【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
11/23(土)高田裕子さんの絵を鑑賞後に小さなお茶会vol.52@表参道は満員御礼となりました。キャンセル待ち受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残2席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2019/05/22

春原恵子さんとの春の合唱WS vol.2 皆さんのご感想


お二人帰っちゃった後に
「あ。写真撮るの忘れた〜!」って、
ランチしたお蕎麦屋さんの前で撮った1枚。↑😁


5/20の少人数WSも、
「あぁ、だから今回はこの人数だったのね〜」
って思う、そんな展開でありました。😊


参加者が大体確定したところで、
皆さんのエネルギーを感じて、
「今回はこんな感じで進めましょう」って話を
恵子さんとするんですけど、


『自分の声と身体を、ぐりぐり、べったべたに
可愛がるワークショップ』かな!😆


って話をしていたところで(笑)
急遽もう一人参加が決まったんですね。


これは、、
ここに飛び込んで来たってことは、、

この日のワークが必要ってことに違いない〜😁

って、恵子さんとも思ってたんですけど、

なんと、その彼女が、
ワークの途中で突然、貧血?エネルギーあたり?で
意識を一瞬失って、倒れてしまったのでした。。


しかもありがたいことに、
そこには医療関係者が二人もいるっていう、、


それでね、
落ち着いたところで、みんなで、
彼女に愛を、歌で、届けるってことをしたんです。

私は恵子さんの歌に聴き惚れちゃって、
声、出さなかったけど!😆
(いや、聴き惚れる前に、もう、そのつもり満々だったけど!笑)


他に声を出せなかった3人は
葛藤があったみたいだけど、
私はみんなより不真面目さんなので、
「ま、いっかぁ〜」って早々に。。(笑)
気持ちだけ、送りました。😁


恵子さんは「休符」って言ってくれてましたね。😊

オーケストラとかで、一回しか出番のないトライアングルでも、
ずーっと休符の間、ちゃんとそこにいる意味はあって。
音が出ていなくても、その場に、ちゃんと参加してる。
そして、その一回に、全てを込めて、鳴らす。


見えていること、聞こえていること、
が、全てじゃないんですよね。

見えなくても、聞こえなくても、
そこに想いがあったり、見えない何かは存在してる。

それも、参加のカタチ。

それでも、いいんです。

いるだけで、共振は、常に起こってますからね。✨

それが「存在する」ってことの、
素晴らしさ✨だと思います。


倒れた本人はキツかっただろうし、
申し訳ない気持ちでいっぱいだったかもだけど、

恵子さんも私も、
「ギフトきた〜!!」って思っちゃった♡わけです。


全ての体験は、ギフト。だからねぇ。


申し訳ないなんて、思う必要はありません。


起こったことは、起こったこととして、受け入れる。
そうしていくと、全てはギフトになっていくのです。😊


最後にまた、みんなでハーモニーを作りました。
今度は全員、声出して✨
美しいバイブレーションでしたよ〜🌈


5/31(金) 「春原恵子さんとの春の合唱WS、再び♪ 」
6/3(月)「新月に、恵子さんとのお話会
〜世界は奇跡に満ちている@恵比寿」
こちらもお申し込み受付中です♪😊


感想をメールいただいたので、紹介させていただきますね。
(ありがとうございます♡😊)


参加動機:
恵子さんにお会いしてみたかった。
音、振動、音楽に興味があるので。

感想:
笑いと涙とハプニング、トイレは和式を使いましょうのWS 。

楽しみでわくわくして申し込みしたのに、
会場に向かう地下鉄からのエレベーターで、
声を出すのも喋るのも苦手、歌なんてもってのほか
な自分を改めて思い出して、帰ろうかと本気で考えつつも、
恵子さんと萬夕さんに会いたいし、こんな機会ないし…と
(今思えばWS 始まる前から葛藤してました…💧)
ぐるぐるしながらエレベーターを上がると、
入口でお迎えしてくれている方に会場へ案内され、入っていくと、
ステージ上で楽しそうにミーティングしている
お二人のトークショーが繰り広げられていて(笑)笑いの中スタート。

声を出せなくても、優しく肯定してくださるし、
どうしたらよいかをわかり安く伝えてくださる。
そんな愛につつまれなているのに、声を出したいのに出せない自分。
自分の中のいろいろな自分と向き合い、葛藤の時間でした。

「自分のために涙を流す姿は美しい」とおっしゃった恵子さんと、
ハプニングを「ギフトきたー」と振り返っていたお二人が
可愛らしくて面白かったのが、印象的。

帰路、ご一緒だった方とトイレに行ったら、
空いてるのが和式2つで、
大笑いしながらしっかり和式を使って帰りました!



「今日は自分のことをドロドロに愛して、うんと満たされて
その内側からの声を出してみて」と言われて、
ドキドキしました。
私は、その声を聞いてみたいし、出したい!

途中で貧血で横になられた方を囲み、
愛の声を届けていた春原さんの横で、
全く声が出ずにいる私。

春原さんの歌声をききながら
過去の、大切な人を助けたい!という強烈な思いと
何もできなかった自分のふがいなさを思い出していました。

その後、春原さんに
「沈黙も声なのよ。伝わっているの。」と言われて
涙が出ました。
そして春原さんの歌声に置き去りにしていた過去の自分も
癒されていました。

今回のワークの途中で
「周りの人に与えてばかりの人なんじゃない?
声の出し方でわかるわ」と言われ、激しい違和感が。
私は人から与えて欲しい、もらいたいというタイプで、
それを隠すのに必死だった。(バレてたと思うが)
与える人=優しい人にものすごい憧れをもっていて、
そういう人がうらやましかった。

声がそういう出し方というのは、
エネルギーがだだ漏れしているんだと思う。
自分のエネルギーを自分自身に全く注いでいないだけ。

自分には力が無いから、エネルギーを(力のある)他人に
明け渡しているような感じ。

「与える」は、自分が満たされた上で、他人を幸せにしてしまう
パワーを持っている人(私が強烈に憧れる人物)。

もし、自分自身に全てのエネルギーを注いでみたら?
ドロドロに自分を愛してみたら?
私にはどれだけのパワーがあるだろうか。

自分自身を現すのが、ずっとこわかったのに、
身体は、魂は、本当の声を出したがっている。

周りの他人は輝いていて力がある。私には力が無い。
そんな幻想を捨てて、春原さんが言う「宝物の声」を出したい。

ゆっくり開く花もある。

どんな花が咲くんだろう。
楽しみです。



参加理由…
自分の本当の声に出会いたいと思って参加しました。 

参加して…
初っぱなからひとりヒプノが始まり、かなり戸惑いました。
恵子さんからケルトや光の剣というワードを聞いた途端、
涙をこらえることができなくなったのです。
なんで泣いているんだろう?と思っていると、突然
「封印が解かれてしまう」という言葉が浮かんできました。 

皆で手を繋ぎ、声を重ねていくワークをしている時も
レムリア大陸が沈む時に歌ったといわれる蛍の光のイメージや
石畳の教会、シスターの姿が瞼の裏にちらついて、涙が止まらず。 

WS中はこれが何を意味するのか分かりませんでしたが、
帰って感じたことを何気なく書いていると
ひとりヒプノ第2弾が始まり、終わっていなかったことに気付きました。 

封印って何だろう?私は何を封印したんだろう?
と思った時に「あるがままの自分」という言葉が浮かんできました。

この人生でそのきっかけとなった出来事を覚えているのは2回あります。
小学1年生の時に担任の先生から「自分さえよければいい」と評価されたこと、
もうひとつは父の死後、周囲への感謝の気持ちから
人の役にたちたい、人を助けたいと思うようになったこと。
そこから他人目線で物事をとらえることが多くなりました。
仕事もその思いがあって選択しました。 

少し話がかわりますが、
今回のWSで私は恵子さんのお人柄に触れて、とても魅力を感じました。
萬夕さんの言っていた歌う時としゃべる時のギャップはもちろん、
声を出せなくても沈黙という音、休符という形の参加、
恵子さん目線で語られる内容があたたかくて素敵だなと思いました。 
恵子さんの手にかかると細胞ひとつひとつが喜んでいるように感じます。
本当のやさしさってこういうことなんじゃないかと思いました。 

自分を省みると、あるがままの自分を封印し、
自己犠牲の上に成り立つやさしさでこれまで生きてきました。
それがよいことだと信じていました。
でも自分を相手に合わせたり、組織のあり方や方針に
押し込めるやり方だったから苦しくなっていたんです。 

そこから『自分を解放する、解き放つ』という言葉が浮かんできました。
すると自然と先日の呪いの言葉がよみがえり…。
ハッと気付きました。 
私、自分で自分を罰し呪いをかけ、
しかもその呪いはある条件がそろった時に
自分しか解くことができないという壮大な仕掛けをしてきたんだと。

自分のあり方が長い年月をかけて築かれ、
同じことを時代や立場を変えて繰り返してきたこと、
その根深さを感じました。 
過去世で余程自分を許せないことがあったんだなぁとしみじみしました。
すると人を犠牲にした、助けられなかった
という思いが湧いてきてまた泣けて…泣けて… 
(その逆の立場も経験していると思います。) 

今世は『自己受容』がテーマだと感じていましたが、
その先の『ゆるす』だったという思いに至りました。 
私は許されたのかなと思っていると、Mさんの感想の言葉を思い出し、
あ、つながった!と思いました。
「許されたのを感じた」って。
恵子さんが「Mさんが倒れた時、ギフトだとすぐに思った」
という言葉は私にとってもまさにそうでした。 

素晴らしい機会を作ってくださってありがとうございました。



初めは、行けなくはないけれどどうしよう…と思って
申し込みを躊躇していました。 
そうしたら時間と内容が変更になって、私の希望にぴったりに! 
さらに前回は大人数だったけれど
今回は少人数でじっくりみてもらえると聞き、速攻で申し込みました(笑) 
行く前からなんかすごいぞと思ってワクワクしました。 

当日行って恵子さんから 
「今日は自分をベタベタに可愛がっていっぱい愛を送ろう」
と聞いてすごく嬉しくなりました。 
自己紹介の第一声を聞いて、良い声だな(*´ω`*)と思った方が、
自分の声は好きじゃないと言っていたので、私は好きだなーって思って、
後からそれを伝えました。
伝えられたことがなんだか嬉しかったです。 

そして大きなギフト。 
身体をはってギフトを届けてくれた彼女に感謝です。 
小さなことだけど自分に出来ることがあったのが
なんだか嬉しかったです。 

一助になる 素敵な言葉です♪ 
今回のもうひとつのテーマみたいでした。 

人にはそれぞれのタイミングがあって宝物の声も、咲く場所、
タイミング、咲き方もみんな違ってそれでいいんだな~って。 

今咲きたいのに咲けないって悩む方の姿を間近で見たからこそ
深いとこまで落ちてきたというか感じとれたというか。 

今回あの場にいたひとりひとりからいろんなものをもらいました。 
だからあのメンバーだったのかあっていう感じです。 

自分の宝物の声にもまた出会うことが出来て、
前回よりいっぱい会えて、それもすごく嬉しかった(≧∀≦) 

でもそれ以上に嬉しいことがなんだかたくさんありました。 
私今までいつも自分のことでいっぱいいっぱいだったんですが、
今回は人との関わりの中で嬉しいことがいっぱいあったなーと思います。 

萬夕さん、恵子さん、あの場にいてくれた皆さんに感謝です。 
素敵な時間をありがとうございました!




ちょっと前のメルマガで私、今回参加者が少ないことに関して
 「急なのと、平日なのと、GW後なので休みが取りにくいのと、
理由はいろいろあるとは思いますが、^ ^;」 って書きましたけど、

恵子さんに言わせたら
「いやいやいや・・・そういうことじゃ、ない」と。

確かに。。

そうなんですよねぇ。 。

倒れた方もそうだし、
ひとりヒプノ状態になった方もそうだし、

この人数で、密度の濃〜いWSができたからこそ、
こういう流れになったわけですから。。

もちろん、少ないからいい、
多いとだめ、って話じゃあないですよ?😅

多い時は多い時で、だからこその体験が生まれます。
多いからこその、「場」ができます。

ただ、今回のメンバーには、
今回の体験が必要で、だからこの人数で、
この人たちだった、という。ね。


いつでも、最善のことが、起こってる。


またまた、そう思いました。😊


感想、もしまたいただいたら、追加させていただきますね。😊




☆2017年ブログ「春原恵子さんのヒルデガルト聖歌を聞いてきました♪」はこちら
☆2018年ブログ「冬至は、春原恵子さんの歌声と
 サトケンさんのヒルデガルト料理で過ごしました♪」はこちら

☆ブログ「春原恵子さんとの春の合唱WS♪ vol.1 参加者のご感想」はこちら
☆ブログ「令和元旦は、春原恵子さんの歌声で♪
    まさにBeautiful Harmony♡」はこちら