【お知らせ】
期間限定☆恐れに振り回されない&ウイルス予防のための遠隔ゼニス、始めました。詳しくはこちら
3/14(土)瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、開催延期とさせていただきます。詳しくはこちら
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
また、2020年度よりファシリ講座は『セッションの提供をなさる意欲がある方』が受講条件となりました。そうでない場合は、解放コースをご検討ください。
講座内容について、詳しくはこちら


【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。
4/11(土)10:00-17:00 レベル2授業、お申し込み受付中。オンラインはあと2名ほど可。
レベル3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。オンラインも可。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2018/06/30

あつみさんに教わる野草入り酵素作りとピラミッドでヒプノvol.6 参加者の皆さんのご感想


6/27のあつみさんに教わる酵素作りとピラミッドでヒプノvol.6
に参加してくれた皆さんからのご感想、
許可をいただいたものを紹介させていただきますね。
ご協力下さった皆さん、ありがとうございます♡


【参加動機】
野草の酵素ジュースを作りたかったことと
あつみさんのごはんを三食食べたかった。
仕事を始める前に、自然の中でゆったりしたかった。

【感想】
あつみさんが「自分に必要なものは自分が知っているので、
自分のインスピレーションに従って草を摘んでください」と言われ、
お庭を自由に歩きながら、ヨモギやミント、しそ、おおばこ、ナズナなど、
名前のわかるものからわからないものまで目で見て手で触れ
よいと思ったものを摘みました。
草たちと会話をしていたような一時間でした。

それから洗って干している間に待望のごはん。
今回もとてもおいしかった。心が喜ぶごはん。
毎日こういうものを食べていたら絶対病気にならないのになあと思います。

食後は野草と野菜、果物を切って切って自分の指まで切って
砂糖と一緒にどんどんガラス瓶に詰めて、
みんなが黙々と作業してるのもおもしろかった。
思いを一緒に詰め込み漬け込む感じですね。
この世にただひとつのオリジナル酵素ジュース、いただく日が楽しみです。

それから、今日この日この時、集った人々、空気や山の緑の感じ
おしゃべりやヒプノのシェア、すべてが一期一会。
どこを切り取っても楽しくて気持ちがいい、幸せなワークショップでした。


【参加動機】
友人のFBを見て、ピラミッドセンターで、自分の野草を採って酵素作りをしているのを見て、「私も行きたい!」って思い、参加しました。

【感想】
自分がピピッときた野草を摘む。必要なものを自分が知ってるんですね。
私が楽しくワクワクする酵素になるよう、毎日混ぜます。
山々に囲まれた谷での自然の美しさに感動しました。
そして、あつみさんの自然に溶け込んだ行き方って素敵でした。
そして、まゆさんのヒプノをピラミッドセンターの中で受けました。
クリスタルボウルの音色もきれいでした。
まゆさんの誘導も、優しい声でリラックスをしてすることができました。
メッセージ、ギフト、大切にします。
まゆさん、この自然の場所での主催、ありがとうございました。


【参加動機】
〇自分オリジナルの酵素ができるというのに興味があったから。   
〇自然に触れて、地に足を付けグラウンディングしたかったから。   
〇あつみさんのご飯が美味しそうで食べてみたいと思ったから。   
〇ヒプノを体験してみたかったから。

【感想】
ライトボディを、以前、萬夕さんから受けた時と同じように   
日帰りした夜に喉が痛くなり、ホテルで発熱しました。   
何らかのサインなのか?、ヒプノの好転反応なのか? 
それともピラミッドセンターのパワーなのか…??   
分かりませんが、とにかく苦しいです。今はだいぶ落ち着きましたが…。   
何らかのデトックスが起こったのならいいなあと思っています。   

さて、酵素作りの感想を。   
野草を摘むのは、最初はためらいがありました。   
昔はその辺に生えているオオバコとか、ひっぱって遊んでいたのに…。   
今回は、特に開始直後は「ごめんね〜」みたいな感じで摘みました。   
でも、摘んでいるうちに
「お!私を呼んでいる!」とピンとくるようになって   
特にミントの香りをかぎながら摘んだ時に癒される気がしました。   
野菜と砂糖を容器に入れていく作業では、
無心になって野菜や野草を刻みました。   
野草を摘んでいる時より集中していたかもしれません。   
できあがると綺麗な色合いになっていて「私の酵素」がとても愛おしかったです。   

あつみさんはとても穏やかな方で、あつみさんの作ってくれたご飯も
自然の恵みいっぱいで、とてもホっとできました。   

ヒプノセラピーでは、ジャングルにいる少女を感じました。   
土がとても湿っていたのが印象的です。空気もムシムシしていました。   
私は映像で見えるタイプのようです。
「覚えている夢」みたいな感じでした。   
クリスタルボウルの音も、不思議な感覚で聞こえて、少し頭痛がしました。   
終わった後に、皆さんと感想をシェアできたのもよかったです。   
一人だけのセッションではできないことですからね!   

それから、ピラミッドセンターで、もう一つ不思議な体験をしました。   
いわゆるデジャヴです。来たことがないのに、ある角度から   
ピラミッドを見ると「私はここを知っている」という気持ちになりました。   
だから、泊まりたかったのですが、別の理由で泊まりを断念せざる   
をえなくて、とても残念です。感想が長くなりましたが、   
萬夕さん、あつみさん、皆さん、どうもありがとうございました。   
また何かの機会でお会いすることがあったら、よろしくお願いします。


【参加動機】
ずっと気になっていたのですが、やっと参加できました。
酵素やヒプノも興味深々ですが、一番はピラミッドセンターに行ってみたい!でした。

【感想】
酵素作り 
自分に必要な野草を摘むということで、手当てだなーと思いました。 
前日まで仕事に追われていたこともあり、頭を切り替えて、 
これ欲しい?と自分にしっかり聞きながら、摘みました。 
桑や柘榴、月桂樹に梅など樹木に惹かれる自分がいました。 
何を求めているのかなぁ。 
酵素を混ぜながら聞いてみたいです。 

ヒプノ 
とても久しぶりでしたが、ほぼ寝落ち、、 
最後になんとかメッセージを!と意識したら「休みなさい」でした。 
でも頭をからっぽにする、左脳を動かさないことが久しぶりで、 
とても頭が詰まっていたので、すっきりしました。 

ピラミッドセンター 
あつみさんが、ピラミッドセンターの今までのことや 
キッチンとお風呂を作ったこと、たくさんお話を聞かせてくれました。 
こういう場所を作る情熱、何か面白いことやってるぞ!と人が自然と集まってくること。 本当に素晴らしくて、楽しいことです! 

様々聞かせてくれた中であつみさんが、 
「山があって谷があり、川が流れてそこを風が抜けていく。これが全て。」 
(詳細はあいまいですが、、)ということをおっしゃっていて、 
ああ、とてもいいなあと思いました。 
最近はつい「休むこと」をおざなりにしてしまって、
仕事や生活に追われていて 体調が悪くなったりケガをしたり、
体が休めーと言い続けているようで、 しっかり向き合いたい!と
こういう時間を作ることの大事さを改めて実感しました。 
また、お泊りで時間がゆったりと流れる中、 
たわいないながらもこれからの私の中で糧になるようなたくさんのお話を 
皆さんとできて、聞けて、これもやっぱり楽しみのひとつです。 

また来たいです! 
本当にありがとうございました!


平日の、レジャーな気分の街の空気じゃない時に行けたら良いなぁ
と思っていたので、今年は春に2回目があるとの情報を知り
この日に参加させていただきました!
平日リクエストしてくださった方〜!ありがとうございました!笑。 

ピラミッドセンターの環境ときっと参加された皆さまの中では
1番近い環境に暮らす私ですが、笑。 
それでも山は美しく、空の色も鮮やかで、
ここへ来ると物欲やら何やらは消えて、丁寧に暮らしていこう…
となぜか思います。 

2回目の参加ですが、前回はまだまだ闇を持ったままの参加でしたので、
今思えば、ふわふわしたような漂っているような気持ちのまま
ワークショップを流れに沿ってたんたんと行っていたような気もします。
でも帰ってからメキメキと元気になっていったので
今回は凄く楽しみにしていました! 

前に来た時と季節も少しだけずれたおかげで
植物たちもメンバーが少し入れ替わっていた様子で
季節の野菜や果物も違っていたので出来上がりもまたとても楽しみです。 

萬夕さんの先日のブログにも植物?精霊の事が少し書いてありましたが、
私はこの一年植物の魅力にハマっております。 
本当に植物たちはキレイなんですよね、
環境に適したものが強くそこで生きていくし、
多少キツイ環境でも適応力もありますし、と、
思えばあっけなくダメになったりする事もあります。 
私の育成しているものはみんな園芸種ですが、パワーをもらっています。 

そんな中で野草たちを見渡すと、やっぱりこちらはたくましく、
面白さや強さを感じて、どんな名前の植物なのか?
予習でもしてきたらまた違う面でもさらに面白かったのかもしれないなぁ
と今思っています。植物が好きなので。 

そして、今日見た景色は2度とないというお話も
あつみさんから具体的に教えてもらって自然の力と儚さと美しさに、
どうやったって勝てるわけがない!と思ったのでした。
そして、それを大切にしなきゃいけないと思います。 
少しでも長く残さなければ!!!
大きな事は出来ないけれど、その気持ちは常に持っていたいです。 

今回はあつみさんと少しお話が出来て、
私にとってはとてもありがたい言葉やアドバイスやレシピなども
教えていただいて、うまく言えませんが
現実的にそれを受け止める事が出来たので、
さらに影響を受けまくった1日でした。 
自分の好きな事や将来的に向かいたい方向に関連したワークショップで
いい刺激を与えてもらえることに感謝しております。 
萬夕さん、企画ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。 

あつみさんが、風の草刈り。の話をしてくださったのですが、
意味を尋ねましたら、もうものすごく理解できて! 
自然と共存して、会話している人の言葉だ…と思いました!
前回は山と谷と水脈と風のお話に、とても心が持っていかれましたが、
今回もまた草刈りのお話に惹きつけられました。 

オリジナルで何か楽しい人生を見つけ出せたらそれは最高だと思いますが、
初めは影響や真似でも良いですよね?笑 
そこからはいつか自分の世界になっていくと思っていますので、
大いに影響されながらこれから自分の路を歩いていきたいと思っています。 

萬夕さんと初めてお会いした時の私を思い出すと、
まだそんなに昔の話じゃないのにすでに恥ずかしい思い出話デス。 
もちろん今もまだまだなんですけど、
その時の私を、可愛いもんじゃノォ…と思います。笑 
会社を辞めてから、問題に一人で答えを出す孤独感も
最近は煩わしさがなくてかえって気持ちよくなってきました。 
一人じゃないんですけどね!本当は!笑。 
皆様に感謝しています。 
今回は他の参加された皆さまのお話などももっと聞いてみたかったので
お泊りできなくて本気で残念でしたが、
またご縁があることを楽しみにしています! 

生まれて初めて蜂に刺されましたが!皆さんが対処法を教えてくれて、
自然の事を少しは知っていたつもりの自分が
当事者になると何もできなかったのが面白かったです!笑 
そして、最後には、こういう時こそあつみさんじゃない??
と皆さんがあつみさんを呼びに行ってくれたのが
当事者ながらになんだか面白くて、すごく良かったです!笑 
皆さまありがとうございました! 
今は痒いですが腫れたりもせずに蛇苺の毒消しのおかげで
蚊に刺された程度で済んだもようです! 薬草凄いです! 

感想というより皆さまへのお手紙になってしまいましたので
ブログへは是非掲載していただきたいです。よろしくお願いします!


身内の重い病気が判明したばかりで、
かなり動揺したなかでの参加でした。 
感情は連動するというのか……心が一度大きく揺り動かされると、
喜怒哀楽のすべての思いがはげしさを増す気がします。
だめな自分に落ち込んだり、人の些細な言動に苛立ったりも。。
落下のスパイラルに陥りかけていました。 

涙が止まらなくなることもあったので少しためらいましたが、
酵素作りもヒプノも大好きなので参加したいと思っていました。 
萬夕さんには事前に事情をお伝えし、
アドバイスもやさしい言葉もいただいて嬉しかったです。
そうでなければ泣いたまま、どこかの駅で降りて引き返していたかも。 
実際、行きの電車のなかでも時折涙していました。
通勤時間帯の混みあう車内で、おかしな人でした。。 
でもほんとうに参加できてよかったです。
ご一緒できたみなさんに感謝しています。 

萬夕さんのワークショップに参加される方のなかには、
きっと深く心を傷めている方も、少なからずいらっしゃると思います。
あるいは、この世に違和感を持っている方もいらっしゃるでしょうか。 
わたしも社会的にも浅くはない傷を抱えて生きてきました。
それぞれに同じ体験ではないけれど、
なにか共有できる痛みもあると思います。
不幸自慢でもなく、また偽善でもなく。
こういう、知りすぎずもつながれるゆるやかな場が、ありがたいです。 

「わたしがいちばんつらいんじゃないのに」とこぼしたとき、
萬夕さんに「つらさを比べない!」と言ってもらえたことも、
とても嬉しかったです。 ありがとうございました。 

植物たちに触れたり、野菜や野草を刻んでいると、無心になれました。
感情の混乱はなくなりはしないけれど、距離をおけました。 
あつみさんのお庭は、過去2回と同様パワフルでやさしかったです。 
今回は自分のきもちが沈んでいたせいで
しゃがみこむ時間もあったのですが、
低いところにも野草たちは元気にしげっていて、
そんな発見が嬉しかったです。 

ヒプノは見れましたが、いつもはもっとはっきりと色が見えるし、
ドラマティックにストーリー展開するし、心情も伝わってくるのですが、
今回はイマイチで残念でした。 
身内の病気について向き合うヒントが欲しくて意図していたので、
見たい気負いがありすぎたかも。。 
いまは波立った心をしずめることに努めようと思います。 
これまでも、あとからヒプノの意味に気づくこともあったので、
自分を信じようと思います。 

実際、帰宅したら…… 
「1/f揺らぎが彼の病気にいいらしくて、
宇多田ヒカルとユーミンの歌を流して病室で歌った」
と家族から聴きました。 
ヒプノでヒーリングでもギフトでも楽器が現れたのは、
こういう理由だったのかな?と思いました。 
彼の病気は脳波の異常が顕著なので、
なにか“波動”がいいのかなと思いました。
「共鳴して満たされ、打ち消し合ってしずまる」
というイメージも受けていたこともあって。 

ヒプノで見たヒーリングの楽器が、風鈴やコシチャイムのようで…… 
クリスタルボウルも当日聴かせていただいたので思い出し、
以前住んでいた町でご縁のあった方にいただいた
クリスタルボウルのCDを出してみたり、
最近通っていないけれど音叉療法がきもちよかったのも思い出しました。 
これはたぶんヒントの一つだな、と思います。
ほんとうに彼の病気に対して効果があるかはわからないけれど、
なにかできることがある、その方向性が見えた、というのは
周囲の人間にとっては励みです。 

以下はヒプノの内容です。 

ユニコーンの自分(男性)と少女が双子のきょうだいでした。
二人で一つの存在なのに、
二人に分かれているために二人とも不完全でした。

ユニコーンだけれど角はなく額にしるしのある白い馬のような自分と、
額にしるしのある黒ずきん(額を隠すため)の少女。 
完全なユニコーンは性別もなく人間には捕まりませんが、
私たちは不完全で人間に捕まり、
奇異なので鎖につながれ見世物にされました。 

あるとき私たち双子は、
ユニコーンと人間にはっきり分かれることを選びました。
少女の額のしるしはなくなり、少女は鎖をとかれ、
人間の女性として人生を送りました。
一方でユニコーンのわたしには角が生え、
いよいよ奇妙な存在として地下牢につながれてしまいました。
それでもわたしは、それでよかったと切なくも穏やかなきもちでいました。 

メッセージをくれたのはヨーダのような存在。
「feel」(感じろ)、「ルーエ」(Ruhe(ドイツ語)/しずまれ)と言われました。
ヨーダに「ルーエ」を繰り返されると、
思考ができなくなるのを感じました。 

ヒーリングは双子の片割れ。
ユニコーンの角を風鈴かコシチャイムのような楽器にして、
形見として持ってくれていました。 

ギフトは造物主のような存在。
やはりユニコーンの角から作られた、
オカリナかリコーダーのような楽器をくれました。 

またショートストーリーにまとめられたらいいな、と思っています。 

これまででも十分長いのですが、もう少し感想を書きます_(._.)_ 

行きの電車で「よく生きていた」という言葉がふと湧きました。
泣けてきました。
これは、彼の懸命な命に対してわたしが日々思うことでもありますが、
わたしが神さまか誰かに言ってもらえたような気もしました。 
直後に届いた萬夕さんからのメールに「どんな自分も許して」とあって、
自分を肯定しよう、やっぱり誰かに言ってもらえたんだ、
と思えて、心を強くしました。 

勉強や読書するなかで、「痛みは光、苦しみは悦び」というようなことに、
最近多く触れました。初めはまったく意味がわかりませんでした。 
でも、「痛みは話して誰かに共有してもらえたとき光にもなる、
愛するひとのことで苦しむのなら悦びだ」とも思える瞬間がありました。 
痛みに手を当ててくれる人、苦しみに寄り添ってくれる存在に気づくのも、
痛んだり苦しんだりする時だからこそだな、って。 
彼の病気のことを“よかった”なんて絶対に言えないけれど、
だからこそ見せてもらえたものもあるし、直接の救いにはならなくても、
方々のたくさんのやさしさに支えてもらっています。
苦しくても嬉しくても泣けます。 
痛みは光と思えるのは、いつも瞬間のことで、
ずっとこの光のなかにいることは、わたしにはできません。
すぐ重い事実と涙に溺れそうになります。 
でも光を見せてもらえたのは大切な瞬間、大切にしたい記憶です。 
ありがとうございました。


もしまたいただいたら追加しますね。☺️

☆今回の模様はこちらでどうぞ


☆第一回目の模様と皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第二回目の模様はこちらでどうぞ
☆第二回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第三回目の模様はこちらでどうぞ
☆第三回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第四回目の模様はこちらでどうぞ
☆第四回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ
☆第五回目の模様はこちらでどうぞ
☆第五回目の皆さんのご感想はこちらでどうぞ


☆ブログ「生きた酵素をとると身体が喜ぶ
〜酵素とアナスタシアと」はこちら
☆ブログ「あつみさんからの、秋の野草便り」はこちら