【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
12/16(月)小さなお茶会vol.53@代々木上原〜自傷行為がやめられない、もしくは過去に経験のある方限定、残2席となっております。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日はお申し込み受付終了しました。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
レベル1授業、来年1月に開催予定ですので、ご希望の方はメールくださいね。今なら日程調整可能です。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2018/10/31

秋のシャスタリトリート参加者からのご感想2〜スイッチは絶対に私が入れなければならなかった。


秋のシャスタリトリートのご感想、
またいただきましたので、シェアさせていただきます。☺️
みんな、素晴らしいなぁ〜✨

Mさんのご感想に続き、R子さんも丁寧に、
自身の葛藤と気づきの変遷を書いてくれていますので、
ぜひ読んでみてくださいね。

「孤独で人間がこわい」という方は特に、共感すると思うし、
勇気をもらえると思います!
 ↓


今回も何から何まで、お世話になり、ありがとうございました。

シャスタの雲ひとつない抜けるような青空が、私の魂そのままで、
野焼きが起こり、どんどん青空もシャスタ山も雲っていった時、
私が私自身、こんなふうにしてるんだ!と思った。
(前日、治美さんにネガティブ思考で自分で波動下げて、どーする!!
と言われてた)
野焼きして、曇らせてはいけませんね。(笑)
イメージでとらえやすい私としては、おもしろい現象でした。

ドブ板があいて出てくるものって、たいてい見たくない
きらいな自分、感情で、苦しい。
けどおもしろい。←後ほどそう思う。
私の中の男性性は、この泣いてる女の子のこと、よく怒ってたかも。
自分の中の男性性・女性性が夫婦関係に現れるというのは
納得でした。

今回長文となってしまい・・・すみません。
私の伝えたいことを言語化するのが難しい。
またお会いできる日を楽しみにしています。
本当にありがとうございました!


今回は、いつにも増して行くまでの壁が高かった。
子供の預け先がなく、仕事場は超人手不足。
主人は旅で一週間家をあけることを許さない人。

最初は、お盆休みを利用して、違う人のリトリートを申し込んだ。
そうすれば、仕事場も主人にも、さほど迷惑をかけないだろう。
ただ、それだけで決めた。

日にちが近づくにつれ、
行きたくない…という気持ちが強くなり、キャンセルをした。

その時点で全く0ゼロからのスタート。
まゆさんに、どうしてもシャスタへ行きたいと伝えて、
10月の日程で組んでもらった。

開催されるだろうか。
仕事。休みが欲しいと言える状況ではない。
子供。主人のことこわくてたまらない。

宇宙にオーダーすれば、好転してくれるのではないか
などと、甘い期待もした。
だけど、全ての状況は変わらず、頭をとにかく下げて、
シャスタへと飛び立った。


しかも、シャスタ前日に、どうしても行きたいイベントが
壱岐島で行われることを知った。
次の日シャスタだから、諦めよう…と思うのだけど
「行きたい!!!」

イベントのチケット購入後、ものすごいうれしかった。
ああ、こんなに心が喜んでるから
やはり行った方がいいんだなと思った。

だけど、宇宙も自分も全く信じられなかった。
もしフェリー、飛行機、うまく乗り継げなかったら
成田に遅れてしまう。
全ての交通機関がパーフェクトに動くことが必要だった。
こわかった。

結果、イベントも楽しかったし、成田にも定刻に着いた。
もう心の思うままに動いてよいのだ!という確信を持つ
いいきっかけになったと思う。
もっともっと楽しんでよいのだ!と。


シャスタクラブのヒデさん治美さんとの出会いは
私にとって素晴らしいものとなった。

治美さんが小さな頃、宇宙からもらった美しい石を
たいして仲良くない子にあげたという話をしてくれた。

治美さんには、その子が感じていた孤独感やさみしさが
伝わってきて、その大切な石を渡した。
その後、その子はどうなったかわからない。

その話が、この旅の私の大切なメタファーになるとは
思ってもみなかった。
ただ美しいマゼンタ色の光がその子を包むイメージが
きれいで、泣けてきた。


リトリートの旅では、どこに行くか事前情報をほぼ入れないので、
ハートレイクに着いた時は感動した。

ここはよくまゆさんのチラシの写真で見ていた所だ!!

シャスタ山とブラックビュート山が真正面に見えて
本当に美しかった。
その場に自分が今いることが不思議だった。

キャッスルレイクでは、Mさんのクリスタルボウルの演奏。
演奏家ではないというけど、光り輝く湖面と美しい音色は
周りの存在(?)と自分が溶け合う感じで、楽しい時間だった。

パンサーメドウズに行く前に治美さんのセッション受けた方が
いいんじゃない?とまゆさんに言われ、
意味がわからないまま、受けた。

その時何を聞こうか決めていなかった。
治美さんの前に座った時、自分がその時に思ったことを聞こうと。

思いがけず「孤独で人間がこわい」と言っていた。

私が地球に来た理由は、リベンジだった。
不信感、孤独感を今生では払拭するためにやって来た。

そして今回は、自分は最高で素晴らしい存在である!
と認めて、シャスタ山へ宣言して来て!
宇宙のエネルギーを全て受け取るとスイッチ入れてね!
治美さんの熱い言葉が素直に入って来た。

UFO定期便の話も、
ヒデさんの地底人からのギフトの石の話も全て
素直に聞けた。
シャスタって、そういう所。


パンサーメドウズは、恐れと向き合う場所と聞いていた。
それぞれ好きな場所で過ごし、待ち合わせ場所は、駐車場。

帰り、なぜか道がわからなくなった。
時間も思っていた以上にかかる!
しかも看板、通行人なし。
ものすごい不安になって歩く。

遠くで声が聞こえた。「私を呼んでる?」
だけど何を言っているかわからず。
声が聞こえたから、大丈夫!と歩いた。

無事着いた時、Mさんが私の名を叫んでくれてたと知った。

まゆさんが「恐れも、こんな感じなんじゃない?」と言った。

こっちの道であってるのか?と不安になりながら進み、
それでも自分を信じて歩く。
遠くの声に勇気をもらい、こわくても歩く。
そして自分の恐れ、怖さを越えていく。
そうかもしれない。



次も写真を見て行きたいと思っていた場所
モスブレーフォールズへ。

道中、太陽光と紅葉がキレイだった。
滝も虹も見れた。全てが完璧に美しかったのに…
私の心は自分のキライな自分と向き合っていた。

私は人がこわかった。誰といてもリラックスできず、
さみしかった。私はみんながうらやましかった。
一生懸命みんなの様になれるようがんばった。
どんなに「そのままでいい」と言われても、信じられなかった。
信じられない自分が悪いと責めた。

一緒に旅するMさんは、聡明で美しい人だった。
とてもうらやましく、私もこういう風になりたかったと思った。

昨夜のセッションから私の感情のフタが開いてしまったのか…
言葉が胸につかえて話せなくなってしまう。
言葉にすると、私が伝えたかったものと全く違うものになる。
その違和感は、他人にも伝わり、ぎくしゃくしてしまう。

「結局私は一人の方がいいのかもしれない」
言葉にしなくてもよいから。
木のそば、水のそばで一人になるとホッとする。
そこは安全な場所。

だけど思考は、そんな私を怒る。
皆と旅してるのだから、ちゃんとしなさい!

わかっているのに、できない。
私はいつも心の中でごめんなさいと言ってる。


シャスタクラブへ戻ると、治美さんは私の顔を見て、
ギョッとして「つかれた?」と聞いてきた。
私は素晴らしい存在であるとシャスタ山に宣言するどころか、
逆だった。

その夜、Mさんとお酒を飲んで、
実父のことが思いがけず口から出た。
難しい人だったが、根底には愛があったから、
私はゆるしていたし、亡くなって数年たち、
私はほぼ忘れて過ごしていた。
実父がなぜ急に出てくるのか?話してるのは私なのに
よくわからなかった。
ゆるしてはいるんだけど、されてイヤだったことを
つらつらと話していた。


次の日はサウスゲートへ。
ヤッホーポイントと呼ばれる場所で宣言しようと決めてた。

まずはMさん。
言葉が素直だから、すごい感動。

次は私。
言葉が胸でつかえて出てこない!
まゆさんが「うまく言おうとしなくてよい。
同じように言おうとしなくてよい。」
出てきたのは、うぉーうぁーという叫び。
子供のように泣く。

サウスゲートに到着。
そしてさらに湧き水ポイントへ。
優しい場所。ずっとここにいられそう。
古い感情思考は全て宇宙へ返し、私は私に戻っていくと決めた。

帰りにまたヤッホーポイントへ。
もう古い感情も返したし、ちゃんと宣言するぞ!
けどまた号泣。
人がこわくて孤独な小さな女の子が大泣きしていた。

まゆさんもMさんもハグしてくれた。
その小さな女の子が抱きしめられたような感覚だった。
大人の美しい女性二人がいたから、
この子が出てきてくれたんだと思う。


誰かにずっと声を聞いてもらいたかった。
だけど、その時、切実に、私自身に聞いてもらいたかったのかも。
やっと気づいてくれた!!その子はうれしそうだった。

スイッチは絶対に私が入れなければならなかった。
この子の声を聞かずには入れられなかった。
意識だけで入れてもダメで、
私が力強くスイッチを入れる必要があったのだ。

やっと、私の中の未成熟なままの女性性が育っていく。
これから自分の中で男性性と統合していくのかもしれない。
シャスタ山はずっと見守ってくれてたような気がする。
ここに来れて本当によかった。


シャスタクラブ最後の朝。
大好きなヒデさん治美さん夫婦。
シャスタ山の景色。かわいいリオ(ワンコです)。
おいしい朝ごはんとコーヒー。

別れがさみしい。
また絶対に戻ってきたい場所。
本当にありがとうございました。


5日目はプルートケイブスへ。
中に入るとなんだかこわい、不思議な場所だった。
洞窟内でのMさんの演奏、素晴らしい音だった。
祈りの演奏、光が入ったと思う。
不思議とこわさが消えた。

朝からとにかく眠いのとボーッとしてしまい
まゆさんに「ボーッとするけど治りますか?」と質問。
「思考させない為」と言われ、大納得!
何も考えられない状態で、ボーッと車中過ごす。
眠いのは「調整中」らしい…。
何を「調整」してるのか、本人には全くわからない。


次のスチュワートスプリングス。
小川に入るのだけど、冷たすぎて無理〜!!!
と躊躇してる私の横を、お二方は気持ち良さげに頭から入ってる!!
私、ラッシュガード着てるのに、お二方はもっと肌が出てる。
「大丈夫!!躊躇せずにすぐに水の中に入る!」とのアドバイス。
のせられました!
頭から水の中に入れました。
めちゃくちゃ気持ちよかった!


本日のお宿はストーニーブルックイン。
スサナさん、私をお見通し(?)か!?
「まだ出し切ってないわ。まだまだドブ板があるのよ。」
ウインク(実際にはしていない)された様な気がした。

シャスタに来てから感情があふれて苦しいのに、
まだまだなのか。

シャスタはゼロポイントへかえる場所。
陰にふれれば、陽にもふれ、そしてゼロポイントへと戻る。
人生は綱渡りと一緒。
足元のロープではなく、目線を上へ、遠くを見るのだと
スサナさん。

私の中の孤独な小さな女の子が、目線を上にあげたような気がした。
視野が変わった。


ストーニーのお庭がきれいで、チェックアウト後に
一人お庭で寝て過ごした。
Eさんのことを思い出していた。

シャスタへ行きたいとだんなさんに伝えたことを
まゆさんから聞いて、本当に感動した。
その晩、私もだんなに伝えようとしたが、こわくて言えなかった。
Eさんはこの何百倍も勇気を出したんだなとわかった。
自分一人で大きく動かしたエネルギー。必ずかえってくる。
そして私にも大きく影響している。

偶然にも、お昼にEさんからまゆさんにメールが届いていた。
その優しい文面から、色々なことを思い出して涙。
どんだけこの旅で泣くのだろうか。

photo by R子さん
小さな丸い虹、見えますか?

いよいよ帰国の日。
朝寝坊して、まゆさんに起こされる!!
その結果、朝食がゲットできて空港で食べることに。
三人並んで座って食べてたあの時間。
私は大好きでした。

ご一緒したMさん。全て真逆に見えた。
パーフェクトな女性。
だけどシャスタクラブのセッションで
選んだカード3枚同じ絵柄(意味合いは違う)
選んだ石も同じだった。おもしろいですね…。
本当に一緒に旅ができてよかった!

私が私に戻る旅は、苦しいけど、おもしろい。
まゆさん、Mさん、本当にありがとうございました。
ヒデさん治美さん、スサナさん、本当にありがとうございました。
この時にこの人達とシャスタで出会えて幸せでした。




2018年秋のシャスタの旅
☆秋のシャスタリトリートレポその1
〜アッシュランドとキャッスル&ハートレイク
〜変わりたい、と思うなら はこちら
☆秋のシャスタリトリートレポその2
〜パンサーメドウズとバニーフラットで謎の竜巻、
そして虹のモスブレーの滝 はこちら
☆秋のシャスタリトリートレポその3
〜サウスゲートで愛を叫ぶ! はこちら
☆秋のシャスタリトリートレポその4
〜プルートケイブスの異次元空間と、温泉でスッキリ禊!はこちら
☆秋のシャスタリトリートレポその5
〜落ち葉のお布団に、ごろん はこちら

☆参加者からのご感想
〜ただ生物としての自分がいるのでした。はこちら


2018年夏のシャスタの旅
☆シャスタリトリートレポその1
〜飛行機が飛ばない・・シャスタ山が見えない・・
パンサーメドウズへ はこちら
☆シャスタリトリートレポその2
〜モスブレー・フォールズとスチュワート・ミネラル・スプリングスにて、浄化が始まるはこちら
☆シャスタリトリートレポその3
〜サウスゲートで何かが開いた!はこちら
☆シャスタリトリートレポその4
〜キャッスル&ハートレイクから見渡せたのは、自分自身だったかもね。はこちら
☆シャスタリトリートレポその5
〜滝と再びの温泉とアッシュランドからの、真逆の地・ラスベガス!はこちら

☆参加者の皆さんのご感想
〜決めた時から導きは始まっている
〜やっと自分自身と再会できた はこちら


2016年のシャスタの旅
☆おとの雫 in シャスタ その1
〜プルート・ケイブスと満月のスウェット・ロッジはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その2
〜ミネラルいっぱいの温泉とヘッジ・クリーク・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その3
〜キャッスルレイクとハートレイクにファーマーズ・マーケット、そしてシャスタ山からの夕景はこちら
☆おとの雫 in シャスタ その4
〜シャスタ山の奥の天国へ。サウスゲートへのトレッキングはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その5
〜早朝のアッパーパンサーメドウズとモスブレー・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その6
〜虹の朝。マクラウドの滝とバーニー・フォールズ、そしてスタンド・バイ・ミーはこちら
☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2015年のシャスタの旅
☆the shift@シャスタその1
〜キャッスルレイク&ハートレイクはこちら
☆the shift@シャスタその2
〜雪のアッパー・パンサーメドウズとスウェット・ロッジはこちら
☆the shift@シャスタその3
〜再びのパンサーメドウズとサウスゲートはこちら
☆the shift@シャスタその4
〜マクラウドの滝を巡るはこちら
☆the shift@シャスタその5
〜クレイターレイクとアッシュランド、そしてシュールな悲劇・・・はこちら
☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2014年のシャスタの旅
☆森の遠足@シャスタ<その1>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その2>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その3>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その4>はこちら
☆森の遠足@シャスタ 参加者のご感想はこちら