【お知らせ】
2020年新春ソウルメッセージカードは、おかげさまで全て行き先が決まりました。詳しくはこちら
2/5(水)春原恵子さんとの「真実の、宝物の声と出会う」合唱WS vol.7、お申し込み受付中。1/26(日)は満員御礼となりました。詳しくはこちら
1/27(月)恵子さんとのお話会vol.2〜自分と仲良くする@恵比寿、お申し込み受付中。詳しくはこちら
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
また、2020年度よりファシリ講座は『セッションの提供をなさる意欲がある方』が受講条件となりました。そうでない場合は、解放コースをご検討ください。
講座内容について、詳しくはこちら

【リトリート】
インドに行きたい方、募集中。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
レベル1授業、2月の平日で日程調整中。レベル1授業は年2回しか開催しませんので、ご希望の方はお見逃しなく。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2016/02/03

ゼニスオメガ™ヒーリングのレベル5の授業について

アメリカ本校のVice President、アンと。

日々の音色HEALING PLACEでは、2016年2月より、
ゼニスオメガTMヒーリングレベル5のクラスを開講できることになりました。

本来はリージョナル・マネージャーのみが教えられるクラスですが、
現在日本在住の日本人リージョナルはいないため、
アンがリージョナルを兼任してくれています。

ですが、アメリカに住むアンからレベル5を教えてもらえる機会は
なかなかありません。

なので、東京でレベル5を受けたいと希望していた皆さんには
今までご不便をおかけしましたが、
次のリージョナルが決まるまでの間、この度、
私もマスターティーチャーとして、レベル5を教える許可をもらった次第です。

(日本在住の日本人リージョナルが決まった際には、私は教えられなくなりますので、ご了承ください。それがいつになるかは、私にもわかりません。リージョナルは基本、1カ国に1名です。私はアンからの推薦を断っておりますので、なるつもりはありません。)

クラスはこちらで日程を決めて告知するのではなく、
希望者の方が一人いらっしゃった時点でご希望を踏まえて日程を決め、
もう一人の参加者を募って、参加者2名までの場合は
代々木上原のサロンにて行っています。
3人以上の希望者がいた場合には、場所を変更し、
基本4名までで行なっていますので、
ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

レベル5の受講料は、レッスンのみの場合¥140,000、
ティーチャー希望の場合¥170,000(税込み)となります。
レッスンのみでしたら1日でも可能ですが、
ティーチャー希望の場合は座学が3、4時間必要ですので
2日間はかかります。
時間は基本的には11:00〜18:00(途中1時間のランチ休憩を含む)
ですが、ご希望によって変更する場合もあります。

レベル5で伝授する92枚のシートには下記があり、
自分や家族、友達へのヒーリングにも使うことができます。
(レベル3の28時間教習を終えていれば、
お客様に料金をいただいて施術することも許可されます。)
レベル5の受講者のみが受けられるスペシャルワークス付き。

私は今まで500セッション以上やってきておりますので(2015年6月時点)、経験からお話できることも伝えていきます。


1、貧血
2、低血糖症
3、尿崩症
4、糖尿病
5、慢性疲労症候群
6、コレラ
7、中毒
8、体重過多
9、過食
10、拒食症/過食症
11、肉体にとって最も適正な体重
12、生へのエネルギー増幅
13、学習障害
14、A.D.H.D. (注意欠陥・多動性障害)
15、識字障害
16、睡眠
17、睡眠時無呼吸症候群
18、陰と陽
19、水分保持
20、セルライト
21、副腎
22、凝りと柔軟性
23、関節炎
24、多発性硬化症
25、筋ジストロフィー
26、脊柱の歪み
27、脊髄膜炎
28、脊柱の再生化
29、筋肉の若返り
30、胴体、下半身の若返り
31、脳卒中、発作
32、コレステロール
33、神経障害(筋力低下・筋萎縮、しびれや痛み、感覚鈍麻、身体のバランスのしびれ、排尿障害、発汗異常)
34、トゥレット症候群
35、アルツハイマー病
36、パーキンソン病
37、レイノー症候群
38、ベーチェット病
39、脳性マヒ
40、嚢胞性線維症
41、ルー・ゲーリック病
42、フォーコーナーズ・ウイルス
43、黒死病=ペスト
44、エプスタイン・バールウイルス
45、全身性紅斑性狼瘡
46、眼球乾燥症
47、多毛症(余分なところに毛が生える)
48、人工ウィルスのクリアリングとシールディング
49、人工添加物へのクリアリングとシールディング
50、治療不能のものへのクリアリング
51、サイトメガロウイルス
52、リンパ系
53、レトロウイルス(#5のChronic Fatigue Syndromeを参照)
54、環境過敏症を起こすウイルス
55、フォンヒッペルリンドウ病
56、宇宙人ウィルス-人工ウィルス、全てに関するクリアリングと体内シールド
57、血液
58、フィールドへのエネルギー摂取バランス
59、新陳代謝のバランス
60、遺伝子の鎖(クリアリング、バランスと回復)
61、細胞の再生
62、分泌腺再生
63、肉体、ミネラル不足、吸収、回復、バランス
64、カルシウム(吸収、バランス、回復(骨と歯))
65、生体再プログラミングのための遺伝子の覚醒
66、ホルモン変動
67、幹細胞のバランスと若返り
68、免疫システムの再生
69、結合組織の再生
70、DNA – DEOXYRIBONUCLEIC デオキシリボ核酸
71、RNA- RIBONUCLEIC ACID リボ核酸
72、DNA – RNA (2-12)
73、栄養分吸収
74、共時的客観性
75、電解質
76、癌
77、癌
78、白血病
79、神経回路-記憶
80、エイズとHIV 
81、エイリアンウィルスのシールディング
82、エイズが発病する前に行うシールディング
83、エイズのクリアリングとシールディング
84、放射線
85、リンパ球生産の再活性化
86、甲状腺の若返りとバランス
87、胸腺(若返り、再活性化、バランス)
88、分子スペクトル焦点の強化
89、次元のシフトを段階的に行い、バランスをとる
90、支柱の修復
91、波動調整
92、流れ(波動と一つになる)



*お客様に料金をいただいて施術するには、レベル3以上の認定が必要となります。(認定証が発行される前でも、28時間教習を終えていればお客様に施術することは可能です。)

*レベル5の授業を受講いただいた後、28時間の教習を終えた方には、レベル5の認定証の発行を致しております。ただし、アメリカ本校とのやりとりの都合上、申請後、2週間〜1ヶ月ほどかかることが多いので、ご了承下さい。

レベル5ティーチャーコースの認定を受けたからといって、すぐにレベル1を教えることができるとは限りません。それまでの経験などもふまえた上で、最終的に本校と契約書を交わしてから、となります。

*28時間の教習というのは自宅学習のことで、シートへの色塗りや、シートを使った自己ヒーリング、家族や友達へのモニター施術、関連書籍の読書などを含みます。

*他校でレベル4までを受講した方も、もちろん受講可能です。

*地方出張もできますが、場所代・交通費・滞在費を負担していただくことになりますので、一人辺りの負担を少なくするためには、受講希望者がある程度の人数必要になります。お一人ご希望があった時点でこちらで他の希望者を募ることもできますし、いくつかのレベルをまとめて開催したり、同時にセッションも行うなどして、ご負担を減らす方法も考えられますので、まずはお気軽にご相談下さい。


興味のある方は、お気軽にメールにてご相談下さい


<キャンセルについて>
◆開催30日前〜15日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は30%とし、振込み手数料を除く料金の70%を返金いたします。
◆開催14日前〜8日前までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は50%とし、振込み手数料を除く料金の50%を返金いたします。
◆開催7日前〜前々日までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は70%とし、振込み手数料を除く料金の30%を返金いたします。
◆開催前日~当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料は100%とし、料金は返金いたしかねます。
◆ただし、他人への譲渡は可能とします。


★レベル1の授業について、詳しくはこちら
レベル2の授業について、詳しくはこちら
レベル3の授業について、詳しくはこちら
レベル4の授業について、詳しくはこちら
★ゼニスオメガTMヒーリングについて、詳しくはこちら。 
ゼニスオメガTMヒーリングの体験談は、こちら
★ゼニスオメガTMヒーリングでできることは、こちら

ゼニスオメガTMヒーリングの歴史「ゼニスがどのように降ろされたのか?のお話〜チャネリングじゃなくて、ウォークインです」はこちら

☆受講者対象の勉強会について、詳しくはこちら


☆アメリカ本校の公式サイトはこちら