information


【お知らせ】
12/16(日)セルフケア&親子で出来るストレスケア講座vol.21@代々木上原、お申し込み受付中。詳しくはこちら
12月1月限定☆新しい意識へのシフトをサポートするための遠隔ゼニス、やります!詳しくはこちら

【リトリート】
1/4(金)5(土)新春☆体験ヒプノ会vol.4〜ご縁の杜で合宿篇、お申し込み受付中。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2016/12/31

Kan.さんの「山教回帰 里行還穹」に参加して

今回も私のエネルギー、書いていただきました。

先にメルマガでは紹介させていただきましたが、
11月に参加したKan.さんのエソテリック・ティーチング「山教回帰 里行還穹」の中から、シェアしても差し支えなさそうな雑談の部分について、書かせていただきますね。

といっても、録音していたわけではもちろんなく、メモしていた中から書き起こしてますので、Kan.さんの言葉そのまんまではありません。私の解釈が入ってますので、予めご了承のほど〜。

まずは、メルマガにも書いたことから。


みんなすぐ、「どうすればいいんですか?」
って 聞くよねぇ〜、って、
うんざりモードで話し出したKan.さんが、
今回特に私には面白かったですねぇ。(笑)
こういうお仕事してると、私もよく聞かれますから。


 「こうすればどうにかなる、は人生にはないから!」 

「『どうにもならない』が絶対的な真実だからね。 
歴史を眺めてみれば分かるでしょ? 
『どうにもならない』が大前提。成せないんですよ。 
何か成そうと思うなよ、ってことです。」 


 「成せない」と知った時の無力感をどう思うか?
自分のどこからそれが生まれてくるのか?
それは自分で「できない」と思った時しか湧き出てこない、
それと向き合うことが大事だって、おっしゃってましたね。 

「成す」こと、ではなくて
「成す」ということに対して取り組むこと、に本当に意味がある、

できない無力感を置いといて、
成そうとすることでそれをごまかすのはダメでしょ、と。


成そうとすること=無力感のごまかし 

になっちゃってること、
結構ありますよねぇ。
気づかずにそうしてることも、多いのではないかと。

自分のどこからその無力感が生まれているのかを
ちゃんと見ていってあげると、
結局、未消化の感情に行き着く…
私は、そう思っています。
(だからこそ、こういう仕事をして、
感情の消化のお手伝いもしているわけですが。)

そこから、自分の思い込み、信じ込み、制限、固定観念、信念、枠、、言葉は何でもいいんですけど、そういうものができあがっている、ということに気づいて、それを外していってあげること。

そうすると、
別に何も成す必要なんてないんだ、
ってことに気づくと思います。

何も、自分の存在を証明する必要なんて、ないんです。
宇宙には。


「人より優れようとするなんて、宇宙からすると 
わけが分からない動機ですからね。」 

「こうしなきゃいけない!なんてことは、 
宇宙には何もない。」 

「がんばろうが、がんばるまいが、自由。」 

「この世界でやってることを自分が所有できるなんて思うな。」 

「もっとヘラヘラしてればいいんですよ。 
あらゆることがそう。」 


Kan.さん節、炸裂。( ´艸`)
いやでも、いちいち同感ですよ。
私はまだ、所有したいって思ってるとこも残ってますけどね。(笑)
でも意味ないってことも、分かります。


「どうにもならない」なら、なんで
ヒーリングとかセラピーとかやってるんですか?
って聞かれそうですけど、
なんででしょうねぇ・・・ 


地球で人間として生きること自体、
大いなる矛盾みたいなもんですからねぇ。 


ここで言う「どうにもならない」を受け入れるのって、
いわゆる<あきらめ>じゃなくて<委ねる>なんですよ。 


<委ねる>前には葛藤を越えないといけないんで、
(=未消化の感情の消化)
それをお手伝いしたいのよねぇ、、って感じです。
越えるの、フツーにやってると、なかなかしんどいですからね。


今年は特に、混乱激しいし。
安心して下さい、
混乱してるのは、アナタだけではありませんよ。
(u_u)
シフトには、混乱はつきものなんで。仕方なし。。 


こういう時は、過去にしがみつけばつくほど混乱しますから、
執着しない方がなにかとスムーズではあります。
そう、ヘラヘラしてるくらいな方が、いいんですよねぇ。
ヘラヘラしましょう!
深刻になり過ぎても、いいことないですから。


執着してる時、深刻になっている時、葛藤してる時、、、
っていうのは、
「選択肢がちょっとしかない!」
って思い込んでいる状態なんです。

選択肢=可能性 でもあります。


これしか選択肢(可能性)がないんだから、しょうがない、、
っていうのは<あきらめ>。

<委ねる>は、いい意味での<あきらめ>っていうかね、
もっとたくさんの選択肢(可能性)がある
ってことには気づいた上で
あえて選択する。もしくは選択しない(を選択する)。
ただし、その結果がどうなったとしても、受け入れる覚悟ができた状態。


Kan.さんの言う
「どうにもならない」が大前提、っていうのは、
何を選択したって同時にたくさんの可能性が立ち上がることは
避けられないんだから、
「どうにかしよう」なんて思わないで、覚悟を決めて受け入れろ、
ってことなんじゃないかなぁ、と思うのです。


愕然としたか、しないか、の差なんですよ。
「できる」と思ってる人は愕然としないからね。
「何かできる」と思うのは全然タオじゃない。


無力感を感じること自体はね、
全然悪いことじゃあないってことなんですよ。
むしろ、どんどん感じろ!ってくらい。

ただ、感じっぱなしで終わるな、ってことです。
それが自分のどこからやってくるのか?を
しっかり見てみましょ〜!


自分の恐怖も越えないで「分かりたい」というのは無理。
この次元にとじこもってるだけ。


そう、自分の恐怖を越えること。
結局、自分が越えるしか、ないのです。
代わりに越えてくれる人は、いませんからね。

「この次元」っていうのは、この3次元の世界。
物質次元、肉体がある次元、ですね。

恐怖っていうのは、3次元の<感情>ですから、
まずはそこを越えないと、その先は知りようがない、
ということかと、思います。


生まれてきたら何かあるもの。
それが前提。
なのにそこで悩んでたら見逃す。

高尚なことではなく、
身近なところで従ってしまっているところから
見直すこと。

自分にしかできないものを発見すること。
万人に当てはまるものはない。

全体としての自分も大事だが、
分かってもらえないと打ちひしがれるのではなく、
自分にしか通用しないオリジナルを持つことも大事。

何が大事なのか?は
10人いたら10人違う。


「僕にだっていろいろありますよ。
皆さんよりよっぽどいろいろあると思いますけどねぇ。」
って言うKan.さんが、人間臭くて好きでした。(笑)

そう、生まれたからには何かはある。

私だっていろいろあったし、ありますよ。(笑)
何もない人なんて、いるわけもなく。

いろいろあった時にどう反応するか、
その反応の仕方が<個性>っていうかね。

だから、
その反応を無視しないこと。

自分じゃないものに従ってしまっていたら
自分らしさなんて、分かりようがないですから。

自分だけのオリジナル<個性>を
大事にしていきましょう。

よく「私の使命は何ですか?」って聞かれますけど
自分自身を生きること!
何よりも、それですよ。
全ての人に共通した、使命です。


☆ブログ「ゴールドドラゴンボディのKan.さんに会いに行く」はこちら
☆ブログ「マスターKan.さんのクンルンネイゴン<序>を受けてきました!」はこちら

☆2017年6月2日〜Kan.さんの師・マスターMaxにクンルンを学ぶ!
「おとの雫vol.22 in セドナ」について詳しくはこちら
4/20お申し込み〆切です。

☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら