information


【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。講座内容について、詳しくはこちら
5/31(金)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」春の合唱WS、再び♪、お申し込み受付中。詳しくはこちら
5/30(木)セルフケア&親子で出来るストレスケア講座vol.21@金沢八景、あと1名受付可能です。満席でしたが2名増員しました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら
6/3(月)新月に、恵子さんとのお話会〜世界は奇跡に満ちている@恵比寿、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
5/24(金)〜26(日)満開のカモミール畑と戸隠と野草酵素作りの旅2泊3日、再び満員御礼となりました。キャンセル待ちご希望の方はご連絡ください。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
6/12(水)13(木)レベル1授業は満席となりました。
レベル1授業は、年内は9月以降の土日にあと1回だけ開催予定です。)
6/14(金)レベル2授業、キャンセル1名出ました。
6/22(土)レベル3授業は満席となりました。
6/23(日)レベル4授業、あと1名受付可能です。
6/24(月)レベル5授業(レッスンのみ)あと1名受付可能です。
6/25(火)レベル5ティーチャーコースあと1名受付可能です。(レベル5レッスン受講済みの方のみ)
キャンセル待ちご希望の方はお気軽にご相談ください。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/12/21

GOMAさん個展「再生」に行ったら、つい作品買っちゃいました☆

一番小さな作品ですが、買ってしまいました〜!

今までも何度かブログに書かせていただきましたが、
新宿で開かれているGOMAさんの個展に行ってきました。
しかも、タイトルは「再生」。



7年間描き続けた「ひかり」シリーズはもちろん、
バリ島で描いたという2×2mの大作「花」、
(こちら「花」2点は撮影OKになってましたよ♪)

そして手塚治虫「火の鳥」とのコラボ作品の数々・・・
(きっと汀さんが繋げたんだろうなぁ・・と勝手に思ってますが)

想像以上に、かーなり見ごたえがありました!


「破壊と再誕生」にしてたくらい、
今年は「再生」を感じる年でしたし、、、


「火と水のバランスをとりながら、 
基本的にはフェニックス(不死鳥)の道を行くんだね」
と言われ、、、


私の今世に最も影響を与えているんじゃないかっていう
出雲で巫女で自害した前世の自分
☞こちら ちなみに火の中で亡くなってます・・)
への癒しを完了させる意味合いも込めて
12月頭に出雲リトリートをしてきたばかりですが、、

16年前に初めて出雲に行った時、
誘ってくれた写真家MOTOKOに、
なぜか行きの寝台列車の中で勧められて読んだのが
忘れもしない、、「火の鳥 鳳凰編」でした。


だから、私の中では、
いろいろね、、ぐるーり、繋がって、
えん(円・縁)になってる感があるのです。。
しみじみ。


その、えんも、
まる っていうよりはね、
8の字。無限大のマーク。 の感じ。


再生の後は、循環と還元。
2018年は、これがテーマとなる気がしています。


そして

そんなつもりではなかったけれど、

見ているうちに「ひかり」シリーズが欲しくなり、
一番小さな作品ですが、買ってしまいました♡
(一番上の写真に写ってるもの)

白い珊瑚のシリーズも好きで、迷ったけど。

「ひかり」は、
見ながら瞑想したくなる感じ
吸い込まれる感じ
意識が拡大する感じ が あるので。


それに
GOMAさんとGOMAさんファミリーを
応援したい気持ちもあり。
ささやかながら。

自分の お金というエネルギーを
どこに循環させたいか? っていうことも
思う今日この頃。なのです。


額装されて届くのは1月終わり〜2月になるそうですが、
届いたらサロンに飾りますので
(たださえアートで埋まった壁の何処に?って感じですが ^ ^;)
皆さんにもお披露目できるかと。
見ながらみんなで瞑想するのもいいな〜☆


緻密で繊細な点描画は、とにかく本物を見るのが一番!

12/26まで新宿高島屋10Fの美術画廊でやってますから
ぜひ行ってみてくださいね〜。

私もまた行きたいくらいです・・・






「13巻は多い…」という方は「鳳凰編」だけでも
ぜひ読んでみて下さい。
生きるとは、決して善悪では計り知れない、
陰と陽は常に一緒に在るのだということが
わかりやすく描かれていると思うし、
いろいろと考えさせられる作品ですよ。