information


【お知らせ】
12/16(日)セルフケア&親子で出来るストレスケア講座vol.21@代々木上原、お申し込み受付中。詳しくはこちら
12月1月限定☆新しい意識へのシフトをサポートするための遠隔ゼニス、やります!詳しくはこちら

【リトリート】
1/4(金)5(土)新春☆体験ヒプノ会vol.4〜ご縁の杜で合宿篇、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/07/03

「このままじゃいけない」と思う必要はありません


このお仕事をしていると、
よく「私の使命・目的は何ですか?」と聞かれます。

それで以前「使命・目的は何よりもまず、自分自身を生きること!」ってブログを書きました。繰り返しになりますが、またもや書こうと思います。

もちろん「使命・目的」を人に聞くことが悪いわけではありません。
良い悪いの話ではないですからね〜。
ただ、他者から言われた「使命・目的」に縛られちゃうかもしれないので、
そこは要注意で、、、と思うのです。


「使命・目的が知りたい」

そう思う時というのは、大抵の場合、
今という現状に満足がいっていません。

現状に満足している人は、わざわざ
「使命・目的は何だろう?」とはあまり思わないものです。
「このままでいい」ですからね。


「このままじゃいけない」
「何かしなくては」

人はそういう思いから
「使命・目的を知って、それにそって行動しよう」と思考します。


それがダメだという話ではありません。
何でも、やってみて、どう感じるか。
自分で体験してみるのが一番。
何を体験するのも自由ですからね。
単に選択であって、間違いはありません。


ただ、自分の内から純粋に湧き出てきた「やりたいこと」ではなく
他者から言われた「使命・目的」というのは、
「〜ねばならない」になりやすいので、
そうなってしまうと、
結局どこかでまた葛藤することになるかもよ…?とは思います。


動機=結果になりますので、
「〜ねばならない」で始めたものは、
次なる「〜ねばならない」を生んでしまうもの。なのです。


とはいえ葛藤は、気づきのきっかけを与えてくれるもの。
全くもって悪いことではありませんので、
それはそれでOK。
さんざんやり尽くしてやっと気づく。。
その方が腑に落ちるのが早い人もいますしね。
プロセスは、人それぞれ。何でもアリ!です。


なので、
これはあくまで私のオススメでしかないですが、

「このままじゃいけない」
「何かしなくては」
という思いが湧いてきたなら、

「どうしたらいいだろう?」→「使命・目的を知らなくちゃ!」
とする代わりに、

「私はなぜこのままじゃいけないと思っているのだろう?」
「私はなぜ何かしないといけないと思っているのだろう?」
と考えてみて下さい。
自分の内側へ、内側へ、意識を向けてみるんです。

これは頭で考えるというより、
問いかけて、内側から答えが湧き上るのを待つ感じ。


「どうしたらいいか?」を考えることは
外側(人や環境)への対処です。

もちろん、ほとんどの人は、そっちを考えます。
いつも、外側を何とかしようとします。
それがみんなにとって当たり前だから。
当たり前のことは、疑ってみようともしません。


でも「内側が、外側に現れる」
これが真理です。

自分が自分に向けている思いや考えが
外側に現象として現れます。

だから、現象を変えたいなら
内側を見ていってあげた方が早い。


(信じる信じないは自由ですよ〜。
私は、自分の人生で実験してみて、
真理だな、と思っているだけですので。。
皆さんも、自分の人生で実験してみて、
受け入れるか入れないか、決めてみて下さいね。)


「このままじゃいけない」の裏には、大抵、
「何かしないと価値がない」という自己否定の感情が隠れています。


「だって、何もしなかったら生きてる価値ないじゃない!」
と思いますか?
ムカっとしました?
もし何らかの感情が動いたなら、
そういう価値判断を持っている、ってことになりまーす。


本当は、何もしなくても、価値はあります。
でなければ、ここに存在すら、してません。

「いやいやいや…」って思いますか?
「何かしないと価値がないに決まってる!」と?
まあ、思うか。(笑)

でも、
そう信じ込まされてきただけだとは、思えませんか?

これは、ほとんどの人がそう思っているでしょうし、
=集合意識として持っているものなので、確かに強力ですけどねぇ。


人はすぐに「みんなそうだから」という言い訳を使いたがりますし。
自分に本当に必要な価値観かどうか?
は、ほとんどの人が、考えもしません。
当たり前のこと、常識とされていること、ほど。
でも本当は、そういうことほど、疑ってみる必要があるんですよ〜。
徹底的に。


でもねぇ、
未消化の感情が伴うと、「だって」「でも」ってなって
結局そこを疑うことも難しいんですよね。


だから

すべての人に共通した「使命・目的」のひとつは
(ブログにもさんざん書いたし、しつこいですけど。。笑)
まずは未消化の感情を消化すること!」なのです。


日常の中で、
自分が何に反応しているか?=感情
を見つけては、丁寧に消化していってあげること。
それが最優先事項!


そして、なぜそういう感情になるのか?
そこには必ずあなたの価値判断・信念・信じ込み・枠が
作用してますから、それをじっくり見てあげます。
自分を観察して下さい。
見つけたら、それが本当に自分に必要か?よくよく考えて
必要なければ手放します。
手放すと決めればいい。


未消化の感情があると、
この、観察がなかなか上手くできないのでねぇ…
手放しも、難しいのでねぇ…
だからまずはとにかく消化から、なのです。


人のことなら、(当たり前だけど)客観的に見られるでしょう?
人のことなら、感情(痛み)を伴わずに、
事実をそのまま見ることがしやすいからです。
感情は、事実にどんどん意味づけしちゃいますからねぇ。


こないだ、セルフケア講座の中で
「感情を消化していったら、自分がなくなりそうで、、
どうなっちゃうんだろう?とも思う」
って話になったのですが、、、

自分は、なくなりません!
エゴ(自我)は静かになるけど。(笑)
エゴは自分の一部に過ぎませんから。
魂(個性・本質)は、最初から完璧な状態で、在ります。
そこは、誰も、変えることも傷つけることもできません。
そこに戻ってくだけ。
だから安心して、感情、感じきりましょう!


感情を消化していってあげれば、ちゃんと
次なる「使命・目的」が顔を出しますよ。
自然と。
それは、探し求めるものではないよ〜!
って、私のソウルは申しております。(笑)

まあ、「使命・目的」って言葉も
そもそもちょっと違うんだけどね。
いいんです、そんなの、あってもなくても。
本当は。
あるっちゃあるし、ないっちゃない。
そういうのも、エゴ(自我)が好きなだけですから。


私も、メルマガやブログに書いたように、
あらゆる前世のも含めて、深いとこの感情を絶賛消化中。
そしてあらゆる観念を、絶賛手放し中。

「このままじゃいけない」なんて思ってなかったですけど、
もー、そうするしかなくなったから、ひたすらやるのみ。
そうやってねぇ、
時がきたら、嫌でも動くことになりますんで、
別に無理に何かしようとしなくてもいいのですよ。

去年「信じていた自分を疑って失った先に顔を出したもの」ってブログを書いたけど、自分だと思い込んでたもの、まだまだ残ってたのを破壊中ですわ〜。
破壊なくして再生なし!
今度のハワイ・リトリートのテーマだ。笑)
とはいえ、せっかく私のエゴ(自我)が築き上げてくれたものですんで、
感謝しつつ、丁寧に、破壊してゆきまする。。


つくづくねぇ、思うのですよ。
この3次元、物質世界は「体験するため」の世界だと。
何でも、ね。
「いい体験」「いやな体験」って分けてるのは
エゴ(自我)だから。
魂は、意識の拡大のためなら、何でも体験したいんだなぁ…

あえて言うなら
「体験すること」が人間として地球に生まれた
私たちの究極の「使命・目的」なんですねぇ…

やれやれ。堪忍するしかないわ。(by 私のエゴ)


私たちは何もしてなくても
日々いろんな感情が動くでしょう?
感情を「体験してる」でしょう?
だから、存在するだけで、「使命・目的」は果たされているのです。



☆感情の適切な扱い方、消化の仕方を知りたい方は

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら

【参考になりそうな過去ブログ】
☆「ジャッジって、何ですか?
☆「何が自分にとっての幸せか?
☆「相反するもの?
☆「ジャッジって何?委ねるって何?を理解するためのヒント
☆「変容vs不快感
☆「がんばらない、を自分に許してみる
☆「がんばったからといって報われるとは限らない
☆「それでも問題は問題なのだ〜と思ってしまう方へ
☆「今この瞬間に幸せを感じてみる
☆「バシャールの創造の法則
☆「マザー・テレサの最期 〜真逆の自分もハグする
☆「ソレはアナタが言わせてる
☆「感情と自分を切り離す
☆「自己犠牲は、誰も幸せにしない
☆「覚悟は、できているか?
☆「長所も短所もない。
☆「なぜ私がこんな目に?と思っている方へ
☆「頭で理解することと、体験して腑に落とすこと
☆「お前ら一回マスク取れ。
☆「「変れない」と落ち込むより「変わらなくてもいい」を許してみよう