【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
12/8(日)音と色と香りのワークvol.4@代々木上原、お申し込み受付中。詳しくはこちら
12/16(月)小さなお茶会vol.53@代々木上原〜自傷行為がやめられない、もしくは過去に経験のある方限定、残2席となっております。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル1授業、来年1月に開催予定ですので、ご希望の方はメールくださいね。今なら日程調整可能です。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2017/10/22

おとの雫 in カウアイ その2〜ヒンドゥー寺院と洞窟とケーエー・ビーチ


9/18(月)2日目

朝食は7時集合にしてたのですが、
一応初日なので、みんながどうしたいか分からず、
8人座れるテーブルを取っておいたんですね。

そしたら早速面白いことが。

時間通りに来たのはA型チーム。だけ。(笑)
ちょっと遅れてB型チームが。でも
「私たち、あっちの席で食べますね〜」と。(笑)
で、O型チームが全然来ない。(笑)
別に出発時間さえ守ってもらえればいいのですが、
30分経っても現れないので、ちょっと心配になって
電話してみようとフロントに行ったら、、
現れました!(笑)

血液型なんて、ただの枠でしかないけど、
なーんか現象が分かりやすくて、オモロイ朝でしたっ。
そして
明日からは自由にしよっと思いました。(笑)


こんなところで↑、ビュッフェ。
 なんでもあって、なんでも美味しい。

9:00から儀式が始まるので、
それに間に合うようにヒンドゥー寺院へ出発!


9:00ちょっと前に着いたら、
まだ門は開いておらず、たくさん人が並んでいました。
みんな儀式に参加するのかな?と思いましたら、
ほとんどが、ツアーに参加される方達だったようで。
(事前予約で広〜い寺院内を案内してもらえるツアーがあるのです)

入り口では、こんな素敵に飾られたガネーシャ像が
出迎えてくれます。^ ^
なんか、喋り出しそうな雰囲気なの。
まずはガネーシャさんにご挨拶してから、中へ。


Kadavul Temple カダヴル寺院内は撮影禁止なのですが、
(ヒンドゥー寺院は総称で、中には2つの寺院があります。
もう一つのIraivan Templeは建設中。)
その手前にあるアンダラ(アネラ?)クリスタルが、
これまた素晴らしく美しいのです。
写真でも「美しいなぁ」と思っていましたが、
本物はまた吸い寄せられるといいますか、、感動しますよ。

寺院に入ると、過去世の記憶からでしょうね、
涙が止まらない方たちも。。。
来れてよかったねぇ。。


カダヴル寺院内には、高さ1メートルほどもある、
アーカンソー州から運ばれた「アースキーパー」と
呼ばれる大きなクリスタルが祀られています。
(一部ガイドブック等にはアリゾナ州と書かれているのですが
下記の現地の案内では↓アーカンソー州と書かれていました。)

ここではシヴァ神の化身ともされていて、
地球の波動と共鳴し、人類の進化を助け、
バランスを保つ力を活性化するとされ、
とても大切にされているのが伝わって来ました。

「アースキーパー」は地球上に12体存在し、
今、その大事な役割のために次々と地表に現れてきているとか。


お昼まで3時間ほど続く読経と祈りの儀式は、
私は全く飽きず・・・いつまでもいられる空間でした。
まさに愛と平和。レムリアの波動が息づく場所です。


ここでは2時間ほど各自自由に過ごしました。
2時間もあっという間で、
私はここなら一日中過ごせちゃうなぁ〜。。


この景色も、
なんでか懐かしい・・・


アースキーパーに、なんで今回のメンバーは
綺麗に血液型がわかれてるの?って聞いてみたら
「多様性の中の調和」って返って来ました。
それが分かりやすく提示されてるみたいね。


個性はみんなそれぞれで、
それでよくて、
お互いがお互いの個性を尊重しながら
調和していく・・・ってことを
体感する旅になるのでしょう。
実際、そうでした。^ ^


大きなバニヤンツリー(ベンガルボダイジュ。菩提樹の一種)
に囲まれた瞑想の森もあって
真ん中には、シヴァの息子で、6つの顔を持つ
Lord Shanmuga がいらっしゃいます。
(日本人の中には『ガヤトリー女神』と思っている方もいるようですが、
ガヤトリーは5つの顔で、また違う神様です。ややこしいですけどね^ ^; )


ここも、いつまでもいられる空間です。
なかなか様になってるでしょ?(笑)


自由時間の後に合流し、
人の邪魔にならなそうな場所で、
少しだけ、chacoさんにクリスタルボウルを演奏してもらいました。

きっとその振動は、アースキーパーにもアンダラにも
共鳴したことでしょう。

歓迎の合図かのように気持ちのいい風が抜けていって、
贅沢な時間でした。


お土産屋さんをのぞいたら、
ヒンドゥー寺院内の菩提樹の実を使ったブレスレットが売られていて、
私はあまりそういうのはしないのですが、
今回ばかりは欲しくなってつい買ってしまいました♡

ここのヴォルテックスのエネルギーの中で育った実を
身につけられるっていうのは、、
私にとってはなんとも心踊ったので。^ ^


Rudraksha ルドラークシャ(菩提樹の実)について書かれた看板↑

インドやネパール、チベットなんかを旅していると
よくルドラークシャのネックレスやブレスレットをした人たちを見かけます。
マントラを唱える時の数珠としても使われてますしね。

ルドラークシャには「シヴァ神の涙」の意味もあって
昔から神聖なものとされ、
もともと霊性の向上を目指す修行者たちが身につけていたもの
なのだそうです。



ヒンドゥー寺院の後は
途中のOpaeka's falls をちょっと見て


地元の人で賑わうPono Marketで
ランチ用に美味しいデリをテイクアウト。
いまいちシステムが把握できず、戸惑う我ら観光客・・・^ ^;
ケーエー・ビーチまでは1時間くらいかかるので、
車内で食べつつ、向かいます。


「アイス食べたい!」のリクエストにお応えして、
途中でLappert'sにも寄り道。
美味しかったけど、かなりのボリューム!


食いしん坊の私たちを
首を傾げて見つめるカラフルなかわいい鳥さん。
(クリックしてアップにして見てね♡)


ドライ・ケーブのマニニ・ホロ洞窟にも寄りました。
小さく人が見えるかと思うんですが、
かーなり奥行きがあります。


メネフネが、ここに獲れた魚を保存してたところ、
魔力を持つ悪霊アクアが度々盗んで食べてしまったため、
悪さをしないようにこの洞窟に埋めてしまったとか。

そのせいか、あんまり心地いい場所ではありませんでした。


ココナツジュースも売ってましたよん。


こんな感じで、おじちゃんがその場で割ってくれます。


さらに先に進んだところにある
ワイカパラエ洞窟(ウェット・ケーブ)にも寄りました。
こちらは青い水を湛えていて、神秘的。


奥のところがまるで壁画か彫刻のようで、
あれ、キリストと天使に見えない?
王様に見えない?女神に見えない?
・・・と盛り上がってしまいました。
なんか、昔行った伊良部島の鍋底を思い出したなぁ〜。


ケーエー・ビーチに着いたら、
森とフラの女神ラカを祀っているという
カ・ウル・オ・ラカ・ヘイアウ探し。

これが、、なかなか見つからなかった!


道があったので、どんどん行ってみたら、
途中で道なき道になっていき、、
ヘイアウじゃなくて、こんなプライベート・ビーチに
たどり着いちゃったり、、、


でもグリーンとオレンジの変わったオーヴが
写ってる。


スタート地点に戻って、
「こっちかなぁ?」と登ってみたところは
眺めは素晴らしかったけど、また違ったり。


でもねぇ・・・帰りに、なんとうっすらと虹が!!!
これを見るために、登ったんだねぇ!って、
も〜〜、一同感動☆☆☆
一気にテンションUP⤴️⤴️⤴️


なかなかの山道でしたが、
虹のおかげで心は軽かった。
神様の祝福✨を感じますからね〜。^ ^


ここで、もうサンセットも近くなってきたので、
諦めてビーチへ行く組と、
「もしかしたらこっちかも・・・」と思われる道を行ってみる組に
別れることに。

私は「たぶんもう、ここしかないよね」と3人で道を行きました。

で!
今度こそありました!
カ・ウル・オ・ラカ・ヘイアウ!!

うぬぅ。これは、、たどり着けない。。
ある理由があって。。(でも理由はここには書きません)

ここでも、グリーンとオレンジのオーヴが。。


目の前は海が広がっています。
開けた、気持ちのいいヘイアウ。

ここからの眺めも良かったですが、
日が暮れたら真っ暗で足元が危険なので、
明るいうちに戻ることに。


ケーエー・ビーチは夕日が美しいことでも有名なのですが
実際、ホントに美しかったです。


美しい夕景の中、泳ぐ4人のシルエット。


楽しそうなのが伝わるでしょ?(笑)
昨日会ったばっかりなんですけどね。
(この物理次元では。笑)

リトリートで出会うって、もうソウルメイト✨だから、
魂としては再会!なんですよね〜。


すっかりお腹も空いたので、
ハナレイにある老舗レストランTahiti Nuiへ。
映画「ファミリー・ツリー」のロケ地だそうで、混んでました。


みんなでする旅のいい点は、
いろんなおいしいモノをちょっとずつ食べられる!
ってとこにもあるのだ〜っ。


ピザなんて、こーんなに、デカイっ!


変顔がサマになってる手前の人々・・・(笑)

ふざけてばかりいるわけではなく、
ちゃんと1日を振り返ってのシェアもしましたよん。
車内では、真面目な話もしてますよん。ふふ。


また1時間ほど車を走らせ、
ホテルのミネラルウォーターは高いので、
スーパーSafewayで水とか買い込んで、ホテルへ。

本日も濃ーい1日が、無事に終了しました!
お疲れぃ!



2017年のカウアイ島&マウイ島の旅
☆おとの雫 in カウアイ その1
〜ホロホロクー・ヘイアウとポリアフ・ヘイアウはこちら
☆おとの雫 in カウアイ その3
〜ワイメア渓谷と、もうすでに満たされたカウアイ最後の夜はこちら
☆おとの雫 in カウアイ その4
〜朝日の中のクリスタルボウルと再びのヒンドゥー寺院はこちら
☆おとの雫 in マウイ その1
〜ハレアカラ山のご来光と虹祭と奇跡のイアオ渓谷はこちら
☆おとの雫 in マウイ その2
〜カフナのレイオフさんの秋分の集いとドラゴンティースでラビリンスはこちら

☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2017年のセドナの旅
☆参加者の皆さんのご感想はこちら
☆おとの雫 in セドナ その1
〜マスターMaxのクンルンネイゴンを受ける!はこちら
☆おとの雫 in セドナ その2
〜ベルロックとホーリークロス教会はこちら
☆おとの雫 in セドナ その3
〜ボイントンキャニオンとレッドロッククロッシングはこちら
☆おとの雫 in セドナ その4
〜エアポートメサでの日の出とカセドラルロックはこちら
☆おとの雫 in セドナ その5
〜グランドキャニオンと起きたあれやこれやはこちら
☆おとの雫 in セドナ その6
〜阿弥陀ストゥーパと満月にエアポートメサはこちら


2016年のシャスタの旅
☆参加者の皆さんのご感想はこちら
☆おとの雫 in シャスタ その1
〜プルート・ケイブスと満月のスウェット・ロッジはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その2
〜ミネラルいっぱいの温泉とヘッジ・クリーク・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その3
〜キャッスルレイクとハートレイクにファーマーズ・マーケット、そしてシャスタ山からの夕景はこちら
☆おとの雫 in シャスタ その4
〜シャスタ山の奥の天国へ。サウスゲートへのトレッキングはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その5
〜早朝のアッパーパンサーメドウズとモスブレー・フォールズはこちら


chacoさんのクリスタルボウルのCDはこちら
 ↓