【お知らせ】
5/20(金)夜、寝ている間に受け取っていただける遠隔ゼニスのワクちゃんセット、やります。詳しくはこちら
5/21(土)自由<フリー>で生きる!お話会〜人生1度きり!〜@ZOOM、お申し込み受付中。詳しくはこちら
日々と宇宙の講座 ベーシック第二期、4/24(日)よりスタートしています。詳しくはこちら
日々と宇宙の講座 アドバンス、4/24(日)よりスタートしています。詳しくはこちら
野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.16@梁川(山梨県)、10月頭にもう一度開催できるかもしれません。決まりましたら告知します。
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2022年中に開催予定です(たぶん。笑)。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
6/5(日)〜8(水)大分・阿蘇秘湯巡りリトリートはリクエストで満員御礼となっております。告知はしてませんが、基本はこちらをご参考まで。次回は紅葉の季節に開催予定ですが、既に満員御礼。キャンセル待ち受付中。人数集まるようでしたら、2回に分けてやります♪

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
受講料に関しまして、長年『税込』でやってまいりましたが、2022年より『税別』となりましたのでご了承下さい。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。授業内容について詳しくはこちら

RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2021/12/16

やられたことばかりではなくて, 私もひどいことをしていたのでした。 〜沖縄リトリートのご感想より

 

沖縄リトリートに参加してくれたIR子さんが、
大作のご感想を書いてくれました。☺️
(ありがとう❣️)

リトリート中も、ずっと怖くて仕方がなかった沖縄での過去生を
どんどん思い出していたので、
そのストーリーが中心になってます。

物語自体も面白い!!ですし、過去生が今に与える影響や、
私たちは何度も出会っているってこと、ご縁の不思議や有り難さなど、
皆さんも、読んだらきっと、いろいろ感じるんじゃないかなぁ…✨


萬⼣さん,沖縄リトリートに連れていっていただき,
本当にありがとうございました。 
すんなり⾏くことを決めていましたが,実は,そうでもなかったのです。 
私,実は,沖縄が怖くて,怖くて,
⾜を踏み⼊れることすら、恐怖に思っていたのです。 
ですから,こうやって今,
静かにあの旅を思い出すことが不思議でたまりません。 

沖縄戦の戦場に⾜を踏み⼊れる怖さかとも思っていましたが,
それだけでは ない,悲しみと諦めと途⽅もない暗さを感じていました。 
どんなことが起きても萬⼣さんがついていてくれるから⼤丈夫
と腹をくくり ました。 

沖縄の旅が近づいてくるにつれて,
過去世での経験が怖さにかかわっているような気がしてきました。 

⼀⽇⽬,夜,嵐のようなすさまじい⾵が吹き荒れていました。 
ふと眠りについた夢の中で⻑男が「おかあさ〜ん」と叫ぶ声がしました。
声は 確かに⻑男なのですが,イマイチしっくりしません。 

⼆⽇⽬の⼤⽯林⼭の林の中がとても息苦しくて,頭もぼんやり痛くて,
空が抜 けているところまで急ぎ⾜で向かいました。 
広場のようになっているところで,⽬をつむっていると,
昨⽇の夜の男の⼦の声,そこから 物語があふれ出てきました。


【⼀つ⽬の過去世】 

私は,特殊な能⼒を持つ占い師のような仕事をしている⼥性でした。
王室のお かかえの⽴場でしたが,王様の跡継ぎのことで反感を買い,
追放されました。 
⼦どもを持ってはいけない神聖な⽴場だったので,⼦どもを⼿離して,
逃げることになりました。(この⼦は今の⻑男です。) 
そうなることがわかっていたので,
「しっかりとした⼦に育てなくちゃ」と厳しくしつけをしました。
(これは今世でも同じで,⻑男を早く⾃⽴させようとしていました。) 
⻑男は,⾝分を隠し,親切な⽅に育ててもらい,
苦労しながらも成⻑していきました。 

私は,⼤⽊なガジュマルの⽊の後ろの洞窟に隠れて住んでいました。
実は,おなかに⼦どもがいたのです。
過去に私がお世話をした⽅々が⾷べ物を運んでくれて,
なんとか⽣きていました。
ここで,⼦どもを産みます。(これが今の次男 です。)
⼦どもは産み落とすとすぐに,ある⼈に引き取られ
とても⼤切に育てられました。(この引き取ってくれた⼈が今世の⽗です) 

次男は,ある村で暮らしていましたが,そこの村⻑(むらおさ)や⽼⼈,
⼤⼈の 男の⼈達にとても虐げられて育ちました。
(今世の次男は,なぜか権威ある⼤⼈の男の⼈たちが苦⼿です。) 
村の⼥の⼈たちからは,可愛がられ⼤切にされました。
(これも今世の次男とそっくり) 

あるとき,⾝を隠していた洞窟から外へでた瞬間に,兵⼠に⾒つかり,
逃げました。そこから先は,⾏き⽌まり,先は断崖絶壁の海でした。
そこから⾜を踏み外し,転落したのです。
深い深い緑⾊の海に沈みながら,やっとこれで楽になれると思ったのでした。


【もう⼀つの過去世】 

ある男性と互いにとても愛し合って暮らしていました。
しかし,突然,その男性は姿を消しました。
私は,泣いて泣いて泣き暮らしました。
あまりに泣きすぎ て⽬が⾒えなくなりました。
その時から特殊な能⼒が⾝に付き,その評判を聞きつけた⼈たちが,
列を作るほど仕事は繁盛していました。 

そこで,お客さんとして過去に別れた最愛の⼈がやってきます。
⽴派な役職につき,奥さんや⼦どもたちもいるということが分かり,
私は,世をはかなんでがけから海に⾶び降ります。 

あとから分かったことですが,彼は,⾝分の違いから,
愛し合っても幸せにはなれないと,
遠い所の勤務地を選んで離れていったのだそうです。
その地で奥さんと出会い,⼦どもにも恵まれました。 

不思議なことなのですが,私は,沖縄に⾏く2週間くらい前から,
⽬の調⼦が悪く,市販の⽬薬をさしてもなかなか改善されず,
旅⾏から帰ったら,眼科に⾏こうと決めていたのですが,
帰ったらそんなことを忘れるほど,⽬は普通の状態 でした。


【⼀つ⽬の過去世の前の出来事】 

もう⼀つの過去世がわかったその後で,
⼀つ⽬の過去世の前の出来事がわかりました。 
なんと,私は,⼩さい頃に⺟親に捨てられていたのでした。

とても苦労してや っと⾃分の地位を⼿に⼊れたのに,今度は,
⺟と同じように,⾃分の⼦どもを捨てることになるとは,
その出来事に愕然としました。この⺟は,今の私の⺟です。 
なんだか折り合いが悪いのには,
この過去世が影響しているかもしれません。 

沖縄から帰ってから,
⺟に対しての折り合いの悪さをあまり感じなくなっています。 
私が,やられたことを,⼦どもにしていた。
やられたことばかりではなくて, 私もひどいことをしていたのでした。 

過去世がわかって,より⼀層⼦どもたちが愛おしく思えます。
あの時,⼆⼈とも⼿離したにもかかわらず,
またこの⺟を選んで産まれてきてくれたのです。
も っと,もっと,⼆⼈を⼤事にしていこうと思いました。

あの時,⾜りていなかったことを今世でやり⾜している感じがします。 
そして,⽗への愛から,⺟に嫉妬していたと思っていたのですが,
⺟に捨てら れた寂しさ,怒りが⺟なんか嫌いとなっていたことに気づき,
改めて過去世の影響ってすごいなぁと感じたのでした。


沖縄の旅でも本当によく泣きました。 
沖縄から帰ったあとも ふとしたときに涙があふれることがあります。
そんな時⾃分に⾔ってあげる のです。 

「あんなに悲惨なことがあったのだから,そりゃ,泣けるわ」 

まだ,もうちょっと沖縄での過去世を癒すのに時間がかかると思います。 

「それでも,いいよ」と⾔って
⼼の傷をなかったことにしないようにしようと 思っています。 

今までの私は,泣くことも封印していたから,
泣くことがこんなに⼼地よくて 私に必要だったのですね。


それから 萬⼣さんとの過去世ですが,
私は,修道院時代の過去世が印象にあるのですが, 
萬⼣さんの印象にあるチベットの僧侶の過去世も気になったので,
旅から帰ってから,⾒てきました。 

坊主頭のくりくりっとした可愛い男の⼦です。
萬⼣さんに褒められたくて⼀ ⽣懸命に話かけるところなんか
そのままです。 
やんちゃでいたずら好きな⼦が
萬⼣さんの⾔いつけを守って⼀⽣懸命に修⾏ していました。


それから,斎場御嶽で,萬⼣さんの後ろを歩いていた時,
過去世でもこうやって歩いていたことを思い出しました。

その時,ぬかるみに⾜を取られて「あっ」 と声を出し,
叱られたのでした。
⼤事なお仕事が終わった後で,
「けがをしなくてよかった。気をしっかりもって何事にも臨みなさい」
と注意を受けたのでした。 

迷惑ばかりかけていた私に萬⼣さんはとっても優しくて,
別れがつらかったの をふと思い出しました。


まだまだ,沖縄の過去世はありそうなのですが,とりあえず,
今,わかっていることまでお知らせしました。 

ずっと,萬⼣さん主催のリトリートに参加する⼈は,
「萬⼣さんと親しい⼈」 「私なんかが参加してはおこがましい」
そんなふうに思っていました。
そして, お値段もしますから。でも,お値段以上だと思います。
リトリートだからこその体験ができるし,
参加した⼈にピッタリの旅程と決して無理を強いない
萬⼣さんの深い愛を感じます。 

次は,誰が参加するのかな? 
リトリートでしかできない体験をしに,
ぜひ,参加してみてくださいね。


なんだか最後は宣伝までしていただきまして、😂
ありがとうございます❣️


レポにも書いたけど、
私には、リトリート後半、IR子さんがもはや
チベット僧院の、可愛らしいやんちゃな小坊主にしか
見えなくなっててねぇ、、😂
その話をしたら、後日、ご自身でも見に行ってくれたようで。

たとえストーリーは忘れてても、
残り香のようなものは何かあって、
また関係性は似たようなムードになるのがね、いつも
面白いなぁ〜、と思います。


そして、私もよく被害者意識についてお伝えしてきてますが、
私たちは、やられただけじゃなくて、やってもいる、っていうね…
どうしても、「〜のせいで」ってなりがちだけど、
どっちもやって、中道を知るようになってるんですよね。

他者を許すことは、実は、過去生の自分を許すこと✨
ということが、
彼女の体験からも、しみじみ、伝わったのではないかと思います。☺️


私たちって、自分に都合の悪いことは忘れてしまうんですよ。
都合のいいことは覚えてるのにね。😂

「被害者って立場は、実は気持ちがいいんですよ」
(=つまりは都合がいい)って黒斎さんの話、
昔、ブログにも書きました。

☆「降参のススメ」はこちら


けど、表面的には忘れても、
深いレベルではしっかり覚えているからこそ、
それを投影した誰かにひたすら反応してしまう、っていうね。。


「許せない」って気持ちも、そりゃあ私だって、
それはそれですごくよく分かるのですが。

でも。
許すって、実際、すごい、解放なんですよ。
何より自分が、とらわれた思いから解き放たれる。
許してみるとね、わかります。


あと、眼科に行くつもりだったくらい調子の悪かった目が
過去生を思い出すことで大丈夫になるのもね、
面白いですよね。

私も腰痛で同じ体験をしているので、よくわかりますが、

☆「出雲の前世の自分と話したら、
何をしてもダメだった腰の痛みが消えたお話」はこちら

感情の痛みと肉体の痛みが、時空を超えても関係してることって
ホントにあるんです。☺️


・・・こういうふうに書くと、過去生を思い出せないと
解放されないみたいに聞こえるかもしれませんけど、
そうとは限りません。

今はいろーんな手法がありますし。

過去生だろうが、今生だろうが、
あくまでドラマはドラマ、なのでね。
とらわれるのは、違います。

とはいえ、やっぱり、ドラマって
なんやかんや言って、面白いですけど。
人間の醍醐味❣️ですよね。😆

それに、ここにいる自分が全てでは決してなくて、
いろんな自分が、いろんな体験をしてるってことを知るのは、
多角的に物事を見るのに、大いに役立つとは思います。


さて、2022年のリトリートは、
1月の大分・阿蘇秘湯巡りはもう満席ですが、
リクエストがあれば3月にもやれるのと、
4月にまた沖縄リトリートはやる予定で、残1です。
(告知はしてません。価格は☞こちらを参考まで。)

あとはまた、なりゆきで〜。☺️



☆「沖縄リトリートその1
〜やんばるの癒しの森と大石林山」はこちら

☆「沖縄リトリートその2
〜涙が止まらない二人。そして斎場御嶽」はこちら


☆「人のせい?自分のせい?
〜RASの被害者(加害者)意識の解放のこと」はこちら

☆「『人のせいにしない』に感じる抵抗。の正体」はこちら

☆「ヒプノセラピーの体験談」はこちら