【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
12/8(日)音と色と香りのワークvol.4@代々木上原、お申し込み受付中。詳しくはこちら
12/16(月)小さなお茶会vol.53@代々木上原〜自傷行為がやめられない、もしくは過去に経験のある方限定、残2席となっております。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル1授業、来年1月に開催予定ですので、ご希望の方はメールくださいね。今なら日程調整可能です。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2012/11/14

ダライ・ラマ法王と利根川進博士


ダライ・ラマ法王と利根川進博士の「癒しと智慧」と題した講演・パネルディスカッションを聞きに行ってきました。「癒しに関する古代と現代の智慧:身体と心のバランス」という、私も常々考え続けているテーマについて、宗教者と科学者という立場の違ったお二人からお話が聞ける、めったにない機会! これはやはり行っておかないと!と思い、無理やり時間をやりくり。会場には1000人以上の人が集まっていましたが、それでも友人知人の姿って、見つけられるものですね。5人ほど、会いました。(笑)

時間が短いのもあって、実際はディスカッション、とまではいかず、穏やかな会話といった感じでしたが、ダライ・ラマ法王にずっと手を握られて最初は照れくさそうだった利根川博士が、最後には自分からどんどん手を握り返していたのが微笑ましく、印象的でした。考え方は違っても、相手に対して常に友好的な姿勢と敬意を示すことの大切さを見せられたような気がします。

これからは、こんなふうに、どちらが正しいとか間違ってるとかではなくて、精神性や霊性からの視点と科学が融合した形の癒しが、きっと必要になってくるのでしょう。ダライ・ラマ法王が「仏教は意識の科学だ」と表現していましたが、そもそも、宗教と科学を対立事項として線引きしてしまったのが間違いで、本来、実はそう遠くないものだと私も思っています。(ただ、現代の日本では「宗教」という言葉から想起されるイメージが人によってかなり違うと思われるので、違和感を感じる人も多いかもしれませんが。)

私個人としては、科学は科学で素晴らしいと思っているけれども、それだけでは限界があると思っているので、科学的な視点も常に持ちつつ、スピリチュアルな探求を続けていきたいと思ってます。その、自分の中でのベストと思われるバランスを保っていきたいというか、そういう意味でも中庸でありたいというのが、この仕事をしていく上で心がけていることでもあるんですね。だから、宗教者と科学者の対話というこのシンボリックなイベントは、個人的にも意義深いものでした。

今回の講演内容について詳しくは、こちらのUSTREAMで映像が見られるようになっているようですので、興味のある方は是非見てみて下さい。