【お知らせ】
6/25(火)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.21@梁川(山梨県)、お申し込み受付中。詳しくはこちら。6/5までに最低催行人数6名集まらない場合は中止。
チャリティ企画:屋久島のなおちゃんと、ZOOMでクジラお話会🐳vol.2、5月中は録画視聴可。お申し込み受付中。詳しくはこちら
ヒマラヤの山奥に暮らす、むっちゃんとのZOOMお話会vol.2、5月中は録画視聴可。お申し込み受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
7/9(火)〜14(日)加計呂麻島&奄美大島リトリート5泊6日は、残1席となっております。詳しくはこちら
現在、五島列島、天草でのリトリートのご希望をいただいております。2名いらっしゃったら日程を決めて、あと1名募集しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
2020年より、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。2023年4月より対面授業も再開しますが、オンラインの方が人数は集まりやすいです。
レベル1を受講希望の方がいらっしゃいます。新規受講者3名以上でオンライン開催決定(4名以上で対面開催も可能)となりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。授業内容について詳しくはこちら

RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2012/06/26

ジル・ボルト・テイラーの「奇跡の脳」


以前のブログで「記憶」について書いたことがありますが、
時々、この世界を認知している自分の脳が正常に作動しなかったら、
自分にとってのこの現実はどう変わってしまうんだろう…
なんて、思うことがあります。

ジル・ボルト・テイラー著「奇跡の脳」は、
それに答えてくれる本でした。


彼女は、統合失調症のお兄さんが、
自分とは全然違った方法で現実をとらえ、
風変わりな行動をとるのを見て、

「たった今、全く同じ体験をしたはずなのに、
どうして私と兄で完全に解釈が違ってしまうのか」、

若い頃から人間の脳に興味を持ち、脳科学者になった方です。


そんな彼女がある日突然、脳卒中で倒れ、
左脳が機能しなくなってしまいます。
その代わり、右脳だけの、
静寂の世界を体験することになるのです。


ヒプノセラピーでは、催眠状態になることで、
普段の私たちをほぼ支配している左脳
(考えたり分析したり判断したりする脳)にお休みしてもらって、
右脳(直観や創造に繋がっている脳)と繋がってもらうわけですが、
とはいえ、もちろん左脳は実際に機能を失ったわけではありません。

完全な右脳だけの世界って、どんなものなのでしょう?
彼女はこんなふうに書いています。

***

左の脳の「やる」意識から
右の脳の「いる」意識へと変わっていったのです。
小さく孤立した感じから、大きく拡がる感じのものへと
わたしの意識は変身しました。
言葉で考えるのをやめ、この瞬間に起きていることを
映像として写し取るのです。
過去や未来に想像を巡らすことはできません。
なぜならば、それに必要な細胞は能力を失っていたから。
わたしが知覚できる全てのものは、今、ここにあるもの。
それは、とっても美しい。

「自分であること」は変化しました。
周囲と自分を隔てる境界を持つ固体のような存在としては、
自己を認識できません。
ようするに、もっとも基本的なレベルで、
自分が流体のように感じるのです。
もちろん、わたしは流れている!
わたしたちのまわりの、わたしたちの近くの、
わたしたちのなかの、そしてわたしたちのあいだの全てのものは、
空間の中で振動する原子と分子からできているわけですから。
言語中枢のなかにある自我の中枢は、自己を個々の、
そして固体のようなものとして定義したがりますが、
自分が何兆個もの細胞や何十キロもの水でできていることは、
からだが知っているのです。
つまるところ、わたしたちの全ては、
常に流動している存在なのです。

左脳は自分自身を、
他から分離された固体として認知するように訓練されています。
今ではその堅苦しい回路から解放され、わたしの右脳は
永遠の流れへの結びつきを楽しんでいました。
もう孤独でもなく、淋しくもない。
魂は宇宙と同じように大きく、
そして無限の海のなかで歓喜に心を躍らせていました。

***


私たちがこの現実世界で生きていくためには、
左脳の機能は欠かせないものですが、
こんな右脳の世界も魅力的ですよね。

「今この瞬間を生きなさい」とはよく言われますが、
右脳が得意とすることなのが、この文章からよく分かります。
だから、人は瞑想をするんですね。


先のテイラー博士の演説映像を見ると、
この本の概要は掴めると思いますが、

8年間のリハビリを経て復活した彼女の本を読むと、
脳についての勉強になるだけでなく、

科学者の目を通して見た認知能力が衰えていく過程、
右脳の意識への旅、意識的に右脳と繋がる方法、
そして脳障害を抱える方が回復するために必要なことまで、
知ることができます。

私たちが普段当たり前だと思っている、自分の身体のこと、
ちょっと見直してみませんか?

今この瞬間も活動している、自分を形作っている50兆もの細胞に、
感謝せずにはいられなくなりますよ。☺️