【お知らせ】
7/21(火)スタート♪連続4回小さな寺子屋〜「する」をおとす@ZOOM、お申し込み受付終了しました。詳しくはこちら
8/5(水)セルフケア&親子で出来るストレスケア講座vol.23、お申し込み受付終了しました。詳しくはこちら
瞑想のためのキャンドル作りと体験ヒプノvol.9@葉山は、開催延期とさせていただきます。詳しくはこちら


【ゼニスオメガヒーリング・プラクティショナー養成講座】
この状況ですので、ZOOMでのオンライン授業が可能になりました。詳しくはこちら当面はオンラインのみで開催させていただきます。テキストを事前に送る都合上、開催1週間前には受付終了とさせていただきます。
レベル2&3授業、あと1名ご希望ありましたら、開催確定します。日程はご希望を伺って調整します。
レベル1〜5まで、ご希望に合わせて随時開催中です。他校からの生徒さんもどうぞ。お気軽にお問い合わせ下さい。
授業内容について詳しくはこちら

花粉症やアトピーなど、アレルギーにお悩みの方へ☞こちら
RASセルフケア講座に関するQ&Aはこちら。(受講された方へ)

2019/10/26

春原恵子さんとのカウアイいのちのいのり旅 その3〜前半とはまた全く違う後半旅。アンソニー&波美ちゃんの農園の宿と犬たちと♪

Lazy Farmer Ranchの波美(ハミ)ちゃんと

☆「春原恵子さんとのカウアイいのちのいのり旅 その2
〜ワイメア渓谷で歌って雲を晴らす。そしてタコ踊り。そしてダウン。。
恵子さん、大活躍の巻。」はこちら


10/6(日)4日目(後半1日目)
前半チームの皆さんとお別れした後、
恵子さんとR子さんと私で、後半チームを迎えに空港へ。

羽田発が2時間も遅れたということで、
どのくらい到着が遅れるかはっきりしないままでしたが、
なんやかんや、ほぼ予定通り。


後半チームが2泊する宿は朝食がつかないので、
自分たちで作るために、まずは
オーガニックスーパーHaku Food's Natural Marketに寄ってお買い物。

その流れで、か、前半チームと違い、
なぜかいきなり買い物熱に火がつき…?😆
車内から見かけた、可愛らしい服が並んでいたお店に
立ち寄ることに。
試着、するする。(笑)
そして、買ってました。

私は結局今回は、断捨離モードなのもあって
衣服も雑貨も買わず。でしたねぇ。
ナチュラルな日焼け止めとか、ココナツバターとか、
コーヒーとか、消耗品オンリー。

メンバーが変わると、興味の方向性も変わり、
旅そのものが変わるものですが、
この時点で、既に違う方向へと進み始めておりました。😆


続いて可愛らしい雑貨屋さんも。

そして恵子さんは
お気に入りのタコのグッズを見つけるのがお得意…🤣
しかもハワイには、タコ雑貨や服が多い…🤣
なんで…?🤣

ちなみにここでは、魚の形の瓶にストローがついた
ドリンクを持ち歩くやつを非常に買いたがっておりましたが、
「可愛くても使えない」「多分、結局使わない」などと
皆に散々言われ、断念しておりました…🤣🤣


あれ?Mさんがいない?
と思ったら。自他共に認める食いしん坊っぷりを発揮?😆
ココナツを買っておりました。

photo by Mさん

そんなこんなで17:30くらいになってしまったので、
宿に行ってからまた街に戻って夕飯、は結構大変だなと
このまま、駐車させてもらったOlympic Cafeにて
夕食を食べてから宿に向かうことに。
本日の宿は、街ではなく、ほぼ山の中なので〜。

恵子さんもR子さんも私も、ランチ食べてなかったしね。
波美ちゃんにも、予定より到着が遅れる旨をメール。


後半チームのスタートに、乾杯♪

R子さんとMさんは去年のシャスタ今年の戸隠でも一緒だったし
R子さんとKさんは2年前の出雲や、7月の高知でも一緒だったので
すぐにアットホームになっておりました。☺️


典型的なアメリカン・ダイナーって感じで、味は大味。😅
料理好きなMさん、味の薄いパスタを塩胡椒やケチャップなど
調味料を加えておいしく味変してくれました。😆


いかにもアメリカ!って感じ。
ちなみにお肉のようですが、マグロです↑

お腹いっぱいになった頃にはすっかり日も暮れ…
Lazy Farmer Ranchに向かって30分ほど車を走らせると、
ほとんど街灯りもないようなエリアに。

右に曲がるサインを見逃さないように、頼れるMさん始め、
皆に協力してもらいながら、
山の小道のようなところを入っていき、左へ無事に曲がり、
なんとか迷わず着けたかな、というところで、最後、
真っ暗すぎる急な坂道を左にのぼったら右だったってことで、、
道が見えなすぎてぶつけないようにバックするのに苦労してたところ、
波美ちゃん登場。
そこだけ運転を代わってもらって、到着。


本日のお宿は、明るい時に撮ったらこんな感じ↑
左の1階が恵子さんと私の部屋。
右の上がR子さんの一人部屋(通称・プリンセス部屋😆)
下がKさんとMさんの部屋。

ここ、Lazy Farmer Ranchは、まだ私が
今回のリトリートの告知をまとめている最中に、
ちょうどいいタイミングで、Kさんから教えてもらった宿なのです。

その時はまだKさんの参加は確定してなかったけど、
参加してもらえてよかった✨
Kさんから聞いてなかったら、ここには泊まってなかったからね。
Kさんのオススメはまず間違いない!ってくらい
私は彼女とセンスが合います。😁

本当は前半でも泊まれたらよかったんだけど、
人数が多いと部屋数・ベッド数的に無理なんですよねぇ。。

後半チームも最初の2泊だけ。
3泊は空きがなく、取れませんでした。


波美ちゃんの旦那様のアンソニーが手作りした家だけに
リサイクルの瓶や木材などがセンスよく使われてて、
あったかいムード。

鍵もなし。猫や犬も出入り自由。平和。☺️

冷房はないけど、気持ちいい風が通り抜けていきます。
締め切られていないので、蚊は、それなりに多いですけどね。


みんなの部屋も見せてもらって、
それぞれ荷物を置いて一息ついてから、
キッチン&リビングへ行き、
ゼラニウムを入れたハーブウォーターや
摘みたてのミントティーをいただきつつ、
(どちらも美味しいったら!)
波美ちゃん&アンソニーといろいろお話を。

鎌倉でカフェをやってた波美ちゃんが、アンソニーと結婚して
カウアイで暮らすことになるまでの、波乱万丈&急展開な話も、
とっても面白かったですよ〜😆

人生、何がどうなるか、わからないものですよねぇ。

波美ちゃんは、キラキラとまっすぐな目をしてて
屈託がなく、とっても可愛い♡

アンソニーは、根っからのアーティスト!って感じで
スピリチュアルなこともさらりと言う。
男性だけど、とても直感的。

素敵なご夫婦です✨


と、私は前夜のホテルに、WiFiの充電をした際に
コードだけ抜いてしまったようで、先のアダプターを
コンセントにつけたまま置いてきてしまったことがわかり。。
波美ちゃんに電話を借りてホテルに確認。
明日になってからルームサービス係に確認させて電話すると
言われました。
カメラの蓋といい、何かをなくすよねぇ…と思いますが😅
これはレンタル品なので、なんとか回収したいところ。
波美ちゃん、ありがとう♡


10/7(月)5日目(後半2日目)

朝は8:30に私たちの部屋に集まってもらって、
皆で(正確にはMさんKさん私の3人で😆)朝食作り。

サラダにシリアル&スパイス&シードのトッピング、
パン、豆乳ヨーグルト、シリアル、ヘンプシードミルク、
ここの農園のアボカドとパパイヤ。
恵子さんが飲みたがったエルダーフラワーのハーブコーディアル。
ヒンドゥー寺院で買ったノニジュースも一口ずつ。

MさんKさんは早起きして、
歩いて10分ほどのモロアアビーチまで行ってきたそうな。
そしてMさんは強い波にゴーグルを持っていかれてしまったと。
あとで波美ちゃんに聞いたところ、Mさんが入った場所は、
地元の人は入っていかない波の強い危険なとこだったようです。
Mさんが持ってかれなくてよかった…。
そこから左右に浜が続くのですが、そちらが泳ぐのに適したエリア
とのことでした。


新鮮な野菜と果物は、やっぱり美味しい!
ホテルのビュッフェもいいけど、体は結局、
シンプルに、こういうのを求めるのよねぇ。。


こちらの姫は、ハンモックでスマホ中〜。

(注:恵子さんに「いいのよ、姫は何もしなくて!」
と言われたから「じゃ、じゃあ」って感じですけどね。w
姫が姫に言うセリフとしては、一抹の疑問。。🤣🤣🤣)


てな訳で、こちらの姫も、テラスでスマホ中〜。


「姫〜!ごはんですよ〜!」

みんな揃っていただきます♪

さて、今日はどこ行こうか?


皆さんの希望も聞きつつ、
せっかく現地に住んでいる人と出会えてますので、
波美ちゃんにも個人的オススメを聞きました。

これ、旅人の鉄則。っていうか、私、
長年そういう旅の仕方をしてきた人なので。(笑)
ガイドブックとかより、現地の人!
(できれば同じ感覚センスを持ってる人)
出会いとご縁で、旅の流れを作るのが面白いのです〜。


波美ちゃんが、午前中は農園の仕事があるけど
14:00以降ならオススメのスポットに案内できる
ということなので、
せっかくだからお願いしよう!ってことに。

それまでの間、近くの街で過ごすことにしました。


と、波美ちゃんの電話が鳴り、ホテルから。
無事に私のアダプターも発見されました。
明日また泊まるので、取りに行きますとお返事。
その時には、恵子さんの携帯電話もFEDEXで届いている。はず…😆


まずはキラウェア灯台へ。
月曜はお休みということで、遠くから見るだけでしたが。


真っ青な空と海に、赤と白の灯台が
絵本のように、生えてました。


That's 記念写真♪


いくつかのお店が集合してるとこの駐車場に止めて、
1時間ほどフリータイム。


可愛い女の子たちが、お人形で遊んでました💕
So cute!


波美ちゃんにオススメされたカフェTrilogyで再集合。


先にオーダーを済ませ、私たちを待つ3人。
まったり。のんびり。な時間。


Kさんも戻ってきたところで、おしゃべりしつつ
「ランチ、どうする?」「お腹空かなーい」
「じゃあ、オーガニックスーパーでデリとか買ってく?」
「そうしよう!」
ってことになり、2軒まわった結果、
ソーセージ入りの大きめおにぎりを買い、
車内で半分こにして食べました。

と、道を左に曲がっている時に、
真正面に石造りの可愛い教会を発見してしまった私。

「この教会、可愛くない?寄りたくない?寄っちゃう?」
「寄ろう寄ろう!」

てな感じで、急遽そのまま駐車。


なんてフォトジェニックな教会なんでしょう✨
思わず、撮影大会。😆


後半は、前半の「うちのK」に代わって(?)Mさんが
ディレクションも入りまくりでバッチリ撮影してくれました✨


みんなでも撮りたいな、と通りすがりの方にお願いしたら、
上の十字架が見事に切れちゃってます…😅
これもまた、ご愛嬌♡


中に入ってみると、誰もいなくて、
それぞれに自然と離れて着席。

しん… とした、静謐な空気。

先ほどまでとは一転して、祈りモード。

すると、恵子さん、求められるままに、
(私たちにじゃないですよ)
ヒルデガルトを歌い始めました。

20分くらいかな、、思いがけず、
ミニコンサート状態に。
贅沢な、豊かな、時間でした✨


教会を出た頃、波美ちゃんからmessengerに電話が。
気づけばもう14時はとうに過ぎ、15時近く。

可愛い教会を見つけてつい寄ってて、
今、街を出るので30分後くらいになることを伝えると

「私たちはフレキシブルなので大丈夫ですよ〜!
 じゃあ、先にビーチにいってるので、
 ビーチで会いましょう!」ってことに。☺️

カウアイのようなゆったり時間が流れる場所に住んでる人は
基本、時間に縛られず、柔軟なんだけど、
私たちは日本人だから、
時間通りじゃないと逆に「大丈夫かな」って
ちょっと心配されたみたいです。

でも私たち、典型的な日本人からハズレてるから〜〜😆


宿に戻って、着替えたい人は着替え。

波美ちゃんのオススメスポットは、ビーチ沿いにトレイルを
少し登っていった先にあるとのこと。

朝聞いた時は、ワンピやスカートじゃなくて
パンツにスニーカーがいいと言われていたのだけれど、
先ほどの電話では「慣れていない人はその方がいいと思ったけど
私はワンピとかでも行っちゃいますから、行けますけどね」
って感じだったので、
私はそのまま、パンツの上にワンピ、で行くことにしてみました。


農園の龍眼をつまみながら、モロアアビーチへ。


てくてくと、10分くらい歩きます。

photo by Mさん

お散歩に、ちょうどいい感じの道。

もう16時くらいになろうとしてたかな。。
全然急いでない私たち… 😆

photo by Mさん

左右に広がるビーチを左へ向かうと、
のんびり海を見ていた二人が出迎えてくれました。
お待たせしました〜。


モグリが棒をくわえてこっちへ持って来てくれるの図。
目、思いっきり合ってます。😆


二人と二匹の後について、トレイルを登って行ったのですが
波美ちゃん、この風景に馴染みすぎっ。😆
ここはどこ?いつの時代?って、時空を超えちゃった感が。


このカゴも、自分で編んだんですって♡
なんだか、ゴーギャンの絵みたいでした。


先へ進むと、どんどん草が背丈を越える高さになり、
最後はしばらく、完全に藪漕ぎ状態に。。😅
まさに道なき道、、を行きました。
写真じゃあ伝わらないと思いますが。ww

パンツと長袖が、ホントは正解でしたねぇ〜。
全身細かく傷だらけ。🤣
帰りに海水につけたら、しみるしみるぅぅ。
久々の、この感じ!
子供の頃は、よくあった感覚!

photo by Mさん

朝、ざっくり行き方の説明はしてもらっていたのですが、、
波美ちゃん、これ、案内してもらえなかったら、
絶対私たち、自力じゃあ来れなかったよぉ〜。🤣🤣


アンソニーとモグリとココはとっくに先に着いて
海を眺めておりました。


しばし、暮れ行く海を眺め、
波音に聞き入る…。

地元の人しか知らない、名もなきヘイアウをバックに。
写真ではわかりにくいですが、この先は、崖です。


そして、恵子さん、海に向かって
歌い始めました✨

photo by Mさん

恵子さんも初めて歌ったという、
でもそんな風には思えないほど、内から自然と湧くように出て来た
カウア〜イ♪ カウア〜イ♪ という
カウアイの歌が、この場と、優しく美しく共振していて、
とても印象的でした。

カウアイの自然が、リクエストしたのでしょう✨

しかもなぜかイタリア語。。
「オ・ソーレ・ミーオ」に続き、イタリア語。
そしたら、アンソニーにはイタリア人の血も混じっているそうで。
なんだかシンクロですね。

photo by Mさん

波美ちゃんの感想がまた、とても素晴らしくって。

ここに来ると、いつもは
自然の音を私たちが聞いているのに、
今回は、自然が、恵子さんの歌を聞いていた、
こんなのは初めて、って。

そんな感じのことを、ピュアな目をキラキラさせながら
話してくれて、感動がまっすぐに伝わって来ました。

大自然に根付いて生きている人の感想だなぁって、
波美ちゃんの感性にも、感動しましたね。


自然と共生している人たちって、本当にシンプルだと思う。
そして豊か。

自然の声も、体の声も、本当の自分の声も、
ちゃんと聞けてる。


豊かって、お金があるとかないとかじゃないですからね。
今ここで、自分が満たされているかどうか。

なんか、彼らには、無理がないんです。ナチュラル。
ありのまま。あるがまま。

これが本来の人間の在り方なんでしょうね。


だから私は、たとえ東京のど真ん中で暮らしていても、
自然と触れ合う時間は意識的に持ちたいと思うのです。

でもそろそろ、もっと自然の多い場所へ
引っ越したい〜…。


豊かな時間をみんなで味わった帰り道。

もう18時になろうとしていたので、
だんだん暗くなって来てました。

お昼がおにぎりだけだったので、
そろそろお腹もすいて来ており、、

「夜ご飯、どうしよっか?」
なんて現実にも早速戻りつつ。😆

波美ちゃんにこの辺にオススメがあれば教えてもらおうとしたら
「何が食べたい感じですか?」と聞かれ、みんなが
「スープとか」「ご飯が食べたいなぁ」とか答えたもので。

なんと!「じゃあ、私が家で何か作りましょうか?」って
提案してくれました。😆

「え。いいんですか?!わ〜い!!」


行きがけに私たちも食べちゃったけど、
二人が龍眼を分けてくれました。
またつまみながら浜辺を歩く〜。

photo by Mさん

カウアイで一番来たかったのは波美ちゃんの宿だったという
Kさんは、共通の友人も多く、話が盛り上がっておりました。


私は、通しで参加しているR子さんと
「前半と後半で、全然違うでしょ?😁」
「ほ〜んとう、全然、違いますね!」
なんて、話しながら。

カウアイという同じ島でのリトリートでも、
そこに関わる人たちが変われば、全然違うものになるのです。
予定も決め込んでないから、余計に。
一期一会。


「R子さん、一人部屋にしてホント良かったね。
濃いから、まだ前半の旅のことも消化しきれてないでしょう?
一人の時間、大事だもんね。」

「本当に〜」と、大きく頷くR子さん。


リトリートは、なるべく詰め込みたくはないのですが、
海外で3泊となると、なかなかそうもいかなくてですね、
消化するための時間が取りづらいのが難点。
やっぱり5泊は必要ねぇ〜。


だいぶ暗くなる中、
波美ちゃんに広い農園内を案内してもらいながら、
夕飯用のパパイヤやアボカド、レモンやレモングラスなども
取っていきました。

写真は、農園のシンボルとも言える大きなモンキーツリー
通称ママの木の、ブランコに乗ってるR子さんとKさん。😊


夕食作りは、「作り方も知りたいし」と
料理上手のMさんもお手伝い。
この写真、いかにもおいしいモノが出て来そうな
素敵なカフェの厨房、って感じでしょう?😆
何せ、楽しんでる感じがいい✨


食への思いと、お店をやりたいという夢について
書いてくれてたMさんだけに、
もうすでにやってそうなくらい、様になってます。😁


メニューの詳細については
Mさん渾身の一大旅行記!(後ほどUPします)に譲るとしまして。

こちらは青いパパイヤのサラダ。
大好きなやつ〜♡ しかもとれたて♡


Mさんが作ってくれた赤キャベツとプチトマトの炒め物。
奥はアボカドのわさび醤油和え。


ハーブを入れて炊いた
ジャスミンライス。


波美ちゃん特製・鶏肉とパパイヤのスープ。
大根のように見えるのがパパイヤなんですよ。

どれもこれも、おいしそうでしょ?
実際、おいしいんですけど!✨😆


各自、自分のお皿にとって、いただきます♪


「今回カウアイで食べたものの中で一番おいしい!」
って言ったのは、恵子さんだったか、R子さんだったか。😆

食材も味付けもさることながら、
やっぱり「愛」がこもってるからね〜✨

愛のエネルギーが注がれた食事ほど
おいしいものはない。

私たちが体に取り込んでいるのは、
物質だけではなくて、エネルギーも、ですからね。

愛と喜びのエネルギーは、
当然ながら、体も心も喜びます。満たされます。


絶対この写真、恵子さんが「ダメ〜」っていうやつなんだけど🤣
4枚撮ってるにも関わらず、あとは目をつぶってるか
もっと変な顔🤣 だったので、これで!🤣

みんな、しみじみ「おいしい〜…」と味わって
オカワリもして、食の幸せを、堪能させていただきました。


そして恵子さん、私たちのためだけでなく、
この場や、ここの二人や、
泊まりに来ていたアンソニーの友人カップルのために、
歌ってくれました。


人のために歌う時と、自然のために歌う時と、
違うんですよね。。また。

ミニコンサートが終わると、
それがわかっていたかのように、突如、
それまではおとなしく聞いていたモグリが
ワンワンワンワン!!!!と興奮した雄たけびをあげながら
走り回ったのが、なんとも笑えました。


アンソニーの友人はスティーブン博士といって、
BIOHARMONICっていう
植物の周波数を音楽に変換できる機械を発明している方でした。

今日撮って来たという、
農園にある木の音楽を聞かせてくれましたよ。
面白かったです。

どんなふうに録音するのか、録音風景を見てみたいな
って思いましたね。
大きすぎる植物だと、機材も相当必要らしくて、
枝の先までコード?か何かをはることのできる大きさ
じゃないとだめらしいです。

ただ、植物の周波数そのまま、というわけではなくて、
それを音楽に置き換える時に、どの楽器にするか、とかは
人が選べるようになっているので、
人の意図も加わっているものではありました。

だから、同じ木からの音楽でも、誰がそれを選び、作るかで
全然その音楽は変わるんですねぇ。
そういう意味では、「ありのまま」ではない。
私はもっと、「ありのまま」の植物の音楽が聞いてみたいな
って思いました。


こんな本も出されているそうです。


サウンドヒーリングをされている方なので、
いろんなメニューもあります。
興味深い…。


音は、実際、良くも悪くもとってもパワフル。
だから、扱う時には、ちゃんとわかっていないといけない。
すごく影響力があるから。。
恵子さんがよくおっしゃってること。😊


スティーブン博士たちが部屋に戻ってからも、
私たちは波美ちゃんたちとおしゃべり♪

私が波美ちゃんに言われたことで一番印象深いのは
ここにリトリートをしに来る日本人の方は多いけど、
私たちみたいに時間に縛られていない
自由で柔軟な(ルーズな、とも言う🤣)
日本人は初めて、ってこと。


カウアイでリトリートするくらいな人たちなら
いくら日本人でも自由であろうと思っていたけど、
どうも、そうでもないらしい…。🤣
もっと計画通りに動くらしい…。🤣

思いの外、びっくり、されてました。


私はねぇ、、
その場、その場で、臨機応変なもので。。
できるだけ、その時のインスピレーションを、出会いを
大切にしたいんだなぁ…。


一番計画から外れまくったのは、当日になって宿まで変えた
去年の宮古島リトリート(☞こちら)だって話もしました。😆


日本人は、あんまりやらないことのようです。ね。

でも、何が起こるかわからない、これからの時代、
柔軟性は、超・大事!ですよ〜✨


家政婦は、見た。

ならぬ
春原恵子は、見た。🤣🤣


こんな大きなバナナが飾ってあったもので、
つい…。

写真撮りながら二人で笑い転げていたら、みんなに
「女子高生みたい…」と呆れられました。


番犬にはならない人懐っこさのココ。
本当に、死んだように、安心しきってぐっすり眠る。

この子はもともと迷い犬で、
フリーウェイで「白豚?!」って思ったら白い犬で(笑)
波美ちゃんが保護したのだそう。

飼い主を探して、保健所とかでも調べてもらったけど、
どうもいないようだということになり、飼うことになったと。

最初は自由に、放し飼い状態にしてたところ、
どこか安心しない、ビクビクした感じのままだったのが、

ある時ふと、数日リードに繋いだ状態にしてみたら、
ここが自分の家だと、波美ちゃんたちに飼われているのだと
認識して安心できたようで、すっかり落ち着いたのだとか。


すごく象徴的な話ですよね。


人もそうだと思うんです。

完全な自由の元では、不安になる人もいる。

全て自分で決めていいんだよ、って言われると
何をしていいかわからなくなる人もいる。


私は自由が好き派ですけども。😆


属していた方が安心な人は、
属していた方がいいのだと思います。


ただ、魂は自由なので、
それをちゃんと分かりながら、属する枠を自分で選ぶ、ってことも
大事かなって思います。

自分で選んだ枠なのだ、って意識がないと
「会社が悪い」とか「彼(彼女)が悪い」とか
不満になりがち、被害者意識になりがち、ですからね。


モグリもぐっすり。
モグリは、最初から飼い犬だったんですって。

犬にも、それぞれに物語が、あります。

photo by Mさん

ココがぐっすり眠りにつく前、
なんでか私の腕にちょこんと顎を乗せて、くつろいでるの図。
小さな頭でも、結構重いんですよぉ〜。
でも、かわいすぎ。😆

あっという間に真夜中。
また濃厚な1日が、過ぎてゆきました。。

明日は朝から家族を迎えに出かけてしまうかもということで、
会えるかもしれないけど会えないかもしれないから
一応、お二人とお別れのハグ。

本当にありがとう✨💕


その4へ、つづく…



☆「春原恵子さんとのカウアイいのちのいのり旅 その1
〜ヒンドゥー寺院とケーエービーチ」はこちら

☆「春原恵子さんとのカウアイいのちのいのり旅 その2
〜ワイメア渓谷で歌って雲を晴らす。そしてタコ踊り。そしてダウン。。
恵子さん、大活躍の巻。」はこちら

☆「春原恵子さんとのカウアイいのちのいのり旅 その4
ママの木で歌う。再びのワイメア渓谷とヒンドゥー寺院。」はこちら



☆「Mさんから、渾身の一大カウアイ旅行記が届きました!」はこちら
☆「カウアイいのちのいのり旅 前半参加者のご感想」はこちら
☆「カウアイいのちのいのり旅 後半参加者のご感想」はこちら


【番外編】
☆「タコ踊りは最強のセラピー?!
数時間後には生きやすい現実が。」はこちら




☆「春原恵子さんとの合唱WS♪ vol.1 参加者のご感想」はこちら
☆「春原恵子さんとの合唱WS♪ vol.2 参加者のご感想」はこちら
☆「春原恵子さんとの合唱WS♪ vol.3 参加者のご感想」はこちら
☆「春原恵子さんとの合唱WS♪ vol.4 参加者のご感想」はこちら
☆「春原恵子さんとの合唱WS♪ vol.5 参加者のご感想」はこちら

☆「恵子さんとのお話会〜世界は奇跡に満ちている レポと皆さんのご感想」はこちら
☆「春原恵子さんと行く、日帰りドライブリトリートvol.5レポ」はこちら
☆「春原恵子さんとの〈TERRA〜平和への祈り〉 参加者の皆さんのご感想はこちら

☆2017年ブログ「春原恵子さんのヒルデガルト聖歌を聞いてきました♪」はこちら
☆2018年ブログ「冬至は、春原恵子さんの歌声と
 サトケンさんのヒルデガルト料理で過ごしました♪」はこちら
☆2019年ブログ「令和元旦は、春原恵子さんの歌声で♪
    まさにBeautiful Harmony♡」はこちら
☆2019年ブログ「春原恵子さんのランチ・コンサート
<ヒルデガルト 祈りのうた〜実りの食卓>@ホテルオークラ」はこちら