【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残2席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2012/12/30

「新春オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」vol.5 @荻窪6次元のお知らせ


新年早々、1月も荻窪の素敵なカフェギャラリー「6次元」さんで「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」をさせていただくことになりましたので、お知らせ致します☆ 
そしてお待たせしました!9月以来、4ヶ月ぶりの週末開催です。


日時:1/12(土)13:00〜15:00
12:30にはオープン致します。できれば10分前には来て、13:00にはボトルを1本選び終えられるようにご協力いただけると嬉しいです。
参加費:1500円(お茶とお菓子付き)
場所:6次元(杉並区上荻1-10-3 2F TEL: 03-3393-3539)
定員:15名
必要なもの:筆記用具
予約:件名を「オーラソーマお茶会5」とし、お名前、参加人数、携帯番号、を明記の上 neiro.healing@gmail.com まで。定員がありますので、お早めに。 
満席御礼!! ご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで1/5でご予約が定員を越えました。キャンセル待ちご希望の方は、その旨メール下さいね。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。

オーラソーマのコンサルテーションでは、普段は4本のボトルを選んでいただいていますが、この日はまず皆さんに111本の中から直感で1本だけボトルを選んでいただきます。
それをご自分の前に置いていただいた状態でお一人づつ自己紹介をしてもらいながら、例えばその方の選んだボトルが「赤」だった場合には、私が「赤」という色の持つ意味について説明していく、という流れになります。
同時にその方についても触れながらお話していきますので、単にそれぞれの色の持つ意味を知るだけでなく、自分についても再認識・再発見していくことができると思いますよ。

1本目に選んだボトルは「使命と目的」を表すとされていますので、自分の「使命と目的」は何なのか?魂の核の色は何なのか?今世のテーマは何なのか?自分の本来の質はどういうものなのか?思考の傾向は?
・・・そういったことを自分が選んだ色を通して知り、気づいていくことができます。

この日は2013年最初の新月。
本来の自分と繋がりやすくなるように、最初にポマンダーを使って、軽く瞑想もする予定。前回好評だった、美しい倍音のコシチャイムも使いますよ〜。

そして、せっかく年の始めですから、今回は、イヤーボトルについても少しばかり触れたいと思います。あなたにとって、2013年のテーマは何なのか?色を通して、ちょっと意識してみましょう。

1対1のコンサルテーションももちろん深く探求できて面白いんですが、こうやって皆で集まってボトルの意味をシェアしていくことには、また違った面白さと学びがあります。毎回、私の話だけではなくて、集まった皆さんがお互いの話すことから、たくさんのことに気づいてく。半分以上、お客さんが作り上げている会といってもいいと思います。私が話す色の言語のお話は基本毎回同じですが、お客さんが変わると、当然ながら触れるテーマが変わってきますので、以前参加された方でも、参加する度にまた、新たな気づきをお持ち帰りいただけるんじゃないかな、と思いますよ。

オーラソーマをまだ体験したことのない方も、
オーラソーマを体験したことのある方も、
皆で色を楽しみましょう!

1年の始めだからこそ、お申し込み、お待ちしています。
ちなみにこの日、15時以降は6次元さん、通常営業になりますので、お茶会で仲良くなった方はそのままお茶など注文して、おしゃべりしてくのもアリですよん。


★オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第四回目の「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」の様子はこちら


2012/12/29

「田中一光とデザインの前後左右」@21_21

唯一写真撮影が可能な廣村正彰さんのインスタレーション。
一光さんが色彩選定した、タント紙とカッティングシートが使われてます。

以前のお仕事の関係で、イッセイミヤケ事務所の方にチケットをいただき、六本木の21_21で「田中一光とデザインの前後左右」展を見てきました。
面白かった!
私は今まで、アート雑誌の編集やったり、CDジャケットの制作したり、ビジュアルプロデュースのお仕事したりしてきたので、もともとグラフィックデザイン自体にとても興味があるんですが、日本の伝統文化もとても好きなんですね。一光さんは琳派、浮世絵、伝統芸能などにも精通されていて、そういった本の装丁も数多く手がけているので、それはもう、余計に、見ているだけでわくわくさせられました。

今回の展示でありがたかったのは、展示された本自体は見たくてもめくることはできないようになっているのですが、その代わり、iPadでデータ化された中身を見られるようになってたところ。本のデザインというのは、全体を通して意味を成すものですから、それがあるおかげで一光さんの意図が見えてくるのが興味深かったです。

そこで見つけた「JAPANESE COLORING 日本の色彩」という本、ネットで古本を見つけて早速購入してしまいました。ついつい「色」には反応してしまいます。(笑)


日本人が色彩をどのように捉えてきたのか、
「紅白」「緑」「藍」「墨」「黄金」「多彩」に分けて、日本文化を美しい写真とともに紹介している本なのですが、日本人なら誰もが何気なく日常の中で見ていた風景を「色」でくくることで、「色」を通した日本人の価値観に改めて気づかされるんですね。
例えば日本には「紅白」という考え方があります。この本、表紙が日の丸弁当になっているんですが、私たちの国旗自体がまさにそう。赤と白。吉田光邦さんは書いています。

「赤を生命の色とし、復活の色とするのは世界に共通の感覚である。血を思わせ、太陽を思わせる赤は、いつも人間に生命力を注ぎこむ力のしるしであった。
これに対して白は、日本では神の色と考えられた。神は純白ですこしの汚れもない、純粋な存在であるから。そこでこのふたつを組み合わせることは、いつも神の力による限りない生命力、限りない幸福を象徴するものとなる。」

個人的には、私が古事記などから感じるのは、日本人にとって神はとても人間臭い存在で、純白純粋とはまた違ったように思うので、白=純粋=神ではなく、白=光=神という方がしっくりきます。でも、白と赤の組み合わせの意味するところには同意。また、紅白歌合戦のように、男性性と女性性の象徴としても使われますよね。

ちなみにオーラソーマにおける色の考え方は、特定の国や宗教には縛られていません。もっと大きな、「地球」とか「人間」という括りでの話になってきますので、「この色にこんな意味があるんだ」と驚くこともしばしば。同時に、「赤にはやっぱり生命力とか情熱、怒りっていうキーワードがあるんだなぁ」と、持っているイメージとの合致に納得させられることも多々あります。こうやって、「色」を意識しながらまたまわりを見回してみるのも、楽しいものですよ〜。

今回の展示で一光さんのデザインを見ていたら、また違った視点からこの世界を見直したくなりました。「たかがデザイン」と思われる方もいるかもしれませんが、「されどデザイン!」なのです。一光さんは著書の中で書いています。

「傷ついた地球の再生を考えるデザイン、非西欧文明の再認識、コンチネンタル・スタイルからの脱出、快適追求の後退、きれい事でない国際交流、地球人認識から発生するさまざまな思想の衝突、新品のツルツル、ピカピカではない美意識の復興。それらが二十一世紀デザインの最大の課題ではないかと思う」

日本人なら誰でも知ってるであろう「無印良品」のアートディレクションなどを考えると、一光さんがデザインを通して成そうとしたことの一片が見えますよね。デザインによる思想の視覚化。メッセージに溢れた展示だと思います。1/20までやってますので、興味のある方は是非〜。




2012/12/28

KARIKAお茶会vol.3のご報告



12月22日に開催しました、小林里香ちゃんとの3度目のKARIKAお茶会、9人の方々にお集りいただき、和気あいあい、楽しく終了しました。参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

「こういう場では、普段知り合えない人とも知り合えるから面白い」との声もいただきますが、実際、職業的にも年齢的にもバラバラ。でも縁あって集まったわけで、今回は持ち寄りパーティーも含め7時間の長丁場でしたが、おしゃべりは尽きず、あっという間に時間は過ぎてゆきました。放っておいたら何時間イケるんだろ?って感じ。(笑)

以前の、里香ちゃんが遊びに来てくれた6次元のお茶会にいらしたお客様が、「お二人の和やかな雰囲気に魅せられて」と、早速来てくれたのも嬉しかったです。私たち2人のおかしな掛け合い漫才テイスト、今回も楽しんでいただけたらこれ幸い。でございます。


今回のお茶うけは、KARIKAでも売ってる「柿日和」。
柿本来の自然の甘さで、おいしかった〜。



こちらは今回の皆さんが選んだボトル↑。上下オレンジのボトルと、コーラルのボトルを選んだお客様にはもう1本選んでいただきましたので、計11本のボトルとなっています。
(なぜもう1本選んでいただいたかというと、オーラソーマにおいて1本目に選んだボトルは魂の色を表すと言われていますが、一般的にオレンジ、コーラルの光線の上に転生することはほとんどない、とされているからです。この場合、意識を超えた意識=超意識が、その人が気にかけていることを反映した色を最優先に選んできた、と考えられます。ですから、1本目の下層にオレンジやコーラルのあるボトルを選んだ時は、その色を必要としている可能性が高いので、特にボトルを使ってみることをお勧めします。)

このお茶会では、1回目はレッド、2回目はブルー、がテーマな感じでなんとなく統一感がありましたが、今回はご覧の通り、いろんな色が並びました。でもこうして眺めると、方向性的にはオレンジ、コーラル系が多かったかもしれないですね。


12/22は里香ちゃんの愛犬Bの一周忌でもあったので、
お客さんがこんな素敵なお花を持って来てくれました。

今回は、里香ちゃんのオーラソーマを2時間くらいと、私の体験ヒプノセラピーを1時間ちょっと、やったんですが、9人中8人がヒプノ初体験。結構深く落ちるので、「寝ちゃいました・・・」という方もいましたが、夢と一緒で、意識では覚えていなくても、無意識で何かを受け取っている場合も多いので、それはそれでいいのです。目覚めがスッキリしますしね。視界がクリアになるというか。1対1のヒプノの時は、起こしますけど。(笑)

「初めてでしたので貴重な体験となり、刺激を受けました」と言っていただけたり、「1対1だと責任感を感じるからちょっと緊張するけど、みんなとだとそれがない分リラックスできる」という感想も聞けたり、今回もやってよかったです。
確かに、1対1だと「見れなかったらどうしよう」という緊張もあるかもしれないけれど、みんなとだと、「私一人見れなくても別に問題ないし」という解放感の中でリラックスできるかもしれないですね。性格にもよるかもしれませんが、そういう意味でもこういう場を作っておくことは良いかもしれないな、と改めて思わされました。「緊張する」という方は、お気軽に、ここに慣れに来て下さいね〜。

持ち寄りパーティーには、お菓子もたくさん。
奥のシフォンケーキは、里香ちゃんがパティシエに依頼して
ShanRiShanのお茶を使って作ってもらったモノ。しっとりフワフワです。


みんなで持ち寄ると、こんなに豪華!!どれもおいしかった〜。


某お酒メーカーに勤めるお客さんがその場でモヒートを手作り。贅沢!
私はお酒は飲めないんですが、おいしそうでしたよ〜。

パーティーからは、里香ちゃんの愛犬クーも参加。
みんなのアイドルと化してました♥

この夏から始めたKARIKAお茶会も、皆様のおかげで3回開催することができました。
来年も、たぶんやります。
決まったらまたここで告知しますので、引続き、よろしくお願いしますね☆



☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆二回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆三回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら

★オーラソーマについて詳しくはこちら
★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら


<おまけ>

里香ちゃんがKARIKAで扱っているCOCONのカカトローション。サンプルをもらったので、絶賛使用中なのですが、ノンオイルなのでさらりとしているのに、しっとり潤うんですよ〜。ドクダミエキスや梅水など天然由来の成分だけなので、肌にも優しいからアトピーの方も使えそう。乾燥する冬に、保湿は必須!カサカサが気になる方はお試しあれ〜。

2012/12/20

年末年始休業のお知らせ


12/31, 1/1はお休みとさせていただきます。
また、1/2のご予約は12/30までにいただけた場合のみ受付、とさせていただきますのでご了承下さい。
Merry Christmas & A Happy New Year!!

2012/12/18

オーラソーマお茶会@6次元vol.4のご報告


12/13に荻窪の6次元で開催させていただいたオーラソーマお茶会、17人の方に集まっていただき、無事に終了しました。来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!!
今回は第4回目ということもあり、2回目のお客さんも3人来てくれていて、ありがたかったです。「楽しかった!」「行ってよかった」「また行きたい」といった感想をいただく度に、嬉しくてたまりません。感謝です!
今回もひとつ、お客さまの感想をご紹介させていただきますね。(ご本人の了承済みです)

「昨夜は本当に実り多き時間をすごせました!
目からうろこな内容で、あっという間に時が経ちました。
最後の最後まで残って質問攻めにしてしまってすみませんでした・・・
一緒に選んでいただいたボトル、母に近いうちに送ってあげようと思います!本当にありがとうございました。」

そしてこの方はご自分のブログにもたくさんレポートしてくれましたので、よかったら読んでみて下さいね。お客様視点のレポート、私にとっても新鮮で、楽しく読ませていただいちゃいました☆
「色んな方のエピソードを聞くうちに、自分の中にもある共通点や、一貫性を見つけたり、対照的な方の話を聞いて、なるほどと思うことなど、とにかく気づきの連続でした」と書いて下さってますが、実際、皆でシェアしていく時間は毎回、貴重だな〜と私もつくづく思います。

そして今回選んでいただいたイクイリブリアムボトルを眺めていたら、17本中6本がマスターボトルでした!今までで一番多いんじゃないかな・・・マスターボトルというのは、50番から64番までのボトルを指して言いますが、これらは全てペールカラー、もしくは上下いずれかにクリアがあるボトルとなっています。皆さんよくペールカラーを「薄い色」と表現されるんですが、オーラソーマではペールカラーには「クリアの光が入っている」と考えますから、ペールブルーであれば、「ブルーの色に光が当たっている=ブルーの色のキーワードを強調している」と見るんですね。だから本当は薄いどころか濃いんです。(笑)
クリアの光線は意識、気づきの意識を表します。なのでマスターボトルはそれぞれの全ての色について気づきをもたらす、とも考えられますね。「気づこう」「気づきたい」という意識の強い方が多かったのかもしれません。
(マスターについては、詳しく書き出すとすごく長くなってしまうので、ここでは控えますね。)

あと、今回の特徴としては・・・やたらボトルが売れました!!別に私が押し売りしたわけじゃありませんよ。(笑)
前回のお茶会で買って行かれた方の体験談がすごく説得力があったことや、他にもボトルを使ったことのある方が多くいらしたことで、自然と、ボトルを塗ることがどういう意味を持つのか、伝わったことが大きいと思います。
実際のところボトルは、目の前でご自分がそのエネルギーに魅かれて選んだものを使うことにとても意味があるので、後でネットで買うより実はずっといいのです。ボトルって、見た目は同じものでも、1本1本エネルギーが微妙に違ったりするんですよねぇ。。

オーラソーマの創始者、ヴィッキーは生前こう言っていたそうです。
「ボトルを眺めることは愛しい人の写真を眺めるようなもの、ボトルを塗ることは愛しい人を抱きしめるようなもの。」
粋でしょ?言い得て妙。

ちなみにボトルは人と一緒に使うことはできません。振った時に自分のエネルギーが混ざりますから、最後まで自分のボトルとして、自分だけで使いきって下さいね。(レスキューセットはその限りではありません)

ピレネー山脈のふもとで手作りされているコシチャイム

そして今回思った以上に好評だったのが、瞑想時に使用したコシチャイム
以前、牧野持侑さんのクリスタルボウルのコンサートに行った際に聞いたその音色が忘れられず、満を持して購入してお茶会の前日に届いたんですが(笑)、本当に美しい倍音なのです。これからのお茶会でも使っていきますね〜!

あと最後に、「ポマンダーとポマンダーエアコンディショナーの違いってなんですか?」という質問があったので触れておきますね。
ポマンダーは、人間のオーラの電磁場の部分に作用するように、エアコンディショナーはお部屋やまわりの環境に作用するように、作られているそうです。エアコンディショナーもポマンダーと同じ波動を含んでいるけども、ポマンダーの方がより精妙なエネルギー、といった感じでしょうか。
私は個人的にですが、精製水100mlにポマンダー(or クイントエッセンス)を40滴たらしてよく混ぜて、それをエアフレッシュナーとして使っています。部屋の浄化用に、ホワイトポマンダーか、クイントエッセンスのセラピスベイを混ぜることが多いですね。ホテルや旅館などで、重いエネルギーを感じるなぁ・・という時には、ディープレッドをお勧めします。


さてさて、次回年明けの1月は、4ヶ月ぶりに土曜日に開催する予定です。
また近いうちに告知書きますね〜。



★オーラソーマについて、詳しくはこちら

☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら

2012/12/12

マヤ暦サイクルの終わり

2010年に訪れたメキシコのパレンケ遺跡

オーラソーマのイギリス本校からメールが来ました。
それによると、マヤ暦サイクルの終わりは、12月21日の、ユニバーサルタイムでAM11時11分37秒、日本時間で夜20時11分37秒、だそうです。
この時間帯は、おそらく世界中のたくさんのスピリチュアルな人々が瞑想によって「そこ」に意識を向けているのではないでしょうか。私も部屋で一人静かに瞑想しようと思っています。

学長のマイク・ブースは、12/19〜23の5日間に渡ってメキシコで開催される「2012年惑星のスピリチュアルサミット」に参加しているとのこと。ちょっとサイトを覗いてみましたが、なかなか面白そうですよ。

そしてこの日は、惑星ニビルが地球に最も近づく日でもあります。磁力が強いので、地球にもそれなりの影響が出るかもしれません。フォトンベルトにも完全突入しますしね。

新しい時代が来るからといって、この日を境に見た目ががらりと変わるということではないようですが、とにかく地球のエネルギーが一瞬にして大きく変わるのは確かなようです。だから、その地球のエネルギーに私たちもついていけるように(もしくはそのためにも)、自分たちのエネルギーを上げる必要があります。もちろん個人の意志の自由がありますから「上げない」という選択もありっちゃあり。その先は、おそらくパラレルワールド。ってことでしょう。

光の方を選びたいなら、この時期は特に意識して、わくわくと、楽しく、穏やかで幸せな気持ちで過ごして下さいね。不安、心配、恐れ、怒り、嫉妬・・・そういった感情は、今のうちからできるだけどんどん手放してしまいましょう。簡単ではないかもしれません。でも、心がけるだけでも違います。感情に支配されてるな、と感じたら、ゆっくりと深呼吸を続けて、フラットに戻していきましょう。

21日、楽しみですね!
翌日(ある意味元旦。笑)はKARIKAお茶会なので、また、みんなとシェアできるといいな。



☆こんな時期なので、ゼニスオメガヒーリングのスペシャルセッション、ライトボディもオススメ。気になる方は、こちらをどうぞ。


2012/12/02

KARIKAお茶会vol.3のお知らせ


第3回目のKARIKAお茶会の詳細が決まりました〜!
開催日はなんと、マヤ暦が終わり新しい時代が始まると言われている冬至の12/22です。
(この辺に興味のある方は、こちら、以前のブログをどうぞ。)
せっかくの、この12/22をどんなふうに過ごそうか、前々から思案していたのですが、里香ちゃんと一緒に何かできたらやっぱり楽しそう♥と思い、この日の開催を決めました。なので今回は、お茶会後、希望者のみ自由に残っていただいて、持ち寄りホームパーティーもする予定。パーティーにも参加希望の方は、当日何か適当に食べ物と、自分の飲みたいものをご持参下さいね。

そして今回はご要望にお応えして、体験ヒプノセラピーも復活です。


<KARIKAお茶会@中目黒>

日 時:2012年12月22日(土)15:00~18:00くらい
            14:45にはOPENしますので、オーラソーマのボトルを1本選んでお待ち下さい。
場 所:中目黒 KARIKAサロン
(場所の詳細は予約後にお知らせします。ドンキホーテのそばです。)
参加費:3700円(お茶とお菓子付き)
定員:8名
予約:件名を「KARIKAお茶会3」とし、お名前、携帯番号、お茶会後のパーティーに参加希望か否か、を明記の上 neiro.healing@gmail.com までメール下さい。
8名の少人数制のため、事前振込とさせていただきます。
お申し込み後こちらからお知らせしますので、指定の口座まで3日以内にお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい) ご入金確認次第、お申込み完了とさせていただきます。
定員がございますのでご了承ください。
おかげさまで12/6時点で定員を超えました。ご連絡いただいた皆様、ありがとうございました。ただし、お振込確認時点でのお申し込み確定となっているため、振込の未確認によりキャンセルが出た場合にはお知らせさせていただきます。ご希望の方はお気軽にご一報下さい。

キャンセルについて 
◆ご予約3日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は0%とし、振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。  ◆2日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の半額を返金いたします。 ご予約前日〜当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。 


私がよく着けている天然石のネックレス「KARIKA」の作家でもあり、モデルでもある心友、小林里香ちゃんとの、ゆるりとしたお茶会です。

中目黒のKARIKAサロンは、公園のそばにあり、自然光が気持ちいい素敵な場所。過去2回のお茶会の模様は下記で読んでみて下さいね。
☆一回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら
☆二回目のKARIKAお茶会の模様はこちら。里香ちゃんのブログはこちら


今回も皆さんには、最初に1本づつ、オーラソーマのボトルを選んでいただいて、それをテーブルに置きながらお話を聞いていただきます。光のあるうちにオーラソーマの話を、日が暮れて来た頃に体験ヒプノセラピーをやろうと思ってます。

体験ヒプノセラピーは、「ヒプノに興味はあるんだけど、なんだかコワイ気もして・・・」というお客様のためにも、「ヒプノってこんな感じ」という導入部分をみんなで体験できればな、と思って、始めました。
みんなで、なので、一人一人のビジョンにそった誘導はできませんが、皆さんが経験したであろうたくさんの前世の中から「一番幸せだった前世」を選んで行ってみていただこうと思ってます。瞑想に近い感じなので、あまり心配なさらずにご参加下さい。リラックスが大切なので、楽チンな恰好をオススメします。

★オーラソーマについて詳しくはこちら
★ヒプノセラピーについて詳しくはこちら




ちなみにこの日も、里香ちゃんがやってるお茶のブランド「Shan Ri Shan」のお茶をお出しする予定。

*「Shan Ri Shan」のお茶は、茶文化研究家が監修のもと、唐の時代より伝わる茶経を基に、自然の環境下で製茶技師(人間国宝)より指導を受けた茶農家の人々の伝統的な手摘みにより丁寧に仕上げられている「安心、安全」にこだわった極上の中国茶。無農薬・無添加・無着色です。

生きている間にもう二度とは来ないこのタイミングに、一緒に楽しい時間を過ごしましょうね。
男性のご参加も歓迎しますよ!


2012/12/01

「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」vol.4 @荻窪6次元のお知らせ


12月も荻窪の素敵なカフェギャラリー「6次元」さんで「オーラソーマお茶会〜新月の夕べ〜」をさせていただくことになりましたので、お知らせ致します☆ 
マヤ暦が12月の冬至で終わり、新しい時代が始まるとも言われているこの時期。(この辺に興味のある方は、こちら、以前のブログをどうぞ。) 大きな区切りの最後の新月(かも?!)に、ちょっとだけでも、自分と向き合う時間を作ってみませんか?


日時:12/13(木)19:15〜21:15くらい
18:45にはオープン致します。できれば10分前には来て、19:15にはボトルを1本選び終えられるようにご協力いただけると嬉しいです。
参加費:1500円(お茶とお菓子付き)
場所:6次元(杉並区上荻1-10-3 2F TEL: 03-3393-3539)
定員:15名
必要なもの:筆記用具
予約:件名を「オーラソーマお茶会4」とし、お名前、参加人数、携帯番号、を明記の上 neiro.healing@gmail.com まで。定員がありますので、お早めに。 
満席御礼!! ご連絡いただきました皆様、ありがとうございました。おかげさまで12/7でご予約が定員を越えました。キャンセル待ちご希望の方は、その旨メール下さいね。

メールをいただいた方には必ず返信しておりますので、もし何も届いていない場合は、迷惑メールに入ってしまっているか、迷惑メール設定によってはじかれてしまっている可能性もあります。ご確認下さい。

オーラソーマのコンサルテーションでは、普段は4本のボトルを選んでいただいていますが、この日はまず皆さんに111本の中から直感で1本だけボトルを選んでいただき、それをご自分の前に置いていただいた状態で「12の色の言葉」についてお話を聞いていただきます。

お一人づつ自己紹介をしていただきつつ、例えばその方の選んだボトルが「赤」だった場合には、「赤」という色の持つ意味について説明していく、という流れです。同時にその方についても触れながらお話していきますので、単にそれぞれの色の持つ意味を知るだけでなく、自分についても再認識・再発見していくことができますよ。

1本目に選んだボトルは「使命と目的」を表すとされていますので、自分の「使命と目的」は何なのか?魂の核の色は何なのか?今世のテーマは何なのか?自分の本来の質はどういうものなのか?思考の傾向は?
・・・そういったことを自分が選んだ色を通して知り、気づいていくことができます。

この日は新月。
本来の自分と繋がりやすくなるように、最初にポマンダーを使って、軽ーく瞑想もする予定です。

1対1のコンサルテーションももちろん深く探求できて面白いんですが、こうやって皆で集まってボトルの意味をシェアしていくことには、また違った面白さと学びがあります。毎回、私の話だけではなくて、集まった皆さんがお互いの話すことから、たくさんのことに気づいてく。半分以上、お客さんが作り上げている会といってもいいと思います。私が話す色の言語のお話は基本毎回同じですが、お客さんが変わると、当然ながら触れるテーマが変わってきますので、以前参加された方でも、参加する度にまた、新たな気づきをお持ち帰りいただけるんじゃないかな、と思いますよ。

オーラソーマをまだ体験したことのない方も、
オーラソーマを体験したことのある方も、
色を楽しみましょ〜!

師走のお忙しい時期かとは思いますが、お申し込み、お待ちしています。


★オーラソーマについて、詳しくはこちら
☆第一回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら
☆第二回目の「オーラソーマお茶会〜新月の昼下がり〜」の様子はこちら
☆第三回目の「オーラソーマお茶会〜満月の夕べ〜」の様子はこちら