【お知らせ】
3/14(土)瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、開催延期とさせていただきます。詳しくはこちら
3/22(日)&29(日)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」合唱WS vol.8 &9、お申し込み受付中。詳しくはこちら
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
また、2020年度よりファシリ講座は『セッションの提供をなさる意欲がある方』が受講条件となりました。そうでない場合は、解放コースをご検討ください。
講座内容について、詳しくはこちら

【リトリート】
3/1(日)〜2(月)中島デコさんのブラウンズフィールド(千葉県いすみ市)で、ゆったり過ごすリトリート1泊2日、お申し込み受付終了しました。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
レベル1授業、3/15(日)13:00-19:00、3/17(火)10:00-17:00の2日間で開催します。あと1名受付可能です。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2013/04/16

内側に答えを探す




みなさんはEテレの「スーパープレゼンテーション」という番組をご存知ですか?
アメリカのプレゼンイベント「TEDカンファレンス」を通して教養を深めながら英語も学ぼう、という番組で、私はもともとTEDが好きなのでよく見ています。さまざまなポジティブな可能性とアイデアを提供してくれるので、見る度にエネルギーをもらえますよ。

TEDは、価値のあるアイデアを世の中に広めることを目的とするアメリカの非営利団体。文化・芸術・科学・ITなどあらゆる分野における最先端の人々が集まり、現在は年に一度のロングビーチでの大会を中心に世界中で活動していますが、そのサイトもオススメで、無料で面白いプレゼンテーション動画をたくさん見ることができますよ。全てに日本語訳があるわけではないですが…。以前ブログで紹介した、脳科学者ジル・ボルト・テイラーの動画もここから持って来たものです。

今回ここに↑紹介したのは、バンカー・ロイの「『裸足の学校』から学べること」というプレゼン。彼はインドのラジャスタンに学校を設立し、大半は読み書きもできない、貧しい地元の人々を訓練して、太陽光発電の技術者や職人、歯科医や医者にしていきます。優秀なプロを外からひっぱってくるのではなくて、地元のことは地元のプロで解決しようじゃないか、という考え方。そこには、どんな人でも何かのプロで、お互いに学び合う姿勢が大切なのだ、という平等な思想があります。

彼は言います。
「解決策を外側に探す必要はないのです。内側に探して下さい。身近な人々に聞いて下さい。」

深い言葉ですよねぇ。
これはなにも、この学校に限った話ではありません。
私たちは普段、何か問題が起こったとき、悩んだとき、大抵の場合、外側に答えを求めて、本を読んだり、人に相談したり、旅に出たりします。
でも、本当はその答えは自分の内側にあったりします。
だから、自分に聞いて下さい。
内側の、本来の自分に。

とはいっても、考え過ぎがクセになると、思考(エゴ)が邪魔してなかなかたどり着けないもの。そんな時のために、瞑想やオーラソーマヒプノセラピーってものが、あります。どれもインナー・ジャーニー(内なる旅)のためのツールです。何も外に出て行くことだけが、旅じゃありません。ま、さんざん外を旅して来た私が言うのも何ですが。(笑)でも、内なる旅も、外を旅する以上に、深くて面白いのは確かですよ。




そしてこちら↑は神経科学者のボー・ロットと、教え子で12歳のエイミーのプレゼン「みんなの科学(子供も含む)」。
しょっぱなから、私たちの知覚がいかに経験に依存しているか、いかに脳が無意味な情報に意味を見いだしているのか、つまり現実を見ずに過去に役に立ったことだけを見ているのか、を分かりやすく示してくれます。

そう、私たちは「物事のありのまま」を見ることがほとんどありません。
無意識に自分のフィルター(エゴとも言えます)を通しています。
そのせいで迷ったり悩んだりすることがほとんどだということに、気づけていますか? 当たり前だと思い込んでいることにこそ意識的になるべきだ、ということにも、このプレゼンは気づかせてくれます。

「経験から判断し、行動する。
でも経験に依存するなら人間は同じことを繰り返すだけ。
これは大問題。それじゃ新しい見方ができない。
じゃあ、見方を変えるにはどうする?
新しい見方は必ず疑問を持つことから始まり
そこから不確定要素が生じる。
未知=恐怖
でも新しいことをするにはそこに踏み込まないと。
で、その立ち向かい方というのは『遊び』であり
それは『方法』というより『生き方』だと専門家は言います。
遊びは不確定要素が好まれる数少ない営みのひとつです。」

ボーの遊び心を持った科学者という生き方には、拍手!
エイミーの好奇心と希望に満ちたキラキラ輝く目にも、拍手!
私たちも、不確定要素を恐れずに、遊び心を持って生きたいものです。

こんなふうに、この番組には生きるヒントが盛りだくさん。
見たことのない方は、一度見てみて下さい。
英語のヒアリングや言い回しの勉強にも、なりますよ。