【お知らせ】
2019年5月から、RAS認定ファシリテーター養成講座の内容が改変され、受講料も上がる予定でしたが、延期となりました。改定内容が確定し次第とのことですので、決まり次第また告知させていただきます。
講座内容について、詳しくはこちら
12/8(日)音と色と香りのワークvol.4@代々木上原、お申し込み受付中。詳しくはこちら
12/16(月)小さなお茶会vol.53@代々木上原〜自傷行為がやめられない、もしくは過去に経験のある方限定、残2席となっております。詳しくはこちら

【リトリート】
12/21(土)〜23(月)冬至に春原恵子さんのコンサートと沖縄の聖地を巡る旅〜闇を見つめて光に還す2泊3日は残1席となっております。詳しくはこちら

【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
12/14(土)15(日)レベル5授業は満席となりました。
場所が取れた場合のみ、2名まで増席可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
12/14(土)11:00-19:00にレッスンのみを、
12/15(日)10:00-13:00にティーチャー希望の方用の座学を行う予定です
レベル1授業、来年1月に開催予定ですので、ご希望の方はメールくださいね。今なら日程調整可能です。
レベル2、3授業をご希望の方はご連絡ください。あと1名いらしたら日程を調整いたします。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2013/03/19

上村一夫原画展「花の輪廻」


久しぶりに友達の上村汀さんに会いに、彼女のお父さんで漫画家の上村一夫氏の原画展「花の輪廻」@神楽坂artdishに行ってきました。

以前artdishで開催された原画展はポップでキッチュな感じだったんですが、今回は…禁断のエロスの世界!ただのエロスじゃないです。完全に禁断です。 なので、癒しとは対局にありそうなものをここで紹介するのはどうなのか…?と思わなくもなかったんですが、あえて紹介させていただきます。

上村一夫さんと言えば「同棲時代」が有名ですが、タランティーノ監督が「キル・ビル」の中でオマージュを捧げている「修羅雪姫」や、まだ作詞を手がけ始めたばかりの頃の阿久悠さんとのコラボレーションも知る人ぞ知るところ。

1975年の作品「悪の華」(原作:岡崎英生)も去年復刻されているんですが、今回はその原画を中心に、演出家の久世光彦さんに送った究極の1枚も特別公開されています。原画からにじみ出て来る「女の念」みたいなものもすごい迫力なんですが、テーブルに置いてあった「悪の華」を初めて読んでみて、久々に脳みそがおかしくなりました。(笑)

ATGの映画作品なんかを見慣れているタイプの人なら大丈夫かもしれない。70年代独特のアンダーグラウンド感というか、エロ・グロの世界観も決して嫌いではない、という人であれば。
私は昔見た映画で、安部公房原作・勅使河原宏監督の「他人の顔」とか、江戸川乱歩原作・増村保造監督の「盲獣」とかを、思い出しました。見たことのある人なら「あぁ、あの感じね」と想像していただけるのではないかと。私でも、場面によってはちょっと吐き気がしたくらいで、人間の狂気への迫り方が尋常ではないので、「皆さんも是非読んでみて下さい」と無責任に言うことはできないし、正直、とても万人にはお勧めできません…。


でもですね、光と闇とか、善と悪とか、正しいとか間違ってるとか、
そうやって人や物事をはっきりくっきり2つに分けることって、
本当にできるのかなぁ?とも思うわけです。

そこのボーダーラインって、曖昧ですよね、きっと。

人間の闇の部分にフォーカスした作品の持つ怖さって、ストーリーそのもの以上にむしろ、「自分にももしかしたらそういう部分があるのかもしれない」っていう気づきにあるんじゃないか、というか。

綺麗ごとばかり並べても、嘘っぽく聞こえてしまうでしょう?
光から闇を見ることも、闇から光を見ることも、どちらも必要な気がします。そうじゃないと、許せなくなるし、受け入れられなくなる。きっと大抵の人は、光と闇を行ったり来たりしながら、曖昧なラインの上でバランスをとっているんじゃないでしょうか。そうしているうちに、そのラインは溶けてなくなって、いつか二元論の世界に終わりがきたら、世の中、もっと平和になっていそうですね。

漫画はエンターテインメントでもありますから、誇張したり大げさに表現したりするところはもちろんありますが、その表現の向こうにある本質、を見据えることのできる自分でありたいなと思います。


4/21(日)まで開催中。
3/31(日)には一日限りの「BAR離婚倶楽部」が開店。「須藤ちゃんも手伝って〜」と言われてますので、私は結婚も離婚もしたことありませんが、たぶんいます。(笑)
4/7(日)には渚ようこさんのライブも開催予定。
詳しい情報はこちら

関西の方は、京都の恵文社で4/8(月)までやっているこちらをどうぞ。