使い方、伝わり方で殺されたり、悪用されたり国?が滅んだりすることへの危機感みたいなこと、その責任を果たさなきゃいけないという使命みたいなもの…。

あとはRASをやっていただいた時、モニターの時にはなかったけれど、言うことへの抵抗?なんか呂律がまわらない感じとか、そこでも涙が溢れてくる感じとか…それもすごいなと思いました。

ヒプノセラピー、本当に受けてよかったです。なんかわからないけどモヤモヤしていた部分が、少しクリアになった感じです。今はそこまでの責任はないのだから、もう少し気軽に表現しても大丈夫!と思って、自分の喜ぶことをなるべくしようと思います。

たくさんある前世の出来事がこんな風に残っているなんてとても不思議だけど、どこか信じきれなかった部分が、ヒプノによって実感できたのが本当に面白かったです。映画のような感じで…。

あ、あと亡くなった時の場面で安全な場所に寝ていたところ!あそこもちょっと衝撃でした。まゆさんに指摘されるまで穏やかに亡くなったのかなーと思ったんだけれど、あれは正反対だったんだなーと。そんな風に無意識に変換しちゃうんだ!というのもびっくりでした。それはまゆさんに指摘してもらわないとわからなかったし、まゆさんの誘導が本当に良かったなーと思ってます。

まだまだ、見てみたいことや知りたいこともあるのでタイミングを見てまたお願いしたいと思います。 ありがとうございました!



◆40代 男性

おとといは本当に
ありがとうございました。 

ホントにできるのか?と
かなり疑問だったのですが
意外とできてしまって
自分でも驚きでした。 

あのあと、
今の人生はたくさんあるうちのひとつに過ぎないんだなということをよく思うようになりました。大きな流れの中のほんの小さな瞬間でしかないと思って細かいことがあまり気にならなくなりました。 

と同時に、
すごい積み重ねの上にいま自分が生きているんだということも思うようになりました。あれだけの経験の中を生き抜いた自分をすごく大切な存在に思えるようにもなりました。 

そして、
今世の残り時間でなにをするのかということに向き合うとてもよいきっかけになったと思います。 

いろんなエネルギー体が次々やってきて
サポートしてくれたのもおもしろかったです。自分がちゃんと守られていることもわかりました。 

もう終わってしまったことは変えられないけど、いま生きている自分は自由に変えられる。ドラマが生み出せるいちばん先端の場所にいる。それがどれだけ尊くて大切なことか。ということに気づいたのも大きかったです。 

もうきりがないのでそろそろやめますね。笑 とにかく何か自分の人生の骨格の深い部分がカクッと大きく動いてものすごくゆっくりと新しい変化が動き始めた、そんな感じです。すぐに何かが変わるわけではないけど確実に目に見えないところで小さな変化の連鎖が起き続けていくと思います。 

また何か新しいことが
起きたらメールします。
まゆさんとの出会いに本当に感謝です。ではまた会いましょう。


◆30代 女性 会社員

昨日は長時間ありがとうございました!
泣き出したり、シーンがメチャクチャなのに、放り出さずに誘導して下さってありがとうございました。 

マンデラさんのメッセージ(☞こちら)、そのものでしたね。感動してしまいました。なにより自分の光を恐れていたんですね。でも、闇の子が教えてくれた<光はなにも、害しない。暖かいだけ。>ってメッセージがほんとにわたしにとってパワフルで、<わたしは光。>って言葉は、思うだけで強くなれるマントラになりました。 

闇の子は最後ハグしたとき、とてもとても強くぎゅっと私の腕をつかんで、目は笑ってました。なんだかリアルすぎて、今考えるとまゆさんが言ってたように、あの瞬間、違う次元で確実にあの子はわたしといた気がしました。わたし自身なんですけどね。今このときも、繋がっている気がしています。
あの緑の羽の仲良しの宇宙人?たちとも! 

最後のビジョンのわたしからのメッセージ<全ては一瞬。死んだら、なにも、残らない。自分で感じたことだけが、残る。>というのも、自分で感じるってことがどれほど大切なことか、教えてくれました。 

それに、今日気付いたんですが最近つかっているオーラソーマのポケットレスキューloveは、もともとその対応するボトルのタロットカードが好きで買ってあんまり使ってなかったんです。だけど、なんとなく気になって調べたら<自分を愛する。小さい頃からの恐怖を克服する。>というメッセージでした!どんぴしゃ! 

不思議ですね、、。
なんだか、いまの自分が選んだもの、手にしてるものは全て、他の次元のわたしに繋がっている気がします。いまのわたしも、姿形は違う、どこかのわたしに繋がっている。そう思うと、なんだか全てが愛しく思えます。すべての存在のなかに自分がいる気がして。 

とりとめのないことを長々すみません。でも、まゆさんのところに行って、ほんとに良かったです。頭のなかのBGMはルイアームストロングのWhat a wonderful worldです。とてつもなく、大きなものをもらって帰りました。ヒプノセラピーって、いろんな場所のいろんな存在のたくさんのわたしからの、応援メッセージですね!
これからもたくさんの光がまゆさんに繋がりますように。
ありがとうございました!



◆30代 女性 主婦

先日はお世話になりました。

まずご報告ですが、ヒプノセラピー中に天使からもらえなかったギフトは、セッションを受けた日の夜に見た夢の中でもらえました。
天使に「ギフトをあげる」と言われ、オレンジ色の少しマーブルが入った玉をもらいました。 恐れを感じた体の箇所にこの玉を通すと恐れを消してくれる、とのこと。 恐れを感じた時に使っています。 

感想ですが、ヒプノセラピーってすごい と思いました。
ヒプノセラピーは、一ヶ月経っても、明確に記憶や体に映像やメッセージが残っているからです。

一番幸せだった前世に誘導していただいた際、砂浜を歩いている少女が見えたのですが、 広い空、気持ちいい海風、自分がここにいて本当に幸せだと思っていることを感じました。 幸せで嬉しくて涙が出ました。
この時、須藤さんは何か私の頭の上で何かされていましたか?まばゆいいろいろな光が見えたので不思議に思っていました。

今回は恐れを感じてしまい行動できないことを何とかできないかと思い、セッションをお願いしました。 セッション後は、天使にしつこい恐れをこそげ落としてもらったこともあり、恐れの度合いは減ったと思 いますし、 恐れを感じた時にギフトでもらった玉を使って、なんとか恐れを諫めているような感じです。
それだけでも大収穫でしたが、終わった後の須藤さんとの会話で未来を信じてみようという気持ちになり、 セッションを受けて良かったです。ありがとうございました。



◆30代 女性 会社員

こんにちは。
先日、友達とグループヒプノセラピーを受けさせていただいたモノです。
遅くなりましたが、その節は子連れにも関わらず快く引き受けて下さり、ありがとう御座いました。
私は初めてだったので、2人が居てくれて本当にリラックスして受けることができました!
友達も集中はできないものの、子供と一緒に行って良かったと話していました。

先生にはご迷惑おかけしました。

初めてもあり、ちゃんとは見えなかったですが、とっても気分爽快でスッキリしました。
ここ最近ずっと不安や身体の疲れが酷く外出するのも心臓バクバクだったのですが、初台からバスを乗り継いで帰っても、
予期不安もなく、あの日以降元気に過ごしています!

気分的なものでも、効果がありました!
ですので、やはり前世が見たい気持ちが強くなりましたので、
また必ず伺います。

その時は宜しくお願い致します。



◆30代 女性 自営業

以下、彼女のブログからの抜粋です。
*****

フガフガ言っている息子を抱えながら、萬夕さんが催眠状態に誘導してくれます。
身体はリラックスしていますが、意識はハッキリしています。

今回誘導してもらうのは「今のあなたに一番メッセージを与えてくれる前世」。
萬夕さんの声で誘導された先で、色々なビジョンを見ました。

この前世では私は女の子で白い綿の洋服を着ていました。
部屋の中は、ヨーロッパのどこかの国のような雰囲気です。
どっしりとした木製のダイニングテーブルが有り、テーブルの上には暖かいスープや食事が用意されていました。
他に部屋にいたのは、その子のお母さんです。

これが前世に行った最初の場面なんですが、ここからは現実の世界で息子が激しくフガフガ言っていて、笑ったり、気になったりして、催眠状態がとても浅くなり、前世と現世とが混ざり合ったビジョンを見ました。

「その前世で一番幸せだった頃の場面」では、女の子とお母さんが手を繋ぎながら歩いているビジョンを見ました。

次に「その前世でもっとも重要な出来事が起こった場面」に移動したのですが、残念ながらビジョンは見られませんでした。(まだ見たくなかったみたいです)

その後も「その前世で死ぬ瞬間の場面」や「メッセージ」や「ギフト」など色々なビジョンを見る事ができました。


前世と言われると???と思われるでしょうが、前世という言葉には意味はありません。
自分の内側からどのようなビジョンが出てくるのか、そしてそのビジョンをどの様にとらえるかによって、過去の見方が変わり、癒やされるのだと思います

今回のヒプノセラピーでは「一番幸せだった頃の場面」での、女の子とお母さんが手を繋ぎながら歩いている場面。
まさしく、それは私と母です。

小さい頃から母子家庭で育った私は、母が仕事と家事育児に忙しく、余裕がない事を感じていたので、淋しさも甘えも母に伝えた事があまりありませんでした。

我慢癖がついてしまった私は、次第に感受性が鈍くなり、知らない間に無感動・無感情になっていました。

過去を振り返った時「子供の時の自分て可哀相だったな~」と思っていたのです。
(これでも、子供の頃を思い出すのも難しかったのが、可哀相だったと思えるようになったんですが)

でも今回のヒプノセラピーで「一番幸せだった頃」と誘導されて見えたビジョンは、今まで不幸だと思っていた子供時代の場面だったのです。

「私、幸せだったんだな。」と素直に思えました。
子供の頃の寂しさや辛さはもう癒やされたみたいで、自分の視点が変わっていたことが確認できました。

******

全文はこちらの彼女のブログでどうぞ。
<前編>
http://ameblo.jp/mk777chan/entry-11994043567.html
<後編>
http://ameblo.jp/mk777chan/entry-11994306959.html




◆30代 女性 会社員

今日はありがとうございました。家に帰って来て…。今日、前世の私からもらった私へのメッセージを信じることが最初の一歩なのかなぁとふと思いました。あと、癒しは自分の外にあるのではなくて、自分で自分を癒せるのだなぁと。新発見でした。今まではまず、自分の外に癒しを求めていたなと。外にすがりたくなったら今日の感覚を思い出してみようと思います。今夜から、今日味わった自分が全部持っている感覚を思い出して寝ようと思います。ありがとうございました。また伺わせて下さい。



◆30代 女性 自由業

ヒプノセラピーで自分の過去世を見る、というのはどういうことなのか…ドラえもんのタイムマシンに乗ってどこかに行ってみるようなことなのか、と思っていたらそうともいえるし、そうでないともいえる感じでした。
具体的なある時代や状況が浮かぶのかもしれないし、わたしの場合はベースとなる背景は、中世のヨーロッパで、そこにいる自分の姿は実家に飾っている外国のリアリティある陶磁器のこどもの人形。その時代で大人になった自分は時代考証的には合っていなさそうな服を着ていたり。またあるときは自分の知っているイメージの中のギリシャとイタリアを合わせたような風景にギリシャ神話を描いた絵画から抜け出てきたような自分がいて。メッセージを伝えてくれる存在は突然に鳥だったり動物だったり。その上に突然、現在の祖母の顔とことばが浮かんできたり。アニメや人形だったり写真や絵画だったり実際の人物だったり、色のイメージだったりと見えるものは時にツギハギで何でもあり!もし仮にイメージが見えなくてもなぜかことばが勝手に口から出てくる!そして見えたものや、自分が「(左脳ではなく右脳から?)言わされる」ことばを客観的にみている自分もどこかにいて、自分が見ているものを説明しながらそのことに突っ込みをいれてみたり…と、とても不思議。自分のことをより深く知っていくワークはいろいろあるけれどほんとうにとても面白い体験でした。

また、前世療法であるヒプノセラピーで「未来」のことについてもヒントをもらえるのは新鮮でした。わたしは以前、他所でのヒプノセラピーで数ヶ月先に何をしているかを具体的に見ようとしたのですがなぜか非常に見づらかったです。もちろん自分がどうしていきたいか、という意志(つまり具体的なビジョン)も関係するのかもしれませんが。 今回、過去世を通じて未来へのヒントを見てみると、今とは状況設定が違いながらもその状況(ストーリー)の中での具体的なイメージがしやすく、時代がかわっても共通する出来事、これが未来へのヒントとなる、と気づきすんなりと腑に落ちました。 まるで自分のファンタジー映画を見た感じ!? 長丁場ですがたくさん涙も出てすっきり。こころもからだも軽くなりました!



◆30代 女性 会社員

土曜日は、大変お世話になりました。

封印していた感覚がまざまざとよみがえり、驚くと同時にうれしさが溢れました。そして、これは使ってもいいものなんだ、と思えたことで、背骨に芯がもどってきたようです。こんな良いもの、どうしてこわがって使わずにいたのでしょう。。

わたしの見た前世が「家を出たい」と強く願っていましたが、その願いどおり家を出た大学生のときから本当にいろいろなことがありました。夢みたいに良いことも、地獄みたいに悪いことも。その大きな波にもまれているうち、何を信じていけばいいのかすっかり見失っていたようです。親のせいでも、周りのせいでもなく、わたしが中心を誰かや何かに預けてラクになりたいと思っていたのが原因だと思います。

あの後、電車に乗っていたら「Laugh, Kiss, Love, Dance」と、バックに印刷された文字がばっと目にとびこんできました。「もっともっと楽しんで! 沼に足をとられてる時間がもったいないよ!!」と言われたような気がします。

これまでのことをしっかり反省したので、、(笑)、これからは頭で考えすぎず、ちゃんと天使さんにも助けてもらいながら仲良く歩いていきます。「変化した」というより「元に戻った」感じです。本当に本当にありがとうございました。助かりました。



◆40代 女性 会社員

いろいろと面倒を見ていただいてありがとうございました。
こういった精神面でのヒーリングは初めての経験でしたが、最初はちょっとびっくり、家に帰っては「受けてよかった」というのが正直な感想です。
萬夕さんは、初対面でしたが、友達のお友達でもあるのか、するっとご自宅に入ることができ、するっとお話ができました。

散文で申し訳ないですが、感想をお伝えしたいと思います。

前世からあんなにお腹が空いてるとはおもいませんでした。
絵に描いたような貧乏農家の画像が浮かびました。
わたしの口癖の「わたしのような貧乏人の田舎者が・・・・」の原因がわかった気がします。お金持ちだったり、社会的地位のある人を前にすると、卑屈になる原因はこれかもしれません。食事の時間になっても食事が取れない時には、ものすごくイライラしたり不安になっていたりする理由がわかった気がします。

幼いころから家族に問題があった(父が家に帰ってこない、弟の家庭内暴力が激しく私はあばら骨を2回折っている、寝たきりの祖母は自分の不自由さの代わりに私を召使のように使っていた)など、過ぎたことだから気にしないようにしよう、とおもっていたことが、自分の中で相当デカイ問題だということが認識できました(早く解放されたいですね)。

母に頼りっきりの生活なのに、母がいなくなったらいいのに、と思うことがしばしばあったのですが、あんなに母にいなくなってほしい、と思っていませんでした。

きっと母が年老いて寝たきりにでもなったら、私が100%面倒をみなくちゃいけない、と常々思っていたことが恐怖になっていたんだと思います。

萬夕さんに、階段を下りていってください、と言われたときに、階段を下りるのがこわいな~と感じたんですが「大丈夫だよ、こっちこっち」とガイドしてくれたのが、私の大好きなユルキャラの「アルクマ」でした。なぜでしょう?

全部が大変、興味深い体験でした。
途中で何回も泣きそうになっていたんですが、泣いてもよかったんですね~。
次回は、どうして家族なんだろう、ということが知りたいです。それから、どうしてこんなに毎日、疲れているんだろう、の理由が知りたいです。




◆30代 女性 会社員

軽い彼のメッセージが掲載されていて(→こちら)、
にやにやしてしまいました。

ヒプノを受けると、思いがけない形をとった
偶然が重なって、
強烈なメッセージに変わることが多いのですが
今回も、それがありました。

1つは、あのあと初台に向かう道の途中に
素敵な喫茶店を見つけて入ったら、
よく知っている人と、そのカフェが
コラボして展示会をやっていたこと(笑)
これは軽いやつですが・・・

2つめは、つい3時間前です。
あるテレビ番組に
小学生のころからの親友が出ていました。

彼は小さい頃から
とても声が美しくて
神様のギフトを持っている一人なんだろう
と、思っていました。

その彼が、夢を叶えて
立派に成長しているのを、見ました。

小学校時代、よく2人で漫画を描いていました。
私が3ページのストーリーを描いて、
続きは彼が描いて、
またその続きを私が描くんです。
違う人間が順番に描くので
思いがけない展開になって
クラスメイトや、担任の先生に
楽しんでもらっていました。

その漫画は、母に見つかって
捨てられてしまったんですけどね。

私のインスピレーションを刺激してくれる
よき友でした。

彼の姿を久しぶりにテレビで見て
ああ、自分もこうしては居られないなと
強く思いました。

迷いがふっきれて
仕事に対しても
要領よくやれそうな気がします。

誰かに勇気付けられるって、
いいですね。

潜在意識が濁ると
身の回りにあふれている
こういう
必然が見えなくなるのです。

そうなるのが最近怖かったんだなと
今さっき、思いました。

また、クリアにするために
お邪魔させてくださいませ。



◆30代 男性 会社員

僕は去年、ワイス博士の「前世療法」を読んでからヒプノに興味は持っていましたが、特 に霊感とかがあるわけではないし、いわゆるスピリチュアルな知識もほとんどないし、自分にも本当に前世なんて見れるのかなぁ?と思っていました。想像がつ かないのもあって、なんとなくコワイなぁと思ってたんですが、子供の頃から人前に立ったり目立ったりするのが嫌いな理由がどうしても知りたくなって、思い 切って受けてみることにしました。

昔の自分だったら、目に見えないものにお金を払うなんて、考えられなかったです。でも、実際にやってみたら不思議だったし面白かった!頭と心がすっきりした気がするし、お金を有意義に使った感じがします。いまだにきちんと記憶にも残ってます。古いヨーロッパの風景。

それに、ヒプノを受けてから普段もイライラしなくなった気がするんです。前は分かっててもイラッとしたんだけど、イラッとする前に冷静になれてる。今のところですが。
僕にはヒプノはオーラソーマより敷居が高いけど、すごくよかったです。オーラソーマは意識の部分だけど、ヒプノは無意識を扱うからなんでしょうね。無意識ってすごいなぁと思います。

とにかくいい経験になりました。感謝です。
次回は、高所恐怖症の原因も見てみたいと思っています。



◆30代 男性 自営業

結果的に、わたしに合っていて、効果的な手法だと思いました。

実際に受けるまでは、すこし不安に思っていました。
それは、初めて体験することに対する気持ちであったり、
探ってみて自分自身になにもなかったら、と思ったり、
セラピーという行為自体が良く分からないものと感じていたからでした。

受けてみると、特殊なことをするわけではなく、
心身ともにリラックスさせて、半覚醒状態にいたり、対話をすることでした。
半身は夢に、もう半身は現実に、そのバランスを対話によって釣り合いを取ることにより、夢にいながら、他者の存在を介して、自分自身を分析していくという行為でした。

ただ、そのときの夢は、普段みている夢のようでありましたが、違うところがありました。
たとえば普段の夢では、現実の過去で出来なかったことは、夢でも同じようにできず、私は夢で出来た時点でようやく自分が成長したと気付いたりします。
だから、できない、見たくない、知りたくないと思うときは、自分で場面転換したり、前後のつながりをなくしてしまったりします。

ヒプノセラピーは、他者が先導し、道を示し、扉を開いていくように、方向性を指し示してくれます。
それによって、自分が見たくないと思って目を背けていることに対して、向き合って原因を探ることができます。
また、自分では重要視していなかったことや、気付かなかったことを発見し、より深く自分自身を知ることができます。

終えてみて、
夢に立ち会う他者が、自分に合うか合わないか、自分にとって信頼してリラックスできそうな方かそうでないかが、ヒプノセラピーを効果的な手法にする、前提条件かと思います。
私にとって、日々の音色はとても合っていたのでしょう。
一ヶ月以上たった今も、あのときに見た情景が鮮烈に思い浮かび、自分の口から出た言葉が心に浸透していきます。
他の体験する方も、同じように、日々の音色が自分に合うものであったら良いなと思っています。



◆30代 男性 会社員

ヒプノセラピーによるリラックス状態のなかで現れてくるそのイメージが、
自分の遺伝子に刻みこまれた前世のイメージなのか、
無意識が作り出した架空のイメージなのかは分かりませんが、
その現れたビジョンが現状の自分にとって意味のある必要なものということは感じました。感覚で認識する感じでした。
何かのきっかけになると思いました。
新しい体験、感覚というのは、きっかけになります。
わりといい状態保ってるんです。感謝です。
ボクのような状態の人は、結局よく言う「気の持ちようだよ」的な部分がやっぱりあると思います。それには「きっかけ」って重要なんですよね。
みんなそんな「きっかけ」を探してるんですよね。ストーリーみたいに。
引き続き、日々自分の状態を検証しながらやっています。
どっかのタイミングでまた話せたらうれしいですね。



◆30代 女性 自営業

セラピーを受けてから、いつもの自分のより1つ内側の、本音の自分(潜在意識)との回路が太くなった気がします!



◆60代 女性 主婦

表現するのが難しいんですが、なんかぼわーんとした感じでした。
いい気持ちで不思議な気持ちだったかな。
自分の前世も「そうかー」と。
ひとつは海辺で桶を持って何かをしている、着物を着た18才の日本人女性だったんですが、 その風景は、私の出身地の北海道の風景みたいだったから、潜在意識の中にあるのかな?と思ったり、いや違うのかな?と思ったり。
もうひとつは、私は養子なので「養父との前世の関係を見たい」と お願いしたんですが、ヨーロッパのある国の王子だった時の爺やだったので、意外でした。
今でも見た光景は目に焼き付いています。


◆40代 女性

mayuさんからヒプノを体験できたこと、じわじわきてます(笑) 

昔好んで筆をとっていたので、手紙を認めようとしていたのですが、
目まぐるしく内も外も変わっていく、ので、途中でメールにしました(笑)

RASファシリ講座を(受けることを)決め、認定されても
まだまだ痛みの感情に溺れ辛かった日々。(感情消化は継続中)
ある方の言葉に自ら揺さぶられ(笑)
コントロールの中にあると感じたことで、思い切ってヒプノお願いできたこと。
体験したいことは体験しないと納得しないなあと感じました。
結果じゃないんですね〜。 

恐怖、もあったんです。
過去世で人殺してたらまた繰り返すんじゃないか、ということもですが、人のアドバイスと反対のことしてしまうという、人の意に沿えられない事で、関係性が壊れるかも。。。とか。孤独を好んでるはずが、人がいなくなる事が恐怖で。。。

そしてアドバイス、という点では、子どもへアドバイスする自分にダメ出ししていることや、子どもがアドバイスと反対の事して傷つく自分を見ました。
子の尊厳より、自分の意見が受け入れられない事への悲しみをみました。

そう、自分が自分へアドバイスしてる事が、嫌だったんです。
今のままではダメだよって言ってる事と信じ込んでいたから。
自分受け入れてないから。。
過去世でもアドバイスして囚われの身になってましたし。。
それに(内外に)アドバイスすることで、まだまだ外への対処に翻弄してたようです。。

 更には、内側→外側やとわかってしまった分、
感情感じきる前に、思考で探してしまうのです、
「人に理解される事を望むのは、自分が自分を理解してないから」
とかいう答えを。
反転する前に、反対(陽)ばかりに気を取られて、感情を丁寧に感じてなかった。。
ガーーーン。チーーーン。(愕) はああ。
どんだけ感情消化が、陰が怖いんでしょうね。
答えは必要ない、って感じているのになあ。
思考癖、強いっス!
気づいたので、シンプルに感じるだけ、ですね〜。

統合まで1年、とか普通にある位ですし、自分でも幼少期から氷になる技を身につけて来ていたので、とかしつつ、一つ一つ地味に見ていく事だな、と思ってます。 

ヒプノでは途中で眼球筋運動をしていただいて助かりました。
それなかったら、どっぷり消化まだかまだかと長引いたのではと思います。
二度自死してましたが(笑)そうだろうなあと思っていたので納得です。

私は号泣し、感情をリアルに感じていました。
もう、入り込んでいました。 
死に際、あんなに「自分の思ってる事を言ってはならない、人を信用してはならない」と固く思い込んでた自分に、今、「その状況でそう信じ込んだんだね、本当にきつかったんだね。」と、思えるようになりました。

その時残した痛みの感情は、それは、本当に時空関係ないくらい、なのですね。 
メッセンジャーも、透明だけど、形がわかる天使さんだったんです。
彼(女)から空気のプレゼントって…f^_^;
プレゼントなんて貰えないって思ってたから驚きました。

今ここ、今ここ。
今ある自分そのものが、そして当たり前と思っているものがギフトなのですね。
自分のhsp気質も、ギフトとして受け取ってみます。 

話はとびますが、メルマガのタイトル(「心が静かっていうのは、心が動かないのではない」)に、反応しちゃいました。 mayuさんやkan.さんのそれとは異なるかもしれませんが、まさにそういった瞬間を感じたことがありまして。

ヒプノ受ける直前に、人間関係が突然プツリときれまして、動揺しましたが見つめていったら、独りへの怖れがだんだんと「独りという凪」に感じまして。
ああ、これ忌み嫌うものではないし、諦めでもない、
むしろ昔からあるものって受け入れられました。
激しく感情に揺さぶられる時も多いですが、心が静か、
でも心は動いている、そういう事も感じる瞬間を持てている、
私にとっては想像していなかった感覚が体験できたなあ。と、
不思議な気持ちを味わっています。
「心が静か」メインだと、どんな感覚なんでしょうね。
今はとにかく感情を味わう、それに集中したいと思います! 

支離滅裂ですがヒプノ受けてスッキリしたことをお伝えしたかったのでした! 
ではでは〜!



*体験談は、クライアントさんのご了解を得て掲載させていただいております。


★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら
★その他のヒプノセラピーの体験談はこちら
★ヒプノセラピーの流れはこちら
★メニューと料金はこちら

2011/11/06

清川あさみ「美女採集」@水戸芸術館


先日は、あさみの個展「美女採集」のオープニングで、水戸芸術館まで行って参りました。
あさみとのつきあいは10年以上になりますが、今までで一番規模の大きい個展だけに、個展が決まった時からずっと楽しみにしてたので、風邪っぴきにもかかわらず水戸まで行った甲斐がありましたーー。メインビジュアルになっている真木よう子さんをモデルにした作品なんて、実際は大きくてすごい迫力だし、細やかで繊細な色の重なりは、原画じゃないと分からないですからね。

清川あさみと言えば、今やすっかり写真に刺繍を施した手法で知られていますが、その昔、それが生まれるタイミングに立ち会えたラッキーな者としては、まず、この手法を、彼女がここまで発展させたことへの感慨深さと敬意を感じました。
作品を見ていると、ためらうことなく、迷うことなく、写真にグサグサと針を刺して行く凛々しいあさみの姿が浮かぶようで(笑)、作品集では伝わりきらない、作家の熱がダイレクトに伝わってきます。やっぱり原画って、いいです。純粋なエネルギーに満ちていて。

Complexシリーズ<voice>2007

ずっと雑誌で連載している「美女採集」シリーズももちろん美しくて素晴らしいんですが、私は目黒庭園美術館のグループ展でも発表された「Complex」シリーズがコンセプトから好きで、それをまた見られたのも嬉しかったです。

Complexシリーズ<skin> 2007

10代のかわいい女の子の写真に大胆に刺繍することで、「肥満」「声」「毛」「肌」「老い」など、女性なら何かしら持っている美に対するコンプレックスを表現した作品で、儚さと強さが同居しているところがいいのです。
コンプレックスって、ひとつの見方でしかないのかも・・とかね、人それぞれに作品から感じ取れる気づきがあると思いますよ。

レセプションパーティーにて、
奇麗な着物姿のあさみと久々のツーショット。

テーマごとに全部で8室に分かれた盛りだくさんの展覧会。
来年1/22までやってますので、よかったら皆さんも行ってみて下さいね。
作品からエネルギーをもらえますよ!

ちなみにあさみの作品は、小さいものですが、うちのサロンにもいくつか飾ってあるので、いらっしゃる機会のある方はそちらも楽しんでいただけたらな、と思います。