【お知らせ】
日々と宇宙の講座 ベーシック、10/17(日)よりスタートしてます。詳しくはこちら
接種前でも後でも、受けておいたらいいゼニスオメガヒーリングのセット、年内はメニューに追加します。11月の予定について詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
2022年1/16(日)〜19(水)大分・阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日は満員御礼となりました。告知はしていないので、キャンセル待ちご希望の方、別日程でのリクエストなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
受講料に関しまして、長年『税込』でやってまいりましたが、2022年より『税別』とさせていただきますので、実質10%高くなります。特にレベル5は差額が大きくなりますので、2021年中の受講をお勧めします。

12/15(水)10:00-17:30レベル5授業、お申し込み受付中
12/19(日)10:00-18:00レベル3授業、お申し込み受付中
12/23(木)27(月)10:00-17:00レベル1授業、新規受講者3名集まったら開催決定します。2日間必要。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2020/10/03

「愛される必要はない」〜ムージの言葉


人生の悩みの多くは人間関係と言えますが、
中でも 恋愛、夫婦関係、パートナーシップというテーマは、
天国から地獄まで、本当にさまざまな感情を浮上させますよね。。😅


「恋するってなんでしょうね。」というメールも届きましたが、
RAS的にいうと、ロマンチックのかけらもないですが、😂
未消化の感情に気づいて、消化して、手放すため、
ってなっちゃいます。

それは、本当の自分自身に気づくためのプロセス、
とも言えますね。気づかせ愛❣️


以前ブログにも書きましたが、

☆「ブルゾンちえみは振動数が高い?!」はこちら

「この人しかいない!」っていうのは、
振動数が低いのですが、その分ドラマチックです。

ドラマにハマればハマるほど、
人というのは感情的になるもの。

自我と完全に同一化してしまって
なかなかそこから抜け出せない。。


もちろん、それが悪いという話ではなく、、
(ドラマはドラマで味わい深いですからね☺️)

この、ただただお互いに反応し合う という関係性の時代も
宇宙の流れが<統合>へと向かっている今、
もう終わろうとしているんじゃないでしょうかね…



「愛される必要はない」

と聞いて、皆さんの中にはどんな反応が起きたでしょう?


「そんなわけないじゃない!」「愛されたいに決まってる!」
という方は、まだまだ、飽きるまで、
「愛されたい」ドラマを体験してください。
とことん体験することも、大切ですから。
体験に良い悪いはありませんし、選択は自由、です。


「え?必要ないってどういうこと?!でも、そうなったら楽かも…」
って方は、以下のムージの言葉を読んでみてください。

準備のできている方には、とても響くかと思いますよ。☺️


3年くらい前は、この映像↓に日本語字幕がついたものもあったのですが、
削除されてしまったようで、、映像には字幕がついておりません。

なので、映像で雰囲気を感じていただきつつ、
訳は別途、読んでみてくださいね。


「愛される必要はない」

女性: 2つ質問があります。最初の質問は「悲しみ」についてです。 

ムージ: それは2つの質問のうち、より重要な方ですか?
最初に、最も重要な質問をお願いします。なぜなら、
もし初めに、より重要でない質問から始めると、
あなたのマインドは次に待っている質問に向かってしまうからです。

女性: わかりました、もうひとつの方にします。
もうひとつの質問は、男女関係についてです。 

ムージ: 私もこの質問の方が重要だと思います。「男女関係」と、
それから「悲しみ」についてなんですね。(笑)
…ただのジョークですよ。 

女性: 私は、誰かとお付き合いする時は、
その人がとても親密に感じられて、
でも、別れる時になると、その人は私を突き放すようになって、
そうなると私は完全におかしくなってしまうのです。
この感情は、、自動的に起こる反応のようです。 

ムージ: 自動的な反応なんですね。
なぜ彼らはあなたを突き放すのですか? 

女性: なぜなら、私が捕まえたいからです。  

ムージ: そう、あなたは何かをつかんでいたいんですね。
相手にはそれが耐えられないのです。
少しの間だけならそれもいいでしょう。少しの間だけなら。
不安感の強い相手なら、おそらくそれも好まれるかもしれません。
「僕のことが必要なんだ」と思えるから。
でも、しばらくすると、やはり耐えられなくなります。

どんな相手でも捕まえようとしてはいけません。
あなたはクモじゃないんですから。 

それは、あなた自身が自分に、何の取り柄もないからと
十分な価値を感じていない時に起こる内側の反応です。
ですから、すでに、そういう良くない状態がある
ということに気づかなければいけません。
だからって、自動的にあなたがそんなふうに強くなれる
というわけでもありません。

男女関係は、真実とは何かを発見する、何かしらの機会になり得ます。
そして、私たち自身の内側にある何かを見つけて、
あっという間に歩み寄ることができます。 

女性: はい、それはわかるのですが・・・
でも、それは、まだあるんです。

ムージ: でしたら、あなたがサットサンに来るのはいいことです。
なぜなら、あなたはこのしがみつきの傾向を見ることが
できるようになるからです。
もしくは、拒絶されることへの恐れかもしれないし、
または、何かそのようなものかもしれません。

男女関係というのは、あなたのように一生懸命何とかしようとして
機能するものではないのです。そのようには機能しません。
そこには自由がなくてはならず、内なる強さが必要なのです。
明晰性、智慧、そういったもの全てが必要とされるのです。

あなたはどれくらい与えてくれる? 私はこんなに与えてる、
とか、そんなことでは機能しないのです。
それは損得ではないのです。

どれだけやってみたとか、さらに頑張ったとか、話したとか、
それでは機能しません。それでは、人は離れていきます。 
なぜなら、これは美しすぎて頑張ろうとするなんてできないものだから。

何かはやってこなくてはなりません。
そしてそれは自由として現れなくてはならないのです。
あなたがこのことに気づいていれば、
あなたは直感的にスペースを許すことができ、
すべてはやってくるでしょう。
あなたはこの洞察力も利用しなくてはなりません。 
あなたは今ここに来て、
「私はこれをつかむ必要がある」と感じる何かがある
ということがわかったのですから。

自由(解放)も、同じことなのです。
存在の広大さを感じて、真の状態に気づくやいなや、
何かがやって来て、「どうしたらそれを保っていられる?」となる。
これは男女関係と同じことなのです。
「どうしたらそれを保っていられる?」

どうしたら保っていられるのでしょう?

男女関係というのは保つためのものではないのです。
あなたの新鮮さを楽しみきるためのものなのです。

あなたの内なる強さの中で、すべてがより純粋に見えるようになった時、
すべてがあなたと一緒にいたくなるでしょう。
あなたが何の意図も持たない時に。
意図がありすぎると緊張を生み出すのです。
こうでなければという、どんな必要もなく、空っぽな時、
存在のナチュラルな状態にある時、あなたには何も必要ありません。
これは傲慢とは違います。

あなたは人から認められる必要はないのです。
愛されていると感じる必要さえないのです。 

あなたにはそのようなことが想像できますか?
愛される必要さえない場所に在ることが想像できますか?
それはとても静かな場所です。

この場所では、あなたの愛はとてもオープンで、広大で、とても美しく
とても強いのです。
でも、今のあなたに、いきなりそうなれと頼んでいるわけではありません。
「何だかいいもの、それをつかんでいなくては!」と感じる何か、
ただ、それを観てくださいと言っているのです。
そして、誰がこれをしているのか、誰がこれを必要としているのか
を観るのです。
とてもとても静かに、この種の質問とともにいるのです。
ただ、とても静かに。
是非、この練習をやってみてください。
そして、何が起こったかを、明日話してください。

マインドの中のシナリオを再生して、これを感じて、ただ観てください。
何が湧き上がってきて、「あぁ…」と感じているのか、観てください。
捨てられたとか置き去りにされたとか、そうなった時に
何かがこのように振る舞います
観てください。自分は何を恐れているのか?
極端な状況に追い込んでイメージしてみるのです。
そして、最悪の場合何が起こるのか?どう感じるのか?
そして、誰が苦しんでいるのかを観るのです。
本当に苦しんでいるのは誰なのか?
でも、あなたはそれを観察している、ということも忘れないでください。

もしあなたの恐れが現実になったら、
何が起こるとイメージするか。拒絶された時どう感じるのか。
保っていたいのに保つことができなかった時、
あなたは痛みを感じるでしょう。
すでにあなたの目を見ればわかりますが、「あぁ、何かが去ってしまう」と。
あなたはそこに行って、何が起こるか観てください。
捨てられて、放置されて、「お前なんかいらない!」と言われて
感情が湧き上がってきます。
でも、それを観ている自分のこともしっかり意識することです。
同時に、感情とともにいるのです。
何が起きているのかを観てください。
あなたは何を恐れているのですか?

これはとても知的なワークです。観察する、という。
最悪の事態をイメージして、それが起こったときどうなるのか、
最悪の感情を感じてみるのです。そして、
本当に苦しんでいるのは実のところ誰なのか、観てください。
もしあなたが苦しんでいる者と一体化してしまっているなら。
ストーリーの中にハマりこむのではなく、ただ、観るのです。
しっかりと観察している、今に在ること。
でも同時に、決定的な瞬間を見逃さないように、観ることです。

これはどんな感情にも、どんな思考にもすることができます。
すると、あなたの名の下に何が機能しているのかがわかってくるでしょう。
それは本当にあなたなのか、あるいは、
あなたのマインドが投影しているただのイメージなのかがわかってきます。

そうすると、あるスペースがやってくるでしょう。
そのスペースは、蘇らせることがとても大切な何かなのです。
この体験を恐れずに、あえて招き入れてください。
次にやってくる体験を招き入れたら、最高のパンチをお見舞いして、
極端に走ってください。
しかし、私はただあなたを観るだけです。
干渉せず、批判せず、意味を探さず、ただ観てください。
そうできるなら、観てください。

これは誰にでもすぐにマスターできる技です。
なぜなら、あなたが観察することで得られる果実は、とても甘いからです。
あなた自身の自由を発見することは、
どんな男女関係で得られる果実よりも甘いのです。

「あぁ、私はこのことから自由だ!」
「これは私に必要なものではなかったんだ!」というだけではなく、
もっと重要なことは「こうであるべきだ」という必要性から
解放されるということです。

そして、驚くべきことに、驚くべきことに、
あなたの内側でそのスペースがきれいになったら、
それほど美しく魅力的なものはないのです。

人々は、やって来たがるようになります。
なぜなら、たとえあなたのマインドの中に何か問題があるとしても、
すでに、あなたは他の目を持っているからです。 「ふーむ」と。
そうなると、あなたは最高の持てる力、知力の全てとともに
いることができるようになるのです。

そうでなくても、人々はあなたのその匂いに気づくでしょう。
少し直感的な人なら、彼らは嗅ぎ分けます。
「この人は危険な匂いがする」と。(笑)
「彼女に頭を打たれて中に引きずり込まれて、私は一巻の終わりだ! 」

しかし、正直に言って、これはやってみるといいことです。
あなたが感じるどんなことでも、マインドにずっとあったり、
あなたの注意が、ある種のシナリオからずっと抜け出せないような時、
怖くなると自己防衛が始まるとか、、
私たちは、恐れや執着、傷つきやすい感覚を守ろうとするのです。 
ご存知の通り、それを一生守り続けて生きるのは、
良いやり方とは言えません。
もはや言う必要もないとは思いますが、なぜなら、
それはかなりのエネルギーを消耗するからです。

だから、これはそういったことを乗り越える方法です。
もしあなたがやってみたければ、
そして、私が言っていることを本当に理解できたら、
ぜひ「観る」ということをやってみてください。

外側で、まさにその状況でないときに、
あなたにそれができるかどうかはわかりませんが、、
できる人もいます。 

最悪のケースの苦しみのシナリオを、
本当に今あるかのように再現するのです。
そして、本当に今ここに存在しながら、
内側で何が起こっているのかを観るのです。
もしあなたにもこれができたら、とてもいい練習になると思いますよ。
やってみてどうだったか、どうぞまた来て、
フィードバックしてください。 

女性: わかりました。はい、できると思います。


ムージとハグ♡


ここで言われる、感情を使って観察するワークは
連続・小さな寺子屋〜「する」をおとす でもやってきましたので、
参加された皆さんは、ここでムージが言っていることが
よくわかるのではないでしょうか?☺️


ムージも「私が言っていることを本当に理解できたら、
ぜひ「観る」ということをやってみてください。」と言ってる通り、
ちゃんと理解した上でやってみる、ということも大切。


私たちのほとんどが左脳優位なので、
理解が足りないとすぐやらなくなってしまったり、
何かと自我の声に負けてしまうから…

もちろん負けてもいいんですけどね。
でも、大我は自我を含んでいますので、、
そんなあなたのことすら「観て」います。☺️


なのでね、適切な理解のために
小さな寺子屋〜「する」をおとすを深める 
もやっているわけなのですよ。

次回は10/12(月)。
9/14の小さな寺子屋で話したことの理解が前提ですので、
できればそちらの録画も見ておくことをオススメします。


でもまぁ、、
自我は、参加することを拒むでしょう。😂
必死に守ろうと、しますからね。


「私たちは、恐れや執着、傷つきやすい感覚を守ろうとするのです。 
ご存知の通り、それを一生守り続けて生きるのは、
良いやり方とは言えません。」

守ることにエネルギーを注いで消耗し続ける人生から
もう卒業したい方は、どうぞ❣️ 


もちろん、理解したら、それを実践すること、
そして日々、それを生きること、も不可欠ですけどね。😁



連続4回小さな寺子屋〜「する」をおとす 参加者のご感想
☆「『なんでこんな可愛い子を放ったらかしにしてきたの』
って思うくらい、自分を愛おしく思うように
☆「頭の中でゲームのレベルアップの効果音が鳴ってるよう
〜「する」をおとすの寺子屋感想

参考ブログ
☆「沈黙。あけまして、
☆「何を「瞑想」って、呼んでいますか?
☆「自我は気づかれると、一旦、すごく活性化します
☆「瞑想をやめた方がいい時も、あります


☆「インド・リシケシ滞在記その2
〜ムージのサットサンへ」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その5
〜ムージと握手♡目があった時に感じたのは、
全き空(くう)でした。」はこちら

☆「インド・リシケシ滞在記その8
〜ムージとハグできてしまったぁ♡」はこちら


☆「気づきのヒント まとめ」はこちら
☆メニューと料金はこちら