information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
RASファシリ&イントラさん向けのカラーカード講座(仮)は8/10以降に開催できるようになります。
7/27(土)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.8@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら
8/3(土)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」合唱WS vol.4、お申し込み受付中。詳しくはこちら
8/11(日)春原恵子さんと行く、日帰りドライブリトリートvol.5〜森の中でヒルデガルトランチ♪は、残2席となっております。詳しくはこちら

【リトリート】
10月あたりで春原恵子さんと行くカウアイ島リトリートを開催予定。詳細決まりましたら告知します。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
11/9(土)10(日)レベル1授業、お申し込み受付中
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2011/11/29

オーラソーマとチャクラ


チャクラは、人間のエネルギー・センターを指して使う言葉ですが、それぞれのチャクラにはそれぞれのエネルギーの質と色があるとされています。
一般的には7つのチャクラが有名ですね。ちょうど虹と同じ順番に7色が並びます。

第1チャクラ 赤 サバイバルの問題や現実、身体的要素を司る。 
第2チャクラ オレンジ 性など生命的要素や感性・創造性などを司る。
第3チャクラ 黄色 感情など心理的要素やすでに習得された知識などを司る。
第4チャクラ 緑 愛に関わることや調和・バランスの要素を司る。
第5チャクラ 青 信頼・養育・コミュニケーションなどを司る。
第6チャクラ 紺 直感・霊感・意思などを司る。
第7チャクラ 紫 癒し・人生の目的などスピリチュアルな要素を司る。

言葉を発する喉のチャクラがコミュニケーションを司るって、分かりやすいですよね。だから、言いたいことを言えない状態が長く続くと喉の調子が悪くなる、と言われます。
また、緊張すると胃が痛くなりますが、ちょうど胃の辺りにある黄色のチャクラは、感情や自意識を司っているわけです。なので、そこを刺激されると体が反応するんですね。
こんなふうに経験と照らし合わせると、繋がりがスムーズに理解できるかと思います。

オーラソーマはこれらチャクラと深く関係していて、皆さんが選んだイクイリブリアムボトルは、その色と対応したチャクラのある身体部分へと塗ることで、心身ともにバランスをとることをサポートしてくれます。例えば、ピンク/レッドのボトルだったら下腹部〜足に、ブルー/グリーンのボトルだったら喉〜胸に塗る、といった感じです。

オーラソーマの創始者、ヴィッキーさんはチャクラについて次のように言いました。
「それはラジオやテレビのチャンネルを合わせるようなもの。それぞれのチャクラは体の特定の部分を支配しており、あるチャクラが必要としている波長を持つ色を塗ることで、弱った波長が強められ、それによって、体の細胞そのものが持つ再生と治療のプロセスが動き出すのです。需要のあるところに供給してあげることで、体はバランスを取り戻すのです。健康とは、バランスの取れた状態なのですから。」

イクイリブリアムは、バランスを意味します。色とクリスタルのエネルギーが入ったボトルをそれぞれのチャクラに塗ることで、その波動が皮膚を通ってリンパ腺、血管に吸収され、臓器、内分泌腺に届き、その内分泌腺に対応したチャクラにその必要なバイブレーションが流れ、そこからオーラにまで作用していく・・・コンサルテーションを通して気づいていくだけでなく、本来、このヒーリング作用までを含め、オーラソーマ・カラーケアシステムは完結する、と言ってもいいでしょう。
「気づいたけど、じゃあ実際、どうしたらいいの?」という方でも、極端に言えば、ただ、ボトルを塗ればいいんです。 「分かってはいるけど、なかなか思考パターンは変えられない」という方も。塗るだけなら、簡単ですよね。ボトルは、必要な部分に必要なものを与え、やさしく作用していきます。

ちなみに左図は6と7の色が上記とはちょっと違いますが、チャクラが体の上下、前後にあって、脊椎の位置で繋がっており、それぞれの回転の速度によって、異なる色をした光る渦巻きのように見えている様子、を表しています。エネルギーは両方向から流れ込んでいるので、ボトルを塗る時は体の前面だけではなくて、 ぐるりと塗るんですね。







自分が直感で選んだボトルが、自分に必要な色でもあるって、興味深いなぁと思います。しんどいチャクラは、ちゃんとボトルの色を通して私たちに「つらいよー」と訴えかけてくれてるんですね。ボトルのエネルギーと自分のエネルギーとの共鳴作用が働いているからこそだと思います。私たちは、自分のこの内側の声に気づいてあげるべきではないでしょうか。
薬剤師でもあったヴィッキーさんは、オーラソーマが家庭の常備薬のように使われることを願ったと聞いています。必要なボトルを選んで塗ることは、疲れたチャクラにエネルギーを補給すること、無理をしすぎて消耗しきってしまうのを防ぐこと、にも繋がるんですね。

チャクラについてもっと知りたい方は、下記の本もオススメです。

  

地球のチャクラについてはこちら

★オーラソーマについて、詳しくはこちら