【お知らせ】
日々と宇宙の講座 ベーシック、10/17(日)よりスタートしてます。詳しくはこちら
接種前でも後でも、受けておいたらいいゼニスオメガヒーリングのセット、年内はメニューに追加します。11月の予定について詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/1(水)〜4(土)沖縄リトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。
2022年1/16(日)〜19(水)大分・阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日は満員御礼となりました。告知はしていないので、キャンセル待ちご希望の方、別日程でのリクエストなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
受講料が全世界で一斉に値上げされました。旧価格は2021年11月開催分まで、となります。詳しくはこちら
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
受講料に関しまして、長年『税込』でやってまいりましたが、2022年より『税別』とさせていただきますので、実質10%高くなります。特にレベル5は差額が大きくなりますので、2021年中の受講をお勧めします。

11/30(火)10:00-17:00レベル2授業、お申し込み受付終了しました。再受講はまだ可。
12/15(水)10:00-17:30レベル5授業、お申し込み受付中
12/23(木)27(月)10:00-17:00レベル1授業、新規受講者3名集まったら開催決定します。2日間必要。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2018/10/13

ひかり / 高田裕子展で、屋久島の森の息吹を感じる


大阪に寄って、心斎橋にあるギャラリー永井で
高田裕子さんの個展「ひかり」を見てきました。😊

屋久島に移住して、屋久島の森を描いている方。


いただいたDMに、丁寧な手書きで、
「遠いですので、お知らせまで…」と書かれていたんですが、
「ちょうど通り道だし、行けるやん!」と思いまして。(笑)
ホント、絶妙なタイミングでありました。

深い森に降り注ぐ柔らかなひかり、
緑色の木漏れ日、太陽や、月や、星のひかり。
強い、あるいはささやかな、すべてのひかりは惜しみなく与えられる祝福のよう。
その祝福を、できるだけ丁寧に描き続けています。

言葉の選び方も、好きだなって、思います。


彼女の絵を初めて見たのは、
見た目からして可愛いshizuku gallery


その時はポストカードを買って帰ったんですが、
個展あったら見てみたいなぁ…と思って、
住所を書いていったのでした。

以来、年に一度DMが届くのですが、
大阪なので、なかなか行けず。
今回は行けて、ホントよかった!


メインビジュアルに使われているこの絵も
素敵でしたが、
最初の、裕子さんと一緒に写った写真の絵、
「生きる- 釈迦杉-」
が特に気に入ってしまいました✨


写真では伝わりませんが、
原画は細部まで細かく、細かく、描かれていて、
屋久島の自然の命が、息吹が、
そのままに転写されているような、<蠢き(うごめき)>があるのですよ。。
光も闇も、どっちも内包してる。
まさに「生」。

この個展は明日10/14で終わってしまいますし、
何せ大阪ですが、、、
来年11月には東京でやる予定とのことなので、
その時はまた大磯の時みたいな小さなお茶会やりたいな♪
と思います。😊

毎回、個展の度に売り切って、またゼロから描くということで、、
1枚あたり3ヶ月かかったりもするそうなので、
年に一回しか個展は開けないのだそう。

原画のエネルギーがすごいので、
ぜひ機会があったら見て欲しい!です。


裕子さんの絵は、ほとんどが10〜50万以上しますし、
それでももうほぼ売れていて、、
100万円台のものがたった1枚残っているだけでしたので、
迷うまでもなく。😅

絵本「水の森」とポストカードを買いました✨


この絵に一言 「生きる」 と添えられていると
すごく強く響くんですよねぇ。。


「光が ふりそそぐ」


本にサインしていただいたら、
丁寧に「再生」の切り株の絵を添えてくれました♡


少女のような佇まいの裕子さんから
繊細だけど、こんなにダイナミックな命の渦が
紡ぎ出されるなんて、すごいわぁ…

プロフィールの言葉も、共感。


屋久島の森のなかで、
数千年を生きる屋久杉から足下を覆う無数の苔まで、
あらゆるいきものたちのなかに混じると、
私という存在があまりにちっぽけで、
人生はあっという間なのだと思い知らされるようで、
けれどだからこそ、生きよう、と強く思います。
それぞれ数千年の、数十年の、数日の、この限られた命を、ただ生きよう、と。

それぞれの命を、その美しい違いを、そのあまりにも遥かな多様性を、
そしてその全てで生きる森というひとつの存在を、
できるだけ丁寧に描きたいと願ってやみません。


私はこの「ただ生きよう」っていう感じが、
すごくしっくりくるのです。



このエネルギーを、
せめてポストカードで皆さんにもお裾分けできたらと、
9枚買いました♪

今度は2019年だから、限定9名様でやろうかな!と。
クリスマスでもいいかも〜✨

またそのうち告知しますね。😊