【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残2席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/07/31

「何もしたくない」なら、罪悪感を持たずに休むこと!

2014年インドにて

特に日本人はねぇ…
せっかくの休みだっていうのに、
罪悪感を持ちながら休む人の多いこと!!

「何もしない」ってことに、
罪悪感、感じすぎです。

これ、健康的ではありません。
それじゃ、休む意味がなーーーい!


以前、マスターKan.さんの言葉をシェアしましたが
☞詳しくはこちら


現代人は『何かをやる』方に慣れていて、 
『やらない』ことにすぐ不安を持ってしまう。 
でも本当は『やらない』ことも大事。

なんでもバランスですから。 

『やる』ばっかりだと、偏るんですよね。 

『しないこと』への理解も大事。 

『しないこと』が実は一番なされてるんだよね。


これねぇ…
一人一人がもっと、
腹で本当ーーーに理解するといいです。


自分が本当にそう思えたら、
人にも押し付けたりしないでしょ?


休むこと=人に迷惑をかける
何もしないこと=ダメ人間

みたいな考え方は、もう、やめましょう!


こないだのブログで、
この6、7月の怒涛の感情消化の中、
私が感じきった感情のひとつが「絶望」って書きましたが、
☞こちら
そのまたひとつは「虚無感」でした。


とにかく何もしたくない。
する気が起きない。
やる気もない。


だから、「今日は虚無感を感じる日!」って決めて、
丸一日、自分で自分にそれをとことん感じる許可を与えました


罪悪感なく、感じていい!って
自分で自分を許す。


罪悪感を感じながら虚無感感じても、
自己否定を強化するだけですからね。
消化にもなりません。


いいんですよ、
何もしなくたって。


かくいう私も、
20代、30代は超・忙しい人で、
仕事も真夜中帰りが当たり前、って期間が長かったもんで、
たまに休みってなると何もしないのはもったいなくて、

ライブ行ったり、芝居行ったり、
美術館行ったり、パーティー行ったり、
勉強したり、映画見たり、旅したり、、、

まー、いっつも何かやっておりました。


ある時、手帳を見返したら、
一日家にいた日が、365日中2日しかないってことに気づき、
我ながらびっくりしたくらいです。


それもまた、必要な経験だったと思ってますが。
あの頃、とことんやり尽くしたからこそ、
今「何もしない」ってことを
罪悪感なくできちゃうのかもねぇ。


だから、何かしたい人は
飽きるまでしたらいいと思うんですが、、、


「何もしたくない」なら、しない自分を許しましょう!
罪悪感なんて持たずに、思いっきり休みましょう!


その方がね、かえって早く抜けますよ。


「何もしたくない」のに
「そんなんじゃダメだ」って無理矢理何かしようとすると
いつまでも「何もしたくない」がついてまわりますからね。


まあ、、そうは言っても独身ならともかく、
家族がいる方はなかなか難しいのかもしれませんが。。

それでも、「やらなきゃ!」と思い込んでいるコト、
「別にいいや〜」って感じでサボっちゃって下さい!
自分を責めずにね。



私、「虚無感」を感じていた時、
本当は、お客さんにも前から言ってた
「夏に対馬&壱岐リトリート」の計画をたてよう!
って思ってたんですよ。
そこで内容をツメないと、夏にはできないなぁ、って。


昔の私だったらね、
「有言実行」がモットーなもんで、
「お客さんにも言っちゃってるし、言ったことは
実行に移さなきゃ!」って
頑張っちゃったと思うんですが、、、

今はもう随分と信じ込みも外れてしまってますもんで、、


「ま、いっか!」と。
( ̄◇ ̄)


今は感情の消化が第一優先事項だ!
とばかりに「虚無感」を感じる方に専念したのでありました。


余計なモンを持ち込まずに、
純粋に、感情だけを感じると
結構抜けるの、早いですよ。


私もこの怒涛の感情の荒波を次々乗りこなすうちに
だいぶコツがつかめてきました。(笑)


セルフケア講座」を受けてくれた皆さんが
そうやって、徐々につかめてくるといいな、と思います。


そりゃ最初はね、消化するだけでいっぱいいっぱい
かとは思いますが。


ちゃんと感じることを続けていくと、
奥が見えてくるようになりますから!


なんでも、味わうことです。
「何もしない」を味わうことも
私たちには許されております。。

ヽ(´∀`)ノ .:。+゚。



☆ブログ「『このままじゃいけない』と思う必要はありません」
こちら

☆「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」の内容について
詳しくはこちら
☆参加者のご感想はこちら

☆RAS(Release and Awakening System)について
詳しくはこちら

☆ブログ「引き寄せよりも何よりも、
まずは未消化の感情を消化することから!」はこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら


2017/07/29

坂本龍一×福岡伸一(生物学者)〜当たり前のことにやっと気がついた


ちょっと前にEテレでやってた
坂本龍一さんと生物学者の福岡伸一さんの対談の内容が
面白かったのでシェアしておきますね〜。

なんか、すごくね、
分かる分かる〜!って感じだったのです。


一つ目は、山登りの話。

生物学者の今西錦司さんて方がいたんですって。
山が好きで生涯に2000近い山を登って来たそうで。

山に登るとその頂上からしか見えない景色がある。 
そこに次の山が見える。
だからその山に登りたくなるんだ。

って、言ってたと。


その話を受けて、教授(坂本龍一さん)がね、

去年アルバムを作っていて、
まるで山に登っているようだなと実感したんですよ。 

僕の場合はね、地図のない登山なんですね。 
だからまさに登ってみないとその山自体も分からない。 
一歩踏み出してみないとどういう景色かも分からない。
(略) 
作り出してみないとどこがゴールか分からないんです。 

で、ある日、これがゴールだと実感した瞬間があったんですね。 
そしたら、今まで見えてなかった次の山が見えたんですよ。 
あ、これが終わりじゃないんだって。 
ここに行かなきゃいけないんだ。 

でも登ってみないと向こうは見えないわけですよね。 
それをね、実感したんです。

って、話すんです。


教授ですら、そうなんですよ〜。
同じ人間だ!って感じがして(当たり前だが。笑)
嬉しくなりますな。


山登りも創作活動もね、
「自分と向き合う」作業じゃないですか。

だから「登ってみて初めて分かる」ことがあったり
「登ってみたら今まで見えてなかった次の山が見える」って
人生そのもの、だよなぁ… って思いまして。


それは自分で登ってみないことには、
絶対分からないんですよ。


誰かが言ってたこと、書いてたこと、
それはヒントにはなると思うんだけど、
自分が体験してはじめて、
自分の内に落とし込むことができる


体験すること自体を怖がる人も多いけど、
それはとてももったいない話で。


いや、そりゃね、
特に「自分にとって嫌な体験」をわざわざしたい!って人は
そうそういないと思いますよ。


でももし、あなたの目の前にそういう現実が展開されたなら、
それは体験してみる価値があります


特に、避けても避けてもやって来るような
パターンになっている「自分にとって嫌な体験」なら、
なおさら。


なぜって、、
それはほぼ間違いなく、、
自分の魂が生まれる前に設定して来た
チャレンジだから!!!


それを超えた時に何かしらの
ご褒美=気づき
があるはずです。


チャレンジを何も設定してこない魂なんて、
いないですからね。


そして、自分で設定したってことは
超えられるってことが前提です。


だから安心して、体験しましょう!

2010年N.Y.にて

二つ目は、
これを読んでくれている友達やお客さんには表現者も多いので、
教授の言葉、シェアしておきたいかな、と。


(音楽は)一回性っていうのは非常に大事だし、
(科学は)再現性ですよね、 
何度繰り返しても同じ結果が得られるっていうところに
信を置くものじゃないですか、科学って。 

それと反対で(音楽は)一回しか起こらないから良いと思うんですね。 
そういうところにアウラがあると。ベンジャミンに言わせれば。 

*ヴォルター・ベンヤミン:ドイツの思想家 
「芸術は複製されるとアウラ(オーラ)が失われる」

毎回同じことが必ず起こるとか、劣化しないとか、
たくさん同じものがある、複製技術時代 
ますますそれは高まっている訳ですけど、今の時代はね。
その時に一回性の問題っていうのは
今真剣に考える必要のある問題だと思ってるんですね。


たぶん考えてる人、多いんじゃないかなと思ったので。

有名なジョン・ケージの「4’33’' 」にも触れてましたね。
4分33秒の間、演奏が行われないっていう問題作。

音を人間のコントロールから解放する試み。。
ノイズを排除するのではなくて、ノイズを聞いてみよう、っていうね。

すべてのものは無の残響である
という彼の言葉についても、熟考されたようでした。

2013年モニュメントバレーにて

三つめは、ふたつめの流れからなんですけど

教授:
我々人間の脳の特性としかいいようがないんですけれども、 
どうしても何かの意味ある情報を受けとろうとする
見ようとする聞き取ろうとする。


博士:
星座を取り出すっていうのは、言葉の作用というか 
人間の場合は特に
ロジック、ロゴス=言葉、意味、論理の作用ですよね。 

言葉による分ける力、文節の力っていうのはすごくて、
そのことによって本来ノイズだらけの世界から 
星座、シグナルが切り取られて行くわけで。 

あまりにもロゴスの力によって切り取られ過ぎると、
本来の自然というものが非常に変形するというか 
人工的になってしまう。 

物理学、生理学の Physis っていうのが
本来の「自然・ありのまま」っていう意味で 
プラトンやソクラテスが出るよりもっと前のヘラクレイトスの時代に 
自然というのは混沌としていてノイズからできているけれども
豊かなものだ っていうビジョンがあったわけですけども 
プラトンやソクラテスがイデアみたいなものを言い出して。

ロゴスの強力さっていうのに、ある種辟易することがありますよね。 
認識の牢屋ですよね。 


教授:
一度、思考実験として、「名詞を使うのはやめてみよう、1日。」
と努力したことがあるですよ。
まあ、ほとんど、不可能ですよね。生活できないというか。
もちろん話もできないし。難しい。
でもね、僕は大事なことなんじゃないかなと。
(略)
まず、自分もノイズだと認識しないといけませんよね。
自分がまるで自然の外にいて観察しているかのような
認識の枠組み自体が、もう間違いですね。
自分自身も木と同じ、自然物ですよね。
果たしてどれだけの人がそれに気づいているかどうか。



認識の牢屋」って、
まさに!って思いませんか?


私たちは、知らず知らず、
それが当たり前過ぎて、普通に、
目の前の対象を言葉で切り取りますよね。
名詞をつけて呼ぶだけじゃなくて、
ジャッジしてカテゴリー分けしちゃったり。


もともと混沌としているのが自然なのに、
何らかの型にはめ込まずにはいられなくなっているというか。


それによって、こぼれ落ちてしまうもの、
もあるんだけど、それには気づかないことが多い。


結果、自分たちの認識に苦しめられたり。。
認識が制限になってしまってるんですねぇ。


星だって、どんな風に見たっていいわけですよ。
星座として見てもいいし、
全然違うものに見えてもいい。


ひとつの切り取り方を絶対だと思わないこと
そう思い込むと、他の見方ができなくなってる
ってことにすら、気づかなくなっちゃうかもよ?
ってことですなぁ。



四つ目。

遺伝子欠損させた実験マウスの話も興味深く・・・
それでもマウスは元気だし、異常もなく、
寿命も変わらなかったんですって。
部品を欠損させているのにもかかわらず、何も起こらないことの方に
驚かないといけない」と。


博士:
欠損しているという状態を元に、新たなバランスを立ち上げる 
その回復力というか、可塑性ですよね。 
それこそが生命を生命たらしめているものなので 
それをもっとちゃんと・・

教授:
だってそうしなきゃさ、
40億年近くも生きてこれないでしょ、生命は。



三浦梅園(思想家)が
枯れ木に花咲くより生木に花咲くを驚け
と言ったそうなんですが、


当たり前のことを疑うこと!
当たり前のことに改めて神秘を感じること!


これ、音楽家じゃなくても、生物学者じゃなくても、
誰にとっても大切なコトですよね。


五つ目。

動的平衡: 
人間も分子レベルでは、体全体が一年ほどで
全く別の分子に置き換わっている。 
生き物の中身と外とを、分子が行き来する絶え間のない流れ、のこと。


博士が唱えている考え方。
面白いですよねぇ。


私たちの体、分子レベルでは
一年前と全く違うんですよ!!
「変わってない」は気のせいなんです!!!(笑)


20世紀の生物学は「作ること」中心だったそうなんですが
今は「壊すこと」に注目している、というのも面白く。


博士:
生命現象は、作ること以上に壊すことをやめない。 
どんな時でも壊し続けているし、壊すやり方は何通りもある。 

タンパク質も常に壊され続けてる。 
(壊さないと生まれないというか。 )
壊すことの重要性っていうのを
もうちょっとちゃんと認識しなきゃいけないなって
いうふうに思ってますよね。
壊すことの積極的な意味をもっと考えなきゃいけない。

生命現象が持っている流れそのものを
なんとかこの要素に名前を与えるんじゃなくて、
要素と要素のふるまいとして説明する、
新しい言葉を作らなきゃいけないなと考えて、そ
れをもうちょっと精密化して、数理モデルみたいにできないか
っていうのをずっと考えるっていうのを実際やってきたんです。


生命は常に合成と分解で成り立ってる、って、
=作ることと壊すことを同時にやってる、って、
(陰と陽ですなぁ…)
その絶妙なバランスをすでに持ち合わせているって、
すごいことだと思いませんか?


それが「自然」なんですね。
それが「命」なんですね。
私たちは、生まれながらにして、そういう存在なのです。



最後に。


教授:
空気の振動、音という現象が
人間がやらなくても常に起こっているので 
別に誰かが演奏しなくても、それを聞けば音楽なんですよね。 
わざわざ新しい振動を呼び起こさなくてもいい、
作らなくてもいい、ということだと思うんですね。 
そんな当たり前のことにやっと気がついた
っていう感じがね。ずいぶん時間がかかった。

博士:
それは同じです。
当たり前のことに気がつくのに時間がかかる
っていうのは、まあ 
年をとることのいいことのひとつですよね。


うんうん、本当に!
当たり前のことに、やっと気がつく。
教授だって、博士だって、そうなんですから!(笑)
それが人生なんだよなぁ〜〜、って、思います。


当たり前のことほど、疑わないから、
なかなか気づけないんですよね。


そういう意味で、
私は今、自分をとことん疑う日々を送っております。
<自分がこれまでずっと自分だと信じ込んできたコト>
を疑う、ってことね。
ひたすら、アイデンティティ剥がし、観念剥がしです。


「それ、ホントにそう?」
「それ、ホントにいる?」

って、自問自答。
まあ、究極、全部いらないってなるんだけど。(笑)


気づけば、
来月のカウアイ島&マウイ島リトリートのテーマ
「破壊と再誕生」を
まーんま、実践しておりますね。


その頃には、果たして
どうなっているのかな〜〜


楽しみにすることにします!


感情消化してったら、
そんな余裕も生まれてまいりました。
( ̄▽ ̄)


あ、感情消化のための「セルフケア講座」、
絵本の在庫確保ができたので、
8月も開催できそーです!


☆「気づきのヒント まとめ」はこちら




2017/07/27

とことん絶望しましょう!そして、自分で自分を幸せにするって、決めましょう!


こないだの「おとの雫@ピラミッドセンター」の
参加者の皆さんのご感想に掲載させていただいた中から、
ちょっとひとつ抜粋して、改めてご紹介したくってねぇ…

大切なことが、いっぱい書かれていたから。

参加者の皆さんのご感想」ってくくりだと、
ただの感想だと思って読まない人も多いでしょ?(笑)
でも、そんなの、もったいないと思って〜〜〜。


彼女の気づきを通して、私からも書きたいことがあるし。
彼女の許可もいただいたので、ここにも書かせていただきますね。
(ありがとうございます♡)


・外側が変われば自分は幸せになれると思い込んでいる方
・嫌な体験を、人や環境のせいにしてしまう方(被害者意識の強い方)
・自分で自分を幸せにはできないと思い込んでいる方

には、特に読んでいただきたいかも、です。


まずは彼女がくれた感想メールから。
全文はこちらからどうぞ


ピラミッドセンターに行く前に、感情のデトックスのひどい時期があり、 
その頃からヨガの先生に薦められて「ニュー・アース」という本を夢中で読んでいたので、 先日まゆさんのブログに出てきた時嬉しくなりました。 

今までの自分は全部、あれもこれもエゴだったのかな?と驚くばかりでした。 
記憶にある小さい頃からずっとです。 

ここ1年の間、もう望みや願いは持たないと思っていました。 
願うってことにすごく違和感を感じて。 
何かを望むのは疲れるなーとも思っていました。

でも実際にはすごく欲しい欲しいと思ってるのに気づいて(顔無し?) 
でも望んでも、求めてても何にも手に入んないし、
ほんっとに何にもこっちにこなくて笑

しばらく絶望してたら、 
あー自分は人にばっかり求めてて、
何かを得る事で幸せにしてもらう事ばっかり考えてる。 

外側に求めても求めてもほんっとに何にも手に入らないし、
自分が快適なようにしてもらう事ばかり考えて、
してもらえなくて絶望してた…。 
 って気がついた。 

そしてどんなにか、ただの出来事を、何気ない一言を、
自分流に悲観的にとらえていたのかとびっくりしました。 

自分は否定されてる、自分は受け入れてもらえない...
言葉で綴るだけで涙が出てきます。 

でも、自分がそういう世界を無意識に作ろうとしてただけなのかな、 
誰かがそんな目に合わそうと、意地悪してる訳じゃなかったのかなって思いました。 

そんな風に思ってた頃にピラミッドセンターに行ける事になりました。 
chacoさんのクリスタルボウルの瞑想で、
叶えたい夢がある時の瞑想と、
ただただ瞑想する2つのグループにわかれる時、 
何も考えず、叶えたい夢がある方の瞑想にしました。 
やっぱり叶えたいのだな笑と思ったけど、
ただただ静かな瞑想を体験する事ができました。 

なぜかその後、夢、というかその「思い」を手放そうと思えました。 
悲観的な気持ちからもう望まないというのではなくて、
叶えた自分もいいかもしれないけど、 
今の自分と一緒にいようって思えて、すっと楽になれました。 

帰ってからですが、宿泊の時に話した皆さんそれぞれの夫婦の話などを
なんとなく思い出していて、 自分の中の感情に気づきました。

私は、別れた元夫の事、十何年経ってやっと
普通に話したり飲んだり出来るようになって 
もう許せたと思っていました。 

でも許してませんでした。
とても恨んでいて、怒ってた。 

なんで幸せにしてくれへんかったんやろ...! 

じわじわ湧いてきた。くやしくて涙が出ました。 

でも。 

あれ、幸せにしてもらおうしてもらおうって、またこのフレーズが...笑 
やっと出てきたと思ったら、自分の中のエゴが言ってただけなのかなって。笑~ 
自分の幸せを、完全に人の責任にしてもがいていたのでした... 

長くなってしまいましたが、文章まとまりませんでした笑、すみませんー 

まゆさんいつもありがとうございます☆ 
これからもいっぱい手放していきたいです!



いやぁ、、もうね、大切なことだらけ!!
すごく素直に、真摯に、自分を見つめていて、
素晴らしいなって思いました。


私もメルマガやらブログで書いた通り、
6、7月の感情デトックス祭りがハードでねぇ…


感じきった感情のひとつが「絶望」でした。
まあ、これは、出雲で自害した巫女の前世の影響が大、ね。
まーた死にたくなっちゃったし。
ほーんと、自害なんてするもんじゃーない。^ ^;


「絶望」を感じきるって、そりゃキツイ。
でも感じきらないと終わらないから、
感じることをひたすら許すわけ。自分にね。
泣きたくなったらおいおい泣いて、ただただ、感じていきました。


なんでフラワー・オブ・ライフ(RASのセッションのひとつ。これを受けると、今までの全ての前世の未消化の感情が、感じきるまで追っかけてきます。。)なんて受けてしまったんだ〜〜?!!って
後悔したくなるほどに、しんどかったわぁ。。


とはいえ、陰も極まれば陽に転じますからね。
希望に転じるには、とことん絶望を味わうしかない!!!
そしたら自然と、抜ける日はやってきます。
人のせいにしなければ、ね。
自分で自分の感情を引き受けるって、覚悟があれば。


ここで人のせいにしちゃうとね〜〜、
終わらんのよ。


誰かを責めることで、
自分と真に向き合うことを避けようとするのね。
無意識に。


誰かを責めるのは、自分をごまかすため。
でもあるのです。


そりゃ私だって、責めたくなる心理、十分分かりますよ?
まー、そういう場合はとことん責めたらいい。
何も変わらないってことが分かるだけだけど、ね。(笑)


あとね、

友達にグチを聞いてもらうとかも、
自分と真に向き合うことを避けることになります。
無意識に。

これ、みんなやっちゃってると思うけど、、
手当てになっちゃうんだよねぇ。
感情の消化を、止めちゃう。

私はそれに途中で気づいて、止めました。


「孤独」ってね、避けるべきものではなくて、
本来、人間に必要なものだと思う。


我ながら、追い込んだよね〜〜。(笑)


でもそれくらいしないとダメな時期なんだ、ってことが
魂レベルでは分かってたもんで。
ジタバタしつつも、
「宇宙のバカヤロ〜〜〜!!!」って心で叫びながらも、
まあ、がんばりました。


そうやって、感情の消化を進めながら、
その感情の奥にある、自分の信じ込みが何なのか?
見ていきました。


感情というのは必ず、自分のなんらかの信じ込みがあって
そこに反応してわき起こってますからね。

自分の中の「こうあるべき」って価値判断があるからこそ、
「なんでそんなことするの?」って他者に思い、
ほとんどの嫌な感情って、起こりますから。


話を彼女からのメールに戻しますと。。


彼女は絶望を感じながら
「人にばっかり求めてる」こと、
「何かを得る事で幸せにしてもらう事ばっかり考えてる」
って、気づくんですよね。

こういうのって、人から言われて知識として
「そういうものか」と思うのと、
実際に体験して腑に落とすのでは、全然違う。

自分で本当に気づくと、覚悟ができるんです。


この覚悟があるかないかの違いは、
かなり大きい


RASのセッションで、
「被害者意識の解放」をすることがありますが、
それは、人のせいにしていると、なかなか変われないから。


あの人さえ変わってくれれば、とか、
人が自分を幸せにしてくれる、って信じ込んでると
自分の人生なのに、主導権は他者にある、ってことになります。

この主導権を自分が持たないことには、
いつまでたっても自分を生きることなんてできません

自分にしか、本当の意味で自分を幸せにすることはできないんだ、
って真実に、いい加減降参しないとね


「人のせいにしていた」ってことに気づけると、
彼女みたいに、続いて

どんなにか、ただの出来事を、何気ない一言を、
自分流に悲観的にとらえていたのかとびっくりしました。

ってことにも、気づけたりするんですよね。


去年ブログ「お前ら一回マスク取れ。」にも書きましたけど
私たちは「信じ込み」ってマスク越しに出来事を見ているので、
事実を見ているようで見ていません。
だからマスクを外したら「あれ・・・?」ってなるんです。



とにかく「自分」なんです。
外側じゃなくて、内側、なんです。


人にばかり意識が向いてしまううちは、
自分と本当に向き合うことがイヤってこと。避けたいってこと。


そりゃ、イヤでしょう。
避けたいでしょう。


私だってイヤでしたよ。


でもここは、避けて通れません。
いつかは、通る道。
通り方は、人それぞれですが。


彼女のシェアは、どんなふうに自分と向き合ったらいいのか
そのヒントにもなるように思います。


10年以上前に別れた旦那さんへの感情にも、
ちゃんと気づいて、その感情がまだあったんだってことを認めて、
感じてあげてますよね。
これも、すごく大事ーーーー!!!

未消化の感情は、ちゃんと感じきってあげないとねぇ。。
そのためには、素直になって、認めることから。

感情というのは、無意識に抑圧してしまっていることも
あるものです。
それが続くと・・・麻痺になります。
私も麻痺、多いんですけど。^ ^;
麻痺だけに、自分では気づきにくいので、
セッションとかで他者に指摘してもらえた方が、早いかな。



あれ、幸せにしてもらおうしてもらおうって、またこのフレーズが...笑 
やっと出てきたと思ったら、自分の中のエゴが言ってただけなのかなって。笑〜 
自分の幸せを、完全に人の責任にしてもがいていたのでした...


この、ストン、と落ちた感じ、いいですよねぇ。^ ^

ないと思ってた感情に気づいて、感じてあげると、
こういう気づきがやってきてくれたり、します。

そしてね、
そうそう、それはエゴちゃんの仕業。(笑)
エゴちゃんは、外側に求めさせますから。
意識を外に向かわせようとするんだよねぇ〜。。

エゴの存在に気づいている自分に、気づいていてください。

彼女の気づきが、誰かの気づきへと繋がっていきますように。






☆「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」の内容について
詳しくはこちら
☆参加者のご感想はこちら

*次回は7/30ですが、この後は絵本の在庫の関係上、
(メーカー在庫切れかもしれず・・・)
8月は開催できないかもしれません。。

☆RAS(Release and Awakening System)について
詳しくはこちら

☆ブログ「引き寄せよりも何よりも、
まずは未消化の感情を消化することから!」はこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら



2017/07/26

☆お子様連れOK☆8/8(火)水瓶座の満月に、小さな寺子屋vol.3〜色と星座で自分を紐解く


オーラソーマ、やめます」を読んでくださったお客様から
早速リクエストをいただきましたので、
8/8の水瓶座の満月部分月食ライオンズゲートっていう
スペシャルな日に、お子様連れOK
3回目の小さな寺子屋、やらせていただきます。


2回目と同じ内容で、
色と星座で自分を紐解く」がテーマです。

☆小さな寺子屋vol.1
〜チャレンジをギフトに変えるの模様はこちら
☆小さな寺子屋vol.2
〜色と星座で自分を紐解くの模様はこちら


以前ワークショップ「宇宙と星座と色と。」でもお伝えしました
オーラソーマを使った「色と星座のお話」を
少人数で、なので、もう少しツッコんだ感じでお届けします。

★オーラソーマについて、詳しくはこちら
★色と星座のお話は、こちら


私が一方的に話すばかりではなく、
みんなでシェアしながら、お話していきましょう♪

事前に生年月日と時間、生まれた場所を伺って
お一人お一人のホロスコープをお作りし、
いわゆる<太陽の星座>だけでなく、<月の星座>なども知った上で、
それぞれの星座と色から、ご自身を眺めていただきたいと思います。

今回はお子様連れOKなので
お子様のホロスコープもお付けしますよ。

もちろん、お子様連れじゃなくてもOKです。
その場合は、お子様じゃなくて旦那様(奥様)や彼氏(彼女)とか
ご希望の誰かのホロスコープをお付けします!




【小さな寺子屋@代々木上原】

日時:2017年8月8日(火)13:10-14:50(13:05 OPEN)
参加費:5800円(あなたとお子様のホロスコープ付き)
*当日現金で結構ですがお釣りのないようにご用意ください。
場所:参加者が2名以下の場合は日々の音色サロン(代々木上原)
   3名以上の場合は新宿(「初台駅」「都庁前駅」より徒歩約10分)
   *詳細はお申し込みいただいた際にお知らせします。
定員:限定4名
予約:件名を「小さな寺子屋3」とし、(2名以上で同時に申し込まれる場合は、それぞれの)お名前、メールアドレス、携帯番号、生年月日、生まれた時間と場所を明記の上こちらまで。定員になり次第、〆切とさせていただきます。
8/6受付終了しました。
メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし1日たっても何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。
特に携帯メールですと、お互いにエラー表示がないのに届いていないということも時々ございます。その際はTwitter @hibino_neiro やFacebook でのご連絡も可能ですので、ご利用下さい。

キャンセルについて
◆開催2日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、料金の半額をお振込いただきます。
◆開催前日~当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金の全額をお振込いただきます。


2017/07/25

「なりたい自分」になんて、ならなくっていいんですよ〜

カセドラル・ロックにて

「なりたい自分になりたい!」
って、思っている人はきっといっぱいいることでしょう。

「なりたい自分になれる!」ってセミナーとかも
世の中にはいっぱいあるもんねぇ。


それはそれで、需要と供給が成り立ってる世界だから、
別にいいんですけども。

それもプロセスとして必要な人もいるし。
良い悪いって話では、ありません。


でもねぇ…

「なりたい自分になりたい!」って方向で動くと
かえってややこしくなるかもよ〜?
とは思います。


RAS認定セルフケア講座」の中で
RAS代表・松坂氏が書いた絵本を使うのですが、
そのあとがきに、こんなことが書かれております。



チューリップが、ヒマワリに憧れ、
ヒマワリになろうと必死に頑張った結果、
どんなに頑張ってもヒマワリになることができず、
ヒマワリになれない自分はダメなんだ!と自己否定。


まあ、大体の場合、
「なりたい自分」になろうとすると、
こうなりがち、です。


「なりたい」と思う時点で、
「今の自分ではいけない」という自己否定があるわけですから。


「なりたい」と思う自分になろうと努力した分、
いつか、それは同じだけの力で
「あんなにがんばったのに…」
という自己否定にも使われることになるでしょう。。


「だって」「でも」
って言いたくなりますよね?^ ^;
分かりますよーー、もちろん。


でもそれはねぇ…
エゴ(自我)の声なんですよ。


エゴ=自分だと信じ込んでいる限り、
ループからは抜けられません。


そもそも「なりたい自分」というのは
エゴから来るものです。


魂(個性・本質)は
誰しもそのままで完璧なので、
「なりたい」なんて思いません。


RAS的に言うと、
もともと完璧な魂のまわりに、
いろんな人生経験を経てくっつけてきた「信じ込み」が
その痛みに基づいて
「なりたい自分」像を作り上げるって感じですかねぇ。


信じ込み
思い込み
信念
固定観念

マイ・ルール


・・・言い方は何でもいいんですけど、
「〜たい!」が出てきたら、
その奥にある何らかの「信じ込み」を見つけることです。

(自分で見つけられない方はRASのセッションへどうぞ


葛藤が起こるってことは、
あなたの個性・本質と逆のことをやってるよ〜
って、魂からのサインです。


あらゆる観念を手放せたら、
もともと完璧な魂(個性・本質)になるだけ。
何もする必要は、ありませんし、
「何かしなくちゃ」とも思いません。


エゴちゃんは巧妙に、仕掛けてきますけどね〜。
生き残りをかけて。(笑)
大体は「恐れ」を持って。


だから、魂で生きよう!としてるタイミングで
「恐れ」がやってきたら
エゴちゃんの断末魔だと思って下さい。


感情としては受け入れつつも、
「恐れ」に自己同一化しないこと。です。


「あ〜、私のエゴちゃんが叫んどるなぁ〜〜。
叫びなさい、どーぞ、お叫びなさい。」
って、どこかで思っておくのがいいかな。(笑)


なにせ何とかしようと戦わず、
好きにさせておくのがいいです。


抵抗しないこと。
そのままにさせておくこと。
です。


それがうまくできない人は、
何度も言いますが、未消化の感情を消化することから!
です。
(ちゃんと知りたい方は「セルフケア講座」へどうぞ



サレンダー=降参する、委ねる

っていうのは、

エゴが完全に降参して、
魂にすべてを明け渡すこと

でもあります。



あーだこーだ言ってるのは、
すべてあなたのエゴの部分です。


エゴ=思考と感情

ですから、

思考でエゴを何とかしようとすればするほど
エゴにしてやられます
だって、思考はエゴの領域ですから。


エゴが悪いわけではありません。
必要だから、あるわけだし。
肉体に宿ってる限り、エゴが完全になくなるっていうのは
まず無理な話でしょう。
エゴがあってこその「人間という体験」でもあります。


ただ、私たちはエゴ止まりの存在ではない!!
ってことは、知っておかなくっちゃねぇ。。


だから、思考でこねくり回さずに、
ただ静かに、自分を観察しておくことです。


自分の中のエゴが、
どういう時にどういう反応をするのか、
その反応の奥には、どういう信じ込みがあるのか。


続けていくと、
出来事の表面に踊らされるのではなく、
だんだんその奥が、見えてくるようになります。


それがうまくできない人は、
何度も言いますが、未消化の感情を消化することから!
です。( ´艸`)
(ちゃんと知りたい方は「セルフケア講座」へどうぞ
わはは。しつこいですな。
まあ、、深刻にはならないこと!ですよ。
深刻になると、エゴちゃんの思うツボ〜〜。


あとはまあ… 
まずはどんな自分であっても、許すことですかね。
何かができない自分も、許す。
誰かを許せないなら、許せない自分を、許す。

本当にどんな自分でも許せたなら、
何をどんなふうにしたっていいはずです。

人にどう思われるか?なんて関係ありません。
それは結局
=私が私をどう思うか? です。


内側が、外側ですから。


「許せない」もエゴの仕業に過ぎません。
魂にも宇宙にも「許せない」はないのです。
無条件、ですから〜〜。


「あぁ… 今日もまた、私のエゴちゃんたら
騒いどるなぁ…」って

とりあえずは、同一化せずに、
ちょっと離れて眺めるクセをつけてみようじゃないですか。



☆「セルフケア&親子で出来るストレスケア講座」の内容について
詳しくはこちら
☆参加者のご感想はこちら

*次回は7/30ですが、この後は絵本の在庫の関係上、
(メーカー在庫切れかもしれず・・・)
8月は開催できないかもしれません。。

☆RAS(Release and Awakening System)について
詳しくはこちら

☆ブログ「引き寄せよりも何よりも、
まずは未消化の感情を消化することから!」はこちら

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら

2017/07/21

オーラソーマ、やめます


オーラソーマ、この9/1をもってやめることにしました。

なのでもし、小さな寺子屋WSでリクエストあれば、
また組みますので、ご希望の方はお気軽にメール下さいね。
最後なので、なるべくお応えしたいと思ってますんで。
(あ、でも小さなお茶会のオーラソーマ篇はやりません。)

☆小さな寺子屋vol.1
〜チャレンジをギフトに変える の模様はこちら
☆小さな寺子屋vol.2
〜色と星座で自分を紐解くの模様はこちら


やめるに当たっては迷いもしましたが、
ここ2年くらい、考えていたことでもあります。

オーラソーマって2年に一回更新があるんですけど、
更新料払って手続きするだけじゃなくて、
2年間に2回クラス受けたりとか、一定の受講義務があるんですよ。

でねぇ、そのクラスの一覧とか眺めながら、、
うぬ〜〜・・・・となってしまいまして。^ ^;
なんかあんまり受けたい気分になれなかったのです。

なので、更新するの、やめました。


メルマガには書きましたけど、
先週、渋谷で映画「いのちのはじまり」を見ていたらば、
自転車を盗まれてしまいまして。 

盗難届けは出したものの、
いつ出てくるか分かったもんじゃないので、
新しいのを買い。

そっちが一段落したかと思ったら
今度はパソコンに水をこぼしてしまい、、
Appleストアで見てもらったらもうダメってことで
新しいのを買い。


なんですかねぇ、転換期ってことなんですかねぇ。
なんて象徴的なんでしょ。(笑)


私、物は捨てられない方なんですが、
こうなってみると、さほどショックというほどでもなく、
淡々と、やるべきことを処理し、、、って感じで。

余計な時間とお金は取られるけど、
意外と執着してないんだな、って思いました。 

別に「運が悪い」とも思わなかったし。
出来事に対してネガティブな意味づけをしてない自分に、
気づけました。


でね、

この流れのままに、
「また大切だと思ってるもの、手放すか!」
( ̄  ̄ )ノ” ⌒* 
って気分になりまして。


更新のためだけに、気乗りしないクラス受けるのも、
なんか違うしね〜。

好奇心が強いから、興味はあるんですよ。
受けたくないわけじゃない。


だけど、ここんとこずっと、
過去世も含めた未消化の感情をひたすら消化し、

今まで積み上げたきた自分のアイデンティティ、
ぜーんぶ、いらないや!って感じで
観念もひたすら手放し、、っていうね、

とにかく外側じゃなくて
内側に意識を向けてきましたから、、


そういうモードの中で、
クラスを受けるって、また新たな観念を受け入れる作業じゃないですか。
まーーた外側かい!って。なる。
そりゃ、違うよねぇ〜〜〜。( ̄▽ ̄)


もう十分いろいろと学んできたし、
☞プロフィールに書いてある通り
十分過ぎるほど知識も蓄えました。
だからこそ、もう、捨てるタイミングだわ、と。


ここ2年近く考えていたことでいうと、、

オーラソーマってね、ボトルは本当に美しいし、
いわゆる一般の人たちでも受け入れやすいツールだと思うんです。
<入り口>として入りやすいというか。

いきなりなかなかヒプノセラピーには、
いけませんもんねぇ、きっと。^ ^;


でもいろいろやってくと思うんですが、
オーラソーマはねぇ、、
その場限りで終わってしまうことも多い。

色を通して自分に気づいていくプロセス自体は
面白いんですけど。


コンサルテーションを通して、顕在意識では気づくわけですが、
(ボトルを体に塗ることでヒーリングになるとはいえ、
ボトルを買う買わないは自由ですし、使わない人も多いので)

コンサルだけってなると、
結局、顕在意識だけの気づきなので、
なかなかキープできないんですよねぇ。。


ヒプノセラピー、ゼニスRAS…とやってく中で
お客さんの変化を実際に見ていくと、
やっぱり潜在意識も動かしていった方が早い!
って、思わざるを得ず。。

<入り口>も必要だけど、
他にやってる方はいっぱいいるし、
別に私がやらなくてもいいかな、と
思うようになりました。


潜在意識を扱うものを受けるお客さんの方が
「変わりたい!」「何とかしたい!」って部分でいうと
本気度がより高い方が多いですしね。

ご本人の本気度=覚悟って、
そのまま結果にも現れますから、
私はやっぱりそっちをもっとやっていきたいかな、と
思うのです。

特にもう、今という時代は
どんどんみんなが目覚めていくフェイズに入ってきてますからね。



私がそもそもオーラソーマを知ったのは2005年。
アン・ミカちゃんとの奇妙で愉快な出会いからでした。
こんな出会い方、アリ?!っていう。( ̄▽ ̄;)
以前「オーラソーマとの出会い」(☞こちら)に書いた通りです。


そして学び始めたのが2006年の1月。
それが、私にとってスピリチュアルな学びのスタートとなりました。
まさかこんなにハマるとは。
っていうか、
まさかの仕事になっちゃってるとは。
びーっくり。w(*゚o゚*)w

もう10年以上たったんだなぁ…
最近すっかり時空間の感覚がヘンなので、
もはやその距離感すらよく分からん。


2007年にイギリスまで受けに行ったオーラソーマのクラスでは
今に繋がる大切な出会いがたっくさんありました。

その繋がりっぷりはびっくりを超えてます。
宇宙の采配を感じずにはいられません。

オーラソーマには、随分とお金も時間もかけてきたけど、
オーラソーマそのものだけでなく、
そこを飛び超えた学びもかなり大きかったというか。

少なくとも私の場合はね、そうでした。

無駄なものは何ひとつ、ない!
必要なものは目の前に、すべてある!のです。
↑これは私だけじゃなくて、みんなそうですよ。
真理なんで。


☆宇宙の采配については、ブログ「私のボトル体験記
出雲の前世の自分と話したら、何をしてもダメだった腰の痛みが消えたお話
辺りも、興味のある方は参考までに〜。


2011年には6次元の中村さん道前さんとの出会いがあり、
オーラソーマをやってたおかげで思いついた
オーラソーマお茶会を24回も開催させていただくことができました。
これが私にとって最初のワークショップ。
そしてこのお茶会を通じて出会えたお客さんも、たーくさん。
思い返してみても、ありがたいなぁ。


だからねぇ、

オーラソーマ、ありがとう!!
オーラソーマを通して出会ってくれたみんな、ありがとう!!!

って気持ちでいっぱいです。

私のソウルボトルB33と
マイク学長がなぜかくれたバラの花

というわけで、

オーラソーマ、
深い感謝とともに手放したいと思います。

いやはや、思い入れがあったので、
長くなってしまいました。(笑)


9/1をもって、メニューからもなくなります。
メニューと料金はこちら

すでにオーラソーマのみのメニューはなくし、
ゼニスとセットのコースのみになりますが、
受けておきたい方はお早めにどうぞ〜。

ありがとうございました。



2017/07/18

それもまた、過ぎ行く

グランドキャニオンで見た夕景

だいぶ前に読んだ本に書いてあったことですが、
なんとなく今シェアしたくなったので。

読んだことのある方も多いと思いますが
エックハルト・トールの「ニュー・アース」の中に
こんなことが書かれています。

***

スーフィ教徒たちに伝わる古い物語によれば、中東のある王様はしょっちゅう幸福と意気消沈を繰り返していた。
ちょっとしたことで動転して激しい反応を起こし、幸福はあっというまに落胆から絶望へと変わる。
やがて王様もそんな人生がほとほと嫌になり、なんとか脱出できないかと考え、使いを出して、悟りを開いたと評判の賢者を呼び寄せた。
賢者がやってくると、王様は言った。

「私はあなたのようになりたい。
人生に調和と静護と智恵をもたらしてくれるものはないか?
あるなら望み通りの報酬をとらせるが」。 

賢者は答えた。

「そのようなものはないこともありません。
しかし報酬となると王国すべてをいただいても足りないでしょう。
だからお受けくださるなら、贈り物として差し上げましょう」。

王様はぜひ欲しいと答え、賢者は立ち去った。 

数週間後、賢者は戻ってきて王様にヒスイに彫刻を施した美しい箱を渡した。
開けてみると、箱のなかにはシンプルな金の指輪が入っていて、指輪には文字が彫り込まれていた。
こんな言葉だった。

これもまた過ぎ去るだろう」。

 「どういうことか?」。

王様は尋ねた。

賢者は答えた。

「いつもこの指輪をはめておられることです。
そして何かが起こったら、それが良いことか悪いことかを決める前に、
指輪に触れてこの言葉をお読みになるのです。
そうすれば、いつも平和な気持ちでいることができます」。

(中略)


抵抗しない、判断しない、そして執着しない。 
この三つは真の自由の、そして悟りを開いた生き方の三つの側面なのだ。 

指輪に記された言葉は、人生の良いときを楽しむなと言っているわけでもないし、苦しいときの気休めを提供しているわけでもない。 
この言葉にはもっと深い意味がある。 
すべての状況は変化し、すべての形は(良いものも悪いものも)一時的でしかないと気づきなさいということだ。 

すべての形は無常であると気づけば、形に対する執着も、形への自分の同一化も減る。 
執着しないとは、この世界が提供してくれる良いものを楽しまないことではない。 
それどころか、もっと楽しむことができる。 
すべては無常で変化が不可避であることを知って受け入れれば、楽しいことを失うのではないかと恐れたり将来を心配したりせずに、楽しいことが続いているあいだは楽しむことができる。


***


似たようなお話に、ユダヤ経典の
ダビデの指輪ともソロモンの指輪とも言われるものがあります。

ダビデ王が王宮の職人に
「戦いに勝利した時は、高慢になろうとする気持ちを戒め、
また戦いに敗れ、絶望に陥った時には、勇気と希望を与える言葉
を彫った指輪」を作るよう命じました。

そこで悩んだ職人は
ダビデ王の息子であるソロモン王子に相談し
「それもまた、過ぎ行く」(This, too, shall pass away.)
という言葉を授かったとか。


日本には「諸行無常」という言葉がありますね。


私たちの外側で起こっていることは、人も、ものも含め、
すべて、過ぎ行くもの、です。


今どんなに苦しいと思っていることであっても、
どんなに問題だと感じていることであっても、
逆にどんなに楽しい時間でも、関係性でも、
過ぎ去っていきます。
今までも、そうであったように。



なのに


私たちはこの「過ぎ行くもの」にばかり
どれだけ気を取られているか。。
どれだけエネルギーを注いでいるか。。

下手したら、それで一生終わってしまう。。
それが、あまりにも当たり前過ぎて。

この世界には、私たちの気をそらすものが
あまりにも、あまりにも多すぎる。。


・・・そんなことを思いながら、できる限り
外の世界には気をとられぬよう
「過ぎ行くもの」は「過ぎ行くもの」として

それでも

確かに今ここに留まっている「変わらぬもの」に
フォーカスを続ける日々を送っております。今。


☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら



2017/07/16

おとの雫 vol.23@ピラミッドセンターの参加者の皆さんのご感想


7/9の山羊座の満月にピラミッドセンターで開催しました
おとの雫(☞レポはこちら)、
許可をいただいた、参加者の皆さんのご感想を紹介します。
ありがとうございました〜!!

単にワークショップの感想だけにとどまらない、
皆さんの思いを感じていただけたら、
響く方には響く何かがあると思っています。


***

☆参加動機
制限を飛び越えたかったから。(親の介護でなかなか自分の時間を持てないという制限)
セドナのお話も聞きたかった。
クリスタルボウルの生音を体験したかった。
Mayu-sanとChaco-sanの笑顔と会いたかったから。

☆ご感想
おふたりのお人柄がpureな方々を呼ばれるのだと感じました。
とても居心地がよい場と時間を過ごすことができました。
メルマガいつも楽しみにしています!


☆参加動機
今秋会社を辞めます。
次のステージでの使命が知りたかったのと、わからないまでも自分の心の声を信じる力が得られるのではと期待して参加しました。

☆ご感想
寝過ぎ(笑)。梅雨の合間の晴天に恵まれ、緑の中のピラミッドセンターはいるだけで気持ちよく、クリスタルボウルの音のシャワーを浴びて、ゆるみました。
細胞ひとつひとつがじんわりしています。
どれだけ肩に力を入れて戦ってきたのかと思います。
ゆるみ、心を開き、ただ在ることに感謝して、地球の愛、宇宙の光と繋がったその感覚を持って、次の仕事を始めていこうと思います。
今日はよい時間、よい体験をありがとうございました。


☆参加動機
魂とは何であるかを考えていて(ここ6、7年)
そのことを深める機会になるかもと思い参加しました。
あと、妻に誘われたものの、一度断ったのですが、何となくすまない気になって一緒に来た。(結果よかった)

☆感想
音が素直に心に響いてきて、本当に良かった。


☆参加動機
ピラミッドセンターに来てみたかったから。

☆感想
鳥の目線(俯瞰して見る)のがなかなかできず、テーマだったので、皆さんと一緒に体験できて心強かったです。


☆参加動機
以前から興味があり、体験してみたかったため。

☆感想
・すべて初めてのことで、内容が濃すぎて(?)頭の中がいっぱいです。
まだわからないことがたくさんありそうです。
・残念なのは心地よすぎて眠ってしまうことが何度かあったことです。
・セドナのカード、ありがとうございました♡
驚きと確信がありました。
・クリスタルボウルの音色は、左ヒジに2回ビビッと来ました。
・正直、頭の中は混乱してますが、美しいHappyな一日でした!


☆参加動機
ピラミッドセンターにまた来たかったことと、
色々なワークショップに参加して、自分とゆっくり向き合いたかったから。

☆感想
盛りだくさんな内容で様々なことを経験でき、貴重な時間をすごすことができました。 
かといって、かつかつに忙しない訳ではなく、ゆるゆるで自由だったし、 他の参加者の方も気さくで自然と楽しく、参加してよかったです。 

セドナで萬夕さんとchacoさんが降ろしてきてくださったカードをいただきましたが、 結局はやはり自分なんだなと。 
私は、他人と比較をし自分を責めてしまい落ち込む、良い子ぶろうとしてしまう、という癖のようなものがあり、 自分を大事にできてないように思います。 
最近は、少しはよくなってきたかな、と思ってはいましたが、まだまだ根深そう。 
でも、いい加減、これから私は自分の中に元々ある個性や才能に気づいていきたい。 
今まで三日坊主になっていた、ノートに自分の気持ちや感情を書きだして、 消化していく作業に、気負わずに(笑)、取り組んでいきたいです。 

クリスタルボウルと太鼓のセッションでは、 
クリスタルボウルの澄んだ、涼やかな、存在感のある音に驚きました。 
あの太鼓の大 音量の中でも、しっかり存在している。 
その存在の仕方がとてもいいなぁと感じました。 
その後の誘導瞑想の時、chacoさんが奏でてくれましたが、頭と体がぼーっとするような振動がすごかったです。 
自分もクリスタルボウルを鳴らさせていただいて感激でした。 

あつみさんの作る美味しい昼食(特に車麩の揚げ物)、 
ピラミッドセンター、木のブランコ、まだ二日も経っていませんが、すでに懐かしい。 
自然や生き物からメッセージや癒しももらえました。 
また行きたいです。 
その時は、もう少し長く滞在できたらいいなとも思っています。 
有意義な時間をありがとうございました。


☆参加動機
・ピラミッドセンターに以前から行ってみたかった
・セドナからのカードが欲しかった
・これからの自分について、ヒントを得ることができるのでは!?という淡い期待

☆感想
10月の葉山に参加して、2回目、集まるメンバー、場所によって雰囲気が全然違うなと思った。
・クリスタルボウルを長い時間聴いていたので、頭が今までにない位、グニャグニャしている。
ヒプノについて
毎回ヒプノになると、始め必ず出てくる少女(自分)が独房×6コの扉の前にいるところから始まり、イギリスの街中の大きなマンション? とりあえず、結婚して、伝染病か?家族がたくさん死んで、ハーブの研究してました。死ぬ前は、とてもHappyでした。


☆参加動機
セドナからのカード、chacoさんの太鼓のワーク、
あつみさんのごはんを食べたかったから。

☆感想
楽しかったです♡
思いっきり太鼓をたたくのも、大声を出すのも、
やりたくてやってるし、思いきりできたので。
何回かピラミッドセンター来てますが、
こんなに気楽な感じで来たのは初めてで、
(いつもどこか救いを求めて重〜い感じでしたので)
客観的に自分を見れて、とても楽しかったです♡
あと、メッセージがどんぴしゃでびっくりです。(驚)


☆参加動機
美味しいご飯と、気軽に行ける距離。あと 何か行きたい! 

☆感想
あつみさんの美味しいご飯、皆様との楽しい会話。
全てが 私の癒しとなりました。
ワークは声を出したり、太鼓を叩いたり…
普段 全くしない事‼ 少し照れが出てしまったけど、新鮮でした。
ピラミッドセンターで クリスタルボールを聞きながらの ヒプノ。 
強烈な睡魔がきて、深く眠ってしまい…だけど、何かスッキリ。 
最後のシェアでは、皆様の発言が 私自身の事と 重なり過ぎて 驚きました。 
あまり話はしなかったけど、繋がってるんだな…と。
私一人ではない!すごい勇気をもらいました。
ありがとうございました。 


☆参加動機
いつも、chacoさんのCDを聞いているので、いつか生で音を聞いてみたかった事と、ピラミッドセンターにもいつか行ってみたいな~と思っていた事と、 
それと、セドナでのメッセージがもらいたい!と思ったので家族に予定を聞く前に申し込みをしてしまいました。 

☆感想
すごく盛りだくさんの内容で思ったよりぎっしりやることがありました。 

まず、クリスタルボウルとゼニスでゆるみました。   
ゼニスをしていただいたせいなのか、疲れていたせいなのかわかりませんが、その後数日は眠たくてしょうがなかったです。 

あつみさんのランチは本当にきれいで、美味しくて、
食材も、私の身体も喜んでいるような気がしました。 
お茶も、ハーブティーが美味しくて何度もいただきました。 
あつみさん自身もふんわり包み込むような笑顔で素敵な方でした。 
また、ゆっくりお話を聞いてみたいなーと思いました。 

食後に川までお散歩しました。 
思ったより険しくて、こりゃあ確かに歩きやすい靴で行かないと無理だな~と思いました。 
川は、滝もあって思ったより大きな川でした。 
釣り人がいたり、周りに恥ずかしさもあり、トーニングではちょっと声出しを遠慮してしまいましたが、自然の中で声を出すのは気持ちよかったです。 
でも、釣り人から見たら、怪しい集団って思われてるだろうな~とちょっと、おかしくなりました(^-^; 

ヒプノは寝てしまうかな~と思っていましたが寝ずに見ることができました。 
以前まゆさんのお家でヒプノをやっていただいた時は、その感情を鮮明に感じた気がしたのですが、 その時よりも、あっさりしてたというか、感情がそこまで伝わってこなかった感じでした。 
これが、体験ってことなんだろうな?と思いました。 
自分が、ちょんまげのお侍さんだったのがなんだか面白かったです。 

太鼓とクリスタルボウルの演奏では、両方演奏できてうれしかったです。 
クリスタルボウルを選ぶときに、ぼーっとしていてchacoさんが示した物と違うものを選んでしまいました(;^_^A すみませんでした。 

でも、やはり音が気持ちよくて私も欲しいな~なんて思いましたが、調べてみたらお値段が張るのであきらめました(^-^; 

太鼓も、ああいった本格的なものは初めて触れましたが、何とも言えない響きを出していて、とっても気持ちがよかったし、リズムをとるもの楽しかったです。  
たたく手の部分や、太鼓の位置でも音が変化して、あれをたたきこなせる?様になれたら気持ちよいだろうな~と思いました。 
一人ずつ演奏するのが、ちょっと緊張しました(;^_^A 

最後の、瞑想ルームでのクリスタルボウルの演奏は、
その狭い空間の中での音の響きがすごかったです。 
気が付いた時には、一瞬寝てしまっていて
chacoさんの誘導が飛んでしまっていて残念でした。
寝たことにも気づかないなんて、本当に気持ちよかったんだと思います。 
終わっても、ぼーっとしてました。 

それと、いただいたセドナのカードですが、
あ~そうだなぁと思うような内容で、何度も読み返しています。 
自分に自信が持てないとか、他人に心を開けないとか。 

昔から否定的なことを言われるのも怖いから、
相手に合わせて言うことを変えてしまう様なところがあります。 

ゼニスのおかげなのかわかりませんが、そういったことも、まあいいか~ 
仲良しの人にうらやむような、ねたむような気持を持ってしまって、
以前なら自分を責めたりしてたと思うのですが、
そういう自分でも、まあいいか~とか、
思えるようになってきた気がします。 
以前から、まゆさんのブログを拝見してだいぶそういうところも変わってきてはいるような気がしてましたが。 

本当は嫌なのに、みんなでダラダラしてる時にも、先に帰るね~と帰ってみたり。 もっと、やりたいようにやってもいいんだよ~って。 
もっとずうずうしくても、いいのかな~とか。 
年のせいもあるようなきもしますが、自分の思っている様に行動しても良いのかな?と思える様に、少しなってきたと思います。 
あとは、まゆさんと、chacoさんがメッセージをどの様にして宇宙もらったのかが知りたいです(^^) 

今回参加して、何かが劇的に変わったという感じではないですが、
じんわりと穏やかな気持ちが持てているような気がします。 
なんだか、清々しい気持ちという感じかな? 
今回のテーマ「制限を飛び越える」という意味で言うと、
自分の中で心が少しゆったりとしたというか、自分の心に素直になれてるような、そういった意味で制限を飛び越えられてるのかな?という気がします。 

あと、chacoさんのメッセージの中にあった、ブッダについて調べていると、意味のある様な文章と出会えてるので、これも必然なのかな?と思います。 
chacoさんは、私の思っていた様なミュージシャンぽい感じ?もなく普通っぽい方で、気さくに話して下さってとても素敵な方でした♡ 

最後に、今回参加されていたみなさん素敵な方ばかりで、なんだか、うまく言えないですが、みんなそれぞれ頑張って生きているんだな~って、皆さんがキラキラしているような感じに思えました。 
またいつか参加して、いろいろな方のお話など聞けたら楽しいだろうなと思いました。




先日のピラミッドセンターではありがとうございました!!! 
本当にあの場所に行ったんだな~て不思議な気分です。 
過ぎた時間って夢みたいに感じる時があります...。 
京都では祇園祭がやっと終わって、仕事でも一番の多忙期を終えました!
ほっと落ち着いたところです♪♪ 

宿泊からの参加で、まゆさんやみなさんの話が聞けてとてもおもしろくって、 驚いたり、共感して自分の事のように感じたり(全く同じ事考えてたりも)、とてもとても充実して満たされた時間を 過ごす事ができました...ありがとうございました。 

ピラミッドセンターに行く前に、感情のデトックスのひどい時期があり、 
その頃からヨガの先生に薦められて「ニュー・アース」という本を夢中で読んでいたので、 先日まゆさんのブログに出てきた時嬉しくなりました。 

今までの自分は全部、あれもこれもエゴだったのかな?と驚くばかりでした。 
記憶にある小さい頃からずっとです。 

ここ1年の間、もう望みや願いは持たないと思っていました。 
願うってことにすごく違和感を感じて。 
何かを望むのは疲れるなーとも思っていました。
でも実際にはすごく欲しい欲しいと思ってるのに気づいて(顔無し?) 
でも望んでも、求めてても何にも手に入んないし、ほんっとに何にもこっちにこなくて笑
しばらく絶望してたら、 
あー自分は人にばっかり求めてて、何かを得る事で幸せにしてもらう事ばっかり考えてる。 
外側に求めても求めてもほんっとに何にも手に入らないし、自分が快適なようにしてもらう事ばかり考えて、してもらえなくて絶望してた…。 
 って気がついた。 

そしてどんなにか、ただの出来事を、何気ない一言を、自分流に悲観的にとらえていたのかとびっくりしました。 
自分は否定されてる、自分は受け入れてもらえない...
言葉で綴るだけで涙が出てきます。 
でも、自分がそういう世界を無意識に作ろうとしてただけなのかな、 
誰かがそんな目に合わそうと、意地悪してる訳じゃなかったのかなって思いました。 

そんな風に思ってた頃にピラミッドセンターに行ける事になりました。 
chacoさんのクリスタルボウルの瞑想で、叶えたい夢がある時の瞑想と、ただただ瞑想する2つのグループにわかれる時、 何も考えず、叶えたい夢がある方の瞑想にしました。 
やっぱり叶えたいのだな笑と思ったけど、ただただ静かな瞑想を体験する事ができました。 
なぜかその後、夢、というかその「思い」を手放そうと思えました。 
悲観的な気持ちからもう望まないというのではなくて、叶えた自分もいいかもしれないけど、 今の自分と一緒にいようって思えて、すっと楽になれました。 

帰ってからですが、宿泊の時に話した皆さんそれぞれの夫婦の話などをなんとなく思い出していて、 自分の中の感情に気づきました。
私は、別れた元夫の事、十何年経ってやっと普通に話したり飲んだり出来るようになって もう許せたと思っていました。 
でも許してませんでした。とても恨んでいて、怒ってた。 
なんで幸せにしてくれへんかったんやろ...! 
じわじわ湧いてきた。くやしくて涙が出ました。 
でも。 
あれ、幸せにしてもらおうしてもらおうって、またこのフレーズが...笑 
やっと出てきたと思ったら、自分の中のエゴが言ってただけなのかなって。笑~ 
自分の幸せを、完全に人の責任にしてもがいていたのでした... 

長くなってしまいましたが、文章まとまりませんでした笑、すみませんー 

まゆさんいつもありがとうございます☆ 
これからもいっぱい手放していきたいです!


☆宿泊のみのお客様からの感想

ピラミッドセンターではお世話になりました。 

当日、家事を済ませてから参加出来、翌日も昼過ぎには帰宅出来て、留守中に散らかった家(夫が家事を一切しない人なので)の片づけやら洗濯やらも出来る、
という点でも丁度良かったみたいです。笑 

テラスでの食事、美味しくて滋養に満ちたご飯と飲み物、穏やかで優しいあつみさんの笑顔、山の頂から上がった丸い月、小人の家みたいなキッチン内部、面白いお風呂や瞑想ルーム、ピラミッド内部での雑魚寝、朝の鳥のさえずり、川面のきらめき、あつみさんの息子さんのパン…。
短時間でしたが、色々な「特別」がギュッと詰まった時間でした。 

とりわけ印象的だったのが、川の白龍。
私が座っていた岩の前を、川の段差によって生み出される泡立って白濁した流れが、うねるような筋となって流れていたのですが、これがまるで生きている白龍!
大きな白龍が水の中を滑っていくようで、飛び移れそうなくらい。
おお、「千と千尋の神隠し」みたいじゃないか!
あぁ、昔の人はこういう川の流れに本当に龍の存在を感じたんだろうなぁ。 

地上をノタウチ廻っている「蛇」の私にとっては、何か不思議な時間でした。
私が「萬夕さんて、いいな」と思うのは、自分が蛇で萬夕さんが龍だからなのかもし れませんね。笑 

そしてご一緒した皆さんの個性がまたそれぞれに素晴らしい!
Rさんの陽気なはっちゃけぶり!
Rさんの圧倒されるような行動力とおしゃべりのパワー!
Mさんの引出しの多様さと内にある情熱と芯の強さ。 

それに引きかえ私は自分の中に語るべき言葉が無いことを感じていました。
「自分がいると盛り下がる」をまたやっちまったかもしれないなぁ。
…だけどみんな優しいなぁ~とつくづく思いました。
何というか、否定しないでいてくれる優しさを感じたんですよね。
その優しさに甘えて「ま、人生たまにはこんな時間もあるかもね」と思って頂ければ幸いだと思いました。m(_ _)m 

今までの自分だったら罪悪感や自己嫌悪にかれらていたと思うので、少しは成長したのか?
いや、単に図々しくなっただけなのか?
ただ、 ハートを開いていない自分、
自分の話すことなんてつまらない、と思っている自分、
どこかでやっぱり人が怖いと思っている自分、が分かったので、
これは自分を責めて自己否定に入りこんでしまうのではなく、課題として受け止めよう、と思いました。

 では、萬夕さん、いつも本当にありがとうございます。


皆さん、いつも素晴らしい感想、ホントありがとうございます!
またいただいたら、追加していきますね。^ ^


次回のおとの雫は9/17〜カウアイ島&マウイ島です。
詳しくはこちら

テーマは「破壊と再誕生」。
ピンと来た方は、何かを受け取る準備ができてます。^ ^
今がタイミングなら是非!ご参加、お待ちしていま〜す♡



★おとの雫vol.1の模様はこちら
★おとの雫vol.2の模様はこちら
★おとの雫vol.3の模様はこちら
★おとの雫vol.4の模様はこちら
★おとの雫vol.5の模様はこちら
★おとの雫vol.6の模様はこちら
★おとの雫vol.7の模様はこちら
★おとの雫vol.8の模様はこちら
★おとの雫vol.9の模様はこちら
★おとの雫vol.10@鎌倉の模様はこちら
★おとの雫vol.11@ピラミッドセンターの模様はこちら
★おとの雫vol.12&13@観蔵院の模様はこちら
★おとの雫vol.14@逗子の模様はこちら
★おとの雫vol.15の模様はこちら
★おとの雫vol.16の模様はこちら
★おとの雫vol.17の模様はこちら
★おとの雫vol.18 in シャスタの模様はこちら
★おとの雫vol.19@葉山の模様はこちら
★おとの雫vol.20の模様はこちら
★おとの雫vol.21の模様はこちら
★おとの雫vol.22 in セドナの皆さんのご感想はこちら
★おとの雫vol.23@ピラミッドセンターの模様はこちら







2017/07/13

おとの雫 vol.23@ピラミッドセンターのご報告


いいお天気だけど暑い中、15名の皆さんにお集まりいただき、
ワーク満載で和気あいあい♪楽しい時間を過ごさせていただきました!
ありがとうございました〜♡


今回は開催が日曜日でしたので、
前日の土曜日に宿泊希望の方だけお泊まり。
今までで一番少ない4名だったので、その分濃ーいお話タイムとなりました。^ ^


18:00に集合しまして、梅と桑の実の酵素ジュースを飲みながら、
早速おしゃべりに花が咲き…
そうこうしている間にテーブルには、あつみさん手作りの夕食が並んでゆきました。


いろいろあって落ち込み中のお客さんのお話を聞いて
あつみさんがニコリと言った一言、
「まぁ… ドラマティックねぇ…」が印象的でしたねぇ。^ ^

前にメルマガで「ブルゾンちえみは振動数が高い?!」
っていうのを書きましたが、あれです、あれ。
振動数が低い時というのは視野が狭まっているので
混乱しやすいですが、その分ドラマティック。なのです。
悪いコトじゃ、全然ないのです。
ただ、苦しくはなりやすいのでね、
ドラマに振り回されるのではなく、味わうためには、
見えていないものを見ていくコト。も大事だったり、します。

私たちは誰でも、
自分の人生の役者であり、監督でもあります。
とはいえ、役者をとことんやってみないと
なかなかこの監督席には座れないのでね、
っていうか、その席があることにすら気づけないのでね、
葛藤しまくる時間も大切!

「ディレクターチェアに座っちゃおうよ〜!」
って、盛り上がりました。(笑)


美味しいあつみさんのご飯を食べながら、
話は尽きず。。

と、月の出が…

「わぁぁぁぁ!」とみんな、感嘆の声。


ここで見る月の出は、ほーんと、ジブリの世界。
幻想的で、美しいのです。。


お風呂に入った後は、ピラミッドの地下にある瞑想ルームで
おなじみのエンジェルカード。
そしてしばし瞑想。
なんやかんやで盛り上がり、、就寝は0時過ぎておりました。


それでもここでは自然に目が覚めます。
7:30にはいつもの川へ。
朝の散歩はほんと気持ちいい!


それぞれ、気ままに、過ごします。


何をするわけでもないんですけど、豊かな時間。


今までで一番暑い時期に来たので、
今までで一番川の温度がちょうどよかった。^ ^
ずっと足をつけていられました〜。


日陰に寝っころがってみたり。
ぼーっとしてみたり。


川の流れをただただ眺めてみたり。
あっという間の1時間。


帰り道、見たことのないトンボ発見!
アップにして見て欲しいんですけど、胴体がロイヤルブルーなの!
(写真だとターコイズブルーに見えますね)


そして羽を広げると、2枚ずつ、4枚になってて、
なんとも美しかったなぁ〜・・・


さあさあ、朝ごはんは何でしょね。


あつみさんの息子さんがやってるパン屋さんのパンでした〜。
ちょうど食べたがってる方がいたので、バンザイ!
酵素ヨーグルトを使った手作りディップも美味しかったです。


緑豊かな景色の中で食べる朝食は、ホーント幸せ♡


もうみんな、すでに大満足過ぎて、なんだかこれで終了モード。
さー、帰るか!みたいな。
いやいや、ワークショップはこれからよ〜!(笑)


摘み立てのフレッシュなハーブティーも嬉しい♡
エネルギーが生きてる食べ物をいただくことが
食べることのホントの意味だよなぁ… って思います。

のんびり朝ごはんを終えた頃、
10:30くらいになると、徐々に
ワークショップに参加する皆さんが集まってまいりました。


今回は、6月に行ってきたセドナでおろしてきた
メッセージカード付き!ですのでね〜。
皆さん楽しみにしてたでしょうから、いきなり最初にお渡ししましたよん。

またね、泣いてくれた方もいらして、
それぞれに響くものがあったようで、嬉しく思います。


去年シャスタでおろしてきたメッセージカードをお渡しした、
葉山でのおとの雫と同じように、
また全員違う絵柄のカードです♡

chacoさんと私で、「素敵!」って思ったカードをまずは買ってから、どのカードがどの方のところに行くのがピタリとハマルか、二人で探って、決めて、それから現地で宇宙と繋がって、お一人お一人に、メッセージをいただいてきました。
今回は全部終わるまで、2時間以上かかったかなぁ…。


まずは11:00から、chacoさんのクリスタルボウル演奏を。
その間、私からお一人ずつまわって、ゼニスオメガヒーリング
今回のテーマが「制限を飛び越える♪」だったので、
「解放への浄化」「エゴを手放す」「独立と自由」
 「今へのクリアリング」の4枚をやらせていただきました。


心も体もすっかりゆるんだところでお昼ごはん。
ブログを読んでる方にはすっかりおなじみの、車麩揚げ↑
これ大好き。


酵素酢で作ったピクルスも、おなじみですね。
私も5月の酵素作りの時ので、今回、酵素酢も作りまして。
家でもピクルス、楽しんでおりまーす。


宿泊組はさっき朝ごはん食べたばっかりですけど
消化がいいので全然食べれちゃうんだな〜。^ ^;


集合写真撮りそびれちゃったけど、みんなで自己紹介もしつつ、
ワイワイいただきました〜。


お昼ごはんの後は、川へ。


私たちも入れると計17名なので、なかなかの大名行列っぷり。(笑)


川でトーニング。
この季節、、釣り人もいらっしゃったので、
大声を出すのが恥ずかしかった方々もいらっしゃったようですが、
まー、なかなかない機会ですから!


思いっきり声を出すとか、普段やらないことをやるって、
何かが開くものですよん。


川でのんびりする時間も取りたいとこでしたが、
何せワークが盛りだくさんなもんで、
トーニングを終えたら戻り〜。


続いて、木陰にディレクターチェアを並べて
「耳をすます」ワークを。

普通に聞こえてくる音と
意識をハイヤーセルフの視点に持っていって聞こえてくる音と
その違いを感じます。

さあ、本当の自分のディレクターチェアにも、座れるかな〜?


さらに、chacoさんのクリスタルボウルを聞きながら
私から体験ヒプノセラピーを。
「制限を飛び越えるために今見ておくべき前世」に誘導させていただきました。

そしてプロのドラマーであるchacoさんに教わりながら、
みんなでドラム&クリスタルボウルを実際に演奏しての瞑想ワークも。
演奏も、普段なかなかできないですからね。
夢中で音を出していると、いつのまにかトランスしてます。
余計な思考をすることなく、「今」に集中できるんですよね〜。


最後は誘導付きと誘導なしの2グループに分かれて、
ピラミッドの中心に位置する瞑想部屋で
chacoさんのクリスタルボウル演奏をたっぷり浴びて帰っていただきました☆

シェアでも「盛りだくさんでした!」「濃かった!」「あっという間でした!」って言われましたが、こうやって書いてても、やっぱり盛りだくさんだなぁ。(笑)

皆さんからいただいたご感想はまた別途ご紹介しますね。
☞こちらです。
ありがとうございました♡


さて、次回のおとの雫は9/17〜カウアイ島&マウイ島です。
詳しくはこちら
これで3度目の海外リトリート。

★おとの雫vol.18 in シャスタの模様はこちら
★おとの雫vol.22 in セドナの皆さんのご感想はこちら

テーマは「破壊と再誕生」です。
今度はどんなミラクルが起こるかな〜。
まあ、、何かは、勝手に起こります。
起こそうと、しなければ。ね。(笑)

皆さんの感想を読むと伝わると思うのですが、
リトリートの旅は、一人旅とも友達や家族との旅とも、
全然違います。
だから、リピーターが多いんです。^ ^

ピンと来た方は、何かを受け取る準備ができてるってこと!
ご参加、お待ちしてますね〜♡



★おとの雫vol.1の模様はこちら
★おとの雫vol.2の模様はこちら
★おとの雫vol.3の模様はこちら
★おとの雫vol.4の模様はこちら
★おとの雫vol.5の模様はこちら
★おとの雫vol.6の模様はこちら
★おとの雫vol.7の模様はこちら
★おとの雫vol.8の模様はこちら
★おとの雫vol.9の模様はこちら
★おとの雫vol.10@鎌倉の模様はこちら
★おとの雫vol.11@ピラミッドセンターの模様はこちら
★おとの雫vol.12&13@観蔵院の模様はこちら
★おとの雫vol.14@逗子の模様はこちら
★おとの雫vol.15の模様はこちら
★おとの雫vol.16の模様はこちら
★おとの雫vol.17の模様はこちら
★おとの雫vol.18 in シャスタの模様はこちら
★おとの雫vol.19@葉山の模様はこちら
★おとの雫vol.20の模様はこちら
★おとの雫vol.21の模様はこちら
★おとの雫vol.22 in セドナの皆さんのご感想はこちら