【お知らせ】
10/20(水)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.13@梁川(山梨県)お申し込み受付中。詳しくはこちら
恵子さんとのお話会vol.12<比較と自己価値part2〜耳の痛い話・耳にタコの話>、録画は9/21まで視聴可能。詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
10/24(日)〜27(水)大分阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。リクエストいただければまた別日程組みますので、お気軽にご相談ください。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。

10/9(土)ゼニスオメガヒーリング勉強会vol.16、お申し込み受付中。詳しくはこちら。
10/2(土)レベル2授業、お申し込み受付中
10/11(月)12(火)レベル1授業、お申し込み受付中。新規受講希望者が3名集まったら開催確定します。早めにご相談いただければ、まだ日程調整可能です。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2019/03/25

インド・リシケシ滞在記その6〜ラコタ族のスウェット・ロッジ&ビートルズ・アシュラムで「イマジン」大合唱


☆「インド・リシケシ滞在記その5
〜ムージと握手♡目があった時に感じたのは、
全き空(くう)でした。」はこちら


3/7(木)魚座の新月

この日はムージのサットサンに行くのはやめ、
ラコタ族のスウェット・ロッジに参加するため、
朝4時過ぎに起床。

この、数時間の滞在とはいえ、暗くて汚いホテルのせいなのか、
単に疲れが出たのか、、頭が重い…


まだ暗い道を通って、
ヨガフェス会場の奥の片隅へ行ってみると、
すでに結構人が並んでいました。

この日が最終日なのと、新月なのとが重なって、
いつもより参加者が多かったようです。


スウェット・ロッジなので、薄着にならねばなんだけど、
外はまだまだ、寒いっっっ!
(私は水着の上に、テロンとしたパンツをはき、
長袖Tシャツを着ていきました。汗でびしょびしょになるからねぇ。)


しかし、たまたまとはいえ、
魚座の新月にスウェット・ロッジに参加することになるとは。
よき始まりに、ありがとう。。って感じですねぇ。☺️


テントは3つあって、私は一番年配のおじさんに呼ばれ、
そこに入ることに。

まず入り口で、ある言葉を唱えて(どういう意味かは分からず)
母なる大地にキスをするのだそう。
(シャスタのスウェット・ロッジではしたことないので、
種族によって違うんでしょうね。)

で、火の男を決め、彼が、
熱々の石をスコップでテントの真ん中に運ぶ役割をします。

ラコタ族のおじさんが「火に祈る『火の女』は誰がやる?」
と聞くと、「はい!」とポルトガル語らしき言葉を話す女性が
手をあげました。

「では『水の女』は誰がやる?」と聞くと
誰も手をあげなかったので、私が「じゃあ、やります!」と
立候補してみました。

が、やめておけばよかった〜....(;△;)


祈るって、儀式の間中、心の中で祈ってればいいのかな、
くらいに思っていたのです。


が、


そうではなかった。。


火の女、真っ暗闇の中で、ペラペラと、
いつまでも喋っているではないか......


え〜?!そういうことなの〜〜??
私には無理〜。
しかも英語で即興なんて、余計、無理〜。
(T△T)


一応、やりましたけども。
早々に、短く、切り上げさせてもらいました。

こういうの、苦手であります。。
私も、まだまだで、あります。。
(T△T)


ちなみに、この写真の一番左のおじさん↑が、
私のテントのメディスンマンでした。
やはりこの中では、中心人物だったようです。

シャスタでは、いくつかのハーブを混ぜたような香りだったと
思うんですが、ここでは、ミント!でした。

あの、狭い中、
ひしめき合ってみんなで座っている熱い空気の中、
スーッと鼻に入ってくるミントは、なかなかよかったですよ。

でもやっぱり、隣の人の肌が触れて、汗が伝わってくるのは、
得意にはなれない〜〜。男女一緒だしね。

汗はいっぱいかくので、スッキリ!はしますが。
頭痛も取れるかな〜と思ったのですが、
ちょっと軽くなった、くらいでした。

外に出ると、日本人女性も4人くらいいましたね。
初体験だったらしく、「面白かった!!」って。^ ^

毎朝参加してると言ってオススメしてくれた
ひとみちゃんの姿は見えなかったので、
体調崩しちゃったのかな...?と思いつつ。

汗をかいたままでいるのは冷えるので、
さっさと拭いて、服着て、
ホテルにシャワーを浴びに戻りました。


と、ブッダとお猿ちゃん。
微笑ましい...☺️


早朝、真っ暗なこの道を歩いて会場に行ったのですよ〜。
人より野良牛のが、多い。(笑)

でもやっぱり、近くにホテル取っておいてよかった
と思いました。


と、上を見上げると、またお猿ちゃん。
大道芸〜〜!!!😆


お見事!!!😆

でもね、この端っこに、これを見ていた小猿ちゃんがいて。
真似をしようと頑張るんだけど、やっぱり怖いみたいで、
できなくて、結局、下に降りて、地面を歩いて反対側に渡る、
って光景もあったんですよ〜。

それもまた、微笑ましかったです。☺️

最初って、怖いもの。

でもきっと、あの小猿ちゃんも
そのうちできるようになってるに違いない。
って思います。


シャワーを浴び、着替えて、チェックアウトして
ヨガフェスの朝食会場へ行くと、
スウェット・ロッジで会った日本人女性が一人でいたので、
一緒に食べることに。

ダンナさんと4歳の娘ちゃんと一緒に来てるという
ひろみちゃん。

「あれ?昨夜のインドダンス、見に来てました?」と聞くと
やっぱりそうでした。

小さい子と一緒に来てた日本人ファミリーを2組ほど
見かけてたのです。

今は、ダンナさんに娘ちゃんを見てもらってて、
一人でこっちに来てるけど、この後また
ビートルズ・アシュラムには一緒に行くので合流するとか。

ダンナさんはタブラーを習いに来てるので、
その時は交代で娘ちゃんをみるのだそう。
いいね〜!そういうの。


短時間に、わ〜っと、
お互いの話をしまくり。


6月から愛知で古民家カフェを始めるから、
今のうちに旅を!って感じなのだそう。


出雲の古民家カフェのひとみちゃんに続き、
愛知の古民家カフェのひろみちゃん。😆
なんか、似てる。(笑)


この後8:30からは、
これまたひとみちゃんにオススメされ気になっていた
Anand Mehrotraによる「Journey Through the Chakras」に
行ってみようと思ってたら、
彼女もそれに参加するつもりだったとのことで、一緒に
Yoga Ghatへ。


数日前、ひとみちゃんに聞いたところによると、
なかなかドSだけど、すごく人気があって、
最後にはみんなすごいハートが開いてハグしあって
LOVE♡って感じになっちゃう!と。

もちろん、その時にやるワークにもよると思うけど、
ひとみちゃんが参加したのはLOVEがテーマのやつだったので
そんな感じだったみたい。


今回は、タイトルからしてチャクラの浄化な感じで、
呼吸とヨガのポーズを使って下から順にやってくんですが、
私でもついていけるまあまあのハードさで、面白かったです。


最後はややクラブのノリで、みんなでわ〜い!って、
適当に踊るっていう。😅


発散して楽しく終わる感じ、人気があるのもわかる。

そして、これが終わった時には頭痛も消えてました!
呼吸とヨガ、すご〜い!!


ここでひろみちゃんとは別れ、
ランチ会場に行ったら、今度はひとみちゃんに会えました。
声、ガラガラ。😅
やはり、体調崩して、今朝のスウェット・ロッジは諦めたそう。

ま〜、そもそもスウェット・ロッジは毎朝やるものでもないし、
好転反応でドッと疲れが出ちゃったのかもしれないねぇ。


10:45集合で、みんなでビートルズ・アシュラムまでお散歩して、
そこで瞑想するっていうミニ・ツアーに参加すべく、
Aarti Ghatへ行くと、またジミーさんが!

横には、今朝のスウェット・ロッジをリードしてくれた
ラコタ族のメディスンマン。

みんな、楽しそう。☺️


インド時間なんで、結局30分遅れくらいのスタートになるわけですが、
みんなでぞろぞろ、狭い道をアシュラムに向かって歩いて行きました。
20分くらいかな〜。
この、ゆる〜い感じがまたインド。
日本だったら、この感じは、多分NG出されちゃう。
日本は、リスクを想定して動く国民性だからねぇ。


ガンガー沿いを、ずっと、ゆるゆる歩きます。


誘導する人がいるわけでもないので、
なんとなく、前の人について行きながら
バラバラと、進んでく感じ。(笑)


珍しく、飼われている牛が!😆


到着〜。

本当はMaharishi Mehesh Yogiji Ashramっていうんですが、
ビートルズがマハリシというグルのもと、瞑想修行をするのに
数ヶ月滞在したとこなので、
通称ビートルズ・アシュラムと呼ばれています。

諸説あるそうですが、ここで、
「Black Bird」「Dear Prudence」「Revolution」などの曲が
できたとも言われてるそう。


通り沿いには、可愛い形の瞑想小屋がいっぱい。
数えてないけど、100以上あるらしい。
番号もついてて、No.9がジョン・レノンが使用してたものだとか。
でもこの時は知らなかったので、スルー。😅


ちなみにこのインド人は、
日本に住んでるガネーシャさん。


もうすっかり廃墟になってしまっていたけど、
あちこちにビートルズ・ファン?が落書きというか
アートを描き残していて、ちょっと野外ギャラリーみたいでした。


ここで瞑想、、
は、ほんのちょっとだけで。もう、コンサート!笑

ビートルズ・アシュラムでみんなで合唱した「イマジン」は
LOVE & PEACEすぎて、とにかく最高♡でしたよ〜〜✨✨✨

みんな、心から、そう願ってる。
泣けてきちゃうよね。このハーモニーは。🌈

横にいたジミーさんが
「ビートルズって、やっぱり、すごかったのかも。」
って、しみじみ言ってたけど、いや、ほんと。


☆ブログ「嫌な人たちにこそ、祝福を♡
〜オノ・ヨーコさんの言葉から」はこちら


ちなみにこの反対側は、こんな感じ。
もう、NYのアートギャラリーでしょ?

ちなみに私の横には、
同じくムージのサットサン目的でリシケシに来たってことで
仲良くなったフランス人のヘレンが。

こんなにいっぱい人がいても、
会わない人とは会わないのに、
会う人とは何度もバッタリするもので。

「今日はサットサンはサボってこっちに来ちゃった♡」
っていうとこも一緒で、
「だよね〜!😆」って。


最後にはみんな立ち上がって、歌い、踊る。

インドにはキルタンがあるから、
一方的に聞くだけ、っていうんじゃなくて、
基本、みんなで歌うっていうのが文化なんだろうな〜。
ハーモニーを、調和を楽しむ。
いいよね。☺️


☆ブログ「今年最初の新月は、堀田義樹さんのキルタンで♪」はこちら





こちらで、この時のダイジェスト映像が2分くらいで
見られるので、よかったら。

後半にちょろっと、「イマジン」をみんなで歌ってるシーンも
出て来ます。

ナマでの体験には、叶わないけどね〜!😅


さて、外に出てみたら、
娘ちゃんと一緒にバナナを食べてるひろみちゃんを発見!
これ、いい写真でしょ〜?😁
許可もらったので載せちゃいます♪


さらに、アシュラムの外に出てみたら、
今度はまた今まで見たのとは違った種類のお猿ちゃんたちが。


お母さんのお腹にしっかと抱きつくお子ちゃま猿、
可愛くないですか〜?!😆
クリックして拡大して見てみてね。


そして親子3人(3匹)で毛づくろい。てか、蚤取り。(笑)
のどかだ〜。


また、来た道をお散歩しながら、
ヨガフェス会場へ戻りました。


歩きながら、道ゆく人を見てるだけでも
結構面白いのです。


いわゆる掘建て小屋に住んでいる人たちもいます。
インドはカーストがあるから、人によって、
本当に生活レベルが全然違う。。


ランチ会場でまた、ひとみちゃんと再会。

ここで出会う人たちはみんな、
基本一人で行動できる人たちだから、

なんとなく一緒に行動しても、また適当に一人になって、
またなんとなく一緒になって、、みたいに、
一緒に行動することをお互い特に強制することもなく、
自然な流れの中で、会ったり別れたりできる。。
その感じがなんだか、心地よいのです。


14:00〜は、これまたひとみちゃんオススメで気になっていた
Sadhvi Abha SaraswatiのYoga Nidraへ。

ヨガって言っても、これは変わってて、
寝転がって(ホントに寝ちゃうのはだめ)、
意識はちゃんと持ったまま、彼女の誘導や歌を聞くっていう。。

でも、横になったら人は眠くなるもの。しかもランチ直後だし。
(普段ヒプノやってる私がいうのもなんですが。😅)
ほぼ寝てしまいました〜。。


終わってまたすぐ15:30〜は
Joseph SchmidlinのThe Homeopathics of Soundへ。

好きな傾向が同じなのもあり、
またひとみちゃんも一緒。(笑)


前回の音浴がよかったのでまた来てみたけど、
今回は割と音というよりレクチャー中心で、
想像とは違ったのでした。。


3人1組で音叉のワークをやった時の出来事が
ちょっと面白くて。


サリーを着たこの先生のWSの常連さんぽい欧米人のおばさんと、
ポルトガル語?を話す南米系の男性との3人だったんですね。

それぞれに惑星があてがわれ、私たちは「1」の「太陽」で。
太陽の周波数の音叉が渡されました。


で、3人で、お互いに音叉を当てて癒しあったり、
音叉の音を自分なりに声に出して3人のハーモニーを
作ったりする、ってことをやったんだけど。。


このおばさん、音叉を自分の体じゃなく、
やたら男性の足のすねを叩いて鳴らすわけ。
しかも、結構強めに。まあまあ痛いのよ。

で、男性が、口には出さなかったけど、ヤだったんでしょうね。
自分の番の時は、床を叩いて音を出したわけ。

そしたらおばさん、
「ダメよ。音叉は体で音を出さなきゃ。
 床を叩くのは、違うわ!」って
また男性の足を叩く。なんで自分の体でやらない・・?😅


そしたらその男性、おもむろに、何も言わずに、
横のグループに移動してしまい、、、

私はおばさんと二人きり。😅。


そしたら今度は私の足を叩く叩く。。
痛いっちゅーねーん!
自分の足、叩いてくれいっ。


さらに、音叉の音を声に表すワークでは、
「あなたの音程、違うわ!もっとよく聞いて!
もっと高い音でしょう?」とか
やたら支持してくる、、、😅


でたぁ。
コントロールしたがり人間っっ。


こういうのは、正しいも間違ってるもなくって、
ハーモニーを楽しむものなのになぁ。


そりゃあ、あの男性も、逃げるわ。
しかも、こういう人は、言ってもわからないから、
何も言わずに去る彼の気持ち、すごくわかるぅぅ。。


こういう風には、なりたくないものです。

きっと彼女も、いろいろスピリチュアルを学んできたはず
なのでしょうに。。

反面教師とさせていただきます。はい。


そのあとは、ずっとひとみちゃんと話しまくり。
お茶して、夕食食べて。
3時間以上しゃべってたかな。
それでも話は尽きないのであった。。

ただ古民家カフェやってるだけじゃなくて、
古代出雲薬草探究会ってのをやってたり、
ダンナさんは世界中の巨石、磐座を撮る写真家だったりで、
面白すぎるったら!!

出雲リトリート、
また前とは違う方向性でやりたくなりましたっ。😆

片側はこんな感じ

もう片側はこんな感じ

最後には、つい見つけてしまったお土産屋さんで、
二人してお揃いのインド刺繍のバッグまで、
買っちゃいました〜♡
値切って850ルピー。(1400円くらい)

お揃いって言っても、刺繍は全く違うから、
形が同じってだけだけど。(笑)

別にそうしようとしてそうなったわけじゃなくて、
2種類、私がどっちにしようか決めかねて迷ってて、
(どっちも可愛くって!😅)

「じゃあ、買わない方、私が買おうかな!」って
流れになっただけだけど。(笑)


いやしかし、これだから、出会いっていうやつは。。
最高ですな!!!😆


そして、ホテルに戻り、夜はみんなに遠隔ゼニス。
充実しまくりの新月の長い一日は、
こうして、過ぎて行きました......✨


その7へ続く...


☆「インド・リシケシ滞在記その1
〜予約したホテルがまさかの工事中…(笑)」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その2
〜ムージのサットサンへ」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その3
〜ガンジス河沿いをお散歩♪」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その4
〜行ってみたら、これが意外と楽しいヨガフェス♪」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その5
〜ムージと握手♡目があった時に感じたのは、
全き空(くう)でした。」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その7
〜本場インドでキルタン♪♪♪情報は向こうからやって来る!」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その8
〜ムージとハグできてしまったぁ♡」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その9
〜誕生日に、最後のサットサン♡自分へのプレゼント。
アートに値段をつけるのって難しい。」はこちら