【お知らせ】
ゼニスオメガヒーリングのプラクティショナー養成講座、9/1から受講料が上がります。詳しくはこちら
6/23(日)紅海のイルカたちとの日々と、受け取ったもの🐬ZOOMお話会(録画視聴可)、お申し込み受付中。詳しくはこちら
6/25(火)野草入り酵素作り&ピラミッドでヒプノvol.21@梁川(山梨県)、開催決定しました。6/21お申し込み〆切。詳しくはこちら
7/19(金)に日帰りドライブリトリートvol.13〜感動の桃フラッペ&源泉掛け流し温泉♪は、告知してませんが満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。参考までに去年のレポはこちら

【リトリート】
7/9(火)〜14(日)加計呂麻島&奄美大島リトリート5泊6日は、残1席となっております。詳しくはこちら
現在、五島列島、天草でのリトリートのご希望をいただいております。2名いらっしゃったら日程を決めて、あと1名募集しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
2020年より、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。2023年4月より対面授業も再開しますが、オンラインの方が人数は集まりやすいです。
レベル1を受講希望の方がいらっしゃいます。新規受講者3名以上でオンライン開催決定(4名以上で対面開催も可能)となりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。授業内容について詳しくはこちら

RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2016/08/05

がんばったからといって報われるとは限らない


先日ブログ「クレイジー、万歳!!」の中で「クレイジー・ジャーニー」という番組が好きだと書きましたが、今週はなんと、会ったことのある方がゲストでした。

プロフリーダイバーの篠宮龍三さん。

7年ほど前、友達に「『篠宮龍三くんを囲む会』があるから一緒に行かない?」と言われ、誘われるまま、彼のことを何も知らないままに、ご飯会に参加したんですよねぇ。。
私も30代までは、当時の仕事柄もあって、何かと週に1度以上はそういった会やパーティー的なものにも顔を出していたのです。

フリーダイバーというと真っ先に浮かぶのは
名作映画「グラン・ブルー」のモデルになった
ジャック・マイヨールでしょう。
ほとんどの人にとって。
私もそうでした。

フリーダイバーの何がすごいって、
息を止める長さだけじゃあないんですよ。

海は深くなればなるほど、水圧がすごいわけなので、
例えば水深115mの場合、肺に地上の12.5倍の圧力がかかってくるそうです。
サッカーボール沈めたら、ぺしゃんこですよ。
そことの戦いもある、まさに命がけ。

酸素ボンベを背負っても40mが限界な中、
篠宮さんは水深115mに素潜りでたどり着いた、世界で8人のうちの一人。
そんなすごい人だと分かって会っていたならねぇ、、
もっといろいろ質問したかったぞ。


「クレイジー・ジャーニー」でしていた彼の話も面白かったです。

脳が一番酸素を消費するので、
とにかく「考えないようにする」ことも、深く潜るには必須なんですね。


無になろうと思うじゃないですか。
 でも無になろうと思っているのは、無になれてないってことですよね。

メンタルでメンタルは抑えられないですね。
メンタルに対して動作とかルーティンワークからアプローチして
無心に持っていくことは可能なんじゃないかなと思いますね。
例えば足ヒレを履くときとかウエットスーツを履く時とかは
右手や右足からつけるようにしてますね。
練習の時から全く一緒です。
全く同じ動作と試合と同じオーガニゼーションでやっていく訳ですよね。


練習でも試合でも同じ動作と行動をルーティン化していくことで、
自分自身の中での「特別感」を排除して「無」の状態へ近づけているっていう・・・

「メンタルでメンタルは抑えられない」
って言葉が、印象的でした。
体を使っちゃった方が、早かったりするんですよねぇ。。
特に頭ばっかり、思考ばっかりになってる時ね。


ジャック・マイヨールも、よく潜る前に坐禅を組んで精神統一していたそうです。
篠宮さんも、この「無」の状態を得るために、ヨガや瞑想をしているんですね。
ジャック・マイヨールが日本の禅の文化にすごく魅かれてるのを思い出して、禅に関する本もたくさん読んでみたのだそうです。

ある本の中に『因果一如』って言葉があったんですね。
 『因果応報』『因果因縁』というじゃないですか、
でも禅では『因果一如』。
普通、原因があって結果があるって考えるじゃないですか。 
いいことしたらいいことが起きるよ、
悪いことしたら悪いことが待ってるよ、って考えますよね。
禅ではそうではなくて、
がんばったからといって報われるとは限らないよ、っていうふうに言うんですよね。 
がんばったからといって先に大きな成果を期待するなっていう。 
その言葉を知った時に、なんてすごい自分は『これだけがんばったんだから結果を出せるはずだ』とかね、やらしい奴だなあと思ったんですね


がんばったからといって報われるとは限らない、
っていう経験、
皆さんもきっとしたことありますよね?

だからって、がんばっても無駄だっていうわけじゃない。
ただ、結果にばかり執着するな、ってことですね。

白隠禅師は原因と結果を区別してはいけない、と説きました。
因果一如=原因と結果は同じもの、ということです。

因果一如という言葉は、因果の法則を否定するような言葉ですが、
原因と結果を区別しすぎるあまりに結果に執着してしまう時、
もしくは原因にばかりフォーカスしてしまう時にも、
バランスをもたらしてくれる言葉じゃないかと思います。

結果がすべてじゃない、
プロセスだって大事だよ、ってことですね。

すると、
結果という未来にばかりいってた意識が
今に戻ってくる。
原因という過去にばかりいってた意識も
今に戻ってくる。

原因にも結果にもしばられていない状態。

私は禅語に詳しくはありませんが、
今ここ、に意識が在ることが大切だよ、と言ってるように感じました。

転じて、今を楽しめ!
私の勝手な超訳。(笑)


あまり知らなかったフリー・ダイビングの世界。
未知の世界って、面白いですよね。
「クレイジー・ジャーニー」を見る度に、
まだまだこの世界には、未知の世界があるなぁ〜!って思います。