【お知らせ】
7/21(火)スタート♪連続4回小さな寺子屋〜「する」をおとす@ZOOM、お申し込み受付終了しました。詳しくはこちら
8/5(水)セルフケア&親子で出来るストレスケア講座vol.23、お申し込み受付終了しました。詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、開催延期とさせていただきます。詳しくはこちら


【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
レベル2&3授業、あと1名ご希望ありましたら、開催確定します。日程はご希望を伺って調整します。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/11/24

壱岐&対馬リトリートレポその1〜受け取ると決めたら奇跡の夕日へ導かれた


10/7〜10で行ってまいりました壱岐&対馬リトリート、
なかなかレポを書けずにおりましたら、

「壱岐と対馬のレポートはまだ書かないんですか?」
「禅の旅のレポートも楽しみにしています!」
などとありがたいお言葉をいただき、、、

はい、書きます!書きますよぉ〜〜!!
あっという間に一ヶ月以上経っちゃいましたね。
早いぃぃ。^ ^;


ブログ「壱岐&対馬リトリート 参加者のご感想
〜『自己否定』から『受け取る』と決めるまで」にも書きましたが、

リトリート直前の朝、起き抜けに
ただただ、受け取りなさい」というメッセージが降りてきまして。
結果、それがそのまま、今回の旅のテーマとなりました。^ ^


福岡空港からフェリー乗り場に向かうタクシーの中で
Rさんと二人でした会話がまた、それを暗示するようでねぇ。(笑)

あくまで記憶なので、言葉のニュアンスはまんまではありませんが、
許可をいただいたので、書かせていただきますと、、


R「最近、『ありがとう』って言うことが、なんだかすごく増えたんですよ〜

私「おぉ。それは素晴らしいねぇ。

R「職場の上司に私を『かわいいねぇ』と言ってくれる人がいて、今までは『何言ってるの?!』って、全く信じられないし、喜べなかったんですけど、最近はとりあえず『ありがとうございます!』って返せるようになって。どうしても照れがあるので、『眼鏡変えた方がいいんじゃないですか?!』とかって言っちゃうんですけどね。でも、これでも、私にしてはすごい進歩なんです!

私「『ありがとう』って言えるってことは、受け取ってるってことだからね。今までは拒否してたわけだけど。受け取れるようになったって、すごい進歩だよ〜!どんどん受け取った方がいいよ〜!とりあえずでもいいから、受け取るって決めて、『ありがとう』って言ってったら、どんどんまた言われるようになるよ〜!


・・・これが、始まり。
この旅のプロローグでした。( ´艸`)

フェリー乗り場でKちゃんとも合流し、
壱岐へと向かいます。2時間ほどの船旅。

前日まで雨でしたが、この日は天気も良くて気持ちいい〜♪


レンタカーをピックアップし、
日暮れ前に間に合いました!小島神社。

この日の干潮は16:12だったので、
そこに合わせて行ったんですが、
そうすると、こんな風に道が現れてくれます↑
満潮時は渡れません。


「日本のモンサンミシェル」っていうのはどうかな〜?
とは思いますが ^ ^;
神が宿る島として崇められてきた小島は、
とっても素朴な場所でした。


島の裏手にまわりこむと、こんな参道が見えてきます。


そこを登るとこじんまりとした神社が佇んでおりました。

ちょうど私たちしかいなかったので、
ゆっくりお参りできてよかったです。

参道を下ると、グループの皆さんが登ってくるところ・・・
このちょっとした時間差で、神社での時間って、
全然違ってくるんですよねぇ。。


干潮時の海辺には、クラゲが結構置いてきぼりにされてました。。


まだ日が落ちるまでちょっと時間があったので、
筒城浜にも寄り道。

日本の快水浴場100選に選ばれただけあって、
白くてさらっさらの砂浜が、美しかった。。

足をつけて歩きましたが、
全く冷たくもなく、ちょうどよかったです。


と、海辺に佇む一羽の鳥さん。
なんか物憂げに、静かに海を見つめる様子が、
人間のようでした。


カメラを向けると、ちょっとポーズしてくれたりね。
絵になる子です。^ ^

人もほぼいなくて、いい時間でした。


民宿宝来荘にチェックイン。
18:30から早速夕食。
おいしそうな海の幸の写真につられて予約したんですが、
実際この通り〜↑
どれも新鮮でうまいっ!!


量もすごく多くて、食べきれないほどでした。
いやぁ〜、満足満足。
お風呂に入って、まったりと、お話会タイムです。


牡羊座の満月の翌日でもあったこの夜
「受け取る」と決めたRさんが引いたのはOMEGA!

OMEGAといえば、

「勝利の時がやってきました!
あなたの望みがまもなく叶います。
そのまま進んでください!」

っていう、「まさに」なタイミングの後押し。

Kちゃんが引いた2枚も、うち1枚がユニコーンで、
今回はなんだかチーム・ユニコーン。(笑)

こちらのユニコーンは
暗闇から光の世界へ脱出しようとしています。

これまた、この後の展開を予言しているかのような。

こうして、月が美しい、
壱岐の最初の夜は更けてゆきました。。


翌日は7時から朝ごはん。
あんなに満腹だったのに、お腹って、空くよねぇ。(笑)
ザ・民宿の朝ごはんって感じで、これまた美味しくいただきました。


8時過ぎにチェックアウトして、
車で30分ほど北へと走り、勝本港へ。

事前に予約しておいた9:00発の辰の島行きフェリーに
乗り込みます。


いや〜、噂通り、青い!
真っ青な海が広がっています。


さらに奥に進むと、ターコイズブルー!


こちらは海の宮殿。
ちょっとディズニーランドのジャングルクルーズ感もありますが。
この辺なんて、もう、レムリア神殿!でしょう。
自然の造形とは思えないほど、神殿感がありました。
もっとゆっくり見たかったなぁ〜。。


いじらなくてもホントにこの色なのです。
ブルー、グリーン、ターコイズ・・・
愛と平和の振動数を感じます。


風や波の状況にもよるのですが、
この朝の時間帯は、外海まで出て、奥の奥まで行ってもらえました。
ラッキー♪


蛇ケ谷もねぇ・・・
逆光だからちょっと暗いですけど、
美しいのですよ。


神殿にしか、見えませんでした。。


ぐるりと島を回ってから、石積みの波止場で私たちは下ろしてもらい、
10:40に迎えがくるまでの間、しばし島で自由時間。


どうしても反射してしまって分かりづらいですが、
蛍光コバルトブルーの小さな熱帯魚たちが
泳いでいるんですよ〜!
日本じゃないみたい。


この海辺ギリギリの道、、
去年の仙酔島リトリートを思い出します。。

実際、帰りはこの時よりもだいぶ潮が満ちて、
この道もチャプチャプしておりました。
あっという間なんだよねぇ〜。


ずーっと行くと、休憩棟とトイレが見えてきて、
砂浜に出ます。


いやぁ〜、気持ちいい!

フェリーのおじさんにオススメされた
蛇ケ谷の展望台に向かって山を登り始めはしたのですが、、

時間的にこっちを選択したら海で泳ぐ時間はなくなるので、
仙酔島でもマッパで泳いだRさんに
「泳がなくても、いいの?」と聞いたら、
しばし黙って悩み顔。

「やっぱり私、泳いできます!」と
一人、砂浜へと戻って行きました。ふふ〜。
そうこなくっちゃね!( ´艸`)


私とKちゃんは一山超えて、蛇ケ谷へ。
しばらくここでぼーっとしました。


写真だと高さが全く伝わりませんが、
だーーいぶ、高いのですよ〜。
高所恐怖症の人なら、足がすくむでしょう。


これも、全く伝わりませんが、
結構キワキワに座っております。。


砂浜に戻ってみると、
Rさんは一人マッパで泳いだそうで・・・
「気持ちよかったぁぁあ〜!!」とこのポーズ。
顔出しできませんが、解放感が伝わるかと。( ´艸`)

釣り人いたけど、フェリーも通ったけど、
そんなことはどうでもいいくらい、満ち足りた気持ちになったそうで。
表情がすべてを物語ってました。
よかったよかった。
自分がしたいようにするのが一番!


私たちもちょっとだけ、足をつけました。
で、ついのんびりしてるうちに、時間がヤバイ!

潮も満ちてきて、消えつつある道を
ビーチサンダルでバチャバチャさせながら
急ぎ足で波止場に戻りました。
ギリギリセーフ☆


無事に勝本港に戻り、
なんとなく気になった聖母宮(しょうもぐう)へ。

聖母といってもキリストやマリア様とは関係なくて、
神功皇后が祀られています。

今年は1300年の節目の年なのだそうで。
思いの外、とても歴史のある神社でした。


ここの宮司さんがとても親切な方で、
本殿の中にも入れてくれて、詳しくいろいろ説明してくれました。
面白かった!

しかも、ちょうど翌週から例大祭だそうで。
惜しいっ!
毎年10/10〜14までの5日間行われるのですが、
10/10の御神幸祭では、御神幸船に一の神輿、さらに二の神輿を乗せ、御鉾船を先頭に日まわりの方に回り海上渡御を行うとのこと。
大神楽もあるそうで、機会があったらその時期にも来てみたいなぁと思いました。


手水鉢がこれまた立派なシャコ貝なのです!
こんなの初めて見ました!
パラオ共和国から寄進されたのだそう。


本殿の中の写真まで撮らせてくれました。
写真では分かりにくいかもしれませんが、
上の龍の顔、左は口を閉じていて、右は口を開けています。
これも「阿吽」になってるんですねぇ。


左が神功皇后の肖像画。
妖艶過ぎてちょっとコワイですけどね。^ ^;


聖母宮83代目(!)となる宮司さん、笛まで披露してくれました。
なんという贅沢・・・
ありがとうございました!!

後ろの神輿は、500年ぶりに新調したそうで、
ピカピカです。

なんの期待も持たず、何気なく立ち寄った聖母宮でしたが、
とてもいい時間を過ごさせていただきました。。


そしてランチタイム♪
シーズン中しか食べられない生ウニ丼を食べに、大幸へ。
お昼時とあって、すごく混んでました。

30分以上待っても何も出てこなかったので
隣のおじさんたちが「忘れられてるんじゃないの?」と
心配してくれ、、「あれ。そうなのかな」とお店の方に聞いてみることに。


忘れたわけではないと言われましたが、
なんか多分忘れられてたっぽいような・・・^ ^;
ウニ、のせるだけだもんねぇ?
結局50分くらい待ったかな〜。


生ウニ丼〜〜〜っ!!!
赤ウニは九州の西部でしかほぼ獲れず
「幻のウニ」とも言われるだけあって、
3800円とかしますが、やっぱりこれは食べておきたいっ。
濃厚で、クリーミーで、おいしかったです。
スーパーで売ってるウニとは、全く別物。


お腹も満足したところで、月讀神社へ。
二人ともHappyちゃんのブログを読んで
とっても期待を持ってやって来たのですが、、、

感想(☞こちら)にも書いてくれてたように
私たちにはあんまりピンと来るものは、ありませんでした。

でも、そのことでかえって、

感じ方っていうのは人それぞれで、それでいいんだ!
誰かと同じように感じようとする必要はないんだ!
同じように感じれないことに落ち込む必要もないんだ!

って、思うことができ。
<自分が感じたことを大切にする>を
腑に落とす体験となったので、これも必然、ですね。^ ^


続いて、住吉神社へ。
結構広くて、なんとも気持ちのいい神社でした。


境内に、ブルーがとっても綺麗な蝶を見つけ、
写真を撮っていたら、
ふと、いきなり、私に向かってぴゅうっと飛んで来て、
頭突かれたような、なんかからかわれたような、、
妙な感じでした。^ ^;
神様のお使いかもね〜。

蝶は「変容」の象徴でもありますが、
壱岐では本当にたくさんの蝶に出会いましたよ。


夫婦クスノキも、寄り添う姿が、とっても素敵でした。
男性は左回り、女性は右回りに周って、
縁結びや長寿などを願うと良いとされています。


続きまして、壱岐国の一の宮である
天手長男(あめのたながお)神社へ。


137段の石段を登ると、拝殿があります。
写真、撮ったつもりだったんだけど、なんでか撮ってませんでした。^ ^;
なんか、拝殿よりも右手にあったエリアが気になりましたねぇ。
どういう場所なんだろう・・・


そして川を挟んでちょっと離れたところにありつつも、
天手長男神社と向き合うように建っている
天手長比賣(あめのたながひめ)神社へ。

もともとは五柱の姫神、
栲幡千々姫尊、稚日女尊、木花開耶姫命、豊玉姫命、玉依姫命
が祀られていたそうですが、
ここはもう、天手長男神社に合祀されているので、空っぽでした。


で、この後、ちょっと面白い流れがスタート。


日没までまだ時間があったので、
道の駅とかにも寄ってみようか、と
パンフレットに載っていた物産館に向かったのですよ。

でも、まだできたばかりでオープン前で、「あらら〜」と
駐車場から出ようとしましたら、、

一人のおじさんが近づいて来て、
「ライトついたままだよ〜」と教えてくれたんですね。
トンネルでつけたまま、消すの忘れてたっぽく。
( ̄∇ ̄*)ゞ

「どこ行くの?」と聞かれて
「猿岩に夕日を見に行こうと思ってて・・・」と言ったら

「夕日なら、この時期は猿岩より小牧崎がいいよ〜。
ちょっと分かりにくいんだけどねぇ。絶対オススメ!
壱岐に住んでる私が言うんだから間違いないよ!」と。

それならせっかくだから、迷うかもしれないけど、
行くだけ行ってみよう!とあいなりました。


対馬で八丁郭という天道さんのお墓に行く予定もあったので、
途中、天道神社にもご挨拶。
でも、あまり人が来ていないようで、手入れがされておらず、
蚊もいっぱいで、ちょっと鬱蒼とした場所でしたねぇ。


夕景を見るなら猿岩!と言われてるので、
最初はここでと思ってたんですが、
行ってみたら観光バスが停まってて、とにかく人が多い。。

なので、長居は無用とばかりに
サクッと写真撮って、おじさんに勧められたスポットへ向かいました。


ゆっくり車を走らせてたら、後ろからププッとクラクションを鳴らされ、
「わわっ」と思いましたら。

追い越された車の窓からヒョイっと腕が伸びて、
こっちへ来いと言っている・・・


「お、おじさん?!?!?」
Σ(・ω・ノ)ノ!

「あれ、あのおじさんじゃない?!?!」

「えぇっ!なんでなんで〜っ!?!」

「とにかく、ついて行ってみよう!!」

「やった!迷わないですむね〜〜!」


などなど、唐突に颯爽と現れたおじさんに
興奮気味の私たち。


スピードの速いおじさんの車について行くのは
なかなか大変でしたが ^ ^;
おかげで迷うことなく、無事に夕日スポットへ。
私たちだけじゃ、たどり着けなかったかも。


いいっ!
人もいなくて、広々してて、いいっ!!
猿岩よりずっといいっ!!


おじさんは、車から降りると、
どう見てもただ者とは思えぬカメラ機材を抱えてました。
名刺をもらったら、なんとNHK長崎の方。
プ、プロや〜〜んっ!!
どうりで・・・


プロですから、そりゃあ、
素晴らしい風景を見抜く目は持ってらっしゃるってもので。

「壱岐に住んでる私が言うんだから間違いないよ!」
とおっしゃってましたが、それだけじゃあない。

たくさんの風景を撮ってきたからこそ、
この日の天気なら、最高の夕景になる!と確信されていたのでしょう。

ちなみにこの写真は↑ 
「ちょうどあそこに船が来た時に撮るのがいいんだよ〜」
とオススメされて、撮りました。^ ^


何度もここで夕日を撮ってるおじさんが
「いや〜、今日の夕日は最高だよ。
 私が言うんだから、間違いない!」
って何度も言うくらいの、本当に恵まれた時間でした。


刻々と色を変え、、瞬間瞬間に美しい。
いつまで見ていても飽きない、、感動させられますねぇ。


「美」と言えばねぇ、
このおじさんに「美女3人組」と言われ、、

タクシーでの最初の会話を思い出したRさんと私は
思わず顔を見合わせて笑ってしまったのでした。
( ´艸`)

「ほら〜、ホントに言われたでしょ?!!
 受け取っとけ〜!受け取っとけ〜!」

Rさんはちょっとばかり照れ&ためらいつつも、
「ですよね〜っ」とばかりに「ありがとうございます♡」って
受け取ることにしたのでした。

よしよ〜しっ!
これできっとまた言われちゃうねっ♪


太陽、沈みきりました。。
沈んだ後の、水色とピンクの時間も、私はすき。


おじさん、ありがとう。
ホント最高でした!


興奮冷めやらぬまま、かねや別館にチェックインし、夕飯。
またまた豪華な海の幸をいただきました。
おいしい!そしてやっぱり食べきれないっ!


この日一日の、奇跡のような偶然?必然?の流れを振り返り、
話も盛り上がりました。


「受け取る」と決めてからの現実化の早さに
「そっかぁ。受け取ってもいいのかぁ。」と
何かを掴み出した様子のRさん。


体験し、体感し、腑に落としていく、ってことの大切さを
実感しあった夜でした。


二人が感じたリアルはこちらでどうぞ☞


長くなりましたので「レポその1」はこの辺で。
奇跡はまだまだ続きま〜す。^ ^


☆リトリートから帰ってきた時に書いたブログ
「起きてきたことを楽しむ。起こることを許す。
を、旅は教えてくれるのです」はこちら。