【お知らせ】
日々と宇宙の講座 ベーシック、10/17(日)よりスタートしてます。詳しくはこちら
接種前でも後でも、受けておいたらいいゼニスオメガヒーリングのセット、年内はメニューに追加します。11月の予定について詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、2021年秋以降の開催予定です。日程リクエスト受付中。詳しくはこちら

【リトリート】
12/1(水)〜4(土)沖縄リトリート3泊4日、告知してませんがおかげさまで満員御礼となりました。
2022年1/16(日)〜19(水)大分・阿蘇秘湯巡りリトリート3泊4日は満員御礼となりました。告知はしていないので、キャンセル待ちご希望の方、別日程でのリクエストなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
受講料が全世界で一斉に値上げされました。旧価格は2021年11月開催分まで、となります。詳しくはこちら
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
受講料に関しまして、長年『税込』でやってまいりましたが、2022年より『税別』とさせていただきますので、実質10%高くなります。特にレベル5は差額が大きくなりますので、2021年中の受講をお勧めします。

11/30(火)10:00-17:00レベル2授業、お申し込み受付終了しました。再受講はまだ可。
12/15(水)10:00-17:30レベル5授業、お申し込み受付中
12/23(木)27(月)10:00-17:00レベル1授業、新規受講者3名集まったら開催決定します。2日間必要。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2018/09/23

シャスタリトリートレポその5〜滝と再びの温泉とアッシュランドからの、真逆の地・ラスベガス!


8/28(火)6日目

朝はちょっと早起きしてお散歩しようかな、と
言っていた皆さんでしたが、

昨晩のシェアからの流れで、
こっちの部屋ではこっちの部屋で、
あっちの部屋ではあっちの部屋で、
あれこれと、朝から深い話をしているうちに、
あっという間に朝ごはんの時間となりました。(笑)


朝からスサナさんの手作りあったかメニューが
どーっさり!!


もちもちのバナナクレープも。
いつもの倍以上の量に、お腹はパンパン。
でもおいしいっ♡


朝ごはんの後、スサナさんの書いた本を買いたいな、と
ロビーにあるサンプル本を見たりしながら
スサナさんと話を始めたら、
一緒にいたTさんとKTOさんの表情がみるみる変わる〜。😆

立ち話ながら、その時の二人に響く言葉、
大事なことをたくさん聞くことができたのでした〜。


その3のレポで、私がちょっとばかり今回意図したこと、
について書きましたが、

私はみんなに、シャスタで暮らす日本人の皆さんと話すことで
(別に日本人じゃなくてもいいんですが、言葉の壁があるので😅)

またいろんな価値観に触れてもらって、
それぞれに気づきを深められたらなぁ〜・・
と思っていたのでした。


私たちだけ、の世界の中でシャスタの時間を過ごすより、
シャスタの方々の風にも入ってきてもらった方が、
やっぱり、広がりが生まれるからねぇ。


スピリチュアルにもいろんな形があるし、
人生への活かし方も人それぞれだしね、
みんな個性が違うんだから、
誰の真似をする必要もないし、違ってよくって。

でも一つの形にしか触れてないと、
その形しか見えなくなっちゃうことも、あるからね。☺️


ヒデさん、治美さん、スサナさんに共通してるのは、
目の前の出来事はもちろん起こってるんだけど、
そこに決して捉われてはいなくて、
そこを超えた向こうを見ながらも、
目の前のことには、それはそれとして対処してる、
ってこと。

ドラマにハマることがない、というか。


それがどういうことか、言葉じゃなくて、
会うと、生き方を通して伝わるものがあるのよね〜。


今回はお客さんが多くて、スサナさん大忙しで
なかなか話をする時間が取れないままだったけど、
最後の最後で、ちゃんと必要な話は聞ける流れとなりました。

これも、宇宙の采配なり〜。✨


「話せてよかったぁ〜」
「いい話が聞けたぁ〜」
という中、まだまだ話していたいところではありましたが、
お別れの時間となりました。


車中、Kちゃんにスサナさんとの話をシェアしながら、
マクラウドの滝・ミドルフォールへ。

ここで写真撮ったら、光のまわり具合がとってもよくて!
「みんな、綺麗よ〜♡」


「きゃあ♡」と女子っぽく撮ってみた写真。
いい表情〜。( ´艸`)


ここも、煙のせいか
いつになく空いていました。

目の前でマイナスイオンをたっぷり浴びれるのは
やっぱり気持ちいい〜✨


水面に揺れる光たちも綺麗✨


またそれぞれに好きな場所で、過ごしました。


深呼吸する度に、
身体中をエネルギーが満ちていくようです。☺️


前夜にみんなの希望を聞いて予定を組んだ結果、
今回はアッパーとロウワーには寄らず。
(マクラウドの滝は、ミドルで十分だしね〜😊)
また山道を登って、戻りました。


マクラウドの街に戻ってランチ、
と思っていましたが、
朝ごはんがたっぷりすぎてお腹が全く空かず。😅
テイクアウトして、温泉後に食べることに。


出来上がるまで時間がかかるので、
ちょっとブラブラ。
この日はシャスタ山もしっかり見えました♪
(右下に写ってるのが泊まってたストーニーの建物)


Tさんは、絵葉書を買って、
自分宛に何やらしたためておりました。。

私も昔、やったなぁ〜。😁
いい時間の使い方。


そしてTさんとKTOさんのリクエストにお応えして、
今回2度目の!スチュワート・ミネラル・スプリングス(温泉)!!😆

「今度は3回とも小川に頭から浸かる!」

を実践させていただきました。😁

8月とはいえ冷たいんですけど(9月よりはマシ)、
それは慣れるし、
やっぱり頭から入ると、スッキリ感が全然違うのです。

今回は、スウェット・ロッジもなかったしね。
その分、こっちで浄化✨って感じ。


この辺は森の中で、小川も流れてて気持ちがいいので、
ここで先ほどテイクアウトしたランチを。
私はケサディーヤ。うまっ。


食べながら、前に体験済みだから今回は温泉パスしたKちゃんが、
一人で過ごした1時間半ほどの間に得た気づきについて、
話をしてくれました。

私には、なぜか
ここでKちゃんが一人で過ごす時間が豊かなものになる、
という確信があったので、
本人がどんな心境だろうと積極的に放っておいたのですが(笑)、
目をキラキラさせながら話すKちゃんが眩しく。☺️

本当にねぇ…
何十冊の本を読むより、
数時間でも実際に体験することほど強いことってないですよ。

わかったつもりでいても、
本当に腑に落ちた時に、
ただの「つもり」にすぎなかったことに、気づきます。

思考は、体感には、叶わない。

だからね、
頭で理解することにエネルギー注ぐよりも、
さっさと行動して体験しちゃった方が、早いです。はい。


2時間ほど車を走らせ、アッシュランドへ。
ここは、町歩きにちょうどいいサイズ感の町といいますか。。
可愛らしいお店も多くて、オーガニックスーパーもあって、
公園もあって、気持ちのいいところ。


ここで2時間半ほどフリータイムに。


19:00スタバ前待ち合わせ、にしたんですが、
私が向かうと、ちょうど3人が。
なんだか微笑ましい光景。( ´艸`)


3年前に来た時に入っておいしかったお店が、
「Pie+Vine」という別のお店になってまだあったので、
そこに入ってみることにしました。


メニューはたぶん変わったっぽかったけど、
おいしかったです。

リゾット

あっという間にこれが最後の晩餐。(笑)
ここで、今日一日、そしてこのリトリート全体を振り返っての
シェアをしました。

Chicken Parmigiana

どんな話をしたかは
みんなの感想を読んでいただけたらと思いますが、
本当に、いいリトリートになったなぁと思います。

シャスタリトリートを、こんな少人数でやったのは初めてでしたが、
この人数だからこそ、「自分と向き合う」を深くできたなぁ…
っていうのは確実にあって。

そしてそのプロセスを共有したみんなの絆が
どんどん深まっていくのも嬉しく。

いろんなことが、濃かったです。☺️


そして、主催者としては、
リトリートをやればやるほど思うのは、
主催者が、いかに何かをしようとしないか、が大事ってこと。
意図すら、必要ない。

余計なエネルギーは加えない方が、
宇宙にまるっとお任せにした方が、
起こるべきことが、ただ、起こる。
そしてそれを受け入れるプロセスを通して、
自然とね、気づきは起こる。
何かを起こそうとする必要は、ないんです。
それは、ただ、起こるから。
日常も、一緒。


デザートのアップルタルトとパンナコッタを食べながら、
「もう終わっちゃうんだなぁ…」と
旅の終わりを惜しむ空気。


終わっては始まり、
始まっては終わり。
それの繰り返しが、人生。よね〜。


30分ほど車を走らせ、メドフォード空港近くのホテルにチェックイン。
その後、私は一人車を走らせガソリンスタンドへ。
朝になってバタバタしたくないからね〜。

と、ガソリン入れてたら、向かいのお店の上に、
まあるい月が、見えました。

「月が見えないなぁ〜・・」と残念がってたTさんに
ホテルに戻ってから「月、見えるよ!!」と伝え、
しばしみんなで月を鑑賞。
最後の夜は、更けてゆきました。。


8/29(水)7日目

TさんとKちゃんは、朝5時には空港に向かうので、
早朝、起こしてもらって最後のお別れ。

あんなにも「シルク・ドゥ・ソレイユのオーが見たい!!」
と熱望してたはずのKTOさん、
「一緒に帰ることにすればよかったよぉ〜」と寂しさMAXに。😅

そこまで思える仲間に出会えて、ホントによかったねぇ。


二人きりになった朝ごはんをすませ、
私たちは「オー」を見るためだけに、
いざ、ラスベガスへ。

ホテルのドアの向こうで、地味に、はい、ひょっこりはん。
( ´艸`)


さてさて、サンフランシスコ行きの便、
今度は無事に飛ぶかしら〜?って感じでしたが、
さすがに飛びました。ほっ。


左側の窓際にいたKTOさんが撮ったシャスタ山。↑
私は右側だったので見れなかったけど、
煙に浮かんで幻想的な佇まい〜。


さらにサンフランシスコ→ラスベガスの便も
無事に飛びました。
それが普通なはずなんだけど、もはや、
ありがたし・・・(笑)


15:00頃にはベガスに到着。

カジノに興じる人々の合間を抜け、
ホテルにチェックインしたら、ご飯を食べに、
とりあえず街中へ。

が、ベガスの繁華街は、人、人、人!!!
いきなり人が多すぎて、酔います。。😓
そりゃ、シャスタとはあまりにも、真逆の世界。

人混みの中をかき分ける気分でもないので、
「オー」の開催場所であるベラッジオホテル内の
カフェで軽くすませることにしたのでありました。


19:00開演なので、30分前には入っておいたのですが、、
なかなか扉、開けてもらえない…


やることもないので、撮影スポットで
ハイ、ポーズ!😁


そしてお決まりの、
はい、ひょっこりはん。😁


会場内の天井は、こんな感じ↑
会場自体も、アート。

5年ぶりに見ましたが(前回一人で見た時のレポはこちら)、
「オー」は何度見ても、素晴らしい総合芸術。
日本に来ているシルクとは、はっきり言って全く別物。です。
規模がケタ違い。
これは、ベガスじゃないと体験できないですが、
(「オー」は「見る」ものじゃなくて「体験」するもの!)
これだけのために来てもいいくらい、
そのくらい極上!圧巻!の世界観。なのです。


映像でね、雰囲気を見ることはできますが、、
あの世界は、体験してなんぼな世界なんだよなぁ…。

自然にも感動しますが、
人間の、無限の想像力&創造力にも、脱帽&感動するのです。

限界を作ってるのは、いつも、自分自身。

無限の可能性に開くべし!って
ガツンとやられますよ。😁


ホテルの外に出ると、ちょうど噴水ショー、
やってました。
こちらもお見事。

しばし鑑賞して、ちょっとフルーツやらポテチやら買って、
ホテルの部屋へ戻り、つまみつつ話をしながら、
最後の夜は、もはや感傷的になることもなく、更けてゆきました。。(笑)


8/30(木)8日目

朝7時前にはチェックアウト。
前日のタクシーには
「工事中で大通りは大渋滞だから」と高速まで使って
かなり遠回りされたけど、今回はあっという間に空港着。
タクシー代も半額。えらい違い。😅

ふと見ると、雲がUFO雲みたいで、面白かった!
左下に写ってるピラミッドは、ホテル。(笑)


ラスベガス→デンバー便も無事に離陸。(笑)
こうして上空から見ると、
やっぱりベガスの大通りって、異様よねぇ…。


途中、モニュメントバレーが見えたので
撮ったんですけど、なんか、絵みたいでしょう?
異次元空間な感じでした。
2回行ったけど、あそこはまた行きたいなぁ〜。


デンバーに着くと、また飛行船みたいな雲が。
( ´艸`)

デンバーとベガスって、1時間時差があるんですよねぇ。。
二人して、アナウンスで名前を呼ばれ、、
危うく、乗り遅れるとこでした。😅


途中、もくもくと煙が…
山火事の煙なのか… わからなかったけど、
煙の量、すごかったです。。
雨が降るといいなぁ… 本当に。


今回のリトリートは、山火事による欠航で、
しょっぱなからホントいろいろありましたが、
全ては最善へと繋がっていきました。


「リトリートを知ったら
普通の旅ができなくなりますね」

と、最後に言ってもらえたのも嬉しかったですが、


そういう内容となったのは、
みんなが、湧き上がる感情を無視せず、抑圧せず、
丁寧に向き合って、シェアしあって、気づきあって、
リトリートならではのアルケミーが起こったから!です。


集まった4人(私も含め)による、
共振共鳴。
共同創造。だからね〜。😁


一人欠けても、
一人変わっても、
また別の体験、となります。


それはそれで、またよし。


でも今回は、縁あってこのメンバー。
だったのね。


帰国後、もうすでに一回みんなで
お茶する機会もあったんですが、

気づきは、リトリートが終わった後も、
続いています。😊


日常に生かしてこそ、ですからね。


「リトリート何回も行ってたら、
委ねる=楽しくなるって、気づけたよ😃♥✨🌈
委ねることが、不安じゃなくなった😃」

「いろんなこと、コントロールしようとしなくなったよね✨
リトリートが日常になると、
そこで体感したことも日常になってくるの。
すると、日常がリトリートになるね!!」

と言ってくれた方もいましたが、(☞こちら

そうなってくれたらいいな♪
と思いながら、やってます。


そして、そうなってく人が増えていることが
嬉しい。😊


みんな、ありがとう💕



2018年のシャスタの旅
☆シャスタリトリートレポその1
〜飛行機が飛ばない・・シャスタ山が見えない・・
パンサーメドウズへ はこちら
☆シャスタリトリートレポその2
〜モスブレー・フォールズとスチュワート・ミネラル・スプリングスにて、浄化が始まるはこちら
☆シャスタリトリートレポその3
〜サウスゲートで何かが開いた!はこちら
☆シャスタリトリートレポその4
〜キャッスル&ハートレイクから見渡せたのは、自分自身だったかもね。はこちら

☆参加者の皆さんのご感想
〜決めた時から導きは始まっている
〜やっと自分自身と再会できた はこちら


2016年のシャスタの旅
☆おとの雫 in シャスタ その1
〜プルート・ケイブスと満月のスウェット・ロッジはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その2
〜ミネラルいっぱいの温泉とヘッジ・クリーク・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その3
〜キャッスルレイクとハートレイクにファーマーズ・マーケット、そしてシャスタ山からの夕景はこちら
☆おとの雫 in シャスタ その4
〜シャスタ山の奥の天国へ。サウスゲートへのトレッキングはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その5
〜早朝のアッパーパンサーメドウズとモスブレー・フォールズはこちら
☆おとの雫 in シャスタ その6
〜虹の朝。マクラウドの滝とバーニー・フォールズ、そしてスタンド・バイ・ミーはこちら
☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2015年のシャスタの旅
☆the shift@シャスタその1
〜キャッスルレイク&ハートレイクはこちら
☆the shift@シャスタその2
〜雪のアッパー・パンサーメドウズとスウェット・ロッジはこちら
☆the shift@シャスタその3
〜再びのパンサーメドウズとサウスゲートはこちら
☆the shift@シャスタその4
〜マクラウドの滝を巡るはこちら
☆the shift@シャスタその5
〜クレイターレイクとアッシュランド、そしてシュールな悲劇・・・はこちら
☆参加者の皆さんのご感想はこちら


2014年のシャスタの旅
☆森の遠足@シャスタ<その1>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その2>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その3>はこちら
☆森の遠足@シャスタ<その4>はこちら
☆森の遠足@シャスタ 参加者のご感想はこちら